« 立憲民主党:ウラでは悪辣な選挙妨害  | トップページ | 安倍晋三:選挙後は,全方位外交を全開! »

2017年10月22日 (日)

神風の再来!

人生は冥土までの暇潰し
いよいよ今日は衆議院議員総選挙の投票日。そうした最中、1959年の伊勢湾台風の再来を思わせる台風21号が本土に接近する。

17102202
https://weathernews.jp/s/topics/201710/180115/

今回の選挙は、東アジア百年の計に向けた基盤固めへの第一歩という意味で、極めて重要な選挙だ(東アジア百年の計については「ピョートル大帝」参照)。

17102201

この台風21号、750年前に元の軍船を襲った神風を彷彿させるものがある。何故なら、浮動票に最後の望みを託していた、希望の党の野望を打ち砕くものとなるからだ。論より証拠、掲示板「放知技」の以下の投稿をご覧あれ。

17102203
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16256324/31-33/

神風…、すなわち750年前の元寇来襲で、日本の命運もあわやと思われたのだが、神計らいで元の軍船を大風が襲ってくれた。そして、今回の台風21号は、希望の党というネオコン党の野望、すなわち日本の再支配という野望を打ち砕く、とどめの一撃となろう。

一方、勢いに乗っている立憲民主党はどうか? この党を立ち上げた枝野幸男の正体を知れば、同党に投票する気も失せるはずだ。そのあたり、枝野の正体をズバリ書いた、飯山一郎さんの以下の記事を熟読して欲しい。
立憲民主党は旧民主党! 最近までは民進党!

なを、上の記事では加計学園についても触れている。朝日新聞や月刊日本が必死に加計問題の責任を、安倍総理に擦り付けようとする卑劣なキャンペーン、そうした連中の愚行を打ち砕くに十分な記事だ。

17102204
「加計・森友問題を闇に葬る安倍総理」という大嘘を書いた『月刊日本』11月号p.10~11

その意味で、加計・森友問題の本質を見事に抉り出してみせた、以下の本は必読だ。

17102205

国家百年の計を任せられるのは、今の日本には安倍総理しかいない。さぁ、雨にもマケズ、風にもマケズ、投票に行こうではないか!

« 立憲民主党:ウラでは悪辣な選挙妨害  | トップページ | 安倍晋三:選挙後は,全方位外交を全開! »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ