« ボンクラだョ!全員集合 | トップページ | 洞察歯観のすすめ(26) »

2017年9月 3日 (日)

世界の運命は安倍晋三とプーチンが握っている 

飯山一郎
2017/09/03(日)  
「圧力強化」のウラの意味
「北風と南風の教訓」南風は誰が吹かせる?
プーチン大統領のオトナの啖呵,いや,政治の奥義を知り尽くした大人(たいじん)の説教である.
『核やミサイルの計画をやめさせようと圧力をかける政策は誤りで,無駄なだけだ.
挑発や圧力,攻撃的で侮辱的な言葉の応酬を続けてもその先には何もない!』
こう断定した上でプーチン大統領は,「対話を通じて解決すべきだ」と改めて主張し,さらに続けて,同じ立場の中国との連携を強調した.(記事)

来週(6~7日),プーチン大統領はウラジオストックで安倍首相と首脳会談を行い,ロシアのこうした立場や懸念を直接安倍首相に伝えることになる.

これで,安倍首相は,いよいよ正念場を迎えることになる.

安倍首相の主導によって,日本国は『日露同盟路線』を選択し,現在進行中なのだが,しかし日本は,米国という宗主国を無碍(むげ)には出来ない.

とくに北朝鮮問題については,日本は米国と共同歩調をとりつつ,「北朝鮮に対してより一層の圧力強化」を図っていかねばならない『対米協調が宿命である国家』なのだ.

しかし,プーチン大統領は,「圧力強化は誤り!無駄なだけ!」と,安倍首相に迫るだろう.

『安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?』(記事)と,かつてスプートニクは書いたが,本当に安倍晋三は大丈夫なのか?!

日本の識者はこういう設問,疑問を発したことはないし,日本国が安倍のリードで『脱米入露』に大きくカジを切ったことをキチンと認識して論じる知識人も少ない.この知性の劣化は覆うべくもない.大丈夫なのか?!

日本の知識人は,牛~ほとんど駄目だが…www,安倍晋三は大丈夫! 心配無用なのでR.

なぜなら安倍首相は…,移り気でブレやすい(根は反ネオコン)のトランプ大統領の信任が(2日連続の長時間の電話会談を行うほど)厚く,また,“トランプ扱い”が(初対面の時から)抜群に上手いのである.

ちなみにメルケル独首相は,トランプには毒を吐きすぎた.その点,安倍は薬にもならないゴルフ談義ばかりしていたが…ww

いっぽうプーチンと安倍晋三との関係は,会った回数もさることながら…,近代国際政治史上,これほど緊密で昵懇な首脳同士の信頼関係は見当たらない.しかも互いに相手を尊敬していて,そのことを双方が認識している….

さらに安倍首相が『脱米入露=日露同盟路線』を選んだように,プーチンも『対日関係の発展はロシア外交の最優先課題(記事)として,日露関係を最重要視してきた.

さらにプーチンは,外交や経済(投資)だけではなく,『ロシアは日本の投資に劣らず「日本」を必要としている(記事)という意向をスプートニクに書かせているほどだ.

ここで本題の北朝鮮問題に戻るが…,安倍は「圧力強化」を言い,プーチンは「圧力は誤り!無駄!」と断定した.

日・露.首脳の意見・見解の相違・対立は,ミゾが深すぎる!
この深すぎるミゾは,埋められるのか? 埋まるのか?

長文になったので,結論を急ぐと…,埋められる!

じつは…,安倍が言い続けてきた「より一層の圧力強化!」というのは,軍事的な解決を排除!または延々と延期させるための“方便”だったのだ.

北朝鮮に幾ら圧力をかけても全く無駄であることなどは,先月までの弾道ミサイル発射や,本日の水爆実験を見ても明らかなのだし,そんなことは安倍晋三だって合点承知の助で「より一層の圧力強化!」などといった空虚な発言を続けてきたのだ.

結論は…
安倍晋三の巧妙で狡猾な『延期主義』を淡々と見ていれば…,いまに分かってくる!ということだ.

米国ネオコン戦争屋の好戦派の暴発の可能性や,トランプの電撃訪朝も含めて…,プーチンと安倍晋三は,6日~7日,ウラジオストックにおいて,泊りがけで『秘策』を練る!

いま,世界の運命は,安倍晋三とプーチンが,握っている.
飯山 一郎 (71)

« ボンクラだョ!全員集合 | トップページ | 洞察歯観のすすめ(26) »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ