« 現代版アカ狩り:アメリカでは「ロシア」はタブー!  | トップページ | 4月3日 東電福島原発の風下から関東は一旦脱しますが、これからも関東に吹きます。 »

2017年4月 3日 (月)

驕る者は久しからず

人生は冥土までの暇潰し
 
17040200

NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」で、上橋菜穂子(作家)と齊藤慶輔(獣医師)の対談を見て、強く印象に残ったのでブログ記事にしようと思っていた矢先、3日前に発売された世界戦略情報誌『みち』の最新号(4月1日号)に、天童竺丸さんの「上橋菜穂子が成就した「異類婚姻譚」革命」と題する記事が巻頭言を飾った。そこで、急ぎ上橋女史が登場した同インタビューを取り上げることにしよう。

最初に、天童さんは以下のように上橋女史を評した。

上橋が放った「異類婚姻譚」における第一次・第二次の革命は上橋の作品が小説としてばかりでなく、ラジオ・ドラマや漫画、アニメ、映画の原作として使われ、多くの人々が上橋の思想に触れれば触れるほど、国民意識の深いレベルに浸透していくことだろう。

天童さんの謂う「第一次・第二次の革命」とは。具体的にどのような革命を指すのかは、直接『みち』で確認していただくとして、上原の対談相手となった齊藤獣医は、まさに動物の〝心〟を知り尽くしていることか、テレビの画面を通じて伝わってきたのである。

17040203

17040204

さらに、「異をとなえる人間 止めようという努力」という斎藤の発言は、野生動物、殊に北海道に生息する猛禽類を滅亡に追いやっている、愚かな一部の人間に対する警鐘なのだが、そうした斎藤の姿勢は、プーチン・習近平・トランプ・安倍晋三というリーダーを筆頭とする、好戦派ネオコンと対峙する人たちの姿勢と重なるのだ。

17040206

その後、二人の対談が単行本となって出版された。

17040208
http://uehashi.com/blog/2017/01/switch.html

17040209



【別報】
17040201
17040202
昨日の東京新聞に載った吉永小百合の「私の十本」(8)。

« 現代版アカ狩り:アメリカでは「ロシア」はタブー!  | トップページ | 4月3日 東電福島原発の風下から関東は一旦脱しますが、これからも関東に吹きます。 »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ