秋場龍一のねごと

2014年1月12日 (日)

疑惑渦中の「子宮頸がんワクチン」を高校生にすすめる専門医

秋場龍一のねごと

Photo_5

疑惑渦中の「子宮頸がんワクチン」を高校生にすすめる専門医

Photo_6けさ、新聞を読んでいて、わが眼を疑いました。

きっと、あなたも疑うでしょう。

それはこんな一節です。

「がんは予防できることを知っていますか。まずは、たばこを吸わないこと。子宮頸がんなどワクチンで防げるがんもあります。そして、大事なのが検診を受けること」

どうでしょう。

このことばは、あきらかに子宮頸がんワクチンは効果があること、その脈絡からその接種をすすめていますよね。

こんな発言をしたのは、向原徹・神戸大特命准教授。専門は腫瘍内科学と記されているので、がんの専門家なのでしょう。

しかしそれにしても、現在、子宮頸がんワクチンの副作用(専門的には副反応)で苦しんでいる多数の少女がいるのに、そんなことをひとことも述べずワクチンを推奨しているのに驚きます。

厚生労働省が報告した、子宮頸がんワクチンの副作用は1196件あり、その内106件は重篤なもので、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」も結成されました。

ではこのワクチンを接種した予防効果はどうかというと、これがきわめて怪しいのです。

このがんの原因とされるウイルスは15のタイプがあり、このワクチンはその内の2タイプにしか効き目がなく、接種した人の50~70%にしか効果がありません。

さらに日本人に多いウイルスのタイプには10%程度の効果だとされています。

しかも、子宮頸がんウイルス説を否定するものや、ワクチン接種が逆に子宮頸がんの発生リスクをたかめるという報告もあるのです。

ちなみに、厚労省のリーフレット(2013年6月)では「子宮頸がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できることが期待されています」と表現します。

いかにも、お役所らしい、自己に責任が及ぶことを避けた表現ですが、「半分の期待」なのです。

あくまで「期待」で、「予防できる」と断定していません。

また同じリーフで「現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません」と、かなり微妙な表現を使っています。

そして、こんな子宮頸がんワクチンをめぐる社会的状況下で、それをすすめることを高校生に向けて発したのです(奈良県立大淀高校「看護・医療コース」特別授業)。

この授業は日本対がん協会と朝日新聞社が主催する「ドクタービジット」というもので、そう、あの中川恵一(東京大医学部准教授)もたびたび講師をする、いわくつきのものです。

子宮頸がんワクチンの副作用の被害が大きな社会問題となっていることを、腫瘍内科学の医者が知らないわけがないでしょう。

それにしても、なぜこんなとき、こんな「疑惑のワクチン」をすすめるような発言をあえてするのでしょうか……。

(引用参考資料『朝日新聞』2014年1月12日朝刊「ドクタービジット がんを知る」)

2013年11月22日 (金)

「甲状腺異常が見つかっても、それは被曝の影響ではない」という結論にみちびくシナリオが……

秋場龍一のねごと

2013年11月22日金曜日
「甲状腺異常が見つかっても、それは被曝の影響ではない」という結論にみちびくシナリオが……
 

福島原発事故
県民健康管理調査の闇

Q

Photo_13福島県は福島第一原発事故による健康への影響について網羅的に調べる「県民健康管理調査」を実施した。

だが、その「調査」の裏では、恐るべきブラックな事態が進行していた――。

本書の著者は毎日新聞現役記者。

その内容は俗にいう“スクープ”である。ただし下世話な興味本位のものではなく、今後数十年、場合によっては世代をまたぐ長期間にわたる、人の生命と健康に関する重大な問題に関したものだ。

その生命と健康の対象となるのは、福島200万県民、さらには東北・関東・北陸・中部など、放射能汚染にさらされた約4000万住民にもかかわるものである。

そういった意味でジャーナリズムの本領を発揮した最高の“特ダネ”ということになる。

「県民健康管理調査」を実際に担当するのが福島県立医大、その調査方法や検査結果を評価するために設けられたのが「検討委員会」である。

そして、ここに登場するのが、山下俊一その人を筆頭とする御用学者の面々。

山下は県立医大副学長と検討委員に就任し、「調査実行」と「検討評価」を兼務することになる。

これは、プレイヤーとアンパイヤー、あるいは被告と裁判官を兼ねるという立場だ。

このひとつの事実だけでも、この「調査」の信頼性が著しく疑われるだろう。

そして、その疑惑どおり、そこには「闇」が潜んでいた。


……検討委員会は約1年半もの長期間にわたって、一切その存在を知らせることなく「秘密会」を繰り返し開催していた。報道機関や一般に公開する検討委員会の会合を開く直前に、福島県と県立医大は「準備会」「打ち合わせ」の名目で秘密裏に検討委員たちを集め、「どこまで検査データを公表するか」「どのように説明すれば騒ぎにならないか」「見つかった甲状腺がんと被曝との因果関係はない」などと、事前に調査結果の公表方法や評価について決めていたのである。(本書Ⅴ頁)

――こんな「秘密会」が存在することを、毎日新聞は12年10月3日、一面トップと社会面で報じたのだ。

この「調査」は、調査の前にその「結果」が決まっていた。

それは「甲状腺異常が見つかっても、それは被曝の影響ではない」という結論にみちびくというシナリオが……。

そして、このシナリオがまだ廃棄されず、シナリオに沿って忠実に進行していることは、この間の「調査」の報告を聞いてもあきらかだ。

さらに、この報道に動揺する県幹部のようす、毎日新聞への民主党県議の「抗議」や自民党県議の「懇願」が記されているが、彼らがだれのために存在しているのかが浮き彫りになる。

また、国の原子力規制委員会、とくに事故後の「健康管理」を検討するとりまとめ役となった中村佳代子委員の、その会議での言動や振る舞いに、この人の正体があきらかになるだろう。

ところで、内部被曝をできるかぎり正確に検査するには、ホールボディカウンター(WBC)では不十分で、尿検査が必要である。

だが、山下俊一は、そのWBC検査さえ、できればやりたくないという趣旨の発言をしている。

そして、著者の直接インタビューで、山下は原子力発電について、その「意義」を明確にしていることを付け加えておこう。

巻末に「県民健康管理調査」の検討委員とオブザーバーの氏名と所属が記されている。

これはぼくたち、とりわけ子どもたちの生命と健康をまもるための「貴重」なリストになるだろう……。

2013年11月17日 (日)

石破幹事長の「原発新設検討」は再稼働を既成事実化するための見え透いた政治的ハッタリ

秋場龍一のねごと

2013年11月17日日曜日
石破幹事長の「原発新設検討」は再稼働を既成事実化するための見え透いた政治的ハッタリ

Photo_4自民党の石破幹事長が「原発の再稼働がよくて新設がだめだという話は成り立たない」と述べた。

これ、ハッタリかましてるよね。

この発言のねらいは「新設」ではなく「再稼働」なのだ。

再稼働を目論むため、新設をもってきたわけだ。

むろん、原子力ムラの本音というか願望としては、新設したいはずだ。だが、現情勢のなかで、原発が新設できるなんて考えられない。

この発言、まず「原発の再稼働がよくて」と前ふりしているが、ここがキモ。

いったい、いつ、だれが「原発の再稼働がよくて」なんてことにした?

だれも「再稼働がよい」なんて、言っていないし、想っていない。

事実、国民の圧倒的多数は再稼働に反対している。

再稼働がよい、と考えているのは原子力ムラの構成員だけだ。

それを「原発の再稼働がよくて」と、あたかもそれが既成事実のように述べて、「原発新設」というトピックなネタをもってくることで、再稼働はもう決まった話、としたいわけだ。

で、なぜ再稼働を既成事実化したいのかといえば、再稼働することへの政治的懸念があるから。

原子力ムラとその傀儡である安倍政権は、再稼働を具体的に提示した瞬間、安倍政権への支持率が急落することをおびえているのだ。

また、あの「再稼働反対」の集会・デモが沸騰することへの危機感もあるだろう。

再稼働したい、でも再稼働したら政治的にやばい――。

この葛藤と焦燥から「原発の再稼働がよくて」発言となったのだ。

あの言っておくけど、「再稼働」はもちろん、原発の存在そのものも認めていないんだからね、そこのところ忘れないようにね。

それにしても、こういう見え透いたハッタリを、それをそのまんま報道するNHKって、なんなのだろうね。

2013年11月15日 (金)

今年の漢字は「嘘」に、流行語大賞は「完全ブロック」に決定! そして安倍晋三が「大虚人」として特別賞の栄誉に!

  秋場龍一のねごと

2013年11月15日金曜日
今年の漢字は「嘘」に、流行語大賞は「完全ブロック」に決定! そして安倍晋三が「大虚人」として特別賞の栄誉に!

Photo_7今年もあと一か月半。年末恒例のイベントに関する話題がぞろぞろ出始めている。

そういえば、きのうのホームセンターの新聞折り込みチラシのキャッチコピーは「クリスマスなんたら」だった。

さて、ここで一足お先に、今年の世相をあらわす「漢字」と「新語・流行語大賞」を発表する。

今年、全世界に向かって臆面もなく大ウソをついた一国の代表がいた。

たしか日本という国の、安倍晋三という首相だった。

「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」

「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされている」

「福島近海でのモニタリング数値は、最大でもWHO(世界保健機関)の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ」

「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」

もうウソのオンパレードだ!

ここまで見え透いたウソを、何の恥じらいも屈託もなく、世界に向かってスピーチできるというのは、これはこれで一つの大いなる才能かもしれない。

ふつう、こんなウソはどれほど金を積まれたって、どんなに拝み倒されても、そうはつけるものではない。

おそらく、この安倍晋三氏は世界に冠たる「大虚人」として、後世にその名を遺すにちがいない。

「嘘」といえば、有名デパートやホテル、レストランなどが、ぞくぞく「虚偽食材」を発表した。

まあ、みんなで謝ればこわくないって感じで、われもわれも「ウソをついておりました」と白状して頭を下げた。

これ、あきらかに「詐欺」でいけないことだ。

でも、まだワビただけ、救いはある。

救いがないのが、安倍晋三その人である。

日本の国会でも、汚染水や放射能は「ブロック」や「コントロール」できていると、まだウソをつきとおしている。

これはこれで、首尾一貫しており「大虚人」という名に恥じないものである。

安倍晋三の虚言一色に包まれて、今年が暮れようとしている。




2013年11月13日 (水)

甲状腺がんが「被曝から3年以内に発生する可能性は低い」と複数の専門医が分析って、これ真逆だろ

秋場龍一のねごと

2013年11月13日水曜日
甲状腺がんが「被曝から3年以内に発生する可能性は低い」と複数の専門医が分析って、これ真逆だろ

Photo_7きのう12日、福島県は東電福島第一原発事故発生時18歳以下だった子ども約22万6千人にたいしておこなわれた甲状腺検査の結果を発表した。

甲状腺がんと診断されたのは26人、「疑い」は33人で、計58人(良性腫瘍の1人を除く)だった。

これは10万人当たり、がん確定で12人、疑いも含めると26人となり、原発事故前の宮城県など4県の15~19歳の甲状腺がんの発生率、10万人当たり1.7人とくらべると異常な高さを示している。

あきらかに、この数値は、原発事故による被曝が原因であると推察できるだろう。

だが、福島県は検査の性質が異なるので、被曝の影響は考えられないというのだ。

しかし、原発事故前と後で、7倍~15倍も増えており、これは被曝の因果性と関係づけないほうに無理がある。

それに複数の専門医が、チェルノブイリでは原発事故から4、5年経て甲状腺がんが発生したので、被曝から3年以内に発生する可能性は低いと分析したというのだが、これはかなり特異な「分析」ではないか。

いったいいつ、甲状腺がんは被曝から3年以内に発生しない、というエビデンスが認知されたのか?

そんな学術論文や確定データがあるなら、ぜひ公開してもらいたい。

ごくふつうに「分析」というか推測すれば、甲状腺がんの急増が「チェルノブイリで4、5年、福島で3年」ということは、福島はチェルノブイリよりも事態が深刻だから早く発生した、となるのではないか。

それと、この検査結果はあくまで「経過報告」にすぎず、最終的な「結果」ではないということだ。

月日の経過によって増える可能性があり、最終的な「結果」は数10年先となる。

これこそ、チェルノブイリの事例に学ぶべきである。


2013年11月12日 (火)

15万避難住民全員が帰還条件の「20ミリシーベルト」で暮らすと、150人から1200人ががんで死ぬ

秋場龍一のねごと

2013年11月12日火曜日
15万避難住民全員が帰還条件の「20ミリシーベルト」で暮らすと、150人から1200人ががんで死ぬ

Photo_4
きのう11日、原子力規制員会は有識者会合において、東電福島第一原発事故で避難した住民の帰還条件として、年間被曝量を20ミリシーベルト以下とすることを了承したという。

仮に約15万人とされる避難住民全員が20ミリシーベルトの放射能汚染地域で暮らすとして、その放射能の影響による、がんで死亡する数を原子力専門家と原子力推進専門機関の基準で計算してみた。

すると、専門家である小出裕章氏の基準では1200人、放射線リスクを過小評価しているとされる国際放射線防護委員会(ICRP)の基準でも150人が死亡するという結果が出た。

この基準値は国際社会でよく知られているものであり、日本の原子力規制員会も政府も、もちろん承知しているはずだ。

ということは、国はミニマムで150人の死亡を容認することになる。

また欧州放射線リスク委員会(ECRR)科学議長のクリス・バズビー英アルスター大客員教授は「子どもの年間被曝量20ミリシーベルトは犯罪的で無責任」と述べている。

この「帰還条件20ミリシーベルト」を客観的に評価すると殺人的行為ということになるのだが……。



2013年11月 9日 (土)

山下俊一「放射性物質があんな広範囲に広がっているとは思わなかった」

秋場龍一のねごと

Photo_7

2013年11月9日土曜日
山下俊一「放射性物質があんな広範囲に広がっているとは思わなかった」

しかし、それにしても、こんな人物が、福島200万県民の健康と命に関して重大な影響を与えていたなんて……。

いまとなっては取り返しがつかないのだが、よくもこんないいかげんな根拠で、住民の安定ヨウ素剤の服用を否定したものだ。

山下のヨウ素剤をめぐる発言を見てみよう。

2011年3月18日、福島県立医大の講演でヨウ素剤不要を説く。

ところがである。

「福島に入ったときは情報がなかったんです。情報といえば福島県立医大で測定していた空間線量のデータぐらいで……。3月22日にスピーディの結果を見て、ありゃーと」と述べるのだ。

よくも「情報がないのに」ヨウ素剤は不要と言えたものだ。

また、広範囲に広がる高線量を知って「ありゃー」だと。なにが「ありゃー」だ。

で情報がないのになぜ「不要」としたのかについて、こう述べている。

「日本の原発はフィルターがついていると思っていた。放射性物質があんな広範囲に広がっているとは思わなかった」

この発言、にわかに信じられない。

フィルターって、爆発すればフィルターもへったくれもないだろ。

それと「あんなに広範囲に」って、山下は誰よりもチェルノブイリ事故の実態を知っていたはずだから、なにを見え透いたことを言ってるんだろ。

以上は現在、朝日新聞に連載の「プロメテウスの罠」を参考にしたものだけど、この取材を担当した麻田真衣は、かなり突っ込んだ、いい仕事をしている。敬意を払います。

同じ朝日にも、またその他のメディアにも、いろんな人がいるものです。

(参考資料・引用『朝日新聞』朝刊、「プロメテウスの罠」「医師、前線へ22」「聞く度に話変わった」2013年11月9日)

2013年11月 7日 (木)

「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」山下俊一

秋場龍一のねごと

Photo_4


2013年11月7日木曜日
「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」山下俊一

2011年3月18日といえば、原発が爆発し、日本中が放射能の恐怖に慄いていた渦中だ。

その日、福島県立医大の大会議室で、ある講演会が開かれた。

集まったのは、被曝医療に携わる300人の職員。

テーマは、火急に選択が迫られた「安定ヨウ素剤の必要性」である。

講演者は山下俊一長崎大教授。

そして彼は、ヨウ素剤の摂取は必要でないと、その使用を否定する。

さらに、こう付け加えた。

「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」

いったいいつ、日本は「原発立国」になり、ぼくたちはこんな「宿命」を背負わされたのだろうか。

この言葉に、山下俊一という人の全人格が表現されているのではないか。

そして、そんなパーソナリティを有した者が、この日以降、福島の人たちの被曝医療の中枢を担うことになる。

(参考資料・引用『朝日新聞』プロメテウスの罠、医師、前線へ20「ヨウ素剤信仰だ」2013年11月7日)

2013年11月 6日 (水)

「原発重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」って、再稼働するから被曝を覚悟しろ、ということかい

  秋場龍一のねごと

Photo_6


2013年11月6日水曜日
「原発重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」って、再稼働するから被曝を覚悟しろ、ということかい
 

きのう5日の朝日新聞の巻頭を見て、ひっくり返った人も多かっただろう。

なんと、大見出しが「被曝医療に拠点病院」「政府方針 原発重大事故に備え」だよ。

つまりこれ、「再稼働」と「重大事故」と「被曝」を前提にしているわけだ。

ひっくり返るでしょ。ついでに、ハラワタも煮えくり返るでしょ。

これから原発を稼働させるので、重大事故が起こることがあり、起これば被曝するので、そのために被曝に対応できる医療体制整えておく、ということだ。

で、いったい、いつだれが、再稼働を了解したの?

いつだれが、重大事故を容認したの?

いつだれが、被曝することを承諾したの?

原発のために被曝して、全身に重篤な症状をかかえたり、がんになったり、死んだりしなくちゃならないの?

また、被曝することを避けて、長年住んでいた所から逃げなくてはならないの?

再稼働に、国民の圧倒的多数は反対している。原発は極めて危険なものだと考えている。

福島原発事故以前は、原発は絶対に安全です、と東電もその他の電力会社も、国も、自民党も、高らかに言い放っていたよね。

重大事故が起こる確率は、隕石が原発にぶつかる確率より低い、とか言ってなかったっけ。

仮に事故が起きても、四重五重の防御装置があるから、放射性物質が環境に放出することは絶対にない、なんてこともね。

チェルノブイリ事故では、ソ連(当時)の技術は未熟で、高度な技術力を誇る日本では起こらない、とさんざん聞かされたぜ。

福島事故以前は「絶対安全」と言わないと、地元住民や世論を納得させることができなかったからだ。

そう、だから「絶対安全」という「原発安全神話」が捏造されたのだ。この神話がないと原発は動かなかった。

ところが、史上空前の巨大事故が起こって、無残に「安全神話」が原発建屋もろとも崩壊すると、こんどは「放射能安全神話」だよ。

1ミリシーベルトどころか、20ミリ、いや御用学者のなかには100ミリだって大丈夫とまで言い出したよ。

そして、ここにきて、ついに「重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」だ。

あのね、原発という、発電プラントのために、なんでこうまで「備える」必要があるの。

単に電気を作る装置だよ。

電気を安全に、無害に、安く作れる装置って、いくらでもあるんだよ。

で、なぜ、原発のために、重篤な病気になったり、逃げ出したり、莫大な費用を国民が払ったり、十万年以上管理したり、地球生物の絶滅まで危惧しなくちゃならないの?

原子力発電ほど愚かな装置ってあるのかな。愚の骨頂の典型だろ。

その愚を原子力ムラに引っ張られた政府が、国民を置き去りにして突っ走っているよ。

2013年11月 4日 (月)

どうやら、原発って、人間のたましいを験すリトマス紙かもしれない、ね……。

秋場龍一のねごと

Photo


2013年11月2日土曜日
どうやら、原発って、人間のたましいを験すリトマス紙かもしれない、ね……。
ぼくは原発を推進するとか、賛成するとか、無関心であるとか、あるいは原発関連で利益を得る、ということが理解できない。

この世の問題、とくに政治的な問題に「絶対」はなく、「相対」として扱わなければならないことがほとんどだと思っている。

だけど、原発に関しては「絶対」に反対である。

反対しかあり得ないと考える。

その理由は、地球のほとんどの生物を絶滅させるポテンシャルを秘めているからである。その現実性はスリーマイルで、チェルノブイリで、フクシマで、嫌というほど覚えたはずだ。

たとえ原発が事故を起こさなくても、それが稼働することによって生み出される放射性廃棄物を10万年以上にわたって安全に管理しつづけなければならない。

後世にそんなとんでもなく危険なものを遺していいわけがないだろう。

ぼくたちが、たった40年50年しか使わなかった発電プラントのために、その後、10万年以上もまったくなんの関係もない人たちに脅威を与えつづけるのだ。

ぼくは、そんな事実に耐えられない。そんなものを自分が生きていた時代に存在させたことに、たとえその存在に反対を唱えたとしても罪の意識をおぼえる。

そして、こんなものを遺して死んでいくことに畏れがある。

ここのとこ、原発に推進、賛成、無関心、それで利益を得る人というのは、どう思っているのだろうか。

畏れって、ない?

もしかして、自分が死んだあとのことだから関係ないとでも考えているのだろうか。

でも、たとえば、わが子や孫に、そんなものを「積極的に遺した自分」と、どう折り合いをつけるのだろうか。

いま、オギャアと日本に産まれた、あなたの子どもや孫は、ひとりあたり1千万近い借金、それに「死の放射能汚染」と「死の廃棄物」という遺産を、生まれながらに背負わされている。

この「事実」に、あなたは堪えられるのか。

そんな人にわが子、わが孫がかわいいなどと言ってもらいたくない。子どもを愛している、また国を愛している、と思ってもらいたくない。

ほんとにかわいければ、ほんとに愛していれば、そんなものを遺して死んでいくことができるはずがない。

どうやら、原発って、人間のたましいを験すリトマス紙かもしれない、ね……。

原発に関する諸事は、現生の政治の問題だけに収束するのではなく、それは現生を越えた、はるか後世に及ぶ人類生存の問題なのだ。

だから、山本太郎さんが、原発にまつわる手紙をどんな人に渡そうとも、それは「政治的」には成り得ない。

その山本さんの行為は、現生の政治をはるかに超えた「人類普遍」のものだから。

その他のカテゴリー

どんどん和尚のブログ | 大気拡散予測 | CuRAZY | donのブログ | KABASAWA YOUHEI BLOG | newsポストセブン | Nuclear F.C : 原発のウソ | simatyan2のブログ | Sputnik 日本 | THE HUFFINGTONPOST | wantonのブログ | ☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞 | あいば達也 | いかりや爆氏の毒独日記 | おすすめサイト | お知らせ・情報 | かっちの言い分 | きのこちゃん | くろねこの短語 | ずくなしの冷や水 | その他 | たむごん | つぶやきいわぢろう | とある原発の溶融貫通(メルトスルー) | とらちゃん | ひとりごとぶつぶつ | まっちゃんのブログ | まるこ姫 | みんな楽しくHappyがいい♪ | アロイアからの伝言2 | ウィンザー通信 | カイトのブログ | カナダde日本語 | カレイドスコープ | サンスポ | ジャーナリスト堤未果のブログ | スポーツ | ダイヤモンドオンライン | ドリアン大将 | ニュース | ネットゲリラ | ハイヒール女 | フランスねこ | マスコミに載らない海外記事 | ミクロネシアの小さな島・ヤップより | ロシアの声 | 世界の裏側ニュース | 乳酸菌 | 人生は冥土までの暇潰し | 低気温のエクスタシーbyはなゆー | 健康になるためのブログ | 八木啓代 | 原発事故・放射能 | 国会傍聴記by下町の太陽 | 天木直人 | 天皇陛下 | 小沢一郎 | 山本太郎 | 山科恭介 | 戦争はなぜ起きるのか | 放射能・瓦礫問題 | 放知技 | 政治・経済 | 政経徒然草 | 文殊菩薩 | 新井信介 | 新華社 | 旅行・地域 | 日々坦々 | 日々雑感 | 日々雑感 iza | 日刊SPA | 日刊ゲンダイ | 日本が好き | 日記・コラム・つぶやき | 時事通信 | 晴天とら日和 | 晴耕雨読 | 暗黒夜考 | 書籍・雑誌 | 杏仁タイチー | 村野瀬玲奈 | 東京新聞 | 東京江戸川放射線 | 板垣 英憲 | 森ゆうこ | 植草一秀 | 民間人です | 涅槃 | 独りファシズム_ | 生き生き箕面通信 | 田中龍作ジャーナル | 疲労困憊したおじさんのブログ | 皇室 | 真実を探すブログ | 真白りょう | 社会 | 神保哲生 | 神州の泉 | 福島の悲劇を二度と繰り返さないために | 福島民報 | 秋場龍一 | 秋場龍一のねごと | 経済・政治・国際 | 自民党的政治のパンツを剥ぐ | 芸能・アイドル | 芸能・エンタメ | 藤原肇 | 見るべきほどのものは見つ | 逝きし世の面影 | 速報 | 週刊金曜日 | 選挙 | 里子 | 里子の☆ラウンジ | 阿修羅 | 陽光堂主人 | 集会・デモ告知 | 音楽 | 飯山一郎 | 黄金の金玉

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ