« 読売新聞は、子宮頸がんワクチン推進に舵を切った。あからさまに書き手が意図的に推進寄りに書く媒体になったと言うことだ。 被害に寄り添わない事、確実。患者を診る医師や患者会を貶める腹づもりだと認識した。 今度また、記事が出るだろう。患者や患者を診る医師を貶める記事が。 | トップページ | なんじゃこりゃあ~っ! どこですか?あ、日本。そうですよね。 どんな稲作?こんな稲作。 なにか間違ってるを通り越してますね »

2016年11月18日 (金)

トランプ大統領誕生を何故、予測できたか

人生は冥土までの暇潰し
16111817

行政調査新聞が以下の新記事をアップした。
トランプ大統領誕生を何故、予測できたか:グローバリズムから新ナショナリズム

珍しく、行政調査新聞に記事を投稿したのは、国際政治学者の藤井厳喜氏である。その藤井氏、大分前からトランプが当選すると広言していた。

筆者(藤井厳喜)は、東京MXテレビの「ニュース女子」という番組に準レギュラーで出演している。たまたまこの番組で選挙直前に「トランプは必ず当選します」と断言したところ、当日、出席している他のコメンテータは皆、クリントン当選予測であった。


グローバリズムからナショナリズムへと、アメリカを始めとする世界は舵を切りつつあるというのが、藤井氏の従来からの主張である。だから、藤井氏の結語が以下のようになるのも、自然な流れと云えよう。

自由貿易を拡大すれば経済が自然に発展するなどというのは、全くの幻想にすぎなかったのだ。我々は過去30年から40年、社会実験を行ない、その結果が既に明らかになっているのである。同じ失敗を繰り返すことは許されない。


16111818

また、『月刊日本』の編集長・坪内隆彦氏も、自著『キリスト教原理主義のアメリカ』(亜紀書房)を読み返し、トランプ当選の意味について以下の記事を書いているが、一読の価値はあった。
スティーブ・バノン氏登場の意味─拙著『キリスト教原理主義のアメリカ』を読み返す

« 読売新聞は、子宮頸がんワクチン推進に舵を切った。あからさまに書き手が意図的に推進寄りに書く媒体になったと言うことだ。 被害に寄り添わない事、確実。患者を診る医師や患者会を貶める腹づもりだと認識した。 今度また、記事が出るだろう。患者や患者を診る医師を貶める記事が。 | トップページ | なんじゃこりゃあ~っ! どこですか?あ、日本。そうですよね。 どんな稲作?こんな稲作。 なにか間違ってるを通り越してますね »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/64508995

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領誕生を何故、予測できたか:

« 読売新聞は、子宮頸がんワクチン推進に舵を切った。あからさまに書き手が意図的に推進寄りに書く媒体になったと言うことだ。 被害に寄り添わない事、確実。患者を診る医師や患者会を貶める腹づもりだと認識した。 今度また、記事が出るだろう。患者や患者を診る医師を貶める記事が。 | トップページ | なんじゃこりゃあ~っ! どこですか?あ、日本。そうですよね。 どんな稲作?こんな稲作。 なにか間違ってるを通り越してますね »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ