« 人馬一体  | トップページ | 正面衝突での交通死亡事故の多さ⇒ »

2017年2月28日 (火)

野崎晃市博士の『文殊菩薩』は,知の宝庫

飯山一郎
2017/02/28(火)  
金正男暗殺?事件の「鍵」
死体なしの暗殺?事件の何気ないウラ話
知の宝庫
トランプ政権は北朝鮮との協議を準備中だった

Nkche
北朝鮮米国担当女性外交官の崔善姫

日本の金正男暗殺関連報道では3月にもアメリカが北朝鮮に攻撃を加える計画があったなどと一部で報道されているが、一方でワシントン・ポストはトランプ政権が北朝鮮との協議を準備中だったと報道した。 (記事の全文を読む)
  • 飯山一郎関連のサイトは,『てげてげ』 『文殊菩薩』 『放知技』 『里子のブログ』と四つある.どれもアクセス数が多い.
  • きのこのブログ』も「飯山関連だろ?」と言われるが…,アレは外様大名,つーか,小うるさい小姑(こじゅうと)みたいなもんだ.
  • それで…,最も秀逸なのは『文殊菩薩』.このサイトは,野崎晃市博士の知性の宝庫だ.
  • 飯山一郎は,まぁ物知り爺さんだが,「知性」はイマイチ.
  • 「知性」とは,ものごとの表面的な現象を言挙げして騒ぐのではなく…,社会現象,政治現象のウラの,そのまた奥にあるだろう根源・根元(ねもと)を洞察し,見透かす能力のことだ.
  • たとえば,野崎晃市博士の『文殊菩薩』の文章を読めば…,「金正男暗殺?事件」の根源・根元が見えてくる.
  • 「金正男暗殺?事件」は,死体がない!金正男が死んだという証拠がない.死んだのは「金 哲(キム チョル)とマレーシア当局が一貫して述べている.「犯人は北朝鮮だ!」と,マスコミは伝聞証拠だけで決めつけている.などなど,事件の真相が隠蔽工作のためか,全く見えない.
  • ところが! 野崎晃市博士の『文殊菩薩』の文章を読めば,見えてくる.ま,読んでみて下さい.>皆の衆

「トランプ政権は北朝鮮との協議を準備中だった」というのは,ワシントン・ポストが書いたとおりだろう.

『スプートニク』も書いている.
「北朝鮮高官と米国の元当局者との交渉が流れた事が分かった。
米国務省は、北朝鮮の崔善姫(Choe Son Hui)北米局長にビザを発給しなかった。」 と. (記事)

よ~するに,『トランプ政権と北朝鮮の和解』を,何が何でも,絶対に阻止したかった!というネオコン戦争屋が画策した事件.

それが今回の「金正男暗殺?騒動」だったワケだ.
飯山 一郎(71)

« 人馬一体  | トップページ | 正面衝突での交通死亡事故の多さ⇒ »

飯山一郎」カテゴリの記事

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ