« 金正恩が中朝国境地帯を視察 | トップページ | 7月6日にポンペオ国務長官が再訪朝 »

2018年7月 2日 (月)

この2週間,嫌な予感がしていて…

飯山一郎
平成30/07/02(月) 
ドイツは大丈夫か?
  スッ天井に「三尊天井型」が現れた
180629m465
拡大
ワシは,この2週間ほど嫌な予感(悪寒)のしどおしだった.
つらつら考えてみたら…,悪寒の原因は「ドイツ」だった.

メルケル政権の弱体化,ドイツ銀行の信用不安,独自動車大手ダイムラーの大幅減益.さらには「米中貿易戦争」に最も弱い欧州からの資本逃避等々.いま,EUとドイツは「売り」の対象だ.
実際,多くの投資家は既に欧州を売り始めている.

案の定,チャートを見ると,独DAX指数が「三尊天井型」.
もしも,11787マルク以下に下がったら,大暴落が来る.

中国にも,米中貿易戦争の悪い影響が出始めている.
人民元は6月に記録的な大幅安となり,ドルに対して3.4%下落した.これは月間としては約20年ぶりの大幅な下落率である.

新興国通貨の下落も暴落に近い.
アルゼンチンペソは対ドルで11%急落し,同国当局は通貨安に歯止めをかけることができず,国際通貨基金(IMF)に融資を求めた.

その他の新興国通貨では南アフリカランドが7%安と,2016年5月以来の大幅安.ブラジルレアルは4%近く下落した.

世界は,いま,間違いなく「経済不安」に見舞われている.
現在進行中の「経済不安」は何を意味するのか?

文明史観的な大きな鳥瞰図を描くと…こ~ゆ~ことだ.

トランプと金正恩の主導により,世界の歴史が新時代へと突入した.その反動というか,「揺り戻し」が現況の経済不安なのである,と.

ともかく,いま,米中貿易戦争は「本番」に入っている.
トランプも習近平も,「強気」である.「突っ張り合い」である.
この「突っ張り合い」は,「覇権争い」でもある.

残念なことは…
トランプにも習近平にも,『王者の風格と品格』がないことだ.
ようするに両者とも権力発動が好きな喧嘩犬でしかない.www

これから先,意外な国から,意外な人物が…
『王者の風格と品格』を魅せながら,登場!
こんな場面が見られるかも知れない.
飯山 一郎 (72)

« 金正恩が中朝国境地帯を視察 | トップページ | 7月6日にポンペオ国務長官が再訪朝 »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ