« 月刊日本に期待する  | トップページ | 悪魔(ブレジンスキー)が死んでくれた  »

2017年5月27日 (土)

自衛隊明記

人生は冥土までの暇潰し
今年の憲法記念日の翌日、亀さんは以下の記事を書いた。
首相の戦略と戦術

同記事のなかで、安倍首相のビデオメッセージを紹介しているが、安倍首相が自衛隊について言及していたのが印象に残る。

9条の1項と2項を維持し,自衛隊の存在を明記する。


それに対して、世間ではどう反応したか? そのあたりは以下のページが参考になる。
安倍首相が提案した「憲法9条への自衛隊明記による加憲案」、上々の評価を得ていることが各世論調査で明らかに

17052701

亀さんは基本的に、上記のページの内容に同意するものである。なお、敬愛する今東光和尚も、自衛隊について多くを語っているが、そうした発言の一部を、拙稿「和尚の自衛隊観 6」で紹介している。

自衛隊は憲法違反だとか、税金の何だのとバカなことぬかしている奴らこそ、オレらの税金の中でのたのたと暮らしているのかと思うと、もう腹が立って「くたばれ!」と言いたくなるんだ。無駄飯食いは死んでもらいたいよ。


自衛隊と云えば、清水精一三部シリーズで紹介した『サンカとともに 大地に生きる』(河出書房新社)に、山窩という集団に存在する〝自衛隊〟について、以下のような記述があった。

最も健康体のものは小屋の中でゴロゴロ遊んで過ごすときがある。すこぶる不生産なことだが一朝事の起こったとき闘争の第一線に立って自己の団体を防禦するのである。そう起るものでは無いがそうした時もある。陸海軍の如きもこれを生産関係だけから見ればすこぶる不生産のようにみえるが、一朝事のある時最も大切なものであるように、乞食の集団にもこうした存在が必要とされているのである。地上にそうした必要もない世界まで浄化されねばと思うが、なかなか求めても無理なものであろう。したがって陸海軍の軍人に等しき役目に当たるものはあまり多く物貰いに出ないのであり、出てもあまり効果はないのである。
『サンカとともに 大地に生きる』p.161


一ヶ月ほど前、弟が所沢の駅前で、「戦争反対、自衛隊反対」と叫ぶデモ隊に遭遇した時、面と向かって「お前ら阿呆か」と怒鳴ったという話をしてくれた。胸のすく思いであった。

【連絡 1】
放知技にも書きましたが、本日ツーデーマーチが開催されます。参加者の皆さん、よろしくお願いいたします。
第15回 飯能新緑ツーデーマーチ

【連絡 2】
まほろば会の那岐一堯さん、お問い合わせの件、回答が遅くなり申し訳ありません。話題に出た暴走族・関東連合を昭和47年、警視庁交通執行課と共に創立した初代最高顧問、渡辺正次郎のブログは以下のとおりです。
正次郎のNewsToday

関東連合設立の経緯は、同氏の近著に詳しく書かれています。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-927.html

« 月刊日本に期待する  | トップページ | 悪魔(ブレジンスキー)が死んでくれた  »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ