« 日本ネオコンのボス・竹中平蔵の暗躍  | トップページ | ネオコンの正体  »

2017年10月 1日 (日)

希望をもってユスリ・タカリ 

飯山一郎
2017/10/01(日)3  
カネがなくては戦にならぬ
「ユスリ」とは,オドして無理やり金銭を出させることだ.
「タカリ」とは,相手の弱点に付け込んで,金銭を強要すること.

 え? ヤクザの世界の話ですかって?
 ちゃいまんがな! 希望の党の話でんがな!

「カネがなくては戦(いくさ)が出来ぬ!」とは,大昔からの格言.
これは現代の戦(いくさ)=選挙も同じである.
むしろ現代日本の選挙のほうが,ものすごいカネが必要になる.

「希望の党は,公認希望者には供託金を含めて700万円の拠出を求めていた」と報じたのは『赤旗』だった.

9月末.民進党は公認内定者に対して,500万円を振り込んだ.

『希望の党に公認を申請する民進党前議員には,公認申請料として300万円,希望の党への寄付金200万円の計500万円を振り込むように求められた』 こう報じたのは『赤旗』だ.

この500万円が,とりあえずの「第一弾」として,民進党から希望の党へ流れたカネである.

「玄葉光一郎・党総合選挙対策本部長代行は,1,500万円支給すると,衆院解散の前に言っていた」(民進党の前職の衆議院議員)という話からすると,さらに1,000万円が振り込まれることになるのだが,これは今,前原と玄葉が握っている.

前原が握っている資金を,希望の党は虎視眈々と狙っているワケだが,このカネこそが,前原の交渉力の源泉.

いっぽう,細野モナ豪志は,いちはやく民進党を離党して小池新党に入り,若狭勝と組んで威張っていたが…
小池に「リセット!」された後,前原のカネ話にもタッチできないので,今は…影も形も希望もなく,小さくなっている.

以上.カネと選挙にまつわる政治力学のお話.
お時間がよろC~よ~で.
飯山 一郎 (71)

« 日本ネオコンのボス・竹中平蔵の暗躍  | トップページ | ネオコンの正体  »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ