« 花筐  | トップページ | 小沢一郎讃歌・哀歌・別れ歌・「挽歌」 »

2017年10月14日 (土)

琉球人の本音・本心は…哀しい 

飯山一郎
2017/10/14(土)3  
辺戸岬に刻まれた本心
碑文の深奥に更なる本音が…
祖国復帰闘争碑
沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)に建つ『祖国復帰闘争碑』.
ワシは,この碑文を1時間以上もかけて,熟読した.
熱い文章であった.思わず震えがくるような激烈な熱さ!
胸の奥に溜まり続けた熱い,しかし,哀しい想いを叩きつける!
まさに鬼気せまるような筆力である.ワシは言葉を失った…
祖国復帰闘争碑
全国のそして全世界の友人へ贈る

吹き渡る風の音に耳を傾けよ
権力に抗し復帰をなし遂げた 大衆の乾杯の声だ
打ち寄せる波涛の響きを聞け
戦争を拒み平和と人間開放を闘う大衆の雄叫びだ

銃の暴風やみ平和のおとずれを信じた沖縄県民は
米軍占領に引き続き1952年4月28日
サンフランシスコ「平和」条約第三条により
屈辱的な米国支配の鉄鎖に繋がれた

米国の支配は傲慢で県民の自由人と人権を蹂躙した
祖国日本は海の彼方に遠く 沖縄県民の声は空しく消えた
われわれの闘いは蟷螂の斧に擬された

しかし独立平和と闘う世界の人との連帯であることを信じ
全国民に呼びかけ全世界の人々に訴えた

見よ 平和にたたずまう宜名真の里から
二十七度線を断つ小舟は船出し
舷々相寄り勝利を誓う大海上大会に発展したのだ

今踏まえている土こそ
辺戸区民の真心によって成る沖天の大焚火の大地なのだ

1972年5月15日 沖縄の祖国復帰は実現した
しかし県民の平和への願いは叶えられず
日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された

しかるが故に この碑は
喜びを表明するためにあるのでもなく
ましてや勝利を記念するためにあるのでもない

闘いをふり返り大衆が信じ合い
自らの力を確め合い決意を新たにし合うためにこそあり

人類の永遠に生存し
生きとし生けるものが 自然の攝理の下に
生きながらえ得るために警鐘を鳴らさんとしてある
祖国復帰闘争碑全景・ 沖縄=琉球の問題は,重い.
・ 唐の時代から興隆してきた琉球国を,日本は侵略し,収奪し,犠牲を押し付けてきた.
・ 極めつけは,明治5年の『琉球処分』.
・ 日本は一方的に琉球国を「処分」したのだ.
・ その後の歴史は,上の碑文に詳しい.
・ 沖縄の未来は,琉球人が決めるべきだ.
・ ヤマトンチュウ(日本人)は,口を出すな!
・ 在日左翼も,下手な基地闘争は止めろ!
・ ただし,沖縄の完全返還までは,日本政府が命を懸けろ!
・ 沖縄の完全返還は…,
 強力で,巧妙で,狡猾で,強靭な外交巧者にしか出来ない.
・ なにごとも,国家と政府が強靭でなければ,日本国は…,
 国際社会の厳しい生存競争の餌食になってしまう.
・ E~か?! 今回の衆院選挙は…
 日本という国家が強い国に成れるかどうかの選択だ!
・ われら日本人が,日本民族が,いま,危機存亡の瀬戸際に
 あるってこと,忘れるでない!>皆の衆 <E~爺より
飯山 一郎 (71)

« 花筐  | トップページ | 小沢一郎讃歌・哀歌・別れ歌・「挽歌」 »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ