« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

マスコミに総攻撃されてる爺ちゃん(70)が… 

飯山一郎
2017/01/31(火)  
ツイッター使って猛反撃!
アメリカのマスコミは,大統領選挙のときから,悪どいトランプ攻撃を徹底して行ってきた.

ソレは今も続いている.正当な選挙で当選した大統領を,なんとしても引きずりおろそう!と,従来の支配層はマスコミを使って必死のトランプ攻撃.

しかし! カカシのよ~に突っ立ってばかりのトランプ爺さん(70)ではなかった.

「アメリカのマスコミは,ウソばかり書いている!」 と,爺さん(70)は,ツイッターやフェースブックを使って,猛反撃!

コレが功を奏して…,「本当だ.マスコミは1%の富裕な支配者の広報誌だ!アメリカはトランプに変えてもらおう!」という草の根貧困層は,トランプを大統領にしてしまったのである.

そ~して,トランプ爺さんは,今でも(マスコミは相手にせずに)ツイッターやフェースブックを使って,国民に対する直接的なメッセージを発信し続けている.

昨日,トランプ爺さんはこう豪語した.

「近い将来自身のツィッター,FacebookなどSNSのフォロワーの数は5千万人を突破するだろう!」 (記事)

これは,「牛~マスコミなんてウソつきメディアは要らない!」 と言うに等しい.

そんなことより,大統領就任式当日から仕事を始めたトランプ爺さんは,電光石火の大統領令を連発!選挙公約を着実に実行に移している.

これを評価した投資機関や投資家たちは,NYダウを2万ドルの大台に押し上げた.

大統領就任式でトランプはこう宣言した.
「今までのアメリカは,金持ち層だけが儲け続け,多くの国民は失業や貧困にあえいできた.だが今日からは違う.米政府はあなたたち米国民のものだ.」

このような「社会主義的な方針」も含め,米国の投資家層は,トランプがアメリカを変えていくことに支持をした…,それが「ダウ2万ドル超え!」の意味である.

駄菓子菓子.ヒラリーではなく,トランプが大統領になったことの歴史的な意味を全く解せない識者が,まだまだ多い.

今朝,『人生は冥土までの暇潰し』が,『ぐっちーさん』という「アメリカ通の知識人」や,佐高信氏のトランプ認識のお粗末さを指摘しているが…,ワシも呆れ返った.この→ 記 事 である.

なお,昨夜のNYダウは急落して2万ドルを割ったが…,
これは「上放れ後の初押し!」という絶好の買い場である.

「初押しは目をつぶって買え!」というヤツである.
ただし,買いのタイミングだが…,明日がE~!
飯山 一郎(71)

呆れたトランプ観

人生は冥土までの暇潰し
 
1月20日に行われたトランプ新大統領の就任式から、早くも十日がすぎた。その間、既存のメディアに対して“Dishonest media”(嘘つきメディア)と吠えたトランプに対して、日本の既存メディアの反応はどうだったのか? 主なメディアに載った記事を数本取り上げることで、どのような反応を日本の嘘つきメディアが見せたのか確認してみた。

■東洋経済
トランプ政権の「化けの皮」はすぐに剥がれる(ぐっちーさん)

同記事の冒頭は以下のような書き出しで始まる。

まず、その大統領就任演説ですが内容が何もない。こんな内容がない大統領演説は戦後初めてであります。まさにエンプティー(空っぽ)。一体何をやりたいのか、理念はなんなのかを一言も語ることなく、ひたすら 「アメリカ、ファースト!」を連呼しているだけではありませんか。


この冒頭を読むだけで、記事の残りは読む必要がないほど、ぐっちーさんとやらの国際政治を見る眼力が、ゼロであることが一目瞭然だ。トランプの就任演説に接して革命という文字が浮かばない、〝識者〟とやらの記事は読むに値しないのである。

■週刊ダイヤモンド
黴菌恐怖症の新大統領ドナルド・トランプ(佐高信)

筆者の佐高信氏と言えば、ある程度は信を置いていた人物だったが、今回の同氏のトランプの記事を読むに及んで、あまりにも同氏の国際政治観の底の浅さ、トンチンカンぶりには呆れ返る他はなかった。そのあたりは、以下の冒頭の一行を読むだけで分かる。

やはりトランプは引いてはいけないジョーカーだった。


冒頭以降の記事に目を通しても、世界のメガトレンド(大潮流)が、あの佐高信氏に全く見えていないのは残念であった。

また、あの北野幸伯氏が同誌に連載記事を書いているんだが、以下のトランプについての記述には嗤った。

 恋人が自分よりスキーがうまいのが、我慢できない!その後の態度は、まるで子どものようだ。日本は、こういうトランプの特徴を知り、うまく付き合うべきだ。安倍総理はトまた、ランプに会ったら、「私も日本国民も、米国が世界のリーダーで居続けることを望んでいます」と言おう。トランプは、きっと喜ぶだろう。
トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか


何故、亀さんが北野氏の記事を嗤ったかという説明は、分かる人には分かるだろうから割愛させていただく。

■週刊現代
トランプはかくも賢く、計算高い! メディアが知らない「真の実力」(高橋洋一)

高橋洋一氏と言えば、亀さんが敬愛するブログ「世相を斬る」の開設者、あいば達也に徹底的にこきおろされている(「●幻想、経済成長信仰の学者、藁にしがみつく濡れネズミ」参照)人物で、いわゆる、〝既得権益の枠内でしか、論を展開できない有識者紛いの連中〟の一人として、バッサリ切り捨てられている御仁だ。その高橋氏が、TPPで安倍晋三のメンツを潰したトランプを持ち上げる記事を書いているので、おやおやと思って同氏の記事を読み始めた次第…(嗤)。

記事内容は各自確認していただくとして、何故に高橋氏はトランプのことを悪く書かないのかと愚考するに、トランプの太鼓持ちになろうとしている安倍晋三は、高橋氏にとっての〝客〟だ。つまり、トランプの太鼓持ちである安倍晋三の、そのまた太鼓持ちが高橋氏ということになる。だから、当然ながらトランプの悪口書くわけにはいかないのである(爆)。

それはともかく、サーッと同氏の記事に目を通してみたが、エコノミスト屋さんらしく、経済の観点でトランプを語るのみで、国際政治のダイナミズムについては、全くの明き盲であることが良く分かって収穫であった。

JBpress(日本ビジネスプレス)
世界がまもなく直面する史上最大のリスク(渡部悦和)

同記事の冒頭では、トランプのツイッターを取り上げている。

ジョー・バイデン米国副大統領は、2016年11月8日の大統領選挙の勝利以降もツイッターを使い問題の多い情報発信を繰り返すドナルド・トランプ次期大統領に対して「ドナルド、大人になりなさい」と諌めた。世界中の多くの人たちも同じ思いであろう。

何故、トランプがツイッターで情報発信をしているのか、もう分かっている人には分かっていると思うので割愛するが、同記事もネオコンといった、グローバリズムの太鼓持ち的な記事の代表例と言えよう。読むに値しない。

結論として、世の中の動きを正確に捉えるには、「スプートニク」、そして、トランプの「ツイッター」を中心に追って行くのがベストということになる。
17012501

それから、掲示板「放知技」も本物の情報を提供しているので、必読だ。ただし、詐欺師・工作員・アラシがウジ虫の如く湧くので、その点は我慢していただきたい(爆)。

17013102
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16010080/347/

<マラソン大会>完走の33歳男性死亡 最後の見回りで発見(毎日新聞)



孤高のリアリズム 

人生は冥土までの暇潰し
 
17013003
アルバイシンの男 ~ミゲールの像~

1月22日(日)に放送されたNHKの「日曜美術館」で、「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌(としまやすまさ)孤高のリアリズム」という番組を放送していた。「日曜美術館」は美術好きな息子たちのため、毎週欠かさず録画しているのだが、今回は何となく気になったので亀さんも同番組を覗いてみた。そして、番組を見ているうちに戸嶋靖昌の人物に惹かれていく自分がいた…。

17013005
左から二人目の白髪の男性が戸嶋靖昌、その隣で帽子を被っているのは俳優の奥田瑛二

拙稿「イチローズ」にも書いたことだが、若い頃の亀さんは漫画家を志していたほどであり、十代の頃にロンドンで生活していた時、仕事がない日や学校が休校の日は、決まって市内見学や美術館通いをしていたものである。それだけ美術には深い関心があったのだ。なぜなら、「イチローズ」にも書いたことだが、亀さんの母方の祖父は紋章上絵師、その息子(叔父)も紋章上絵師だったし、亀さんも小学生二年生の時、市が主催する展示会で入選して以来、さまざまな催しで入賞を果たしているのだ。

17013006

さて、戸嶋靖昌の番組が放送から一週間以上も経過した今日、ふと思いついてネットで確認したところ、『孤高のリアリズム』(執行草舟著 講談社エディトリアル)という題名で、戸嶋靖昌についての本が出版されていることを知った。アマゾンで同書を読んだという読者のコメントに目を通してみて、少々高いものの同書の購入を決めたんだが、アマゾンでは品切れ…。それならと紀伊國屋にアクセスしてみたんだが、紀伊國屋でも取り寄せとのこと。一刻も早く目を通したかったので、急ぎヨドバシカメラにアクセスしたところ、幸い在庫があったので即注文した。明日届くというので今から楽しみである。

ところで、アマゾンのコメントで特に目を引いたのが以下のコメントだ。同コメントを読みながら、咄嗟に思い出したのが飯山一郎さんの「手洗い」である。飯山さんのHPに書いてあったと記憶しているが、トレイの後は手を洗うものという世の中の常識に反して、飯山さんは「豚(トン)でもない! トイレの後は手を洗うべからず}と書いていたのだ。爾来、亀さんも家の者には、トイレの後は手を洗うべからずと言っているんだが、相手にしてもらえず、いつも嗤われている…。
17013004

京浜急行 快特 運転士居眠り運転 だんだんと表に出てきたか。怖いな


2017/01/31(火)プチニュース「(薬は誰のものか?)日本語版予告編」「安倍総理は小さい人間と改めて実感した」

健康になるためのブログ
 
 
1201701282100

プチニュース

「朝ナマ」見たが無意味である
<管理人>無意味である。
首脳会談 安倍首相がトランプに献上する“売国FTAリスト”
【社説】難民入国禁止令への抗議、トランプ政権に大打撃も
<管理人>今のところ大打撃っぽいですね。

注目ツイート










<管理人>維新は関西地方ではまだ人気みたいですが、地方では弱まってるんですかね。まあ橋下氏がいなくなって1年ですから、こうなるのが自然ですか。

気になる動画

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/170202.html
ドキュメンタリー映画『fire in the blood』は、2013年にインドで製作された作品です。監督のディラン・モハン・グレイ氏はこれまでも数々の社会派ドキュメンタリーを製作してきました。
 映画は、アフリカ諸国やインドなどでHIV/エイズに苦しむ人々の姿と、患者にとって医薬品がいかに大切で、生きる希望を与えるものかを伝えます。そして大企業の持つ医薬品の「特許権」が、こうした人々が医薬品を手にすることを阻んでいる現実―。そこには欧米諸国の政府と企業が一体となって進めてきた自由貿易推進がありました。ドキュメンタリー映画『fire in the blood』(薬は誰のものか?)日本語版予告編

懐かしの人気記事をテキスト動画で

トランプ大統領「製薬会社は殺人の罪を犯しているにもかかわらず罰せられていない」

      

>

トランプとプーチンの初めての電話会談の内容とは

世界の裏側ニュース
トランプが大統領として初めてプーチンに電話・ISISや貿易、ウクライナなどの露米関係について会談
Putin & Trump signal new Russia-US partnership with 1st phone call on ISIS, trade & Ukraine
O0650046313857574554
1月28日【RT】

ロシアのウラジミール・プーチン大統領とアメリカのドナルド・トランプ新大統領が初めて電話で会談を行い、一時間近く続いた。その中で両大統領はイスラム国の討伐や二か国間の経済的な関係を修復するなど幅広い問題において協力し合う意志が強調された。

会談後、ロシア政府が公開した声明文によれば、「ロシア・アメリカ間で建設的で公平、そして両国にとって有益な関係を安定化、展開させることに対し、積極的に共同した努力をする準備ができていること」、そして幅広い国際的な問題について「パートナーとしての協力を構築」することを明らかにしたとされている。

一方、ホワイトハウスもこの「ポジティブな」会話は「修復の必要なアメリカとロシアの間の関係を改善する、重要な始まりでした」と述べている。

ホワイトハウスの声明文:「今日の電話の後、テロリスト問題及びその他両者に共通の問題に取り組めるよう、迅速に動いていくことをトランプ大統領およびプーチン大統領の両者が望んでいます」

ロシア政府の声明文:「(二人の)大統領は、ISISおよびシリア国内の他のテロリスト組織を撲滅するため、米露間で本物の協調関係を構築することに賛同しています」

またイスラエル・パレスチナの紛争、イランの核開発計画について議論を行った。ロシア政府は「ウクライナ危機についてもまた触れられていた」としている。

両国家間の関係の発展を「刺激する」ために経済的なつながりを回復させる必要性があると両者は言及した。そしてプーチンとトランプの両氏は、「面談実現のための可能な日程や場所について検討」するプロセスを開始することに合意。ロシア政府によると、両大統領は「定期的な面談を維持する」ことを希望していると表明したとしている。

またトランプ大統領はプーチン大統領に対して「ロシアの方々の幸福と繁栄をお祈り」しており、アメリカの国民は「ロシアとその国民の方々に暖かい気持ちを持っている」と伝えた。それに対しプーチンはそれはロシア側もアメリカに対して同様に感じており、歴史的にもこれまでロシアとアメリカは一度のみならず緊密な同盟国であったと強調した。

プーチン大統領:「二世紀以上に渡り、ロシアはアメリカ合衆国を支援してきました。二つの世界大戦の間は同盟国であり、現在はアメリカは(ロシアにとって)国際的テロリズムと戦う主要なパートナーです」

27日の金曜日、イギリスのテリーザ・メイ首相と共同説明会を開催したトランプ氏は、その場でロシアの大統領と「素晴らしい関係」を持つことを希望しているが、それが起こらない可能性もあることは理解していると話していた。

トランプ氏は以前、イスラム国(IS、ISIS/ISIL)と戦うためにロシア政府が関与して共同作業として行うことを歓迎する意志を表明していた。

トランプ氏(FOXニュース):「プーチン氏がどうお考えかわかりませんが、ロシアと一緒にやっていけたら素晴らしいことです。

ISISは本当に病んだ奴らですから、一緒になってあいつらをやっつけることができれば、ロシアにとっても、私たちにとっても望ましいことですから」

ロシア政府側はシリア国内でのロシアとアメリカの空軍の間で緊密な協力関係を構築することを提案してきたが、以前のオバマ政権はアメリカ側の懇願に対してロシアが適切に対応しなかったとして非難している。

ここ数年の間、シリア危機での分断や2016年11月のアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したという容疑の件などで二か国間の関係は完全さが損なわれていた。

ウクライナ危機を理由にアメリカがロシアに対して経済制裁を行ったことは、トランプ・プーチンの会談で話されることが期待されていた問題の一つであった。しかし二人の会談を要約したロシア政府による発表の中に、この問題は言及されていなかった。

大西洋評議会の分析センターの研究員Fabrice Pothierは、ホワイトハウス内の匿名の人物からの情報だとして、トランプ政権はロシア政府に対する制限を撤回する「大統領命令の準備ができている」と26日、ツイッター上で明らかにした。しかし翌日、トランプ氏は「その件についてはお話しするのは時期尚早」と返している。

しかし一月、ロシア政府がアメリカ政府に対して核兵器の削減など特定の問題で協力を得ることができた場合には(経済的制裁としての)制限を取り下げる可能性があるとトランプ氏は述べていた。

トランプ氏の発言(Times紙):「彼ら(オバマ政権)はロシアに制裁を設けました。私たち(トランプ政権)がロシアとよい取引ができるか見てみましょう。例えば核兵器はずっと大幅に削減されるべきだと考えていますが、それもその一部です」

トランプ氏はツイートで「ロシアと良好な関係を築くことはよいことで、悪いことではありません」とし、「愚か者」だけがそう考えないと警告を発した。

しかし先週、議会の承認がなければアメリカ大統領が経済的制限を取り下げることを不可能にする法案を、アメリカの複数の上院議員が提出している。

新政権の下のアメリカと「リセット」する見込みについて、ロシア政府は慎重な姿勢を維持している。ロシアは(両国間の関係の改善について)「考えの甘い期待」はしておらず、「幻想」は抱いていないとラブロフ外相は考えを明らかにしている。


【参考】https://www.rt.com/news/375416-putin-trump-telephone-call/


(翻訳終了)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】

トランプ大統領については、私自身はまだ様子見程度ですが、最近の一連の報道を両サイドから見ていると、現在のところ、個人的にはがっかりする内容の方が多いです。

もちろんマスコミ系の報道は、トランプ氏の発言の一部などだけを取り上げたり、あるいは一部の情報だけを提示するなどして、事実を大きく歪曲して悪い印象を与えていることは明白ですが。

ロシアはトランプ氏に対してこれまでと同じく、「ロシアとアメリカが仲良くできるならそれに越したことはないし歓迎だが、介入もしなければ、期待もあまりしていない」という冷静な立場を維持していますね。

2017年1月30日 (月)

羽田空港近くで全日空バスが信号柱に衝突、男性3人が病院搬送(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース


【あり得ん】自衛隊募集のポスターがヤバすぎ!

健康になるためのブログ   
 
 
C3unu5puyaaq3hr
以下ネットの反応。








「命を懸ける必要がある仕事」の募集ポスターではありません。自衛隊の品位を損なうものでしょう。

      

ヒラリー協賛:全米でヤラセの激しいデモ 

飯山一郎
2017/01/30(月)2  
ソロスやヒラリーの仕業です
こいつらは30万円/月で雇われた騒動屋です
ヤラセ
トランプNO! 抗議の参加手当て額をマスコミがすっぱ抜き
ヤラセ2
『スプートニク』 2017年01月19日 http://sptnkne.ws/dr7Y
トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。 (記事の全文を読む)
  • アメリカ国内にプロの暴動屋たちを入国させて,騒動を起こさせ,騒乱状態にして,暴動までもってゆく…
  • これはヒラリーやソロスやヌーランドがリビアやシリアやウクライナでヤッてきた常套手段なんだが,これをトランプ政権は阻止しよ~とした.
  • それが「イスラム圏7カ国からの入国禁止」の大統領令だった.
  • そ~やってトランプ大統領が難民受け入れ凍結やシリアなどイスラム圏7カ国からの入国を禁止したために,米国に入国できなかった外人が180人位いたんだそ~だ.
  • そしたら,大統領令の効力を部分的に停止する連邦地裁の判断が29日,相次いで出たんだそ~だ.
  • さらに,不良外人は入国禁止という大統領令に反対する激しい抗議デモが,全米各地で頻発してるんだそ~だ.
  • このミエミエのヤラセデモは,ソロスの資金で行われていて,ヒラリーも絶賛なんだそ~だ.(記事)
  • 往生際の悪いソロス爺さんと,諦めの悪いヒラリー婆さん.こ~ゆ~のを老害っ鼠~んだ老~.
  • トランプ(70)や飯山一郎(71)のばやいは「老害」ではない.
  • 老益という.生き方が前向きだかんな.
  • それに,国民のタメになることを常に考えておる.
  • ソロスやヒラリーは破壊屋だが,ワシらは建設的.
  • この違いは大きいぞ.
飯山 一郎(71)

那覇空港で空自F15トラブル 民間機含め離着陸できず | NHK   



新しい景色

人生は冥土までの暇潰し
 
 
1月20日(現地時間)、トランプ新大統領が誕生した。この日を堺に、世界の景色はガラリと変わったのに気付いた者は、そう多くはないはずだ。そうした数少ない識者の一人が、ジャーナリストの田中宇氏であり、同氏のメルマガ記事「トランプ革命の檄文としての就任演説」を読めば、トランプの就任演説は、文字通り〝革命〟そのものであったことを教えてくれる、優れた記事と云えよう。なお、英文だがトランプの就任演説のフルテキストもある。

トランプは米国と世界に巨大な転換を引き起こそうとしている。全体像が膨大で分析が間に合わないので、とりあえず今回はトランプの大統領就任演説を分析する。演説は、米国を支配してきたワシントンDCのエリート層による支配構造をぶちこわせと米国民をけしかけている。トランプは米大統領という、支配層のトップに入り込んだのに、その地位を使って支配層を壊そうとしている。これは革命、クーデターだ。支配層の一員であるマスコミは、就任演説を否定的にとらえ、趣旨をきちんと報じない。リベラル派は反トランプ運動を強めている。おそらくトランプ陣営は、意図的に対立構造の出現を誘発している。

さて、田中宇氏以外の情報源として、是非に取り上げなければならないのが、飯山一郎さんが主催する掲示板「放知技」の「飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -22-」というスレッドだ。同スレッドと併せて、飯山さんのHP記事「トランプ政権:かくも革命的な政権は史上初! 」に目を通すことで、今の世界で何が起きているのかが正確に読み取れるはずだ。

道友の堺のおっさん同様、ネオコンを代表とする軍産複合体派vs.トランプを代表とする国益重視派の闘いは、後者が前者を圧倒しつつあると認識していたが、以下の飯山さんの投稿を読み、既に闘いは決していたことを知った(色下線)、これは、ネオコンが最後の巣窟としていた日本から、完全に追放されることを意味しており、その最も分かりやすい例が、原子力村そのものであった東芝が、今や倒産の危機に追い込まれているという現実である(「まさかの「東芝倒産」が現実に? 日本の原発政策の愚かさを嘆く」)。さらに、飯山さんの投稿で知ったのだが、みずほ銀行が東芝を見放したとのこと(色下線)。これで、東芝の倒産は既定路線となったと見て、ほぼ間違いあるまい。

17013002
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16010080/316/

原子力村に加えて、安倍晋三を代表とする戦争屋の追放も、間もなく開始されることだろう。これほど目出度いことはない。放射能による内部被曝の問題が残っているものの、これで漸く日本にも春が来たのだ。

なお、以下はトランプがCIAに乗り込み、ネオコンからアメリカ国民の手に、CIAを取り戻した瞬間の記念すべきスピーチだ(英語)。歴史に残るスピーチになるだろう。

【最重要】 激震の2月,激動の3月,激変の4月 

2017/01/30(月) 
ニッポンはスッピンになる
ワシは,いま,済州島にゐて静かな旧正月を味わってゐる.
済州島独特の韓国料理は極力避けて,清澄な旧正月の空気を堪能しているwww
中国の旧正月は,爆竹と花火で銃撃戦の戦場の如き騒音国家.
済州島は,反逆の哲学者たちが島流しにされた流刑地らしく,1年の計は元旦にあり!と,深い思索と静かな歓談の旧正月.
ワシも,鷲や鳶が飛び交う海辺の瀟洒なホテルで,思索の日々.

しかし,カカシの如き静かな思索ではない.
激震・激動・激変の米国・トランプ政治の津波をくらい,動揺と不安のアノミー思考.「アノミー」とは,それまでの考え方や基準が全く通用しない状態をいう.

革命的に変化する国際政治

しかり! トランプの政治は,米国だけでなく日本を含む世界中の人々に,従来の考え方や既存の基準・規範を捨てざるを得ない状況を迫ってきている.

すなわち,米国も日本もヨーロッパも,いや,世界中が,2月から激動と激変の時代に突入してゆく!

日本は70年ぶりの大変化

日本に関して言えば…,日本国は支配者が変わる!

日本国は71年前の敗戦以降,アメリカの属国・属領だったワケだが,日本国を実質的に支配していたのはCIAを中核とする米国の戦争屋勢力だった.

その「ニッポンの支配者」が,トランプ政権によって,ガラリと変わる!

D・ロックフェラー.ジョセフ・ナイ,ヒラリー・クリントン,カート・キャンベル,アーミテージ.マイケル・グリーンといった支配者=ジャパン・ハンドラーズの面々が全員失脚したからだ.

いや,トランプに辞表提出を迫られ,失脚させられたのである.

CIA(中央情報局)という世界最大の謀略機関も,ブレナン長官の首がトランプによって叩っ斬られ,以前のCIAではなくなった.

つまり,現在,日本国の支配者は,トランプ大統領なのである.

トランプが大統領に就任したということは,日本国にとっても,驚天動地! まさに革命的な出来事であるということ.

このことは本当にシッカリと認識しなければならない.

消滅する『東芝』と『原子力ムラ』

まだある.日本国を強力に支配していた『原発ムラ=国際原子力資本』の存在である.

この『原子力ムラ』も,トランプ大統領就任に歩調を合わせて,衰退・凋落した!

その象徴的な出来事が,現在の「東芝・債務超過の問題」である.

米国の原子力資本にハメられた東芝は,いま,消滅の危機にある.

東芝は,たぶん,消滅するだろう.負債が巨大過ぎるし,時間がないからだ.

東芝問題とは,つまり,日本を支配していた『原発ムラ』の支配力がゼロに等しくなる!ということ.

かくして,いま,日本国を支配していた『戦争屋勢力』と『原発ムラ』.この二大勢力が消えてゆく流れ.

毒化粧を落としスッピン・ニッポン

この青天の霹靂(へきれき)の如き大事件によって,日本は…,
『激震の2月,激動の3月,激変の4月』を迎えることになる.

戦後の毒々しい化粧が落とされ,スッピンになるニッポン.
ウッスラとした放射能の粉は落ちないが…
しかし,ここはひとつ,精一杯,気張るっきゃない!

少なくとも,情勢分析だけは,誤れない!
飯山一郎,精魂込めて書く.書きまくる!
熟読をお願いする次第.日本民族のために.>皆の衆
飯山 一郎(71)

2017年1月29日 (日)

トランプ政権:かくも革命的な政権は史上初! 

飯山一郎
2017/01/29(日)2  
電光石火の革命的政策,連発!
暗殺の心配は無用米国正規軍が完全警護
トランプ革命
ヌーランド国務長官補などネオコン・戦争屋勢力系のキャリア外交官に辞任要請.
電光石火の首切り人事!!
「You're Fired!」(お前は首だ!) ロシアへの融和姿勢を批判したブレナン中央情報局(CIA)長官の首を叩っ斬る! (これは従来なら暗殺だ)
就任早々,TPP(環太平洋連携協定)離脱の大統領令に署名.多国籍企業だけが儲かるTPP・グローバリズムを退治.安倍自民党には理解不能の流れ.
「難民受け入れ」を停止! 「難民」という名の暴動のプロを使おうとしたソロスやヌーランドの野望を粉砕!
プーチン大統領と電話会談.
「米露新時代」はじまる!米露が協同してISISを完全掃討も.
メイ英首相と会談.「米英が協同し世界を主導」と.
メキシコのペニャニエト大統領と約1時間にわたり電話協議.麻薬取引撲滅では意見が一致.
安倍との無意味な会談など,内政・外交,まだまだ無数にあるが,書ききれない.
いっぽう…,クリントン氏は,「妻」が増えたので,タイヘン喜んでいる,とかwww
ManyHillary
まさに世界は様変わり!1月20日過ぎの世界は別世界・新世界なのです.
これが分からないシトは時代遅れ…鴨世.
  • 世の中は マトモに見ると ハラがたつ
  • 世の中を ナナメから見る 隠居かな
  • プーチン トランプ 習近平 これが世界のエンジンで
  • 安倍はせいぜい灰皿か ほとんど無用の小銭入れ
  • あ~ こりゃこりゃ
飯山 一郎(71)

小百合とタモリ 

人生は冥土までの暇潰し
大和ネクスト銀行がアンケートを行ったところ、50代以上でお手本にしたい有名人として、女性では吉永小百合、男性ではタモリがそれぞれ第一位だったと、今朝の東京新聞が報じていた。

17012905

その吉永小百合、現在東京新聞に「私の十本」という自伝を毎週日曜日に掲載している。初回は拙稿「愛を乞うひと」に転載したが、その後二回目と三回目も掲載されたので、本稿の最後に転載しておこう。それにしても、前稿に書いたことだが吉永小百合は、「良家のお嬢さんとして育ち、何不自由ない生活を送っていた」とばかり思っていたので、同シリーズの初回の自伝を読み、「米びつが空っぽになったという生活」を体験していることを知るに及び、人間として親しみを感じたものである。

第二回目の記事のインタビューを受けるにあたり、、吉永は自身が主演した「キューポラのある街」を久しぶりに見て、以下のような感想をもらしている。

常にあの映画を超えようと思って、新しい映画に出ているんですが、今回見直して、なかなかこれは超えられないな、と改めて感じました。できれば、若い人たちに見てほしいなあ。日本の歴史の中でこんな時間があって、貧しいけれど希望を持っていこうとした人たちがたくさんいた。それを知ってほしいですね。


なお、大和ネクスト銀行は50代以上の〝有名人〟についてのアンケートとしているが、吉永小百合は単に名の売れた有名人であるだけではなく、人間としても一流だと、シリーズ「私の十本」を読みながら、つくづく思ったことだった。

17012901 17012902

17012903 17012904

東京23区だけで238人 20~30代の「孤独死」なぜ増えた 日刊ゲンダイDIGITAL


トランプ占い(2)

人生は冥土までの暇潰し
過日の「トランプ占い」で約束した、トランプ占いに関する安西ファイルの【ポイント】と【私見】を、本稿の最後に転載しておいたので、一読していただければと思う。

トランプ占いと関連して、株式市場の観点からトランプvs.ソロスの闘いを、物の見事に分析してみせた飯山一郎さんによる、以下の2本の記事も必読である。

米国の株価チャートは暴落型だった!
特に、「トランプ政権は,我々の想像を遥かに超えた強力きわまる『軍事革命政権』」という記述は、トランプ政権を把握する上で重要である。同稿にじっくり目を通すことで、「トランプ革命」なるものを正確に理解していこう。

前稿はむずかしい内容なので解説せよ!との…
この稿の場合、「トランプ政権の財務長官・スティーブン・ムニューチン(53)は,ゴールドマン・サックスの金融マンというより,親の代からの生粋の相場師」という記述に注目のこと。何故にゴールドマン・サックスのムニューチンが、新トランプ政権の財務長官の座に就いたのか、これで理解できると思う。

以下、トランプ占いに関する安西ファイルの【ポイント】と【私見】である。

【ポイント】
・英国の政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』の2017年版『世界はこうなる』は、表紙がタロットカードをモチーフにした図柄となっており、世界の未来に絶望的な危機感を抱いている。あまりにも不吉すぎるとして大きな話題を呼んでいる。
・2017年版『世界はこうなる』では、「2017年の世界は革命の機運で満たされる」、「トランプ氏の予想外の勝利は世界中に衝撃を走らせたが、欧州では2017年を通じてこの衝撃を感じ続けることになるだろう」、「世界の安全保障は脆弱なものに見える」、「テクノロジーの進歩が変化の主要な推進力となる」、「2017年は平穏で安定した年にはならない」などと「予想」している。
・12016年版『世界はこうなる』について、編集長は、予測の多くは正しかったが、政治における反逆的なトレンドを過小評価し、ドナルド・トランプ米大統領とテリーザ・メイ英首相の当選については「予想外だった」ことを認めている。
・ウェブボットは2016年後半ごろから精度が上がっており、2017年予測がこれまでのレポートのなかでもっとも重要なものではないかと評価されている。この中では主に次のようなヂータが出ている。
・政治の領域では多くの人がトランプの勝利を受け入れることができず、悲鳴のような感情の放出が起こっている一方、市場はトランプの就任を歓迎し、楽観的な感情の蓄積が行われている。
・アメリカの実体経済はすでに相当に悪い状態で、すでに経済の崩壊は起こっている。仕事を見つけられず困窮している膨大な人々がいる。しかし、株価や社債の上昇という経済の金融的な側面に隠され、実体経済の状況はまったく報道されていない。
・2017年2月から3月初めにドルの価値が大きく下落、「トランプ・ユーフォリア」と呼ばれる楽観的な状況が終了し、市場が下落する転換点に入る。今年はドルと不動産の下落が連動しており、後者のほうが深刻な問題となるとある。トランプの就任に伴う楽観的なムードが終わる今年の春以降、金利が急上昇する可能性が示唆されている。

【私見】
・翌年の世界情勢について論じた英国の政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』の『世界はこうなる』は、世界中のリーダーたちも重視しており、翌年の舵取りに役立ててきたといわれる。『エコノミスト(The Econ㎝ist)』は、世界支配層のなかでもグローバリスト、軍産複合体やシオニストら好戦勢力のプロパガンダ用メディアの一つであることを考えると、『世界はこうなる』は『予測」という名の客観的な体栽を装ってはいるが、実は、彼らとその代理人たちへの指令書である。そして、その権威に従わせるように大衆の思想と行動を無意識のうちに方向付けるための洗脳メディァという性格もある。
・最新版の『世界はこうなる』の表紙は、8枚のタロットカードをモチーフにした暗澹たる未来を予感させるおどろおどろしい図柄となっている。そこには、2017年をどのようにしたいかという、グローバリスト、軍産複合体やシオニストら好戦勢力らの「本音」があますところなく描かれている。つまり、「2017年の世界を革命の機運で満たす」というのが彼らの本音であり、多くの人々が願う変化を革命というネガティブな破壊的言動へ誘導しようとする目論見がある。
・昨年2016年の『世界はこうなる』の「予測」のうち、ドナルド・トランプ米大統領とテリーザ・メイ英首相の当選が外れたことを苦々しく回顧している。これは彼らにとってあまりにもショッキングな出来事で、その落胆ぶりがひしひしと伝わってくる。彼らの存在基盤であるグローバリズムは年々強固になり、間もなく完成間近と指折り数えていた矢先に、よもやの逆転負けを喫してしまった。それどころか、逆にグローバリズムが急速に終焉に向かいかねない憂慮すべき状況に陥ったとなれば慌てふためくのも無理はない。『世界はこうなる』の予測(洗脳)の中でも最も重要な予測に狂いが生じたことは、2016年に顕著となったマスメディアの嘘や、既存のグローバリストや好戦勢力の力の衰えを象徴する現象である。
・絵柄の中で注目したいのは、まずトランプ大統領が腰かけているトグロ状に巻いた星条旗らしきものである。これは、宇宙根源の神の化身である「宇賀神」という蛇体の宇宙神を暗示し、トランプ大統領の出現は神の計画に沿ったものであることを示すサインではないかと思われる。また、魔術師の絵柄は、人類が自らの意識を自由自在に操り思い通りの現実を創造する創造主であったことに気付くという精神面での進化と、それに伴う新しい時代の到来を示唆しているように見える。そして、隠者の絵柄に描かれた三日月は、これまで闇に閉じ込められてきたツクヨミ(月読命)が封印を解かれて表舞台に登場し、新しい時代の到来に向けて主導的な役割を果たすことを告げているのではないか。

・『エコノミスト』誌の背後にいる勢力だけでなく、他の勢力も含めて、世界支配層はオカルトを負(悪魔)の側面を利用して、自分たちの計画を実現しようとしている。タロットカードは未来を占う道具として、オカルトの世界では昔から重用されてきた。オカルトはオタクやマニアの怪しげな趣味として廟笑、忌避され、社会の裏側でキワモノ扱いされてきた。しかし、世俗的な表側の社会で、最新版の『世界はこうなる』の表紙にタロットカードが堂々と掲載されたことは、伏在させられてきた存在を表出させるアラハバキのはたらきを象徴する出来事であり、この世(三次元世界)とあの世(多次元世界)が重なりつつあることを改めて実感させて<れる。
・オルターナティブ・メディア(SNS、ニュース記事、ブログ、フォーラム(掲示板)やチャットなどのネット情報)は、既存の大手メディアの欺臓を暴き、真実を発信する毛のとして認知されつつある。ウェブボッドは、オルターナティブ・メディアに出現するキーワードに込められた感惰のインパクト、強度、頻度などを数値化し総合して未来を予測するプログラムであり、20年前から存在するが、2016年後半から精度が向上しているというのも興昧深い現象だ。これも、潜在意識の隠れた領域に秘められた人々の願望が、アラハバキのはたらきによってこの世に現実となってありのままに表出してきたことを示している。

17012203

2017年1月28日 (土)

サーバー不良が多くなってる…と. 

飯山一郎
2017/01/29(日)  
『てげてげ』にも その余波が…
現在,『てげてげ』を読むには,下の5個のURLがあります.

 ○ http://grnba.secret.jp/
 ○ http://grnba.secret.jp/iiyama/
 ○ http://grnba.web.fc2.com/
 ○ http://grnba.jp
 × http://grnba.com/iiyama/

5番目のURLは,最近,サーバーが不良で,落ちやすいです.
ですから,「○印のURL」にアクセスして下さい.

サーバーの不良がこれ以上増えてくるようだと…
「ネット社会の崩壊」も視野に入れねばなりません.

事態は,まだ,そこまでは深刻ではないのですが…

イヤな予感は,消えません…
飯山 一郎(71)

本日の前2回の投稿は… 

飯山一郎
2017/01/28(土)3  
トランプがソロスを相場で葬った話
ワシは本日,相場の話を2回も書いた.
その2回の投稿内容を,ひとことで言うと…
「相場の神様とも言われたジョージ・ソロスを,トランプが株式相場で大損をさせて葬った!」 ということ.

さらにこの話にはオマケがあって…

これから2月にかけ,1ヶ月くらいの間に,ジョージ・ソロス陣営の負け=損害が天文学的に増えていく!鼠~こと.

だって…,12月中旬から1月24日まで,NY株式市場は1ヶ月半もの「保ち合い相場」が続いた…

それも前代未聞の物凄い出来高!

この大出来高は,「買い方」「売り方」,双方が資力(死力)を尽くして,株式先物を買いまくり,売りまくった!鼠~こと.

1月25日の「保ち合い・上放れ」
これが勝負あった!のサイン.
これで「2月はジョージ・ソロスの踏み上げ相場」鼠~コトが決定!

来週早々の押し目は…
「上放れの初押しは理屈抜きで買え!」鼠~格言どおりに…
買いまくる!と.

飯山 一郎(71)

前稿はむずかしい内容なので解説せよ!との… 

飯山一郎
2017/01/28(土)2 
注文に応えます
人事面でのトランプ政権の特徴については,諸所に解説があるが…
 ・ トランプ政権てのは,前代未聞の「革命政権」で…
 ・ 軍人だらけの「軍事政権」で…
 ・ 思想的には「リバタリアン的アナキズム政権」で…
 ・ 経済・財政・資本的には「ゴールドマン・サックス政権」で…
 ・ トランプという時代の寵児・怪物がトップにいて…
 ・ 「時代の風」と完全にシンクロしている….
これほど強力で革命的な人財を網羅した政権は,アメリカ政治史上でも「稀(まれ)」だろう.

前稿では…,
ジョージ・ソロスという稀代の大富豪が,12月のトランプ相場で失敗し,1月の「長期保ち合い相場」でも,効果的な手を打てなかった,ということを書いた.

そのジョージ・ソロスだが…,彼は今,さらに悲惨な事態に追いこまれている,という.

というのは,1月25日,NYダウが「長期保ち合い」を上に抜け,2万ドル台に突入したからだ.

2万ドル直下での「長期保ち合い」で,「買い玉も売り玉もシコっている!」ということを,前稿では書いたが…

「長期保ち合いからの上放れ」によって,「大量のカラ売り玉」が,踏み上げを余儀なくされている,ということだ.

ソロスは,自らも売り建てている「大量のカラ売り玉」を助けることが出来ず…

逆に,いま,踏み上げて「買い埋め」せねばならない事態に追いこまれているのだ.

相場というのは,じつは,『買い手』と『売り手』の「死闘」なのであって…,ソロスは,いま,トランプ政権内の「ゴールドマン・サックス・チーム」に生殺与奪の権を握られてしまっている.

「ジョージ・ソロスなんてのは単に小ズルイだけのインサイダーだ!」と,(たぶん)思っているwwトランプ政権の財務長官・スティーブン・ムニューチン(53)は,ゴールドマン・サックスの金融マンというより,親の代からの生粋の相場師だ.

今回,ジョージ・ソロスは,反トランプに賭けて大量のカラ売り玉を売り建てて,12月トランプ相場に大失敗!

1月の「長期保ち合い相場」でも,株価は下に抜けず(下落せず),逆に,見事な上放れ!

これで…,来週早々は,多少の調整(初押し)が入り,2月は,たぶん,怒涛の踏み上げ相場!

ソロス,破産! こ~ゆ~事態もある,とはNY在住の株屋の予感だ.

トランプ政権は,相場の世界をも制覇してしまっている…,つまり湯田金の牙城でも,政治的・経済的な支配力を強化しているのだ.

こ~ゆ~見方・考え方に慣れてないと…,
2月相場には勝てないカラ寝!

「大きな上放れの初押しは,目をつぶって買え!」 鼠~こと.(爆)
飯山 一郎(71)

米国の株価チャートは暴落型だった! 

飯山一郎
2017/01/28(土)  
「予想」は外れたが重大な意味が…

NYダウの日足
NYダウ日足
拡大

  • 上のチャートは4日前の24日(火)に載せたチャート解説.結果は大ハズレだった.
  • しかし,株価を暴落させてトランプの幸先を邪魔する相場戦術に失敗した!というソロス一派の凋落を物語ってもいるのだ.
  • どういうことか?
  • 2万ドル直下での「長期保ち合い」とは,買い玉も売り玉もシコっていた!ということだ.
  • チャート型がソーサー・トップになっている相場は,急落・暴落させやすい.
  • そこで,ザラ場での安値の買いに応じる売りを入れ続ければ,相場は急落してゆく…
  • 200~300ドルも下げさせれば,高値保ち合い圏での「買いシコリ玉」が投げ始める.
  • 以上の株価操縦だけで,NYダウは500~700ドルくらいは簡単に下がる.そういう高値保ち合いだったのだ.
  • しかし,問題は資金だ.新年,ソロスには,じつは,資金がなかった.昨年末までの損害が大きすぎて….
  • ザラ場での安値の買いに応じる売りを入れ続けて,相場を急落させるためには,最低でも200億ドル(2兆3千億円)の資金が必要で,失敗すれば「倍返し」になる.
  • この資金が,ソロスにはなかったのだ.
  • そこで貧乏なソロスは,レディ・ガガやマドンナみたいな枕芸者や,ゴロ・マスコミや,CIAの不良どもを100億円程度のカネで雇って,「反トランプ・デモ」を扇動して,ダーイシュ(ISIS)運動を米国内で起こそうとしている.
  • だが,ソロスの下手な企みは,トランプ軍事政権の前では,絶対に成功しない!と断言しておく.
  • トランプ政権は,我々の想像を遥かに超えた強力きわまる『軍事革命政権』なのだ.
  • トランプ軍事政権は,ブレナンCIA長官の首を叩き斬ってから,トランプ本人がCIA本部に乗り込み,CIAを完全に傘下に収めた.
  • かくも強力な大統領の出現を,世界は今だに気づいていない.
  • 米国の投資家たちは,やっと気づき…,株価を2万ドル以上に押し上げた.
飯山 一郎(71)

給食原因? 集団食中毒か 生徒ら700人以上が症状訴え 和歌山・御坊



週刊エコノミスト編集部さんのツイート: "30日発売の2月7日号の表紙が出来ました。特集は「電気代は税金となった」。国がまとめた3度目となる福島原発事故処理は、電気代を事実上の税金とするもの。問題点を31ページにわたり分析しました。


大竹しのぶという女優(2)

人生は冥土までの暇潰し
 
 
昨夜放送されたNHKの「ファミリーヒストリー」に、大竹しのぶが出演していた。亀さんが大竹しのぶに注目するようになったのは、「大竹しのぶという女優」で紹介した新聞記事がきっかけである。それまでは、亀さん家から近い埼玉県越生町に大竹しのぶ一家が住んでいたという同郷の誼(よし)み、さらには五木寛之の『青春の門』という映画に出演していた時の彼女の強烈な印象から、大竹しのぶは何となく気になる女優であった。しかし、拙稿「大竹しのぶという女優」で紹介した新聞の切り抜きからも分かるように、大竹しのぶの並並ならぬ反骨精神を知ってからというもの、彼女の反骨精神は何処から来ているのか知りたいと思っていた。そんな矢先、「ファミリーヒストリー」が昨夜放送されたのである。そして、同番組のお陰様で大竹しのぶの反骨精神が、何処から来ているのかが漸く見えてきた。
大竹しのぶ〜語り継がれる大竹様伝説 1世紀を経ての出会い

大竹しのぶの母方の祖母・八重が、明治という時代にアメリカ(サンフランシスコ)に渡っていたのには驚いた。さらに、八重にとって三番目の夫となった吉川一水は、大竹しのぶの祖父であるが、無教会派のクリスチャンであることを知った。さらに、内村鑑三の聖書講談会で、一水は既に八重と会っていることを知るに及んで、人の縁の不思議さを感じたものである。ともあれ、大竹しのぶの反骨精神は、祖父の一水から来ていることは、ほぼ間違いないと亀さんは見ている。

17012606
大竹しのぶの母方の祖母・八重と娘 於:サンフランシスコ

ところで、次回のファミリーヒストリーは「松方弘樹・目黒祐樹」とのこと。ご存じのとおり、松方弘樹は先日逝去している。
松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」

17012607

そして、松方弘樹の元妻と言えば仁科明子だ。実は彼女、TVドラマ「あんどーなつ」の第11話に登場しているのだ。ちなみに、第11話のテーマは何と言っても、「弟子に任せる」ということになるだろう。

17012608
「あんどーなつ」第11話に登場した仁科明子

17012609
昔日の仁科明子

ところで、仁科明子で残念なのは、彼女が母娘で出演したACジャパンのコマーシャルだ。



子宮頸ガンワクチンの正体は、『月刊日本』が毎月にわたって掲載している、子宮頸がんワクチン・シリーズに詳しく、このようなワクチンのコマーシャルに出演した仁科母娘を残念に思う。

17012610.jpg
『月刊日本』のブックレット

あんどーなつ 第11話

福島第一ライブカメラの照明は朝の 6:00に一段落とされる。 その時に紫色の光が一層よくわかる。


2017年1月27日 (金)

ワシの最高顧問が授けてくれた珠玉の文章

飯山一郎
2017/01/27(金)
何度読んでもズシン!とくる
今年は,このとおりに生きよう!と思う
『それでもなお、人を愛しなさい』
人生の意味を見つけるための逆説の10か条
ケント・M・キース著 早川書房
  1. 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。
    (People are illogical, unreasonable, and self-centered. Love them anyway.)
  2. 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
    (If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives. Do good anyway.)
  3. 成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功をしなさい。
    (If you are successful, you will win false friends and true enemies. Succeed anyway.)
  4. 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
    (The good you do today will be forgotten tomorrow. Do good anyway.)
  5. 正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。
    (Honesty and frankness make you vulnerable. Be honest and frank anyway.)
  6. 最大の考えをもった、もっとも大きな男女は、最小の心をもった、もっとも小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。
    (The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds. Think big anyway.)
  7. 人は弱者をひいきにするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。
    (People favor underdogs but follow only top dogs. Fight for a few underdogs anyway.)
  8. 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築き上げなさい。
    (What you spend years building may be destroyed overnight. Build anyway.)
  9. 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。
    (People really need help but may attack you if you do help them. Help people anyway.)
  10. 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちをうけるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。
    (Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth. Give the world the best you have anyway.)
  • ヒト様を巧妙にダマシて,金品をダマシ取ったネコババ人間でも,愛しなさい!と言っているのか?
  • 悪い泥棒を叩きまくるのも,「愛のムチ」! 叩きまくろう!
  • いま韓国にいて,旧正月の新年を迎えたが…,ものすごい御馳走ぜめ! これは,「愛の心」をもって断ろう!
  • 今年2回目の正月.タイヘンです.
飯山 一郎(71)

インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励

世界の裏側ニュース
2017-01-27 01:25:07
インフルエンザ予防接種直後に敗血症で女性が死亡:米当局はそれをインフルエンザによる死亡と主張し、予防接種をさらに促進
Woman dies of sepsis after getting flu shot; CDC claims it as flu death, urges public to get vaccinated
O0640036013854534618
 

続きを読む "インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励 " »

【真実は?】トランプ大統領の就任式はやっぱり満員だった?CNN(大手メディア)がフェイク(偽)ニュース?

健康になるためのブログ
 
公開日: 2017/01/27 :
   
Jku
C3bbvenukaqc4fb

CNN Debunks Its Own Claim That Trump Inauguration Was Small

 
以下ネットの反応。

続きを読む "【真実は?】トランプ大統領の就任式はやっぱり満員だった?CNN(大手メディア)がフェイク(偽)ニュース?" »

福島第一2号機の内部にカメラ 2017年1月26日 米を炊く前の炊飯器の中? こんな国民騙しのウソ報道には引っかからないよ。引っかかり騙される国民が多いことw

中古タイヤ店の火災鎮火 黒煙は東京からも(日本テレビ系(NNN))


翻訳者はヤクシャ(2) 

人生は冥土までの暇潰し
昨日、珍しい読者のコメントが届いた。ママリンさんという掲示板「放知技」の常連さんで、顔文字を多用するユニークなお姐ちゃんだ。翻訳者向けのソフト「トラドス」が話題になったんだが、実は先々週行われた世界戦略情報誌『みち』の会合(まほろば会)でも、そのトラドスが話題になった。このトラドスつうのは、簡単に言えば翻訳作業に使用するソフトなんだが、今日ではトラドスをはじめ、多種多様な翻訳用のソフトが出回っている。亀さんも今まで色々なソフトを体験してきた。たとえばトラドス以外に、Transit、MemoQ、CTWordfast、MemSource、富士通アトラスといったソフトである。しかし、今でも使用しているのはトラドスだけとなった。

17012604_2

ところで、亀さんは過去に「翻訳者はヤクシャ」と題する記事を書いている。どのようなことを書いたかというと…。

亀さんの仕事も考えてみると、毎日、時には日に何度も役回りが変わるようなもんだよ。今日やっていた仕事は、若手のファッションデザイナーの翻訳だったんだが、先ほど終わって納品(メールに添付して送信)したよ。普段はフーテンの寅さんのように腹巻き姿の亀さんが、華やかなファッション業界の翻訳をやるんだから、ホント世の中狂っているよ。昨日は何を訳したんだっけな…、あっ、そうか、ある大手IT企業のアンケート調査の翻訳をやったんだっけ…。


しかし、流石に今の女の子とたちのファッションには、モーついていけなくなったので、ファッション関連の翻訳はそろそろ引退しようと思っていた矢先、やはり「放知技」の常連の一人である小ボンボンさんが、「Sleepy Plaza」という素晴らしいサイトを紹介してくれた。そして、亀さんは熱心に同サイトで、今時の女の子たちのファッションを勉強したというわけでR。そして、女の子たちのファッションの翻訳をする上で、もはや同サイトは欠かせないバイブルとなった。やはり、持つべきものは道友、小ボンボンさんには感謝の言葉もない。

17012605

ママリンさんへの投稿にレスを返した後、ここ十年近くお付き合いのなかった翻訳会社から、突然のメールが届いた。何でも、いつもの翻訳者が多忙で仕事を引き受けてくれず、そこで昔付き合いのあった亀さんを思い出したとのことだ。しかし、この翻訳会社は亀さんが苦手とする製品ばかりを扱っている。今回は何かと思ったら、化粧品だと…。取り敢えず草稿をメールで送ってもらい、訳せそうかどうかチェックしてみたんだが、口紅は唇に塗りたくる塗料、白粉は顔にベタベタと叩くように塗る白い粉、といった程度の知識があれば、まぁ大丈夫だろうと引き受けることにした。ただし、急ぎの仕事らしく、今日にもファイルが届いたら、即仕事に取りかからなければならないので、多分、今月一杯はブログ更新が出来ないかもしれない。

17012601

それから、流石に20年近く翻訳の仕事をしていると、最近は翻訳以外に新人の翻訳者の実力を判定する仕事や、翻訳者の訳文校正の仕事が増えてきた。たとえば、1ヶ月ほど前に海外の翻訳会社に頼まれ、16名の翻訳者にテストを受けてもらい、亀さんが採点をしたんだが、合格点を付けることができたのは、たったの1名だけだった。最初の一段落どころか一行を見ただけで、その人の翻訳者としての実力が分かってしまうのでR。

校正にしても色々な体験を亀さんはしており、たとえば以下のような拙稿を書いた。

バカだねぇ…
校正屋

最後に、拙稿「通訳翻訳ジャーナル 7月号」、もう発売から3年以上過ぎたので、亀さんが受けたインタビュー記事を以下に公開しておこう。

17012602
17012603

遺体ホテル」、増える都市部での需要 その理由は?:朝日新聞デジタル

2017年1月26日 (木)

「報ステ」のゲストに竹中平蔵氏⇒ネット「『あの人は今!?』か」「昨日は三浦瑠麗だった」

健康になるためのブログ
 
 
C3bwxdsviaajidf

以下ネットの反応。
 













久々に「報ステ」の文字をネットで見かけました。地上波では安定した数字を残しているようですが、ネットではまるっきり話題にならなくなりましたからね。

で、「報ステ」はこれからは、こういった人たちを呼んで何らかのバランスを取っていくのでしょうか?それとも、一気に何らかの「広報」になってしまうのでしょうか?

      

これまで観察してきて言えるのは、福島第一ライブカメラで見える紫色の光はフレアやゴーストではない。 私たちはガンマ線が「空気を電離させた光」を見ている。

NYダウが2万ドル台に突入! 

飯山一郎
2017/01/26(木)  
長期保ち合い:上放れ!
チャンス!全力買いだ.トランプを買うことだ.
NYダウ25日の日足
NYダウ日足
拡大
  • ワシは済州島にゐて,株のチャートばかり見ている.
  • もちろん仕事(グルンバ・ビジネス)もヤッている.
  • 昨夜は,韓国本土から来た金持ちと大きな契約をした.
  • 2月から,ワシは韓国本土に渡り,全力で仕事をする.
  • 74歳の工学博士・禹(う)さんは,ワシのベストパートナー.
  • 禹さんは,韓国でのグルンバ・ビジネスの最高顧問.
  • 71歳のワシと,74歳の禹さんの命令で,皆が瞬時に動く.
  • だっからワシは済州島にゐて,呑気に株式三昧(ざんまい)
  • きょうは,米国株が『長期保ち合い・上放れ!』という絶好の買い場.こんなチャンスは滅多にない.全力買いだ.
  • 昨夜の米国株の上げには,『トランプ陣営の完全勝利!』という意味があるのだが…,魔坂!と言うシトも多いかな?www
飯山 一郎(71)

2017年1月25日 (水)

【爆笑】安倍総理が国会答弁で「訂正云々(うんぬん)」を「訂正でんでん」と誤読!

健康になるためのブログ
 
68125ttyyw_2
 

 
以下ネットの反応。
 











まあ、これぐらいは「でんでん」普通だと思いますよ。これでも、まだ、国会で何かしゃべる気なのかな?

トランプ革命 

人生は冥土までの暇潰し
17012509

一昨日(1月23日)の東京新聞に、トランプ新大統領を巡って日米4人の〝識者〟の意見が載っていた。

一通り、〝識者〟らの意見に目を通してみたが、トランプ大統領が誕生した〝背景〟について、真に理解していた〝識者〟はゼロであった。以下、4人の〝識者〟の意見で、特に印象に残った発言を引用し、それぞれに亀さんの感想を述べる形をとった。参考までに、本稿の最後に記事のコピーを添付しておく。

エズラ・ボーゲル

トランプ氏はツイッターでいろいろと発信するが大ざっぱで未熟なところがあり、米大統領のやり方ではない。


→ 何故、トランプ大統領が大手メルディアを信用せず、大統領に就任後も専らツイッターを利用しているという背景について、ボーゲル氏は分かっていないのか、あるいは故意に惚けているかのいずれかだろう。でもまぁ、ニューヨークタイムズやCNNは、グローバリズム派(軍産複合体)の番犬であるという事実を、同氏が明言していないことからして、後者であると思ってほぼ間違いない。ジョセフ・ナイが友人だとも、自ら発言していることだし…(嗤)。

柳沢協二

「富は分かち合うからこそ力になり、独り占めすると争いを招く。米国独り勝ちの発想が世界の平和につながるとは思えない。


→ 政治の要諦は「自国民を守ること」、すなわち国益にあることを、なぜか柳沢氏は忘れているようだ。同時に、トランプ大統領が誕生する前のアメリカは、グローバリズム(軍産複合体)によって、牛耳られていた国であるという視座が柳沢氏に欠けている。

安田浩一

「社会に分断を持ち込み、差別や偏見を植え付けてきたトランプ氏」


→ 米国社会に分断を持ち込み、ボロボロ・ズタズタにしてしまった張本人は、グローバリズム派、すなわち軍産複合体である。このあたり、安田氏には見えていないようだ。 

水野和夫

「トランプ氏の就任演説は矛盾だらけだ」


→ 前稿「手探りの時代」で亀さんは水野氏を取り上げ、同氏の「ハートランド」という視点を高く評価した。また、同氏は資本主義が終焉を迎え、大きな時代の転換期を迎えていることも正しく理解している。しかし、トランプの就任演説を〝矛盾だらけ〟と酷評する、このチグハグさ、このあたりの水野氏の〝矛盾〟に首を傾げざるを得ない。

以上、4人の〝識者〟に欠けているものは、アメリカが大きく分断されている、すなわち、「第二次南北戦争」の真っ只中にあるという視点だ。アメリカは現在、トランプを中心とする反グローバリズム派(反戦争屋)と、軍産複合体を中心とするグローバリズム派(戦争屋)とに、大きく分断されているのだ。こうしたアメリカ社会の分断について最初に指摘していたのは、亀さんが記憶する限り、世界戦略情報誌『みち』(平成23年8月1日)に掲載された、同誌発行人・藤原源太郎さんの「世界情報分析」と題する記事である。長文なので本稿の最後に一部のみ転載しておくが、ポイントとなるのは以下の箇所である。

プーチンはスノーデン事件を仕掛けたのが英国情報機関であることを見抜いている。英国筋の仕掛けの背景には、米国の国権支配を巡るアングロ系対ユダヤ系の熾烈な文明内戦でユダヤ系を追い込もうとする思惑がある。英国筋は旧ネオコン勢力を封じ込めるため、スノーデン事件を仕組んだのである。
『みち』8月1日号 p.8


ところで、以下は同日付の東京新聞に載っていた記事だが、並行して「トランプ米大統領の首席補佐官が…」と題した個人ブログ記事と読み比べて欲しい。

17012507_2

もし、インターネットが普及する前であったら、今よりも大勢の人たちが東京新聞の記事内容を鵜呑みにし、トランプ政権を人気のない、トンデモ政権だと判断していたことだろう。ここで改めてトランプ大統領が言い放った“dishonest media”(嘘つきメディア)を思い起こそう。残念ながら、東京新聞も“dishonest media”だと言わざるを得ないのだ。

では、信用するに足りる情報は皆無なのだろうか。実は、ほんの一握りだが存在する。たとえば、田中宇氏のメルマガだ。昨日配信された同氏のメルマガ記事、「トランプ革命の檄文としての就任演説」は、トランプの実像を正確に捉えていた。同記事を読めば、トランプの就任演説は、まさに〝革命〟そのものであったことに気付くはずだ。

●露 対米諜報戦略対話を活発化
  七月八日付露紙コメルサントによると、米中央情報局(CIA)元職員のE・スノーデン容疑者がロシアにとどまる限り、九月三~四日にモスクワで予定されている米露首脳会談への出席をオバマ大統領が見送る可能性を、米政府が外交ルートで通告した。米国務省関係筋が同紙に明らかにしたが、ロシアのペスコフ大統領報道官は、この情報を否定した。
 首脳会談が中止となる場合、九月五~六日にサンクトペテルブルクで開催する二〇ヶ国・地域(G20)首脳会合にも、オバマ大統領は出席せず、バイデン副大統領が代理で参加することが検討されているとされている。
  七月一二日、スノーデン容疑者はモスクワの国際空港で、改めてロシアへの亡命を希望した。面会したロシアの「人権オンブズマン」にあたるルキン人権全権代表や、人権活動家らに明らかにした。
 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ関係者によると、容疑者は面会で「安全を確保できる唯一の手段はロシアに一時的に亡命者として留まることだ」と語ったという。容疑者が香港からモスクワに到着した六月二三日以来、露政府要人や人権活動家らとの面会は初めて。
 同容疑者は先月末に一度、ロシアに亡命を申し入れたが、プーチン大統領が受け入れの条件として「米国に損害を与える活動をやめるべきだ」と求めたため、申し入れを撤回していた。
 容疑者は今回、「米国へ損害を与える活動は今後しない」とも語ったという。ペスコフ大統領報道官は正式な亡命申請はまだ受け取っていないとし、容疑者に大統領が提示した条件を改めて要求した。
 インタファクス通信によると、ロシアの元駐米大使を務めた経験を持つルキン氏は面会後、「かりにロシアがスノーデン(容疑者)の避難先になれば、米露関係の悪化を招く危険性がある」と指摘。「ひとりの人間の運命が二国間の関係に左右されるべきではない」とも述べ、今後の処遇について、国際機関が関与すべきとの考えを表明した。
 露政権はこれまで容疑者が空港の乗り継ぎ区域に留まり、公式的に入国していないとして、直接的な関与を避けていた。一方で、容疑者はこれまで二十数カ国数に亡命申請したとされ、南米のベネズエラやボリビア、中南米ニカラグアが受け入れを表明している。
  七月一五日、プーチン露大統領はスノーデン容疑者について「彼は考えを変えたようだ」と指摘し、ロシアに一時亡命するため、亡命受け入れの前提条件に従って反米活動をやめようとしているとの見方を示した。
 ただ、亡命の最終決定については「(元職員の)状況は今のところ完全には明らかになっていない」と述べ、流動的な点が残っているとも指摘した。
  七月一七日、スノーデン容疑者は、亡命を支援しているロシアの弁護士を通じ、「米国に損害を与える活動を行なわないとの要求を今後、守り通す」と表明した。
 プーチン政権は、亡命受け入れの条件として反米活動を行なわないことを要求していた。申請を正式に受理したロシアの移民局は今後三ヶ月以内に結論を出すとしている。弁護士は同日、これらの手続きを進めるため、早ければ数日内に容疑者はロシアに「入国」するとの見通しを示した。
 さらに弁護士は、この申請で「ロシアが身柄を米国に引き渡す根拠がなくなった」としたうえで、もし申請が認められなくても、容疑者はロシアの裁判所に訴えを起こすことができる、としている。
 一方、プーチンは同日、「諜報機関の揉め事より、国家間の関係の方がはるかに重要だ。われわれには米露関係を発展させる課題がある」と強調。容疑者の亡命申請をほぼ無条件で受け入れる方針を示している南米ベネズエラなどの国々を念頭に、「われわれは他国のようには振る舞わない」と述べ、容疑者の引き渡しを要求する米国に理解を求めた。
  一連の動きは、スノーデン容疑者の取り扱いをめぐって、米露間できわどい駆け引きが行なわれていることを示唆している。同時に、プーチン大統領が異様なまでにオバマ米政権への配慮に徹していることも示唆している。
 プーチンはスノーデン事件を仕掛けたのが英国情報機関であることを見抜いている。英国筋の仕掛けの背景には、米国の国権支配をめぐるアングロ系対ユダヤ系の熾烈な文明内戦でユダヤ系を追い込もうとする思惑がある。英国筋は旧ネオコン勢力を封じ込めるため、スノーデン事件を仕掛けたのである。
 プーチンは、英国筋の思惑を十分忖度した上で、ネオコン離れを鮮明にしているオバマ政権を窮地に追い込まないよう熾烈な諜報戦略を駆使している。ちなみに、オバマ政権がわが国の安倍政権に対し、支那や韓国と比べて冷淡なのは、安倍政権が旧ネオコン系のジャパンハンドラーズ(日本間接統治勢力)に翻弄されていると見なしているからである。
 プーチンの努力に応えるかのように、ホワイトハウス筋は、オバマがG20首脳会合出席のため、九月の訪露を予定しているとの情報をリークしている。しかし、米露首脳会談の実施については明言を避けている。
  オバマ政権はプーチンの対米諜報戦略を受け入れる姿勢を示す反面、支那との戦略対話に本腰を入れてもいる。

『みち』8月1日号 p.8

17012510

17012511

17012512

株価チャートを読むのが楽しくて… 

飯山一郎
2017/01/25(水)2  
夜更かし・早起き・昼寝に夕寝
昨日は暴落を予想.きょうは暴騰の予感.
NYダウ24日の日足
NYダウ日足
拡大
  • 昨日は暴落と,今日は暴騰…鴨と,株価予測が正反対.
  • それでE~のだ.一寸先は闇なのだから.
  • それでも一寸先を読みたくなる.先見したい.
  • ある程度は「先見」できるのが,株価チャートの面白さ.
  • それが楽しくて…,夜更かし・早起き・昼寝に夕寝.
  • 株価チャートには,アメリカ人投資家の夢と期待と,不信感と動揺が如実に表れている.
  • アメリカの社会心理は,いま,大きく揺れている.
  • トランプに対する期待感と不信感が対立し,拮抗している!
  • そういうコトまで読みとることが出来るのだ.
  • だっからワシは,済州島にゐても,日がなチャートの虫.チャートだけは無視できない.

NYダウの「長期保ち合い」をどう読むか?
昨夜の「大陽線」は「ヤグラ」なのか?
読めない!と悩んだ挙句…,悩むことはない!と悟ったワシ.
上でも下でも,「放れ」に付いていけばE~のだから,と.
それが 「頭と尻尾は呉れてやれ」 ということの意味だとも悟った.
「安く買おう!」「高く売ろう!」と欲を出すのが間違いのモト.
だっから,「オカニが欲しい! 儲けたい!」 とかと強欲なシトは…,人生,必ず失敗する.
『起きて半畳,寝て1畳,天下取っても2合半』
誰が言ったか?富貴を求めるな!という人生訓.
「ワシの食事は,ご飯とキムチだけでE~のです!」
ということを,やっと理解してくれた韓国の友人たち.
彼らは,毎日,美味いものを鱈腹(タラフク)食って…,
鱈のような出っ腹を抱えて,糖尿病前期.
ワシは,痩せた老人になりたい!と修行中.
おっと! きょうの東京市場は高そうだ!
ソフトバンク株が上に抜けたら…,その戻りは全力買いだ!
飯山 一郎(71)

続きを読む "株価チャートを読むのが楽しくて… " »

これ迷惑なんだけど! ネットがおかしくなったら固定電話も使えないってことでしょ!?別々でないと、緊急時に困るよ。携帯電話は使わない人もいるのに。固定電話、ネット回線に移行 25年ごろ、総務省方針(朝日新聞デジタル)

中居正広、1週間入院していた…今月中旬に気管支炎と肺炎併発

2017年1月24日 (火)

「アメリカ株,急落!」の予感 

飯山一郎
2017/01/24(火)2  
チャートは 『鍋底天井』の型
『ソーサー・トップ』の型になっている?!
NYダウの日足
NYダウ日足
拡大
  • 米国の投資家は,トランプ当選を祝った.
  • ヒラリーの「戦争一直線」よりは遥かにE~!と.
  • しかし,2万ドルの壁は ブ厚かった.
  • そして,いつしか「期待の買い玉」が「シコリ玉」に…
  • この大量の「買いシコリ玉」が整理されないことには…
    本格的な上昇相場にはならない!
  • このことは相場の鉄則である.
  • 近々,アメリカの株式相場が急落する可能性が高い.
  • 急落すると…,「トランプ大統領に失望!」の,「大統領として不適格!」のと,マスコミ得意のハヤシライス.
  • しかし,ナイアガラの後の反騰は,トランプ鯉の滝登り!
  • 急落や暴落後,株価は「日柄調整」か「値幅調整」に入る.
  • ワシは,大きく下げる「値幅調整」を望んでいる.

上に書いたことは,「予測」であり,ひとつの「シナリオ」である.

未来を予測するというのは,すべて一つの「シナリオ」を提示することである.

ソエジマ先生などは,競輪場にいる「予想屋」と同じで,「シナリオ」という意識がない.

「トランプ当選」を当てた!当てた!と得意顔だが…,「ヒラリー逮捕!」という予想は大ハズレ.

「大物の悪人政治家が逮捕される!」などと,年がら年じゅう叫んでいるベン・フル氏よりはマシだが…www

とまれ,米国株が急落するのは,米国が内戦状態だからである.

トランプ陣営が,ソロス・CIAなどの戦争屋勢力を駆逐する気配が今よりも濃厚になれば…,米国株は再度の暴騰路線に突入する!

いまワシが上に書いたコトも,「シナリオ」なんだが…www
飯山 一郎(71)

中国、ネット規制さらに強化 VPN接続を許可制に

ますます悪質化する米国のマスコミ 

飯山一郎
2017/01/24(火)  
悪質というより 悪辣(あくらつ)
暗殺を祈る?記事と錯覚しかねない報道も
暗殺
SPUTNIK
CNN、トランプ氏が就任式で殺害されたら後釜は誰?のシナリオを放映
『スプートニク』 2017年01月20日 http://sptnkne.ws/dsMC
CNNテレビはもし20日の大統領就任式でトランプ氏が殺害された場合、誰が大統領になるかというシュミレーション内容を放映した。 (記事の全文を読む)
  • トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。
  • 日本のマスコミも,反トランプのデモが世界中に広がっている!などと,トランプを(暗殺しても)引きずり下ろす!という勢力に協力中.
  • 「ほんとにマスコミの報道はキタねえ!」とかと怒るのもE~し…,マスコミの報道鼠~のはウソばかりの,ヤラセばかり!と憤るのもE~.
  • が,それよりも,新聞購読を止める! テレビは一切見ない!鼠~生き方を選択すべきだんべ.
飯山 一郎(71)

<鳥取大雪>沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に(毎日新聞)

【違法の疑い】日本アパホテル会長が「中国人の予約は受けない」と発言!

健康になるためのブログ
 
68125

日本アパホテル会長「中国人の予約は受けない」

自身が経営するホテルの客室に極右主義書籍を置いて物議をかもした日本アパホテルの元谷外志雄会長がまた激しい発言で非難を受けた。

23日の中国共産党系『環球時報』によると、元谷会長は最近、右翼関係者らが開催したあるフォーラムに出席し、「(客室から書籍を)撤去することは考えておらず、中国人の予約も受けない」と述べた。多くの中国旅行会社がアパホテルを予約リストから削除したことに対抗したのだ。

アパホテルは日本国内だけで155カ所あり、3万2000の客室を保有している。

 

以下ネットの反応。









我々が外国に行って日本はアジアを侵略したから「日本人はお断り」なんて言われたらどうでしょうか?アパホテルの終了は近そうです。

      

体調崩した運転手、勝手に「熟睡」…高速バスの乗客8時間閉じ込め

体調崩した運転手、勝手に「熟睡」…高速バスの乗客8時間閉じ込め

読売新聞(ヨミドクター) 1/23(月) 15:39配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00050076-yomidr-soci

                        

(写真:読売新聞)                         

                   
               
            

 中国ジェイアールバス(本社・広島市)の高速バスで20日、体調不良になった男性運転手(38)が予定外のサービスエリア(SA)で仮眠を取り、そのまま6時間半以上、眠り込んでいたことがわかった。

 乗客が110番して救助を求めたが、17人が車内に約8時間、閉じ込められた状態になった。同社は「ご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪している。

 同社によると、バスは20日午後8時30分にJR呉駅(広島県呉市)を出発し、21日午前7時頃にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に到着する予定だった。乗務する運転手は1人で、出発前の点呼では健康状態に異常はなかったという。

 しかし山陽自動車道を走行中、突然体調が悪くなり、20日午後11時頃、予定していなかった広島県福山市の福山SAで停車。会社に連絡せず、車両下部にある乗務員用仮眠スペースで横になり、そのまま寝込んだという。エンジンはかかった状態で、車内の暖房はついていた。

 翌21日午前5時30分頃、異変に気付いた乗客が警察と同社に電話で通報。代わりの運転手が同7時前に到着し、運転を再開した。一部の客は福山駅から新幹線で大阪に向かったという。

       

松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」

松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」

    スポニチアネックス 1/23(月) 17:28配信  
 
 
松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」
                        

松方弘樹さん                         

 俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。東京都出身。昨年2月に体調不良を訴えて入院していた。東映の時代劇ややくざ映画を中心に活躍したスター俳優だった。

【写真】2015年、趣味の釣りで361キロのマグロを仕留めた松方弘樹さん

 趣味の釣りで300キロ以上の巨大マグロを釣り上げるなど豪快なイメージで知られた松方さんだが、病魔には勝てなかった。回復を願ったファンや関係者の祈りも通じなかった。

 所属する「夢グループ」が松方さんに脳腫瘍の可能性があることを報道各社に明かしたのは昨年2月23日。長期療養が必要となるため、出演予定だった同3月1日から6月8日までの「夢コンサート」を降板し、6月からの舞台「遠山の金さんと女ねずみ」を中止すると発表。その後、病名を「脳リンパ腫」と公表していた。懸命な闘病が続いたが、抗がん剤投与の治療中にたびたび脳梗塞を起こし、今年に入って一進一退の状況を続けた。

 松方さんは時代劇スター近衛十四郎さんと女優の水川八重子さんの間に長男として誕生。俳優の目黒祐樹(69)は弟だ。歌手志望だったが、明大中野高3年の1960年に東映入りし、同年「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でいきなりの主演デビュー。その後、スターへの階段を駆け上がり、「昭和残侠伝」シリーズといった任侠映画から「仁義なき戦い」シリーズなどの実録路線、さらに「柳生一族の陰謀」を初めとする大型時代劇で活躍した。その一方、日本テレビ系「天才・たけしの元気が出るテレビ」の笑い上戸キャラで人気を呼び、多くのバラエティー番組でも異彩を放った。

 元妻の女優仁科亜季子(63)との間に、タレントの仁科克基(34)と仁科仁美(32)をもうけた。

       

手探りの時代

人生は冥土までの暇潰し
 
17012402

前稿「トランプ占い」に亀さんは以下のように書いているので、さっそく『月刊日本』(二月号)の特集、「日本の未来を読み解く」を取り上げていこう。

グローバリズムの次に来るのは、どういう時代なのか? このあたり、『月刊日本』(二月号)が組んだ特集、「日本の未来を読み解く」を叩き台に、次回取り上げることにしよう。


この特集では三人の筆者が寄稿している。

17012401

最初に、「海洋国家の時代が終わる」を著した水野和夫氏は以下のように書いた。

海の国の権威が失墜した以上、今度は陸の国が世界秩序に責任を持つ必要があります。そのためにも、ヨーロッパはロシアと協力し、戦争が起こらないような仕組みを作っていくべきです。
『月刊日本』p.50


水野氏は〝陸の国〟をロシアと結びつけているので、拙稿「ワンワールドvs.中露連合」で言及した、〝ハートランド〟を水野氏が指しているのは明らかである。

近代が終焉し、次に来るのはどのような時代なのかについては、水野氏をはじめ多様な意見が出ており、拙稿「資本主義の終焉」(01~04)シリーズでは、そうした多様な意見を紹介したつもりである。無論、水野氏の予測も取り上げているので、一読いただければ幸いである。

資本主義の終焉01
資本主義の終焉02
資本主義の終焉03
資本主義の終焉04


次に、「人口減少にどう立ち向かうか」を寄稿した藻谷浩介氏は、『里山資本主義』(角川書店)という良書を世に問うた人物だ。同氏の里山資本主義については、拙稿「覇権移行と新しい生き方」などで亀さんは取り上げている。

さて、同氏の記事で注目するべきは、以下の結語だと思う。

これこそ私が訴えてきた「里山資本主義」が、地方の現場で実現しつつある姿です。過疎地の若者の生活は、経済的に豊かではなくとも、次世代の再生産される、幸せで充実したものです。お金の成長よりもまず同じ数の次世代の再生。このことに気付けば、日本の未来は明るいものになるでしょう。
『月刊日本』p.55


ただ、残念ながらによる内部被曝という、日本の抱える深刻な事態を藻谷氏は見逃している。そのため、同氏が考えている以上に早く、日本の人口が減少していくはずだ(拙稿「健康延命を図るべし」参照)。

最後に、「人間存在が根底から問われている」を書いた禅僧の南直哉氏だが、以下の記述に亀さんは注目した。

私がいま深刻に考えているのは、まさに「死」の問題です。その核心は、と自意識です。つまり、自意識はコピーできるのかという問題です。
『月刊日本』p.58


文面から明らかなように、南氏は自意識、すなわち心は脳から生じると考えていることが明らかである。しかし、西原克成医学博士の学説、「心は内蔵から生じる」(旧稿「内蔵が生み出す心」参照)に賛同する亀さんから見れば、根本で間違っていると言わざるを得ないのは残念だ。それでも、脳を内臓に置き換えて読めば、色々と示唆に富む記事ではあった。

 トランプ米大統領の首席補佐官が… 

飯山一郎
2017/01/23(月)2 
死力を尽くして…
ウソを報道し続ける米マスコミと闘う!と
大群衆
トランプ大統領就任式の動員数は史上最大!という見方も成り立つ.
プリーバス米大統領首席補佐官は22日、FOXニュースの番組で、トランプ大統領をおとしめようとするような批判的な報道は看過できないと不満をあらわにした。

「われわれは座視しない。死力を尽くして抵抗する」と強調し、激しい対抗心を示した。トランプ政権とメディアの対決姿勢が一層鮮明になった。

米メディアは就任式会場を訪れた人の数がオバマ前大統領の1期目就任式と比べて大幅に少なかったとこぞって報じ、トランプ政権は不人気であるとの印象操作をしている. (参考記事)

これが米マスコミがデッチ上げた写真
虚偽の写真
左側がオバマの大統領就任式,右側が今回のトランプの大統領就任式.
米国のマスコミが喧伝している比較画像は,オバマ集会が最高潮時の写真で,トランプ集会は本番の1時間ほど前の写真.
これほどズルい虚偽報道をしてまで,トランプの評判を落としたい米国のマスコミ.これはまさに戦時報道である.
さよう! いま,米国は,ほとんど内戦状態なのだ.

プリーバス米大統領首席補佐官が,
「われわれは座視しない.死力を尽くして抵抗する!」
と強調し,激しい対抗心を示したというが…,
トランプ政権とメディアの対決は,じつは,何が何でも,如何なる手段を取っても,トランプ大統領を引きずり下ろそう!と,トランプの暗殺をも狙う米国ネオコンの策謀との戦いでもある.
アメリカは,いま,冷たい,凍るような内戦状態にある.
その帰趨,勝敗の行方は,トランプの勝利!と予想したいが…
いったい何が起こるのか? いまは,想像だに出来ない.
飯山 一郎(71)

2017年1月23日 (月)

トランプ占い

人生は冥土までの暇潰し
 
17012203

先週の土曜日、世界戦略情報誌『みち』の筆者と読者の交流会、まほろば会に出席してきた。多岐にわたるテーマが飛び交ったが、なかでも中心となったテーマは〝トランプ占い〟であった。今回も安西(正鷹)さんが安西ファイルを出席者に配布、エコノミストの表紙を叩き台に、アメリカに登場したトランプ新大統領占いを行ってくれた。この安西講話の詳細については別の機会に譲るとして、英国の経済誌・エコノミストの表紙を飾ったトランプ占い、すなわちタロットのイラストを見つめながら、出席者の脳裏を過ぎったのは東シナ海とゴラン高原であった。何故、東シナ海とゴラン高原なのか? そのあたりについては、数日前に発売された『月刊日本』(二月号)の山浦嘉久さんの記事、「戦後という楽園の喪失」の一読が不可欠となる。

17012202

加えて、同号の『月刊日本』に掲載された佐藤優氏の「トランプの正体(上)」は、実に示唆に富んでいる。その佐藤氏、同稿で以下のように書いた。

佐藤優 トランプは経済に関しても表向きの世界と裏の世界を仕分けると思います。トランプは表向きは「アメリカファースト」として製造業重視の姿勢を見せていますが、実際には新自由主義的な政策行うはずです。
『月刊日本』(p.15)

17012201

佐藤氏の「(トランプは)実際には新自由主義的な政策行うはず」とする予測、以下の記事を引用するまでもなく、その可能性は否定できないどころか、〝裏で〟新自由主義的な政策が引き続き行われるであろうことは、ほぼ間違いない。
ゴールドマンのコーン氏を国家経済会議委員長に指名-トランプ氏

しかし、一方で考えなければならないのは、そのトランプを米大統領に押し上げたメガトレンド(大潮流)である。安西さんも今回の講話で主張していたことだが、英国のEU離脱、トランプの当選といった一連の流れは、明らかに今まで世界を牛耳ってきた、グローバリズム(軍産複合体)の衰退を示しており、このあたりは上のエコノミスト誌の表紙からして明らかだ。つまり、軍産複合体の〝番頭〟ジョージ・ソロスの株式市場での大負け、トランプに「嘘つきメディア(dishonest media)」と名指しされた、CNNといった軍産複合体の番犬の凋落ぶり等が、何よりもグローバリズムの敗北を物語っているのだ。こうしたメガトレンドを食い止めることは、たとえトランプ新大統領でも、もはや不可能であろう。

では、グローバリズムの次に来るのは、どういう時代なのか? このあたり、『月刊日本』(二月号)が組んだ特集、「日本の未来を読み解く」を叩き台に、次回取り上げることにしよう。

世界の真実情報は『スプートニク』とトランプの… 

飯山一郎
2017/01/23(月) 
マスコミ報道はウソばかり
トランプ大統領のツィートは真実情報!
TrumpTweet
拡大

TruTwee 新聞やテレビが流す情報は,ウソ!
つ~か,マスコミってのは,世論操作と洗脳用の悪質な媒体だ.

牛~新聞購読は断り,TVは見ないほ~が身の為!と,飯山一郎は断言しておく.


いま,世界の真実情報をキチンと発信しているのは,『スプートニク』と,『トランプのツイッター』だ.あとは,『てげてげ』 www

アメリカのマスコミは,トランプの情報発信がよほど怖いのだろう.

少しは良心的な『ウォールストリート・ジャーナル』(WSJ)までもが,『米国民の大多数「トランプ氏はツイッターやめよ」=世論調査』といった出鱈目情報を発信している.(記事)

コトの真相は逆で,トランプ大統領のツイッターの「購読者」は,ウナギのぼり.大人気!

ワシも毎日読んでいる(無料だし).WSJは 3000円/月もする.

昨年の選挙の際も,アメリカのマスコミは,トランプ候補の「不祥事」や「悪事」を書きまくった.

しかし,アメリカのマスコミ情報は,最後は信用度ゼロになって…
結果はトランプが当選!

つまり,アメリカの有権者は,トランプがツイッターを使って発信する情報のほうを信用したのだ.

米国のマスコミがイカに悪質か!という証拠を挙げたいのだが…
急遽,韓国出張が決まり,タコの手も借りたいほどの忙しさ.

韓国(済州島)のホテルに着いたら書きます.
飯山 一郎(71)

2017年1月22日 (日)

石油工場で火災 爆発の恐れ、1281世帯に避難指示

石油工場で火災 爆発の恐れ、1281世帯に避難指示

朝日新聞デジタル 1/22(日) 17:53配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000032-asahi-soci

 

 

            

 

22日午後3時50分ごろ、和歌山県有田市初島町浜の「東燃ゼネラル石油和歌山工場」で火災が発生していると、近くの住民から110番通報があった。同社によると、石油を精製するプラント付近が燃えているという。市消防本部によると、けが人はいない。

 有田市は同日午後5時20分、「爆発の可能性がある」として工場近くの初島町の1281世帯2986人に対し、避難指示を出した。

 同工場では今月18日にも清掃作業中のタンクが燃える火災が起きていた。

       

 

朝日新聞社

大統領は超大金持ち,夫人は超美人の元モデル 

飯山一郎
2017/01/22(日) 
華やかなギャング映画の構図
アメリカは華やかさと栄光を取り戻す…鴨
Melania
トランプ米新大統領の就任パレードに参加したメラニア夫人=2017年1月20日

Melania1 Melania4
ケネディ大統領のジャクリーン夫人のファッションを意識してデザインされたという話は,本当だった.
メラニア夫人のファッション・デザインは,ラルフ・ローレン(米国のトップデザイナー)で,超々高級なカシミヤ製の生地が使われた.
メラニア夫人のスリムな体形を強調するボディーコンシャスなワンピースドレスと,首まわりをきれいに包んだ長袖のジャケットで,長い長い手袋と,ハイヒールも同じカラーであわせた。
カラーは 「スカイブルー」より地味な「パウダーブルー」. 政治は「祭りごと」なので,E~服を着たE~女が必需なのだ.
それにしても…
Melania3
Melania2
メラニア夫人は元モデルで,旧ユーゴスラビアの田舎の貧村の出身.16歳でモデルの仕事を始めたという,たくましい女性です.
モデル時代のヌード写真は,米大統領選の共和党候補指名争いで首位争いをしたテッド・クルーズ上院議員の陣営がスッパ抜きました.
このヌード暴露作戦は,かなり露骨で見苦しい選挙戦法でしたが,大喜びの選挙民も多かったとか.
トランプ候補は,流石に怒り心頭に発してブチ切れたそ~ですが,結果はオ~ライ.無法者国家=アメリカらしいです.
飯山 一郎(71)

2017年1月21日 (土)

「貧困」も「アメリカ・ファースト」で解決! 

飯山一郎
2017/01/21(土)2  
新たな鉄道をつくる!とも明言
反金持ち主義を言い一時は株価急落!
就任演説
  • トランプが何をシャベルか?
  • これでアメリカの運命は決まる!とワシは昨日書いた.
  • 「超高速新幹線」のことを語る…鴨,とも書いた.
  • トランプ新大統領は就任演説で,「新しい鉄道をつくる!」と明言した.
  • 新大統領は,ブッシュの侵略戦争路線とは,全く別の方向にアメリカを変えてゆく.内需を盛り上げ,「アメリカ・ファースト」を本気で目指すだろう
  • そして何よりも,「国家にとって最重要なことは,国民を守ることだ!」と,トランプ新大統領は強調した.
  • さらにトランプ新大統領は,「2017年1月20日は,国民が再び国の統治者になった日として記憶されるでしょう」と,完璧な国民主権主義を宣言し…,とりわけ貧困層や労働者に対して政治が大きな救いの手を差し伸べることを確約した.
  • Dowその物言いは,あたかも社会主義者のようであった.その直後,米国の富裕層・投資家たちは,株を猛烈に売りはじめた.
    そのため,ニューヨークの株価は,一時,90ドルも急落した.

  • とまれ,トランプという新大統領の就任演説から予測できることは,アメリカという国家社会が,今後,大きく変わってゆく!ということだ.
  • オバマ大統領の「チェンジ!」は言葉だけだったが…,トランプの変革路線は本物だ!
  • アメリカは,大きく変わり…,復興する!
  • これが今回の結論.
飯山 一郎(71)
トランプ新大統領の就任演説全文 ←クリックして熟読のほど>皆の衆
 

Rihwa、声帯ポリープ摘出手術へ 2月末から一時活動休止「静養期間を」

Rihwa、声帯ポリープ摘出手術へ 2月末から一時活動休止「静養期間を」

 
2017年01月19日 14時27分
提供:ORICON NEWS

O0426064020170119_142340_size640wh_    

 

 シンガー・ソングライターのRihwa(リファ)が19日、公式サイトを通じて、声帯ポリープ摘出手術のため、3月3日に広島CLUB QUATTROで開催される『Candy Box Vol.4』への出演キャンセルを発表した。

【写真】熱唱するRihwa

 サイトでは「これまで担当医師の診断のもと活動を続けておりましたが、今後ポリープが大きくなり、歌唱が困難になる可能性があることを考慮いたしまして、2017年2月末までの活動を持ちまして一時静養期間を取らせていただき、声帯ポリープの摘出手術を行うことになりました」と説明。

 「今回の出演を楽しみにお待ちくださった皆さま、また関係者の皆さまには大変なご迷惑をお掛けしますこと、この場をお借りして深くお詫び申し上げます」と謝罪し「静養期間を取らせていただくことで、来る2017年7月のデビュー5周年に向け、一日も早く皆さまにRihwaの歌声をお届けできますよう、術後のケア・快復に努めてまいります」と伝えている。

 Rihwaも「この度2月末から約3ヶ月の間、歌のお仕事をお休みさせていただくことになりました。理由は、喉に出来てしまった声帯ポリープの摘出手術の為です」と報告。「これからもずっと歌を歌っていく為に、唄い続ける為に、処置することを決意しました」と明かし「大好きなみんな、ちょっとだけ待っててね。必ず戻ってくるからね! 約束!」と呼びかけている。

 

全力を尽し合衆国憲法を維持、保護、擁護する! 

飯山一郎
2017/01/21(土) 
憲法擁護は政治家の義務
憲法改正!を言うのは国民の自由
宣誓
メラニア夫人が持つ聖書の上に手を置いて就任宣誓を行うトランプ氏.
就任宣誓が終わった直後から,トランプ氏は,「正式な大統領」になる.
それまでは,バラク・フセイン・オバマ氏が米国の正式な大統領である.
  • 「憲法」とは,国政に携わる政治家を縛る最高法規だ.
  • 権力者が暴政を振るって国民を弾圧してきた歴史…
  • 残酷非道な国家権力を打倒し,市民の権利を守る闘い…
  • その懸命・革命的な闘いの結果,奪取した国民の権利…
  • それこそが「憲法」であり,憲法の本質なのだ.
  • したがって,国家権力に関わる政治家が「憲法改正」を主張するなど,厳禁!なのだ.
  • そういう「憲法」の歴史と本質を完璧に理解した上で…
  • 米国の新大統領は,「全力を尽して合衆国憲法を維持、保護、擁護することを厳粛に誓う!」と,厳かに宣誓する.
  • その厳粛な宣誓によって,「次期大統領」は「正式な大統領」に就任するという決まり.
  • そういう厳格で厳粛きわまる「憲法」というものの重大さを,自民党の政治家どもは全く知らない.
  • とまれ,昨日,滞りなく,無事,新大統領が誕生した.
  • 「もって賀すべし!」である.

メラニア夫人が持つ聖書は,第16代リンカーン大統領が1861年の就任時に使った聖書だ.

大統領就任に当たり,先ずは宣誓をする.これが国家的に著しく重要な行事であることの象徴だ.

キリスト教の聖書を用いることに関しては,一部に,政教分離に反するのではないか!という考え方・議論もある.

将来,キリスト教以外の宗教を信仰する人が大統領になった場合は,ど~すんの? という問題も,ないことはない.

合衆国憲法には,「聖書を用いよ!」とは書いてないので…

もし,ワシが米国大統領になった暁(あかつき)には,日本神教の神主が祝詞(のりと)を称え,御幣(ぬさ)を振りまわすとゆ~大統領就任式に,ワシは,します!

それにしても…
メラニア夫人のファッションは,超高価だ.

ラルフ・ローレン(米国のトップデザイナー)による超々高級カシミヤ製のワンピースドレスとジャケット!

カラーは 「スカイブルー」より地味な「パウダーブルー」.

ま,E~ヲンナがE~服を着るから似合うのであって……
このあとは言えないから,言わない (@wぷ
飯山 一郎(71)

片道切符 

人生は冥土までの暇潰し
片道切符    [2017/01/21 08:00]
トランプ新大統領か誕生した。米国内の戦争屋vs.反戦争屋という、二大勢力による鍔迫り合いで、一時はどうなるかと思っていたんだが、「きょうの大統領就任式は無事に済みそうだ」という記事にもある通り、どうやら勝負は決したようだ。ちなみに、以下はトランプ新大統領の就任演説内容(英文)である。日本の大手マスコミがどのように翻訳したのか、後に比較検討させていただこう。
トランプ新大統領の就任演説全文(英語)

次に、掲示板「放知技」で告知されていたように、近く志布志市で「勉強会」が開催される。そのあたりをPDFに纏めてみたので、参照していただきたい。

1月18日(水)、下甑島(しもこしきじま)で楠木正成家の墓守りを代々務める和田家の総代が、グルンパ運動家の飯山一郎氏に電話、「元日本郵便副会長の稲村公望先生をお呼びし、古代から中世にかけての日本の歴史について、語り合う勉強会を今春あたり志布志市で開催して欲しい」という内容だったという(具体的な日時および場所は未定)。さらに総代は電話口で、「菊の御紋を家紋とする和田家の秘話を勉強会で披露する。それにより、南北朝の争いの謎、天皇家の金塊の謎等も全て明らかにする」と飯山氏に語った…
http://www.nextftp.com/tamailab/etc/study session in 2017.pdf


さて、TVドラマ「あんどーなつ」第8話に筆を進めよう。テーマは「巣立ち」である。魚屋の息子・河島憲司(五十嵐隼士)は、アメリカに留学して特殊メイクを学びたいと夢見ていた。しかし、魚屋を継いで欲しいとする父親(金田明夫)と意見が対立。そんな時、父親が事故で足の大怪我を負う。憲司は留学を諦めて店を継ごうとするが、意外にも父親が見せた態度は…

17012101
「行け」と、憲司の背中を押す父親

17012102
店を継ぐと固辞する憲司

17012103
成り行きを心配そうに見守る奈津

17012104
「お前の覚悟とは、そんな程度のものだったのか」と、一括する父親

17012105
ついに、アメリカ行きを決意する憲司


「悔いの残らないように、失敗しても良いから、やりたいことをやれ」と、亀さんは息子たちに常日頃から言っている。二十代は何でも見てやろう、何でもやってやろうという気持ちで過ごして欲しいと、心から思っているのだ。どのような人生を生きようと、所詮、人生は片道切符なのだから…。

あんどーなつ 第8話

高浜原発 工事用クレーン倒れ、建屋に…

高浜原発 工事用クレーン倒れ、建屋に…

日本テレビ系(NNN) 1/21(土) 8:53配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170121-00000019-nnn-soci

20170121

20日夜、福井県の高浜原子力発電所で工事用の大型クレーンが倒れ、2号機の原子炉補助建屋と燃料取扱建屋にもたれかかる事故が起きた。周囲の放射線量に変化はないという。

 関西電力によると、20日午後10時頃、福井県にある高浜原発の構内で大きな音がしたため現場を点検したところ、原子炉格納容器の工事に使う大型クレーン1台が、2号機の原子炉補助建屋と燃料取扱建屋にもたれかかるようにして倒れていたという。二つの建屋の屋根は変形しているということだが、建物内に落下物などはなく、ケガ人もいなかった。また、周辺のモニタリングポストの値に変化は見られないという。

 当時、高浜原発周辺には暴風警報が出ていたということで、関西電力はクレーンが倒れた原因を調べている。

キヤノン、東芝支援検討 半導体事業に出資も

キヤノン、東芝支援検討 半導体事業に出資も

産経新聞 1/21(土) 7:55配信    

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000075-san-bus_all

 

米原発事業の巨額損失により経営再建中の東芝に対し、キヤノンが支援を検討していることが20日わかった。巨額損失を穴埋めするため、東芝が分社化を検討する半導体事業に出資することも検討する。キヤノンは東芝と長年の取引関係にあり、東芝から正式な要請があれば前向きに支援に乗り出す考えだ。

 東芝は半導体の主力製品「フラッシュメモリー」事業を分社化し、入札で株式の2~3割を売却する方針。東芝は分社化後も新会社の過半出資を維持する。入札の結果、複数の企業が分担して出資する可能性もある。取引があり、関係が深いキヤノンは有力候補となりそうだ。

 入札には、三重県の四日市工場に東芝と共同で投資している米ハードディスク大手ウエスタン・デジタルのほか、海外の投資ファンドなども参加する可能性がある。

 米原発事業で東芝は最大7千億円の損失が出る見通し。市場価値が2兆円ともいわれるフラッシュメモリー事業を一部売却することで、財務を改善する狙いがある。将来は上場も検討している。

 キヤノンは昨年、東芝の医療機器子会社「東芝メディカルシステムズ」(栃木県大田原市)を6655億円で買収。また、製品のカメラで使用する半導体でも東芝とは関係が深い。半導体は今後も成長が見込まれており、収益が期待できる事業と判断したとみられる。

2017年1月20日 (金)

<訃報>露の雅さん35歳=落語家

<訃報>露の雅さん35歳=落語家

    毎日新聞 1/20(金) 18:52配信
 
 
露の雅さん35歳(つゆの・みやび<本名・和気雅子=わき・まさこ>落語家)16日、急性虚血性心疾患のため死去。通夜は22日午後7時、葬儀は23日午前10時半、東大阪市高井田元町1の15の28の八光殿東大阪。喪主は父成美(せいび)さん。

きょうの大統領就任式は無事に済みそうだ 

飯山一郎
2017/01/20(金)2  
米軍:CIAの暴走を完璧に抑止
トランプの人気マスコミの報道はウソ!

  • トランプの強みは,自分の兵隊をもっていることだ.
  • その親衛隊は,マイケル・フリン元アメリカ国防情報局長官はじめ,米国正規軍の精鋭と屈指の退役軍人たちの最強軍だ.
  • 問題は,きょうの大統領就任式で,トランプで何を言うかだ.
  • トランプが何をシャベルか?
  • これでアメリカの運命は決まってくる!
  • つまり,トランプは言葉で国家を動かす大統領になる,と.
  • ブッシュも「アルカイダとの戦争!」という言葉で米国をガラリと変えて,アメリカを完璧な戦争国家に変えた.
  • トランプは,ブッシュとは全く別の方向にアメリカを変えてゆく.内需を盛り上げ,「アメリカ・ファースト」を本気で目指す….
  • 実際,それを見越して,米鉄道大手のCSX株が急騰するなど,内需・鉄道関連の銘柄が大幅高になっている.
  • 北米大陸を網羅する「夢の超高速新幹線」も夢ではない?

日米株式市場の動きをみる限り,きょうの大統領就任式は,無事に滞りなく進行するだろう.
もって賀すべし!である.

というのは,トランプ以前のアメリカは,他国の政権を転覆させるために他国に武力侵攻し,他国の国民を殺しまくってきた!という極悪凄惨な悪魔のような国家だった.

その最悪・最凶の国家・アメリカのヤリ方,在り方を変える!と,トランプは何度も宣言してきた.

だから,「トランプの大統領就任.もって賀すべし!」 は,世界中の市民からの祝福の言葉なのだ.

駄菓子菓子,ソロスのよ~な極悪非道の戦争屋勢力が,いまだ諦めずに,トランプの失敗・失脚どころか暗殺を狙っている.

マイケル・フリン元中将! 警護だけは,万全を期して下さい _(..)_
飯山 一郎(71)

芸は身を助く

人生は冥土までの暇潰し
机の引き出しに仕舞いぱなしの携帯をチェックしたところ、飯山一郎さんからの電話が入っていた。そこでスカイプで連絡しようと思い、スカイプを立ち上げてウェブカメラをチェックしたところ、日焼けした顔の亀さんが映っていた。一瞬、ドーシテ日焼けしているのか分からなかったんだが、直ぐに毎日の太陽凝視によるものだと分かった(爆)。まぁ、近所の人にはスキーに行っていたとでも言っておこう。

さて、「他山の石」シリーズでは、TVドラマ「あんどーなつ」を紹介しながら、詐欺師の破武こと中村正臣を叩き続けるつもりでいたが、大阪のおばちゃんとのやり取りで考えを変えた。以下は大阪のおばちゃんへの亀さんの返信だ。

蓮の花
大阪のおばちゃん、どうも。

中村正臣こと破武は溝(どぶ)川であって、一生涯にわたって溝川のままで終わります。しかし、そんな溝川にも、蓮の花が咲くこともあるんです。ホラ、山田洋次監督の「男はつらいよ」の主題歌に、以下の歌詞が出てくるではないですか…。

♪どぶに落ちても根のある奴は いつかは蓮の花と咲く♪

まぁ、破武という溝川に落ちた被害者全員が、今回のことを教訓に、いずれ蓮の花を咲かせて欲しいと願っています。このあたり、シビアなのが海外からの読者で、「騙された者が悪い」と書いてきます。海外で幾度も痛い目に遭った亀さんなので、被害者には気の毒とは思いつつも、海外の読者の「騙された者が悪い」という声、正にその通りだと思っています。ともあれ、「お人好し日本人を乗り越える方法」について、機会があれば書くつもりでいます。

最後に、方針を変えて、TVドラマ「あんどーなつ」の後半は全て(第7話~第12話)、詐欺師の話とは全く無縁の話題で書きたいと思います。お楽しみに。

http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1320.html#comment947


というわけで、早速「あんどーなつ」第7話を取り上げたい。第7話のテーマは「シングルマザー」だ。夫の浮気で離婚した元浅草芸者のあや乃(遠山景織子)は、5歳の愛娘の手を引いて浅草に舞い戻ってくる。また芸者に戻りたいと、たつ家の女将(佐々木すみ江)に懇願するが、女将は頑としてあや乃を許そうとしない。まぁ、この第7話もなかなか人情味溢れる物語なので、どのような結末になるかは動画で確認して欲しい。

17012003

17012004
芸者に戻りたいと、たつ家の女将に頭を下げ、懇願するあや乃

17012005
心配そうに見つめる、満月堂の女将

17012006
そして、安藤奈津…

17012007
しかし、たつ家の女将はあや乃を決して許そうとしない

17012009
「お母さんを虐めないで」と、思わず立ち上がるあや乃の娘…


ここで、少々古い記事になるが、現代ビジネスに載った「シングルマザー」についての記事を紹介したい。
「明日の食費がない」「子育ては苦しみばかり」【ルポ】シングルマザーの貧困

記事を一読し、日本のシングルマザーの現実を知るにつれ、あや乃のように芸者で身を立てることができる女性(ひと)は、幸せな方であると思った。だから、亀さんが「あんどーなつ」を取り上げるのも、一人あるいは家族を食わせていけるだけの何等かの職人芸を、身につけることの大切さを「あんどーなつ」を通して若い人たちに知って欲しいからだ。

亀さんの場合、翻訳という職人芸を身につけたお陰で、世界の何処に住んでもノートパソコン一台があれば、いつでも仕事を始めることができる。しかも、横のモノ(横書きの英語)を縦のモノ(縦書きの日本語)にするだけの仕事なので、原料や商品を仕入れる必要もない。このように、若い人には独立独歩の道を歩んで欲しく、「職人のすすめ」を口酸っぱく説くのだ。

あんどーなつ 第7話

栄枯盛衰は世の常だが… 

飯山一郎
2017/01/20(金)  
東芝,絶体絶命!
米国の原発企業を買収したのがウンのつき
(6502)東芝の週足
東芝暴落
拡大
  • 東芝が今3月期に7千億円の損失を計上する…鴨と.
  • 最悪は債務超過! 最悪事態を避けるにも時間がない.
  • 3月の決算期までに資金繰りのメドを付けねばならない.
  • 間に合うか? 政府が乗り出さざるを得ない事態だが…
  • 東芝 絶体絶命!原因は米国ユダ金にハメられたからだ.
  • 10年前に6400億円で買ったWH社が経営大不振!
  • 昨年(2015年),300億円で買収した米企業の負債は5000億円もあった….これで株価大暴落.
  • ニッポンの企業がドンドン駄目になってゆく流れ.
  • ただし,優秀そうな企業の株価は異常に高くなって…
  • 株で儲けた小ガネ持ち達は,アベノミクス万々歳!

東芝株の大暴落のチャートは,東芝の債務超過を予兆している.
「いつまでも あると思うな親とカネ ないと思うな 事故と暴落」
しかし何が起ころうとも,慌てず騒がず,余計な心配をせず…
淡々とした平常心を忘れず,物事の成り行きを見守る.
そ~して,対処すべきときは,迅速・果敢に行動する!
ただし! 心身が健康でなければ,何事も上手くいかない.
だから,乳酸菌に,汗かき運動に,身体の保温.これ大切.
なによりも今は,身体を絶対に冷やさないこと!
このことは絶対に忘れちゃイカン!>皆の衆
飯山 一郎(71)

聖者の食事 

人生は冥土までの暇潰し
1月18日付けの東京新聞夕刊に、「ダイエットで寿命延びる」と題する、興味深い記事が掲載された。

17012001_2

なるほどねぇ~、食事を制限すれば長生き出来るのか…、また、年齢が高いほど効果がある(長生きできる)と…。

関連して、「カロリー制限で寿命は延びるのか…論争が再燃!?」と題する記事にも目に止まった。以下は同記事の冒頭である。

 カロリー制限と聞くと、とかくダイエットの話になりがちですが、米国では今、寿命との関係が改めて議論されています。

 1930年代、米国コーネル大学の研究者らが「カロリー制限によってラットの寿命が約40%も延びた」と報告しました。これを機に、昆虫やマウス、犬などほかの動物でも、カロリー制限が寿命延長に効果があると報告されていきました。

 となると、次は当然、人間の寿命に影響するかどうかが問われるようになります。


同記事は「次は当然、人間の寿命に影響するかどうかが問われる」と書いているが、仄聞するところによれば日本でそうした実験が既に、何百万単位のヒトを対象に行われているらしい…。そして彼らは、〝あらびき茶〟だの〝乳酸菌ヨーグルト〟だのといったモノを食しているとのことだ。さらに驚くことに、彼らは〝一日一食〟を実践しているとのこと。これは、ダイエットではなくて聖者の食事だ…。
「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」
17012002

「NHKって、ある程度政治との癒着関係ではないですが、そのへんのひとつふたつあるわけですよ。NHKのためになるのであれば、やぶさかでないと言える」(籾井NHK会長)。一夜明けたらその発言が消えている??

くろねこの短語

今朝の東京新聞「こちら特報部」は改めて東京MXテレビ『ニュース女子』の沖縄ヘイト報道をリポートしていた。それなのに、番組のMCを務める東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋については一切触れずってのはなんなんだろうね。身内なんだから、真っ先にその経緯を糺すべきだと思うんだが、その気はさらさらないようだ。東京新聞、お前もか・・・と愚痴りたくなる金曜の朝である。

 

 それよりも、NHKだ。なんでも、籾井イヌアッチイケー会長が最後の定例会見をしたってんだが、なんとまあ意識朦朧状態だったってね。風邪気味で熱があったのに会見に顔出したそうで、会見後には「インフルエンザでした。すみませんでした。皆さん同じ部屋にいたので、気を付けてください」ってNHK広報が謝罪したそうだが、伝染る可能性のある病気なのに危機管理能力がなさすぎだろう。

 

 でもって、この会見の中で、イヌアッチイケー会長がこんな発言をしていたそうだ。

 

3年前の就任会見で「政府が右と言っているのに我々が左と言うわけにはいかない」との発言が問題となったが、この日あらためて政治との距離について質問を受けると「NHKって、ある程度政治との癒着関係ではないですが、そのへんのひとつふたつあるわけですよ。NHKのためになるのであれば、やぶさかでないと言える」。爆弾発言なのか、もうろうとしているのか、解釈をめぐって会見後に記者たちが騒然とした。

 

 これは、日刊スポーツが昨日の夜にネット配信した記事で、実際にくろねこも読んだんだが、それが一夜明けてみたらこんな記事になっていた。

 

3年前の就任会見で「政府が右と言っているのに我々が左と言うわけにはいかない」との発言が問題となったが、この日あらためて政治との距離について質問を受けると「政府の圧力はなかった。今までも政府の言いなりに動いていることはないし今後もない」とコメントした。

 

 なんじゃこりゃ。発言内容が180度変わっちゃってるんだね。政治との癒着関係があるかのような発言はまずいと忖度した結果なのか、それともどこかから圧力があったのかその真相は謎だけど、日刊スポーツにはなぜ書き換えたのか説明する責任があるんじゃないのかねえ。スポーツ新聞だからって許されるレベルのことじゃないだろう。

 

NHK籾井会長もうろう会見、インフル判明で騒然 (改竄前)

 

NHK籾井会長がインフル抱え会見 最後もお騒がせ (改竄後)

 

 メリル・ストリープは「私たちには、怒りで声をあげなくてはならない事態が起きた時に、信念のある報道陣がしっかりと声をあげてくれることが必要なのです」と授賞式でスビーチして暗にトランプを批判し、オバマもホワイトハウスでの最後の記者会見で「権力を持つ人間に批判的な目を向けることが大切だ」「報道が私たちを謙虚にし、何をなすべきかを考えさせてくれた」と語っている。

 

 ようするに、ジャーナリズムに対する危機感というのは日本だけのことではないんだね。だからこそ、アーティストはもとより、大統領ですらその重要性に言及しているってわけだ。ああ、それなのに、この国のジャーナリズムといったら、トランプのことはやれ横暴だのやれ嘘つきだのと批判するくせに、同じ体質のペテン総理のこととなるとヨイショするばかりなんだから何をかいわんやなのだ。

 

 日刊スポーツのイヌアッチイケー会長の発言改竄(?)は、この国のジャーナリズムの劣化ぶりの象徴みたいなもんなんだね。困ったことだ。

東芝、半導体以外も売却…3千億円規模確保へ

東芝、半導体以外も売却…3千億円規模確保へ    
 

読売新聞 1/20(金) 6:26配信                   

 
                        Toshiba

    巨額の損失に揺れる東芝の本社(東京都港区で、読売ヘリから)                         

                       
                   
                

     東芝の米原子力事業を巡る損失額が、最大7000億円規模になる可能性があることがわかった。

     負債が資産を上回る「債務超過」を避けるため、半導体事業の分社化で数千億円を調達するほかに、他の事業を売却するなどして別途、3000億円規模を確保する。巨額損失は、東芝の解体的出直しを招きかねない事態に発展した。

     巨額損失が生じるのは、東芝の米原子力発電子会社「ウェスチングハウス」が2015年12月に買収した原発建設会社の価値が、当初の見積もりよりも大幅に低くなったためだ。

     東芝は工期の遅れに伴う原発の建設コストの増加など、様々な要因を基に損失額を計算中で、関係先には4000億円から7000億円と幅広い可能性を示しているという。実際に計上する損失額は、監査法人などと詰めの調整をしている。

           

プーチン「トランプへのクーデター計画はウクライナと同じ犯人」・スピーチ

世界の裏側ニュース

プーチンがスピーチで「反トランプの策略者たち」に激怒を露わにする
Furious Putin slams “anti Trump plotters”

 

1月17日【The Duran】

 

O0876035013849472452

ロシアのウラジミール・プーチン大統領が今日、長い沈黙を破りました。トランプ氏に関する関係書類およびアメリカ国内で、クリントン関連の漏洩にロシアが関与しているとする容疑に関する政治的活動について語ったのです。

 

プーチン大統領の発言は、記者会見の場で行われたものです。この記者会見には、新たに選出された親ロシア系のモルドバの大統領が出席していました。モルドバは旧ソ連の共和国で、ロシア派とEU 派閥の間の抗争に挟まれているウクライナと似た立場にあります。

 

モルドバ国内の現状およびロシアとの間の関係について、プーチンは興味深い発言を数多く行っていましたが、プーチン大統領に熱弁させ、世界中の注目を集めたのはトランプ氏をめぐる策略やクリントン関連の漏洩に関するキャンペーンに関するコメントでした。

 

ロシア政府のウェブサイトによると、プーチン大統領の発言は以下の通りだったとされています。

 

続きを読む "プーチン「トランプへのクーデター計画はウクライナと同じ犯人」・スピーチ" »

2017年1月19日 (木)

隠居しながら詐欺犯を告発! 

飯山一郎
2017/01/19(木)  
株式チャートの勉強も多忙
「5分足」も一目均衡表の「雲」に沿って動く
分速
株で大儲けする!という必勝法を一つだけ書く.
それは,1年に2~3回ほど発生する大暴落を待つことだ.

自殺者が出るくらいの大暴落が来たらシメたもの!と,不謹慎さを忘れて大暴落を見守り,「三尊底などの大底型」が出来て,上昇が始まったら,やおら買いを始める.

大暴落が一転して上昇基調になったら,買い玉を増やしていく.
そうして,やがて,大暴騰が始まり,野も山も,皆が超強気になったら,買い玉をジョジョに手じまい始めて…,大儲け!を一人ホクソ笑む,と.

これは分かっていても,中々出来ない.
いや,ワシのコトなんだが…(爆)

上の図は,本日の「野村の日経レバリッジ(1570)」という銘柄の『一目均衡表の5分足』というチャートだ.

日本人が発明した『一目均衡表』というチャート理論が分かると,株の儲けが結構増える!という優れものだ.

それで,『一目均衡表』は,月足・週足・日足どころか,「分足」にも当てはまるのだ.

「分足」も,ワシの場合は,「3分足」よりも「5分足」がE~!と確信をもったのが,きょう.

「だから何だ?」と訊かれてたら,「隠居の大発見」と答えるしかないのだが,何事も研究なのでR.

  • ワシが昨今の株価の動きを注意深く見ているのは.内戦状態にあるアメリカの政治の動向が心配だからだ.
  • もしも米国内で激しい騒動が発生する緊迫感が高まれば,株価は暴落する.
  • 昨日の米国株,本日の日本株の動きを見れば,心配無用!と思ってE~だろう.

ワシが運営している『放知技』では,犯罪事件が進行中である.
「あなたの預金を保護してあげます」とか…
「マイナンバー対策の為に,海外に預金を移しましょう」とか…
「放射能禍から避難する為の海外移住のお手伝いをします」
こんな誘い文句を掲示板『放知技』に書きまくって…
不安感で一杯の無知な善人(カモ)から,カネを預かって…
フィリピンの自分の銀行口座に入れたまま,返そうとしない!
この悪人は,通称:破武こと中村正臣という59歳の遊び人.
善人(カモ)たちから預かった金額は,約1億円ぐらい.
ワシは,その犯罪が進行中は中国に行っていて,中国からは『放知技』が中々読めない.
まったく,ワシの掲示板が詐欺師に悪用されるなんて…,癪に障るより,被害者が可哀想である.
掲示板『放知技』にある詐欺師・破武のスレッドは ココ
ワシも「隠居」の身ながら,詐欺師対策で結構いそがしい.
飯山 一郎(71)

両陛下、今年の東日本大震災式典出席されず

両陛下、今年の東日本大震災式典出席されず

日本テレビ系(NNN) 1/19(木) 19:04配信

20170120

 今年3月11日に政府主催で行う東日本大震災6周年の式典に、天皇皇后両陛下が出席されないことがわかった。

 両陛下はこれまで毎年、式典に出席されていたが、政府関係者によると去年、大震災から5年を迎えたことから、今後は毎年の出席はされず、10年目などの節目の年に出席される方向で検討しているという。

 政府は、今年の式典には秋篠宮さまが出席されることを調整している。両陛下は阪神・淡路大震災の式典には、10年目と20年目の年に出席されている。

中野駅でタクシーが目の前で 電柱に突っ込んだ。 グラセフみたいに電柱は吹っ飛んでなかった。

NAOMI リンパ腺腫摘出手術決意を報告…手術なら「娘」加護亜依出産前に

古事記の宇宙 

人生は冥土までの暇潰し
 
17011502

拙稿「古事記の世界」で、『古事記の宇宙』(竹内睦泰 青林堂)という本を紹介したが、数日して同書が届いたので紐解いてみた。結論から先に言えば、お金を出してまで読む価値の無い本だと断言できる。それにしても、亀さんが栗原茂さんから数年にわたって教わった、広大無辺な古事記講座と比べて、あまりにも底の浅い内容の本だったのには、呆れると同時にがっかりした次第である。まだ半分も読了していないが、これ以上読んでも時間の無駄なので捨てることにしよう。

なかでも、一番酷かったのが以下の行である。

今の人間を観察していてもいろいろなタイプがあるように見えます。この人は鳥の子孫だとか、この人は猿の子孫、この人はトカゲの子孫だとか、その人のご面相から祖先は何だったのだろうかと想像してしまうことがありますよね。
皆が皆、猿の子孫だなんて、私は思っていませんし、口伝えでもそうはなっていないのです。

『古事記の宇宙』p.78


えっ! そうなのぉ~(嗤)。

筆者の竹内睦泰氏は以下のように書いた。

私は竹内家の長男に生まれ、第七十三代武内宿禰を受け継ぎました。それと同時に、代々竹内家に伝わる口伝を受け継いだのです。
『古事記の宇宙』p.10


竹内睦泰氏は「皆が皆、猿の子孫」ではないと、竹内家の口伝で伝え聞いたとのことだが、拙稿「古事記の世界」でも述べたように、西原克成医学博士といった碩学を知る身として、竹内氏の語る口伝とやらは嗤う他はない。

それから記紀についてだが、竹内氏は以下のように書いている。

『古事記』は日本国内向けに書かれました。それゆえ、基本にあるのはあくまでも『古事記』です。
日本人に伝えるものを書くわけですから大事なこと、確実に残したいことを本気で書いています。
それに対して、全編漢文で書かれた『日本書紀』は対外用、すなわち中国向けに書かれたものです。
もっと、はっきり言いましょう。
『日本書紀』は中国向けに嘘を書いています。中国に対して本当のことを言う必要は、まったくといっていいほどありません。

『古事記の宇宙』p.14


一瞬、飯山一郎さんが『StarPeople』誌に寄稿した「飯山一郎の“新日本建国神話”第2話」のパクリかと思ったほどだ(笑)。だが、竹内氏は「『日本書紀』は中国向けに嘘を書いています」と書いているだけで、ドーシテ中国に嘘を述べる必要があったのかといった、当時の時代背景については一切何も書いていない。よって、そのあたりを知りたいという読者には、以下の拙稿の一読をお勧めする。一読すれば、どうして〝中国向けに嘘で満ちた『日本書紀』を献上した〟のか、よぉ~く分かるはずだ。なお、正確には中国ではなく、〝大唐帝国〟に献上したとするのが正しい。
飯山一郎の“新日本建国神話”第2話

それから、「日本人に伝えるものを書くわけですから大事なこと、確実に残したいことを本気で書いています」と、竹内氏は古事記について説明している。これは、あまりにも底の浅い物の見方・考え方だと言わざるを得ない。そのあたりについては、以下の野崎晃市博士の記事を読めば、亀さんの言わんとすることが分かる。
古代出雲王朝の謎

また、竹内氏はビッグバン説を信じている様子…。

三番目に、帝皇日嗣三代の神皇産霊神が現れました。
この神はカミムスビノカミ、すなわち神を結ぶというその名前からもわかるように、神を生み出す神です。
この神が登場した頃、宇宙ではビッグバン(宇宙の始まりとされる大きな爆発。ビッグバン理論という考えがある)が起こりました。
約二百億年前のことです。

『古事記の宇宙』p.43


まぁ、ビッグバン説が世の中の〝常識〟になっているのだから、竹内氏がビッグバン説を信じるのも無理もないんだが、亀さんはゼンゼン信じていない(爆)。そのあたりについては、以下の拙稿に書いたので説明は省かせていただく。
間違いだらけのNHK「コズミック フロント」

以上、『古事記の宇宙』の書評終わり。

2017年1月18日 (水)

プーチンの影武者の写真を毎回変える… 

飯山一郎
2017/01/18(水)3  
『スプートニク』のイメージ作戦
どれが本物か?はど~でもE~話
Putin1 Putin2 Putin3 Putin4
Putin5 Putin6 Putin7 Putin8
Putin9 Putin10 Putin11
Putin12 Putin14 Putin15
Putin13 Putin17
モナリザ
  • 「替え玉/影武者説」,「入れ替わり説」,「暗殺説」,「死刑になった説」,「モナリザ説」まである…『プーチン伝説』
  • その伝説に相応しい写真が,色々・様々,ゴマンとある.
  • とくに『スプートニク』は,意識して,日替わりで,色とりどりのプーチン像を載せまくっている.
  • 「逮捕されて,オリの中に入れられ,死刑執行前のプーチン」 などという伝説写真を信じるシトもゐる.
  • 「何人ものプーチンがゐる!」 ということを,プーチンは『スプートニク』を使って世界中に拡散している.
  • こんな突拍子もないコトを敢えてヤルのは,本物のプーチンだからこそ出来ることだ.
  • いや!本物のプーチンが殺されて死んでしまったあと…,途轍もない発想と卓越した戦略思想をもった人物が入れ替わっているのだ!…とかなんとか.
  • いやはや.こ~なると,真贋論争は全く意味がなくなる.どんな空想も,いったん世に出ると,独り歩きを始めるからだ
  • こうして,「プーチン真贋論争」が「プーチン伝説」になって,「プーチン神話」になる…,このイメージ操作・世論操作が大成功している!ということだ. (記事)
  • いずれにせよ…
    いま,世界の趨勢は,クレムリンの奥の院で,本物のプーチンたちが決定した流れになってゆく!ということだ. (記事)
  • 上の行の(記事)というリンクは,熟読して寝!>皆の衆
飯山 一郎(71)

米国内の熾烈な内政争いは カラー革命 

飯山一郎
2017/01/18(水)2  
自国を破壊するネオコン
プーチンがトランプの危険な船出を憂慮
同志
SPUTNIK
プーチン大統領、米国民はトランプ氏の合法性の破壊を望んでいる
『スプートニク』 2017年01月17日 http://sptnkne.ws/drkb
プーチン大統領は米国では大統領選挙はすでに終了したにもかかわらず、熾烈な内政争いが続いているとの見方を示した。

プーチン大統領は選挙で大統領に選ばれたトランプ氏の合法性を損ない、選挙公約が遂行できないような立場に同氏を立たせようという試みは米国民自身の利益に多大な損害を与えるものだと指摘した。

「彼らはキエフで練習をしておいて今度は自国のワシントンでなんとかトランプ氏を就任させぬために『マイダン』を組織しようとしているのではないかという印象を受ける。」
プーチン大統領は17日の記者会見でこう述べた。 (記事)
  • プーチンは流石(さすが)だ.
  • 「アメリカ内戦」という危機状況を克明に認識している.
  • プーチンと飯山一郎の認識は,奇しくもww ほとんど同じだ.
  • それにしても…だ,
  • ヒラリー,マケイン,ソロス,ブッシュといった米国軍産体制のパシリどもは,今度はアメリカをメッチャ・クチャのグッチャ・グチャにしたいらしい.
  • いっぽう,フリンを「事務局長」とする米国正規軍の反戦派と退役軍人たち(トランプもその一人)は,アメリカ本土防衛(と,トランプ暗殺対策)に必死で取り組んでいる.彼らの諜報・防諜活動は完璧である.
  • このことは,昨夜までのNY株式市場が暴落せずに安泰を保っていることで分かる.
  • ところが東京株式市場は,先週末から暴落している.
  • これはソロス一派を中核とする外資が猛烈に売り込みをかけていたからだ.
  • ソロスは,先ごろ来日して,「オレのカラ売りが儲かるよ~にしてくれ!」と,アベやアソ~に依頼した.
  • 魔坂,ソロスの要求はムゲに断れないから…,アベ一味は株価のPKO(買い支え)を止めた.
  • で,本日までの東京市場の暴落はアベとソロスの仕業,と.

「ソロスは,すでに殺されている!」などという飛ばしネタ,タダの伝聞情報を吹聴している売文・講演会屋がいるが…
聴衆集めの営業トークだ.

えらそ~な人物が言うことを,すぐに信じてしまう阿呆が多すぎる!

放知技』でも,「預金を保護しましょう」の「移住する前に資金をフィリピンに送ろう!」などと言われ,ソレを信じて大金を「破武(本名:中村正臣)」という詐欺師に預けてしまった!という事件で大騒ぎだ.

カネは,モノを買うには便利だが…,銀行以外の他人には絶対に預けては駄目!

それなのに,(政治や経済や「ホ」に対する不安感から)よりによって詐欺師風情(ふぜい)に預けてしまう….

【教訓】 他人は,絶対に信じちゃ駄目!

「ヒトの言うことは信じるな! ウラを読め!」 と言い続けてきた…
ほら,あの飯山一郎という爺さんだけは,信じてもE~からな!
飯山 一郎(71)

明日の夜から金曜にかけても寒気が。

他山の石(1) 

人生は冥土までの暇潰し
 
17011801
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15947559

掲示板「放知技」の「難民旅館 法治希は「放射能からの離脱」 (5)」というスレッドは、詐欺師の言動を生中継中(2017年1月18日現在)という、大変貴重なスレッドである。その詐欺師とは破武(はぶ)というハンドル名の男(五十代後半)で、本名を中村正臣と言うらしいが、これからという若い人には、破武のような詐欺師の道を歩むことなく、真っ当な道を歩んで欲しいという願いを込め、「他山の石」シリーズを開始することにした。

この「他山の石」シリーズの進め方だが、基本的にTVドラマ「あんどーなつ」をベースに筆を進めていきたい。なぜなら、詐欺師とは対極の世界を見せてくれるのが、「あんどーなつ」というTVドラマだからだ。ドラマの主人公は和菓子店に勤める安藤奈津(貫地谷しほり)という女の子で、その奈津に厳しく職人の道を教えつつも、温かく見守る周囲の人たちが織り成すドラマである。なお、職人の世界については、旧ブログで「職人のすすめ」という記事を書いているが、日付が2010年8月29日と、東日本大震災から遡ること半年前の記事なので、本シリーズにおいては内容的に多少は異なってくるとは思う。それでも、職人の世界そのものは今も昔も不変だ。

で、詐欺師と職人の違いだが、「あんどーなつ」第1話の以下のシーンを見れば一目瞭然だ。

17011805

17011802

17011803

17011804

安藤奈津 いつも、食べる人の笑顔を、心で思いながら作りなさい。心は必ず手に伝わり、お菓子に伝わる。(ローラさんが)そう教えて下さいました。

この奈津の言葉は、洋菓子学校を卒業し、初めて勤めた洋菓子屋の主、ローラさんという外国人のおばあさんが奈津に教えてくれた菓子作りの秘伝である。

一方、詐欺師は真逆の考え方をする。つまり、詐欺師の〝仕事〟は人の笑顔を思い浮かべることではなく、手前で笑顔を浮かべ、人様のお金を騙し取ることであり、後は野となれ山となれということで、人が悲しもうがどうしようが一向に平気という連中だ。その後になって詐欺がバレたとしても、連中の口を衝いて出てくるのは、嘘八百の言い逃れや見苦しい自己弁護に終始するのが、お決まりのパターンだ。その様子が、上記のスレッドにあからさま出ているので面黒い(嗤)。これで、破武という詐欺師や、オレオレ詐欺師の連中の心根(本性)が、少しはお分かりいただけたことだろう。

亀さんも長い人生を生きてきて、詐欺師や詐欺師紛い(詐欺未遂)の連中に大勢接してきたし、高い授業料も支払わされてきた。それでも、人間観察の授業料だと思えば安いものだ。要は、人様を騙すような道だけは歩むなと、若い人たちに言いたいのである。

【追記】
「他山の石」の意味

あんどーなつ 第1話

2017年1月17日 (火)

米国は内戦状態! これが世界を見るキーワード 

飯山一郎
2017/01/18(水) 
「米国内戦」は あと3日間が山場!
  • 「いま,アメリカは『内乱』で国内が分裂状態」
  • 「現在,米国は内乱状態! これが世界を見るキーワード」
  • アメリカが内戦・内乱状態にあることを,ワシが指摘したのは,3年半も前のことだ. (記事)
  • その「米国の内戦」とは,CIAを中核とする戦争屋勢力vsジョン・ケリーなど退役軍人の精鋭を中核とする反戦・非戦・厭戦勢力との壮絶な闘いだ.
  • その勝敗は,他国に軍事侵攻はしない!と公約したトランプを担いだ非戦派の勝利!となった.
  • しかし負け組となった戦争屋勢力は,現在,トランプの大統領就任式を阻止しようと,最後のアガキ,鼠~か,イタチの最後っ屁をブチかまそうとしている.
  • 「トランプ就任を巡って,第三次大戦を引き起こしたい勢力」までが,実際にゐる!というのだ. (記事)
  • そういう米国の戦争屋勢力が,アメリカと世界を滅茶苦茶にするための最後のチャンスが,今週!なのだ.
  • あと3日の間に何かが起これば,世界は奈落の底を見ることになる.現在,最も危険な組織は,CIA内部で特攻攻撃を狙う勢力である.
  • CIA内部の特攻隊の核ミサイル攻撃から自国を防衛するために,中・露・朝の正規軍は,いま,臨戦態勢にある.
  • JAXAが小型ロケットの打ち上げ失敗の原因は,中国が(警告のために)発射したジャミング・レーザーだ,という説もあるほど,世界は,現在,大変な緊張状態にあるのだ.
  • 平和ボケの方々は分からないでしょうが…
  • せめて,CIAという謀略機関の危険性を,下の記事を読んで少しは理解してくれれば,E~爺ちゃんは嬉しいんだけど.
このブログの文章は分かりやすい!
金玉満堂
 不良組織CIAは大統領から独立している.

かつて大日本帝国陸海軍は「統帥権独立」のもと内閣のコントロールが及びませんでした。

戦争を始めるか否かは天皇の専権事項とされ、その天皇は伊藤博文と明治天皇間の覚書「機務六条(きむろくじょう)」に従い「良きに計らえ」でしたから軍隊をコントロールできる機関がありませんでした。

軍部は好き放題やって国を滅ぼしました。 (記事)
機務六条(きむろくじょう)とは、1886年(明治19年)9月7日に明治天皇と伊藤博文(内閣総理大臣兼宮内大臣)が内閣を代表する形で交わした約束事。これによって、天皇と内閣の関係を規定すると同時に、明治天皇が親政の意思を事実上放棄して、天皇の立憲君主としての立場を受け入れることを表明した。
  1. 内閣に於て重要の国務会議の節は、総理大臣より臨御及上奏候上は、直に御聴許可被為在事
  2. 各省より上奏書に付、御下問被為在候節は、主務大臣又は次官被召出、直接御下問被為在度事
  3. 必要之場合には地方行幸被為在度事
  4. 総理大臣又は外務大臣より、内外人至当之資格ある者に御陪食を願出候節は、御聴許可被仰付事
  5. 国務大臣、主管事務上に付拝謁願出候節は、直に御聴許可被為在
  6. 御仮床又は入御之節は、国務大臣御内儀に於て拝謁被仰付事 但書面又は出仕等の伝奏にては到底事情を難尽、為めに機務を処理するに於て往々機会を失する虞有之候事
(『明治天皇紀』6,631頁より,by 『放知技』 木枯し紋次郎

不良組織CIAは大統領から独立している.
このCIAが現在,(南沙諸島爆撃や中東で核使用を目論むなど)非常に不気味な動きをしているという.

しかし,CIAの謀略的な策略は,米国の正規軍と退役軍人の精鋭(作戦本部長,頭領格は,マイケル・フリン元アメリカ国防情報局長官)が監視し,対策を講じている.

CIAの特攻隊vsアメリカ正規軍が壮絶な冷戦を戦っている!
これが現在の「アメリカ内戦」の実態なのだ.

期限まで,あと3日.
18日,19日.20日.この3日が過ぎれば,トランプとフリンが米国正規軍を完全に掌握する.

トランプの政府は,(CIAなど)米国情報機関の再編と規模縮小作業を開始する.(記事)

国家権力を掌中にしたトランプは,(ケネディにはならず)強力に国家再編(アメリカ・ファースト)を進展させてゆく.

トランプによる歌舞伎を観るような大袈裟な劇場型の政治の全ては,先ずネットに流れる.

いま,世界のメディアで信用に足る真実報道をしているのは,『スプートニク』と『トランプのツイート』でR.

ネットから目が離せない日々が来る.

なお…,
金玉満堂(きんぎょくまんどう)の意味は…
「豊かな才能と学識があること」
「金玉」は黄金と宝石. 「満堂」は部屋の中が満たされていること.
「金玉堂に満つ」とも読む. 出典は,『老子』「九章」.
飯山 一郎(71)

医者たちが無意味な抗がん剤をやりたがるわけ<がんと診断されても信じるな>(幻冬舎plus)

「多死社会」到来で従来の葬儀に抵抗感? 「遺体ホテル」って何だ…〝火葬渋滞〟で変わる葬送シーン

わずか3日間の断食で全免疫系が再生される! 

飯山一郎
2017/01/17(火)  
3日目の夕方から餓鬼になる…
中国での過食・飽食を絶食で とりもろす!
プチ断食1 プチ断食2
プチ断食3

断食は究極のアンチエイジング(内蔵や肌の老化防止)!
半年に一度,2~4日間の「プチ絶食」で全免疫系が再生.
http://www.j-cast.com/2014/08/23213449.html

南カリフォルニア大学:僅か3日間の断食で全免疫系が再生される.
高齢者でさえも.めざましい突破口。
幹細胞が新しい白血球を作り,感染を寄せ付けない。

【文献】 3日間断食すると全免疫系が再生される.研究結果

絶食は身体にも精神にも最高にE~!
こんなコトはガッテン承知の助だ.

ぽんぽこ笑店』の(部下がいない)部長の「絶食青年」が40日の絶食を敢行して,身体と精神を進化(神化)させたのを見ているし…

しかし,ワシには「3日間のプチ絶食」も難行苦行なのだ.
それは,3日目の夕刻からの猛烈な空腹感・飢餓感だ.
これに負けてついつい食ってしまった後の,あのミジメな屈辱感が,ワシの心奥に,いつまでもトラウマになっている…

しかし,今年はヤル!
昨年は中国に7ヶ月近くもゐて,過食と飽食と運動不足の日々.
そのためワシの身体はナマってしまい,ナマケモノか豚.

これではイカン!と,ワシは隠居宣言までして,連日連夜,ダンベルを振り回し,坂道を駆け上がって,猛烈な自己鍛錬.

残るは,絶食! これをワシは敢行する.
いつから始めるかは,いま,思案中だ.
飯山 一郎(71)

Jリーグ創設の木之本興三氏死去 日韓W杯で日本代表団長

2017年1月16日 (月)

雪による倒木で50世帯が孤立状態 兵庫 | NHKニュース

『日刊ゲンダイ』は牛~読む価値なし! 

飯山一郎
2017/01/16(月)  
ソロスをヨイショする意図は?
『日刊ゲンダイ』が馬脚をあらわした記事
麻生とソロス

  • 『日刊ゲンダイ』の記事のウラを読むと,面黒い.
  • 先ず,ソロスを異常なほどホメる『日刊ゲンダイ』
  • ソロスは世界を撹乱する米国ネオコンの頭領格で,日本の国富を収奪してきた勢力のボス!なんてことはネットでは常識.
  • これで,『日刊ゲンダイ』が正義のフリをしたゴロメディアだってコトがバレてしまった.
  • 米国戦争屋の下僕(しもべ)にすぎないアベやアソ~を叩けば,無知な読者が喜び,新聞が売れる!との思惑がミエミエ.
  • そんなコトより…,(トランプ相場のカラ売りで莫大な損害を出した)ソロスが来日したのは,カネの無心.
  • 「無心」とは,思慮なくカネをせびることを意味する言葉だが…,アソ~は「ソロスの無心」をやんわりと断った.
  • このコトがアソ~が言ったセリフに良く表れている.
  • アソ~は,こう言った.「カネがあるのに,さらに稼いで何をしたいのか理解できない」「おカネ儲けに興味がある人なんだなと感心した」
  • これは,「ソロスが来日したのは『無心』だが,それをオレは断った」 と読むべきだし,実際,そ~ゆ~コトだったらしい.

だっから,まぁ,きょうのところは…,
「アソ~,でかした! 良くヤッた!」 と,ホメておこう.
飯山 一郎(70)

雪の影響など 各地で停電 - NHK 関西NEWS WEB   関西電力では雪の影響で倒木がおきたとみて復旧作業を急いでいます。

自主避難者の転居費支援で医師が民間基金設立。70兆円も世界にばら撒く余裕があるなら、まず国が手を差し伸べろ&ペテン総理の「ミサイル提供」をドゥテルテ大統領が「第三次世界大戦を見たくない」と拒否・・・ホントか!?

くろねこの短語
2017年1月16日 (月)
 

福島第一原発事故により自主避難したひとたちの住宅無償が3月に打ち切られることは、これまでも何度か紹介した。ようするに、勝手に避難したんだから、ここから先は自己責任でどうにかしろ。それが嫌なら、放射能汚染がどうしたこうしたと文句垂れずに地元に戻れ、ってことだ。

 首都圏に自主避難して無償提供を受けている世帯は約2100世帯。打ち切り後の「受け皿」として東京都などが首都圏での公営住宅などに優先枠を設けたのは800戸というから、自主避難したひとたちの約4割しか対象にならない。仮に、運よく公営住宅に入れたとしても家賃がかかってくるし、民間の賃貸住宅となればその家賃はかなりの負担だ。しかも、自主避難しているひとたちには母子家庭というケースが結構あるとも言われてますからね。

 でもって、国にまかしておいたらとんでもないことになるってんで、なんと八王子の医師が転居費を支援する民間基金を設立したそうだ。大企業の幹部社員が軒並み億を超える給料貰っておきながら、こうした基金を設立したなんて話はとんと聞きません。トランプに尻尾振ってアメリカに1兆円の投資するなんて社長の話を聞くと、なんか世の中間違ってるなあと腕組む今日この頃なのだ。

 なによりも、ペテン総理が先頭に立って外国に税金ばら撒いている国ですからね。住宅の無償提供費用は年に80億9000万円ほどとされ、1世帯にすると最高でも126万円ほどとか。フィリピンへ1兆円支援する余裕があるなら、お茶の子で解決できる額だろう。個人の基金設立はとても尊いことだが、本来なら国がやるべきことなんであって、こんなのが「美しい国」だとしたらなんとも悲しい限りなのだ。

医師の寄付から民間基金 福島・自主避難者の転居費支援

<自主避難>10都道府県が住宅支援策

Photo
このうちの1割でも被災者のために使ったら・・・

 ところで、フィリピンに1兆円の手土産を差し出したペテン総理が、ドゥテルテ大統領に「ミサイル提供」まで持ちかけた挙句、「第三次世界大戦を見たくない」って拒否されていたってね。ペテン総理にすれば、中国包囲網にフィリビンも積極的に参加してくれるものと思い込んでたんだろうけど、さすがにホンチャンで命のやり取りしてきた人物は、変に中国刺激すると厄介なことになる、くらいのことはとっくにお見通しってことです。

 ペテン総理の「ミサイル提供」発言は、それが事実だとすれば、中国にとっては聞き捨てならないことだろうから、ノータリンな世襲政治屋のおかげで日本はアジアでどんどん孤立していくことになりますよ。

ニュースソースはこちら
Duterte: I rejected Japan missile offer

ドゥテルテ:私は日本のミサイルオファーを拒否した

ドゥテルテ大統領は、第三次世界大戦を見たくないと述べ、フィリピンにミサイルを提供するという日本の安倍晋三首相による提案を拒否した。

金曜日のダバオ市への安倍首相の訪問の後、同市のマルコポーロホテルで市商工会議所の第49回年次総会に出席したドゥテルテ氏は昨夜の提案を明らかにした。

ドゥテルテ氏は「第3次世界大戦を始めるなら、それは(世界の)終わりになるだろう」と述べ、「実際に私は安倍(首相)にミサイルは必要ないと伝えた」とし、米国とロシアの指導者さえも良好な関係に来ているようだとも指摘した。
ロシアのプーチン大統領とドナルド・トランプ次期米大統領に言及したドゥテルテ氏は「見るにプーチン大統領は協調的であり、今はトランプ(世界に手を差し伸べている)もだ」と述べた。

ロシアがフィリピンに潜水艦を提供するという提案を申し出たが、デルフィン・ロレンザーナ国防長官は、同国が潜水艦を購入する余裕がないと述べた後、日本の提案があったという
これを受けて、ドゥテルテ大統領は、フィリピンが外国との軍事同盟を締結しないようにする意向を再確認した。
「私は外国の兵士がいない国にしたい。 Ayoko ... sibat na kayo。 (私はそれが好きではない..彼らは行かなければならない)。我々は今は十分だ 」

三つ巴の世界 

人生は冥土までの暇潰し
17011504

昨日の飯能市は最高気温が日中でも4℃と、流石に日光浴は無理かと思っていたんだが、神計らいか、午後2時半に雲が切れて太陽が顔を覗かせたのである。そこで、せめて太陽凝視だけでもと思い、太陽凝視を開始、やがて身体も温まってきたので、恐る恐る上半身裸になって日光浴を試みたところ、ポカポカと暖かくて気持ちのE-ことE-こと…。多分、昨日は今冬一番の寒い日になると思うが、そんな日であっても太陽が顔を出して無風なら、日光浴も問題なく出来ることが分かったのは収穫であった。

ところで、過日の米大統領選挙だが、亀さんは選挙操作(「敵は本能寺にあり」参照)によってクリントンが当選し、アメリカの凋落に一層の拍車がかかり、今や軍事力でアメリカを圧倒しているロシアと中国を中心に、世界は動いていくものとばかり思っていた。しかし、亀さんの予想に反してトランプが当選したという次第だ。

その後、トランプの言動に注目してきたが、「最新鋭ステルス戦闘機「F35」の宿命的欠陥」と、遠慮なく戦争屋を叩いたかと思うと、1月11日(現地時間)に当選後初の記者会見を開き、軍産複合体の番犬であるCNNを体よくあしらっているシーン(拙稿「花札とトランプ」参照)を見て、間違いなくトランプは公約「アメリカ・ファースト」を実行する、すなわち、アメリカの国益を最優先させる大統領になると、亀さんは確信した次第である。意味するところは、ロシア・中国の二ヶ国て世界を動かしていくと思っていたところへ、今度はアメリカが加わる形になり、正に三つ巴の形で世界は動いていくことになったということだ。

ここで、三つ巴という言葉で脳裏に浮かぶのが三国志だ。亀さんは拙稿「青州へ赴く(8)」で、小室直樹の以下の言葉を紹介している。

三国志を心して読むと、今の中国の行く末も予測できるというものだ。
『小室直樹の中国原論』p.166


三国志とは、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国が争覇した時代を指しているのは言うまでもないんだが、これを現代に置き換えて、ロシア・中国・アメリカの三国の争覇として捉えると、小室直樹の言葉を以下のように置き換えることができると思う。

三国志を心して読むと、今の 中国 露中米の行く末も予測できるというものだ。


これで、ますます三国志を読む必要性が高まってきた。三国志(正確には『三国志演義』)の訳本で、最も広く読まれているのは吉川英治の『三国志』なんだが、亀さんとしては柴田錬三郎の三国志、『英雄 生きるべきか 死すべきか』(上中下巻)をお勧めしたい。その辺りの理由は、拙稿「任侠心と洞察力」で紹介した、今東光和尚の以下の言葉に集約されている。

吉川英治の知識なんてその程度のもんでね、オレは馬鹿馬鹿しくてとても読む気しないよ。「三国志』が面白かったとしたら、それは原作が面白いからだ。彼のは単なる翻訳で、創作じゃないからね。


なお、柴田錬三郎の人物は以下の拙稿を参照されたい。
東光ばさら対談 柴田錬三郎
16083003

口論の末 女が体当たり 男性が意識不明の重体 

飯山一郎
2017/01/15(日)  
この事件で ワシは発奮!
重体男性は可哀想だがとても励みになりました
ヲンナは怖い
品川駅前で傷害事件 口論の末,女が
体当たり! 男性が意識不明の重体 
東京都港区の品川駅前で、知人の男性に体当たりして重傷を負わせたとして、警視庁は傷害の疑いで50代の女を逮捕した。

傷害の疑いで逮捕されたのは、港区に住む無職・西澤郁江容疑者(54)。

西澤郁江容疑者は 1月13日午後11時30分ころ、港区にあるJR品川駅前の路上で、知人の男性(54)と口論になり体当たりして転倒させた疑い。

この事件で男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたが、後頭部を強く打っており意識不明の重体。

西澤郁江容疑者と男性は酒を飲んでいた店で口論になったことが原因で事件に発展したという。

現時点では、2人が口論になった原因などについての詳しい情報は分かっていない。  (『ニュース速報/Japan』の記事
  • 容疑者の女性は気が強い性格.そういう顔写真だ.
  • アンコ型の体型ではないが,「立ち会いのブチかまし」の破壊力で,男性はスッ飛ばされた!と.
  • 鍛えてなかった男性は,「受け身」も出来ず,後頭部を打ってしまった,と.
  • 男性は考え方が古かったので,女性を甘くみていた.
  • 昔の女性と今の女性は,体力・気力・筋力・金力・暴力・破壊力等々が丸で違う!ってことを知らなきゃ駄目だよ.
  • ヲンナから突然の暴力攻撃を受けた際,咄嗟に自衛する心構えと日頃の自己鍛錬が現代の男性には必要で必須!
  • ただし,男性である以上は過剰防衛は絶対に許されないし,先制攻撃も厳禁だ.
  • それより,ヲンナとは絶対に口論しない!という心構え・座右銘が必要だ.
  • とくに昨今は,,とりわけ(Sr)で脳神経細胞がヤラれ…,キレイでもキレやすいヲンナが増えている.
  • そ~ゆ~キレたヲンナがワシに向かって突進してきたとき…,一瞬サッ!と,ワシは身をかわす.
  • するとヲンナは,勢い余って,ワシの後にあるコンクリート・ブロック塀に激突!
  • そのため,昔はキレイだった顔がグチャグチャ.
  • ザマミロ!とも言わず,ヲトコ(ワシ)は涼しい顔.
  • そ~ゆ~訓練を,ワシは始めました.
  • 身体をサ~ッ!と回転させる運動で,身が軽くなり…,身も心も爽快です.
  • 励みになってます.ありがとう!>西澤郁江容疑者
飯山 一郎(70)

2017年1月15日 (日)

古事記の世界 

人生は冥土までの暇潰し
 
今から6年前の2010年10月23日、亀さんは「古事記 深奥の世界」と題する記事を旧ブログに書いている。本来であれば、さらに深く古事記の世界を追求していたと思うが、同記事を書いてから半年後、あの東日本大震災が2011年3月11日に発生、直後に福島原発1号機と3号機の爆発をテレビで見て、日本の終わりを悟った。



以降、日本の終焉に向けた様々な準備に追われ、古事記研究は大幅にスローダウンしたものの、それでも少しずつ地道な古事記研究を素人ながらも重ねてきたこともあり、最近になって漸く旧稿「古事記 深奥の世界」にも書いた、古事記研究の「守・破・離」の「守」の段階から、次の段階「破」に進める見通しがついた今日この頃だ。現在、「宇宙」、「生命」、「言霊」の三分野を中心に、今までグループあるいは独学で学んできた、古事記を復習している最中である。

■宇宙
6年前になるが、宇宙という観点から古事記を読み解く手ほどきを、栗原茂さんから亀さんは数年にわたって受けている。その栗原さんが作成した古事記と宇宙に関する、一太郎形式の電子ファイルおよびハードコピーが、まだ家の何処かにあるはずなので、今度暇ができたら探し出すつもりである。また、ネットで検索したところ、古事記と宇宙とを結びつけた本として、『古事記の宇宙』(竹内睦泰 青林堂)がヒットしたので、入手して栗原論と照らし合わせつつ、同書の批判的読書を試みるつもりだ。栗原さんに言わせれば、古事記の冒頭に登場する天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は、我々の天の川を指しているとのこと。以降、99柱に基づく栗原流宇宙論が展開されるわけだが、この99柱についてはPDFファイルを作成、以下にアップしてあるので、関心のある読者に一読していただけたら幸いだ。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/files/99.pdf

  栗原稿を再読するにあたり、不可欠となるのが『太陽系大地図』(小学館)だ。6年前に購入した本で、長らく書架に眠らせたたままだったが、ここに至り漸く役に立つ日がきたようである。
17011501_2 17011502_2



■生命
世界戦略情報誌『みち』で道友の中村みつぞうさんが、「みょうがの旅」と題する素晴らしいシリーズを長年にわたって連載しておられる。ここ二年ほど、中村さんは「人類の遠祖はサメである」とする説を、古事記と結びつけて展開しているが、そのきっかけとなったのが拙稿「サメの話」であった。以下は、中村さんの古事記とサメについての記述である。

●人類の祖がサメならば、『古事記』で天孫の御子にして神武天皇の御祖父、天津日高日子穂穂手見命(あまつひだかひこほほでみのみこと)と本然のお姿が鰐(サメの古名)の豐玉毘賣命(とよたまびめのみこと)とが結ばれることは、他国の神話にも見られる所謂異類婚の一つと片付けるわけにはいかなくなる。人類の故郷も他の生物同様海だというだけでなく、数多の海洋生物のうち、それこそ人類の祖であるサメが、世界における最古最長の皇統初代の御祖母ということになる。人類の祖はサメであり、その人間の心は腸管に始まる内蔵に宿り、食のあり方が心身に深く影響するという自然界の情報に『古事記』が基づいているのならば、それは、わが国の皇統と『古事記』の時空を超越した、地球史的な意義と普遍性を示すものと言うこともできるのではないか。
みょうがの旅 50 おしほい 44 自然崇拝の普遍性


人類の祖先はサメであるとする説を、初めて唱えたのは西原克成博士だ。そして現在、同博士の新刊本『生命記憶を探る旅』(河出書房新社)を通読中で、読み終えたら読後感を書きたいと思っている。
17011503_2


■言霊
拙稿「日本語は生き残れるか」では言霊を主テーマに取り上げたが、言霊と古事記との深い結び付きを説いているのが、同稿で紹介した『言霊はこうして実現する』(大野靖志 文芸社)である。同書も未だに通読中だが、読み終えたら読後感を書く予定だ。尤も、今のところやや辛い書評になる見込みである。それはともかく、同書が述べているのは古事記と言霊の深い結び付きだけではない。実は、量子力学も深く関与しているのである。このあたりに関心のある読者は、直接同書を手にとって確認していただきたい。

言霊=古事記=量子力学


16122706_2

宇宙」、「生命」、「言霊」の三分野にわたって古事記の〝復習〟を終えたら、いよいよ古事記研究の「破」の段階に入る予定だ。どのように先人の古事記研究を〝破る〟ことができるだろうか、そして思うのは、生きているうちに「破」から最終段階の「離」に、進むことができるかどうかという点だ。人生は短い。

また紫色です。

2017年1月14日 (土)

「最強寒波」 「強烈寒波」 は大袈裟ではない

2017/01/14(土) 
絶対に身体を冷やさない!
日本海が北極海になったよ~な極寒
最強寒波

all氷点下
  • 強烈な寒波が,日本列島全域に押し寄せている.
  • 天気予報サイトには 「最強寒波」 「強烈寒波」の文字が…
  • とにかく半端な寒さではない.
  • 寒さによる体温の低下は,免疫力を激減させる.
  • 身体を冷やさないように! 厳重な注意と対策が必要だ.

 

♪ ぬくぬくワザ4選 ♫•*¨*•.¸¸.•♪

   指の水かきさすり
 

ぬく1
寒さに勝つための…、
どこでもできる一発ワザをご紹介します!

寒い冬、ぜひ試してみて!!
手の水かき部分には「八邪(はちじゃ)」と呼ばれるツボがあり、指先の血行を改善する効果が。
両手合わせて合計8か所を指で挟むように押そう。
 
必殺、正拳突き  
 

ぬく2

筋肉がたくさんある肩甲骨まわりを温めるのも得策。
空手の正拳突きをイメージし…、
肩甲骨を使い、ゆっくりと拳の押し引きを。
 

 

 

足指グーパーグーパー

 

ぬく3

 

寝起きの足先は案外冷えているもの。

そこで足指を思い切り開いたり閉じたり。
すると、足先から血行が巡ってきて、目覚めもすっきり。
 

垂直ジャンプ     
 

ぬく4

垂直跳びは、全身の筋肉が満遍なく温まるワザ。
背筋を伸ばし、肩の力を抜いて、より高く跳ぶようにすると筋肉を効率的に使えて温まる。
寝起きや通勤途中、そして仕事中など、どうにもならない寒さを撃退したい!
そういう時,上の『ぬくぬく技・4選』を是非ヤッててみて下さい.
 

鍼灸師の石垣秀俊さん、藤原愛加さん、
女性ホルモンの賢者・烏山ますみさんと、
身体のプロ3人に速攻ワザを聞きました。

 

  ※ 『anan』2017年1月11日号より。
  イラスト・山中玲奈
  取材、文・板倉ミキコ


飯山 一郎(70)
ワシは,免疫力を下げないために身体を絶対に冷やさない!
そのために身体を温めることを徹底してヤル!
しかし厳寒の冬,部屋全体を暖房するのは不経済だし,少々寒い部屋のほうが頭が冴える. だから下の『温水腹巻きマット (三井温熱)』は,むしろ経済的!
…というか,腹と背中だけが温まり,頭部は温まらないので,「頭の冴え」が常にスッキリなのだ.
それで,眠くなったら温水マットを腹に巻いたまま,布団のなかに入って,眠る.
温度調節も自由自在.この暖房器具のお陰で,ワシの今冬は風邪知らずで,仕事バリバリ.
この分だと,ワシの70歳台は『スーパー老人』として大成する…鴨知れない! コレは,まさに,「大器晩成」だ.(爆)
腹巻き温水マット

テキ屋登場!

人生は冥土までの暇潰し
 
掲示板「放知技」で自らテキ屋と名乗る、静岡のかき氷屋さんという人がカキコしていたので、思わず亀さんもカキコした。

17011401
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15951444/843-844/

投稿した後、静岡のかき氷屋さんも青州に行ったと、大分前にカキコしていたのを思い出し、昨秋訪れた青州の光景が目の前に浮かんだ。さらに、青州で飯山さんにタバコを勧められ、実に13年ぶりにタバコを吸ったことも同時に思い出したのでR。亀さんが初めてタバコを吸ったのは、20歳だったアメリカにいる時で、その後は50歳になったのを機にタバコを止めるまで、実に30年もタバコを吸っていたわけだ。だから、青州で飯山さんにタバコを勧められた時、また喫煙の習慣が戻るかなという不安が頭をよぎったんだが、せっかく飯山さんがタバコを勧めてくれのだからと、有り難く一本頂戴することにした次第である。そして13年ぶりに吸ったのだが、これが実に美味かった! 帰国してからだが、弟や友人が吸っている時に1~2本もらうことがあるものの、それ以外は一切吸わなくても大丈夫のようだ。

ちなみに、以下は1998年にNHKのドキュメンタリー番組に出た時のワンシーンで、亀さんが45歳の時のものである。確か、一箱以上は毎日吸っていたと記憶している。

17011403

静岡のかき氷屋さんというテキ屋にカキコした後、仕事の絡みで検索していたところ、何故か「男はつらいよ」の第43作、「寅次郎の休日」がヒットした。そして、第43作の後藤久美子の写真を見て、アッと思ったのである。青州では飯山さんや皆さんに上さんの若い時の写真を見せているが(拙稿゛初恋はカルピスの味(2)」参照)、今の今まで上さんは和久井映見似だとばかり亀さんは思っていた。しかし、久しぶりに「男はつらいよ」の第43作を見て、むしろ上さんは後藤久美子に似ているなと思った次第である。すると、以下の写真が目に入り、四半世紀前にタイムスリップしたような思いをした亀さんであった。う~ん、亀さんにも若い時があったんだなぁ…。

17011404

17011402

【すで爺さんへ】
掲示板「放知技」の〝エロ友〟すで爺さんに、以下の寅さんの言葉を贈ろう…(爆)。

それじゃ何か?
真面目な男っていうのは
女に惚れないのか?
じゃ、俺なんか総合的に見たら
真面目じゃないって訳か?

https://www.tora-san.jp/movie/43/


上のページには、おいちゃん、おばちゃん、さくらなどが登場しているが、さくらの以下の寅さん評は面白かった(爆)。まるで、すで爺さんのことを言っているみたいだワイ(エッ、亀さんのこともだって…?)。

忘れっぽい人だけど、女の人の事だけは、絶対覚えているから…


17011405
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15951444/836/

※ すで爺さんの言う「立つ」の意味が分からない読者は、掲示板で直接本人に問い合わせること。亀さんには分からねえ。

「高木毅前復興相、女性宅侵入で逮捕されていた」 調査で判明と自民・山本拓福井県連会長

明日(14日土曜)の朝にかけて広い範囲に強烈な寒波がきます。 大気汚染と汚染された雪に要注意。

2017年1月13日 (金)

ビットコイン(BC)が大暴落する直前に… 

飯山一郎
2017/01/13(金)2  
 
BCで儲ける!と宣言した馬鹿男
 
シロ~トは暴落を考えず対処法も知らない
BC大暴落
  • 「ブロックチェーン」だ,「フィンテック」だ,などと耳新しい専門用語で,欲深いシロートの心理を操作して…
  • 実世界では通用しない『ビットコイン』という架空の「仮想通貨」を現金を銀行振込させて買わせる….
  • その『ビットコイン』のネット上の価格が上がっているうちはE~が…,しかし,突然の暴落が始まると手の打ちようがない!
  • 実際に先ごろ,その大暴落が始まってしまった.(上図)
  • 『ビットコイン』をスッ高値で売り払った販売組織には大量の現金が残ったのだが,現金の払い戻しは暴落した安値でE~のだから,大儲けだ.
  • それで『ビットコイン』の価格が落ちるところまで落ちたら,取引所は『ビットコイン』を最安値で買いまくり,価格が上がったら,また別の新規顧客(カモ)に売りまくる!と.
  • 今回の暴落を全く予期しなかった馬鹿な男が掲示板『放知技』にゐて,「俺はビットコインで大儲けする!」などと掲示板に書きまくって,他人のカネまで集めていたが…,ど~なったか? 苦しんでると思う.
  • とにかく,耳新しい儲け話には,耳を貸さないことだ.
  • とかく世間は鬼ばかり.
  • ウマイ話には,絶対に乗っては駄目だ.
  • 乗ってE~のはクルマだけ! クルマだって危ないんだぞ.
飯山 一郎(70)

ソロスが相場で大損! ヒラリー当選に賭けて…

飯山一郎・
2017/01/13(金)  
流石のソロスも老衰か?
反トランプ勢力は金欠病で衰退してゆく
ソロス
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12日、米著名投資家ジョージ・ソロス氏(86)が、昨年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利して以降、大方の予想に反して大幅な株高となったことで10億ドル(約1100億円)近い損失を出したと報じた。

同紙によれば、ソロス氏は大統領選後に株価が下落すると予想して投資戦略を立てた。だが、実際にはトランプ氏の経済政策に対する期待感から連日株価が高騰する「トランプ相場」が進行。昨年末までに多くの投資をやめたが、損失が膨らんだという。 (記事)


  • ソロスは,株のカラ売りも含め,損失・損害が出た取引の決済(損切り!)を,昨年11月初旬から12月末まで,2ヶ月近くもかけて行った.
  • 駄菓子菓子,その2ヶ月の間に,ソロスの(ヒラリー当選に賭けた)建て玉の損失・損害は膨らむ一方だった.
  • ソロスが被った最終的な損失額は,邦貨換算で数千億円.推計された最大値は,1兆円超!という巨額.
  • ソロス以外にも,ヒラリー当選に賭けた投資家・起業家・政治家・メディアの損害額は,軽く数兆円を上まわるだろう.
  • 米国のマスコミは,ウソつき!のレッテルを貼られて,購読者激減!という低田楽(ていたらく)
  • ヒラリーに賭けた軍産複合体も,最新鋭のF35戦闘機が古ダンプカー扱いになるなど惨々の結末.
  • このようにして米国の支配層の入れ替えは,猛烈な勢いで進んでゆくのでR.
  • だっから,アメリカは,大きく変わってゆく!
  • 変わらないのは…,蛇犯(ジャパン)だけ. (T_T)
飯山 一郎(70)

<岐阜・観光バス衝突>走行中に発病か 68歳運転手が死亡(毎日新聞)

花札とトランプ

人生は冥土までの暇潰し
 
 
飯山(一郎)さんの最新記事「トランプの一言一句に一喜一憂し…」を読んだ。

花札トランプの親分は,猪鹿蝶(イノシカチョウ)を繰り出して,何か途轍もないことをヤラかす大統領になりそ~だ.


禿同! 亀さんもテレビで記者会見を見たが、まさに、「大統領というより,ヤクザ組織の親分の噴霧器」そのものだった(爆)。



その後、掲示板「放知技」に目を転じたところ、〝あの和尚〟が話題に…。

青森出身の もぅとっくの昔に

亡くなられた お坊さんの話を

よくされているが・・・

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15947645/696/


また、以下のような発言も…。

人生は人性
http://ameblo.jp/souainikki/theme-10033238223.html

オマンチンさんによく似た人がいるものだ。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15958132/310/

えっ、青森のお坊さんて誰かって? 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

13022801

何故か、記者会見のトランプと今東光和尚が、ダブって見えてしかたがなかったんだが…。

共謀罪と、五輪中止は、比較にならない。 基本的人権を永久に犠牲にしてまで、皆んなが嫌がるようなオリンピックなんて何の価値があるの? 中止して、予算を年金の穴埋めにまわすべし。

2017年1月12日 (木)

トランプの一言一句に一喜一憂し…

飯山一郎
2017/01/12(木)2  
トランプは闘犬だな
言葉の刀剣を振り回し株式相場を振り回す
BG 乱高下
  • 1月11日の11時11分から開始されたトランプ次期大統領の当選後初の記者会見は,大荒れだった.
  • ニューヨーク株式市場も,トランプの一言一句に一喜一憂して,激しく乱高下して大荒れだった.
  • プーチンや習近平の如く,穏やかに紳士然と構え,滅多に喜怒哀楽を表情に出さない大人(たいじん)とは丸で逆.
  • アメリカ・インディアンを殺しまくった獰猛な白人種の迫力.
  • 軍人あがりのトランプの政権は…
  • 閣僚・側近・高官に退役軍人を大量採用した軍事政権だが,
  • 金融面での高官人事は,ウォール街色の濃い金融政権だ.
  • 精鋭軍人に警護された『トランプ金融・軍事政権』には,「要人暗殺」の恐れはなく,むしろ「暗殺」する側だww
  • それにしても,昨夜のトランプの会見は,記者たちを闘犬のように噛みつき放題.
  • 大統領というより,戦闘的なヤクザ組織の親分の噴霧器.
  • 花札トランプの親分は,猪鹿蝶(イノシカチョウ)を繰り出して,何か途轍もないことをヤラかす大統領になりそ~だ.
飯山 一郎(70)

【怖すぎ】小泉進次郎氏が日本の将来を語る「悲観的な1億2千万人より、自信に満ちた6千万人のほうが良い」

健康になるためのブログ
 
公開日: 2017/01/11 :
5f76d19al
年頭にあたり 恵まれた国、未来志向の若者…大いなる楽観が将来を開く 日本財団会長・笹川陽平
自民党青年局長を務めた小泉進次郎衆院議員も出席、「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、成功事例を生み出せるのではないか」と語り、会場から拍手が起きた。








将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国

これ一体どんな国なんでしょうね。「戦前最高~!」「日本はスゴイ!」「政治なんて知らねぇよ!」とか言う人たちばかりになるんでしょうか。悲観的な考えを持っている人たち(今の若者か?)はどうされてしまうんでしょうか。

考えれば考えるほど恐ろしいですし、よくもこんな言葉が出てくるもんだと、小泉氏の思考回路にも恐怖します。彼が総理になる時はどんな日本になっているのでしょうか?

      

 

   

台湾:「脱原発」法が成立=再生エネ普及後押し 

飯山一郎
2017/01/12(木)  
台湾が脱原発法を可決 アジア初
2025年までにすべて運転停止
台湾脱原発法
【台北共同】台湾の立法院(国会)は11日、2025年までに、3原発6基の原子炉を事実上、全て廃炉にすることを盛り込んだ電気事業法の改正案を可決した。総統令を経て発効する。

改正法は,代替の再生エネルギー拡大を進める内容で、東京電力福島第1原発事故後、欧州ではドイツなど脱原発にかじを切った例があるが、アジアでは台湾が初めて。

民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は昨年1月の総統選で、25年までの脱原発を公約に掲げて当選した。

改正法は「原子力発電設備は25年までに全て運転を停止すべきだ」と明記した。 (記事)

アメリカは,トランプ大統領の主導で,脱戦争国家へ大きく舵を切る.
(トランプ政治に反抗する勢力との「内戦激化」の可能性もあるが…)

中国は,国内の腐敗勢力(政治家・官僚)を排除する大浄化作戦を,習近平国家主席が全力で進めている.

ロシアは,国民の健康と豊かな生活を守ることが国家と政府の責務!と,プーチン大統領が確言している.

日本は…,悪いほ~にしか変わらないだろう.

しかし!
自覚して覚悟を固めた一人一人の日本人が変身と自己鍛錬の日々を送れば…,道は拓けてくる! 夢も希望も湧いてくる.

とにかく日本人は,国家や,政府や,官僚や,知識人や,新聞や,テレビや,医者や,坊主に一切まったく頼らずに,自分と家族の健康だけを考えて,生き抜いていきましょう!>皆の衆

それしかないのだから……
飯山 一郎(70)

反対側に見えている海面の反射だろうか? 赤丸の部分がキラキラして見える。 紫色の光は変わらず。太陽はギラッとした感じに見える。 また変なマシンを投入しているし…。

岐阜県多治見市「オースタット国際ホテル」ホテルの朝食で39人食中毒症状 ノロウイルス検出

退位も決まらないのに「新元号、平成31年元日から」ってリークするとは・・・&「一般の方々が対象ではない」(安倍晋三)共謀罪って、そもそも「法の下の平等」を謳った憲法14条に違反してるんじゃないのか!?

くろねこの短語

産経新聞が「新元号、平成31年元日から 皇室会議経て閣議決定へ」のニュースを流した時には、飛ばし記事じゃないかと思ってたんだが、どうやらそうでもないらしい。今朝の各紙朝刊も後追いしているようだから、しかるべき筋からのリークがあったのだろう。こうやって外堀を埋めつつ、皇室典範改定には触れずに退位を進めていくって手口は穏やかではない。

 おそらく、天皇退位を一代限りの特別法としたい勢力の意向が大きく関わっているのだろう。でなけりゃ、まだ有識者会議(これもどこの馬の骨かわからない輩の集まりなんだが)の論点整理もなされていない段階で、もっと言えば国会での議論もまだのタイミングで、新元号云々までがリークされるってのは、無礼極まりないことだ。

 天皇とペテン政権の確執が噂されているけど、かなり深刻な状況なのかもしれないね。秋篠宮の皇太子待遇というのも、経済的な問題だけでなく、その裏には退位に絡んだ何かしらの思惑があるに違いありませんからね。って、いつもの妄想だから聞き流すように。

新元号「平成31年元日から」と一部報道 天皇退位関連法案、5月にも提出か

 ところで、9日のエントリーで、「思想や内心の自由を侵しかねない人権無視の法律がなければ開けないオリンピックだったら、そんなものいらない」って書いたんだが、ペテン総理が共同通信のインタビューに共謀罪が成立しないと「2020年東京五輪・パラリンピックがてきない」って答えたってね。

 さらに、「一般の方々が対象となることはない」とものたまってるんだが、一般の方々ではないってのは誰のことだ。そもそも、「対象は一般の方々ではない」法律って、憲法14条「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」に違反してるんじゃないか。

2

 昨日、たまたま東海テレビのドキュメント『ヤクザと憲法』を観たんだが、そこでも暴対法が人権無視の法律ではないかという問いかけがなされていた。一般大衆労働者諸君の人権を無視するような暴力ふるって何が「ヤクザの人権」だ、っていう意見があるのも重々承知なんだが、「反社会勢力」だからって銀行口座は作れない、そのために子供の学費すら銀行口座からの振り落としができない、それどころか保育園からの退所を求められる。しかも、足を洗ってからも5年は暴対法の対象として監視される。さらに、暴力団から抜け出したとしても、どこにも受け皿が用意されていない。こういう状況は、明らかに「社会的身分による差別」だろう。

映画『ヤクザと憲法』公式サイト

暴力団に100日間密着! 自主規制ナシ "撮れるものは全部撮った"映像から見えるヤクザの実態

 「一般の方々が対象ではない」って法律がこのありさまなんだね。やっぱり、こういう法律がヤクザが対象だからって理由で許されてしまう社会はどこかおかしい。共謀罪は、「思想や内心の自由を侵す」という怖れがあると同時に、こうした差別にもつながる危険があるという視点からも眺める必要があるのじゃなかろうか。

2017年1月11日 (水)

『太陽凝視』の実践と理論,そして生き方 

飯山一郎
2017/01/11(水)2 
本稿は最先端の健康学論文
太陽凝視で若々しく覚醒した飯山一郎
B
今回は,太陽凝視のポジティブ(前向き.積極的,実証的.陽的)な思考と理論について報告したい.

それは,現代医学が執拗に論じてきた「太陽直視危険論」に対する真っ向からの反論であり挑戦である.朝鮮人も読んで猪!

現代医療は,病気の恐さと病気になる恐怖を喧伝し,病院へ来訪した人を誰彼かまわず患者=病人にしてしまうのが商売だ.

だから,日射病だ! 日食網膜症だ! 紫外線に起因する皮膚ガンだ! 紫外線にあたると最悪は死に至るポルフィリン症だ!などと、誰彼かまわず病名を付けて病人にして濃厚治療をし,最終的には殺してしまう.

太陽に関しても、上と同じだ.

太陽光線を浴びることは絶対に必要なのに,太陽光線,とくに紫外線は毒だ!毒だ!と,オドシまくってきた医者と現代医療.彼らの罪は大きい.

早い話…
ウツは,一日1時間の日光浴を1週間つづければケロッと治る!

ところが,ウツっぽくて眠れないからと病院へ行くと,向精神薬飲まされ,真性のウツ病にされて,最後は廃人!と.

きょうは,現代医療=殺人機関のコトは忘れて…,以下,ポジティブな『飯山一郎の太陽凝視論』を,陽気な気持ちで読んで下さい.

『スターピープル(2014年1月号)』の記事本文
太陽凝視で精神、細胞、体質、生活が変わった
ーー太陽凝視を実践されて、どんな身体の変化がありましたか?

飯山 メラトニン、β─エンドルフィン、セロトニンなどのホルモンが生成されると知識では知っていましたが、実験中は実際に眠くなります。これはメラトニンの効果です。20分を目標に凝視を始めたのに、途中でいつの間にか寝てしまって爆睡。深い睡眠をとれる分、夜の睡眠時間は少なくて済む。

それから、気持ちよくなって愉快になりますね。これはβ─エンドルフィンやセロトニンの効果です。

「太陽光線は危険だなんていう常識を何十年も信じ込んできた俺ってのは馬鹿だったなー」と、自分を笑う別の自分が生まれ、その2人の精神的な会話が脳内で始まってしまう。自分を客観的に観察しているもうひとりの自分が出現したわけです。これは精神的にはとても大きな変化です。

昔から気性が激しくて短気だったのに(笑)、いまでは毎日、瞬間瞬間が至福感に満たされていますね。

それから、アナスタシア(『アナスタシア』に描かれている、叡智と超能力を備えた女性)ではないけど、テレパシーが使えるようになったような気がしますね。肌も始めた頃はよく焼けたのに、途中から焼けなくなってしまいました。

松果体が活性化すると 人の意識が覚醒する
☆ 以下は 最重要! 『飯山一郎の太陽光線調節作用』 ☆
ーー飯山さんは、太陽凝視の秘密を世界で初めて解明されたそうですね。

飯山 脳のど真ん中にある松果体(第三の目)は、グリーンピースくらいの大きさで、不思議な分子構造になっています。ここで、さまざまなスピリチュアルな働きを促すホルモンが生成されます。

これは私の仮説ですが、松果体の細胞構造が、強烈な光のエネルギーを分散したり弱めるのではないかと思います。

太陽を見つめる瞬間、人間の瞳孔がカメラのレンズの絞りのように精密に働いて、吸収する光がグッと弱まる。それでも、光は細くなった瞳孔から奥に射し込んで網膜に直射します。

ところが驚くことに、網膜〜視床底部〜モンロー管〜松果体の各細胞の表皮粘膜構造が、凸面鏡になっている。

つまり、拡散作用があるんです。拡散した光が拡散現象を繰り返しながら奥に到達するまでの間に、適度に柔らかくて、人間の身体に支障を与えない波動だけになっていく。光は波ですから。

ほど良く弱められた効果的なエネルギーを、細胞たちが利用している。これが太陽凝視の秘密なんです。

ーー日本では、常識が非常識と思えることがとても多いように思えるのですが。

飯山 太陽凝視にも、人為的な ものが感じられます。松果体が活性化すると、人の意識が覚醒してしまいますから。いまの日本社会では、人々の思っていることやっていることの大部分が、間違いと言っても過言ではないでしょう。

ーーこの厳しい環境下の日本において、太陽には神秘的な可能性を感じるのですが。

飯山 いまや、放射能で人が死んだと言うことはタブーです。

大手マスコミはコントロールされているから、ニュースにもならない。今後の日本人の死は、騒ぎにもならずに静かに死んでいくことであり、気がついた時には激減しているでしょう。

国家が国民を救わないのなら、自己防衛しかありません。私がたったの2カ月でこれだけ変化してしまった太陽凝視の効果は、想像以上に大きかった。

生命の根底には太陽があるということを、しっかりと認識することが大切です。日中に働いている人でも、昼食を抜いて空いた時間に、凝視しなくとも、少しの時間太陽を見るだけでもいいと思います。それだけでも精神的な何かを感じ取ることができますから。

日常生活のちょっとした時間を活用するだけで、スピリチュアルを実感できる『プチ太陽生活』。これから流行るかも知れませんね(笑)
(了)
飯山 一郎(70)
【注】 『スターピープル48号』に掲載された上の文章は このPDFファイルで読めます.

カレンダー作成の都合上新元号の公表を早めるという不敬 

天木直人

 私が書いた通り、きょうの各紙が一斉に大きく書いた。

 2019年元旦に新天皇が即位する、と。

 普通なら、後追い記事などというものはしゃらくさいから遠慮して書くものだが、ここまで大きく各紙が一斉に後追い記事を書くというのは、産経新聞のスクープがそれほど衝撃的なスクープだったということだ。

 なぜ産経がそこまで大きなスクープを書くことが出来たのか。

 産経新聞の大手柄かもしれないが、やはり安倍政権が右翼紙の産経に書かせたと見るべきだろう。

 何事もそうであるが、もはや引退すると決まれば、その時点で誰もが過去の人と見る。

 はやばやと今上天皇の役割を縮小させていこうという魂胆が見え見えだ。

 どこまでも不敬な安倍首相と産経新聞だ。

 しかし、きょうの各紙が一斉に書いているのを見てさらに驚いた。

 新天皇の即位とともに変わる新しい元号を、はやばやと2018年前半にも発表すると政府は考えているという。

 その理由がふるっている。

 カレンダーなどの印刷物への対応期間を確保するためだという。

 そこまでいうか。

 いくら国民生活の便宜のためだといっても、そんな事を今から発表するか。

 特例法案も成立していない2年も前から、新元号の発表時期まで明かす。

 しかもカレンダー印刷の都合だと言って。

 天皇制とはその程度のものなのか。

 とこまで天皇陛下のお言葉の意味を軽んじれば気が済むのか。

 安倍首相とメディアの不敬ここに極まれりである(了)

太陽凝視:生命力が注ぎこまれる…奇蹟の予感

飯山一郎
2017/01/11(水) 
「医学の常識」は営業トーク
炎々と燃える太陽を見つめる 延々と…
太陽1 太陽2
ワシ…,ちゃんと目を開けて,太陽を凝視しているでしょ?
太陽2 太陽1 太陽3
太陽4 太陽8 太陽5
太陽7 太陽9 太陽6
  • 医学の常識は…
  • 肉眼で直接太陽を観測すると「日食網膜症」を引き起こし,網膜の火傷や後遺症、失明のリスクがある.
  • だから,「太陽凝視」などということは,絶対にやるな!と.
  • ところがワシは…
  • 無謀にも,無帽でサングラスなし.
  • しかも,南国の正午の太陽を直視し,凝視し,見つめ続けている毎日.
  • 昨日も30分の凝視…
  • これって,いったい,ど~ゆ~コトなのか?
  • 医学常識が勝つのか?
  • 非常識な飯山一郎が負けるのか?
  • 結論は,ワシが数百人の同志と一緒に過去3年以上もの間,太陽凝視を続けてきたが,何事もなかった.
  • むしろ,目の調子も体調も,すこぶる快調!
  • このことはいったい,ど~説明したらE~のか?
  • その理論的な説明を,ワシは『スターピープル』誌上に書いたので…
  • 次稿に載せたい.今夕,この『てげてげ』に掲載します.
  • 4649!>皆の衆
飯山 一郎(70)

日本漫画よ、立て! 

人生は冥土までの暇潰し
 
 
最近、掲示板「放知技」の常連である鉄道遅延さんが、以下のような投稿を行った。

17011101
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15951444/742/

早速、#isにアクセスしてみた。いや、実に痛快! たとえば…

それにしても、鉄道遅延さんの「インターネットを駆使するテロリストは、困り果ててTwitterに スパム報告しちょるが、負けないぜ」には笑った(爆)。その鉄道遅延さんに対して、同じく「放知技」の常連の一人である捨爺…、ではなくて、すで爺さんの「立て万国のオタク」と題した投稿は光っていた。ケリー長官が「テロ組織ISISを結成したのはアメリカ」であると、〝うっかり〟漏らしてしまったというニュースが最近流れたが、「放知技」に投稿する人たちにとっては、ケリー発言なんざモー常識の部類だ。そのあたりを念頭に、すで爺さんの以下の投稿に目を通してみよう。

17011102
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15951444/752/

すで爺さんの「立て万国のオタク」という投稿から、咄嗟に連想したのが「起て万国のムスコ」、ゲルニカを描いたピカソ、そのピカソに深い影響を及ぼした日本の浮世絵、殊に春画であった(爆)。以下の記事を参照。
ピカソ美術館が前衛的過ぎる件について-バルセロナ(6)

17011103
ピカソと春画2

天皇と安倍総理が「決定的に対立する日」

2017年1月10日 (火)

村田光平(元スイス大使)から貴重な情報 

飯山一郎
2017/01/10(火)  
東京の一企業が原発情報を発信
  • 村田光平(元スイス大使)から飯山一郎宛に届くメール情報は貴重だ.今回のメールは3メガバイトもあるのでタマげた.
  • しかし,重要な情報が満載だった.
  • 下に転載する色あざやかな紋々wwは,東京・麻布の企業,『金型通信社』のサイトだ. なんと,原発と放射能の情報を,いち企業が会社を挙げて発信しているのだ.
  • この企業が発信する情報と発信の仕方に,村田光平先生は痛く感心されたワケだ.
  • 下の紋々は『金型通信社』のサイトのミニチュア版だが,情報の確かさと情報収集の便利さが実感できる.
  • あちこちクリックしてみて猪~大寝!>皆の衆
非常にキレイなサイト原発情報が満載!
カナネットコム
真実
MainP
航空写真
avi

77
11l
11s
e11
rad
m11
dai
shi
sen
ico
t2""
osen
zen""
kaku
apli
ap2""
sab
dai
jik""
gr
ko
iaea
fuk
chi

あなたと家族の安全のため・・・・
家族

梅毒患者数、40年前と同水準…5年で5倍に増加 2011年以降、再び増加。感染研は「増加のはっきりした要因は分からない」としている。

エスパー伊東「体力限界」で芸能界引退へ 芸術家に転身(東スポWeb)

今上天皇はあと2年で終わると書いた産経新聞の不敬

天木直人
10Jan2017

 きょう1月10日の産経新聞が、「新年号平成31年元旦から」という見出しで、一面トップの大スクープ記事を書いた。

 その要旨は、「政府は平成31年(2019年)1月1日(元旦)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った」というものだ。

 その譲位に向けて、安倍首相は、有識者会議の報告と衆参両院の論議を経て、5月上旬にも関連法案を国会に提出する見通しだという。

 想定されているとはいえ、ここまではっきりと書いたのは、産経新聞がはじめてだ。

 しかし、これは言い換えれば、「今上天皇はあと2年で終わる」と書いたも同然だ。

 これほどの不敬があるだろうか。

 もちろんその不敬の極みは安倍首相だ。

 東京五輪まで何が何でも首相を務める。

 その意欲を隠そうとしない。

 つまり2020年までは何があっても日本の総理を続け、自分の手で天皇を譲位させる。

 そう言っているということだ。

 その意向を産経に書かせ、なし崩しに国民にその気にさせようとしているのだ。

 右翼の産経にスクープさせ、産経が書いたのだからほかのメディアも安心して後追い記事が書ける。

 そうして既成事実化する。

 これ以上の悪知恵があるだろうか。

 安倍首相も産経も不敬の極みである。

 みずからのお言葉を逆手にとられ、譲位だけを食い逃げされる。

 ただでさえ政治的発言を禁じられている天皇だ。

 おまけに今年は年頭所感まで口封じされた。

 今上天皇の悔しさは、いかばかりか。

 せめて国民は声をあげて、譲位関連法案の中に、「この国の首相は憲法9条遵守の義務がある、それが国家と国民の統合の象徴である天皇制の本旨だ」、という規定を明記させなくてはいけない。

 憲法9条を国是とすることを公約に掲げる新党憲法9条は、何があっても今上天皇の譲位までに実現しなくてはいけない(了)

2017年1月 9日 (月)

【大スクープ!】米ケリー国務長官が超重大発言「アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」

健康になるためのブログ
 
 
00top
482709_630x354

アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」
アメリカのケリー国務長官が、「アメリカは、シリアのアサド政権を打倒するためにテロ組織ISISを結成した」との異例の発言を行いました。

英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。

また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。

さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。

この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。

 















続きを読む " 【大スクープ!】米ケリー国務長官が超重大発言「アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」" »

太陽凝視! 『スターピープル』誌から転載 

飯山一郎
2017/01/09(月)  
新年・感謝・啓蒙・拡散・健康
古い科学よサヨウナラ飯山一郎の新科学
太陽凝視
経済優先の日本では、非常識が常識としてまかり通っているという悲しい現実がある。
「太陽を直視することは危険である」との定説に、真っ向から異論を唱えた飯山一郎さん。
彼自らの人体実験が証明してきた驚愕の結果に、読者はきっと固唾を飲むに違いない。
いよいよ太陽と日本人のコラボレーションによるパラダイムシフトが始まる……。  (『スターピープル』 取材記者・丹波 浪速道
 
『スターピープル(2014年1月号)』の記事本文
太陽凝視で精神、細胞、体質、生活が変わった
ーー太陽凝視を始められた経緯を教えてください。

飯山 2005年頃、太陽を食 べる男・マネクさんをネットで知りましたが、彼は太陽のエネ ルギーを体内で栄養に転換するので、不食も可能らしいんです。

のちに中国の黄山を訪ねたとき、地元では有名な102歳の仙人に偶然に会えたのですが、彼は座禅しながら太陽を見ていました。仙人は霞を食べると言われてますが、もしかすると霞でなくて、太陽エネルギーを栄養にしているのかもしれないと思えたんです。
でも、日本の医学常識では、太陽を見ると失明の危険がある、紫外線は良くないなどと言われてきて、私もそう信じていました。
3・ 11 の震災以後、それまで の常識を徹底的に見直す〝パラダイムシフト〟の必要性を提唱し続けていくなか、太陽が危険だというのなら、逆に見てみようじゃないかと思ったわけです
ーー医学常識で危険と言われる太陽凝視に不安はありませんでしたか。
飯山 分子生物学の分野まで考 えた上で始めたので、不安はなかったです。医者はこの分野をほとんど知りませんから。「これは間違いなく身体に良い! 医者の説は間違っている!」と絶対に信じて疑いはもたなかった。
実験には疑念が付きものですが、物事を始めるときに、テストしてみて良かったらやってみようというのは、必ず失敗します。
だから、私の太陽凝視は実験ではなくて、実行であり実践です。
でもね、不思議なことに精神、細胞、体質、生活が変わって、私の存在自体が以前とはガラリと変わってしまったんですよ。
それから大切なことは「太陽凝視は身体にプラスになる!」と思ってやること。そうすると、本当にプラスになります。
不食への過程で太陽凝視をされたライトワーカーのRealizeさん(小誌 47号に記事掲載)も語っていたように、太陽凝視はまさにスピリチュアルな世界。
科学的な裏付けのある、上っ面ではない本物のスピリチュアリティが、これからの時代の最先端を行くであろうし、今後の役割はとても重要だと思いますね。
                                                       (つづく)
『スターピープル(48号)』キンドル版 1,296円
SP48

梅毒と免疫力(2) 

人生は冥土までの暇潰し
この正月、兄弟との新年会を亀さん家で開いたことは、1月5日付の拙稿に書いた。昨年の正月までは、兄弟が夕方に来て翌朝帰るというパターンだったのだが、今年からは午後3時前に到着し、夜の9時には各々の家に戻るというパターンとなった。そんな二人の弟を観察しながら気になったことがある。それは、明らかな体力の低下だ。真ん中の弟は時々ウトウトしていたが、こんなことは今まで無かったことだし、下の弟も酔いが回った頃、トイレに行こうと立ち上がった時に蹌踉(よろ)けている。本人は長年の腰痛のためと言っていたが、それだけでないことは傍目にも明らかだった。酒量が落ちていることに加え、立ち上がる時に必要な脚力も低下しているのが分かるのだ。

このように、体力が落ちたり免疫力が低下している親戚や友人が、ここ1~2年に至って非常に目立つようになった。4ヶ月近く前、「梅毒と免疫力」という記事を亀さんは書いたが、その中で「猫丸ねずみの大荒れトーク」というブログを紹介、筆者の猫丸さんという人の主張を、そのまま以下のように紹介している。

自分がかかった病気は、自分の免疫力が治すのです。

薬や過度の治療は免疫力を低下させるだけです。


どうして猫丸さんが上記の結論に至ったのかは、拙稿「梅毒と免疫力」で確認していただくとして、その後入手した新情報を以下にお届けしよう。

最初に、「#国立感染症研究所」というハッシュタグの一覧をご覧いただきたい。さまざまな感染症が急増していることが分かるはずだ。なかでも目立つのが以下の感染症だ。

17010904


■おたふくかぜ
2011年以来、5年ぶりにおたふくかぜの患者が増加

■インフルエンザ
今年のインフルエンザ感染者数は昨年比5倍

■はしか
はしかの感染拡大 すでに115人、昨年1年間上回る

■ノロウィルス
ノロウイルス猛威!

■マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマ肺炎、1999年以来最多の流行

無論、梅毒も取り上げられている。

以下、国立感染症研究所が発表した「梅毒 2008~2014年」報告書のグラフをご確認いただきたい。ちなみに、2本の横の青線は亀さんが引いたもので、4077~4600人を目安に引いたものだ。昨年(2016年)11月27日の段階で4077人が梅毒と認定されている。よって、単純計算で4077人÷11ヶ月=370人、従って2016年度は4077人+370人=4447人という推定が成り立つ。国立感染症研究所への報告漏れなどもあるだろうから、大凡4077~4600人と考え、太い青色の横線を引いた次第だ。

17010900

なお、幾度も言っていることだが、お上(今回の場合は国立感染症研究所)の報告は、そのまま鵜呑みにしないことが肝心だ。統計には出ていない、隠された感染者の存在の可能性も念頭に置こう。

それにしても、昨今は草食系の若者が増えいると〝大手メディア〟が報道しているのに、逆に若い梅毒患者が増えている、ントウの原因は何なのか…。その答えは、拙稿「梅毒と免疫力」に既に書いたので繰り返すのは止そう。それよりも、猫丸さんの「免疫力を向上させよ」という主張を思い出し、今やらなければならないことは、免疫力の向上であることを再認識し、すぐにも免疫力を高めるための行動に移ることである。その場合、免疫力を高める上でのベストな方法は、掲示板「放知技」に掲載されていた以下の方法である。この機会に是非、実践していくことをお勧めしたい。なお、文中に「緑茶」とあるが、緑茶は緑茶でも和香園 の「あらびき茶」をお勧めする。

17010903
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/574/

【追記1】
読売新聞の報道によれば、梅毒が増えている原因が不明とのことだ(嗤)。

17010901

【追記2】
以下の動画は草食系の若者についてだ。なお、この動画は数ヶ月で削除される予定なので、早めに見ておくこと。
若者の"恋愛離れ"...学生のホンネ
17010905

愛を乞うひと 

人生は冥土までの暇潰し
以前、拙稿「子育ての責任は、実は親にはない」で、以下のようなことを亀さんは書いた。

世界戦略情報誌『みち』の発行人・藤原源太郎さんは、亀さんの二人の息子と幾度か接しており、二人の素直さを高く評価してくださっている。その源太郎さんに数年前、「どうやって素直な子に育ったのか?」と訊かれたたことがあった。「はてな…」と、自分でも直ぐには答えが見つからず、苦し紛れに答えたのが「放任主義が効いたのだと思います」だった。しかし、NHKの「ママたちが非常事態!? 2」を見て、基本的な人格が形成される幼少期に、亀さんの母、つまり二人の祖母が果たした役割が実に大きかったのだと、痛切させられたのである。


亀さんのようなダメ親父が言うのもなんだが、成人式を過ぎた二人の息子たちが素直に育ったのも、二人が幼少期に子守をしてくれた祖母に負うところが大きかったと、今さらながらにして思うのである。そんな一方で、親から虐待(ネグレクト)を受けたという青年についての記事が、今朝の東京新聞に載った。


17010802

読者も一読して、日本社会のどこかが狂っていると感じたことだろう。

偶然かもしれないが、同日の東京新聞の「週間テレビガイド」に、「愛を乞うひと」というドラマを取り上げていた。このドラマも、虐待が主テーマのようだ。取り敢えず録画しておき、思うところがあったら記事にしたいと思う。

17010801

【追記】
「私の十本」という吉永小百合の自伝が、東京新聞で始まった。吉永は良家のお嬢さんとして育ち、何不自由ない生活を送っていたものとばかり思っていたが、今朝の記事を読むに、米びつが空っぽになったという生活も体験していることを初めて知った。拙稿「松坂慶子を女優にした「事件」 その2」にも書いたことだが、貧乏な子ども時代を過ごしていたのは、何も松坂慶子や大竹しのぶだけではなかったようだ。

17010804

福岡県 2017年01月08日 飯塚(イイヅカ) ここも湿度100パーセントが連続する地点です。

2017年1月 8日 (日)

リニアは古い!超高速新幹線『ハイパーループ』

飯山一郎
2017/01/08(日) 
リニアは古い!超高速新幹線『ハイパーループ』
夢の話か? いや実現する!
最初の発想はニッポンの漫画家
弾丸列車
  • アメリカには新幹線や高速鉄道網がない.
  • この劣等感と後進性を吹き飛ばす,超高速新幹線構想が動き出している.
  • それが超高速交通システム『ハイパーループ』で,今回,世界最大の家電見本市『国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)』にも出展した.
  • 主導者は,米国の大富豪,テスラ・モーターズの社長,イーロン・マスク(Elon Musk)氏だ.
  • 『ハイパーループ』は,減圧された円筒内部でカプセルをレールに沿って時速1200キロで走らせるシステムだ。
  • イーロン・マスク氏は,旅客機よりも安全で,高速鉄道よりも建設・メンテナンス費用が安く,1人当たりのエネルギー使用量は自転車に近い!と自信たっぷりだ.
超高速新幹線!アメリカが大きく動き出した!
HPL1
HPL2
HPL4
HPL5
貨物もクルマも搬送する構想 HPL6
『ハイパーループ』の試験システムは,現在,米ラスベガス郊外の砂漠に建設中だ HPL
米国全土に『ハイパーループ新幹線網』をつくる! 大きな夢を共有できるか?
アメリカは超高速新幹線で国を立て直す!
1200 どこへ?
日本は,『フクイチ鎮圧』と『原発廃棄』という大事業で,国を立て直せ! (祈)
  • 『ハイパーループ』は,現在,自動運転車業界との提携も視野に含まれているという.
  • 『自動運転のウーバー(Uber ←この用語は重要.検索して調べて下さい)』をハイパーループによって反対側へ送ることもできる.
  • つまり,『ハイパーループ』は,交通輸送におけるブロードバンドのようなもの!という考え方が米国では進展している.
  • なにより…,
    ドナルド・トランプ次期米政権が「米国内のインフラの復活!」という政策を出すことは確実で,そうなると,『ハイパーループ』の実現可能性は大きく進展する.

マッハで走る超音速列車・『ハイパーループ』.
これは50年前の日本で新幹線が新設されたときのような「高度経済成長」の何十倍もの経済波及効果をアメリカ全土に齎す(もたらす)

『戦争と軍需経済体制』から『正常な内需経済体制』へと,米国が大変貌する切っ掛けを,間違いなく!トランプは考えている.

そういうトランプ政治への「期待と夢」が,再度,来週から,米国株式市場の株価水準をバブルチックなレベルに引き上げるだろう.

ワシは,何事もポジティブ(前向き,積極的,陽的)に考える.
何事にも先ず懐疑と否定から入るネガティブなシトは,ウツっぽくなりやすく,相場を張ると必ず負ける.

とにかく今年は,陽気にいきましょう!>皆の衆

ニッポンは,いま,んと,状況が暗すぎるもの….
飯山 一郎(70)

北の富士さんが体調不良でNHK解説お休み - 大相撲

梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明 : 読売新聞

続々と暴かれる主要メディアの嘘は時代の変化を告げている 

人生は冥土までの暇潰し
 
昨年の暮れは仕事に追われていたこともあり、直前になって開催者の天童(竺丸)さんに電話を入れ、まほろば会を欠席した。その後、嬉しいことに安西(正鷹)さんがメールに「安西ファイル」を添付して、亀さん宛てに送付してくれたのである。まさに、感謝感激雨あられであった。ちなみに、先月の安西ファイルの内容は以下の通り。

【お金の話レジュメ】
①続々と暴かれる主要メディアの嘘は時代の変化を告げている
②国のトップが霊能者に依存する韓国と日本の危うさ
③神に対する反逆の代償を迫られる中韓、そして日本
④我が国の歴史を通じて己の内面を直視せよ!


みち」のHPの「更新経歴」に 「PC事故の連続により中断していた当サイトを順次更新します(2676.10.12)」と書かれていたので、今後は安西ファイルの有償配布が開始されると思う。よって、今回は一部だけの公開に留めたい。それは、「①続々と暴かれる主要メディアの嘘は時代の変化を告げている」の「要約」と安西さんの「私見」だ。

だが、その前に「①続々と暴かれる主要メディアの嘘は時代の変化を告げている」に目を通して思ったことを、以下に簡単に触れておきたい。

最近、亀さんはトランプ次期米国大統領のツイッターのフォロワーになった。そして、なかでも注目したのがトランプ次期大統領が口癖(書き癖)のように書く、“The dishonest media”(嘘つきメディア)というフレーズだ。どのような時に同フレーズを使っているのか、以下に二例だけ挙げておこう。

アメリカの嘘つきメディアの実態については、亀さんも拙稿「波乱の年末年始」で以下のように書いている。

また、一般大衆にすっかり正体を見抜かれてしまった大手マスコミ、その代表格であるニューヨークタイムズは、未だに以下のような記事を書くという低落ぶりだ(嗤)。
NYタイムズ紙、「トランプ氏までに」新たな対露制裁に間に合うようオバマ大統領に呼びかけ

何故、トランプはマスコミ不信に陥ったのか? それは、何としてでもトランプが大統領になるのを防ぎたかった、ある一部の勢力の存在にある。そのあたり、「①続々と暴かれる主要メディアの嘘は時代の変化を告げている」が白日の下にさらしてくれた。早速、目を通してみよう。

【ポイント】
・選挙戦でマスコミから誹謗中傷や歪曲的な報道の扱いを受け続けたトランプ氏は、マスコミを信用しなくなり、大統領になる自分の政策や主張を、マスコミ報道を通じて世の中に伝えるのではなく、マスコミを迂回し、ツイッターやユーチューブで伝えている。また、反エスタブ・反リベラルな右派ニュースサイトを、NYタイムズやCNNを筆頭とするエスタブ・リベラルなマスコミに噛みつかせ、戦わせる策も使っている。
・トランプとマスコミの喧嘩は、大統領選の延長線上にある。選挙に勝って最高権力者になったトランプが、往生際の悪い軍産マスコミ勢力を、成敗ないし屈服させようとするのが今の動きだ。
・トランプ氏は軍産のもうひとつの部門であるCIAなど諜報界に対しては、毎日の諜報ブリーフィングにトランプがほとんど出席しないというかたちで無力化している。トランプは徹底して軍産を無力化しようとしている。
・マスコミ(軍産エスタブ)とトランプ系の米国の戦いは欧州に飛び火し、メルケル(軍産エスタブ)と極右極左との戦いになっている。

・トランプ氏は、これまでの会社経営でも、異なる意見の2人の部下をライバル的な2つの職位につけて戦わせ、その論争や紛争の中から出てくる色々な意見の中から、自分がこれと思うものを採用して経営に役立ててきた。また、自らの真意は容易に明かさず、相手をやきもきさせて翻弄し、自らの要求を通すことにつなげるなど、独自の哲学を持っている。
・トランプ氏の前代未聞のお騒がせ言動のルーツが、実はプロレスにあった。彼の表情やジェスチャー、間の取り方を見るにつけ、過去に世界最大のプロレス団体「WWE」で会得した技術と思われる。
・現代のストレス社会だからこそ、ポンと出てきたトランプの一見下品な言葉が、大衆の心に響いている。歴史を見ても、混沌とした時代の勝者はいつも「下品」。大衆はクレイジーな人を見るのが大好き。

・エスタブリッシュメントは主要メディアとネット上で嘘を並び立てて、彼らにとって都合の良い報道ばかりをしている。しかし、オルターナティブ・メディアが事実を報道してしまうため、彼らの嘘が全て明らかになってしまっている。
・米国では、マスコミの質が落ちるほど、ゼロヘッジやロンポールなど米国の非主流派のニュースサイトが、多くの人に頼りにされ、必要性が高まっている。しかし、日本では非主流のニュースサイトがなく、日本語のネットの有名評論サイトのほとんどがマスコミと変わらぬプロパガンダ垂れ流しだ。
・危機が近づけば、嘘は多くなる。困難な時代にはマスコミは嘘しか言えない。テレビ離れ、新聞離れが起きているのは、私たちの動物的直観が大きく影響しているのかもしれない。マスコミの誘導に気づき、それと反対の態度を選択するだけで、大きな収穫を得ることも逆にできる時代になっている。何が真実かは自分自身の目で見て判断し、自身の今後の生き方を決断していけば、可能性がある時代になっている。

【私見】
・米大統領選挙では、大手メディアがこぞって、あからさまにヒラリー・クリントンを擁護し、ドナルド・トランプを徹底的に誹謗中傷する報道に終始した。そのことでトランプ自身はもちろん、彼の支持勢力だけでなく、世界中の多くの人々がメディアの偏向報道の異常さに嫌気がさして見向きもしなくなり、インターネットをはじめとするオルターナティブ・メディアに耳を傾けるようになっている。そして、大手メディアの背後にいる米国の支配勢力、特に軍産複合体などの好戦勢力に対する批判が高まり、その反動でトランプが大統領に当選した。
・トランプは彼の支持勢力の指示と命令を受けていることもあるが、選挙戦で味わった屈辱と怨恨を晴らそうと、早くも軍産複合体に対する攻撃に乗り出している。それは大手マスコミに対する無視や叱責などのいやがらせや、好戦的なやくざ者のオルターナティブ・メディアを使った消耗戦、諜報ブリーフィング欠席によるCIAなどの諜報部門の無力化といった行動に現れている。
・マスコミは誇らしげに「社会の木鐸」を自称するがそれは建前で、実際には権力者に阿諛追従し、その傀儡に成り下がっている。大衆にその正体を見破られた以上、マスコミは衰退を免れない。それでもマスコミが生き長らえるとすれば、それはマスコミが発する情報とは逆の解釈をすることで人々の為になるという「逆張り指標」としての意味を持つ場合だけだろう。
・これからの時代で生きていくうえで、人々は何が真実でそうでないのかを自分自身の目で見て判断して見抜く眼力を持たなければならない。それは、たくさんの知識や特殊な技能を身に着けて得られるのではなく、自らの心の内面を洗い清めることによって自ずと備わるものだ。

・日本では、大勢の人々が無条件・無批判に「お上」に盲従する習性が抜け切れず、政府や官僚の意向に従う大手メディアの体制翼賛的な偏向報道をそのまま鵜呑みにしてしまう。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌やインターネットの情報は巷に溢れかえり、情報が洪水のごとく氾濫する有様を見て、「日本は豊富な情報にアクセスでき、その中から欲しい情報を取捨選択できる自由な国だ」と錯覚している者があまりにも多い。
・しかし、情報の大部分は、真実から目を背けさせるどうでもよいクズのような情報とプロパガンダであり、目を曇らせてしまうものばかりだ。情報は多ければ多いほど良いというものではない。日本人から「外部からの情報を遮断し、厳しい統制を敷く恐怖の独裁国家・情報鎖国」と非難される北朝鮮の人々の目には、日本人は「氾濫するゴミのような情報をありがたがり、いとも簡単にプロパガンダに踊らされていることに気付かない哀れな奴隷」と映じているだろう。

・トランプは実業家だけに、経営者の視点で戦略を立案し、戦術を編み出していると思われる。取引相手との交渉でいかに優位に立ち、好条件で契約を結ぶにはどのようにすれば良いのかを、長年にわたるビジネスで培った経験と勘から十分に知り尽くしている。
・選挙戦後にも見せる極端にぶれる言動は、マスコミの注目を集めるための戦術であるが、同時に、相手の心理を大きく動揺させて自分が交渉の主導権を握り、そこに生じた不安と期待を巧みに操り、一瞬の隙を突いて所定の目的を達成する、という狙いもあるのだろう。また、異なる意見の2人の部下をライバル的な2つの職位につけて戦わせるという手法は、ユダヤ的な双頭戦略に着想を得たものと思われる。
・そして、彼には世界最大のプロレス団体「WWE」との意外な接点があり、表情やジェスチャー、間の取り方はそこから会得した技術ではないかという説がある。それは、プロレス会場に足を運ぶ観客の目線に立ち、彼らが何を求めているのかを徹底的に分析したからこそモノにできたのかもしれない。また、大統領選出馬前にはテレビタレント、テレビドラマの監督や役者もやっていただけに、笑いと楽しさを追求するエンターテイナーとしての顔も持つ。
・だからこそ、トランプは面白おかしく、人々の心の内面を自分の言動に映し出して笑いをとっているのだろう。まさにトリックスターとしての面目躍如たる活躍だが、とんでもない悪ガキだ。そして、この世がいま、心の内面が即時かつストレートに現象化する多次元世界へと移行しつつあるなか、その状況を自らの言動で創り出しているがゆえに、神々のアセンション(立て替え・立て直し)計画の申し子といっても過言ではない。

西川史子 8日「サンジャポ」復帰!昨年12月、急性胃腸炎で入院(スポニチアネックス)

日 太平洋岸の広い範囲は東電福島原発の風下です。 風は速度が早く、朝の 9:00頃には紀伊半島に到達する予報。

2017年1月 7日 (土)

ビットコインに手を出すな! 足が出るぞ!

飯山一郎
2017/01/07(土)  
 
ビットコインは通貨ではない
 
中国人が不正なカネを海外に逃がすツールだ
中国ビットコイン
最近のビットコイン暴騰は主に中国人の投機によるもので,なんとビットコイン取引の90%が中国人によって占められていた.理由は中国でのビットコイン取引にかかる手数料が安かったことで,中国人による大量の投機と海外への資金流出を引き起こした. (記事)
 
ビットコインが暴落!急落時は売るに売れず!
暴落
  • ビットコインは過去2週間で40%強値上がり.2日には1000ドルの大台を突破,前日は3年ぶり高値となる1139.89ドルをつけるなど,過去最高値の1163ドルに迫っていた.
  • そこへ突然,最悪のニュースが飛び込んだ.
  • 北京発のロイター電によると…
  • 中国人民銀行(中央銀行)は6日,ビットコインの値動きは異常とする通達を出し,個人や機関投資家に慎重な行動を取るよう求めた.
  • また,ビットコインは通貨ではなく,市場で実際の通貨として流通し得ない!と強調した.
  • この中国の「規制」の動きにビットコイン市場は動揺し,売りが売りを呼ぶ暴落状況.
  • 売りたくても「買い」が皆無,アッ!と言う間に大損の山.

「ビットコインは通貨ではない!」と中国の当局者は確言したが…,
その中国の不良な金持ちが,海外に不正なカネを逃がそうと,ビットコインを買いまくっていた.
このことが昨年末までのビットコイン暴騰の原因だ.

そんなことより…,ビットコインなんてモノは,得体の知れない無責任な連中がつくったネット内の亡霊みたいなシステムだ.

「亡霊」だというのは,責任主体どころか運営主体も不明なのだ.

そのくせ,カネを振り込ませるシステムだけは,上手くつくってある.

だっから,今は,ビットコインなんてのは,サギの類なのだ.

「ビットコインは凄くE~!儲かる!」などと囃し立てる奴も,サギの同類!だ.

ワシの掲示板『放知技』にも,他人様からカネを預かったり,ビットコインで儲けよ~!などという大馬鹿がゐたので,ワシは排除した.

シロ~トが相場で儲けよ~!なんてのは絶対に無理で,必ず大損をこく.それが相場とゆ~もんだ.

それよりも…,免疫力を高めるために,1ヶ月に2回,3日間の絶食を敢行する!口に入れるのは,あらびき茶だけ!

これで免疫力が上がるだけでなく,食費も大幅減!

人間,少食・粗食が一番だ!ということが悟れれば…,あとはカネなんか要らない!ってことも分かってくる.

それからだよ,相場を張るのは.
飯山 一郎(70)

「ロシアのハッカーが米大統領に影響を」というアメリカとロシアの皮肉な反論

世界の裏側ニュース 
 
2017-01-06 20:16:53
 

このニュースも12月から気になりつつ、やっとまとめることができます!

日本のメディアはわかりませんが、現在、アメリカVSロシアで派手な情報戦争が行われています。アメリカ大統領選挙中からちょっときな臭くなってきていましたが、まさかのトランプ勝利になってから、アメリカが「偽情報メディア」を非難していることは先日の記事にまとめました。

 

ネットVSエリート層メディアの戦いが選挙後からさらに熾烈に・シンプソンズの秘密

 

Facebookが「陰謀論」サイトの取締り強化・ネットがマスコミを超えたのは公認の事実に

 

要は、「アメリカの主要メディアが全力でスキャンダルまみれのヒラリー・クリントンを支援していたのに、それが負けた。面目が立たないし、これ以上真実を公開されると都合が悪い」と感じた一部の人たちが、独立系メディアを偽情報メディアとし、ロシアのニュースをプロパガンダと決めつけることで、相手側の情報の信頼性を損ねようという必死の工作です。

EU議会でも、公に「ロシアのメディアはプロパガンダを行っている」と宣言もしていました。

 

11月26日付【マスコミに載らない海外記事様】

EUの 'ロシア・プロパガンダ' 決議はマスコミの自由に対する攻撃で偽善の匂い

 

「 決議によれば、ロシア・メディアは“客観的情報、倫理的ジャーナリズムという考え方を損なう”ために存在しており、手法の一つは、他の全ての情報を“偏っている、あるいは、政治権力の道具”として描く 」

・・・偽情報にせよ、客観性の欠如にしろ、これまで西側とロシアのメディアを比較してきてもどうみても西側の方がむしろ・・・でたらめばっかりでしたが(;'∀')

しかもトランプ勝利から、西側のヒステリックさは度を増すばかりです。

 

最近ではオバマ大統領が堂々と「トランプが勝ってヒラリーが負けたのは、ロシア人ハッカーのせいだ」と公言し、大きな波紋を呼んでいます。

O0350020013839388153

ロシア人ハッカーが漏洩した情報が大統領選挙に影響を与えたということが問題視されているようです。

私はその情報が漏洩したことよりも、ヒラリーが裏で行っていたことの方がよほど犯罪性が高く、多くの市民に対して直接的な被害をもたらしていたので問題ではないかと思いますが。

ロシアがアメリカの選挙に影響を与えることは認められないが

O0162022013839392730

サウジアラビアがヒラリーの選挙活動の資金を提供していたことは何の問題もありません

ロシアがアメリカの選挙に影響を与えたと大騒ぎしてますが、でもアメリカはこれまで他の多くの国の選挙や政治に対して、不正選挙の支援などで大きな干渉を表から裏から行っていることも周知の事実です。まず日本からも手を引いて欲しいものですが。

 

そのため、オバマのこの発言も一部ではもうただの笑いのネタになりさがっています。

O0302022013839392743

 

少年:「(オバマに向かって)どうしてサンタさんって僕たちのことは何でも知っているの?」

オバマ:「それはね、サンタがロシアのハッカーだからだよ」

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

プロパガンダ扱いされたRTも、ここぞとばかりに皮肉な反論を繰り返しています。

ロシアのハッキングのニュースに対し、Falloutというゲームの画面を用いたCNNが笑い者に

1月3日 CNN mocked for using screengrabs from Fallout 4 in Russian hacking story

O0900050013839395998

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

ジョン・マカフィー「ロシアはDNC(民主党全国委員会)をハッキングしていない」

1月2日‘Propaganda intended to incite Americans’: John McAfee to RT on ‘Russian hacking’ claims

 

アメリカ合衆国のコンピュータプログラマでマカフィーの創業者マカフィー氏の発言

「ロシア人がやったように見えるかもしれないが、ロシア人じゃないってことは俺が保証する」

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

「何が起きてるんだ?」 DNCの「ハッキングされたサーバー」にFBIが全くアクセス権を要求していない件についてトランプ氏が疑問をあらわに

1月6日‘What is going on?’ Trump wonders why FBI never requested access to the DNC’s ‘hacked servers’

 

そもそも、オバマが論拠にしているアメリカの捜査機関の「ロシアがDNCをハッキングした」というネット上に公開中の資料の多くには、「この情報は参考目的です」「この情報に対する責任を●●は負いません」と目立つところに表示がしてあり、信頼性が著しく低そうなんですよね。

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

「ロシアのハッキング」に関する報告書には、肝心の詳細が欠けており、本当の証拠など存在していない:元NSA( 国家安全保障局 )の技術ディレクターがRTに応える

12月30日No real proof in ‘Russian hacking’ report, as it lacks crucial details – ex-NSA tech director to RT

トランプ氏の言うように、DNCのサーバーにアクセスしていないのであれば、肝心のハッキングの証拠も・・・ありえないですよね(笑)

「ハッカー」のIPアドレスすら提示していない報告書だそうです。「アクセスをトラックしたルートを提示もしていません。(ロシアのハッキングを)証明するためには、それは不可欠ですが」

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

西側を炎上させるようなプーチンの発言:「あなた方(アメリカ政府)がロシアを不安定にさせよとNGOに指令を出しているのを読みましたよ」

12月10日【Russian Insider】Putin Trolls the West: 'I've Been Reading Your Instructions to NGOs to Destabilize Russia'

 

 

 

プーチン大統領の発言:

「私は最近、仲間(アメリカ側の政治的要人か)と会話をしていました。そして会話の流れで、海外の政治プロセスに対し、ロシアが影響を与えているという容疑について触れました。

 

そこで私は彼に言いました。「ではあなた方は何をしているのですか?あなた方(アメリカ)は私たち(ロシア)の政治活動に常に干渉してきているじゃないですか」

 

彼はこう答えました。「それは私たちがやっていることではありません。NGOが行っていることです」

 

私は答えました。「おや?でもあなた方が彼らNGOに支払いを行い、彼らに指示を与えていますよね。」

 

彼「どんな指示ですか?」

 

私「私が読んでいる資料にあるような指示ですよ」

 

 

 

・・・もうニュースがコメディにしか見えません(笑)

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

そしてアメリカはこれを外交問題に発展させたがっているようです。

 

アメリカがロシアの外交関係者35人を追放し、事務所二か所を閉鎖させる

12月29日 US expels 35 Russian diplomats, closes 2 compounds

 

アメリカ政府国務省の声明文によると、35人のロシア政府外交関係者をアメリカから追放したということです。オバマ大統領によると、この追放された人物たちは「諜報活動員」であると説明し、またニューヨークとメリーランドのロシア政府の事務所二か所の閉鎖を宣言しました。

 

続きを読む "「ロシアのハッカーが米大統領に影響を」というアメリカとロシアの皮肉な反論" »

高橋真梨子 体重33キロ以下だった…大みそかの紅白で激やせ心配の声も)

救いのない日本中枢 井の中の蛙首相、現実に目背ける有識者

あいば達也
救いのない日本中枢 井の中の蛙首相、現実に目背ける有識者
2017年01月07日
 2017年、日本の内閣総理大臣は、世界の誰からも注目されないにも関わらず、安倍首相の側近軍団と、エスタブリッシュメント層に留まっていたい有識者の“オベンチャラ合唱”に気を良くして、自らの“内弁慶政権権力”をパワフルなものと勘違いして、世界で最も安定した最強のリーダーだと云う、重大な自己分析に嵌った事実は、憂慮に値する。

 年頭所感において【「日本はもはや成長できない」、「日本は黄昏を迎えている」といった、未来への不安を煽る悲観論】などの杞憂はあったが、【一億総活躍社会を創り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。激変する国際情勢の荒波の中にあって、積極的平和主義の旗をさらに高く掲げ、日本を、世界の真ん中で輝かせる。】と宣い、中華思想のように世界の真ん中とまで言いはじめた。あまりにも酷い自信過剰のサイクルに入ったわけだが、年初の円安株高は、その致命的勘違いに拍車が掛かることだろう。

 安倍首相は、己の発言や主要メディアの分析に関わらず、20日常会召集、即解散総選挙の目はないと強調しているが、まだまだ予断を許さない。今の円安株高は、アベノミクスが上手く行くように見える状況だし、カジノ法案の強行採決など、意味不明な政治スケジュールをこなした説明がつかない。また、野党共闘は、実はかなりのパワーがあり、安倍政権における衆院解散総選挙の勝利が盤石と言える状況にない。

 選挙時期として、遅くなれば、南スーダン駆けつけ警護で、自衛官の死傷者のリスクも増すばかり、衆議院選は、自民党にとって早ければ早い方が良いのだが、現時点、解散の気配はみられない。トランプ米国との関係が良好な方向に向かうよりも、ギクシャクな方向になる可能性が高い。ロシアとの関係も細くなるだろうし、為替の関係で株価は好転するかもしれないが、経済が好転することはないのだから、流石の国民も、ウンザリと気づくだろう。

続きを読む "救いのない日本中枢 井の中の蛙首相、現実に目背ける有識者" »

若き日の孫正義

人生は冥土までの暇潰し
昨日、飯山一郎HPで以下の記述に目が止まった。

17010707
トヨタ変調:政治状況の判断力を失ったか?

上記の記事を正確に把握する上で必要なのが、同HPの以下の記事だ。

17010708
ソフトバンクが昨日から大暴騰!

どうだろう? トヨタ自動車とソフトバンクという、日本を代表する会社の二人の社長に対して、トランプのとった態度に大きな差があるのにお気づきだろう。そうした差が生じたのも、トランプが常に口にする“アメリカ・ファースト”にある。つまり、“アメリカ・ファースト”を信条とするトランプの御目に適ったのが孫正義であり、一方で御目に適わずに激しく攻撃されてしまったのが豊田章男ということになる。

17010704

豊田章男と孫正義、ともに日本を代表する大手企業の社長なのに、何故こうも差が出てしまったのか…。経営者としての天分の違いもあるのだろうが、他に考えられる理由として、育ちというものがありそうだ。豊田章男はトヨタグループの祖・豊田佐吉の直系の曾孫であり、徳川家光ではないが生まれながらの将軍、日本を代表する企業の未来の社長として、この世に生まれてきた男である。しかし、ここで思い致すべきは以下の格言だ。
初代が作り2代目で傾き3代目で潰す

豊田章男は4代目だが、今回のようなトランプの発言を引き出してしまったのも、彼自身が4代目であるというところにありそうだ。

次に孫正義。本田技研工業を創立した本田宗一郎を、孫正義は尊敬していると明言していることからも分かるように、孫正義は叩き上げの初代創立者であり経営者である。だからこそ、創業者としての苦労というものを骨の髄まで味わっており、そんな孫正義だからこそ同じ経営者として(トランプ自身は二代目)、この男は約束を必ず守るとトランプは確信したのだろう。このあたり、人間しての孫正義が好き嫌いといったことはさておき、トランプはもとより、プーチンにすら評価された経営者であるという事実つにいては、我々は素直に認めるべきだ。
『トランプ銘柄』になったソフトバンクが…

17010710

17010709

ここで、孫正義については思い出がある。同氏が未だ海のものとも山のものともつかなかった1982年頃、リクルートが出していた『就職情報』の町工場や商店街の求人欄に混じって、1ページにわたる孫正義の写真入りの求人募集を、ソフトバンクが載せていたのを今でも覚えている。当時の亀さんは本田技研工業を1982年2月に退職、半年後の1982年10月、TOEICが誕生して間もない株式会社国際コミュニケーションズに入社している。つまり、29歳の時に我が人生で最も長かった半年間の就活をしていたわけだが、最初は本田技研という自動車メーカーでの経験に加えて、十代の頃に世界を放浪して培った多少の語学力を武器に、海外の自動車メーカーの国際部や日本に進出している支店を中心に応募したのである。ドイツのある大手自動車メーカーの場合、最終の社長面接まで進んだものの、結果は不採用に終わった。自動車メーカーの応募に全敗してからというもの、必死で自動車関係以外の仕事も探したのは言うまでもない。

そんな時期、リクルートの『就職情報』を手にした。もし、ソフトバンクが今日のような巨大企業になっていなかったとしたら、リクルートの『就職情報』にソフトバンクが求人募集をしていたことは忘却の彼方だったかもしれない。しかし、仮にそうだったとしても、もしかしたらソフトバンクの求人募集のページを、未だに覚えていたのではと今でも思うのは、この会社に応募してみようかなという、何かしら訴えかけてくるものがあったからなのだ。しかし、最終的にソフトバンクに応募することはなかった。その理由だが、当時の孫正義が在日だったからという理由では断じてない。第一、3年間に及ぶ世界放浪生活で、様々な国籍の人たちと働いてきた亀さんなので、孫正義が在日であっても全く気にしなかっただろう(孫正義は1990年に日本に帰化)。ただ、年下の人間に仕えたくないという、ツマラナイ蟠りがあったのだ。それがソフトバンクに応募しなかった、単純唯一の理由だったのである。ちなみに、孫正義が1957年生まれと、亀さんより5歳近く年下だ。

17010705
軟銀創始人孫正義:1983年醫生曾診斷我只能活5年

現在読み進めている『言霊はこうして実現する』(大野靖志 文芸社)に、以下のような行がある。

約2500年前に西洋文明へのシフトが起きたのだとすれば、その西洋文明が行き詰まってしまった今、次に期待されるパラダイムシフトは、必然的に東洋文明の復興・復権ということになるのだろうか。
いや、単に東洋文明をよみがえらせて神秘の世界へ舞い戻るというのでは、あまり現実的ではない。むしろ、東洋回帰を軸足としながらも、西洋でも東洋でもない新たな第三の文明の勃興が必要されるはずだ。

『言霊はこうして実現する』p.7


こうした大きな時代の流れの中にあって、どのような事業を孫正義は展開してくれるのか、注目していきたいと思う。

17010701

17010702
1月6日付東京新聞夕刊

【追加情報】
みずほ銀行とソフトバンクの繋がりを示す、以下の記事を掲示板「放知技」で紹介したところ、掲示板の主である飯山一郎さんに評価していただいた。
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
17010706

【特集】ミスピーチは原発を目指した(1) 福島産の桃吐かれ | 2017/1/6 - 共同通信 47NEWS

福島第一ライブカメラで見える光は、紫色が多い

2017年1月 6日 (金)

【唖然】夜9時のNHKトップニュースが「いきものがかり活動休止」ですって。

健康になるためのブログ
Yyu
 












こんなギャグみてーなニュースを流すために、国民からお金を強制徴収していると思うと涙が出てきますね。NHKはスポンサーからお金が出ている民放とは話が違いますからね。

しかも、各時間のニュースで欠かさずやったみたいですね・・これで平均年収1100万ですからチョロイ仕事です。

      

トヨタ変調:政治状況の判断力を失ったか? 

飯山一郎
2017/01/06(金)  
トランプがトヨタを口撃!
トランプとトヨタ「T・T戦争」勃発!
トヨタ変調
  • トランプ米次期大統領がトヨタ自動車を口撃した!
  • 「トヨタはメキシコのバハ・カリフォルニア州に工場を建て,米国向けに『カローラ』をつくろうとしている.ありえない! 米国に工場を建てるか,高い関税を払え!」 と,トランプ氏はツイッターに投稿した.
  • フォードは18年稼働予定の工場新設を撤回したが,トヨタはトランプ口撃に怯まず,メキシコ新工場の19年稼働を見直さない考えだ.
  • トヨタ頑張れ!と言いたいが,しかし,日本では「国策」に忠実なトヨタが,アメリカでは敢えて「国策」に違反する…
  • トヨタは,政治状況の判断力を失ったか? に見える.
  • 本日の東京株式市場は,「国策」に忠実なソフトバンクが180円高.いっぽう,トヨタは150円安!とトヨタには厳しい評価を下している.(11時現在)

トヨタ変調 トヨタの新工場の建設予定地はバハ・カリフォルニア州ではなくグアナファト州で,トランプ氏の投稿には一部誤解がある.
.
また,トヨタがメキシコ工場新設を決める際には,米国工場の雇用を減らさないよう配慮をほどこしている.
それにしても…,
トヨタ変調! 「トヨタは一体ど~なってるの?」という感じは否めない.

トヨタの社長とソフトバンクの社長.両社の状況認識力と知的判断力と決断力.両社の大きな相違点が,今後,明暗を分けそうである.

2017年.世界は大転換期に突入した.
世界は,今後,ど~変わるのか?

その変動のダイナミズムを見透かし,見極めた者は大きく発展・伸長し,認識と判断を誤った者は,水底に沈む….

これは脳天気な人間にも,イカなる企業にも,(日本国のよ~な)タコみたいな国家にも,厳しく適用される厳格な法則なのでR!

ワシもボケてなどいられない.「ご隠居の底力」を身に付ける!
飯山 一郎(70)

何でも見てやろう

人生は冥土までの暇潰し
 
前回、夕刊(東京新聞)に載った「時代を刻む」(1)という記事を、拙稿「戦争の引き金…」で紹介したが、続く第二弾の「時代を刻む」(2)は、あの小田実の『何でも見てやろう』であった。拙ブログでは小田実について数本の記事を書いており、中でも代表的なのが以下の記事だ。
空々寂々たる人生なんて、糞くらえ

同記事では小田実について以下のように書いた。

亀さんは高校時代に小田実の『何でも見てやろう』に触発され、卒業後は旅行資金を稼いで日本を飛び出し、3年間近くにわたって世界各地を放浪している。


小田実は27歳になった1959年に日本を発っている。その13年後の1972年、19歳だった亀さんも日本を発ったというわけだ。ともあれ、同記事では今東光が若者に語った貴重な講話を紹介しているので、この機会に再読してもらえたら幸いだ。また、亀さんも和尚に合わせる形で、やはり若者に以下のようなメッセージを送っている。

如何せん既に東日本は人の住むような土地ではなくなっており、生きのびるためには何時かは日本列島から出なければならないのだ。そのあたりは「私は安心して死んでいけます」に詳しく書いたので繰り返さない。ともあれ、これからという若者には上記の「和尚独白」を繰り返し読んで欲しいと思っているし、特に以下の和尚の言葉は頭に叩き込んでくれ。

    なんでもやりたいことを大いにやるこった。人生とは、なにもやらない虚無よりも、たとえ失敗しても、傷心の方がはるかに貴いものなのだ、とオレは思っている。

    空々寂々たる人生なんて、糞くらえ、と思うべし。


もう1本、小田実について書いた拙記事がある。それは「青年よ、荒野を目指せ04」と題する記事で、当時は飯山一郎さんが青州市に長期滞在中だったので、何気なく「(青州へ)行ってみようかな」と同記事に書いたところ、忽ち飯山さんから青州に来いというメッセージが届き、今更行けませんなんて言えなかったもんだから、重い腰を上げてノコノコと青州まで出かけたという次第(爆)。ところがである、帰国後は「青州で思ふ」(全十話)を書いたほどで、実に印象に残る旅となったのだ。まさか還暦を過ぎて、これだけ濃厚な旅ができるとは夢にも思わなかった…。

同記事は前記事に倣い、やはり若者にエールを送る内容となっている。

最初に、以下は制作発表記者会見で発表された、漫画『スミカスミレ』の原作者、高梨みつばからのメッセージである。実にE-こと言っているではないか…。

    若い時は若い自分が当たり前で、有り難さも感じないのですが、すみれはその有り難さを知っています。知っているからこそ、すべての出来事に感謝することができます。桐谷さんの演じるすみれの頑張りから、今の大切さを感じ取ってもらえたらと思っています。


前置きが長くなった。東京新聞の記事内容については、以下に転載しておくので確認していただくとして、小田実と言えばやはりベ平連であり、同記事でもベ平連について言及していた。亀さんも若い頃は小田実と一緒にベ平連のデモに参加したことがあり、今では懐かしい思い出だ。また、小田実の『何でも見てやろう』がきっかけとなって、「沢木耕太郎や五木寛之の紀行文や紀行小説が登場した」という記述も同記事にあった。ちなみに、拙ブログの「青年よ、荒野を目指せ」シリーズは、五木寛之の『青年は荒野をめざす』を意識して付けた題だし、沢木耕太郎についても、拙稿「青年よ、荒野を目指せ04」に書いた。そして、今回の記事で最も印象に残ったのは、同記事の以下の結語である。

個人が細分化され、タコつぼ化した今の日本だからこそ、小田さんのような人がいたことを思い出してほしい。


最後に、拙稿「45年ぶりに…」で以下のように書いた。

亀さんは19歳の時、日本を飛び出して数年に及ぶ海外放浪を体験している。だから、45年後となる来年、再び海外に飛び出すのでは、という気がしてきた。ナンカ、45年前に体験してきたことを、最近はアレコレ繰り返しているような気がするんだが、気のせいだろうか……。

今年の3月23日は、亀さんが日本を脱藩してからちょうど45年目に相当する。再び19歳の時のような海外放浪の旅を、繰り返すことになるのだろうか…。

17010601

17010602

17010603
17010604

最近、注意力散漫、意味なくイライラ、物忘れが激しい。

RK緊急入院について

Date: 2017年1月5日
 

リチャード・コシミズ緊急入院を余儀なくする事となりました。

1月7日、誠に恐縮ですが、キャンセルさせて頂きます。

RKの病状については別途報告させていただきます。

都わすれさん、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

明日 6日 冠状動脈手術をします 成功を祈って下さい。

リチャード・コシミズ

2017年1月 5日 (木)

もって他山の石としたい 

逝きし世の面影
2017/01/05(木)2  
人には厳しく 自分には大甘
このブログは他山の石だなwww
逝きし
  • 『逝きし世の面影』の宗純氏が書いた飯山一郎に関する誤った情報について,「suyap」氏が厳しく批判した.(記事)
  • 同じ批判文が宗純氏のブログのコメント欄にも投稿された.
  • 「宗純さんともあろうお方が、こんな意図的(?)なミス・リーディングをされるとは…驚きました!」
  • しかし宗純氏は,自分の認識の誤りは歯牙にもかけず…
  • 宗純氏は本日のブログにこんな文章を書いてます.
  • 「自分の間違い(判断ミス)を一切認めない、今の無責任極まるマスコミですが…」 (記事)
  • 宗純氏は他人の間違いには厳しいが,自分には大甘.
  • 日本の知識人てのは,まぁ,こんなモンです.
  • 『乳酸菌と免疫の関係』についても宗純氏は,ほとんど無知なので,致し方ありませんが…
  • 宗純氏のようなシトを,ワシは「他山の石」とします.

「他山の石」という格言は…
「よその山から出た,つまらない石.転じて,自分の修養の助けとなる他人の誤った言行」 という意味.
飯山 一郎(70)
 

戦争の引き金…

人生は冥土までの暇潰し
 
今年の正月も二人の弟が新年の挨拶に来てくれた。亀さん家に兄弟が集まると、決まって酒の酔いに任せて世界情勢の話に進展するんだが、今回は「戦争の引き金は宗教である」というテーマを巡り、兄弟間で激しいバトルを繰り広げた。

弟らは、「宗教こそ戦争の引き金である」と主張、それに対して亀さんは、「宗教ではなく女と富」であると、キッパリと弟らの主張を否定した。まぁ、確かに世間では、戦争の引き金となるのは宗教だという考え方が主流だし、昨日の東京新聞夕刊に掲載された「時代を刻む」(1)も、手塚治虫の『火の鳥』を取り上げて、宗教と戦争を結びつけていた(記事を本稿の最後に転載)。

では、十字架軍はどうだったか? あれは本当に宗教戦争だったのか? 最近の例を挙げるなら、非人道的なことを繰り広げているISはどうか? ISは本当に〝イスラムの大義〟の為に戦っているのか? 拙ブログを訪問してくれている読者なら、すでにISの正体をお見通しのことと思うが、CIAのような戦争屋をバックに持つのがISであり、あんなの宗教戦争でも何でもない(嗤)。

遠い昔の十字架軍についても、十字架軍に参加したのは次男や三男といった連中であり、食いっぱぐれたくないから十字架軍に参加したのにすぎず、ウィキペディアに書いてあるように、断じて「聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還する」なんぞが目的ではなかった。そのあたりは、拙稿「戦闘意欲なき国民は滅亡し、敢闘精神なき国民は堕落する」でも、亀さんは明確に示しているんだが、なかでも、『悪徳の世界史〈1〉フィリピン華僑ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』から取り上げた、以下の記述に注目のこと。

 だが、人間の歴史を常に起動させてきたもの、「歴史の原動力」は前者よりも後者、戦闘意欲の方だった。「女と富」への飽くなき執念だった。そして常に不道徳だった。
、『悪徳の世界史〈1〉フィリピン華僑ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』p.124


15051201  15051202

そう、崇高な宗教意識なんぞのためではなく、あくまでも「女と富」が目的だったのだ。だから、、『悪徳の世界史〈1〉フィリピン華僑ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』は、戦争の〝本質〟を知る意味でお薦めである。それから、同氏の筆による『悪徳の世界史〈2〉宗教の悪徳 宗教ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』も面白いが、最初の『悪徳の世界史〈1〉フィリピン華僑ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』に目を通せば、浅井氏の基本的な考え方は分かるので強いて読む必要はない。それに、『悪徳の世界史〈2〉宗教の悪徳 宗教ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』の場合、以下のように箸にも棒にも掛からない愚見を述べるのだから…。

原発事故はこの戦略の方向転換を迫る。「安全神話は崩れだ。原発は安全ではない。廃止すべきだ」とし、「絶対安全な保証されない限り、原発稼働は認めない」とする。だが放射能被害で死んだものはいない。一方、毎年水害では何十人と死ぬ。この世に絶対安全などない。問題は「原発事故が何故防げなかったのか」である。「千年に一度の想定外の事故」なら、それを想定した安全対策を取ればよい。それは経営の意志の問題でもある。
『悪徳の世界史〈2〉宗教の悪徳 宗教ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史』p.368

こんな具合なんだが、それでも、『悪徳の世界史〈2〉宗教の悪徳 宗教ビジネス不道徳講座 (悪徳の世界史は、戦争と宗教の関係について色々な意味で洞察の切っ掛けを与えてくれる本なので、気が向いたら一読してみるのも悪くないカモ…。

17010501

17010502

17010503

土曜日(7日)の未明にかけて、東電福島原発からの風が西日本の太平洋岸に吹く予報になっています。沖縄、台湾方面も要注意。

【ヤバすぎ】東京五輪のテロ対策として、宮家邦彦氏「基本的人権の制限も必要」フジ・平井文夫氏「ある程度、監視社会にしないと」

『逝きし世の面影』は デタラメだな 

飯山一郎
2017/01/05(木)  
ウソやデタラメを平気で書く神経
昔は有名な左巻きだったが今は頭が左巻き
逝きし世
指2
逝きし婆
  • 『逝きし世の面影』がウソやデタラメを平気で書いている.
  • いわく,「玄米乳酸菌で放射能を無害化(除染)するとの余りにもお粗末で馬鹿馬鹿しい飯山一郎は…,原子力ムラのネット工作員列伝の番外である」 などと.
  • 「玄米乳酸菌で放射能を無害化(除染)する」 な~んてコトを,飯山一郎は一切全く言ったことがないし,どこにも書いてない.
  • 飯山一郎が言い続けてきたことは…
  • 放射線で破壊された体細胞を(乳酸菌によって活性化された)マクロファージが呑食する!
  • 乳酸菌によって免疫細胞(マクロファージ)が活性化するので,病気になりにくい!
  • だから,乳酸菌を活用して免疫力を上げ,健康を維持しながら生き抜いていこうぜ!
  • 嗚呼それなのに,『逝きし世なんたら』という知識人は,ウソとデタラメを書き放題.
  • 「世迷い言」を言いつつ逝った婆さんのボケた遺影みたいな文章だ.
  • その文章は,『逝きし世の面影』というブログのココにある

飯山一郎が言ってもいないことを,言ったように書くってのは…,
逝ってる証拠だな.
しかも,
「(飯山一郎は)原子力ムラのネット工作員列伝の番外」なんだって!

このよ~に最近は,昔はアタマが良かった知識人たちが,クルクルパーになっちゃってる現象がとくに顕著だ.

『逝きし世の面影』の場合は,症状は「認知症」(物事をキチンと認識できないビョーキ)なんだが,アルツハイマー型ではなくて,ニューロン・シナプスのストロンチウム損症だ.

つまり,「ホ」を相当カンじゃってるコトが病因.

いずれにしても…,
乳酸菌の効能(免疫力アップ)は多方面で確認され.数百万人が認知し,活用しているワケで…

ここにきて, 『逝きし世の面影』が乳酸菌の効能を頭から否定するのは,原子力ムラを喜ばす為なのカネ?

『逝きし世の面影』は,牛~『逝きし婆の遺影』とでも名乗るべきだな

このような病的な左巻きを,今後は,『クルクル・ホ~』と呼ぼう!
飯山 一郎(70)

「元日の安倍首相の年頭所感には『アベノミクス』も『三本の矢』もない。あるのは『一億総活躍社会』だの『世界の真ん中で耀く日本』という精神論の絶叫だ。戦時下の『一億玉砕』や『神州不滅』と何が違う」(東京新聞「こちら特報部」)

くろねこの短語

箱根駅伝でコースに侵入した一般車両に神奈川大学の選手が轢かれそうになっていたそうだ。警備の警察官の規制ミスが原因って言うけど、しっかりしろよ、ったく。

 そんなことより、ペテン総理が伊勢神宮参拝の後に年頭会見をした。「酉年には何かが起きる」なんて思わせぶりなこと口にして、そのくせ「解散の文字は考えたことはない」ってんだから、相変わらずのノータリンぶりを発揮してくれている。

 でもって、天皇の退位については、「決して政争の具にしてはならない」「政治家が良識を発揮しなければならない課題だ」なんてのたまってくれたそうだ。お前が言うか、ってなもんです。そもそも、良識のない人間が良識云々なんて口にすること自体片腹痛い。どこの馬の骨ともつかないお仲間集めての有識者会議こそ、政治利用以外の何物でもない。

通常国会20日召集=天皇退位「政治家は良識を」-安倍首相年頭会見

 さらに、「女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、一度失敗を経験した人も、誰もがその能力を発揮できる一億総活躍社会を創り上げる。デフレから脱却し、日本経済の新たな成長軌道を確固たるものとする。積極的平和主義の旗を高く掲げ、日本を世界の真ん中で輝かせる。そして、子供たちこそ我が国の未来そのもの、子供たちの誰もが家庭の事情にかかわらず未来に希望を持ち、それぞれの夢に向かって頑張ることができる、そういう日本を創り上げていく決意であります。」なんて空疎な言葉の羅列で、だったらそのために具体的には何するのって話は一切ないんだね、これが。

安倍内閣総理大臣年頭記者会見

 東京新聞「こちら特報部」のデスクメモは、「元日の安倍首相の年頭所感には『アベノミクス』も『三本の矢』もない。あるのは『一億総活躍社会』だの『世界の真ん中で耀く日本』という精神論の絶叫だ。戦時下の『一億玉砕』や『神州不滅』と何が違う」と書いていたが、もうおっしゃる通り

 「もはやデフレではないけど、脱デフレは道半ば」なんて智恵遅れなこと口にして平然としていられる御仁ですからね。そんな矛盾した精神構造から発せられる「精神論の絶叫」が、この国を破滅へと導いていくのをただ指を咥えて見ているわけにはいきませんよ、ったく。

NHKでは、福島第一原発と第二原発に “新たな”異常の情報なし、と報道している

2017年1月 4日 (水)

「ダンベル」と「アレイ」の違いは分からんが… 

2017/01/04(水)  
隠居生活はダンベルだ!
足腰は充分に鍛えたが腕の力が弱ったので…
隠居生活 指 鉄アレイ
  • 昨年までは「千客万来」で,充分な運動が出来なかった.
  • わずかな時間に坂道を駆け上がって,足腰は鍛錬してきた.
  • しかし,上半身を鍛えなかったので,腕の筋肉がソゲ落ちて「細腕」になって,腕の力が弱ってしまった.
  • 男は腕力がないと駄目だし,腕力が弱ると心臓も弱ってくる.
  • 毎日,意識して腕をブン回し,振り回すと,心臓の筋肉(心筋)も強くなる! これはヤッてみると分かる.
  • ワシは入浴時などに「細腕」を見ては…,
    「これはいかん!」と,2年近くも思い続けた.
  • 「隠居宣言」の後は来客が減ったので,ワシはダンベルを買い,腕の筋肉と腕力を増強する自己鍛錬を開始した!
  • 人間の筋肉は,酷使すれば必ず強化される.
  • 細腕に筋肉がつけば心臓も強くなる.実際,強くなってる!
  • こ~してワシは,連日,体操をし,長い上り坂を早足で駆け上がり,ダンベルを振り回し,空手の型演舞をし…,心身を厳しく自己鍛錬している.
  • 今は,そういう時期なのだ.誰もが,意識して自分の心身を鍛え,免疫力を上げ,病気にならないコトだけを必死に考え,工夫し,実践しながら生き延びてゆく!これしかないのだ.

『いよいよ10-20代の若い人たちも亡くなりはじめた』 (記事)

ラモス瑠偉氏(59)も倒れた.(記事)
女医でタレントの西川史子さんも,異常な激ヤセで体調絶不調だ.

放射能の影響を心配する人たちを,「放射脳」 「バカ」 「人でなし」と罵っていた電波芸者の竹田圭吾氏は,昨年死んだ.

放射能汚染を気にする人々を罵倒し続けた講談師の神田陽司氏も死んだ.

放射能汚染をナメていた脳天気な人々がバタバタと倒れ,あるいは死んでいる.

日本は,いま,多病・多死社会どころではない,「人口激減国家」に突入してしまっている.

逆に…,乳酸菌を応用・活用して免疫力を高め,運動で体温と血行・血流をアップする努力を続けてきた人たちは,元気モリモリだ.

その元気を,さらに増強して,チョ~元気にするために…,
ワシは玄米乳酸菌のガブ飲みと,坂道駆け上がりと,ダンベル体操をガンガンやり始めた.

『火事場のバカ力』みたいな『隠居の底力』を披露する! という趣向の『隠居のお色直し披露宴』を,初夏の頃,ワシは大阪で開催する.

日時と場所は未定なので,決定したら発表します!

飯山 一郎(70)

第一原発タービン建屋 汚泥処理課題に 汚染水かき混ぜ回収検討

なんだこの年賀状は…

2017年1月 3日 (火)

新春早々デマが飛びまくるニッポンのネット 

飯山一郎
2017/01/03(火)  
読売:秋篠宮さまを「皇太子」待遇
読売はゴミウリ次の皇太子が秋篠宮ということ

秋篠宮,50歳誕生日の記者会見URLは,https://youtu.be/O4ZkkZOZbSI
  • 読売の書き方や,政府の発表の仕方が悪いので…
  • 「秋篠宮が皇太子になる?!」 という勘違いが多い.
  • そ~ではなくて…
  • 今の皇太子殿下(浩宮)が天皇陛下になられた場合…
  • 浩宮に男の子がいないから皇太子がいなくなる…
  • それで秋篠宮を「皇太子待遇」にしようってだけの話.
  • つまり将来,秋篠宮は「皇太弟」になられるワケだ.
  • デビ腐人のような「皇室分断騒動」を狙う勢力の策謀で,誤解が広がったのだろう.

世の中には,「売文屋」とか「講演会屋」というのがいて…
根拠のない「トバシ発言」で注目を集め,客を呼ぼう!とする.

やれ,デビッド・ロックフェラーが死んだの…
ジョージ・ソロスやヒラリー・クリントンが殺されたの…
小泉純一郎の側近が株のウリで破産寸前だの…
今年あたり,ソフトバンクがツブれる可能性が大きいの…
雅子妃の父親の小和田恒氏がスイスで軟禁されたの…

講演会屋のヨタネタを信じてると,頭がヨタヨタになるぞ.(爆)

D・ロックフェラーやソロスによる(侵略戦争の)時代が終わった!
これは確実な歴史の流れなので,D・ロックもヒラリーもソロスも死んだも同然なんだけど…www

それはそ~と…,
秋篠宮が記者会見の冒頭,昨年の豪雨や大雨による水害のことをヤケに長く話していたけど…
あの大雨・豪雨の,ホんとうの原因を知ってる感じだな.

ワシの勘違いか,誤解,鼠~コトかも知れんが脳www
飯山 一郎(70)

膝小僧とアベック 

人生は冥土までの暇潰し
 
TVドラマ「スミカスミレ」を記事にした、「つむぎのにっき」というブログがあるんだが、以下のようなことを書いている。

17010303

膝小僧の話が登場するのは「スミカスミレ」の第3話で、見た目は20歳だが中身は65歳の如月すみれ(桐谷美玲)が、同じ大学に通う真白勇征(町田啓太)と、遊園地で人生初のデートに臨むシーンが登場する。遊園地前で待ち合わせをしていたすみれ、多分、初めてミニスカートをはいたのではと思わせるシーンが以下だ。

真白 一瞬分かんなかった。いつもと雰囲気違うから。

17010304

すみれ あっ…、ぇ…、やっぱり、可笑しいですよね、こんな膝小僧を出していたら…。
17010305

ミニスカートと言えば、亀さんの世代は1967年に来日した英国人モデル、ツイッギーを思い出すんだが、亀さんはツイッギーの来日を機に、日本でもミニスカートが流行ったものとばかり思っていた。ところがナント、1930年代(昭和初期)の日本で、すでにミニスカートが登場していたというのだから、アッと驚く為五郎~~!


                17010302
                                    今の一般常識を覆す衝撃的な映像

次にアベック。65年目にして初めて遊園地に来たすみれ、思わず感動の声を上げる…。

すみれ やっぱり広いですねぇ。実際来てみると…。それに、アベックばっかり…

17010306

真白 アベック?

17010307

すみれ あっ、いゃ…、あの…
17010308


読者とのメールのやりとりで、亀さんは以下のようなことを書いたことがある。

特に、アベックと言えば亀さんならすでに結婚している男女のことを指し、カップルは未だ結婚に至っていない男女のことを指していたはずですが、今の時代は違うのでせうか?


今、読み返してみて書き間違えをしているのに気づいた。正しくは、結婚している男女がカップルで、結婚前の男女がアベックと書きたかったのだ…。我ながらお恥ずかしい。上記の亀さんのへんちくりんなメールを読み、読者は頭が混乱したに違いない。それでも心優しい読者のお姉ちゃん、以下のように回答を寄越してくれたのであった。

アベックという言葉は母から聞いていました。
ただ、お友達との会話では「アベックは古い言い方」となっていました。
恋人同士を全てカップルと表現していました(*^^*)
結婚されてる人達はストレートに「夫婦」や「ラヴラヴ夫婦」なんて表現をしていました(*^^*)


なるほど、アベックは古い言い方か…。亀さんの世代では、カップルと言えば結婚した男女のことを指していたと思うんだが、同世代の神戸のおばちゃん(大阪のおばちゃんではない、念のため)、どうよ?

【今朝の紙面から】
今朝の東京新聞の第一面に「空き家 首都圏浸食」という記事が載り、亀さんの地元である飯能市役所の担当者の言葉が紹介されていた。

子どもが独立して市外に出た世帯で、親が亡くなった後、空き家になる例が多い。


時々街を散歩する亀さんだが、確かに最近は空き家が目立つようになった。そして、亀さん家も「子どもが独立して市外に出た世帯」である。このまま故郷が寂れていくのは哀しい限りだが、東北関東はすでに人間の住むような土地ではないことを思うと、子どもたちに家を継がせるわけにはいかんと、複雑な心境だ。
17010301

病院でもマイナンバーカード、保険証代わりに(読売新聞) - Yahoo!ニュース

2017年01月03日 日田(ヒタ) 昨夜から湿度100パーセントが連続。

2017年1月 2日 (月)

これから飛び込み自殺をする人が事前に分かってしまう車掌さんの話、凄まじい。人身事故を起こすと運転手と車掌にお清め料が出るんだ…

スタートをきった2017年は,どんな年になる? 

飯山一郎
2017/01/02(月)  
世界の在り方が大変化!
大戦争は起きないが豊かさを競いあう年に
2017Start
  • 2017年は,途轍もない世界的な大変化が始まる年だ.
  • 切っ掛けは,トランプによる角栄型・北米大陸大改造論.
  • さらに米国は,「武力侵略」と「他国の政権転覆」を止める!
  • そ~して,トランプ大統領とプーチン大統領による劇場型の友好劇が開始される.
  • また,緊張感をはらみながらも,キッシンジャー脚本による米中友好劇も始まる.
  • これで世界からは大戦争のキナ臭さが,ほぼ完全に消える.
  • それで次は,各国が「豊かさ」を競い合うステージだ.
  • これは自国の国民を「豊かに!幸せに!」する競争だ.
  • かくして世界は,「国家の存在感」が益々おおきくなる.
  • ニッポンも,貧しくなる一方のジリ貧状態で,世界の孤児=孤立化する一方だったが…,少しは良くなる.
  • しかし,少子高齢化と「」による人口激減で,企業は「人手不足」に悲鳴をあげ続ける.
  • 「天皇退位=皇太子に譲位」に向けての動きは,時代の閉塞感に穴をあける.
  • ただし日本も世界も,思わぬ大事件や大事故,天変地異で,一瞬,真っ暗!になる可能性は,ある.
  • 株式相場は,大暴落は無いが,急落を繰り返しながら,ダウは25,000ドル,日経平均は25,000円を目指す!
  • 注目は…,
    「トランプ銘柄」「プーチン銘柄」になったソフトバンク(9984).
  • 以上は,飯山一郎が描く(実現性が最も高い)第一シナリオです.
  • 第二,第三のシナリオには,「トランプ暗殺」や「崩御」,「米国戦争屋の暴発」,「フクイチの共同貯蔵プールの爆発」なども入っているが,想定外でE~だろう.
  • 「シナリオ」は,速攻の対策を立て,実践するためにある.
  • 当たるの外れるの,好きの嫌いの,鼠~問題ではない.
  • 善いの悪いの,鼠~問題でもない.
  • 生き残り,生き延びるための「知恵の脚本」なのであるよ.
飯山 一郎(70)

トルコで年明け早々にテロ!&秋篠宮を皇太子待遇に・・・なんのこっちゃ!?

くろねこの短語

なんかねえ、毎年のこととはいえ、タレントの悪ふざけ全開の正月番組のひどさにはもうウンザリ。泳げない芸人に浅いプールで危険な飛び込みさせたってんで、大晦日放映のテレビ朝日『アメトーク』が炎上しているようだが、このシーンはたまたまザッピングしてて観たんだね。危険であることとは別に、他人の弱点を笑いものにするというあざとい手口はもうダメだろ。こんなことしてるから、TVは芸NO人だらけになっちまうんだね。

 そんなことより、年明け早々、トルコでテロだ。新年を祝うひとで大盛り上がりのナイトクラブで乱射されたら、そりゃあひとたまりもありません。死者39人、負傷者69人という惨劇は、戦争できる国にしたくて仕方がないペテン総理一派が君臨する限り、この国でもけっして他人事ではなくなるに違いない。

・トルコ銃乱射 死者39人に 大統領がテロと断定 

 で、そのペテン総理なんだが、どうやら天皇の退位について、「一代限りの特例法案」ってことでお茶を濁すことに決めたようだ。だったら、有識者会議なんていらなかったんじゃないか。ようするに、どこの馬の骨かわからない、同じ思想背景のお友達を集めて、「はい、ご意見拝聴しました」というカタチだけが欲しかったってことなんだね。

 しかも、ちょいと聞き捨てならないのは、皇位継承順位が1位となる秋篠宮を「皇太子」待遇にするんだとか。皇太子待遇?? なんのこっちゃ。それこそ、皇室典範を改定する必要があるんじゃないのか。これは明らかな天皇の政治利用で、そもそも護憲に熱心な今上天皇と皇太子を快く思っていないペテン総理の、退位を口実にした合わせ技一本ってことなんじゃないのか。初春の妄想だけどさ。

秋篠宮さまを「皇太子」待遇…「退位」特例法案

「今上天皇固有の事情」明記へ 退位特例法の先例化回避

 弟君に肩入れして体制転覆を図るってのは、世界の歴史でゴロゴロ起きてますからね・・・おっと、これも新春の妄想ですから、念の為。

落日の電通 

人生は冥土までの暇潰し
 
 
17010201

『月刊日本』(一月号)が「影の支配者・電通」と題した特集を組んだ。同誌は電通に支配されていない、数少ない独立系のメディアであるだけに、容赦のない電通批判記事が小気味良い。昨年も同誌は七月号で電通批判を行っており、そのあたりは拙稿「電通の正体」で簡単に紹介した。

その電通のルーツについて、「電通の歴史 - CIAにつながる影」という記事を、『月刊日本』は取り上げているが、一読の価値はある。亀さんも同記事に書かれているのと似通った内容の記事を、拙稿「其の逝く処を知らず」に書いているので、併せて読んでいただけたら幸いだ。

間もなくトランプ新政権が発足する。そのため、アメリカの軍産複合体も次第に追い詰められていくはずであり、軍産複合体の鉄砲玉であったCIAも同じ運命を辿ることになる。それが、今回の電通の落日につながったのは間違いない。なお、『月刊日本』最新号の記事「電通の歴史 - CIAにつながる影」に、岸信介(のぶすけ)が登場するが、A級戦犯だった岸信介が死刑に処せられることもなく、何等お咎め無しに釈放され、剰えその後は総理大臣にまで上り詰めた背景に、CIAの影がちらついていたことは容易に想像できよう。

岸は日本国民に知らせることなく、秘密交渉を通じて日本をアメリカに売り渡した売国奴である。そのため、未だに日本はアメリカによる〝独占状態〟が続いているのだが、そのあたりを具体的に把握する上で、やはり矢部宏治氏の『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(集英社インターナショナル)は必読だ。とりわけ、同書のp.83に書かれてある以下の記述は重要である。

基地権密約の主役は岸信介でしたが、指導権密約の主役は吉田茂ということになります。


17010202

だが、時代は大きく変わりつつある。そのあたりをに明確に見通す上で、以下の記事は重要だ。
プーチン大統領の新年のメッセージ

17010203

【連絡】
てくのぱぱさん、「拍手コメント」を通じての問い合わせを確認しました。太陽凝視の成果が出ているとのこと、良かったですね。なお、眼鏡をかけての太陽凝視は絶対にしないでください。それから、太陽凝視は15分もやればE-と思います。小生は30分かけています。

今年も大好きで見飽きない、農林水産省お雑煮MAPを置いていきます。

ここもずっと湿度が高いまま。

2017年1月 1日 (日)

天皇陛下を超えた安倍首相の増長ここに極まれりだ

天木直人

 新年の恒例である天皇陛下の所感は、やはり今年はなかった。
 
 負担軽減のためだという。

 誰がそんな宮内庁発表を信じるというのか。

 年頭所感を発する事が天皇陛下の負担になるとはとても思えない。

 それどころか、天皇陛下が述べられた8月のお言葉の内容をいま一度思い起こせば、年頭所感の発出こそ、天皇陛下が最も重視されている象徴天皇としての行事だ。

 これは安倍首相による天の陛下の口封じだ。

 そして、そのことを私はきょう元旦の各紙を見て確信した。

 きょうの各紙が一斉に掲載したのは、安倍首相の年頭所感だ。

 もし天皇陛下の年頭所感が発せられていたら、当然ながら天皇陛下の所感が真っ先に報じられたに違いない。

 安倍首相の年頭所感がここまで大きく報じられる事はなかった。

 天皇陛下の年頭所感が見送られたからこそ、ここまで大きく安倍首相の年頭所感が報じられたのだ。

 しかも安倍首相の年頭所感の内容は、天皇陛下が発せられたであろう年頭所感とはまるで異なる。

 未来への挑戦に向けた強い決意を述べ、1億総活躍社会をつくるといい、国際情勢の荒波の中で日本を世界の真ん中で輝かせる、と大言壮語している。

 これはまさしく安倍首相の施政方針演説だ。

 安倍首相は天皇陛下を超えた存在になったということだ。

 そして、今度の国会で提出され、成立するであろう、「天皇陛下の公務負担軽減等に関する特例法」により、天皇陛下の事実上の生前退位が決まる。

 名実とも安倍首相が天皇陛下を超える存在になる。

 ここまで傲慢になった安倍首相は、その瞬間から坂道を転げ落ちるように失墜するだろう(了)

あけましておめでとうございます

2017/01/01(日) あけましておめでとうございます
飯山一郎:隠居元年
世俗を逃れてやり残した仕事に専念する仙人
亀仙人 少食仙人
  • 9千人以上の人たちに会ってきた過去5年10ヶ月.
  • 日本人の心やさしさに触れた感動の日々…
  • なかには喧嘩別れしたヒトも何人かはゐましたが…
  • 彼らの過度な傷つきやすさも,日本人の特性なんですね
  • たくましく,したたかに,しなやかに生きる術を知らない…
  • そんな人たちが結構多かったです.
  • とにかく先ずは元気を出すことです.気張ることです.
  • ワシも今年は71歳.やり残した仕事が山ほどあります.
  • その仕事を片づけながら,乾坤一擲,発明家仙人になる!
  • これが今年の飯山一郎の目標です.
  • グルンバも,『気化古龍宝(GRNBA)』が,4月には完成.
  • 中国人が絶対に真似できないシステムになります.
  • あとは,「古代史の研究」と「株の売買秘法の開発」です.
  • どの仕事も,命懸けで必死になってヤリ抜きます!
  • 奈良時代の聖武天皇の「隠居」は,当時の国家プロジェクトである東大寺建立に専念することが目的でした.
  • やり残した仕事に専念するための「隠居」は多忙です.
  • それでも,『てげてげ』だけは,毎日,書き続けます!
  • 今年も,どうか,ご愛読・ご笑読ください!>皆の衆
飯山 一郎(70)

火の鳥の如く 

人生は冥土までの暇潰し
 
平成29年という新しい年を迎えた。この新年は酉年ということもあり、思い浮かぶのが手塚治虫の『火の鳥』である。火の鳥について、ウィキペディアの解説を見てみよう。

人智を超えた存在である超生命体。炎をまとった鳥の姿をしている。100年に一度自らを火で焼いて再生(幼くなる)する事で永遠に生き続ける。人語を解し、未来を見通す。


17010101

『月刊日本』誌の最新号(一月号)に、亀井静香と石原慎太郎の対談記事、「世界はエゴの時代に突入した」が掲載されている。豊洲盛り土問題の犯人である石原慎太郎との対談とは、亀井さんも焼きが回ったなと思いつつも、サーッと同記事に目を通してみた。すると、以下の石原慎太郎の発言に目が止まったのである。

石原慎太郎 今から40年前、ブラックホールを発見したホーキングという天文学者が来日して、有楽町で公演したことがあります。

講演後の質疑応答で、ある人が挙手して「この宇宙に地球のような、生命体が存在して文明の進んでいる惑星はいくつくらいあると思いますか」と聞いたら、ホーキングは即座に「スリーミリオン(3百万)」と答えた。

次の人が「文明を持つ惑星がそんなにあるなら、なぜ実際に宇宙人や宇宙船が地球に来ないんでしょうか」と聞くと、ホーキングは笑ってね、「地球みたいに文明が進みすぎた惑星は、自然の循環が狂って生命体が死滅し、宇宙時間でいうと一瞬のうちに滅びてしまうからだ」と言った。最後に私が「宇宙時間の一瞬というのは何年ですか」と聞いたら、ホーキングは「ハンドレッドイヤーズ(百年)」と答えました。

それから40年経った今、地球が温暖化して世界中で異常気象が起きている。だから私は地球そのものが持つか持たないか非常に心配しています。

『月刊日本』(一月号)p.43


豊洲問題の犯人である石原慎太郎が、地球の未来を心配しているというのも、ブラックユーモア以外のなにものでもないんだが(嗤)、それはともかく、掲示板「放知技」で堺のおっさんの投稿を読み、世界が破滅する運命の日が少しは延びたように思った。

17010103
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15951444/648/

それにしても、堺のおっさんではないがプーチンの対応は実に見事であり、そのプーチンが健在な今年も、どうにか世界は破滅を乗り越えられるのでは思った。自国の外交官が国外に追放されたら、即座に対抗措置として相手国の外交官を国外に追放するのが、今までの世界政治の〝常識〟だったのだから、今回プーチンがとった〝対抗措置〟に、世界が「アッ!」と驚いたのも無理もない。そのプーチンが今年も世界を率いていくのだから、今年は世界の破滅をそんなに心配せずに済むだろう。

なお、フクイチ(福島第一原子力発電所)から、過去6年近くにわたって水蒸気がタダ漏れしているが、日本民族が滅ぶ程度で終わるのならともかく、全人類の滅亡にも繋がりかねない事態ともなれば、いよいよロシアが乗り出し、チェルノブイリ原発k石棺で見せたロシアの技術力で、フクイチ問題に対処していくのは間違いない。日本の国権を牛耳っているアメリカの戦争屋という存在もあるが、トランプ新政権になれば遙かにロシアも動きやすくなるはずだ。

いずれにせよ、「100年に一度自らを火で焼いて再生する事で永遠に生き続ける」という火の鳥の如く、日本民族そして人類も、「一度自らを火で焼枯れる」のを覚悟するべきなのかもしれない。そのような一人にはなりたくない、内部被曝という形で焼かれる(殺される)一人になりたくないのであれば、健康延命を図るべし

【追記 その1】
拙稿「いのちの種、奇跡のリンゴ」で紹介した野口タネ屋の野口勲氏は、手塚プロの元スタッフであり、手塚プロの許可を得て店頭に火の鳥と鉄腕アトム兄妹を描いた。なお、BSジャパンのシネマクラッシュスペシャルで、「奇跡のリンゴ」が今晩9時に放送されるので、時間があれば見ていただければと思う。
http://www.bs-j.co.jp/cinema/?p=201701012100

17010102

【追記 その2】
100年に一度自らを火で焼いて再生する」という火の鳥と関連して、以下のYouTubeも観るとE-かも…。

悲鳴を上げ脱皮を試みる世界 ネジが緩み歴史逆向させる日本

あいば達也
 安倍晋三が、漸くバラク・オバマと云う似非リベラリストが云うところの“アメリカに都合の良い価値観(安倍が得意気に口にする”普遍的価値“)”が理解できたのが2016年の総括と締めくくっても良いのだろう。そして、バター取引で、広島&真珠湾もめでたく成就した。しかし、ここで重要なポイントは、相手のオバマは、裏も表もレームダックな権力者であり、毒にも薬にもならないのが現実だから、オバマに波長を合わせた全ては、無駄な努力、時には足かせにさえなると理解しておくべきだ。

 なぜ、安倍官邸が急にオバマの顔を立てる外交に偏ったのか理由はわからないが、ひどき奇妙だ。オバマは器質的に、安倍晋三を嫌っていただろうから、辞任寸前だけ帳尻を合わせる思惑が、双方の政権内に存在したのかもしれないが、帳尻合わせが、足枷になるのなら、本来避けるべきだったと思う。

続きを読む "悲鳴を上げ脱皮を試みる世界 ネジが緩み歴史逆向させる日本" »

謹賀新年

謹賀新年
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ココログ里子
Tori3

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

amazon&shop

  • 飯山一郎ブランド:ミラクル大豆
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ