« 溜飲を 下げてサッパリ ルサンチマン | トップページ | 何があろうとも慌てず騒がず淡々と »

2018年5月23日 (水)

いま『ニューズウィーク』が面黒い!

飯山一郎
平成30/05/23(水)2  
ニューズウィーク
米国誌が金正恩絶賛!
金正恩はブレてない一貫している!と
Kimbest
拡大
NewsWeek529
北朝鮮は16日,米朝会談を中止する可能性を示唆した.一部の論者は,「外交交渉中に突然方針を変更する従来どおりの戦略」と主張するが,今回は違う!
というのは,金正恩の主張は一貫していて,「北朝鮮の非核化だけではなく,“朝鮮半島の非核化”を段階的に実現してゆく」 という姿勢には変化がない.
北朝鮮は,主権国家として正当かつ当然な主張をしているだけだ.
ところが米国は,最近,北朝鮮だけが“完全核放棄”をするリビア方式を一方的に主張し始め,それを金正恩に拒否され,引っ込みがつかなくなった.今後も,事態は,金正恩の主導で進んでいくだろう.(ニューズウィーク 2018/05/29号)

ニューズウィーク(2018/05/29号)』を(アマゾンのキンドル版で)読んだ.
大見出しはこのようにセンセーショナルだが…
 ・ 『北朝鮮の罠に落ちたトランプ』
 ・ 『“交渉の達人”金正恩が世界を翻弄する』

しかし,記事の内容は,『トランプは交渉の達人ではなく“操られる達人”』といったトランプの外交下手,金正恩の外交上手を際立たせた論調.

たしかに,トランプは判断も認識も甘かった.
なにしろ,「米朝首脳会談は大成功を収める!」と豪語し,ノーベル平和賞も確信し,米朝首脳会談(成功)の記念硬貨まで発行する!ってゆ~んだから,歴史に残る“甘ちゃん”ぶりだ罠~.

とにかくアメリカは,好戦派ポンペオも反戦派トランプも,み~んなが見えなくなっている.

これで6.12米朝首脳会談が流れたら,打つ手がなくなり,ネオコン戦争屋は一時的には \(^o^)/ だろうが,アメリカの政治と外交は,益々バッラバラになっていくだろう.

いっぽう,金正恩には幾らでも打つ手が,ある.
夢多き一手には…
中・露と協同の『夢の高速鉄道』と,環日本海経済圏の大構想!というのも,ある.

きょうの最後は,極秘情報.
ポンペオらのCIAルートは駄目!ということで…
娘ムコ・クシュナーの「統一教会ルート」が動き始めている!と.
飯山 一郎 (72

« 溜飲を 下げてサッパリ ルサンチマン | トップページ | 何があろうとも慌てず騒がず淡々と »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ