« 米朝首脳会談が中止 | トップページ | 「安倍政権は7月まで持たないでしょ?!」 »

2018年5月25日 (金)

米政権内の好戦派の勝ち!

平成30/05/25(金)  
housha米朝         
       首脳会談は中止
トランプが金正恩に通告
「大成功」と言っていたが大失敗の巻Trumpby
米朝会談「中止」伝達 トランプ書簡の骨子
・ 北朝鮮は声明で敵対的な言動を示した
・ 米朝首脳会談を今行うのは不適切で中止を通告した
・ 北朝鮮は平和と繁栄のチャンスを失った
・ 歴史上の実に悲しむべき瞬間だ
会談を楽しみにしていた.いつか会えることに期待
拘束されていた3人の米国人解放に感謝
チャンス!である.
「政治を見る目」を鍛えるチャンスである.
政府部内での覇権争いで米国がバッラバラであること.
米国大統領のリーダーシップと判断力の欠如によって…
アメリカの世界覇権が消滅するドラマを観劇するチャンス!

それにしても,トランプ米大統領は,大敗北である.
政権内の(米朝会談に反対する)ネオコン勢力に負けた.
米朝首脳会談を大成功させる!という大統領の邪魔をしたボルトンは,本来ならばクビ!なんだが,逆に押さえ込まれてしまった.これは大敗北である.

しかし,トランプ大統領は可哀想になるくらい必死の抵抗をして…,金正恩への書簡では,「いつか必ず会おうね!」といった“片思い”を告白した.が,世界はガッカリ.株価は日米ともに暴落.

これで,トランプ大統領の最大の政治目標である「11月6日の中間選挙での勝利!」は,黄信号.

というのは,北朝鮮問題で国内の支持率を上げて,中間選挙に勝利することが至上命題となっていたからだ.

もしもトランプが中間選挙で負ければ,下院で大統領弾劾決議案が提出され,司法委員会が公聴会を開くことになる.

そうなれば,トランプ大統領ののロシアとの不動産取引や資金洗浄の実態,さらに売春婦との愛人関係までが明るみに出て,大統領再選はあり得ないことになる.

逆に中間選挙で勝利すれば,大統領2期目の続投も可能となる.

だっからトランプ大統領は,今後も,金正恩への“片思い”を“相思相愛”にすべく,(ウラのルートで)熱いメッセージを伝え続けていくだろう.

書簡の全文を読むと,トランプ大統領の“お手紙”は非常に丁寧であり,挑発的なのは,米国の核兵器の強大さを強調している点ぐらい.

「気が向いたら躊躇せずに電話を下さい」とまで書いた熱い想い.

楽しみは,金正恩の“お返事のお手紙”だが…
米国大統領をココまで熱くさせた金正恩(34)は,只者ではない.
飯山 一郎 (72)

« 米朝首脳会談が中止 | トップページ | 「安倍政権は7月まで持たないでしょ?!」 »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ