« 高浜原発 工事用クレーン倒れ、建屋に… | トップページ | 全力を尽し合衆国憲法を維持、保護、擁護する!  »

2017年1月21日 (土)

片道切符 

人生は冥土までの暇潰し
片道切符    [2017/01/21 08:00]
トランプ新大統領か誕生した。米国内の戦争屋vs.反戦争屋という、二大勢力による鍔迫り合いで、一時はどうなるかと思っていたんだが、「きょうの大統領就任式は無事に済みそうだ」という記事にもある通り、どうやら勝負は決したようだ。ちなみに、以下はトランプ新大統領の就任演説内容(英文)である。日本の大手マスコミがどのように翻訳したのか、後に比較検討させていただこう。
トランプ新大統領の就任演説全文(英語)

次に、掲示板「放知技」で告知されていたように、近く志布志市で「勉強会」が開催される。そのあたりをPDFに纏めてみたので、参照していただきたい。

1月18日(水)、下甑島(しもこしきじま)で楠木正成家の墓守りを代々務める和田家の総代が、グルンパ運動家の飯山一郎氏に電話、「元日本郵便副会長の稲村公望先生をお呼びし、古代から中世にかけての日本の歴史について、語り合う勉強会を今春あたり志布志市で開催して欲しい」という内容だったという(具体的な日時および場所は未定)。さらに総代は電話口で、「菊の御紋を家紋とする和田家の秘話を勉強会で披露する。それにより、南北朝の争いの謎、天皇家の金塊の謎等も全て明らかにする」と飯山氏に語った…
http://www.nextftp.com/tamailab/etc/study session in 2017.pdf


さて、TVドラマ「あんどーなつ」第8話に筆を進めよう。テーマは「巣立ち」である。魚屋の息子・河島憲司(五十嵐隼士)は、アメリカに留学して特殊メイクを学びたいと夢見ていた。しかし、魚屋を継いで欲しいとする父親(金田明夫)と意見が対立。そんな時、父親が事故で足の大怪我を負う。憲司は留学を諦めて店を継ごうとするが、意外にも父親が見せた態度は…

17012101
「行け」と、憲司の背中を押す父親

17012102
店を継ぐと固辞する憲司

17012103
成り行きを心配そうに見守る奈津

17012104
「お前の覚悟とは、そんな程度のものだったのか」と、一括する父親

17012105
ついに、アメリカ行きを決意する憲司


「悔いの残らないように、失敗しても良いから、やりたいことをやれ」と、亀さんは息子たちに常日頃から言っている。二十代は何でも見てやろう、何でもやってやろうという気持ちで過ごして欲しいと、心から思っているのだ。どのような人生を生きようと、所詮、人生は片道切符なのだから…。

あんどーなつ 第8話

« 高浜原発 工事用クレーン倒れ、建屋に… | トップページ | 全力を尽し合衆国憲法を維持、保護、擁護する!  »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ