« これぞヲトコの胆力である.必聴! | トップページ | 前稿の動画は,飯山一郎が短く編集! »

2016年12月 6日 (火)

人間vs.人工頭脳

人生は冥土までの暇潰し
 
ここ数日の掲示板「放知技」で亀さんが注目しているのが、「てんやわんやの異論スレ 5」というスレッドだ。今までは蛙ナントカという御仁の戯言が続いたので、ほとんど目を通すこともなかったスレッドだったのに、何故今になって急に注目するようになったのか…。それは、第一に蛙ナントカが同スレッドから追い出されたこと、第二に飯山一郎さんが「今後,カブの話は,ココに書きたい」と書いていたからである。

16120502
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15947645/522/

以前から飯山さんの株価予想に注目していたが、最近特に驚いたのがトランプが圧勝した翌日、世界中で大多数の投資家が大損をした中、飯山さんは勝負に勝った極少ない投資家の一人だったということだ。なぜ、世の中のほとんどの投資家が読み間違え、飯山さんを始めとするひと握りの投資家の読みが当たったのか…、このあたりの背景については、以下の投稿に答えが書いてある。

16120503
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15947645/530/

ここでAI(人工知能)が出てきた。最近はプロを負かすほどのチェス、将棋、囲碁のソフト(AI)が登場、特にチェスに関しては、世界チャンピオンですらソフトに勝てない時代に突入している。それだけ進歩の目覚ましいAIなのに、何故に株価予想で人間を超えるソフトが未だに登場しないのかというと、アルゴリズム電子取引の場合、人間の判断力に基づいたデータを入力しているからなのだ。つまり、入力する人間を超えた判断力をAIが持てるわけがないという、ごく当たり前の話に行き着く。換言すれば、AIに入力される人間の判断力よりも、優れた判断力を持つ他の人間に、AIが勝てるわけがないという道理だ。

なお、以下の飯山さんの投稿を一読するに、株価チャートを正確に読み取る手法である、昔ながらの「酒田五法」や「一目均衡表」を超えるAIは、未だ存在していないと明言している。

16120501
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15947645/547/

別の観点から考えてみよう。なぜ、チェス・将棋・囲碁の世界ではプロを圧倒するソフトが誕生し、株価予想の世界では未だに人間を超えるソフトが誕生しないのか。それは、チェス・将棋・囲碁の場合、一定のルールに支配された世界、すなわち計算化(データ化)が可能な世界であるのに対して、株式市場はコンピュータには計算のできない世界、すなわち予測不能な世界だからである。だからこそ、株式市場は世界の潮流を読み取る上で、最高の修行の場となるのだ。このあたりは亀さんも、拙稿「チャートとウンコ」に以下のように書いた。

これは腸とウンコの話なんだが、ここで腸を「世界経済」、ウンコを「チャート」というアナロジーで捉えてみよう。すると、上記の「三段下げ」のチャート(ウンコ)は、今の世界経済(腸)の状態をズバリ示しているんだなと、分かるノダ。


ところで、拙稿「チャートとウンコ」に、安西正鷹さんの安西ファイルが登場している。ここで思い出したのが、安西ファイルについて書いた最近の拙稿「波乱の年末年始」で、同稿で将来の米国大統領に人工知能が就任すると予想している安西説を取り上げたところ、読者から感想コメントが届いたので、亀さんは以下のようなに回答をアップしている。

ロボットに支配される世界?
人工知能を装備したロボットに世界が支配される…。何ともオカルトチックな安西正鷹さんの未来予想ですが、ロボットとまでは行かなくても、サイボーグ程度であれば、すでに一部は実用化の段階に入っているし、サイボーグ型の人間が世界を支配するといったことは、大いにあり得ます。ちなみに、以下は電子大辞林に載っている「サイボーグ」の定義です。


********************
サイボーグ
〔cybernetic organismから〕生物に、生物本来の器官同様、特に意識しないでも機能が調節・制御される機械装置を移植した結合体。宇宙空間など、生物体にとっての悪環境下での活動のために考えられたが、現在は電子義肢・人工臓器など、医療面での研究が進められている。
********************

安西説で疑問に思うのは、喜び、悲しみ、切なさ、ドキドキする気持ち、勇気といった、本来は人間だけが持っていると思われる感情を、果たして無機体で造られたロボットが獲得できるものなのだろうか、といった点です。

無論、電子大辞林の定義にある「サイボーク」なら実現可能であり、「サイポーク」の米大統領が誕生する可能性は否定しません。しかし、ロボットが米大統領に就任して世界を支配するなどといった話、今の亀さんは全く信じていません。それだけ、ロボットという無機体と、人間という有機体の間に横たわる溝は、埋めることなど不可能なほど途方もなく広く深いのです。

その理由は、「喜び、悲しみ、切なさ、ドキドキする気持ち、勇気といった、本来は人間だけが持っている感情」は、何処から発生しているのかを考えるに、人間の脳ではなくて、人間の内臓から発生するものだからです。亀さん頭が可笑しくなったんではと思う読者がいるかもしれないが、西原克成博士の「内蔵説」を支持している亀さんなので、本気です- ( ̄^ ̄)キパッ このあたりに関心のある読者は、以下の旧稿を参照してください。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2005/06/post_2c24.html

ともあれ、内蔵を持てるのは有機体であるヒトだけだということを念頭に、ロボットによる世界支配説を批判的に読む(critical reading)べきだと思います。


喜び、悲しみ、切なさ、ドキドキする気持ち、勇気などは、人間だけが持っている感情である。そして、人間のように感情を持つロボット(AI)は、当面にわたり出現することはないだろうと、亀さんは思っている。それでも遠い未来に、ロボットにも「愛」という感情が芽生える日が来るのだろうか…。

16120504

如月澄 あなたと出会って、
私、たくさんの宝物をもらったんです。
私が65年間持っていなかった、
喜びも、
切なさも、
ドキドキする気持ちも、
それから、
勇気も…。
なにもかも、あなたが私にくれた。


16120505

如月澄 真白君、
私、あなたのことを愛してます。


16120506
「スミカスミレ」第八話(最終回)


16120507

« これぞヲトコの胆力である.必聴! | トップページ | 前稿の動画は,飯山一郎が短く編集! »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ