« 全国的に湿度100パーセントが連続しています。 | トップページ | いつものバターン »

2017年4月 7日 (金)

米国の対シリア・ミサイル攻撃は米軍の謀略 

飯山一郎
2017/04/07(金)  
軍人だらけのトランプ政権
安倍晋三はお坊ちゃん流で賢く対処
ZigZag
SPUTNIK
安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?
『スプートニク』 2016年12月29日 https://sptnkne.ws/dfCT
安倍氏はロシアとの関係拡大に断固とした姿勢を打ち出す一方で、米国との同盟関係があり、G7の一員でもある。

安倍氏はこの相互に打ち消しあう路線の間をジグザグ歩行していく。

安倍氏はプーチン大統領の訪日では一連の重要な歩みが図られており、これからは自分は機を逃さず、二国関係を築くための好機を活かしていくと語っている。
  • 本日,米軍はシリアの空軍基地にミサイル攻撃を強行した.
  • シリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復だという.
  • しかし,露外務省は「米国のシリア攻撃は,イドリブの一件より前に決定されていた!」と,米国を激しく非難した.(記事)
  • 一方,習近平との首脳会談の最中にミサイル攻撃の第一報を受けたトランプは狼狽気味だった,という情報もあり…
  • 他の様々な情報中には,今回のミサイル攻撃は『在中東米軍の"暴走"』 との有力な説もある.
  • トランプは先に「シリアの化学兵器使用は,度を越した」と発言した.これは,真実情報が大統領に上がらず,またトランプが今だに米軍を統制しきってないという現れだ.
  • いずれにせよ,今回のミサイル攻撃は,跳ねっ返りの戦争屋軍人の無茶苦茶な無理筋だ.
  • ただし,最大の責任はトランプにあり,また,次なる政治外交手段の選択と発動もトランプの責任である.
  • トランプが最善の選択するかどうか? 注目であるが…,最悪の軍事的手段を発動してしまう可能性もある.
  • プーチンと習近平は,トランプを悠然と監視する立場にいる.
  • 安倍晋三は,米国の同盟国の立場から,「米国政府の決意を支持」,「トランプ大統領の関与を高く評価」,「アサド政権は極めて非人道的」などとリップサービスを連発しているが…
  • 内心は,「北朝鮮攻撃でなくて良かった…」,「いや,北朝鮮へのミサイル攻撃もヤル…鴨」と,不安恐々だろう.
  • 『スプートニク』は安倍晋三の「ジグザグ歩行」を心配したが,しかし,プーチンともトランプとも緊密な連絡を取り合って…,
    上手く(狡猾に)ヤッていくだろう.
  • 安倍晋三の本質は,じつは,「バルカン政治家」なので…ww
飯山 一郎 (71)

« 全国的に湿度100パーセントが連続しています。 | トップページ | いつものバターン »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ