2019年6月15日 (土)

2年連続

志布志の中山信一さんの太久保酒造㈱の本格焼酎3銘柄が
熊本国税局が開催した平成31年度酒類鑑評会で
優等賞を受賞されました。

おめでとうございます。

志布志 市報にも載りました。
http://www.city.shibushi.lg.jp/docs/2019061200012/files/190612_file008.pdf
shiho201906.gif
shiho201906-1.gif




南日本新聞にも
5月に載っていました。

2年連続とは素晴らしいことです。

141340.jpg

141339.jpg

 

 

2019年5月13日 (月)

花がより取り見取り

5月連休も終わり

梅雨までの間は

花も散歩も楽しみたいところ

139893_0

139894

139895

 

今日あたりは、庭に蚊がたくさんいまして

草むしりをしていたら

顔を刺され

頬が腫れてしまいました。

 

これからは

紫陽花の季節

鬱陶しい梅雨には

紫陽花で癒される。

 

 

 

2019年4月15日 (月)

続けて分蜂

昨日は、お天気が曇りのち雨

さすがに本日は分蜂はないだろうと思い

一応・・

昼過ぎに志布志のかんだい事務所横の庭を見たら

また大群の日本蜜蜂が・・・汗

 

138680

それも先日分蜂した巣箱から

同じ巣箱から連続で分蜂したのは初めて見ました。

 

138679

また、志布志日本蜜蜂の会 会長の丸山一さんに来てもらい

分蜂用の箱へ蜂を移して

蜜源の多い場所へ移動しました。

 

5月半ばくらいまでこのように分蜂が続くそうで

巣箱から目が離せません。

 

 

 

 

2019年4月13日 (土)

分蜂

昨日は、志布志のかんだい・ネットショップの事務所の庭で

日本蜜蜂の分蜂がありました。

あっという間に蜂の大群が飛び回っていました。

 

138586_1

故飯山一郎先生の旧事務所でもあり

庭にはまだ飯山先生が養蜂をしていた巣箱が

いくつかあります。

 

かんだい・ネットショップで販売している「志布志の秘みつ」を監修している

志布志市議でもあり志布志日本蜜蜂の会の会長でもある

丸山一さんが分球になった日本蜜蜂を

丁寧に巣箱に蜂を誘導させていました。

138587_1

 

志布志もあちこちで分蜂が始まっているようで

丸山さんは大忙しのご様子でした。

 

 

 

2019年4月12日 (金)

春の飫肥

春は気候が不安定

汗かくほど暑くなったかと思うと

翌日は花冷え

 

先日は

宮崎県日南市の飫肥へ

お天気も良く、お花見には最高の日和でした。

 

昨年の秋にも飫肥に行ったことがありますが

ソメイヨシノが咲く時期はぜひ行きたいと思ってました。

 

ひとりでのんびり城下町を歩くのが

心も落ち着きますし

その当時の情景を想像し思い浮かべながら

歴史にひたります。

 

 

飫肥城大手門。

1871年(明治 4 年)に取り壊された後、1978年(昭和 53 年)、樹齢 100 年の飫肥 杉を使用して復元された。

138576

 

138579

138581

138577

138578

 

138582

伊東家5万1千石の城下町

飫肥は、天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたところです。武家屋敷を象徴する門構え、風情ある石垣、漆喰塀が残る町並みは、昭和52年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

昭和53年に復元された大手門を中心に、松尾の丸や藩校振徳堂、伊東家の歴史を綴る貴重な資料が展示されている飫肥城歴史資料館があります。また、

商人町通りには樽を店頭に置いた商家や、格子に壁燈籠、番傘を飾った商家が軒を連ね、町を流れる堀割の清流など、江戸時代を彷彿とさせる町並みが楽しめます。

 

観光日南の旅より抜粋

https://www.kankou-nichinan.jp/tourisms/375

 

志布志の公園のソメイヨシノ

138584_1

138585_1

 

 

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ

amazon&shop

shop