« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

— cmk2wl (@cmk2wl) 2017年4月30日 福島第一ライブカメラ(1号機側) 1号機上の雲。

縄文人に倣う

人生は冥土までの暇潰し
人手不足か話題になっている。以下は、グーグルに「人手不足」と入力すると表示される、人手不足に関するトップニュースだ。

17043001

人手不足の原因は、団塊世代の大量引退や若年人口の減少にあることは、大手マスコミも報道していることであり、国土交通省も「若者を取り巻く社会経済状況の変化」というデータを公表している。

161122700
図表2 我が国人口の長期的な推移

ここで、同データに掲載された上図に注目していただきたい。2100年時点における日本の人口を以下のように予測しているのだ。

高位集計 6485万人
中位集計 4959万人
低位集計 3795万人


高位集計と低位集計の隔たりが大きい。亀さんは日本最大の問題を克服できたとしても、2100年の日本の人口は、江戸時代中期から幕末明治にかけての3000万人台に推移するだろうと見ている。

再び人手不足の問題に戻るが、一つ注目するべきなのはとAI(人工知能)である。最近の拙稿「未来を見通す目」で、亀さんは以下のように書いた。

味深い記事が日刊ゲンダイに掲載された。
AIで雇用崩壊 井上智洋氏「30年後働けるのは人口の1割

同記事によれば、亀さんが生業としている翻訳の場合、今から7~8年後(2025年頃)に、翻訳といった仕事はAI(人工知能)に脅かされ始めるとある。確かに、自動車・機械・コンピュータといった取扱説明書あたりなら、昨今の囲碁や将棋ソフトの著しい進歩から推測すれば、大いにあり得る話だ。


つまり、現在の人手不足はAIの進展ぶりを見る限り、近未来には解決できる可能性が高く、現在は言わば過渡期にあると思っていいだろう。同様に、「日本なら人口が減ってもロボットで仕事を補完できる」と、英エコノミスト誌も指摘している。
日本は人口減少でも明るい未来を描ける

だが、欧米列強の宣伝係であるエコノミスト誌は、日本最大の問題について一切言及していない。日本最大の問題、すなわちフクイチ(福島第一原子力発電所)である。この点に関しては、拙稿「日露メディアの違い」にも書いたとおり、プーチンの強力な支援のもと、安倍首相がフクイチ問題の解決に向かって動くことが公になった。なお、北方四島という限られた空間での日露経済協力しか、日本のマスコミは書いていないが、日本の企業がシベリアに進出している動きから読み取れるように、シベリアという土地を舞台に、日本人、殊に日本の若者には巨大な活躍の場が用意されていると思ってよいだろう。

拙稿「古代マヤと日本」で亀さんは以下のように書いた。

一週間ほど前、「飯山一郎の縄文時代論」が飯山一郎HPに掲載、最も興味深かったのが丸木舟で太平洋を横断した縄文の人々であった。大洋を横断した舟は全長6~7メートル、食料は積まずに釣り針だけで魚を釣り、時々やって来るスコールで真水を縄文土器に溜めたということだが、大海を物ともせず、アメリカ大陸の各地に足跡を遺した我らのご先祖様は凄い。


そうした凄いご先祖様の子孫なのだから、「君たちも海外へ雄飛しろ」と、息子や息子の友人に発破をかけている今日この頃である。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射!

飯山一郎
2017/04/30(日)  
北朝鮮が弾道ミサイルを発射!
米原子力空母,日本海へ入る
金正恩が空母を撃沈させれば…w
CarlVinson
長崎県・対馬の南約60キロの海上を日本海に向けて航行する米原子力空母カール・ビンソン(29日午前7時58分)
  • 「大丈夫? こんなにでっかいターゲット!」 (記事)
  • 敗戦前の日本みたいな大艦巨砲主義!
  • 「武力で脅せば屈する」と,米国は本気で思っているのか?
  • 米国の作戦はバラバラ.士気の緩みもあるようだし…
  • 金正恩は23日,「米空母を水没させる!」と宣告. (記事)
  • なのに,カール・ビンソンは敵の射程距離内に自ら入った.
  • な~んか,アメリカは油断しちゃってる感じだ猫~
  • ラブロフ露外相は,「米の北攻撃は許さない!」 と.(記事)
  • さらにロシアは28日,北朝鮮の核保有を認めた.(記事)
  • 中国も,「中国一国だけでの北朝鮮説得は無理!」
    「米国も手を引け!」と,サジを投げた.
  • 中国もロシアも,今は,アメリカに厳しい!
  • すると,アメリカの単独攻撃!という流れになる.
  • しかしアメリカには勝ち目はない.露・朝・中が相手では…
  • アメリカは振り上げた拳をど~やって下ろすのか?
  • カール・ビンソンを撤退させる理屈が,楽しみだ.
  • それとも,「脅せば屈する」という考え方のままなのか?
  • 脅されても絶対に屈しない!という金正恩の北朝鮮.
  • 風雲急を告げ 日本海は 波高し! 開戦か? 非戦か?
  • その「鍵」=主導権は,金正恩(33)が握っている.
  • 金正恩が米国を退治して,米国を敗戦国に追い込む!
  • そんな可能性だってある.最高に面黒いシナリオ…鴨.
  • それに金正恩の「血」の4分の3は「日本人の血」だ! (記事)
  • だっからワシは,金正恩の武運と必勝を祈る毎日だ.(爆)
飯山 一郎 (71)

2017年4月29日 (土)

安倍晋三,英国での厳しい表情は…

飯山一郎
2017/04/29(土)2  
安倍晋三,英国での厳しい表情は…
英国は反露・憎露の国
この深刻な表情はかつてない厳しさ
Abe2May
メイの脅し 訪英直後の安倍晋三は,メイ首相と笑顔で握手.
しかし,ロンドン郊外の首相別荘での会談は厳しい雰囲気だった.英国の仇敵・ロシアと仲良くしてきた安倍晋三に,冷酷な性格のメイ首相は『お互い長生きする政治家になりましょう…』といった殺し文句(=文字どおりの殺人予告)を言ったのか,安倍総理は,いつになく厳しい表情だった.
プーチンに追われ,英国に逃げ込んだロシアの悪徳財閥(オリガルヒ)勢力がメイ首相のバックにいて…,「プーチンとは昵懇で親露の安倍晋三などは殺してしまえ!」 といった険悪な雰囲気の英国.

実際,英国のファロン国防相は先日,「ロシアに核の先制使用も辞さず!」 との過激発言.まさに英国は反露・憎露の国なのだ.

そういう「憎露の国」へいち早く挨拶に行った安倍晋三の「機先を制する外交術」は,真っ先にトランプに会いに行った時の機敏さと同じである.

「行きづらい所には行かない」 のが普通人であるが,安倍晋三は違う.

安倍晋三は,フロック(まぐれ当たり)で総理になったのでは,ない.
選挙地盤は親譲りの安倍晋三だが…,歴代最強の権力基盤=独裁政権は,自力=自分の政治力だけで築き上げてきた,

その原動力=政治エネルギーは,まだ大半の国民が分かってない『秘めた志(こころざし)』である.

しかし安倍晋三の『秘めた志』は…,常に「身」の危険を呼んでしまう…
無事を祈るばかりである.
飯山 一郎 (71)

【訃報】ヤフー前社長の井上雅博氏 交通事故死

欧米列強の悪行

人生は冥土までの暇潰し
プーチンとの首脳会談を終えた安倍首相は、次の訪問国である英国へ赴き、メイ首相との首脳対談を行った。

17042902
Mr Abe the first world leader Mrs May has hosted at Chequers, the Prime Minister’s country retreat

ロシアと英国という世界の二大〝胴元〟国について、拙稿「オンナ壺振り師」で亀さんは以下のように書いている。


まぁ、衰えの目立つ米ドル姐さんから、ピチピチした中国元姐さんに、オンナ壺振り師を替えたいという、英国胴元のスケベーな気持ちは良ぉ~く分かるんだが(爆)、綺麗な〝中国姐さん〟にはロシアという、怖ぁ~い胴元がついている…。このあたり、英国胴元はどう折り合いをつけるつもりなんだろうか…(嗤う)


今回、ロシアと英国という二大胴元を訪問した安倍首相に、綱渡り的なしたたかさを見るのは、なにも亀さんだけではあるまい。これは、小国が二大勢力の狭間で生きていく上での智恵なのである。

それから、亀さんは次のようなことも書いた。


思い起こせば中国元姐さんの御母堂の場合、英国胴元に阿片戦争(1840年6月28日 - 1842年8月29日)、さらにはアロー戦争(1856年6月28日 - 1860年8月)で、二度も慰み者にされた過去がある。母親が受けた屈辱を、娘の中国元姐さんが知らないはずがない…。


ここで、以下の記事に目を通してみよう。
「北朝鮮問題」を考える時に忘れてはいけないこと

英国は,インドを武力で,中国をアヘンと武力で収奪しまくることによって大英帝国を築いたのです.

欧米列強から見て,最もオイシイ国.それは今でも中国です.


その欧米列強の一角を占める米国が、北朝鮮に対して行った数々の悪行も、北朝鮮問題を考察するにあたって忘れてはならない視点である。このあたり、以下の飯山一郎さんの記事「北朝鮮は「怨念の国」だということ」を参照されたい。

ワシントンは、朝鮮民主主義人民共和国を飢餓にさらし、北朝鮮政府が外国資本や市場にアクセスするのを阻止し、経済を壊滅的経済制裁で締め付け、強力なミサイル・システムや軍事基地をすぐそばに配備した。 原典:『マスコミに載らない海外記事

欧米列強が悪行の限りを尽くしてきたことを詳細に知る上で、拙稿「戦争の引き金…」で紹介した、『悪徳の世界史〈2〉宗教の悪徳 宗教ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』が参考になると思う。
17042901

西~東日本中心に落雷・突風など十分注意を | NHKニュース

国士=安倍晋三を皆で守るべき理由

飯山一郎
2017/04/29(土)  
国士=安倍晋三を皆で守るべき理由
命懸けで訪露した国士
笑顔が消えて…必死・悲壮な表情
悲壮
真剣
  • トランプ大統領は『米露関係は史上最悪の冷え込み』と述べた.
  • それほど現在のロシアとアメリカの関係は,悪化している.
  • 「ロシア」 「プーチン」は,アメリカでは“タブー”に近い.
  • のみならず…
  • アカ狩りの時代のような“ロシア狩り”まで行われている.
  • 英国には 「ロシアに先制核攻撃を!」という主張もある.
  • 世界は,いま,冷戦時代に戻ってしまったような状況!
  • そんな状況のなか,安倍晋三は,敢えてロシアに行った.
  • 昨年12月.安倍晋三はプーチン訪日を要請し,実現した.
  • これだけでも橋本龍太郎や小渕恵三のように,「変死」だ.
  • 米国債売却を画策した中川昭一,狂牛病で米国産牛肉に難色を示した松岡利勝.2名とも安倍総理の盟友だが,変死.
  • 安倍晋三の訪露は,まさしく命懸け! だったのだ.
  • これまさに,本物の国士でなければ,できるものではない.
  • であるからして,ワシは…
  • 国士=安倍晋三の『物理的生命』が気がかりでならない…
  • とにかく今は,安倍晋三の無事を祈って欲しい!>皆の衆

国士 (こくし) とは…
1.国家のために身命をなげうって尽くす人物.憂国の士.
2.国中で最もすぐれた人物.
飯山 一郎 (71)

昨年までの安倍総理は米国の下男だった
AbeBefor
しかし,昨年末から本年初頭にかけて…
『安倍晋三の革命』とも言える大変化があった.
それは…
 ❶総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放.
 ❷プーチンとフクイチ鎮圧を協定.
そして27日.安倍晋三は(命懸けで)訪露して…
「フクイチ鎮圧」の具体策を話し合った.←いまココ

2017年4月28日 (金)

日露メディアの違い 

人生は冥土までの暇潰し
昨日、モスクワで日露首脳会談が行われたが、東京新聞とスプートニクの報道の仕方に大きな違いがあった。最初に東京新聞だが、今朝の朝刊に目を通したところ、日露首脳会談の記事は以下だけであった。「北方四島 見えぬ道筋」とあるように、ロシア側が強硬な主張を貫いているため、取り付く島もないという印象を読者に植え付けている。

17042801

実は、昨日のプーチンの発言には、日本の運命を左右しかねない重要な発言があった。

17042802
https://jp.sputniknews.com/politics/201704273579636/

フクイチ(福島第一原子力発電所)報道に力を入れている東京新聞にして、スプートニクが報じたプーチンのフクイチ発言を記事にしていないのは、何等かの意図が隠されているのか、あるいはプーチンの発言の重大性に、同紙が気が付いていないかのいずれかだろう。

上記のプーチン発言以外に、亀さんが注目したのは以下の写真である。

17042803

安倍首相の表情を見れば、プーチンとの良好な人間関係を築いているのが分かるのだ。世の中、殊に政治の世界においては、人間関係がモノを言う。そのあたり、掲示板「放知技」の以下の投稿に目を通していただきたい。

17042805
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16090538/151/

ちなみに、以下はブッシュと売国奴の小泉純一郎だが、国士の安倍晋三とプーチンの写真と見比べるに、その差は歴然としている。

17042806

今回で17回目を迎えた両首脳の会談、安倍首相の暗殺といった不測の事態でも起こらない限り、日本の未来に希望が持てる。
17042804

安倍総理をプーチンは特段の大歓迎をした!

飯山一郎
2017/04/28(金)2 
安倍総理をプーチンは特段の大歓迎をした!
会談内容は絶対機密!
派手な報道だが…会談の詳細は全く不明
安倍・プーチン機密会談
SPUTNIK
ロシアと日本は『腕をまくって』協力関係を発展させている
『スプートニク』 2017年04月27日 https://sptnkne.ws/ent9
ロシア大統領府は、露日政府の政治的意志により将来的に平和条約に調印できることを期待しているが、その上でロシアと日本は「腕をまくって」協力関係を発展させており、待つ必要性がないことを理解している。ペスコフ報道官が述べた。
  • 日露首脳会談.スプートニクは異例の「生中継」.  (記事)
  • 朝日新聞は『華麗なパノラマ画像』で情報を配信.これは貴重な映像.クレムリンの『緑の間』.見る価値あり! →(画像)
  • ところが! 日露首脳が3時間以上も会談したというのに…
  • 詳細な情報が,一切全く何も出てこない!
  • 例えば 「万景峰号就航」の件.会談に同席した日本政府側の要員は 「やりとりの有無すら明かさない!」という徹底ぶり.
  • 「絶対機密!」という日露首脳会談であったことは確かだ.
  • その理由は…
  • 先ず,安倍総理の「暗殺懸念」だ.
  • 橋本龍太郎と小渕恵三.この2名の元総理は,ロシアに近づき過ぎたがために「変死」させられている.
  • 安倍総理のロシアとの緊密関係は,米国ネオコンから見れば,橋本,小渕の比ではない.「死罪」に値する.
  • しかも,安倍総理は 『脱米入露』を画策している.
  • 『フクイチ鎮圧!』も含めた「日露関係緊密化」は,トランプの許可を頂いてはいるが…,しかし,米国の戦争屋ネオコンは,安倍晋三を許さない!
  • であるからして,今回,ロシア側がとった派手な演出報道と,絶対機密の会談は,「ロシアは安部晋三を守る!」という確固とした宣言・宣告でもあるのだ.
  • いずれにせよ…
  • プーチンと安倍晋三の今回の会談は,異例づくめ!
    二人は,なまじっかな関係ではない.半端な関係ではない.
  • さらに,安倍晋三が(馬鹿のフリする)「国士」であったこと.
  • これらのことが分からないなら,あなたはトロイ馬鹿(爆)
飯山 一郎 (71)

プーチン大統領はモスクワを訪れた日本の代表団を心から歓迎:

学校閉鎖、球界にも感染者…「春インフル」流行続く(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

日露新時代へ 

人生は冥土までの暇潰し
17042701

今朝、安倍首相がモスクワに向かって出発した。今回の日露首脳会談は、日本の運命を決定づける大変重要な会談となるだろう。何を根拠に、日本の運命を決定づけるほどの重要な会談になるのかという点については、すでに拙ブログで多くを語ってきたので繰り返さないが、代わりに、管理者のみ閲覧可能なコメントを寄こしてくれた、ある読者の投稿を以下に紹介しておこう。

こんばんは!いよいよ明日、アベちゃんのロシア行きですね!「ごめんアベちゃん、今までわたくし誤解しておりました…


ここで、連日にわたり精力的にHP記事を書き、自身が管理する掲示板「放知技」でも多くを投稿している、飯山一郎さんが今日、以下の重要な記事を書いている。
安倍訪露の真の目的は一体何か?

ここで、日本にとってフクイチこそが最大の課題であることを、繰り返し主張してきた飯山さんは、プーチン大統領と安倍首相による『日露協同のフクイチ鎮圧計画』について、過去一年以上にわたって書いてきた多くの記事のなかでも、特に重要な記事を以下のように紹介している。

プーチンの日本攻略開始のサイン
プーチンを「救いの神」と思い始めた日本
『フクイチを鎮圧する法』と『脱米入露』
ロシアがフクイチ鎮圧に関して明確なサイン!
フクイチの鎮圧は プーチンと安倍晋三がヤル!
プーチンと安倍晋三の『フクイチ鎮圧計画』

改めて紹介された記事を再読し、フクイチこそ今回訪露する安倍首相にとって、最も重要なテーマであることが分かるのだが、このあたりに気づいているメディアやブログは、残念ながら「放知技」の読者以外には見当たらないのが本当のところだ。

ここで思い出したのだが、覇権が米国から中露に移行したという〝事実〟も、世間に理解されていないことの一つである。以下の記事を参照されたい。
世界を読みぬいてから身を守る!

同記事は、米国から中露に覇権が移行したことについて書かれている記事なのだが、亀さんの周囲で中露に覇権が移行した〝事実〟を把握しているのは、飯山さんのHPおよび放知技の一部の読者、そして亀さんの身内だけである。例えば、拙稿「ゴジラvs.自衛隊」で亀さんは以下のように書いた。

現場を預かる自衛官の凄さを物語るエピソードを一つ。最近、地位ある自衛官某と酒を酌み交わす機会があった。そして驚いたのは、ロシアと中国が軍事力でアメリカを追い越し、すでに覇権が中露に移行していることを、ナント現役の自衛官がしっかりと把握していた点である。


実は、上記の自衛官の一人に、今年の3月まで自衛官だった息子が含まれている。彼は、上司や先輩から覇権移行の話を多く耳にしたのだろう、しっかりと現実を把握していることが分かり、嬉しく思ったものである。

また、一昨日は弟と痛飲しているが、2ヶ月前に語り合った時、弟は覇権移行や安倍首相の肚を理解していない様子だったので、亀さんは噛んで含めるように説明したのだが、それからわずか2ヶ月しか経っていないというのに、瀋陽軍区の存在からロシアが世界最強の軍事大国になった現実に至るまで、今や完璧に理解しているのを知り、心から嬉しく思ったものだ。その弟とは世界政治・経済以外にも、賭博や任侠の世界について多くを語り合っているので、いずれ稿を改めて記事にしたいと思う。

またもや手も足も出せなかったアメリカ 

飯山一郎
2017/04/28(金)  
ブレまくり 張り子のトラ
おい,トラ! 核実験はヤルからな.ワハハ
金正恩 虎
朝鮮人民軍創建85周年(25日)を祝う朝鮮人民軍軍種合同攻撃演習を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(左)と,(右は)上院議員全員を招いた会議後,会場を後にするトランプ米大統領とペンス副大統領=26日
  • 北朝鮮は26日,カールビンソンが来て挑発したら…
  • 「突然の懲罰的な先制攻撃もありうる!」 と 米韓合同の軍事演習に対して強い警告を発した.(記事)
  • 同じ日(26日),アメリカは,核放棄を迫るため,北朝鮮への経済制裁を強化して外交圧力を加えることで,対話を模索するとの基本方針を示した. (記事)
  • 「米国は武力攻撃をせずに,対話を模索します」というのだ.
  • あら? 武力攻撃!って脅しまくっていた威勢はど~したの?
  • シリアやアフガンで実際に武力行使してまで脅してたのにサ.
  • いっぽう,仲裁役の中国は…
  • 北朝鮮に核兵器開発作業の一時停止を提案し… (記事)
  • 米国には大規模軍事訓練の実施を一時停止するよう提案.
  • と,今回も中国の貫禄と 北朝鮮の超強気の喧嘩術の勝ち!
  • 今回も,2009年も,2013年の時も,同じ展開だった
  • 米・朝が,開戦寸前ギリギリまで挑発しあって…
  • 中国が中朝国境に大軍を配置して (記事) いつしか有耶無耶.
  • あ,上の『(記事)』 を見たあと,下にスクロールすれば,当時の様々な記事が読めます.
  • 『飯山一郎・ライブラリー』の一部です.

残念?なコトは…,
今回こそ! 米国戦争屋ネオコンが…
シリアやアフガンでヤッたような武力行使を…
北朝鮮に対してもヤッて,無茶苦茶に暴走する…
ソレを,北朝鮮軍とロシア軍が殲滅し尽くす!

そ~して,アメリカを敗戦国に追い込んで…
米国軍産勢力と軍産体制を徹底的に崩壊させる.
そ~ゆ~場面が見られなかったコト.これが残念でした,

その原因は,アメリカ正規軍が巧妙に立ち回って…
カールビンソンを沖縄沖の東シナ海に留め置き…
米国戦争屋の暴走・暴発を許さなかった!ってことです.

それでも,まだまだ状況は変わっていくからな!>金正恩
核実験のボタンを押すチャンスは,まだある!…鴨夜.
飯山 一郎 (71)

2017年4月27日 (木)

み~んなが安倍を馬鹿にしていた頃… 

飯山一郎
2017/04/27(木)2  
安倍は「日本」を思って…
アベッチ駆け寄る
15年9月29日午前,ニューヨークで国連総会に出席中の安倍首相は,ロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った.通算11回目,14年11月以来となる首脳会談は,国連本部で行われた.個人的にケミストリー,波長が合うとされる二人だが,会談冒頭でもにこやかな表情で握手,良好な関係を印象づけた.

  • 2015年9月29日.日本の進路は(極秘裏に)激変した.
  • オモテは「従米」のまま,ウラは「共露」に大きく変えた.
  • 「共露」とは,「ロシアと共に!」 ということだ.
  • ロシアと共に,安倍晋三は何をしようと目論んでいたのか?
  • み~んながプーチンに駆け寄る安倍晋三を馬鹿にしていた.
  • しかし安倍晋三は,ひそかに,「脱米入露」を考えていた.
  • 福沢諭吉は 「脱亜入欧」と言ったが,これは皆が従った.
  • 安倍晋三の 「脱米入露」は,たとえ「ホ」のためとはいえ…
  • 悪辣な原発と軍産勢力は,安倍晋三を殺るかも知れない.
  • それでも安倍晋三は,最後の一瞬まで「政治」の道をゆく…
  • 本日,政府専用機に乗る安倍晋三の顔は,悲壮であった.
  • 「安倍晋三,死ぬなよ!」 ワシは孤独な想いと共に祈った.
飯山 一郎 (71)

安倍の悲壮な顔…
政府専用機に乗り込む安倍晋三総理夫妻
安倍,死ぬなよ!

安倍首相がロシアへ出発 北方領土での共同経済活動実現に意欲 | NHKニュース

27日(木) 関東は東電福島原発の風下状態です。 日付が変わる頃に解消されるか、明日の深夜まで続くか、予報は微妙です。

安倍訪露の真の目的は一体何か?

飯山一郎
2017/04/27(木)  
安倍訪露の真の目的は一体何か?
歴史を書き変える二人
この記事は深い深い意味をさり気なく…
露日首脳は27日
SPUTNIK
露日首脳は27日に政治経済における両国の協力を審議ー露大統領府
『スプートニク』 2017年04月25日 https://sptnkne.ws/ekSC
プーチン大統領は27日に訪露する方向の安倍首相と露日首脳会談を開き、その中で、先に得られた合意の実現の道筋と、政治経済における露日協力の発展の展望について話し合う方向で調整している。ロシア大統領府の広報担当が報じた。

発表には、「2017年4月27日、安倍首相がロシアを訪問する。プーチン大統領と安倍首相との会談では、2016年12月15日、16日のプーチン大統領の訪日中に到達した合意実現の行程について検討される」とある。

さらに、政治、貿易経済、人道分野における露日協力発展の状態と展望の審議が予定されている。また、プーチン大統領と安倍首相は一連のアクチュアルな国際・地域問題に関する意見を交し合うと見られている。

2016年12月15日、16日にかけて行われたプーチン大統領の訪日は、平和条約と南クリル諸島という2つの主要テーマと、2国間の経済協力に捧げられた。

会談の結果、プーチン大統領と安倍首相は共同声明を行い、南クリル諸島における日本とロシアの共同経済活動に関する協議開始が、平和条約締結への重要な一歩になり得ると指摘した。さらに、ロシアと日本は60以上の様々な合意書に調印した。
  • 多くの日本人が安倍晋三を馬鹿にしていたが…
  • 流石にプーチンは,安倍晋三をいう「国士」を見抜いていた.
  • それで…
  • 世界最大の難問は,ジャパン・プロブレム=ホ!なのだが…
  • この「ホ」の問題は,安倍晋三となら解決出来る!とプーチンが考え始めたのは,2013~14年の頃だった.
  • ジャパンの問題を念入りに調査したあと,プーチンはロシアから愛をこめて,安倍晋三に対してメッセージを発信した.
  • その経緯は,『プーチンの日本攻略開始のサイン』(記事)という文章を読めば分かる.
  • 以降,安倍晋三は(命懸けで)20回近くもプーチンに会った.
  • プーチンと安倍晋三の『フクイチ鎮圧計画』を,大半の日本人は気づいてないが,ワシは『てげてげ』に何度も書いた.
  • 本日のプーチン・安倍会談が,どれほど重要なのか?!
  • それは過去1年半,プーチンと安倍が濃密な人間関係を築きあげてきた経緯を知れば,敬意が湧いてくる!
  • 『日露協同のフクイチ鎮圧計画』.その経緯が分かる文章を下に載せるので,熟読をお願いする.>皆の衆

『日露協同のフクイチ鎮圧計画』の経緯
上の文章を読んで頂ければ,お分かり頂けますが…
ワシが安倍晋三という政治家を見直したのは,昨年の1月でした.
ワシは,1年半以上も前から…
安倍晋三という政治家の凄みと,政権担当能力と,外交能力と,隠された胆力を,調べまくって,考えまくった結果…,充分に理解したのでした!
『フクイチの鎮圧』こそは…
日本民族の悲願です.世界人類の願いでもあります.
何としても! 『フクイチ鎮圧』は成功させねばならない!
そうして…
日本民族と,日本人の子供たちと…
美しい日本列島の自然を守らねばならない!
そのためには安倍晋三という「国士」が,何としても!必要なのだ,と.
このことを分かって下さい! 理解して下さい!
どうか,どうぞ,ご認識下さい. _(..)_
飯山一郎,伏して,土下座して,お願いを申し上げます.
飯山 一郎 (71)

2017年4月26日 (水)

東電福島原発の風下から西日本が脱するのは、今夜遅く、日付が27日に変わる頃の予報です。 同じ頃、風は関東に吹き始めます。予報時間内では東海方面にも。

切り札(核実験)はゆっくりとタイミングを見て…

飯山一郎
2017/04/26(水)2  
切り札(核実験)はゆっくりとタイミングを見て…
待てば海路の日和あり
中国が両陣営を必死で止めている
最大規模
SPUTNIK
北朝鮮、過去最大規模の火力訓練を実施
『スプートニク』 2017年04月25日 https://sptnkne.ws/ekQu
北朝鮮は25日、元山で過去最大規模の火力訓練を実施した。

聯合ニュースによると、北朝鮮はこのような形で25日の朝鮮人民軍創建85周年の記念日を祝った。

なお訓練には、北朝鮮のリーダーである金正恩氏が立ち会ったとみられている。
  • 「戦争は外交の延長」というが,まだ戦争状態ではない.
  • 『中国,北朝鮮,ロシア』対『米国,日本,韓国』という図式.
  • 6国の思惑は全て違う.夫々が必死の外交戦略を展開中.
  • 一触即発の状況ではあるが,中国が必死で止めている.
  • ロシアは,まだ核の切り札は切るな!と知恵をつける感じ.
  • 米国は,原潜・ミシガンを釜山港に配置し,空母も来る…
  • 「脅せば屈する」の“伝統的な外交”を米国は捨ててない.
  • シャカリ気の米国を,日・韓がなだめに入っているが…
  • ヤケのヤンパチ・核実験の切り札は,金正恩のハラ次第.
  • 核実験=最後の切り札は,最後まで使わぬ巧妙な戦略.
  • 「過去最大規模の火力訓練」は,「ソウル火の海」の脅し.
  • 株価は「遠くの戦争は買い?」で,暴騰しているが…
  • 突発的な最悪材料が出れば,一転して大暴落もある.
  • これほど「一寸先は闇」状態になったのは世界史上,稀!
  • オモテの主導権は金正恩が握り,ウラでは中国が主導!
  • 以上,単純化した「解説」だが,個人名は金正恩青年だけ.
  • 「一寸先は闇」に光明を灯す巧妙で壮大な構想を出せ!
  • さすれば貴君は,「アジアの盟主」に昇格できるのだが…
  • トランプ爺さんの出番は全くない.不気味なのはプーチン.
  • プーチンが沈黙を破ったとき…,情勢は大きく動くだろう.
飯山 一郎 (71)

鉄工所で水蒸気爆発、1人死亡5人軽傷…旭川(読売新聞) - Yahoo!ニュース

米原子力潜水艦「ミシガン」が韓国の港に入港

2017年4月25日 (火)

本年初めての日本蜜蜂の分蜂に感激!

飯山一郎
2017/04/26(水)  
本年初めての日本蜜蜂の分蜂に感激!
イノチが増える喜び!
イノチの塊(かたまり)に見とれるヒゲ爺さん20170425no1bunpo
蜂球の上に巣箱を置けば蜜蜂たちは自然移動20170425meijin
  • 昨日,例年より3週間以上遅れの初分蜂があった.
  • これには『ぽんぽこ笑店』のスタッフ達は大感激!
  • 日本ミツバチの純粋ハチミツを売る『ぽんぽこ笑店』の在庫が足りないからだ.これで4週間後にはハチミツが採れる!
  • それにしても,南九州でも日本ミツバチが減っている.
  • ネオニコチノイドという農薬が原因なのだ.畜生!
  • ネオニコを喰らった蜜蜂は,神経が狂って帰巣できない…
  • 人間も,脳神経が狂って,病院に行って…,クスリで狂う.
  • でも,ワシらは絶対に病院に行かないから,大丈夫!
  • 丈夫な内蔵,丈夫な足腰.上部のほ~はボケ気味蛇が脳w
飯山 一郎 (71)

北朝鮮 平穏に朝鮮人民軍創設日を祝う

空 

人生は冥土までの暇潰し
 
17042501

本日の月25日、朝鮮人民軍創建85周年が開催される。果たして、金正恩が核実験を強行するのかどうか、今や世界中が注目しているところだ。そうした緊迫した空気の中、昨日は仕事の合間にNHKの「SWITCHインタビュー 達人達」を見た。対談者は視力と聴力を失った東大教授の福島智、もう一人は難病を抱える生命科学者の柳澤桂子で、二人の対談を通じて「生きるとはなにか」について、改めて考えさせられた次第である。

17042506

そして、柳沢が今までに50冊以上もの本を著してきたことを知った。その中でも、『生きて死ぬ智慧』の場合、般若心経を現代訳した同女史の力作と言えるのだが、亀さんは「空」について長年にわたって気になりつつも、未だに良く理解できていないだけに、以下のカスタマーレビューを読み、一度目を通してみたいと思った次第である。

17042507

17042509

なお、以下は今東光和尚が「空」について、若い読者に回答したものである。

☆☆〝空〟の意味は?
『般若心経』って本にのっている言葉で「色不異空…」というのがあるが、その意味、とくに〝空〟の意味を教えてほしい。別に仏教に入門するわけじゃないけど、この言葉、何か気になるんだ。ついでに聞くけど、仏教ではどの宗派が信頼できるだろうか?
(新潟市 高2生)

〝空〟なんて、そんなむずかしい言葉を一言で説明できるかい。仏教には「空観」といって非常にむずかしい課題があるんだ。つまり唯物史観の「観」みたいに「空観」というのが。唯物史観の対照で、唯心論から言えば空観なんだ。そんなごついものを、五行か十行の返答でてめえに言えるかってんだ! このうす馬鹿野郎! まったくてめえのドタマがいかに空かということが、これでわかる。それも仏教なんか入門する気はねえとかよ。そんな口幅ったいことを言わずに、空を知るまで「仏教入門」から始まって、いろんなものを読んで、それから自分の空観というものを発見し、確立していくんじゃなけりゃあダメだ。
それまでには十年かかるか三十年かかるか、オレみたいに七十年かかってもまだはっきりしねえってことになるかもしれねえ。
またどの宗派がいいかって? そんなの天台宗にきまってるじゃねえか。天台の坊主に聞けば天台が一番いいというのは当り前だろうが。オレが創価学会なら創価学会が一番いいって言うわな。なにとぼけた質問しやがる。この馬鹿野郎!

『続 極道辻説法』p.39

17042500

北朝鮮国営メディア「懲罰の先制攻撃を加える」と威嚇・けん制 | NHKニュース

北朝鮮は「怨念の国」だということ

飯山一郎
2017/04/25(火)2  
北朝鮮は「怨念の国」だということ
怨念の原因を知れば…
アメリカが北朝鮮でヤッたこと
60数年前.朝鮮戦争中,アメリカは,第二次世界大戦中に太平洋戦域全体で投下したより多くの爆弾を北朝鮮に投下した.

32,000トンのナパーム弾を含むこの絨毯爆撃は,軍事標的だけでなく,意図的に一般市民を標的にし,戦争をするのに必要な程度を遥かに超えて,北朝鮮を壊滅させた.

都市丸ごと破壊され,何千人もの無辜の一般市民が殺害され,遥かに多くの人々が家を失い,飢餓になった.

「三年ほどの間に,我々は住民の20パーセントを絶滅した」と,朝鮮戦争中に戦略空軍最高司令官だったカーティス・ルメイ空軍大将は,1984年,Office of Air Force Historyに語った.

元国務長官ディーン・ラスクは,「アメリカは,北朝鮮国内で動くあらゆるもの,あらゆる煉瓦を爆撃した」と述べた.

朝鮮戦争の後半,都会の標的が不足するようになると,アメリカの爆撃機は水力発電用や灌漑用ダムを破壊し,農地を氾濫させ,作物を破壊した…

『我々が北朝鮮に一体何をしたのか忘れているアメリカ人』(Vox World)によると…↓↓

1月3日午前10:30.82機の空飛ぶ要塞B-17の大編隊が,致死的な貨物を平壌に投下した.…何百トンもの爆弾と焼夷弾が,平壌中で同時に投下され,壊滅的火事を起こした.

アメリカ軍は,2日後,爆発する遅延作動型爆轟爆弾で平壌を爆撃し,おかげで人々は街頭に出るのが不可能になった.
二日間,都市全体が燃え,火に包まれた.
二日目には,7,812人の一般市民の家が焼かれた.アメリカ人は,平壌にはいかなる軍事標的も残っていないことを十分承知していた.

爆弾の破片,炎や,煙による窒息で無くなった多数の平壌住民の数は計り知れない…

戦争前は人口500,000人だった都市に残ったのは,約50,000の住民だった.
戦争が終わって以来、65年間、アメリカは、この共産主義国を罰し、屈辱を与え,苦痛を味あわせるため、出来る限りのあらゆることをやってきた。

ワシントンは、朝鮮民主主義人民共和国を飢餓にさらし、北朝鮮政府が外国資本や市場にアクセスするのを阻止し、経済を壊滅的経済制裁で締め付け、強力なミサイル・システムや軍事基地をすぐそばに配備した。 原典:『マスコミに載らない海外記事』

そうして今もアメリカは,『作戦計画5015=金正恩の首狩り作戦』という実戦さながらの激烈な軍事演習を行っている.

ペンス米副大統領は 「北朝鮮への米国の我慢も終わりに達した」と言ったが… (記事)
北朝鮮の我慢は,とうの昔に.終わっている!
金正恩(33)は,北朝鮮の我慢と怨念の象徴なのだ.
金正恩.この青年の存在自体が…
国家と民族のために,生命を懸け…
生命を捧げるに足る『民族の象徴』なのだ.
そして,さらに,『戦争の大義』なのだ.
どうか思い知って欲しい.>皆の衆
飯山 一郎 (71)

ヤマト、値上げ5~20% 消費者向け27年ぶり  :日本経済新聞

放火犯 ガソリンもって 日本海

飯山一郎
2017/04/25(火) 
放火犯 ガソリンもって 日本海
戦争はマッチポンプ!
戦争ほど儲かる商売はない
WarBusiness
これが米国ネオコン戦争屋の実態
This is USA
昨年まで安倍総理は米国の下男だった
AbeBefor

現在ところ,国家レベルでの戦争は,ありません!
昨日24日.トランプが習近平と安倍晋三に電話して,北朝鮮のことは習近平に任せよう!と決めたからです.

ただし!本日以降,金正恩が『怒りの核実験』を行った場合…
アメリカの戦争屋勢力は,北朝鮮攻撃をヤルでしょう.

実際に6日,米国戦争屋は,シリア爆撃を強行している.

あんな無茶苦茶な他国攻撃をヤッてしまう米国戦争屋なので…
北朝鮮攻撃を強引にヤッてしまう可能性は,低くはない!

それに,金正恩が核実験を強行したら,トランプも手を引けない.

金正恩も,一歩も引かぬどころか,怒り狂って猪突猛進の核実験.

なぜ? 金正恩は,かくも怒り狂っているのか?

金正恩が怒り狂ってしまう理由が,じつは,あるのです.

それは,いまも! 金正恩の目の前で…
『金正恩の首狩り作戦』という激烈な実戦さながらの軍事演習を米・韓両軍が行っているからです.

『作戦計画5015』と名付けられた米・韓軍の軍事訓練は…
「北朝鮮の核・ミサイル基地を先制攻撃し,敵国首脳の殺害を含む」という,いわば『金正恩の首狩り作戦』です.

これでは金正恩が激怒するのは仕方ないというか,当然です.

このことを知っている習近平は,「先ず,双方が手を引け!」,「挑発し合うな!」と言っているワケです.

「双方が手を引け!」というのは,「米軍は,いったん撤退しろ!」と言うに等しい.

習近平国家主席は,本日のトランプ米大統領との電話会談で…
『相手に対して状況のエスカレートを避け,自制心を発揮するよう』呼びかけました.(記事)

ということは,習近平の中国は,金正恩の北朝鮮寄りなのです.

プーチンのロシアも,いまは,完全に「反米」です.

シリア爆撃を強行され,本年2月までに6人もの外交官が殺害されているロシアは,現在は,「反米」どころか「憎米!」

もし,米国が北朝鮮攻撃を強行すれば…
北朝鮮,ロシア,旧瀋陽軍区,中国を敵に回すことになります.
強敵ぞろいです.

上のようなパワーシフト,パワーバランスのなか…
金正恩が核実験のボタンを押すのかどうか?

ワシ(飯山一郎)は,「金正恩,核のボタンを押せ!」 と.
「アメリカを敗戦国に追い込むボタンだ!」と.
昨日,悪酔いした時に,思ってしまいました.
ワシは,昨今,少し酒乱気味なのかな? (爆)
飯山 一郎 (71)

2017年4月24日 (月)

北朝鮮より怖いのは?/ロスチャイルドの銀行を拒否する国を襲う「不運」

世界の裏側ニュース

北朝鮮がアメリカに対する脅威だというふりを止める時が来た
It’s Time to Stop Pretending North Korea Is a Threat to the United States

 

4月19日【The Anti media】

O0694031113920904120
 

北朝鮮は脅威だ、という話になっています。そして忠誠心のあるアメリカ人である私たちは、それが事実である可能性を恐れるべきだということです。

 

現在、アメリカの空母戦艦が戦闘機や戦艦を従えて朝鮮半島に向かっているのはそのためです。そして米軍の先鋭兵士が韓国で軍事演習を申し出ているのは、金正恩を排除するためだという話になっているのも、それが理由だそうです。

 

北朝鮮という北の邪悪な独裁者が日本という国を攻撃しようとするときに備え、アメリカに対する断固とした同盟国である日本が韓国に軍隊を配置することを検討しているのは、それが理由なのです。

 

もし日本が韓国に軍隊を配置することになった場合(まあ正直なところ、そうなるのではないでしょうか)、朝鮮半島の中に日本と韓国、アメリカという連合軍が登場することになります。

 

この点ついて少し考えてください。

 

続きを読む "北朝鮮より怖いのは?/ロスチャイルドの銀行を拒否する国を襲う「不運」" »

北朝鮮は準備万端。 次の核実験はいつ起きてもおかしくない:

GLAY・JIRO、25日の石川公演欠席 体調不良でドクターストップ

虎が,龍と日本犬に電話して泣きついたが・・・

飯山一郎
2017/04/24(月)3  
虎が,龍と日本犬に電話して泣きついたが・・・
朝鮮猪は猪突猛進する鴨…
虎からの電話に対して龍は次のように語った.

>朝鮮猪の掟(おきて)破りは絶対反対だ.
>虎と朝鮮猪が喧嘩しないように…
>龍としても,ここは頑張るつもりだ. (記事)

よく読むといや,よく読まなくても…
龍は,「朝鮮猪の猪突猛進を止める!」とは一言も言ってない.

虎がアジアから手を引けば,すべてが丸くおさまる!
この当然の理屈を…
龍は知りぬいているので,虎には適当に返事しただけなのだ.

世界中の喧嘩は,すべて虎の国の戦争犬どもがヤッている!

龍はこう思いながら…

むしろ虎の国の戦争犬を朝鮮猪が突き殺してくれないかな~
な~んて思っちゃってる気配もある.

明日の25日,朝鮮猪が猪突猛進するのを…
シベリアのほ~にいる熊は,期待しているらしい.
飯山 一郎 (71)

ヤマト運輸、再配達締め切り午後7時に繰り上げ(読売新聞) - Yahoo!ニュース

緒戦の「名乗り合戦」は金正恩の勝ち!

飯山一郎
2017/04/24(月)2  
戦の「名乗り合戦」は金正恩の勝ち!(記事)
米の恫喝は張り子の虎
「名乗り」とは,本戦の前に武将が大声で打つ口上演説.
「やぁやぁ 音にこそ聞け 近くば寄って目にも見よ 我こそは…」
このあと戦国武将は敵を威圧・挑発し,味方を奮い立たせ,敵に恐怖心を与えん!と懸命な弁説で心理戦争を有利に導こうとした.

那須与一は,長時間の「名乗り」で風の止むのを待ち,本戦での弓矢合戦の優勢を図った.

現代の戦(いくさ)も同じで,先ずは「名乗り合戦」だ.

今回の『金正恩vsトランプの名乗り合戦』は…

 ・ 核実験をヤルぞ!
 ・ 空母を水没させるぞ!

この威嚇!鼠~か虚仮オドシに,トランプが慌てふためいた感じ.

そらそ~だ.
金正恩が核実験したら,トランプは武力攻撃しなきゃならんし.

だっからトランプは慌てて「日中首脳と電話会談」. (記事)
これって日中に泣きついた!ってコトだ罠~www

鼠~ワケで,緒戦の「名乗り合戦」は金正恩の勝ち!

米の恫喝は 張り子の虎!トランプ(70) 金正恩(30)に降参の一幕.
飯山 一郎 (71)

— 西 里子 (@satoko1014) 2017年4月24日 露海軍 ロシアは世界の海洋のあらゆる状況を管理するための全ての手段を有している:

福島第一ライブカメラ 朝の6時からクレーンが動いている

風雲急を告げ,東シナ海波高し! 

飯山一郎
2017/04/24(月)  
最終決戦! 戦場は日本海か?
北朝鮮、韓国系米国人拘束か 韓国メディア報道
韓国の聯合ニュースは23日、平壌を訪問した韓国系米国人が21日、北朝鮮当局に拘束されたと報じた。
中国の吉林省延辺朝鮮族自治州にある大学の教授を経て、現在は北朝鮮の支援活動をしている50歳代後半の人物で、21日午後、平壌国際空港で出国手続き中に当局に拘束されたという。(記事)
「核実験を行う」 金正恩氏、中国に通知か
北朝鮮の金正恩政権が破滅に向けて、歩みを進めたのか-。
中国に対し、「核実験実施」を通知したという情報が広まっているのだ。
米軍は特殊観測機を緊急出動させ、韓国の大統領代行を務める黄教安(ファン・ギョアン)首相は「北朝鮮が25日前後に挑発を仕掛ける可能性」について言及した。
朝鮮人民軍創建85年を迎える「建軍節」の25日は、北朝鮮崩壊の記念日となるかもしれない。 (記事)
「米空母を水没させる戦闘を準備」 北朝鮮機関紙
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が米原子力空母カール・ビンソンを水没させると威嚇した。
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は23日の論説で、世界が恐れている米空母は単なる肥大な変態動物にすぎず、「一気に水没させる万端の戦闘準備を整えたことはわが軍隊の軍事的威力を示す一例だ」と主張した。 (記事)
米国と北朝鮮による激烈なチキンゲームが佳境を迎える.
米国による北朝鮮に対する圧力と挑発も凄まじいが…
金正恩(33)も,負けじ!と挑発を返す.大したタマゲたタマだ.
「米空母を水没させる!」 このオドシは効くだろうwww
「朝鮮有事」は 一瞬で終わる.
飯山 一郎 (71)

2017年4月23日 (日)

ドンバスの接触ライン近くでOSCE使節団の自動車が爆発:

必読!驚き!の新説が『放知技』に… 

飯山一郎
2017/04/23(日)3  
米国は二人大統領制になった!
トランプ当選以来,米国の軍産勢力は…
「トランプ失脚!ペンス昇格!」を狙い続けてきました.

ところが,いま,トランプを失脚させなくても済むという方策…
二人大統領制』が,既に,事実上,成立している!
という新説を『放知技』に載せました.

いま,アメリカは,大問題の国です.
北朝鮮を大問題にしたのもアメリカです.

問題なのは,北朝鮮ではなく,アメリカなのです.

いま,アメリカの出方次第で,日本の運命も変わる…
そのアメリカが,いま,『二人大統領制になった!』という話.

これは是非とも,何としても読んでおいて下さい.

『放知技』の コ コで読めます.
      クリック ↑↑
飯山 一郎(71)

金正恩=佐々木小次郎,トランプ=宮本武蔵 

飯山一郎
2017/04/23(日)2  
宮本武蔵が負ける巌流島
いま,宮本武蔵は空母に乗って巌流島へ
いてこませ!
周辺住民を避難所へ 北朝鮮の核実験近づいたか
北韓が最近、北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクド)豊渓里(プンゲリ)核実験場近くの住民らを避難させていることが分かり、6回目の核実験が近づいたとする見方が強くなっている。
また,「周辺の飛行場に科学者らを乗せたとみられる飛行機が頻繁に現れている」という。

豊渓里核実験場は、北韓が2006年以降、5回にわたって強行した核実験が行われた場所で、こうした動きはかつて核実験の前に見られたものと似ていて、核実験が差し迫ったとする見方が強くなっている。

韓国内外の専門家らは、北韓が今月25日の朝鮮人民軍の創建日の建軍節に6回目の核実験を行う可能性が高いとみている。
韓米の情報当局は「北韓はいつでも追加の核実験ができる状況」と判断しており、北韓の動向を注視している。 (KBSの記事) 
  • 世界最強の米軍を敵に回し,金正恩(33)はヤル氣充満!
  • ヤッたら殺(ヤ)られる可能性が高いのに,ヤル!と言うのだ.
  • 核実験をヤラれれば,米国は武力攻撃するしかなくなる.
  • 「米国単独でもヤル!」と世界中に宣言しちゃったんだから.
  • いつ核実験をヤルのか? ソレは金正恩のハラにある.
  • いま,世界は,金正恩のハラ次第で運命が変わる!
  • 世界の運命を変える決定権を手中にした33歳.
    タマげたタマだが…,タマタマ世に出たタマではない.
    横田めぐみちゃんが金正恩を生んだからだ. (記事)
  • 33歳の若造に翻弄=もてあそばれるトランプ爺さん(70).
  • ペンス副大統領も,マクマスター中将は武力攻撃をヤル方針だ.トランプは「脅せば屈する」と思って乗った.誤算だ.
  • 横田めぐみの息子は,オドシに屈するよ~なタマではない.
  • 天皇家の“血”が入ってる.昭和天皇も米国に突っ込んだ!
  • だから金正恩くん,キミも突っ込め!核とミサイル同時発射!
  • 空母に乗って巌流島にやって来る武蔵など一刀両断だ!
  • 今回はロシアの大熊も,大虎を征伐したがってる.(記事)
  • このへんで大虎を始末しないと,世界中に虎テロが広がる.
  • 武蔵が乗った空母を一発で撃沈し,敵を敗戦国に追い込め!
  • そ~すれば,敗戦国アメリカは,金正恩の支配下に入る…
  • 青年は荒野を目指せ! 金正恩青年はアメリカを目指せ!
飯山 一郎 (71)

日本国が根底から変わる予兆と予感! 

飯山一郎
2017/04/23(日)  
洞察力があれば見える!
見えないシトには何も見えない物事の真相を…
洞察力があるヒトは,すべてを見透かしてしまう!
な~んてコトを見えないシトに言ってもシャ~ないが…(爆)

ワシのばやいは,洞察力の望遠鏡みたいな仲間が多いので…
あと,情報分析(インテリジェンス)のプロも仲間なので…
普通の人たちが知らない,または知り得ない情報が入ってくる.

それで昨夜は,スカイプ電話で仲間たちと情報分析をしていたら…
とんでもないコトが分かってきたので,み~んなが色めき立った.

もったいぶらずに,結論から先に言うと…
安倍晋三と麻生太郎と岸田文雄の三人の主導(リード)で…
ワシたちの祖国・ニッポンが,「日米同盟」を守りながら…
「日露同盟」の方向に大きくカジを切りはじめている!

これがもし本当だとしたら,大変な大変化になる!

昔,橋下龍太郎と小渕恵三は,ロシアに近づき過ぎたので,「変死」させられたワケだが…

しかし安倍晋三は,プーチンに警護されつつ,プーチンの堅固な防御・防衛態勢のなかで…

経済,貿易,投資,福島の4分野に関して,日露関係を深く,大きく進展させる!という深い深い覚悟を固めたようなのだ.

ロシアも,日本の安倍総理に只ならぬ「友情」を見せている.

『シリア攻撃による国際情勢の変化はプーチン・安倍会談準備に一切影響せず!(スプートニクの記事)』とか…

『露日首脳会談 経済協力の具体化でさらなる接近 (記事)』 とか…

アメリカでは,トランプ大統領でさえもがロシアとの付き合いが御法度になっているのに…

安倍総理は27日,颯爽(さっそう)と,ロシアに飛んでゆく!って…

これ昔の感覚では絶対に考えられないコトざんしょ?

これって…
ニッポンが,主同盟国をアメリカからロシアへと大きく転換させようとしているん蛇内科!ってコト.

魔坂! 信じらんな~い!ってシトが多いんでしょ~が…
ワシや,ワシの仲間たちは,牛~み~んな信じちゃってます!

シベリア行きの準備を始めたヒトもいます!
飯山 一郎(71)

月刊日本も… 

人生は冥土までの暇潰し
昨日、2ヶ月ぶりに上京、まほろば会(世界戦略情報誌『みち』の執筆者と読者の会)に顔を出してきた。いつものように安西ファイルが参加者に配布され、トランプ大統領を巡るテーマを中心に、安西正鷹さんによる解説が行われたのだが、特に印象に残ったのがトランプの娘婿である、ジャレッド・クシュナーについての情報であった。昨夜知り得たクシュナーの人物については、近日中に稿を改めて記事にしたい。

さて、家を出る前に郵便受けを覗いたところ、『月刊日本』(五月号)が届いていたので、さっそく電車の中で目を通した。2012年12月16日に安倍晋三が総理に返り咲いた当時の『月刊日本』は、安倍首相への期待感で溢れていたのを今でも覚えているが、時の経過とともに同誌は安倍首相への批判を強めるようになり、そうした同誌の姿勢に亀さんも同調していたものだ。しかし、2月11日のトランプ大統領と安倍首相による日米首脳会談あたりから、亀さんの安倍晋三観は大きく変わった。一方、『月刊日本』は相変わらず安倍首相を批判し続けている…。それは、今号の特集の冒頭にあった同誌編集部の文からも明らかである。

トランプ政権の誕生によってTPPは頓挫した。にもかかわらず、安倍政権はグローバル企業に奉仕するための政策を推進し続けているということである。(特集1 おコメが食べられなくなる!!)

大手メディアの記者たちも「羽織ゴロ」の精神を取り戻し、森友学園問題追及に全力を尽くしてもらいたい。(特集2 森友学園問題の真相)


これでは、森友学園問題で大騒ぎしている他の大手メディアと、何ら変わるところがないではないか…。「月刊日本よ、お前もか」と暗い気持ちになりかけていたとき、鈴木宗男の「籠池氏の証人喚問に思う」という記事が目に止まった。

 そもそも籠池氏は偽証罪以前に嘘つきである。私学審議会に対して「私立海陽中等教育学校に推薦枠がある」と嘘をついたり、「安倍晋三記念小学校」の名称で勝手に寄付金を集めたり、あまつさえホームページに「昭和天皇陛下には、全国植樹祭の途次、当園に御臨幸賜り」と偽証していた。愛国者を自称していながら、昭和天皇陛下を利用するとは、なんと畏れ多いことか。言語道断である。法律以前に、人として許し難いと怒りを禁じえない。
『月刊日本』(五月号)p.107

胸のすく思いであった。

17042303

帰宅後、掲示板「放知技」を覗いてみると、飯山一郎さんの鈴木宗男についての投稿があり、ここでもシンクロニシティを感じたものである(笑)。

17042304
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16090538/151/

【別報】
17042301 17042302
今朝の東京新聞に載った吉永小百合の「私の十本」(10)。

北朝鮮 米国のせいで南北統一の大戦争を開始と脅迫:

2017年4月22日 (土)

米空母、数日中に日本海へ=北朝鮮に圧力―ペンス副大統領(時事通信) - Yahoo!ニュース

ほとんどの批判は無益である! 

飯山一郎
2017/04/22(土)2  
文句ばかり言うオヤジ
え~ 前稿の「政治家にはウソが許される」ってのは…
ワシの意見ではない.
マキャベリとマックス・ウェーバー.
上の2名の「政治学の神様」が,ビシッと理論的に述べたことだ.

2名の神様は,「政治とは結果が全て!」と言われた.

「政治は,イカに動機がよくても結果が悪ければタコ.場合によっては動機が悪くても,結果が良ければE~.これが政治の本質!」 と言われた.

さらに,「首脳は,国益のためなら,ウソ・ハッタリを言ってもE~!」 とまでマキャベリは断定した.

だから,「政治の世界」は,一般常識では論じられない(殺し合いの)戦場なのだ.

実際に…,アメリカの大統領も,日本の総理大臣も,国益増進をあせった国家指導者の大半が殺されてしまった.

殺されないように,首脳は,ウソも言い,ハッタリもかます!
それが「政治の世界」の常態なのだ.

それを「ウソつき!」の「言うことがダメ!」のと,国家の首脳を批判してもマト外れ,無益,無駄,無意味.

米国のシリア爆撃だって…,「暴挙だ!国際法違反だ!毒ガスもCIAのヤツだ!」などと安倍総理が記者会見でまくし立てたとしたら…,そのへんで文句ばかりタレてるオヤジやバカ主婦と同じだ.

そこはそれ,ブスな女でも,「歯がキレイだね!」とかと,何事も先ずはホメてからだ.文句は後になってからでE~.

「安倍晋三は,米国のシリア爆撃を『高く評価する!』と言った.最低の首相だ!」 と文句タラタラのオヤジがいたが,最低だな (爆)

飯山 一郎(71)

マキャベリスト(政治家)はウソを言う 

飯山一郎
2017/04/22(土)  
政治家にはウソが許される
トランプ政権が国際法違反のシリア爆撃を強行したとき…
安倍総理は,「トランプ大統領の関与を高く評価します」と言った.

この「高く評価」発言は安倍総理の本心ではなく,ウソの発言だ.
その証拠に…,安倍政権がウラでは米国政府に対して,「米シリア攻撃の法的根拠を聴取」している.(記事)

ニッポンは米国のシリア攻撃をウラでは問い詰めていたのだ.

そ~しておいて安倍晋三は,トランプに電話して…
「ここはひとつ,習近平の中国にまっかせませんか?」と,
やんわりとトランプ大統領をなだめている…

こ~ゆ~のが本物の外交なのであって…
アタマっから「爆撃反対!」「戦争反対!」などと叫ぶのはガキです.

飯山 一郎(71)

インフルエンザで学級閉鎖が大幅増(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

近頃の若い者は 

人生は冥土までの暇潰し
数日前、19歳の南谷真鈴さんという女子大生が、北極点到達を成し遂げたというニュースを耳にしたときは、「エッ!」と驚いたものである。それだけではない。あの植村直己にして実現できなかった、南極点到達も昨年(2016年)の1月に成功しているのだ。さらに凄いのは、若干19歳にして7大陸最高峰の登頂に成功していることである。その意味で、昨年掲載された「TABI LABO」のインタビュー記事は、そうしたスーパーウーマンの素顔を上手く引き出せているように見えた。

17042202_2
http://tabi-labo.com/271474/marinminamiya

亀さんの周囲を見渡しても、息子の友人で逞しく自分の人生を切り拓いていこうとしている若者が何人かいる。そうした若者の一人、仮にA君としておくが、A君は親に頼ることなくバイトで資金を貯め、近く海外放浪の旅に出るのだという。亀さんも十代の頃に3年間ほど世界放浪の旅を体験しているだけに、「亀さんがエールを送っていた」と、A君に伝えるよう息子に頼んでいる。

このように、一時は森友学園問題で大騒ぎ(バカ騒ぎ)をしていたマスコミやブログと違い、こうした若者の生き様は爽快ですらある。そして、脳裏に浮かんできたのが「近頃の若者は」という常套句だった。この「近頃の若者は」だが、アンサイクロペディアが示す定義が面白い。

時代の変化というものに対し、若年者はすぐさま流れに乗るかのごとく追随するが、齢を重ねて年長者になると自分の人生経験という一定の杓子に固執してしまい、新しいものを受け入れるような柔軟性が失われてしまう事がある。それらの者が、「新しい時代」の先端を行くようなものを若者が行っているのを見た際、良くこの言葉が発せられる。当人も若年の時、年長者から同じ事を言われたのは全く覚えていないようで、それが現代に至るまでこの言葉が受け継がれている土台になっている。

現在ではこの言葉の使用も若年化が進んでおり、幼稚園の年長(5・6歳)も使用している。しかし使用する状況は同じで、年少・年中の新しい考えについていけなくなった園児が使用しているようである。


17042201


ここで、「植村直己物語」という映画を読者はご存知だろうか。同映画については拙稿「私は、今でも植村が生きていると信じてます」でも少し触れているが、同映画を見て思ったことの一つがスポンサー探しの苦労である。大陸最高峰登頂や南極北極点到達を実現するには、莫大な資金が必要なのだ。このスポンサー探し、植村直己の場合には泥臭さを感じたものだが、南谷真鈴さんの場合はスマートさを感じる。これも、時代の違い、あるいは男女の違いにあるのかもしれない。
14051801

関東は東電福島原発の風下。直撃を受けています。 地上風は東海、中部、紀伊半島にまで到達しそうです。

2017年4月21日 (金)

米国は北に対し生物・化学兵器を用いる可能性=北朝鮮:

マキャベリを英書で読んだ安倍晋三は… 

飯山一郎
2017/04/21(金)2  
韜晦(才能を隠す)人間
きょうの亀さんのブログのタイトルは,『シンクロニシティ』.

「シンクロニシティ」(同時発生)という言葉の現在的な意味は…
日本の知識人たちが,とくに「森友」以降,判断力や認識力が劣化してしまい,不毛な批判や不平不満,そして文句ばかりタレて,知識人らしい創造性が一斉に失せてしまった現象のことだ.

彼ら 「不毛知識人」の特徴は…
安倍晋三総理を異常なほど憎んでいること.
漢字が読めない人を異常にバカにすること.
言うことが不毛なわりには,ハゲが少ないこと.

おっと,亀さんのブログの話だった.
昼寝のあと,ワシが夢中で読んだのは,マキャベリの「ヴィルトゥ(徳と胆力)」と「フォルトゥナ(運勢)」の解説.

「ヴィルトゥ」と「フォルトゥナ」は,欧米では「政治」を語る場合の常識的な概念なのだが,日本の知識人の大半は,知らない.

ところが,なんと!安倍晋三は青年時代,米国留学中にマキャベリを(英書で!)徹底的に読み抜いている.

おそらく安倍晋三は,国家を経営するだけの「徳と胆力」,そして「運勢」を持った『国家経営のプロ』であることを(内心で強烈に)自覚している.

実際,安倍晋三は『国家経営のプロ』であるがゆえに…
国会を制覇し,主要省庁を支配下に置き(従来の総理は官僚に支配されていた),米国戦争屋を総理官邸から追い出すことが出来た.

さらに,安倍晋三は,プーチン大統領に会って「話」をするために,アメリカの意向に逆らって,何回も何回もロシアに通い続けた.

そ~して,昨年の12月16日,「フクイチ鎮圧!」を日本とロシアが協同して行う!という協定を結んだのだ.

漢字が読めないという馬鹿な感じの安倍晋三総理が,これほどの大偉業を成し遂げていたとは!

「国家経営」どころか「会社経営」もロクにできないネット知識人たちとは,人間のレベルが違うのだが…

安倍晋三という政治家の「凄み」を,彼らが知ることはないだろう.

飯山 一郎(71)

シンクロニシティ 

人生は冥土までの暇潰し
半年前に「日本の最高機密」と題する記事をアップ、当時は未だ〝健在〟だったリテラや新井信介氏の記事を紹介しているが、それから半年しが経っていないというのに、リテラや新井信介氏の劣化ぶりは目を覆うものがある…。亀さんは同記事の中で以下のように書いた。


最後に今後のナリオだが、日本の人口激減が本当であったことを思い知らされる日を迎え、国中がパニックになるか(国家の崩壊)、(知人友人がバタバタと逝き)気がついたら周囲に誰も居なくなったという日を迎えるか(国家の臨終)、いずれかと思うべし。


今までは後者の国家の臨終、すなわち〝静かな死〟を日本は迎えようとしている気配が濃厚であった。ところが、その後になって状況が変化したのである。すなわち、飯山一郎さんのHP記事「安倍首相が4月27にモスクワ訪問! 」にもあるように、日本の運命を左右しかねないフクイチ問題、ここに至って一条の光を見いだせるようになったのだ。

さて、ここで少し横道に逸れるが、掲示板「放知技」の常連の一人である、疲れ人さんの投稿に注目されたい。

17041902
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16090538/24/

このシンクロニシティで思い出したのが、故宍戸幸輔さんである。翁の事務所や自宅には幾度かお邪魔しており、多くを語り合っているが、ニューサイエンス、すなわち精神世界がテーマになったことが多く、そうした話題の一つがシンクロニシティであった。そうした流れの中、翁にシンクロニシティの本を薦められ、亀さんは購入している。

17041901

同書の内容だが、何分にも15年も前に目を通した本であり、どのようなことが書かれてあったのか、記憶が曖昧になっていたので、アマゾンのカスタマーレビューに目を通し、漸く思い出すことができた。そして、翁とシンクロニシティについて語り合った時は、以下のアマゾンのカスタマーレビューにもあるように、テレパシーといった超心理学や心霊現象などについて、多くを語り合っていたのも同時に思い出したのである。

17041903

ここで、アマゾンのカスタマーレビューにある「他者との人生の一致」、これは疲れ人さんが仰せの「集団発狂のシンクロニシティ」と、何処かで通じるものがありそうだ。だが、今回はシンクロニシティについてあまり深入りはせずに、このあたりで止めておく。

さて、冒頭でリテラや新井信介氏が劣化したと書いたが、リテラの場合、拙稿「変わったのは…」でも書いた通り、今も昔も基本的には何も変わっていない点を指摘しておこう。同記事にも書いたとおり、大きく変わったのは亀さんの方なのだ。同様に、掲示板「放知技」の飯山一郎さんをはじめ、多くの常連さんの安倍晋三像も劇的に変わったのである。

副島隆彦、植草一秀、ネットゲリラ、カレイドスコープ、山崎行太郎といった〝識者〟らは、飯山さんに接するという機会に恵まれることもなかったので、大転換期という時代の本流に取り残されてしまったのは仕方がない。しかし、飯山さんとスカイプで何度も語り合ったという新井氏の場合、どうして自身の安倍晋三観が変わらないのか…。折角、誰も気づかなかった安倍晋三像を、飯山さんが明示してくれたというのに …。ここで脳裏に浮かんだのは、マキャベリのヴィルトゥフォルトゥナである。これらを強いて日本語に訳すとすれば、力量(ヴィルトゥ)、そして運(フォルトゥナ)あたりになるのでないだろうか。新井氏の場合、飯山さんの知遇を得るという運(フォルトゥナ)には恵まれていたが、今までの安倍晋三像から抜け出せなかったのも、新井氏がルサンチマンという状態にあったこと、放射能の影響が多少出てきたということ以外に、マキャベリが言うところの〝力量〟に欠けていたため、飯山さんが示す安倍晋三の人物への理解が至らなかったのだ、ということが容易に想像できるのである。

ヴィルトゥとフォルトゥナ
さて、共和国の官僚であったマキアヴェリにとって、原理的には正しいソデリーニ政権がなぜ挫折し崩壊したかという問題がある。この解決として、彼は政治制度そのものよりも、それの背後にある精神に問趣があるという結論に達した。そしてこの考えを提示するために、有名なヴィルトゥという語彙を使用した。彼の二つの著書のなかで、このことばは多面的な性格をそなえていて、いちがいに統一した訳語では表現できない。某本的には、ラテン語のVirtusのイタリア語化であり、人間に大事業を達成せしめるような、人間の根本的な性格を示すものである。ことばをかえれば、すべての人間行動がそこから起こる力とか活力をさす。したがってマキアヴュリにとって、政治的な成功の裏づけは、その理論の正しさ、知恵の使い方などによるのではなく、集中された意志力、内からわきあがる「理屈をこえた」洞察にあるということになる。すなわち、それまで共利国の限界のなかで模索していた彼が、その活路として、一種の非合理な(といっても悪い意味ではなく)、そして精神主義的なものへ移っていくのである。
ヴィルトゥは政治指導にはなくてはならぬものだった。軍隊の長であろうと、国家の責任者であろうと、ヴィルトゥを必要とした。しかし、彼によれば、ヴィルトゥは個人も集団もともにもちうるものなのである。
しかし、彼にとっては、この精神主義は万能ではない、人間の行為は自然の循環、すなわち運命にしたがわねばならない(『政略論」第二巻第1章』。人間の行為は、その瞬間における情勢に一貫してしばりつけられていることは、マキアヴェリももちろん認めていた.当時の考えでは、人間にある行動を起こさせるように導く力(マキアヴェリはこれを「必要」と表現する)は、あくまでも人問の意志の外にある、どちらかといえば人間に敵対する力として把握していた。つまり運命の前にはどうにもならない、人間がいかにヴィルトゥを発揮しても、どうにもならないというあきらめであった。しかし、彼のなかには、彼の積極的な傾向からする、一種の確信がみられる。どのようなネチェシタがあろうとも、最後の結果は、それに対する人間の対応のしかたにあるのだと考える。彼によれば、完全に絶望的とみなされる情勢はまれにしかない。たいていのばあいは、環境を自分に都合よく変える可能性は人間にある。自然が人間に与えている能力を活用するかぎり、人間は外部の圧力に直面しても希望がある。
このように、事態をコントロールする可能性を人間がそなえているという考え方は、ヴィルトゥとフォルトゥナに関するマキアヴェリ特有の考え方を示すこととなる(『君主論」第25章参照』。マキアヴェリは、ヴィルトゥとフォルトゥナには一種のつりあいがあるのだと考えたのである。
マキアヴェリ以前の人々はフォルトゥナは気まぐれで彼女のお気に入りの人々にのみほほえみかけるものだと考えていた。しかし、マキアヴェリの独創的なこれらの考え方は、以前からの一般の見解を修正した。彼によれば、事態をコントロールする機会は、短い瞬間においてのみ人閲に与えられている。つまり、好ましい情勢をつかみとることこそヴィルトゥなのである。このように好ましい情勢にヴィルトゥを一致させるという考えは、マキアヴェリの政治思想のうちのもっとも菟命的た姿を示すものなのである。この相対主義は、『君主論』の全巻を通じてひろがっていくことになる。ここにおいてヴィルトゥは、観察と選択と果断によって構成されることとなった。
以上のようなヴィルトゥを主体とする政治の理念は、旧来の原理のなかでは解決しえなくなったイタリアの、現状の打開に苦しんだマキアヴュリが、その苦悩の結果たどりついた一種のユートピアであった。
貴族化してゆきづまっていた旧来の商人世界の打算から、新しい国際環境のなかにひきずり出されたイタリアに、マキアヴェリの思索は集中された。彼の思想の意味は、旧来の打算から一歩ぬけ出ようとした努力のなかにこそ見いだされるのである。そしてこのことから、『君主論』と『政略論』の目的としていた点を知ることができると思う。

『世界の名著』(中央公論社)の第16巻『マキアヴェリ』p.38~40

月初旬からは,『戦争の季節』? 

飯山一郎
2017/04/21(金)  
朝鮮有事!は 一瞬で終わる
本日は,『スターピープル誌』の連載物の原稿の〆切り日.
なのに〆切り原稿は書かずに,放知技に情報を書きまくっている.

いま,ワシが追っかけている情報は…
米軍の空母カール・ビンソンが来週にも朝鮮半島近海に到着する
と,スパイサー米大統領報道官が19日に明言したという情報だ.

どうやら情報どおりに,来週には空母カール・ビンソンが来る.
すると,またもや北朝鮮をめぐる国際緊張(大騷ぎ)が,今月末から高まることになる.

大問題がある.それは…
ペンス副大統領,マクマスター中将,娘婿クシュナー.

この三人組は,シリア爆撃を強行した戦争屋の超過激派で…
「朝鮮半島・有事!」を実現しようと躍起となって秘策を練っている.

三人組の秘策は,わずか数時間で平壌を鎮圧し,金正恩を「捕獲」あるいは「処理」する作戦らしいのだが…
トランプ大統領と,米軍制服組のトップ・ダンフォード海兵隊大将が,すでに三人組の「手駒」になっているらしいのだ.

だからワシは,5月初旬頃の「有事勃発!」の可能性は高い!と,
思っている.

ただし,「朝鮮半島・有事!」,これは戦争のことだが…
その戦争は,ほぼ一瞬で終わる.

なぜ一瞬で終わるのか? これは,『放知技』に書いてある.

放知技』は,いまのワシの主戦場.

『吠えるEGと燃える同志たちの議場 -25-』と書いてあるスレッド.

「EG」とは,「E~山の爺さん」の略称だ.
『吠えまくるEG(71)』を応援してあげて下さいね!>皆の衆
「EG」こと 飯山 一郎(71)

エリザベス女王91歳に 英君主で史上最高齢、公務は縮小  :日本経済新聞

土曜日(22日)の明け方から、関東に東電福島原発からの風が吹きます。

プーチン大統領を侮辱したFox Newsの司会者が降板

米空母打撃群 来週前半にも日本海入りか

【春なのにインフル猛威 北海道】札幌市内の小中学校では17校で学年・学級閉鎖となっている。冬に流行するイメージのインフルエンザに、何が起きているのか。

2017年4月20日 (木)

全日空機が引き返す 稚内上空 エンジン計器トラブル

米財務省 北朝鮮、イラン、シリアへの新制裁を発表

トランプの 夢はげ相場 暴落へ

飯山一郎
2017/04/20(木)  
戦争も 内需も全部 夢の跡
政治の失敗は株価の暴落を呼ぶ
NYダウ月足
  • 「株価の値動き」は,「政治」の反映でもある.
  • だから,株価の動きを見ていると,「政治」が見えてくる.
  • トランプは「戦争を止め,内需と雇用を増やす!」と,ハッキリ公約していた.
  • だから投資家も,トランプに希望を託し,「夢買い」をした,
  • そのため,株価はスッ天井まで上げた.
  • ところが最近,トランプの政治は,公約違反どころか,戦争屋のマリオネットになっちゃた.
  • こりゃ駄目だ!となって,いま,NYダウは暴落前夜.
  • 来週あたりから,米国の株価は暴落するでしょう.
  • そ~ゆ~コトが,上の株価チャートから読み取れるワケ.
  • きょうの結論:  「株価」を見て,「政治」を読もう!
飯山 一郎 (71)

外為8時30分 円、108円台後半で小反落 米金利の低下一服が重荷  :日本経済新聞

関門航路で貨物船火災、けが人なし

心理戦の教え?軍事攻撃の話があったにもかかわらず、トランプ大統領の艦隊は朝鮮半島沖にいなかった

2017年4月19日 (水)

「北朝鮮問題」を考える時に忘れてはいけないこと 

飯山一郎
2017/04/19(水)3 
アジアを収奪する欧米列強
私たちアジア人は…
昔から,欧米列強の『略奪の対象』だったし,今も,『収奪の対象』だということ.
この歴史事実はアジアに於ける政治・経済・文化・軍事を語る場合,絶対に忘れてはならないでしょう.
もう一つ忘れてはならない歴史の事実があります.
それは,地球上で最も儲かるビジネスは…
他国を崩壊させて,その国家の「国富の全て」を収奪する強盗商法!
この強盗商法の餌食になった国々は,この世の生き地獄になります.
最近では,イラク,リビア,ウクライナ.シリアは現在進行中.
古くは,中国(清国)が,英国によってボロボロにされ,収奪されまくりました.
英国は,インドを武力で,中国をアヘンと武力で収奪しまくることによって大英帝国を築いたのです.
欧米列強から見て,最もオイシイ国.それは今でも中国です.
中国の国内,あるいは近隣地域で騒動や戦争を起こし,中国を何とか崩壊させて,分割統治し,収奪しまくる!
こういう中国で行った昔の「略奪の記憶」と,これからの「収奪の夢」を,欧米列強は忘れないし,捨てることもないでしょう.
悪魔でも,ターゲットは中国なのです.
韓国に配備されたTHAADも,ターゲットは北朝鮮ではなく,中国です.
北朝鮮という国は,じつは,欧米列強にとっては,脅威でも何でもなく,中国侵攻のための踏み石でしかない!
ですから,『先ずは北朝鮮をツブしておこう!』 と…
軍事的には米国が先頭に立ち…
政治・経済的な面で北朝鮮の内部に入り込む作戦を行っているのが,英国と仏国です.
日本は,麻生太郎の会社が仏国と協同して北朝鮮に入っています.
なお,英国の謀略機関・MI6は,米国の謀略機関・CIAとはツーツーの関係で繋がっています.
さて,結論.

  • 我々が「国際政治」を考える上で,忘れてはならないことは…
  • 『アジアは欧米列強の収奪の対象でしかなかった』という歴史の事実を忘れないこと.
  • アジア人同士が,隣国・隣人を憎み,軽蔑し,争うことは,欧米列強が望むところ!だということ.
  • とくに米国は,アジア人同士が憎しみあうように,マスコミを使ってアジア人を洗脳してきたこと.
  • 『分割統治』をしやすくするためにマスコミを使ったワケです.
  • だから,その手には乗るな!ということ.
  • これから米国がヤルことを冷静に観察していきましょう.

 

飯山 一郎(71)

福島県で急速に増え始めた小児甲状腺がん(JBpress) - Yahoo!ニュース

あの若大将が80歳にしてバリバリの現役 

飯山一郎
2017/04/19(水)2  
老人 老いにくく 楽成る
今も若大将.見習おうぜ!全国の弱気ジジ~
老人老いやすく 學成りがたし
人生は長い.元気出せ!新井信介
老けた
  • 加山雄三(80)は,元気だ.
  • 新発売のアルバム『加山雄三の新世界』が売れている.
  • これを記念した若者たちとの対談,読んでみて! (対談)
  • 「前向きに生きていこう!」というヤル気が湧いてくるから.
  • 新井信介氏も元気だしな! 安倍への憎悪心を消してみな!
  • 安倍晋三は昨年末 ❶総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放し, ❷プーチンとフクイチ鎮圧の協定を結んだ.
  • これで日本は(半分位)独立し,フクイチ鎮圧にメドをつけた!
  • こういう↑↑政治的な結果=実績だけを見るべし!
  • 政治の結果を見ずに…
  • 安倍晋三の思想,人脈,発言,女房etcについて…
  • 善いの悪いの,好きの嫌いのと言い張る…
  • これは「政治論」ではなく,個人感情の吐露でしかない.
  • 「政治」を個人感情でもって評価すると,間違う!
  • こんなことはマキャベリが何百年も前に教えてくれたこと.
  • ま,あまりカリカリせずに,淡々と生きていきましょ!

加山雄三(80)は,若さの秘訣(ひけつ)について…
絵や陶芸,ギター,船の設計など「好きなことだけ」をやることだと明かす.

多額の借金を抱えたり,命に関わるような大けがを負ったりしたこともあったが,前向きさは失わない.

「祖母に『苦難は神さまのお試しで,乗り越えたら,乗り越えただけの力を天からいただけるんだ』と教えられた.

それにポジティブでいればポジティブな人が集まってくる.すると,道も開けていくんだよ」 (東京新聞の記事)
飯山 一郎 (71)

ラブロフ露外相 アメリカを脅す! 

飯山一郎
2017/04/19(水)  
ラブロフのオドシは世界一!
下の①と②は強烈なオドシだ
Lavrov1
SPUTNIK
① ロシアは、米国による将来的なシリアへの攻撃を許さないことが原則的に重要であると考えている-ラヴロフ外相
『スプートニク』 2017年04月12日 https://sptnkne.ws/edpj
本文は省略
SPUTNIK
② ロシア外相 米国はシリアと同じ行動を北朝鮮では取らないと期待
『スプートニク』 2017年04月17日 https://sptnkne.ws/efJh
本文は省略
  • 米露間の空域協定により,米が露にミサイル攻撃を通告したため,露は協定どおりに傍観した.
  • しかし米軍の攻撃は,ISISではなくシリア政府軍を狙った協定違反の爆撃だったため,露は空域協定を破棄した.
  • そ~してラブロフ外相は,「米国によるシリア攻撃は,今後は,許さない!」 と述べた.
  • ラブロフ外相の物言いは回りくどいが…,恫喝である
  • 恫喝どころか,「宣戦布告」である.
  • 「ヤレるものならヤッてみろ!もしもヤッたら最後,ロシア軍が米軍を殲滅する!」 と,ラブロフ外相は言い放ったのだ.
  • ラブロフ外相は,北朝鮮に関しても,米国を恫喝した.
  • 「アメリカがシリアと同じ行動を北朝鮮でも取ることは,ロシアが許さない!」 と,ラブロフ外相は強硬姿勢だ.
  • ラブロフの強硬な物言いに,米軍はど~応えたか?
  • スプートニクの報道によると…,空母「カール・ビンソン」,朝鮮半島に向かう途中で「ぐずぐず」する. (記事)
  • 米軍は知っているのだ.ロシア軍には勝てない!と.
  • いっぽう,戦争屋(ペンス副大統領,マクマスター中将,娘婿クシュナー)は,この「劣勢」を挽回すべく,奇策を練っている.
  • それは,奇策というより愚策に近いはずだ.
  • 日韓の何処かの街に「北朝鮮製の毒ガス」が撒かれるとか…
  • 蔚山(ウルサン)市の原発を「北朝鮮の工作兵」が破壊?
  • 日本海を航行中の米軍の艦船が北からのミサイルで撃沈?
  • 死傷者多数!の悲惨な事件を「北朝鮮ゲリラ」が起こす?
  • 米国の戦争屋は,世界中で凄惨な事件を起こしてきた.
  • 事件を起こし,騒乱状態にするのは,お手の物だ.
  • 「水鳥」の,「大量破壊兵器がある」の,「アルカイダ」の…
  • 騒乱を起こすために,米国のネオコンは,何でもヤル!
  • 「森友騒動」なんかも,その一環だった.
  • 馬鹿な知識人が,コレに乗っかって大騒ぎ!
  • 「不正」や「疑惑」をデッチあげ,大衆の「正義感」に訴える…
  • これが,カラー革命の始まり!だってこと…,認識してね.
  • おっと,北朝鮮問題.これはラブロフ外相のお陰で収まる!
  • しばらくは安心だ! しばらくは….
飯山 一郎 (71)

神奈川・厚木のホテルで38人食中毒、ノロ検出|ニフティニュース

空母「カール・ビンソン」朝鮮半島に向かう途中で「ぐずぐず」する

2017年4月18日 (火)

しっかりしろ!>日本の知識人 

飯山一郎
2017/04/18(火)3  
国家社会の真相と深層を語れ
未曽有の国難に見舞われている日本国.
最大の難問は,フクイチの露天臨界が収束してないことだ.
次は,6年間も吸い続けた「ホの微粒子」による「内部被曝」.
三番目は,多病多死!この深刻な状況が収まらないこと.
四番目は,日本国が米国の戦争屋に支配されていること.
五番目は,日本国が原子力ムラに支配されていること.
六,七が無くて…
八番目は,経済の縮小が止まらないこと.
九番目は,労働者不足と労働意欲の減衰.
十番目は,米国の戦争屋が日本海に空母を入れてきたこと.
などなど…,上の全ては 「政治」が解決すべき大問題!
解決できなかったら…,日本は,確実に滅びる.
ど~すんの?>知識人
こういう時こそ,知識人が考え抜いた知恵を出すべきなのに…
貧乏人根性マル出しで文句たらたら.憎悪心ムキだし.
そ~じゃなくて…
今の不確実な政治・社会現象の深層を分析して明快に説明する!
これが知識人の使命蛇労が!
ニッポンの知識人よ,今こそ壮大な天下国家をブテ!
国家社会の真相・深層を,存分に語れ!
ただし…,ホの影響か? ただ今,ノ~タリン知識人が激増中.
ま,阿呆な知識人は信用しないこと! 鼠~こと蛇老.
飯山 一郎(71)

ここまで堕ちた講演会屋のおっさん

飯山一郎
2017/04/18(火)2 
シリア空爆賞賛
この文章が書かれているサイトは,ココクリック
  • 「米国は他国に武力侵攻しない!」と,何回も宣言し…
  • 「無駄な戦費は削減し,インフラ整備をする!」とも言い続け…
  • 世界中に夢と希望と期待感を抱かせてくれたトランプ大統領.
  • その「希望の星」を「戦争をする大統領」に変えてしまった…
  • 犯人は,娘婿のクシュナーと,マクマスター陸軍中将でした.
  • そういう戦争屋を知恵者と言い,シリア空爆を賞賛する…
  • 新井信介という講演会屋さんは,堕落してしまいました.
  • 天皇の平和主義を愛していた昔の新井信介氏は,どこへ?
  • 「森友」以前は有能だった日本の識者の大半が,狂った!
  • 激しい憎悪心で「政治」を語るので,間違ってばかり…
  • あげくの果てに,米国の戦争屋たちを賞賛する始末.
  • 牛~駄目です.こんなシトの講演会にも行っちゃ駄目.
  • それは無駄金.ドブに捨てるよ~なもんです.
  • 戦争屋を賞賛し,間違った情報を拡散する講演会屋は…
  • 日本のマスコミと同じ「毒物」です.
  • いまの新井信介氏の「情報」は,マスコミと同じ「毒物」.
  • いまの日本にはロクな知識人がゐなくなりました.
  • ワシは「知識人」ではなく,「3流の発明家」ですが…
  • この『てげてげ』と,『放知技』には,真実情報が満載です.
  • どうぞ よろしく おねがいします _(..)_

    【追記】
    新井信介氏は…,習近平がシリア爆撃にビビッた!とか書いてる.
    大間違いだ.

       

    • トランプがシリア攻撃を習近平に告げた際…
    •  

    • 習近平は10秒間沈黙し,通訳を通じて「もう一度 説明してほしい」と聞き返した.(記事)
    • 習近平は充分に熟考した.発言内容を再確認もした.
    • その上で,百戦錬磨の習近平は…
    • 「この男は,マトモに相手にするするタマではない…」
    • こう習近平は判断した.
    • いきなり他国に59発ものミサイルを撃ち込む!
    • こんな決定を下してしまう人物とは,争っても無駄.
    • 言い争いはせず,笑顔で受け流して帰国しよう…
    • 適当に受け流して…,噛み付いてきたら,殺す!
    • そういう路線を中国は採用し,国連でも争わなかった.
    30年もの間,激烈きわまる権力闘争を闘って,これに勝ち抜いて国家権力を掌握した習近平と…

    権力闘争の「ケ」の字も,政治の「セ」の字も知らず,つい1~2ヶ月前に大統領になったというだけのトランプとは…

    政治家としての力量が月とスッポンほども違うワケで…

    ちょっとやそっとのオドシにビビっていては,国家主席など務まらない!てな簡単な政治学を,新井信介氏は全く知らないよ~だ.

    オドシたつもり?のトランプだが…,現在は,
    「北朝鮮のコトは中国にお任せします」とかと,ヘッピリ腰.

    いま,シャカリ気になっているのは,戦争屋だけ.
    こ~ゆ~国際政治の構造と流れを…
    もっとベンキョ~して猪~大寝!>新井信介サン
    飯山 一郎 (71)

スパガ木戸口桜子、体調不良により活動休止を発表(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

朝の状態。

変わったのは… 

人生は冥土までの暇潰し
ここ数日、マスコミやブログが流す記事を眺めていると、時々だが不思議に思うことがある。つまり、自分では当たり前と思っていたことを、世の中は正反対の見方をしているのだ、やがてそれは、何故なんだという疑問となった。どうして世の中は変わったのだろうと、狐につままれたような気がしてならなかったのである。NHK、朝日新聞、読売新聞は言うに及ばず、右派の代表である産経ニュースから、左派の代表であるリテラに至るまで、森友学園問題で大騒ぎをしていたかと思えば、今度は明日にもアメリカと北朝鮮の間で戦争が起こると、これまた蜂の巣をつついたよう大騒ぎを繰り返している…。森友学園問題では拙稿「森友狂想曲」で、北朝鮮問題については拙稿「トランプの肚 2」で簡単に触れたので、それぞれの背景についての私見は繰り返さないが、それでも、まともな記事を書いているジャーナリストやブロガーが、一握りだが残っていたのが救いだった。だが、ここに至って、彼らも〝変節〟しつつあるようだ。

たとえば、「世相を斬る」のブロガーあいば達也氏。数日前の記事の見出しを見て、オヤオヤと思った。まさに、過日の拙稿「クズ記事」で紹介した、カレイドスコープを彷彿させるに十分で、感情剥き出しの記事になっているではないか…。
イカレテる安倍官邸 何ごとも「問題ない」の官房長官

17041801
あいば達也氏

だが、同記事を読みながら、ふと気がついた。それは、変わったのは彼らではなく、亀さん自身だったということだ。よくよく考えてみるに、彼らは昔も今も基本的に何も変わっていないのだ。しかし、亀さんの場合は大きく変わったものがある。それは〝大局観〟である。

どのように大局観が変わったか?

最初に、過去数年間にわたりプーチンの言動を追っていくことで、次第に〝世界の森〟が見えるようになってきた自分がいた。続いて習近平の登場によって〝中国の森〟、さらにはトランプの登場によって〝米国の森〟が、あたかも霧が晴れたかように見えてきたのである。そして、今年に入って安倍晋三の肚が漸く見えるようになったことで、〝日本の森〟も次第に見えてきたという次第である(拙稿「木を見て森を見ず」参照)

その結果、何が起きたか? 

最近は新聞の記事やブログ記事の見出しを一瞥するだけで、大凡の内容が本文を読まずとも分かるので、見出しだけを見て、本文は読まないという記事が増えてきたのだ。そのお陰で、かなりの時間が節約できるようになった。あとは、日々大きく変動する世界に合わせて、己れの大局観を微調整していくだけで済む。

ところで、副島隆彦、植草一秀、新井信介、ネットゲリラ、カレイドスコープ、山崎行太郎といった、逝ってしまったブロガーはともかく、正しい大局観を持っていると思っていた数少ないブロガーで、田中宇氏やあいば達也氏らがいたが、どうやら彼らも大局観を失いつつあるのは、誠に残念である。たとえば、以下は最近の田中氏の記事…。

トランプの見事な米中協調の北朝鮮抑止策【2017年4月16日】
中国に北朝鮮核を抑止させるトランプの好戦策【2017年4月14日】
ミサイル発射は軍産に見せるトランプの演技かも【2017年4月11日】
軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃【2017年4月8日】 

田中宇の国際ニュース解説


17041802
田中宇氏

如何にもトランプは稀代の戦略家と言いたげの田中氏だが、間違っているよ、ウーさん…。同じ〝サカイ〟でも、掲示板「放知技」の堺のおっさんとは月とスッポンだワイ(爆)。

金正恩氏、米国のシリア基地攻撃を非難し、アサド大統領を支持する:

武力攻撃をヤリたくてたまらない戦争屋

飯山一郎
2017/04/18(火)  
武力攻撃をヤリたくてたまらない戦争屋
この男が実質的な米国大統領
「北朝鮮攻撃はヤリます!」と言ったも同然
喧嘩イヌ
SPUTNIK
北朝鮮への米国の我慢も
終わりに達した 米副大統領
『スプートニク』 2017年04月17日 https://sptnkne.ws/ef8y
米国のペンス副大統領は17日月曜、朝鮮半島軍事境界線を視察し、朝鮮民主主義人民共和国に対する米国の「戦略的な我慢は終わりに達し」ており、こうした状況ではいかなる措置もありうるとの声明を表した。
  • 「米国は他国に武力侵攻し,政権転覆はしない!」 (記事)
  • 選挙中から何回も何回もこう宣言してきたトランプだったが,シリアにミサイルを撃ち込み,アフガンにも大規模爆弾!
  • これほどの選挙公約違反は,歴史に残る罠~(爆)
  • つ~か,大統領の公約や政策をガラリと変えさせた戦争屋たちの人間操縦術は,ほんと,素晴らしい猫~.
  • ただし,米国戦争屋が幾らシャカリ気になっても…
  • 北朝鮮の若親分・金正恩(33)は変わらない.全くブレない.
  • この若者は,世界最強の米軍を敵に回し…,いつでも来い!
  • そ~して,あとは絶好のタイミングを狙って…,核実験!
  • 米軍が慌てて攻めて来たら…,雨あられのミサイル攻撃!
  • いや~,さすがニッポンの血を引くだけのコトはある.
  • 母親の横田めぐみさんも草葉の陰から応援しているハズ.
  • 息子のバックには,ロシア,中国,旧瀋陽軍区がついて…
  • 空母打撃群の三つや四つは,2時間もあれば,全艦撃沈!
  • そ~やってアメリカを“敗戦国”にし,アメリカを占領する.
  • 自由の女神像は片付け,金正恩のカリアゲデブ像が立つ.
  • 長女イヴァンカとメラニア夫人は,“年増の喜び組”で奉仕.
  • クシュナーとマクマスターは,“宦官”にしちゃいましょう.
  • あ,日本のフクイチ鎮圧の問題も頼むな!>金正恩くん
  • ほんと,母親の国を忘れちゃ駄目だぞ! つの.

この戦争、すでに主導権は金正恩が握っている.
あとは,開戦の引き金となる核実験のボタンを押すだけ.
すべては,金正恩(33)の胸ひとつ,ハラ次第.

今回は,ロシア・中国・旧瀋陽軍区が,金正恩を全面バックアップ.

いっぽうのアメリカは…
『電磁波攻撃で北朝鮮軍を麻痺させれば,2時間で勝負がつく!』

『軍事力ではアメリカが圧倒的に優勢!あとは,いつヤルか?だ.』

こ~ゆ~自信満々の考え方をする学者,政治家がほとんどで…

アメリカが北朝鮮に負ける!などとは,誰一人思っていない.

44年前,ベトコン=南ベトナム解放民族戦線にアメリカが完敗した!という記憶は,忘却の彼方.

だっから!
北朝鮮が38度線近くの韓国の村に毒ガスを撒いた残酷な写真を…
いつも一緒にいるイヴァンカ・トランプ親子に見せながら…
「電磁波攻撃で北朝鮮軍を麻痺させれば,2時間で勝負がつきます!」
と,マクマスターとクシュナーに言われ…

残酷な画像を見た愛姫イヴァンカが…
「これ,ヒドすぎるわ! 金正恩は悪魔だわ! パパがヤッつけて!」
と,涙をポロポロ流して,泣きながら,父親のトランプに訴える…

すると,クシュナーが…
「オヤジさん,ヤッちゃいましょ! 日本,韓国,いや世界中が,ナラズ者を処分した偉大な大統領だ!と賞賛します.」 と,ダメ押し.

そこへマクマスター陸軍中将が…
「大統領! いま! 金正恩が命令を発し,水爆実験を強行しました!」
飯山 一郎 (71)

2017年4月17日 (月)

安倍首相  北朝鮮への圧力行使にロシアとも連携:

消息筋 墜落した北のミサイルは、恐らく大陸間弾道ミサイルではない:

「イノシシ」急増...処分に苦慮 焼却は4割未満、負担重い埋設:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

イラストレーター・岡部貴聡さん死去 ロック調車いす、常に前向きに

世界一のウソつき爺さんになっちゃたトランプ

飯山一郎
2017/04/17(月)  
世界一のウソつき爺さんになっちゃたトランプ
手羽先虎 JPmorgan JamieDimon
ダイモン氏は先ず、今世紀に入って米国が戦費に何兆ドルも費やした点や、債務まみれの学生、同国の大学で高い学位を取得しても外国人が残留できず国外退去を迫られたり、時には比較的軽度な違反で重罪となり多数の米国人が職場を追われるシステム、規制の縛りで抑制された住宅市場を挙げた。

ダイモン氏はトランプ大統領が雇用拡大に向けて設置したビジネスフォーラムの一員で、楽観的な見方で知られる。
大統領の経済政策の一部に既に支持を表明。2月には新政権が税制改革や規制緩和、インフラ投資などの計画を実行に移せば米国の未来は明るいとし、3月のインタビューでは米消費者と企業の信頼感向上に大統領が寄与し、「アニマルスピリッツを呼び覚ましたようだ」と評価した。

ところが、4日の書簡からは懸念材料があふれ出た。
労働参加率が低いとしたほか、都心の貧困層の子供に教育が行き届かず、高等・専門学校が就職に役立つ技術を教えていないとしたほか、国内で主要空港が20年以上も新設されないインフラ計画・投資の欠如も指摘。厄介な法人税制や過剰規制も挙げた。
  • トランプが大統領になれたのは…
  • トランプの公約=「アメリカ・ファースト!」 を…
  • 米国の中間層や貧困層が熱烈に支持したからだ.
  • それが今ではど~だ?
  • 戦争屋ネオコンの手羽先になってしまっている.
  • 「アメリカの希望の星」だったが,今は「不安材料」.
  • 東アジアで何をしでかすか?分からん「危険人物」.
  • 米国は「何か間違っている!」 と,楽観で知られるJPモルガンの社長までが警告を発した.
  • まったく困った爺さんだ.
  • 娘婿のクシュナーや,娘のイヴァンカや,マクマスター中将の言いなりになって…,「毒ガスを使った!」と,証拠ゼロなのに他国をミサイル攻撃.お前は世界最悪のテロリストだ罠.
  • さらに,「次は北朝鮮を攻撃する」と言い出した.
  • これに対し,世界の良心派は「ここは中国に任せましょう!」と必死に説得.安倍首相もトランプをオダテながら,なだめた.
  • だから今は小康状態.
  • しかし,金正恩が核実験を強行したら…戦争か?
  • 世界最強の米軍を相手に,一歩も引かぬ金正恩.33歳.
  • 半ボケのトランプ爺さんなんかより…
  • 最強の敵と闘う金正恩青年を,ワシは応援したいな.
  • だって,横田めぐみさんが産んだ息子だもの. (参考書)
飯山 一郎 (71)

北朝鮮、米国が脅しを止めるまでは核ポテンシャルを拡大すると約束:

〔低気圧急発達・春の嵐〕広い範囲で台風並みの暴風 局地的に雷を伴う非常に激しい雨も(4/17)(レスキューナウニュース) - Yahoo!ニュース

ロシアにはアメリカ最大級の爆弾を遥かに超える「すべての爆弾の父」があった

世界の裏側ニュース
 
2017-04-17 04:29:47

アメリカ保有最大級の「すべての爆弾の母」を超えるロシア保有の世界最大級「すべての爆弾の父」があった
Forget the ‘Mother of all bombs,’ meet the Russian-made ‘Daddy’

4月14日【RT】

O0300024013915724583

(アメリカのMOABの威力4倍のロシアのFOABの実験の様子 英語版ウィキペディアより)

 

アメリカが非核兵器としては自国保有最大級であるGBU-43/B(MOAB)、通称「すべての爆弾の母(Mother of all bombs)」の存在を自慢している。しかし騙されてはいけない。ロシアにはそれを遥かに超えるものがあるのだ。

2007年、ロシアは軍事用サーモバリック爆弾増強版(The Aviation Thermobaric Bomb of Increased Power)、通称「すべての爆弾の父(Father of all bombs)」(FOAB)を開発。これは、パワーと性能でアメリカのMOABを上回るものだ。

アメリカの「すべての爆弾の母」は爆発時の威力は11トン相当である一方、ロシア版の父は44トン相当。しかしMOABは重量が8,200㎏ある一方で、FOABは7,100㎏とより軽量である。

ロシアのFOABは空中で爆発するため大気中の酸素との相乗効果で標的を気化させ、構造物を崩壊させることができる。さらに爆発の周辺ではガスが燃焼することで真空状態が作り出され、物質が爆発の中心部に引き寄せられる

2007年の実験では標的となった地域(位置は未公開)は「月面の様」な焦燥の土地が残されていた。

 

実験当時、ロシア陸軍参謀本部のAlexander Rukshin副議長は、「その有効性と能力は核兵器に匹敵するものだが、核兵器のように環境を破壊や汚染することはない」ことが実験によって確認されたと話している。

ロシア国防省は、FOABの開発はいかなる国際軍備条約に抵触しておらず軍拡競争の始まりを意味するわけではなく、ロシアの保有兵器として小型の核爆弾の代替となると主張している。

しかしアメリカのMOABとロシアのFOAMの大きな違いが一つある。それはロシアはこれまでその使用の必要性を感じがことがないということだ。

O0471050013915731409

https://twitter.com/RT_com/status/852850566061580288

ツイート:「速報・米軍がアフガニスタン内でISISを標的としてMOABを使用した映像を公開する」

 

【参考】https://www.rt.com/viral/384743-moab-russia-father-bomb/

 

(2007年のロシアによるFOABの実験の様子)

(翻訳終了)

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】

日本語や英語の一部の大手メディアの報道では、MOABについて「アメリカ保有で」最大級のとするべきところを、「アメリカ保有で」という部分を省略して、一見世界最大級の爆弾であるかのような誤った印象を与えているものがありました。

ロシアのFOABは・・・核汚染の残らない核兵器のような凄まじさですね。

「ロシアはFOABの使用の必要性を感じたことがない」し、「軍拡競争」の開始を意味するわけでもない、というのは次のプーチン大統領の演説を観れば明白です。アメリカが作り出そうとしている一極的な権力構造を避けるための政策であるものでしょう。

 

【関連記事】

【日本語字幕】世界的危機を警告するプーチンのスピーチ

 

さらに言えばISISは西側諸国によって作り出されたということは、プーチン大統領によって何度も繰り返し警告がなされています。

【関連記事】

ISISに資金提供している40カ国をプーチンがG20で明らかに

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

★破壊されたトンネルはCIAが建設したものだった

 

さらに言えば、今回アメリカがアフガニスタンで爆破したトンネルはCIAによって建設されたものであるということが、ウィキリークスからの漏洩情報によって明らかにされています。

 

 

 

 

松岡正剛×コムアイ 

人生は冥土までの暇潰し
17041603
松岡正剛とコムアイ

17041605
松岡正剛の〝書〟の世界

17041606
コムアイの〝音〟の世界

松岡正剛と言えば、「千夜千冊」で知られている編集工学生みの親だが、その松岡が昨日NHKで放送された、「SWITCHインタビュー 達人達」に登場、対談相手は異彩を放つミュージシャンのコムアイであった。

松岡の〝書〟という世界、そしてコムアイの〝音〟という世界、この二つの異質の世界に住む二人、しかも年齢差が半世紀近いということもあって、興味深く同番組を通して見た。そして番組を見終え、強く印象に残ったのが、〝ビギニングとエンディングのある出来事は、全て17段階に分割できる〟という、松岡の発見であった。これは、禅の悟りにいたる道筋について、牛を主題とした十枚の絵で表したという十牛図、あるいは、三木成夫医学博士の「宗族発生の位置…個体発生との関係」といった、凄い世界を我々に示してくれるのではという予感がするのだ。

17041607

17041608

17041609
17041604
十牛図

17041610


宗族発生の位置…個体発生との関係

ところで、2004年に胃ガンの手術を受けている松岡、どうやら自身のエンディングを意識している様子が窺い知れたのだが、その松岡が17段階という新発見について近く本にするとのこと、今から非常に楽しみである。

【別報】
17041601 17041602
今朝の東京新聞に載った吉永小百合の「私の十本」(9)。

2017年4月16日 (日)

15日 北朝鮮 新型ミサイル初公開

飯山一郎
2017/04/16(日)  
16日 ミサイル発射失敗
本当に失敗なの?敵の気勢を削ぐ作戦…鴨
新型
バカ殿なのか?世界一の軍帥なのか?
バカ殿?
米国まで届く?新型ミサイルも誇示
MSL1 MSL2 MSL3
北朝鮮は一致団結お祭り気分www
お祭り
アメリカ空軍は…攻撃準備 完了!
米軍
  • 北朝鮮は,過去5回,核実験を強行した.
  • その都度アメリカは,北朝鮮を攻撃してツブす!と脅迫した.
  • 今回は核実験はマダなのに…,ツブす!と,突然言い出した.
  • それは念の入った脅迫で,シリア爆撃と大規模爆風爆弾で…
  • 派手な前座の前演技を見せつけ,「脅せば屈するだろう」と…
  • アメリカは大袈裟にオドシつけたが,金正恩は満面の笑顔.
  • 「今回の脅しも下手ニダ.ヤリたきゃヤッてみな!」てな感じ.
  • そのアメリカは シャカリ気になって攻撃準備を進める一方…
  • 「北朝鮮のコトは習近平さんに頼みました」と,トーンダウン.
  • 金正恩はミサイル発射失敗を見せておき,次は,核実験だ!
  • 米軍を充分に引き寄せておき…,恰好な時期を見計らって…
  • 狙いすまし ドカーン!と核実験.この挑発に米軍が乗れば…
  • 引き寄せた米軍の(空母も含めた)大艦隊を,一気に撃沈!
  • すかさずプーチンと習近平が仲裁に入るが,米国は敗戦国.
  • めでたし,めでたし.金正恩は世界一の軍帥として,高笑い.
  • こんな破天荒なシナリオも,描けないこともない…鴨 (爆)
飯山 一郎 (71)

北朝鮮軍事パレードで特筆すべき武器は? ロシア軍事評論家が斬る【写真】:

英国BBC速報 「北朝鮮がミサイルを発射したが、失敗」

曙、緊急入院…プロレスの試合後に体調の異変訴え救急搬送(スポーツ報知)

2017年4月15日 (土)

「第三次世界大戦(WW3)」がGoogle検索で件数の記録更新

世界の裏側ニュース
 
2017-04-14 20:13:55

シリアと北朝鮮でトランプ政権の軍事行動直後に「第三次世界大戦」というGoogle検索件数が史上最高に

Number of Google searches for 'World War 3' hits its highest ever level following Trump's military escalation in Syria and North Korea

 

4月12日【Daily Mail】

O0800042013913851973

(画像 Infowars

 

(要旨)
・人々の最大の関心事が紛争問題であることがGoogle検索の傾向から明らかに

・「第三次世界大戦(WW3)」での検索件数が記録更新

・「トランプ 戦争('Trump war')」と「シリア 戦争('Syria war')」の両方の検索も記録更新し、「核戦争('nuclear war')」の更新も急激に増加

・シリア国内での巡航ミサイル直後、北朝鮮との緊張感が高まっている中の傾向

 

戦艦が北朝鮮沿岸に移動し、巡航ミサイルがシリアに焦点を当てたているここ数週間、恐ろしい考えが脳裏をよぎっても仕方のないことでしょう。

しかしここ数日の間、世界的な紛争という考えに捕らわれた人が多いことがGoogleのデータから明らかになっていることから、そう考えているのはあなただけではないようです。

Infowarsが指摘している通り、「第三次世界大戦」というキーワードによる今月の検索件数が2004年にGoogleが株式上場して以来の記録的な件数に達しています。

 

O0634033113913852007

Google上の検索ワード「第三次世界大戦(world war 3)」のトレンド

今年が始まってから、「戦争」や「核兵器戦争」という検索ワードもまた、高レベルの検索数となっています。

その他、「トランプ 戦争」や「シリア 戦争」に関する情報を求めるGoogleの利用者数も記録を更新中です。

O0634032513913851993

Google上の検索ワード「トランプ 戦争(trump war)」のトレンド

O0634033013913851982 

Google上の検索ワード「シリア 戦争(syria war)」のトレンド

 

先週、ロシア軍が駐在しているシリア政権の空軍基地に対し、巡航ミサイル攻撃を行うという、トランプ政権の衝撃的な決定直後からこの傾向が始まりました。

その後、今回の攻撃は「最後の一線」を超えるもので、さらなる攻撃があった場合は「武力で応える」とロシアとイラン側は考えを明らかにしています。

シリアの騒ぎが落ち着いた一方で、トランプ大統領はオーストラリアに寄港予定であった空母カール・ヴィンソン率いる空母打撃群(CSG)を軌道変更させて朝鮮半島に向かわせました。

 

これにより数日間、トランプ大統領と独裁的支配者である金正恩の間で、言葉による応戦と緊張感が激化し、金正恩は大統領の動きを「見境がない」と非難しています。

それに対し、トランプは北朝鮮が「問題を起こそうとしている('looking for trouble')」とツイートし、改めて中国に介入を求め、それに応じない場合には大統領自身がこの問題の解決に着手するとしています。

トランプが北朝鮮を攻撃した場合には大量の難民が中国側に流れ込むことを予想した中国の習 近平主席は、北朝鮮との国境に15万人の兵士を配置させました。

前回に人々が戦争という問題にこれほどまでの関心を払ったのは、北朝鮮が一連の長距離ミサイルの試験発射を行った2006年の7月でした。

同じ月にはインドムンバイ多発テロで206人が犠牲になり、イスラエルとヒズボラの間でレバノン侵攻が起きていました。

 

(翻訳終了)

 

【参考】http://www.dailymail.co.uk/news/article-4405550/Google-searches-World-War-3-hits-highest-level-ever.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】

今朝、トランプ氏の最近の演説の様子を見ていて、やはり以前とは全く別人のように見えました。以前の内部の炎のような性質がすっかりと失われていて、勢いというかオーラのようなものが全く失われているような印象をうけました。

そして過去の関連記事の一つを見つけ、やはり今回のシリア空軍基地への攻撃の背後には何かトランプ氏の身の回りで大きな変化があったのではないかと確信しました。

トランプ:アサドを攻撃すればアメリカは「ロシアと戦争する羽目に」と警告

 

 

 

 

 

プーチン大統領:「シリアの化学兵器攻撃は偽旗でイラク侵略を連想させる」

世界の裏側ニュース
 
2017-04-13 08:14:18

プーチン大統領:シリアの化学兵器による攻撃は「偽旗」で、シリア国内で同様の作戦が行われる可能性
Putin: Syria Chemical Attack Was ‘False Flag’, More Coming

 

4月11日【Infowars】

 

 

最近シリアのイドリブ地方で起きた化学兵器攻撃は偽旗作戦によるもので、さらなる「挑発行為」を行う準備がなされている、とロシアのウラジミール・プーチン大統領が主張している。

モスクワでイタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領との共同会見の際、プーチン大統領は次のような発言を行った。

O0696036613912713194

「今回の事件に対しては私には偽旗作戦以外に呼び方を知りませんが、同様の作戦がダマスカス郊外の南部を含むシリアの他の地域で行われる準備がされている、と複数の情報源からの報告がありました。

彼らはそこに化学物質を仕掛け、その攻撃をシリア政府の責任にしようと計画しています」

 

プーチン大統領はメディアの代表者たちにそう伝え、さらに大統領には「信頼のおける情報源」があると付け加えた。

また大統領はシリアの状況を、サダム・フセイン氏が保有していたとされていながらも実際には存在しなかった大量破壊兵器の問題と比較し、シリア国内で反政府勢力が攻撃を実施した一方で、今回の偽旗作戦の背後にはアメリカがいるか、あるいは少なくとも積極的にそのようなプロパガンダを行っている可能性があることを示唆した。

プーチン大統領:「マッタレッラ大統領と私はこの件について話し合い、この件は2003年の出来事を強く思い起こさせるとお伝えしました。アメリカの代表者が国連安保理委員会において、イラクで化学兵器と推定されるものが発見されたと明示した時のことです」

「続いてイラクに対する軍事作戦が開始され、同国を壊滅的な状態にし、テロの脅威をさらに強め、イスラム国(IS、元ISIS)の存在感が世界的な範囲になるという結果を迎えました」

「イドリブで行われた化学兵器攻撃のすべての事件証拠に対して徹底的な調査が必要です」

このように結論づけたプーチン大統領は、ロシアへ向かっているレックス・ティラーソン(エクソンモービル前会長でロシアと結びつきが深い)と会合する予定は入っていないことを明確にした。

さらに、シリア軍部は化学兵器を所有しておらず、アメリカがシリアに対してさらに攻撃を行うことは認められないとロシア当局の一般幕僚は述べた。

 

(翻訳終了)

【参考】https://www.infowars.com/putin-syria-chemical-attack-was-false-flag-more-coming/

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

北朝鮮 キム主席生誕105年 祝賀行事始まる | NHKニュース

北朝鮮問題「衝突いつでも」 中国王毅外相 

飯山一郎
2017/04/15(土)  
二匹の闘犬にお説教
喧嘩両成敗の論理が闘犬には分かるか?
王毅(Wang Yi)
中国の王毅(Wang Yi)外相は14日、米国との間で緊張が高まる北朝鮮について、衝突は「いつでも」起こり得るとの見解を示しつつ、どんな戦争にも「勝者はいない」と警告した。

北朝鮮が15日に核実験かミサイル発射実験を行うとの観測が広がる中、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は北朝鮮問題について「対応する用意がある」と発言したが、王外相の発言はこれを受けたものとみられる。

王氏は北朝鮮をめぐる緊張が高まっていることを認めた上で「衝突はいつでも起こり得るという感じがする」と語った。さらに「戦争が起きれば、その結果は全員が負けるという状況で、誰も勝者にはなれない」と述べた。

また、衝突を誘発する側がどちらであっても「歴史的責任を負うことになり、相応の代償を払うことになるだろう」と述べ、「対話こそが唯一可能な解決策だ」と訴えた。

【翻訳編集】AFPBB News (2017年4月14日)
  • 朝鮮半島は,いま,一触即発の噴霧器. 面黒い! (爆)
  • 米朝は威嚇合戦!米は大規模爆弾.北は核実験強行姿勢.
  • 世界最強の米国に対して一歩も引かぬ金正恩(33) 頑張れ!
  • ワシは常に弱者の味方だ.安倍晋三も戦争屋と闘う弱者だ.
  • 喧嘩も戦争も,勝負がつくまでヤッたほ~がE~www
  • 金正恩(33)がアメリカ軍をヤッつける場面を見てみたい.
  • 核実験強行は金正恩の「誘い」だ.米軍が乗ってきて…
  • 北朝鮮攻撃を開始したら,NYで超小型原爆を爆発させる.
  • これで西側の株は超がつく大暴落.金正恩(33)の勝ちだww
  • ついでに,米空母と全ての護衛艦を撃沈してしまえ!
  • ワシは昨夜こう叫ぶ夢の中の分身を抑えきれなかったww

よし! スッキリと目が覚めたので正気で書こう.

中国王毅外相は14日,北朝鮮問題で衝突は「いつでも起こり得る」との見解を示した.たしかに,いま,朝鮮半島は一触即発の状況だ.

米国は現在,「北朝鮮核実験なら先制攻撃」と準備を進めている.

米軍が北朝鮮に軍事力を行使する際に,出撃や後方支援の拠点になる在日米軍基地では,有事を想定した動きが出ている.

岩国基地(山口県)では海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機が爆弾の搭載訓練を,嘉手納基地(沖縄県)では戦闘機などが一斉に出撃態勢を取る訓練を14日までに行った.

空母カール・ビンソンとは別に,空母ニミッツも朝鮮半島に向けて航行中だ.空母ロナルド・レーガンの横須賀出港も早まりそうだ.

米国は,北朝鮮攻撃を本気でヤルのか?
「脅せば屈する」だろうと甘く見ているフシもあるが…
しかし,今のトランプ大統領はマクマスター中将の言いなり.

マクマスター陸軍中将は,非戦派だったトランプ大統領を…
「アサドの残酷な毒ガス情報』でダマシ…
「オバマがヤレなかったことをヤリましょう!」 と発破をかけ…
アッ!という間に,シリアにミサイルを59発も撃ち込む!という電撃作戦を成功させた.

そ~して,非戦派だったトランプ大統領を一瞬で戦争屋に変身させ,「北朝鮮単独攻撃!」を連発するまでトランプを調教した.

トランプの娘婿のクシュナーも,娘のイヴァンカも,マクマスター中将の言いなりだ.

マクマスターと娘婿による暴走路線に危機感を感じた閣内の連中が,必死でトランプを説得した結果…
北朝鮮問題の解決は,先ずは中国の習近平に任せましょう…という穏健路線に変わってきているが…
しかし,何が起きるのか?
シリア爆撃(6日)といった無茶苦茶な暴走が,朝鮮半島でも起きる可能性は,高い.

マクマスター中将が国家権力の中枢にゐて,実権を握って居るかぎり…,何が起きても不思議ではない.一寸先は闇だ.

そう覚悟した上で,淡々と,悠然と,事態の成り行きを見守る,と.

そ~して日々の生活は玄米乳酸菌を飲み,汗かき運動に精を出す!
そ~ゆ~ことでE~ん蛇ないでしょ~か寝.
飯山 一郎 (71)

米が侵略すれば、北朝鮮は在日米軍基地に攻撃

未来を見通す目 

人生は冥土までの暇潰し
ヨーロッパの非英語圏にオフィスを構える、X社という翻訳会社との付き合いは、かれこれ10年近くになる。そのX会社は2年ほど前から、英語から日本語に機械翻訳したファイルを送ってくるようになった。しかし、ほとんどは使い物にならない和訳のオンパレードであり、一度すべての和文を削除してから、改めて翻訳し直しているのが現状だ。加えて、原文である英語も酷い。特に最近は酷くなってきたので、「ドイツ語の原文を機械翻訳させた英文を使用しているのか?」と、数日前にX社の担当者に問い合わせたところ、客先であるメーカーの担当者が英訳しているとのことで、担当者も客先の英訳の酷さについては先刻承知であった(笑)。

そんな矢先、興味深い記事が日刊ゲンダイに掲載された。
AIで雇用崩壊 井上智洋氏「30年後働けるのは人口の1割

同記事によれば、亀さんが生業としている翻訳の場合、今から7~8年後(2025年頃)に、翻訳といった仕事はAI(人工知能)に脅かされ始めるとある。確かに、自動車・機械・コンピュータといった取扱説明書あたりなら、昨今の囲碁や将棋ソフトの著しい進歩から推測すれば、大いにあり得る話だ。

17041502

ここで、将棋と翻訳とは分野が違うのだが、将棋を翻訳に置き換えて以下の記事を読めば、機械資源(CPUコアやストレージ)+機械学習(コンピュータによる学習の蓄積)の活用により、プロの翻訳者と何ら遜色のない和文に訳せそうである。
プロ棋士に連勝!将棋ソフト「Ponanza」はなぜここまで強いのか

ただし、文学、殊に長年の風雪に耐えてきた古典文学となると、人間の心が深く関わってくるだけに、将来においてもAIによる翻訳は、不可能であると亀さんは見ている(拙稿「心知体」参照)。

ところで、昨日の東京新聞夕刊の片隅に、みずほ銀行と電子マネーについての記事が掲載された。

17041501

みずほ銀行と言えば、繋がりの深い孫正義を連想するが、その孫が発表した以下の論文に改めて目を通してみた。
孫正義氏「OneWebで情報通信革命を」12億ドル出資する“宇宙ベンチャー”の未来を語る

AIの登場によって自分の現在の仕事が、どのような変化を遂げていくのかについて想像すると同時に、社会全体に大きな影響を及ぼしそうな、孫正義の未来プロジェクトも併せて検討することにより、自分の未来設計を立体的に描くことができるのではと思う。まさに、孫正義の語る「あらゆる産業が再定義される日」が、目の前に迫っているのである。

【別報】
17041112

先週の金曜日、佐藤優氏のコラム記事が東京新聞に掲載された。同コラムの中で佐藤氏は、「アサド政権は自国民に対してサリン使用したとみている」と発言しているのに注目されたい(拙稿「放射脳?」参照)。

2017年4月14日 (金)

自動運転車で追突事故 販売店員ブレーキ誤認識

日本の運命

人生は冥土までの暇潰し
最初に、フクイチ(福島第一原子力発電所)に関連する記事を2本、以下に転載する。最初は2年前に発売された『週刊女性』(2015年4月28日号)の記事だ。

17041402
小泉進次郎も感涙エール、福島県立ふたば未来学園高の入学式に密着

同記事に目を通せば分かることだが、当時もタダ漏れしていた死の水蒸気について、その深刻な事態には一切触れていないのが分かる。そして、写真には小泉進次郎が写っているが、ご存知の通り、彼はネオコン派の議員である。そうした知識があれば、福島県立ふたば未来学園が開校された背景が見えてこよう。

月日は流れ、最近になって次第にフクイチ事故の深刻さが浮き彫りになりつつあり、そのあたりが良く分かるのが、今年2017年2月10日付の福島民報の記事である。

17041401
第一原発2号機 調査計画見直しか 高線量でロボット故障

つまり、ロボットが故障するほど線量の高い原発から、わずか30kmの所に同学園が開校されたことを意味する。ここで改めて目を引くのは、同記事が掲載された2月10日という日付であり、トランプが当選した2016年11月9日から3ヶ月後、そしてトランプ・安倍首脳会談の前日である。この記事で分かるのは、、ようやく原子力ムラの影響力が少しは薄れつつあるということだ。以上を念頭に置けば、以下の記事は必読である。
安倍首相が4月27にモスクワ訪問!

だが、掲示板「放知技」を丹念に追っている読者ならいざ知らず、世間一般には理解してもらえそうにない。その主な理由は以下のとおりだ。

■フクイチ事故の実態を知らない
フクイチ事故の実態が分かっている一握りの人たちを除き、その他大勢はフクイチ事故は単なる過去の話としてしか受け止めておらず、今では事故以前と変わらぬ日常を送っている人たちが圧倒的多数を占めている。だから、日本、そして世界の最大の課題がフクイチ事故であることに、気づかないのも無理りもない。

■安倍首相の実像を知らない
最近は下火になったようだが、依然として森友学園問題という、些細なことで騒いでいるマスコミばかりである。また、ネットの世界に目を転じれば、森友学園事件をきっかけに、馬脚を現したブロガーたちが結構多い。こうした連中に、安倍首相の言動が理解できるわけがなく、ここは放置しておくに限る。

■原子力ムラの実体を知らない
地震が多発し、しかも狭い国土に54基もの原発がある背景を深く追求していくと、国際原子力ムラという存在に行き着く。そして、連中は未だに日本では大きな力を保持しているのだ。自分を生み、育んでくれた祖国を思うのであれば、本来なら立ち上がってしかるべきなのだが、戦後72年の長きにわたって洗脳され続けてきた奴隷であるため、今や抵抗することすら忘れているようだ。

ともあれ、4月27日に行われるという、露日首脳会談の成功を祈ろう。
 

人間のレベル(格)には厳然とした差がある! 

飯山一郎
2017/04/14(金)  
レベル(品格)の違いを測ろう!
圧倒的な品格の差を見せつけた露外相
SergeyViktorovichLavrov
SPUTNIK
ラヴロフ外相、米国務長官との会談で米国の記者団にマナーを指摘する
『スプートニク』 2017年04月12日 https://sptnkne.ws/edxh
ロシアのラヴロフ外相は、ティラーソン米国務長官との会談前、米国の記者団にマナーを指摘した。

ラヴロフ外相とティラーソン国務長官の姿を目にした記者たちは、主にシリアに関するロシアの立場について大声で質問を投げかけ始めた。

女性記者の1人が「シリア政府を支持しているのは本当ですか?昨日のホワイトハウスの声明にはどのようにコメントしますか?」と質問し、他の記者たちも同じように質問し始めた。

これを受けてラヴロフ外相は「あなた方はどんな教育を受けたのですか?誰にマナーを教わったんですか?」と問いかけた。

その後、ラヴロフ外相は歓迎の言葉を述べ、ティラーソン氏に発言の場を譲った。

しばらくしてからラヴロフ外相は記者団に「さて、では大声で叫んでもいいですよ」と述べた。

なお、記者たちはラヴロフ外相の皮肉を理解できず、再び大声で質問を投げかけた。

これより前、ラヴロフ外相は、ティラーソン米国務長官のモスクワ訪問はよいタイミングで行われたと指摘し、これは相互関係の将来性を明らかにするよい機会だと強調した。
  • 記者の鋭い質問攻めにブチきれた今村復興相.
  • 淡々とした静かな平常心がない証拠だが…
  • こういう見方もある →(記事) ヒマな方は読んでみて下さい.
  • 今村ブチ切れ大臣のことは置いといて…
  • 上の記事のラブロフ外相と記者たちとのレベルの差!
  • 何があっても驚かない修行と自己鍛錬の賜物(たまもの)
  • トランプがシリア攻撃を習近平に告げた際も…
  • 習近平は,10秒間沈黙し,通訳を通じて「もう一度、説明してほしい」と聞き返した,と.(記事)
  • 習近平は充分に熟考した.発言内容を再確認もした.
  • その上で,百戦錬磨の習近平は…
  • 「この男は,マトモに相手にするするタマではない…」
  • こう習近平は判断した.
  • いきなり他国に59発ものミサイルを撃ち込む!
  • こんな決定を下してしまう人物とは,争っても無駄.
  • 言い争いはせず,笑顔で受け流して帰国しよう…
  • 適当に受け流して…,噛み付いてきたら,殺す!
  • そういう路線を中国は採用し,国連でも争わなかった.
  • ラブロフも,プーチンも,まったく同じ路線.
  • 下手な争いはせず,人間の格(レベル)の差を測る.
  • 測りながら,相手の出方を待つ.
  • もしも狂犬が噛みついてきたら,殺す.
  • 狂犬国家=アメリカの扱い方を,露中は知っている.
  • 安心して見ていられる戦争が始まる予感.期待感.
  • 楽しみだ猫~ (爆)
飯山 一郎 (71)

東京から桜が消える危機…一斉に寿命、巨額の維持コストと手間、花びらで事故も|ニフティニュース

2017年4月13日 (木)

世界の中で,安倍晋三だけが,別格扱い! 

飯山一郎
2017/04/13(木)  
露米が安倍だけを特別扱い
安倍晋三は…コウモリの化身なのか?
トランプ2ロシア
Reuters
米ロ関係は「史上最悪の冷え込み」 シリア巡り=トランプ大統領
[モスクワ 12日 ロイター] 米国のトランプ大統領は、ロシアとの関係がうまくいっていないとの憂慮を示し、両国関係は「史上最悪」かもしれないとの懸念を示した。 (ロイターの記事)
  • 米国の戦争屋は,ロシアを何が何でも「憎くき敵」にしておきたい.中には本気で先制核攻撃を主張している勢力もいる.
  • 実際,アメリカ国内は,プーチンこそが世界の巨悪!と.憎悪心ムキだしの魔女狩り状態.
  • 『米露関係は,史上最悪の冷え込み!』 と,トランプ大統領が述べたとおりなのだ.
  • しかし,不思議なことがある.
  • それは…,日本の安倍首相だけが,米国に気兼ねせず,米国戦争屋に弾圧されもせず,プーチンのロシアと正々堂々と付き合っていることだ.
  • 日本の首相は以前は,ロシアと付き合っただけで変死(橋本龍太郎,小渕恵三).中国と友好条約を結ぶと逮捕(田中角栄)といった塩梅.
  • なぜ? 安倍晋三だけが無傷で,威風堂々としているのか?
  • 分かる?>皆の衆
  • さらに不思議なことがある.
  • 一昨日(12日),プーチン大統領は,米国のシリア攻撃を支持したNATO諸国を激しく非難したのだが… (記事)
  • しかし,同じ日,「シリア攻撃による国際情勢の変化はプーチン・安倍会談準備に一切影響せず!」と,安倍首相だけは何故か?別格扱い. (記事)
  • 安倍首相は,米国のシリア攻撃を「高く評価!」などとベタ誉めしていた(記事)のに,安倍晋三だけは何も言われない.
  • なぜなのか? ど~してなのか? 分かる?>皆の衆
  • 安倍晋三の途轍もない政治・経済・外交的資産(PEDアセット)の内幕には,アッ!と驚く内幕話があるのだが…
  • 本日,ワシはウインドウズ10の新バージョンをゲットしてインストールしたら,楽しくて楽しくて,文章書きどころではない.
  • だから,またあとで…. 御免な!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

北朝鮮情勢 邦人退避想定含め万全の態勢を 官房長官 | NHKニュース

トランプ大統領 原潜で北朝鮮を牽制

エディ・マーフィの兄が急死――ハリウッドに悲しみ広がる(女性自身) - Yahoo!ニュース

行方不明の静岡県警刑事部長は自殺か、遺体発見(読売新聞) - Yahoo!ニュース

浅草ビューホテル 食事の客12人が食中毒(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

【医師】 歯科医が患者に刺され重傷(福岡県): 12日午前、福岡市博多区の歯科医院で、歯科医師の男性が治療を終えた患者に腹などを刃物で刺されました。

シリア攻撃で強力な支援基盤を失ったトランプ大統領★イスラエルは超ご機嫌

 
世界の裏側ニュース
 

【注】アメリカによるシリア政府への攻撃後でもトランプ支援の方には、不愉快な内容ばかりです。無駄にご気分を害したくもありませんので、そういう方はぜひスルーしてくださいね!

 

シリア政府攻撃後から瞬く間に支援者を失い続けるトランプ政権
Trump Is Quickly Losing His Supporters Since Attacking The Syrian Government

4月8日【Anti Media】

O0728038013912641467

シリアへの攻撃を決定したトランプ氏の目的の一つは、凄まじい始まりを迎えた政治家としてのキャリアのため、国内の民衆からさらなる支援を得ることであったのではないかと推測が幅広くなされてはいる。しかし結果として、彼の本来の支持層のかなりの部分を失う手痛いものになるかもしれないし、実際そうなっているようにも見受けられる。

再び独立国家へ違法な攻撃を行うというトランプ大統領の決断に対し、民主党およびメディアは駆け寄るように賞賛し、あるいは少なくとも批判は避けたその一方で、トランプ大統領の多くの支援者は彼の決断に対する不満を表明し始めている。

そのよい例は、彼の熱烈な支持者のイギリスUKIP(イギリス独立党)党首のナイジェル・ファラージに見ることができる。シリアへ空爆を行うという大統領の決断に対し、ファラージ氏は鋭い批判を行った

 

続きを読む "シリア攻撃で強力な支援基盤を失ったトランプ大統領★イスラエルは超ご機嫌" »

2017年4月12日 (水)

安倍首相が4月27にモスクワ訪問! 

飯山一郎
2017/04/12(水)  
米国に気兼ねせぬ大胆外交
安倍とプーチンはフクイチ鎮圧の作戦会議!
フクイチ鎮圧!
SPUTNIK
ロスアトムは福島第一原発事故処理に協力する
『スプートニク』 2017年04月09日 https://sptnkne.ws/edfD
ロシア国営企業「ロスアトム」は、福島第一原発事故処理のため日本側に、技術的かつ経済的に効果の高いプロジェクト作りを提案した。

特に、被害を受けたエネルギーブロックの原子炉から溶けて流れ出した核燃料を取り出す共同プロジェクト、また放射能に汚染された地域の復興プロジェクトの可能性が話し合われた。

アレクセイ・リハチョフ社長率いる「ロスアトム」の代表団は、4月4日から7日まで日本を実務訪問し、滞在中の交渉では、2016年12月に調印された原子力エネルギーの平和利用における露日協力に関する覚書をどう実現してゆくかが話し合われた。

交渉で特に注意が割かれたのは、福島第一原発事故処理作業における協同行動の問題で、放射性廃棄物の取り扱いや廃炉、危険な原子力施設などの稼働停止においてロシアの技術を利用する可能性について意見が交わされた。
安倍2プーチン
SPUTNIK
安倍首相、4月27日からモスクワ訪問と確認
『スプートニク』 2017年04月12日 https://sptnkne.ws/edcH
ロシアのモルグロフ外務次官は11日、ロシアを訪問中の鈴木宗男元衆院議員に、安倍晋三首相が今月27、28両日にモスクワを訪問すると明らかにした。
  • 露日は,昨年12月16日,原子力協定に調印した.
  • 協定の主要な目的は『福島第一原発の事故処理』だ.(記事)
  • プーチンと安倍晋三が,『福島第一原発の事故処理』を…
  • 日本とロシアが協同で進める!という固い約束=協定だ.
  • これで日本民族の悲願=フクイチ鎮圧!が進展してゆく.
  • 人類の歴史上 最大・最凶の原発事故を収束するために…
  • 安倍晋三という日本国の総理大臣は…
  • 国際原発ムラに弾圧されぬよう細心の注意を払いつつ…
  • 何回も何回もモスクワに通って,日本民族の危機を訴え…
  • 『フクイチ鎮圧計画』をプーチンと共に策定することに成功!
  • 露日は,昨年12月16日,原子力協定に調印した.(記事)
  • だから今は,安倍晋三とプーチンの仕事の成功を祈り…
  • 日本民族が一つにまとまって,国難を乗り越えていこう!
  • フクイチを鎮圧する目途が立ったら…,み~んなが意見や
  • 文句を言いあって,みんなで新しい日本をつくってゆく!
  • その日までは,我慢と祈りの日々を過ごしていこうよ!
  • 安倍首相は,今月も27日にモスクワに行くことを決定.
  • シリアを巡って,米・露が激しく対立している現在…
  • 日本の首相のロシア行きなんて,従来なら絶対に駄目!
  • しかし,安倍晋三は,今回も命懸けでモスクワに行く!
  • こんなに恐れ知らずで命知らずの総理大臣はいなかった.
  • だっからワシは,毎日,必死で祈り,心のなかで礼を言う.
  • 安倍晋三よ,ありがとう! 無事で行って来てくれ! と.
飯山 一郎 (71)

おたふく風邪の患者数が例年より多い状態が続いています。子どもに多く、よく知られているため軽く考えられがちですが、治療法がない「ムンプス難聴」など、深刻な合併症を発症することもある感染症です。

遺品整理士が見つめた「現代の死」|NHK NEWS WEB

憔悴した姿で通夜に…清原和博氏の後見人“不審死”の真相

福島第一ライブカメラ(1号機側) 梁を外せたようです

電車待っていたらスマホがアチチ…阪急西宮北口駅でモバイルバッテリーから出火(産経新聞)

フクイチ、真っ白ではなくなったけど、まだモヤモヤ

2017年4月11日 (火)

放射脳?

人生は冥土までの暇潰し
 
 
 
掲示板「放知技」の常連である東映特撮さんが紹介してくれた、「最新ニュース速報 佐藤優 北朝鮮」(2017年4月6日)というラジオトークを聞いた。



飯山一郎さんも同トークを聞いたらしく、以下のように佐藤優氏の発言を評している。

17041102_2
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16057898/782/

「4日のシリアの化学ガス散布はアサドの仕業だ!」という旨の発言を佐藤氏がしていたのは、YouTubeの12:58あたりで、「アメリカは殺したいIS要員をピンポイントで殺す、ロシアはISを皆殺しにする」という旨の発言を行った後、さらに佐藤氏は以下のようにはっきりと断言した。

アサド政権は毒ガスで皆殺しにする…

どうやら佐藤氏、化学兵器を使った犯人がアサドのシリア政府軍だと思っているようで、これはもう嗤うしかない。佐藤氏も元外交官なのだから、米政府が今までに多くの嘘を吐いてきた事実を、そろそろ見抜くことができても良さそうなものなんだが…。念のため、米政府の嘘の例を一つだけ挙げるとすれば、あのイラク侵攻がある。しかし、今の佐藤氏は、当時のことをすっかり忘れているようだ(嗤)。
米政府大量破壊兵器調査『ドルファー最終報告』--開戦責任追及の原点 ...

また、ISの正体は米国のネオコンであることは、世界の識者にとって今や常識の一部と化しているというのに、何故か未だにISの正体が佐藤氏には見えていないようだ。その証拠として、昨年の『月刊日本』八月号に載った、「バングラテロ事件」という記事、これは佐藤優と山崎行太郎による対談記事だったのだが、佐藤氏はISとアメリカは敵対していると明確に発言している。

それから、北朝鮮とISが手を組む可能性についての発言も、大変勉強になった(爆)。

17041101
昨年の『月刊日本』八月号 p.44

ついでに、対談相手の山崎行太郎氏、最近の同氏のブログで珍しく海外の話題を取り上げているなと思ったら、ナント、シリア爆撃についてであった。

17040903
http://yamazakikoutarou.hateblo.jp/archive/2017/04/08

あまりにもピント外れの記事を書く山崎氏の知的劣化ぶり、大変気の毒に思った次第である。

【追報】
17040902
米軍によるシリア爆撃の後、すっかり元気を取り戻したIS (4月10日付の東京新聞夕刊)

戦争屋の言いなりになったトランプ政権の写真

飯山一郎
2017/04/11(火)  
この写真はウソ言わない
北朝鮮攻撃も戦争屋が決める構図
NSCの言いなり
4月7日,シリア空港爆撃の様子を見て,説明を受けているトランプ政権の面々.
  • 上の写真は,いまネットに盛んに流されている.
  • 誰がトランプ政権を主導しているか?が分かる貴重な資料だ.
  • 先ず,従来の主役,バノンは片隅に追いやられている….
  • 次に,娘婿クシュナーとティラーソン長官が睨み合っている…
  • クシュナーは戦争屋で反露,ティラーソンは非戦派で親露だ.
  • ティラーソンの横顔には,負けた“悔しさ”と“怒り”が出ている.
  • 1週間前にティラーソンは,アサド政権崩壊は重要目的でないと述べたばかり.
  • 政策を急変させたクシュナーとティラーソンの対立は深刻だ.
  • さらに重要なことは,上の写真にはマイク・ポンペオCIA長官やダン・コーツ国家情報長官の姿が見えないことだ.
  • 4月4日にガスを撒き,5日には犯人はシリア政府と断定し,6日にはシリアへミサイル攻撃をした米政府.
  • 6日にポンペオCIA長官は,アサド大統領には毒ガス散布の責任がなさそうだとトランプ大統領に説明していた.
  • つまりトランプ大統領は,CIAからアサド大統領には毒ガス散布の責任はないと説明を受けたうえで攻撃したのだ.
  • そのCIA長官が外された場で,トランプ政権の面々がNSC(国家安全保障会議,ボスはマクマスター,前任はフリン!)から,ミサイル攻撃の説明を受けている写真は…
  • 現在,トランプ政権の軍事政策を仕切っているのは,NSCのマクマスターだ!ということが見事に分かる写真だ.
  • 見事も見事,そのマクマスターは,写真の中央部で,ハゲ頭を見事に輝かせている.前任のフリンを片隅に追いやって….
  • かくしてトランプ政権は,マクマスターという戦争屋に見るも無残に簒奪(さんだつ)され…,次の戦場=北朝鮮へと向かっている.
  • 金正恩(33)とマクマスター(55)の巌流島!
  • 習近平の中国政府も,旧瀋陽軍区も,さらにプーチンのロシアも,金正恩を全面支援するために結束した!
  • 中国は15万人の兵士と,迎撃ミサイル,弾道ミサイル,迎撃戦闘機等々を北朝鮮国境に集結させ,在韓米軍に照準(狙い)を定めた!
  • ロシア軍も露朝国境沿いの空軍基地に迎撃ミサイルと,多数の戦闘機を配備済み.
  • さぁ,マクマスターよ! またもや阿呆なトランプを騙して…
  • シリアでヤッたような無謀な攻撃を北朝鮮でもヤッてみろ!
飯山 一郎 (71)

スイス放射能拡散予報。 まだ西日本の太平洋岸は東電福島原発の風下です。

4月11日 西日本の湿度は高めです。海上濃霧警報は日本全域に。 湿度が欠測になっている測候所、気象台がありますが、周囲の湿度からしておそらく異常に高いのでしょう。

2017年4月10日 (月)

「冷戦時代」に戻したい米国戦争屋 

飯山一郎
2017/04/10(月)  
北朝鮮を空爆すれば…
でも大丈夫? こんなにでっかいターゲット
CARL-VINSON
太平洋を航行する米海軍の原子力空母カール・ビンソン(米海軍提供・ロイター)
  • 戦争屋の言いなりにシリアを空爆してみたが…
  • トマホーク・ミサイルは,ほとんど命中しなかった.
  • 攻撃された空軍基地は損害軽微.早くも再開している.
  • 米攻撃は「目的達成に失敗!」とシリア大統領は明言.(記事)
  • 米戦争屋の無茶で下手糞なシリア攻撃に,ロシアはシメシメ.
  • 発作的に命中率の悪いミサイルでシリア攻撃したアメリカと…
  • 昔から米軍の武力攻撃に備えてきた北朝鮮と旧瀋陽軍区.
  • 米国の兵器・武器は,高いだけで使い物にならないのに…
  • それでもトランプは北朝鮮を単独攻撃したい!と空母を派遣.
  • 敗戦前の日本みたいな大艦巨砲主義は,格好のターゲット.
  • それでもトランプは発作的に,シリアの二の舞いを演じる鴨!
  • シメシメ,ネギしょった鴨が来るぞ!と北朝鮮は万全の態勢.
  • 呆れ顔で米国から帰国した習近平も,旧瀋陽軍区に発破!
  • 安倍晋三は「米国頑張れ!」と,熱心に口先応援してるが…
  • 自衛隊が狩り出される場面もある鴨,と覚悟を固めたようだ.
  • 時は風雲急を告げ,いざ鎌倉!も,勝負は時の運なのだが…
  • 今回は米軍を指揮するトランプ殿下が志村けんのアレww
  • 東アジア激変!は間違いないが,台風一過後は快晴か?
 
飯山 一郎 (71)

アメダス 八丈島(ハチジョウジマ)で湿度99パーセントを連続した後で欠測に。

トランプの肚 2 

人生は冥土までの暇潰し
 
3月1日(現地時間2月28日)、米国議会で行われたトランプ大統領による初の施政方針演説をNHKが生中継、翌朝の東京新聞が施政方針演説要旨を載せているが、その全文を亀さんは拙稿「トランプの肚」に転載した。

同記事を書いた3月2日の時点では、堺のおっさんが放知技に書いていたように、「ネオコン戦争に対する、トランプの勝利である」という指摘は正しかった。しかし、同時に堺のおっさんは、「だが、まだ安心はできない」という言葉を添えるのも忘れなかった。果たせるかな、その後は堺のおっさんが危惧していた通りの展開になった。それが〝電撃的〟な米軍によるシリアへのミサイル攻撃、ざらには米国と北朝鮮の直接対決という流れである。

17030202
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16034724/499/

ここで思い起こしていただきたいのは、拙稿に転載した施政方針演説の中で、特に亀さんが注目したトランプの以下の発言である。

▼過激派組織「イスラム国」(IS)はイスラム教徒、キリスト教徒、あらゆる信仰の男女、子どもを殺害してきた。この下劣な敵を地球上から消滅させるために、イスラム世界を含む同盟国と共に取り組む。
▼イランの弾道ミサイル計画を支援する組織、個人に新たな制裁を科した。イスラエルとの強固な同盟を再確認した。


これは、背後に戦争屋が控えていることを匂わすトランプ発言だったが、演説の2週間ほど前、ロシアとの太いパイプを構築しようとしていた、フリン大統領補佐官が辞任に追い込まれたことで、戦争屋の影がくっきりと見えるようになり、さらに1ヶ月後の4月5日、シリアへの攻撃に反対していたバノン大統領上級顧問・首席戦略官も、NSCから外されるに及んで、戦争屋によるトランプ包囲網が一層強固なものになったことが分かる。

このあたりを堺のおっさん同様に危惧していたのが、拙稿「トランプ占い」で紹介した『月刊日本』の山浦嘉久論説委員の記事、「戦後という楽園の喪失」で、山浦さんが指摘していた東シナ海とゴラン高原、ここに来て世界の注目を集めるようになった。ゴラン高原について言えば、イスラエルとシリアが国境を接している地帯であり、今回の米軍によるシリアへのミサイル攻撃とコインの裏表の関係にある。

ただし、今回の米軍によるシリアへのミサイル攻撃が、どのような顛末を迎えたかという点については、昨日発行された田中宇の最新記事、「軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃」にあった、以下の記述通りである。

 米軍はこれまで、ロシア軍と協調し、シリア東部でIS退治の空爆を続けてきた。だが今回の濡れ衣的なミサイル攻撃で、ロシアは怒って米国との協調を解除した。米軍がシリアで活動するのは困難になった。今回の件は、シリアの将来を決める国際体制から米国が追い出され、ロシアやイランの影響力が増し、露イランの傘下でアサドが続投する多極化的な事態に拍車をかけそうだ。


次に、やはり山浦さんが指摘していた東シナ海に目を転じても、北朝鮮への攻撃を匂わすトランプの発言を裏付けるかのように、原子力空母カール・ビンソンを擁する第1空母打撃群が朝鮮半島に向かった。そうした米軍の動きと合わせるかのように、中国も香港のビクトリア湾に軍艦を待機させているとは、拙ブログの香港の読者から情報である。読者の話によれば、一隻だけでもビクトリア湾に軍艦が停泊しているのは大変珍しいことなのに、一度に三隻もの記憶はないと言う。

ところで、朝鮮半島を巡る情勢は今後どう展開するのだろうか…。いつものように最悪のシナリオを想定するとすれば、日米韓と北朝鮮+瀋陽軍区の直接対決である。そうなった場合、北朝鮮、すなわち瀋陽軍区の圧勝で終わることは確実であり、空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群は、一瞬にして海の海蘊となる。なぜ、そう断言できるのかと言えば、アメリカの兵器は高いだけで、役に立たない代物ばかりだからだ。そのような事態に陥ったのも、ソ連の崩壊で冷戦が終結して以降、アメリカに驕が生じたためである。そのため、今や陸海空(宇宙含む)にわたる軍事力競争においては、すっかりロシアと中国に水をあけられてしまっているのが現実だ。だから、米軍が軍事行動を起こし、北朝鮮(瀋陽軍)に完膚無きまでに叩きのめされるという、〝最高〟のシナリオを期待している。

【別報】
17040901
東京新聞に掲載された乳酸菌に関する大図解

2017年4月 9日 (日)

本部からの“提案”を実行するだけの大統領

飯山一郎
2017/04/09(日)  
シリア攻撃も“提案”どおり
今度は「北朝鮮攻撃」という“提案”
KillKimjongun
SPUTNIK
金正恩を殺せ 米国国家安全保障会議がトランプ大統領に提案
『スプートニク』 2017年04月09日 https://sptnkne.ws/eb5T
米国国家安全保障会議はトランプ大統領に対して朝鮮民主主義人民共和国からの核の脅威に対して取りうる対抗措置として複数の案を提出した。

NBCニュースの報道によれば同会議は韓国に米国の核保管庫の一部を移し、北朝鮮の金正恩指導者を殲滅することを提案していた。こうした急進的な措置は米国が北朝鮮の行動を中国と協力して合同で抑止する案に中国側が同意しなかった場合に検討するよう書かれている。

同案は中国の習国家主席の訪米の直前に特別に準備されていた。これより前トランプ大統領は中国が北朝鮮に対して慎重な政策をとっているとして再三にわたり不満を表していたものの、先日、中国の助けがなくとも北朝鮮の核の脅威を解決できるという声明を表していた。
  • きょうは,いささか面黒いトランプ政治の内幕を暴露しよう.
  • トランプ大統領にシリアへのミサイル攻撃を決断させる…
  • 綿密で大胆なシナリオ(絵図)を描いていた人物がいた!
  • マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)だ.
  • 状況証拠は,シリアでの殺人ガス散布もマクマの所業だ.
  • 4日にガスを撒き,5日には犯人はシリア政府と断定して…
  • 6日にはシリアへの激しいミサイル攻撃.超スピーディ!
  • 5日,ミサイル攻撃には猛反対のバノンを一瞬で打ち首.
  • シリアへの報復は,3つの軍事攻撃シナリオ(提案)を用意し,娘婿クシュナーがトランプに選択を迫る!という手順.
  • 習近平のフロリダ到着→夕食会にピッタリ間に合った手際.
  • この超Speedyな手際(てぎわ)の良さは,軍人ならお手の物.
  • 今回と全く同じような謀略が,間もなく北朝鮮で起きる!
  • 韓国の何処かで,「北朝鮮」が残酷なテロを起こし…
  • その「報復」のために,自衛隊も狩り出される…怖れ蟻.
  • 現在,米空母(カールビンソン)打撃群が朝鮮半島へ急行中
飯山 一郎 (71)

幕張メッセ、50人熱中症か=ライブ中、女性客ら搬送―人気ロックバンド公演・千葉(時事通信) - Yahoo!ニュース

湿度、ようやく下がってきた。

風が西へ反転し始めました(9日8時のアメダス) 放射能拡散予報は 8時間ズレました。

2017年4月 8日 (土)

2017年04月08日 銚子(チョウシ) 湿度100パーセント連続。

女の子を舐めとったら痛い目遭うでwwww

2017年04月07日、04月08日 人吉(ヒトヨシ) 昨日から連続して100パーセント。過去の人吉の気象観測で例がありません。 鹿児島などでも…。 西日本で高湿度地点多数。

あ~あ,ただの戦争屋のオッサンになっちゃった 

飯山一郎
2017/04/08(土)  
ネオコン,虎の飼育に成功!
ブッシュのイラク侵攻と同じ理屈,お涙頂戴
戦争屋
シリア攻撃を命じたトランプ米大統領の声明(抜粋)

米国民の皆さん、シリアの独裁者であるアサド大統領は4日、罪のない市民に対し、恐ろしい化学兵器を使用して攻撃を行った。
致死率の高い神経ガスを使い、無力な男性や女性、そして子どもたちの命を奪った。

あまりに大勢の人に対する、緩やかで残忍な死を招いた。
残酷なことに、美しい赤ちゃんたちもこのような非常に野蛮な攻撃によって殺された。神の子は誰一人としてそのような恐怖に遭ってはならない。
(読む必要のない全文)

《英文》 On Tuesday, Syria launched a horrific chemical attack on innocent civilians. Using a deadly nerve agent, Assad choked out the lives of hopeless men, women, and children.

It was a slow and brutal death for so many. Even beautiful babies were cruelly murdered in this very barbaric attack. No child of god should ever suffer such horror.
  • トランプは,ブッシュのイラク侵攻の時と同じ理屈を使った.
  • 『フセインは大量殺戮兵器を持ち,子供たちや美しい水鳥たちを殺している!』とブッシュは宣言し,イラクに侵攻した.
  • あの時と同じ,米国戦争屋(軍産複合体)が書いた文章だ.
  • 米国は他国の「政権転覆」をしない!(記事)と断言していたトランプだったが…,現在のトランプは戦争屋の言いなり.
  • 非戦派の軍帥・フリン,戦略家のバノン,草稿の名人・スティーブン・ミラー(31).国づくりの天才たちが去った現在のトランプ政権は,軍産複合体の巣窟になってしまった.
    (バノンは「極右」ではなく,反グローバリズムの戦略家!)
  • 以前と何も変わらないアメリカ.相変わらずの戦争国家.
  • こ~鳴門,戦争の渦潮,濁流がアジアにも押し寄せる!
  • 米国戦争屋は,東アジアでも破壊と殺戮の戦争を繰り広げよう!としている.(記事) 世界は,戦争の時代に舞い戻った!
  • こういう最悪のシナリオは想定しておこう>皆の衆
  • そ~してから,ど~すればE~のか?
  • 国家レベルでは,国が一つにまとまるように願うこと!
  • 個人レベルでは,乳酸菌と運動と保温で免疫力向上!
  • あと,国が乱れることを憎悪心で語るネット知識人は無視!
  • 何か不安や相談があったら,『放知技』に書いて下さい.
    飯山一郎,即答します.
飯山 一郎 (71)

いつものバターン

人生は冥土までの暇潰し
17040700

昨日、東京新聞(夕刊)の第一面を開いたところ、「米、シリアにミサイル攻撃」という大見出しが目に飛び込んできた。「アサド政権が毒ガスを用い、女性や子ども、美しい赤ん坊まで殺害した」、「テロリズムを終わらせる」、「多くの一線を越えた」といった、一連のトランプ発言を目にした人たちは、やがてトランプ発言を〝真実〟として受け容れていく…。そうしたいつもの〝誘導〟パターンが、ここでも繰り返されているのが分かる。

しかし、本当のところはどうなのか? これは、飯山一郎さんのHP記事、「今回のミサイル攻撃は,跳ねっ返りの戦争屋軍人の無茶苦茶な無理筋だ」にあるとおりだ。

飯山さんの記事を読み、何が何でもカラー革命をシリアでも成功させたいという、「跳ねっ返りの戦争屋軍人」の意気込みを感じるのだが、このカラー革命のルーツを知る上で格好の書籍が、レーニンの著した『何をなすべきか』であるとは、掲示板「放知技」の常連の一人、堺のおっさんの言である。

17040702
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16057898/485/

堺のおっさんが紹介している『何をなすべきか』、残念ながら目を通したことはないが、レーニンの横顔の一部を栗本慎一郎が、自著『パンツを脱いだサル』(現代書館)で描いており、同書に目を通して思うところがあったので、亀さんも記事にしたことがある。
http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-651.html

栗本は人間について、「戦争と殺戮に快感を覚える生き物」と喝破しており、そうした人間の性(さが)を念頭に、今回の米軍によるシリアへのミサイル攻撃、そして「跳ねっ返りの戦争屋軍人」の思考パターンなど、いろいろと思索するのも一興である。

さて、再び東京新聞に目を転じてみよう。ロシア側の発言は、「根拠のない非難」と書かれているだけである。これは、東京新聞もネオコン派の新聞なので、当然と言えば当然の話なのだが、何故にロシアが「根拠のない非難」とするのか、スプートニク紙にも目を通すことで、思考のバランスを取っておくことが大切である。すると、以下の記事に目が行くはずだ。
デイリーメール 2013年の米国のシリアへの化学攻撃計画についての記事を削除

17040701

これで、今回の米軍によるミサイル攻撃も、カラー革命の一環であることが納得できよう。なお、デイリーメールだが、ネットゲリラも自身の記事、「糖尿まっしぐら」で同紙を引用していたので、ついでに紹介しておこう(嗤)。それから、ネオコン派政治家の石破茂も登場していた(爆)。
17040703

2017年4月 7日 (金)

米国の対シリア・ミサイル攻撃は米軍の謀略 

飯山一郎
2017/04/07(金)  
軍人だらけのトランプ政権
安倍晋三はお坊ちゃん流で賢く対処
ZigZag
SPUTNIK
安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?
『スプートニク』 2016年12月29日 https://sptnkne.ws/dfCT
安倍氏はロシアとの関係拡大に断固とした姿勢を打ち出す一方で、米国との同盟関係があり、G7の一員でもある。

安倍氏はこの相互に打ち消しあう路線の間をジグザグ歩行していく。

安倍氏はプーチン大統領の訪日では一連の重要な歩みが図られており、これからは自分は機を逃さず、二国関係を築くための好機を活かしていくと語っている。
  • 本日,米軍はシリアの空軍基地にミサイル攻撃を強行した.
  • シリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復だという.
  • しかし,露外務省は「米国のシリア攻撃は,イドリブの一件より前に決定されていた!」と,米国を激しく非難した.(記事)
  • 一方,習近平との首脳会談の最中にミサイル攻撃の第一報を受けたトランプは狼狽気味だった,という情報もあり…
  • 他の様々な情報中には,今回のミサイル攻撃は『在中東米軍の"暴走"』 との有力な説もある.
  • トランプは先に「シリアの化学兵器使用は,度を越した」と発言した.これは,真実情報が大統領に上がらず,またトランプが今だに米軍を統制しきってないという現れだ.
  • いずれにせよ,今回のミサイル攻撃は,跳ねっ返りの戦争屋軍人の無茶苦茶な無理筋だ.
  • ただし,最大の責任はトランプにあり,また,次なる政治外交手段の選択と発動もトランプの責任である.
  • トランプが最善の選択するかどうか? 注目であるが…,最悪の軍事的手段を発動してしまう可能性もある.
  • プーチンと習近平は,トランプを悠然と監視する立場にいる.
  • 安倍晋三は,米国の同盟国の立場から,「米国政府の決意を支持」,「トランプ大統領の関与を高く評価」,「アサド政権は極めて非人道的」などとリップサービスを連発しているが…
  • 内心は,「北朝鮮攻撃でなくて良かった…」,「いや,北朝鮮へのミサイル攻撃もヤル…鴨」と,不安恐々だろう.
  • 『スプートニク』は安倍晋三の「ジグザグ歩行」を心配したが,しかし,プーチンともトランプとも緊密な連絡を取り合って…,
    上手く(狡猾に)ヤッていくだろう.
  • 安倍晋三の本質は,じつは,「バルカン政治家」なので…ww
飯山 一郎 (71)

全国的に湿度100パーセントが連続しています。

<ヤマト>「アマゾン即日」撤退…配送負担減へ検討(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

アマゾンの当日配送撤退 ヤマトが方針  :日本経済新聞

福島第一ライブカメラ  悪化しています。

2017年4月 6日 (木)

プーチンと安倍晋三の『フクイチ鎮圧計画』 

飯山一郎
2017/04/06(木)  
まっかせなさい!
プーチンも安倍晋三もフクイチ鎮圧に自信あり
文字
SPUTNIK
ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる
『スプートニク』 2017年04月06日 https://sptnkne.ws/dZRC
先日ロシアのロスラオ(RosRAO)社(放射性廃棄物処理公社)イノベーション発展プロジェクトオフィスのリーダー、セルゲイ・フロリャ氏が、日本からロシアに帰国した。同オフィスは、日本で、小型中性子検出器開発プロジェクトについて紹介した。

フロリャ氏:「プロジェクトは、福島第一原発が直接必要とする機器製造のためのもので、その機器は、原子炉内の燃料の分類上の所属を決定できる能力を持つものとなる。

事故後、原子炉の中に残っている燃料がどのように分布しているのか、現在誰にもはっきり分からない。

しかしその活動が大変活発なことから、それらを見つける必要がある。まず第一に、それが今後の作業の継続を妨げないよう、除去しなければならない。ただ、燃料断片の放射能が高いため、原子炉内に入るためロボット機器を使う事はかなり難しい。」
  • ロシアはフクイチ鎮圧に自信満々だ! それが上の記事.
  • それにしても安倍晋三は,良くぞ!ここまで持ってきたもんだ.
  • この2年間,20回近くも(命懸けで)プーチンに会いに行き…
  • 日本民族の悲願=フクイチ鎮圧を必死の覚悟で頼み続けた.
  • プーチンも,昨年12月16日は(命懸けで)東京に来てくれた.
  • 実質4時間足らずの東京滞在….天皇陛下にも会わず…
  • メシも食わず…,首相官邸に籠もって,何をしていたのか?
  • 東京に着いたプーチンと安倍晋三が先ずヤッたことは…
  • フクイチの災害処理(鎮圧!)についての協定を結んだことだ.
  • このことをマスコミは報じないが,ロシア側には証拠がある
  • 安倍晋三は,間違いなくプーチンと固い約束を協定書にした!
  • プーチンは,フクイチ鎮圧のために,ロシアの放射性廃棄物処理公社のリーダーや専門家を東京に連れてきてくれた!
  • ロシアの専門家をフクイチに入れて,万全の調査をしていた.
  • そして今回,フクイチ鎮圧のアジェンダ(計画表)をつくった!
  • 安倍晋三とプーチンが協同しつつ命懸けでヤッていること…
  • それは,日本民族の悲願!であるフクイチの鎮圧だ.
  • このことが信用できない者は,ワシに会いに来い.
  • イカに阿呆なタコでも,良~く分かるように説明してやる.
  • とにかく今は,日本の救世主・安倍晋三を守ろう!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

2017年4月 5日 (水)

深読みしないと本音・本心が見えてこない二人 

飯山一郎
2017/04/05(水) 
真実は,発した言葉の逆!
太田光と安倍晋三は虚像を見せている
太田光
最高の蜜リンゴなのに,表面の黒いアザを見て捨てちゃったり…
安倍首相が「云々」を「でんでん」と読んだからと馬鹿扱いするのは,
一部の欠点だけを見て全部ダメ!と判断してしまう阿呆ってことだ.

安倍青年が延べ4年間も米国にいて,日本語を忘れるほど国家社会主義関連の英書を読んでいた過去は,決して馬鹿にできない.

むしろ,一部だけで全部を判断してしまうシトの方が馬鹿だ罠~ww

安倍首相は今春,日本国を支配していた悪辣な米国戦争屋を斬り捨てた!これで日本国は(半分位はww)独立した!

そうして今,安倍首相は,米国に全く気兼ねせず,自由気ままにロシアとの関係を深めている.
これって今までのような『対米従属国家』じゃない!ってことだ.

いま! 日本は 『対米従属国家』ではなく,『ロシアの同盟国』なのだ.
太田光と安倍晋三は深読みしないと実像が見えない
Asagei
「バカじゃねぇの!」 爆笑問題 太田光の「橋下徹批判」は,エールの裏返し?

OtaHikaru 3月28日に放送されたラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、爆笑問題の太田光が橋下徹元大阪市長を批判した。

訪米中の橋下氏が講演で語った「アメリカから日本に対し、外圧をかけてもらいたい」との発言に触れ、「バカじゃねぇの!」とバッサリ切り捨てたのだ。橋下氏について「ヘンテコリンなことを言ってる」とまで言い切った。

橋下氏といえば、爆笑問題と同じ事務所の所属で、同事務所の顧問弁護士まで務めている。なのになぜ、太田は突然、橋下氏を痛烈に批判したのか。さるジャーナリストは、「『橋下氏の発言がもっと話題になるように』という太田なりのサポートなのではないでしょうか」と分析し、次のように続けた。

「これまでの発言を見ても、太田の政治観は橋下氏の考えと大きな隔たりがあるのは間違いないんですが、根っこの部分で、太田は橋下氏が大好き。太田が橋下氏を『毒舌で応援していた』前例を考えると、エールの裏返しとしか思えないんですよね」

「毒舌で応援していた」前例とは何か。ジャーナリストがさらに言う。

「橋下氏が政界転身の一年前に出版した著書『まっとう勝負!』に収められた、爆笑問題と橋下氏の座談会です。ここでも太田は『すっごいバカ』『手に負えねえ』と、橋下氏を前にボロクソに言っていた。結果、この座談会は話題となり、橋下氏の政界進出を後押ししているんです。太田が橋下氏について毒づく時は、応援の側面もあると考えていいと思いますよ」

太田の本心や、いかに。 (白川健一) (『アサゲイ・プラス』 より)
2月11日,日本国の政治構造は大変化した.
米国ネオコンによる日本支配が永久に続くものと誰しもが諦めていた時,安倍晋三首相が米国を訪問,トランプ大統領と緊密な関係を構築したのである.

これは,日本に巣食っていた米国ネオコンの追放を意味する.

ネオコンを斬り捨てた安倍晋三首相は,どれだけ評価しても評価しすぎるということはなく,我々は「奴隷」から「半奴隷」へと〝昇格〟したのだ!(亀さんの文章より)

ワシは,70歳を過ぎて,生まれて初めて,自分の国の政治指導者を誇りに思う感情を経験した.

偉大な国家指導者によって国家崩壊が食い止められ,豊かな国家社会を築いてきたロシア.

そのロシアの国民が,自分たちの国家の指導者を誇りに思う気持ちが,今は,実感できる.良~く分かるのだ.

人間は,じつは,国家なしには生きられない.

ダメな国家だと,国民は不幸になる.

54基もの原発を受け入れてしまった駄目で阿呆な日本国に住む国民が,イカに不幸になってしまったか!

「ホ」にヤラれてしまって脳味噌がウニになったタコ日本人でも分かるだろう.イクラなんでもヒドすぎる国だった!と.

これからは違う!
いまは,ヒトがバタバタ死んでいるが…
しかし,何とか生き残れれば…,ニホンという国家と一体感をもって,ワシたちの国・ニホンを復興させてゆける!
そういう生き甲斐と勇気が,必ず湧いてくる.

皆の衆! ワシたちの国・ニッポンは,大きく変わったんだぞ!

そう思って間違いはない!
だから希望をもとう! 夢をえがこう!

夢と希望があれば,豆乳ヨーグルトだけで生きてゆける!www
飯山 一郎 (71)

2017年4月 4日 (火)

梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

サンクトペテルブルク地下鉄で爆発 負傷者多数! 

飯山一郎
2017/04/04(火) 
みんな
テロ1
テロ2
テロ3
  • いまの世界,いまの日本はこういう政治状況にある.
  • 「戦争屋ネオコン」対「反戦争屋ネオコン」の壮絶な戦い!
  • このことが分からないとアナタは何も分からなくなる.
  • 些細な事件なのに,重大な問題だ!などとイキリ立つ…
  • 「森友騒動」がそうでした.
  • 辻元の北朝鮮同和と、橋下系日本同和の利権争いにすぎないのに,倒閣騒動にしてしまう….
  • 朝日系ネオコンと菅野完・籠池による悪辣な謀略でした.
  • いま!日本が必死で取り組むべきは,フクイチの鎮圧!
  • この未曽有の国難に,政府と国民が一つになって,命がけで立ち向かい,闘わねばならない!
  • しかし,原発ムラと戦争屋ネオコンが,スキャンダルを扇動して政府と国民を分断する.
  • そんな悪辣な謀略が見破れないネット知識人は…
  • 安倍憎し!のルサンチマン(体制への怨念と鬱憤)で,ネオコンと同一歩調.だから,今の日本はバラバラ.混迷状態.
  • そのスキを狙って,ネオコン・テロ軍団はテロを仕掛ける!
  • そんな最悪事態を想定しておくべきでしょう.
  • 安倍首相は「テロ等準備罪」で凶悪テロに備える構え.
  • 今回の「共謀罪・反テロ法」は,プーチンも全面支持,(記事)
  • いまは,安倍晋三とプーチンを信じるべきでしょう.
  • 考えてください.
  • この時点で,国難を忘れ,国がバラバラになる争いをして…
  • 損するのは誰? 国民です.日本人です!
  • 得するのは誰? 戦争屋ネオコンです!
飯山 一郎 (71)

関東は、今夜(4日)遅くまで東電福島原発の風下です。

洞察歯観のすすめ(21)

人生は冥土までの暇潰し
 
 
1ヶ月ぶりに歯科&音楽ウォッチャーさんからメールが届く。今回は高血圧についての貴重な情報なので、参考にしていただきたい。なお、拙ブログでも〝薬害〟については、「〝最後〟の同窓会」という記事を書いている。また、一昨年の6月、飯山一郎さんの講演会(東京)に出席した時、講演が始まる前に飯山さんが小さな箱を机の上に置き、「降圧剤を持っている人は、今すぐこの箱に入れてください!」と、大声で呼びかけておられたのを思い出す。

それにしても、歯科&音楽ウォッチャーさんのユニークな発想、どこから来ているんだろうか…。

森友石鹸オペラは昼の時間帯だけでなく朝から夜まで炎上集客リズムに乗って大ヒット垂れ流し上映中。あちらこちらで炎上して、全国的に炎上交際の輪が広がっているのかも知れません。
事務所の近くにあるファミレス座においても、森友に始まり、家族が、学校が、仕事が等々、怒り・ストレスをため込んだ心の炎と血圧を燃やしております。面白いことに、あちらこちらからのボックス席から湧き上がる声を聞いていると、ファミレス座に集う喋くり族は、フーガ(遁走曲)スタイルのようで・・・対話に弾みがつき、徐々に興奮高まり、相手が話し終わらぬうちに話し始めてしまう。気持ちが突っ走って、考える先に口が出てしまう・・・といったストレッタ(追迫)をもって、ファミレスワイドショーがクライマックスへ。
病院も、いろいろな演奏スタイルを考案しては患者狩り・・・いや、真心サービスに心血を注いでいるようで。ファミレス座を後に、血圧が燃えているところで検診など病院へと足を運ぶ。すると、
「血圧・・かなり、高いですねぇ」
などと言われ、更に、
「高血圧症というのは、脳梗塞。心臓病・・・など命にかかわる合弁症の原因になるんですよ!」
と、優しく冷たい表情で脅しのアリアを聞かされた挙げ句、
「血圧を下げる薬を出しますから、今日から薬を飲んでください・・・」
顔を背けたままカルテに何やら書き込み、スタッフに渡し、受付で会計を済ませ薬の入った分厚い福袋を受け取るその時、診療室の奥から医師が、少々大きな声で、
「薬、ちゃんと飲んでください!」と声をかける。
すると、医師からバトンを受け取るように、受付の女性スタッフ二人が少しの間をおいて、
「薬、ちゃんと飲んでくださいね」
「忘れず、飲んでください。お大事に」
落ち着いた声と、明るいトーンのツイン・ヴォーカルで患者を送る。
医師と受付スタッフは、カノン(輪唱)スタイルで患者の心にプレッシャーをすり込む。
今宵は、いつもの如く、いつものスチャラカ・メンバーが集い事務所宴会をしております。

信州の酒が美味いか!秩父の酒が美味いか?森友事件から始まり、昭和ホームドラマ~高血圧へと話題が流れ、そして今、どこの酒が美味いか・・・と揉めてます。
揉めている間に、高血圧の話題を・・・もう少し。カノン・スタイルの医院に通っているのは、信州の酒が好みだという、スチャラカ・メンバーのMさん。
Mさんは自宅近くの医院(親の代からの近所づきあいで、今はかたち程度に付き合っている)で検診を受け、高血圧と言われ、何度か通っては福袋を受け取っているものの、袋の中身を口にしたことはない。
Mさんに言わせると、
「おけつが、高い!は、医者の殺し文句。降圧剤は、認知症、インポ!にするための特効薬」
(おけつ・・・とは、お血=血圧のことで、これはMさん独特の言い回し。Mさんの身近に薬に関わる仕事をしている人がいるようで・・・)
高血圧をネタに降圧剤をもって薬漬けにする行為を、Mさんは、「おけつ狩り!」と呼んでおります。
Mさん推薦の本が二冊あります。これは、事務所にも置いてあるのですが、手にする人皆、興味津々。目を皿のようにして読んでおります。特に男性は読み進めながら、ついつい股間に手を伸ばしたくなるような・・・。

一部、内容を紹介しておきます・・・。
その一冊目。岡本裕 著「9割の病気は、自分で治せる」
高血圧にふれて。
「脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞の原因になるということで、散々言われてきた、高圧症や高脂血症についても、長寿の人に高めの人がけっこういて、従来の理論を覆す現象が見られる。健康診断で血圧が高いといわれ、降圧剤を飲むようになってから体調が悪くなってしまった人もいる。

血圧が高くなるのは、細胞の隅々まで過不足なく血液を送り届けて、末端の汚れた血液を回収しようとする体の自然な営みです。高齢になり血液が細くなると、血圧が高くなるのは当然で、それを薬で無理矢理下げようというのですから、体だって悲鳴を上げてしまう。血圧を無理矢理一気に下げてしまうと、全身の血の巡りが悪くなり、酸素や栄養素が細胞の隅々まで運ばれないだけでなく、二酸化炭素などの老廃物も細胞から回収しにくくなってしまう。その結果、不眠になったり食欲が低下したりして元気がなくなり、人によっては、ボケ(認知症)症状が出てしまうことがある。

血圧が高めの人は、就寝中に足を少し高くして寝たり、足首を上下に動かしたり、あるいはふくらはぎをマッサージして、滞りやすい膝からしての血流を良くしてあげるだけでかなり改善します。また、腹式呼吸も交感神経が優位になって血管が広がるので血圧を下げる効果がある。上に血圧が180以下を保っていルようであれば降圧剤は不要。

現在、高血圧症と診断される基準は国際高血圧学会が決めたもので、日本の厚生労働省もこの基準を採用している。それによると、65歳未満は、上の血圧(収縮血圧)129以下、舌の血圧(拡張期血圧)84以下として、65歳以上は、上が139以下、下が89以下が正常で、これより高いと高血圧症と診断されてしまいます」
そして、二冊目。ロバート・メンデルソン 著 弓場 隆(訳)「こうして医者は嘘をつく」
メンデルソンは、降圧剤について、

「それほど危険でない治療法で十分な効果をあげられる病気に対しても、多くの新薬が開発され処方されている。降圧剤が開発されたときも、それまでこの種の薬がなかったのですぐに人気が出た。おかげで医者は高血圧症の患者に生活改善を呼びかける必要がなくなった。降圧剤の処方を書き、それを服用するように患者に指示すればいいからだ。おまけにテレビやラジオ、雑誌で製薬会社が降圧剤の宣伝をしている。医者は、高血圧症の唯一の治療法は降圧剤の服用ですと大勢の人を洗脳するばかりで、この薬の副作用については警告しようとしない。もちろん、医者は降圧剤の副作用についてよく知っている。降圧剤の副作用を抑える薬の広告が医学雑誌にいっぱい載っているからだ。降圧剤の副作用を列挙しよう。発疹じんましん 光線過敏症 めまい 胃弱 筋肉のけいれん 血管の炎症 皮膚のひりひりするような刺激 関節炎 精神障害 意識障害 集中力の欠如 ひきつけ吐き気 性欲減退 インポテンス。

ちなみに、性欲減退は、降圧剤を服用している男女両方に共通する現象だ。中年男性の間で、心理的要因ではなく降圧剤の副作用のためにインポテンスになって悩んでいる人は、かなりの数に上ると思われる。世界のどんなセックス療法をもってしても、薬物療法が引き起こす性欲減退とインポテンスを治すことができない」


酔いつぶれる前に、気になることを記しておきます。

ある田舎町に住む友人からの報告なのですが、昨年の秋口あたりから、頻繁に葬式が続いているとのこと。その友人の言によると、
「去年の10月半ばぐらいから、、やけに葬式が続いている。仕事場からほど近いところにあるOOOホールの前を通る度に、OO家葬儀・告別式と書かれた文字が目に飛び込んでくる。ここに30年以上いるが、こんなことは初めてだ・・・」
とのこと。
人工の現状分析 人口動態の特徴(国内 県内ランキング)
OO市 OO町 人口ビジョン。
「人工の変化が地域の将来に与える影響の分析。
経済・産業面での影響
環境面での影響
行政運営面での影響
公共サービス面での影響
年少人口の減少に伴う影
生産年齢人口の減少に伴う影響」
等々・・・我が町人口減少の数字の変化を確認しておくことも必要かと。


追記

安倍晋三。 大石内蔵助か多羅尾坂内か。はたまた、ミル・マスカラスか。  果たして・・・?
安倍さんは、鉄人28号かと思っておりましたが、森友狂想曲と背中合わせに聞こえてくるのは、安倍晋三・変奏(変装)曲。なのかも知れません。
それも、「性格変奏」という通好みの高度なテクニックを用いているのかも・・・。これを見分ける・・・いや、聴き感じ取るのは至難!


奇跡の金星を勝ち取った稀勢の里。次は 一番大勝負。安倍の里の出番か。

キングクリムゾン・・・「エピタフ」を聴きながら、雑魚寝です。Confusin Will be my epitaph (笑´∀`)


17040205 17040207

2017年4月 3日 (月)

田中宇氏の「大局観」で 今の日本を見れば… 

飯山一郎
2017/04/03(月) 
スキャンダル扇動
政治を大所高所から論じた正論.熟読!
田中宇の 国際ニュース解説
世界はどう動いているか
台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本
2017年3月29日   田中 宇

安倍首相が急いでトランプにすり寄ったが、どうやら安倍は、対米(軍産)従属から、軍産複合体を潰したい対トランプへの従属へと転換したようだ。

日本が、米国(軍産)から自立した外交政策をとることを最も嫌う、日本外務省など日本の軍産系の勢力が、安倍政権のスキャンダルを扇動し、安倍を辞めさせて、もっと軍産の言うことを聞く指導者とすり替え、安倍がメルケルなどと組んで米国の保護主義を批判しつつ自由貿易の重要性を提唱するような勝手な真似をさせないようにしたがっている動きの方が、緊急の問題だ。

日本のリベラル派のほとんどは、安倍憎しの観点から、ことの本質に気づかないまま、対米自立し始めた安倍を辞めさせようとする軍産系のスキャンダル扇動の動きに乗ってしまっている。

トランプを嫌うあまり、トランプ敵視の軍産の傀儡になってしまった米国のリベラル派と同じだ。

日本(や米国やイスラエルや西欧)は、左からだと転換できない。右からしか転換できない(極右になった挙句に米国覇権を崩し、多極化する)。それは以前から感じられていた。
  • 田中 宇さんは,日本の政治状況を大所高所から見ている.
  • そうした確かな大局観で,安倍晋三の路線変更を見破った!
  • 「対米(軍産)従属から,軍産複合体を潰したい対トランプへの従属へと転換した!」
  • このことをキチンと認識している識者は,異常に少ない.
  • 日本の知識人の大半は,安倍憎しの観点から,ことの本質に気づかないまま,対米自立し始めた安倍を辞めさせようとする軍産系のスキャンダル扇動の動きに乗ってしまっている.
  • しかし!6割の日本人と投資家は,安倍首相,頑張れ!だ.
  • 国会も,安倍の自民党が過半数を占め,盤石の態勢だ.
  • アベノミクスが株価を高騰させたお陰で,3~4百兆円もの相乗効果を生み,日本の貧困化は止まった.
  • かつての日本は,小泉・竹中と,民主党の菅と野田の売国政策によって徹底的に搾取されまくり,貧困国になった.
  • 途中の第一次安倍政権は,ネオコン勢力の悪辣な攻撃で安倍晋三は神経性の下痢症を患い…,無残にも倒された.
  • だが,第二次安倍内閣は,最強の内閣になった.
  • そうして,現在,安倍晋三は,米国に何の気兼ねもせずに,プーチンのロシアとの活発な外交を展開している.
  • 安倍晋三は,欧米の反対を押し切って,プーチンと20回近くも会って,ある大構想を進めている.
  • それは,ロシアと協同して行う『ロシア極東部の経済大開発』と,それから「ホ」の問題だ.
  • 『フクイチの鎮圧は プーチンと安倍晋三がヤル!』 (記事)
  • 安倍晋三とプーチンがこれに成功すれば… (記事)
    プーチンと安倍晋三の二人は人類の救世主になる!
  • 何が何でも,二人には成功してもらわねばならない.
  • さて本日の最後は,途轍もない政治の流れを話したい.
  • こういうことだ
  • 日本国は,安倍晋三の隠れた,かつ大胆な主導によって…
  • 従来の『対米従属』から変身! 『露の同盟国』になった!
  • 安倍晋三は,米国に遠慮も会釈もなく,ロシアと超活発な外交を展開している….このことは何を意味するか?
  • プーチンが安倍晋三を強力に警護しつつ,日・露が協同して,かつてなかったような「政治」を展開してゆく!
  • そ~ゆ~コトではないのか? いや,そ~ゆ~コトなのです!
  • まあ,悠然と見守っていて下さい>皆の衆
飯山 一郎 (71)

4月3日 東電福島原発の風下から関東は一旦脱しますが、これからも関東に吹きます。

驕る者は久しからず

人生は冥土までの暇潰し
 
17040200

NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」で、上橋菜穂子(作家)と齊藤慶輔(獣医師)の対談を見て、強く印象に残ったのでブログ記事にしようと思っていた矢先、3日前に発売された世界戦略情報誌『みち』の最新号(4月1日号)に、天童竺丸さんの「上橋菜穂子が成就した「異類婚姻譚」革命」と題する記事が巻頭言を飾った。そこで、急ぎ上橋女史が登場した同インタビューを取り上げることにしよう。

最初に、天童さんは以下のように上橋女史を評した。

上橋が放った「異類婚姻譚」における第一次・第二次の革命は上橋の作品が小説としてばかりでなく、ラジオ・ドラマや漫画、アニメ、映画の原作として使われ、多くの人々が上橋の思想に触れれば触れるほど、国民意識の深いレベルに浸透していくことだろう。

天童さんの謂う「第一次・第二次の革命」とは。具体的にどのような革命を指すのかは、直接『みち』で確認していただくとして、上原の対談相手となった齊藤獣医は、まさに動物の〝心〟を知り尽くしていることか、テレビの画面を通じて伝わってきたのである。

17040203

17040204

さらに、「異をとなえる人間 止めようという努力」という斎藤の発言は、野生動物、殊に北海道に生息する猛禽類を滅亡に追いやっている、愚かな一部の人間に対する警鐘なのだが、そうした斎藤の姿勢は、プーチン・習近平・トランプ・安倍晋三というリーダーを筆頭とする、好戦派ネオコンと対峙する人たちの姿勢と重なるのだ。

17040206

その後、二人の対談が単行本となって出版された。

17040208
http://uehashi.com/blog/2017/01/switch.html

17040209



【別報】
17040201
17040202
昨日の東京新聞に載った吉永小百合の「私の十本」(8)。

2017年4月 2日 (日)

現代版アカ狩り:アメリカでは「ロシア」はタブー! 

飯山一郎
2017/04/02(日)  
日本は自由にロシア外交
米国も“昔”はこ~だった
むかしは…
SPUTNIK
トランプ氏がプーチン大統領を好きなのはなぜ?
『スプートニク』 2017年02月10日 https://sptnkne.ws/d56T
トランプ大統領は、自身とプーチン大統領を口論させようとするあらゆる試みを受け流している。

2月4日、米フォックスニュースの司会者に、プーチン大統領は殺人者だが、どうやって協力していくのかと尋ねられた時、トランプ大統領は冷静に、米国も無実な国ではないとして次のように答えた。

「米国にも多くの殺人者がいる。われわれの国が無実だと思うのか?」

(全文を読む)
  • いま,アメリカでは,「ロシア」はタブーである.
  • 「ロシア」や「プーチン」と関係のあった人間が,「制裁国に加担したという容疑」で,片っ端から制裁を受けている.
  • トランプの最側近だったマイケル・フリン氏も,「ロシアとの関係」を疑われ,FBIが取り調べ中だ.
  • トランプ大統領の娘婿のクシュナーも,「米国の制裁対象であるロシア対外経済銀行(VEB)頭取と面会していた」との「容疑」で,上院情報特別委員会の調査対象になった.(記事)
  • そして,なんと,トランプ大統領本人でさえもが,昔のような「プーチン礼賛」が絶対に許されない状況に今のアメリカはなっている.
  • いっぽう…
  • 日本は米国に気がねせず,自由きままなロシア外交!
  • 安倍首相の「極東を一変させる大規模計画!」 とか.(記事)
  • さらに安倍首相は,「自分とプーチン大統領は日露には関係発展の無限の可能性があると考える」(記事)とまで述べた.
  • とまれ,安倍晋三とプーチンは,『何か』を企んでいる.
  • 『何か』とは,いったい何か? それは追々分かる.
  • 希望をもって待っていて猪~大寝!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

4月2日  スイス放射能拡散予報。関東はまだ東電福島原発の風下になっています(リアルタイムアメダスも同様) 月曜日の昼ごろまで要注意。

2017年4月 1日 (土)

プーチン大統領が安倍首相を徹底的に応援! 

飯山一郎
2017/04/01(土)  
全面的な援護射撃!なぜ?
プーチンと安倍晋三の壮大な構想が…
文字
SPUTNIK
現在の日本の政界には安倍氏と並ぶ人物はいません
『スプートニク』 2017年03月31日 https://sptnkne.ws/dXam
安倍晋三氏はやはり非凡な人物で、現在の日本の政界には彼と並ぶ人物はいません。
彼がいったん親ロシア路線をとったのであれば、それを最後まで完遂するでしょう。
彼はワシントンの大声での制止さえも、G7の不満さえも無視しています。
  • 日本の首相が,海外の首脳やメディアからこれほど誉められた例は,かつてなかった.
  • (きょうはエイプリルフールだが,上の記事は本当の話だ)
  • 『スプートニク』はプーチン大統領直属のメディアなので…
  • 上の記事には,プーチン大統領の本音・本心が出ている.
  • しかし,なぜプーチン大統領は,こんなにも安倍首相を全面的,かつ徹底的に援護し,応援しているのか?
  • プーチン大統領とロシア国にとって,安倍晋三という政治家が絶対に必要!ということもある.(例えばシベリア開発).
  • だが,それだけではないだろう.安倍首相は政府を挙げて,シベリアと北方四島開発に全面的に協力しているし….
  • プーチンの全面的な安倍援護の核心は,じつは,別にある.
  • そして「核心」は,二つある.
  • ひとつは,プーチンと安倍晋三の共通の強敵との闘いだ.
  • 「強敵」とは,米国の軍産体制の先鋭部隊CIAネオコンだ.
  • CIAネオコンは今回,「森友疑惑」をデッチ上げ,朝日や菅野完,籠池らを使って安倍晋三ツブシを企んだ.
  • が,安倍晋三陣営は,ネオコンのハッタリ攻撃を撃退した.
  • しかしCIAネオコンは,より強力な第2撃の謀略を準備中だ.
  • いっぽう,ロシアでも,CIAネオコンは攻撃を開始! (記事)
  • 先ずは,民衆の不満と鬱憤を煽りまくって大騒動を起こし…
  • 国家元首を辞任させ,CIAネオコンの傀儡政権に替える.
  • そうして,その国の国富を売国政権に貢がせ,丸ごと頂く!
  • これが米国軍産体制・CIAネオコンの生き残り策なのだ.
  • そういった悪辣極まるCIAネオコンこそが,『共通の敵』.
  • ふたつめの「核心」は…
  • 『フクイチの鎮圧は プーチンと安倍晋三がヤル!』 (記事)
  • 安倍晋三とプーチンがこれに成功すれば… (記事)
    プーチンと安倍晋三の二人は人類の救世主になる!
  • だっから何が何でも! 二人には成功してもらわなくては!!
  • 二人の成功を祈りながら元気に生きていくべ!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

常磐線、小高-浪江が再開=避難解除に合わせ-JR東|ニフティニュース

マキアヴェリの周辺 

人生は冥土までの暇潰し
 
17040103

自宅の書架にある『世界の名著』(中央公論社)の一冊に、『マキアヴェリ』がある。巻末に発行日が昭和41年(1966年)とあるから、今から半世紀以上も前の本だ。現在、この『マキアヴェリ』を柴錬三国志とともに、毎晩少しずつ読み進めているが、昨夜、同書に挟まれていた小冊に何気なく目を通したところ、ナント開高健がマキアヴェリについて、会田雄次と対談している記事であることを知った。

その開高健だが、かつて『週刊プレイボーイ』に人生相談が1966年に登場、亀さんが特に気に入ってるのが、今東光の「極道辻説法」、柴田錬三郎の「円月説法」、そして開高健の「風に訊け」なのだ(「男が興奮する人生相談」)。

17040102

現在、掲示板「放知技」の「飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -24-」で、展開されている大転換期というテーマを念頭に、会田雄次と開高健の対談記事を読み比べてみるのも一興である。

マキアヴェリの周辺

17040101

〈対談〉
開高 健(作家)
会田 雄次(『世界の名著』第16巻責任編集)

乱世の小貴族
開高 歴史上の英雄、偉人といわれる人は、やせた小男が多いですね〔笑)、ナポレオン、ヒトラー、秀吉……。見かけによらず精力的で、しぶとくて、嫉妬心があって、陰険で、大男の肥満漢にあるとぼけたところがない。
会田 マキアヴェリも、やせた男だったでしょう。上から見おろすのと、下から見あげて謀反を企てるのとの違い、騎馬民族と農耕民族との相違でしょう。ナポレオンの小心さにも共礎したところがありますね。『君主論』を書いた背後にも、偉くなりたい、自分をもっと使ってみろという気持があったと思うんです。
開高 マキアヴェリの生まれや育ちは、どうだったんですか。
会田 貴族の生まれですけれど、イタリアには貴族が多くて、マキアヴニリのばあいは日本の侍程度ですよ。
開高 いわば旗本みたいなところですか。
会田 三十石、百石といった御家人というところでし、う。マキアヴェリの息子が安物だったんです、事業をしても失敗ばかりして、だから最後はちょっと悲惨だったのではないですか。マキアヴェリのお父さんは当時一流の人文主義者と交際のあったなかなかの教養人でした。お母さんのほうも家柄はよくて、詩人で、お父さんに劣らず知性豊かな人だったらしいですね。
開高 サマセット・モームの小説に、マキアヴェリを主人公にした『昔も今も』というのがありますね。僕は昔から愛読しているんです。あの小説ですと、マキアヴェリは夫人に「おまえはいい女房だ、いい女房だ」とばかり言っていて、夫人のほうは夫人のほうで、マキアヴェリの浮気やら好色ぶりをよく知っていながら知らんふりしている。そして台所でいそいそとひばりの料理など作っている。マキアヴニリ自身には凶悪無惨なボルジアという独裁者が迫ってきて、フィレンツユをつぶしにかかろうと構えている。それを徒手空拳舌先三寸でまるめこみに、マキアヴェリは出かけ、そうしてだましたりだまされたりしながら、一方ではつまらない女を好きになって言い寄るものの、いいかげんにあしらわれて、いっこうに首尾が果たせたい。ボルジアのほうは、うまい具合にまるめこんだけれども、女のほうだけはいかんともしがたくて、あげくの果てに、自分がばかにしていたお供の青年にしてやられて、子供までつくられる。しかし、フィレンツェは無事だったと家に帰ってくる。それで、おれもちょっと政治生活に退屈したといって、楽しみのために小説を書いてみようかと思うのだよ、ひばりの料理を食べながらね(笑)。考えてみれば、このひばりも気の毒なもので、さんざん歌ったあとで食われてしまうんだなというようなことを言うと、夫人が横から、あなたの心に通ずる道は胃袋を通っているんですからねとかなんとか言う。友だちはそのマキアヴニリの希望を聞いて、とびあがって驚いて、自分の楽しみのために小説を書くなど、批評家にどんなことを言われるかわからない。するとマキアヴェリはひばりを食いながらせせら笑って、あの連中は、いつも楽しんだあとで文句を言うのが商売なんだ。古来自分の楽しみのため以外に書かれた傑作ってあるか。ベトロニウスの『サチュリコン』がなんのために書かれたか、よく考えてみろ。いい例ではないか。おれは小説を書くんだ――というので、そこで幕切れになっていますね。結局マキアヴェリ自身がマキアヴェリズムにやられてしまうという通俗的な皮肉もたいへん気がきいているし、僕はやはり非常に成熟した知性を感じますね。モーム独特の目が生きているわけで、政治小説の出色の作のひとつだと思うんです。日本の現代文学のなかで政治小説ということを考えると、すぐにコミュニズムとの対決、敗北、その挫折、誠実な良心の追求というようなことしかしませんけれど、僕はああいう政治小説が出てくるようになれば、そういう社会はかなり成熟したものだと思いますね。
会田 そう、それだったら日本もかなり成熟した社会になりましたね。当時のイタリアといえば、すでに成熟しきった社会だったわけで、そうした目から見たら、イギリス人にしてもフラソス人にしても、わけのわからない宗教だとかイデオロギーをかついでいる猿にしか思えなかったでしょう。その点マキアヴェリはすっかり見抜いていたはずですよ。
開高 『昔も今も』では、非常に頭のよい、口先の達者な、手練手管にたけた、中年のけちんぼの好色漢、まあ男としての要素を全部備えている…(笑)。
会田 だからマキアヴェリは思想家として、あるいはドイツ、日本、つまり後進国流にいえば、道徳家、思想家としては安物だと解釈されるわけですよ。小、中学校程度の道徳思想で武装している人がそう思うのは当然でしょうが、イタリア人にとってはばかばかしいでしょうね、それは。
開高 至誠天に通ずるなどということは、けっして言わないですね。「道」を追究するという日本人の倫理意識には、いつも政治と道徳を一体化しようとするものがあって、だからユーモアが出てこない。
会田 マキアヴェリにある偽悪家的な性格にも、ルネサンス時代の、古い道徳意識に反抗しているマキアヴェリの姿勢があったからで、天然自然にそこまで成熟した、りっぱな男とも思えませんね。
開高 僕は偽善者というのは、ある意味で尊敬するときがありますね。なぜかというと、偽善というのは、つねに気を張っていなければつとまらない感情生活ですからね。これはつらいことだと思います。おそらく偽悪も同じことでしょう。使うエネルギーは同じで、ただ方向が違うだけだと思うんです。偽善にもならず、偽悪にもならず、小心翼々とした人物たちが、偉大な偽善者、偉大な偽悪者を描いてみようとか、筆の先に引っかけてみようとすると、これはつらいことですね。
会田 しかしマキアヴュリはおもしろいことに、偽善に徹した人間は尊敬してますね。ところがぼろを出すものだから怒る。偽悪者に対しても。どっちつかずをルネサンス人は軽蔑します。でも、善と知りつつ善をなさず、悪と知りつつ悪をなさない、これをいちばん軽蔑する。
開高 常住坐臥、全身目にしていなければならないわけですから、これはたまらない。
会田 ですからウェルナーという傭兵隊長が自分の胸甲に、「神、慈悲、憐欄の敵」と刻ませていたのも、そうしないと自分がささえきれたかったからだと思いますよ。

政治の芸術化
開高 当時の人民は、政治や政治家をどう見ていたんですか。
会田 将来を見通している政治家もいないし、はっきりした指導理念があるわけではないし、権力闘争に明け暮れていたわけですから、ばかにしていたでしょう。そのかわり政治に対する批判は、寸鉄人を刺すようなことばで、なかなか辛辣ですよ。しかし、それをひっくり返すまでにはならない。操縦するほうが、まだまだうわ手だったからでしょうね。
開高 そうすると、政治を道徳のひとつの形と考えないで、一種の技術、また芸術というように見ていたわけですか。
会田 それをマキアヴェリがとくに打ち出したんですね。政治と技術というよりも、ひとつの道徳や宗教から完全に独立した政治の世界だと考えますからね。世の中の常識や道徳から見れば、これ以上、上の人はないというような人が見事に失敗する。それから、非常に悪辣無惨で、こんな悪人はないというのがちゃんと君主になっておさまっている。あるいは、これは絶対信頼していいと思っていた男が、主人を裏切って殺してしまう。そうしたことをマキアヴュリは見ているんで、哲学だとか、道徳だとか、宗教だとか、そうしたものとは違った法則のようなものがあるだろう、それを見抜くぞ、見抜けたぞという自負があったのではないかと思いますね。もっともはっきりした理論体系とか、世界観の体系にまではいかない、見抜いたという感じね。命をかけて、相手と弁舌でやりとりする。マキアヴュリのうしろにはフィレンツェの興廃がかかっているんですから、じつに楽しかったでしょうね。
開高 革命家の生きがいはこれと同じでしょうね。平和になったらボヤッとしてしまいますよ。
会田 ところがマキアヴェリのかわいそうなのは、まだまだ能力があると思っていたのに、ボルジアが死んでしまって、自分を知ってくれる者はいなくなる、そして、まわりには安物の君主ばかり。しかも、その君主ですら自分を使ってくれない、呆然としたところがありますね。マキアヴュリ自身も知っていたのではないでしょうか、『君主論』がむなしい叫びのようなものであるということを。
開高 それはどういうことですか。マキアヴェリがやはり両刃の剣として恐れられていたからなのでしょうか。つまり、味方として使っている分にはいいけれど、その鋭さは、同時に敵にまわしたらこっちに切ってかかってくるものだという……。使いこなせなかったということですか。
会田 そうでしょうね。もうすこし使いこなせる者がいたらよかったのでしょうが、とほうもない人間ですから使い誤れば自分より上になりますからね。大ロレンツォぐらいだったら使いこなせたかもしれないでしょうけれど。
開高 さっき、当時の人民の、政治や政治家に対する話が出ましたが、マキアヴェリは人民というものをどう考えていたんでしょうね。
会田 これはちょっとむずかしい。共和主義者だという人と、君主政論者だという入と、人民に愛情をもっていたというのと、軽蔑していたという意見がありますからね。やはり矛盾していたのではないでしょうか。接していて、かわいくてしようがないというときと、この愚か者という憎しみとがあって、そのどちらともいえない。私利私欲にばかりとらわれている者にも腹が立つ。しかしそうばかにしていると、なんか偉い、こわいもので、力もあるし、民衆の英知のようなものも感じられて、どこか始末に困ったところがあったでしょうね。だからこの得体の知れない民衆をどうしようかというところが、楽しかったのではありませんか。この民衆というものの実体、むしろこれは開高さんから逆にお聞きしたいな。開高さんの『日本も三文オペラ』のように、たくましくて、どんなときでも生きていって、戦争になったら、平気で死んだ人問の死骸を剥いで、もうける。戦争になったら非常によろこんだ民衆がいたこともたしかですね。
開高 これはE・H・カーの『カール・マルクス』の結びの文句で、僕は忘れられないんですが、こう言っているんです。つまり、集団化の革命の時代を開いたのはマルクスだった。マルクスがはじめて集団というものを発見した。しかし、人間のなかには個別化の衝動というものがあって、これはすでに天性である。この個別化の革命が次にくるのだけれども、これに対しては、まだだれもなんの処方箋も書いていない、という意味のことです。それ以来これはずっと謎として残されているんですね。マキアヴュリの時代というのは個人の時代であって、集団というものはまだ発見されていなかったというのが、いちおうの通説ですね。しかし僕は、さっき会田さんがおっしゃったように、マキアヴニリは人民を一面ではたいへんに恐れていたと思いますけど。
会田 恐れていますね。プルクハルトが、ルネサンス時代は近代の雛形で、全部近代の実験例があると言ってます。といいますのは、ルネサソスの初期に、フィレンツェにチオソピの乱というのがあって、これはエソゲルスが最初のプロレタリア革命みたいなものだと言っているくらいで、ルンペン・プロレタリアと組織労働者とによる革命です。しかし惨憺たる失敗に終わった。なぜかというと、労働者のエゴイズム、それと原料を買うのも売るのも大商人のはずなのに、それを排除してしまった、つまり経営不在になったためですよ。マキアヴェリはそれを歴史上追体験していますから、人民を恐れていると同時に、これではいけないということもわかっていた。
開高 人民を決定的な要素として感じていたんでしょうね。
会田 かなり感じていると思いますよ。人心を掌握するということがいちばん大事だといっています。
開高 そのためには手段も選ばない。
会田 とにかく掌握しなければならない。それはしかし、おだてることも必要だし、なぐることも必要だし……。
開高 こっちの頭を切ったら、こっちの頭がとび出すという、ヒドラみたいな怪物のようには感じていなかったですか。
会田 それは当然でしょうね.だからそれをうわまわる、征服する。統御する力量が必要になる。知恵が要るわけですよ。それを自分はもっているんだというようなところがあったのではないでしょうか。だからそれがうまくいったときはおもしろい。当時の政治家には、混乱が多いほどおもしろがるというような、へんなところもありますからね。あまり簡単にいってしまったのでは楽しくないのですよ。大人物にぶつかるほど、その楽しみがふえる。
開高 大勝負ですからね。
会田 身ぶるいしたでしょう、恐怖と楽しさが入り混じっている。あのころは命があったら拾いものだという気がありますからね。チェリーニが言っているように、ちょっと散歩に行って、けんかして七人殺してきましたというような世界なんですから(笑)、われわれには想像できない世界ですよ。
開高 マイホーム時代にはなかなかわからないが、乱世になるとよくわかる。
会田 だからマキアヴェリのわかる人はマイホームでなしに…。
開高 治にいて乱を求むる人ですね。
会田 矛盾だらけの人間ですよ。
開高 やはり、芸術家といったらすこしあまい呼び方になりますが、芸術家にも非常に悪魔的な芸術家もいますから、そうした意味では、マキアヴェリも天性芸術家ですね。芸術家は博奕打ちみたいなもんですから、そういう人物は、ああした混沌期でないと、生きている気がしないのでしょうね。

力の政治と組織の政治
会田
 マキアヴェリは、組織の力を見抜けなかったのですね。イタリアがフランスから攻められたとき、ひとたまりもなくやられてしまう。マキアヴェリはそれを見て、どんな偉い人間がその軍隊を組織しているのかと思ったでしょう。ところがその廷臣団というのが、ぶよぶよの坊主ばかりで、コンサルタントにもたいした人物がいるわけでもない。それではシャルル八世とはよほどの人間だろうと想像していたら、これが二十四歳、まったく自分では決断のできない、猫背の神経質な男なんですね。こんなぶよぶよの廷臣団と、こんな男が軍隊を組織してどうしてこんな大軍団で遠征してこられたのか、マキアヴェリにはわからないんです。それは組織の力なんですね、絶対主義の。ところがそれが見抜けなかった。マキアヴェリは、むしろイタリアにはシャルル八世よりもはるかに偉い人物がいる。あんなできの悪い人間でも、こんな力を発揮するのだったら、もっとりっぱな君主を置くことによってどんなことでもできるのではないかと思ったのではないでLようかね。その点でしたら、同時代の歴史家だったグィッチャルディーニのほうが上だと思います。マキアヴュリの友人ですが、位置はマキアヴェリよりもちょっと高かったから、組織まで見破れる場所に遭遇できた。この点、マキアヴュリには能力がありながらチャンスがなかったわけで、かわいそうなところですよ。
開高 会田さん、かりにボルジアがイタリアを統一していたらイタリア人民はどうなっていたでしょうか。
会田 マキアヴニリの立場からいえば、よかったでしょう、その瞬間は人民も苦しかったでしょうが。
開高 話がすこし飛びますけれど、全体制、独裁制のことですが、秦の始皇帝はどうして万里の長城を作ったかということを、小説のような形で書いたんですがね。僕の野心では、現代の全体主義と相呼応するひとつの寓話みたいな形で……。そのときはまだ僕も道徳主義、センチメンタリズムがおおいにありましてね。それで始皇帝を悪の革命家みたいに扱ったんです。それから北京へ行ったとき、北京の歴史博物館を見て歩いていると、長い髭をはやした始皇帝が、大きな額におさまって、麗々しくかかげてあった。博物館の館長がいろいろ説明してくれたんですが、その説明がすべて唯物史観の階級闘争論で、納得しきれないものが多い。まあそれはいいとして、始皇帝をこんなにりっぱにかかげてあるが、僕はじつは始皇帝を小説に書いて、ヒトラーも及ばぬくらいの悪玉で、全体主義の大親玉である……というようなことを言った。そうしたら、その館長はにこにこ笑って聞いてましたが、中国では始皇帝の評価はまだ決まっていませんと言う。六年ほど前の話ですよ。悪の親玉だということはわかりますし、認めますが、同時に彼は中国史上はじめて全国統一をした政治家だった。それは中国にとって貴重なものなんだと言うんです。全国統一することは、あの膨大な大陸では、政治家の最上の美徳なんですね。それで、いかなる善政を施そうとも、全土を統一しなければだめなんだという価値観があるらしい。日本のばあいは、とっくの昔にすんでしまっていて、内戦の苦悩というものを経てきていない。兄弟殺しだとか、国内分裂の闘争のね。それでその苦悩というものは、これはなににもまさる悪なんだという意識は全然ない。純潔なんです。単一民族がひとつの政府をひっくり返してやろうか、もちこたえてやろうかという発想法だけなんです。ところがあの大陸にはごく近世まで、帝国が無数にあった。そのときになって僕は、中国史の苦悩の一端にやっと触れたような気がしました。イタリアのばあいは言語、文物、尺度が同じだったのでしょうから、ボルジアの統一を始皇帝の中国統一とは比べられないでしょうが、悪政を行なったとしても、統一は果たせたのではないかと思います。そうしたら汚名からまぬがれていくところが多かったのではないでしょうかね。

鳩と蛇の教訓
会田
 ところが日本は島国で、ちょうど大きさが統一指向的で、努力しなくても統一ができた。統一というものが、どんなに必要であり、正裏なことか、日本人には全然わからない。マキヴュアリには、ボルジアだろうがなんだろうが、ここで統一しなければ、イタリアはめちゃくちゃになるだろうという見通しが十分あったわけです。この点は民衆にはわかりませんから、生活のほうばかりを大事にしている。そんなとき、この統一のためなら、もうなにをやってもよろしい。統一が最大のもの、唯一無二で、ほかの価値はまったく下だという、これがわからないのかというくやしさがあったのではないか。また、現実に統一できなかったからこそ、あとでイタリアは悲惨なことになってしまいますね。そうしたことがわからずに、ただ、道徳主義だけによってマキアヴニリをかたづけることは、たいへん一面的で危険なことですよ。僕は、マキアヴェリというのは、いわば昔の人で、毒されていないところがあるでしょう、へんな体系主義ということからまぬがれています。ですからそれは、もう一度マキアヴニリを回復してほしいのですよ。現代はニュートン物理学の時代と違って、相対性の時代なんですから、精神科学だけがニュートン哲学みたいな真理を追いかけていたのでは、どうにもならない。マキアヴニリの相対主義の上に立って……そして腰をすえてほしいと思いますね。
開高 そうね、マキアヴェリから得る教訓を、現代式に当てはめることばでむりやりに当ててみれば、鳩のごとくやさしく、蛇のごとく聡かれというほかないでしょうね。
会田 日本は、どっちかに徹する顔をしたがるからいけないですよ。極端にいえば、毒を全身に受けよということですね。
開高 無菌培養ばかりしていたら、人間はますます弱くなってしまいますからね。

(昭和四十一年九月二十八日 虎の門「福田家」にて)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ