« 朝日は安倍の評判を落とすことだけが目的 | トップページ | きょうも小ボンボン宅に分蜂群が来た! »

2018年4月12日 (木)

「バカな野党が、朝から晩まで…」

飯山一郎
平成30/04/12(木)2 
西村慎吾が吠える
シビリアンコントロール軍人のような文民が統制
Civilc
自衛隊から栄誉礼を受ける安倍首相と小野寺防衛相=2017年9月11日、防衛省
西村眞悟.“政界の問題児”が,久々に吠えた.
まぁ“正論”ではあるので,西村眞悟のFBから全文引用する.
国家防衛や正規軍の在り方を考える思考訓練には最適の文章だ.
熟読すれば今の野党がイカにタコな“国賊”かが分かる.
シビリアンコントロール
バカな野党が、朝から晩まで、口を開けば、
シビリアンコントロールに反すると、
日報が表面に出なかったことで、政府を非難するので、
もう我慢ならん。

そもそも、シビリアンコントロールとは、何ぞや、
について書く。

シビリアンコントロール。
それは、国家の危機において、
軍隊の領域に、
問題解決を委ねるのか委ねないのか、
この最終的な決定をするのが、
国民に対して最終的政治責任を負っている
内閣総理大臣(日本や英国)
もしくは大統領(米国)であるという原則だ。
つまり、民主主義国家における軍事行動を発動する原則だ。

日米開戦の時、
米国のF・ルーズベルト大統領が対日戦争の最終決断をし、
国務長官が、振り向いて、軍の参謀総長に、
「問題解決を貴官の領域に移す」
と言った。
これが、シビリアンコントロール発動の瞬間なんだ。
そして、一旦、このコントロールが為されれば、
以後、
問題は軍のオペレーションの領域に移る。
そして、軍隊は、
決定された戦闘序列に従って、戦闘行動に入る。
そして、ここは、
オペレーションを遂行する軍の自律の領域であり、
ここに、政治家や防衛省文官の、
あれをしろ、これをしろ、という指示が入る余地はない。
ここに、政治家や文官の指示が入ることがシビリアンコントロールと思い込んで、騒いでいるのが今の国会だ。
我が国特有の珍現象だと思われたし。

ましておや、
政治家や文官に、その都度、日報を見せるなど考えられない。
見せて、その日のうちに、敵に部隊の配置と行動が筒抜けになれば、オペレーション全体が崩壊し、国家が敗北する。

我が国で、日報と言っているものは「戦闘報告」のことだ。
日々、現場の戦闘部隊から上がってくる「戦闘報告」は、
司令部の参謀と司令官が読み、それを土台として、次の作戦を立案し決定してゆく。
その戦闘報告を公表などしない。
するのは、三十年後くらいだ。

再度、言うが、防衛省内局や政治家が、日報(戦闘報告)を出せと部隊に要求するのはシビリアンコントロールとは無関係な、戦後日本特有の珍現象だと思っておればよろしい。

現実的にも、
日報の隠匿はけしからんと騒いでいる野党の面々を見て欲しい、まさしく、そこに「戦闘」の記述があれば政争の具にする為に開示を要求している顔ではないか。

また、あの面々に「戦闘報告」を見せれば、
その日のうちに中共や朝鮮の知るところとなる。

「日報」があったのに、「ありました」と言うのが遅いと現場をシビリアンコントロールに反するとと責めているが、
もっと悪い国賊は、
自衛隊を違憲とし、シビリアンコントロールの意味も理解せず、ただ我が国の誇りである自衛隊を萎縮させるためにシビリアンコントロールという言葉を乱用している野党の面々である。
西村眞悟の“咆哮”は以上である.
今の野党がイカにタコか!というよりも,“国賊”に近い!
こ~ゆ~視点の必要性と…
西村眞悟の怒りを,ワシは理解できる.
飯山 一郎 (72)

« 朝日は安倍の評判を落とすことだけが目的 | トップページ | きょうも小ボンボン宅に分蜂群が来た! »

飯山一郎」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ