« 台風15号 小笠原父島で50年に1度の大雨 厳重警戒を | NHKニュース | トップページ | ワシは週刊誌の表紙を見ただけで…  »

2017年9月 1日 (金)

最悪の危機を脱して…立ち直りはじめた日本 

飯山一郎
2017/09/01(金)2  
禍を転じて福となせ!
未曽有の災厄なのに不作為・無為で何もせず
★ わが祖国,日本は助かる!★彡
前稿でワシは,「東日本の冷夏と長雨の原因」について分析して解説した. 本稿では,もっと重要なことを書きます

それは…
昨春まで2年以上も続いた『日本列島全域を襲ったゲリラ豪雨・湿度100%の連続』といった異常気象の原因こそは,フクイチのデブリ(メルトダウンし,さらに原子炉の外にメルトスルーして地下に落下した核燃料の巨大な団塊)でした.

フクイチの地下に沈んだ巨大なデブリが再臨界して超高温度になって核燃料が沸騰した.そこに海水が大量に流入した.

当然,膨大な量の水蒸気や湯気やホットパーティクルが大量に発生して上空高く噴出!

これが『日本列島全域の大雨・豪雨・湿度100%の連続』といった異常気象の原因でした.

しかし! この殺人性の恐怖の異常現象は,現在は,止まっています.安心してください!

なぜ? どうして安心できるのか? というと,巨大デブリの再臨界が止まって,最も致命的なホットパーティクルの生成と噴出が止まったからです.

ホットパーティクルとは,再臨界の超高温度で核燃料が沸点に達して,沸騰し,超微細な蒸気の粒(ツブ)になる.

この核燃料の超微粒子をホットパーティクルといい,これが口や鼻から吸い込まれて肺臓のなかに入ってしまう….
これが致命的なのです.

そういう致命的なホットパーティクルが,現在は噴出してない! だから安心してもE~のです.

思えば…,運命の別れ道でした.
シャープの空気清浄機を回しどおしにした自宅の居間や寝室.この『放射能ゼロ空間』に籠ってホットパーティクルを出来るだけ吸わないようにして生きてきた人は心配ないです.

ただし!
ホットパーティクルを気にせずに,もっぱら外部線量や食べ物の放射能汚染ばかりを気にしてきた方々は,短命になります.

放射能を全く気にせずに,この6年間を生きてきた方々は…
バタバタと死んでゆきました.いまも多病多死の状態です.

ワシは…,食べ物の放射能汚染は,あまり気にしないで生きてきました.食べ物は,口から入って胃から小腸,大腸,直腸へと素早く移動して,便になって,ハイ!さようなら!
これを生物学的半減期といいます.
だから,食べ物はあまり気にしなくてもE~のです.

しかし,それにしても,ワシたちの国,日本は,なんたる幸運!
フクイチの原発事故は未曽有の激甚災厄で,国家の崩壊どころか,民族衰亡の最悪シナリオさえ描けたのに…,ただ今現在は,多病多死状況は続いていますが,全体としては,何事も無かった!かのような最良のシナリオ.

思えば,★ わが祖国,日本は助かる!★彡 という文章をワシが書いたのは,3.11の翌年,2012年の7月だった.

ワシは…,あの頃,日本民族は衰亡する! という絶望のドン底にあっても,なおかつ「希望」を見出そうと必死だった.

そうして,やっとの思いで希望を見出して…,『わが祖国,日本は助かる!』という文章を書き綴ったのだった.

この文章を読み返すと…,希望を見い出しながら生き抜いていくことの大切さが,いまさらながらに身にしみて分かってくる.

どうか,どうぞ,あらためて読み直してみて下さい!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

« 台風15号 小笠原父島で50年に1度の大雨 厳重警戒を | NHKニュース | トップページ | ワシは週刊誌の表紙を見ただけで…  »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ