« 物事が非常に急進的に変化している(Trump) | トップページ | 国際政治の観察は大局的に! »

2018年4月29日 (日)

金正恩に文在寅あり トランプに安倍晋三あり

飯山一郎
平成30/04/29(日)
朝鮮半島は 知略の勝負!
安倍晋三がトランプの“軍師”であることが分かる
100428Trump
【日本語訳】 先ほど韓国の文大統領と非常に良い長話をしていた.物事は非常に上手くいっている.北朝鮮との会談の時間と場所が設定されている.また,日本の安倍首相に対して,現在進行中の交渉の内幕を話した
大軍師ほど控えめ
竹中半兵衛,黒田官兵衛,山本勘助,小早川隆景,片倉景綱,南光坊天海等々,“大軍師”の知略があってこそ戦国大名は永らえた.

本物の大軍師ほど“控えめ”である.文在寅も安倍晋三も,“控えめ”である.決して出しゃばらない.

文在寅は,「“我らが金委員長”は,史上初めて軍事境界線を越えた.この瞬間,板門店は不和の象徴ではなく,平和の象徴となった」と述べた.

文在寅は金正恩を「我らが委員長」と呼んだ.主役を立てたのだ.
「金正恩は信用できない」の,「“非核化”の筋道が書いてない」の,「日本は蚊帳の外で孤立している」のと,評論家が色々言っているが,どれもマト外れ.本質を見抜き,核心を突いた評論は,ない.

そこで,きょうは『本質論』を書きたい.

さて,物事には必ず『当事者』がいる.
今回の板門店会談の当事者は,金正恩と文在寅.この二人だけ.
当事者以外の言動は,野次馬のちょっかいか,余計なお世話ww

金正恩と文在寅.この二人が決めたこと=『板門店宣言』の(深遠な)意味を読み,先行きを見透かすこと.これが『本質論』だ.

さて今回.二人の首脳が決めた“非核化”とは,北朝鮮の非核化ではない!朝鮮半島の非核化なのだ.

もっと言うと…
金正恩と文在寅は,「“核”を含めて,朝鮮半島から駐韓米軍を撤退してくれ!」と米国に要請したのである.

これにトランプ大統領は納得し,駐韓米軍を撤退させる意図を示した.これで米朝会談が,歴史的にも未曽有の大成功となる!と,ワシは昨日断言した.

それで,『本質』は,その先にある.先にある本質とは何か?

それは,金正恩と文在寅が今後 外国の干渉を排除した“民族自決”の原則に基づいて国づくりを行う!これが,今後の朝鮮半島の本質的な歴史の流れになる.

 

 1.朝鮮半島で国づくりが始まる!
 2.駐韓米軍が朝鮮半島から撤退してゆく!

このことだけを淡々と眺める.
それだけでE~のだ.
野暮なお節介や 余計なお世話は…,五月蠅いだけだ.
飯山 一郎 (72)

« 物事が非常に急進的に変化している(Trump) | トップページ | 国際政治の観察は大局的に! »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ