« 応神天皇の秘密(1) | トップページ | 米軍の韓国からの撤退もあり?! »

2018年4月16日 (月)

きょうは短編小説を読んで下さい

飯山一郎
平成30/04/16(月)  
短編小説納屋のイヌ
Author:虻農〇(アブノーマル)
東北のとある村に ひとり住む婆ちゃん
子供の頃から 動物好きで イヌが欲しくて仕方なかったが
厳格な父親わ 娘の望みを叶えようとわしなかった.

その後 就職 結婚 出産 夫との死別で 独り暮らしとなった.
そんなある日 野良仕事を終え 山を散策していた時
玉のような子犬と 巡りあった.

これわ何かの縁とばかり 子供の頃からの夢が叶い
家へと連れ帰った.

栗毛色した 子犬わ 食欲旺盛であったが 大人しく
無駄吠えすることもなく スクスクと育ち
みるみる内に 婆ちゃんのひざ上あたりまで成長し
家の番人としての 役目に心なしか満足しているようだった.

そんなある日 息子達から帰郷の知らせがあり
婆ちゃんわ これわ一大事と慌てふためいた
イヌ嫌いの息子達に このことがバレれば
引き離されるのわ 間違いなく どうしたものかと思案した.

やがて息子達が帰郷し その日の夕方
やんちゃ盛りの孫達が 「納屋にワンコがいるよ」と
はしゃぎながら 親に駆け寄った.

もはやこれまでと 婆ちゃんわ 覚悟を決め
・・・・・・・これまでの 経緯を説明し
息子達わ 兎に角 どんなイヌなのか見定めようと
納屋へ向かった.

納屋から戻った息子達の顔わ ひきつっていた.

「婆ちゃん・・・・・・・あのさ」

「わたしわ あの子と一緒に暮らしたいんよ」

「いや・・・・・・・あのさ」

「なんじゃ あんたらの指図わ うけんよ」

「いや・・・・・・・そうじゃなくて」

「なんじゃ・・・・・・・」

「アッ アレ・・・・・・・イヌじゃねえよ」

「なんじゃ・・・・・・・」

「アッ アレ・・・・・」

「クッ・・・・・・・クマだよ」

「・・・・・・・・・・」

(了)
異彩を放つ多才
放知技が求める柔軟な思考と実事求是Houchigi2018
放知技』には実に多才な人間が集まってくる.
なかには「異彩を放つ天才」もゐる.
その一人が「虻農〇(アブノーマル)」氏だ.

彼のモノの見方は,柔軟にして独特,皮肉も多いが正論も多い.
とりわけ社会を見る目,そして人間観察は…,上から目線ではない,下からの卑屈な目線でもない,やや斜め上から“心眼”で物事を洞察する趣(おもむき)なのだ.

『虫の目,鳥の目,魚(サカナ)の目,コウモリの目』.
視点や立ち位置,思い込み等々で,物事は違ったカタチに見えるものだが,「虻農〇(アブノーマル)」氏は,ヒラヒラと空中を舞いながら人間社会を見透かす『蝶々の目』も持っている.

そして彼の文章が,また,ヒラヒラと蝶々が華やかに舞うような文体なので,いつしか読み手は心底から魅せられてしまう….

彼は『放知技』のなかに,「独り言(ゴミ箱) 2」というスレッドを持っている.
ためしに一度,「脳活」だと思ってコレをクリックして読んでみて下さい.世の中には,ほんと,多彩な考え方があるもんだなぁ!と,なりますから….

あ,上の短編小説は,読み手の心理を引っ張る手法なので…
東北の村に住む婆ちゃんが…
「熊と犬の区別がつかんハズなかろう!」などといった…
ツッコミは入れんといて猪~大寝!>皆の衆
飯山 一郎 (72)

« 応神天皇の秘密(1) | トップページ | 米軍の韓国からの撤退もあり?! »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ