« 金正恩,文在寅を板門店に呼び出す! | トップページ | 米朝実務者会議が三か所で同時進行 »

2018年5月28日 (月)

不吉な悪寒:アメリカは何処へ行くのか?

飯山一郎
平成30/05/28(月) 
CIAに囲まれたトランプ
反ネオコンのはずがネオコンだらけ!
Ginacherihaspel
   ジーナ・ハスペル(61).
この新CIA長官は公私共に謎だらけである.(記事)
1985年にCIA入局.キャリアの大半を秘密工作部門で過ごし,CIA副長官に就任するまでの公的記録は存在しない.

女性のCIA長官は史上初だ.しかも,謎に包まれたCIA秘密工作部門の幹部が長官に指名されたことは過去40年以上なかった.

【拷問疑惑】 トランプ大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペルCIA副長官が(拷問の疑義追求を避けるため)指名辞退を申し出ていたことが5月6日,明らかになった.(記事)

【テロ集団育成疑惑】 さらにハスペル女史は,対テロ作戦を遂行する部門にゐた経歴から,ISISなどのテロ集団の“育成”や,色々なカラー革命にも関与していたのではないか!という疑念もある.

そのため,トランプ大統領はCIAなど諜報機関への疑念を公にしてきた.その諜報機関は,トランプ大統領を狙う邪悪な「ディープ・ステート(闇の国家)」の一部とされてきた.

しかし,大統領は“最も危険な謎の女諜報員”を諜報機関のトップに選んだ. いや,選ばざるを得なかった.なぜか?

ハスペル副長官を強力に支持する“闇の者たち”の圧力だ.
彼らは“推薦状”をトランプに送った.そこには元CIA長官6人,元国家情報長官3人,元国務長官2人など,ハスペル女史を直接知る国家安全保障・諜報機関の元幹部50人以上の署名があった.
ヘンリー・キッシンジャーの署名もあった.(記事)

かくして,CIAのドス黒い闇の中にゐた人物がCIA長官になった.

これが「毒を以て毒を制す」の手法なら,トランプは天才政治家なのだが,“毒”の側の脅しに抗しきれずにハスペルをCIA長官に抜擢した可能性のほうが高い.だから不吉な予感を禁じ得ないのだ…

世界一悪辣だったCIAに,いわば乗っ取られたトランプ政権…
アメリカは今後,一体ど~なっていくのか?
おそらく…
「国体・政体」の二元構造に似た「国体・黒体」の“光と闇”か?

輝かしい光を浴びるトランプの「アメリカファースト国体」と…
ドス黒い闇の部分を担当する「CIA黒体(闇の政府)」が…
役割を分担しながら,世界覇権を維持してゆく…

このよ~な“双頭の鷲”に変身してゆくのだろう.
飯山 一郎 (72)
【きょうの付録】 26日の「電撃」南北首脳会談の動画

« 金正恩,文在寅を板門店に呼び出す! | トップページ | 米朝実務者会議が三か所で同時進行 »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ