« 関東方面に吹いていた東電福島原発からの風は、徐々に北へ向きを変え甲信越。反時計回りに日本海側から北陸、近畿、東海、そしてまた関東に向かう予報です。 | トップページ | 「リープフロッグ(かえる跳び)型の発展」 »

2016年9月 8日 (木)

日本の最高機密

人生は冥土までの暇潰し
16090703_2

2010年12月8日、『無縁・多死社会 (データでわかる日本の未来)』と題するムック本が、洋泉社より出版されている。同ムック本の表紙の文章を読み、まったく予備知識のなかった読者なら衝撃が走ったに違いない。

他 人事じゃすまない!衝撃のデータ 20秒に1人が死ぬ時代はもう始まっている! 次の孤独死はあなたかもしれない 2030年、日本人の3人に1人は高齢者! 必要な介護職員212万人、療養病床50万床! 社会保障費207兆円、現役世代の負担は1.8人で高齢者1人 男性の3人に1人、女性の4人に1人は生涯未婚! 70万人ひきこもりの第一世代高齢者突入!


このムック本か書店に並べられてから、僅か3ヶ月後の2011年3月11日、大地震が東日本を襲った。大地震によって失われた人命の多さに言葉もなかったが、それ以上に衝撃的だったのは、日本民族滅亡を決定づけた、あの爆発であった。テレビで以下のシーンを見て、亀さんは直感的に日本は終わったと悟った。それでも、何等かの手段を講じて、死の水蒸気タダ漏れを防止さえすれば、どうにか日本民族が生き延びることができるやもしれぬと思っていたのだが、結局それも叶わぬ夢で終わった(拙稿「長い間、日本をありがとうございました」参照)。



長い間、日本をありがとうございました」(2015年8月20日)を書いてから、一年以上もの年月が流れたが、依然として福島原発から死の水蒸気が、連日大量に撒き散らされている現実に変わりはない。そんな折り、福島原発事故とガンとの因果関係が明白になったことを、遂にリテラが記事にした。
福島の子供のがん多発はやはり原発事故が原因だった! 統計学の専門家が証明、原発推進派の「過剰診断」説は嘘

ところが、周囲の同胞の反応を見るに、同記事に関心を示すどころか、福島原発事故は最早過去のものと、受け止めている人たちが圧倒的多数であるのに唖然とした次第である。そのような圧倒的多数の人たちに、是非一読して欲しいのは以下の記事だ。
近々、一気に到来する多死・多病社会

上記の記事を書いたのは飯山一郎さんだが、その飯山さんが掲示板「放知技」に、新たなコメントを投稿しているのに注目されたい。

16090701
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/808/

「人口激減を熟知している人間と、魔坂と言う人間が、真っ二つに割れている」という記述が意味するところは、仮に日本人の圧倒的多数が信頼を置いている大手マスコミ、たとえばNHKが、「福島原発事故で日本は完全に終わっていました」という〝真実〟を、全国放送で報道した刹那、確実に「地価や株価が暴落し、既存の国家社会・経済秩序が崩壊」(国家最高機密)するということなのだ。

だが、ここで海外に目を向けるに、この程度の〝真実〟は、たとえば日本のNHKに相当するドイツの国営放送も、とっくの昔に伝えていた…。



ともあれ何等かの手違いで、万一NHKや読売朝日といった大手マスコミが、福島原発の〝真実〟を報道した刹那、本物のパニックが日本全土を襲うのは確実だ。だからこそ、日本政府は国家最高機密が漏れぬよう、厳重な報道規制を敷いているのである。ともあれ、人口激減を熟知している人間と、“魔坂”と言う人間しか、今のに日本には存在しない、という事実を頭に叩き込んでいただきたい。

最後に今後のナリオだが、日本の人口激減が本当であったことを思い知らされる日を迎え、国中がパニックになるか(国家の崩壊)、(知人友人がバタバタと逝き)気がついたら周囲に誰も居なくなったという日を迎えるか(国家の臨終)、いずれかと思うべし。

【追記1】
新井信介氏の以下の記事にも是非目を通そう。
村田三平先生のメッセージと、清洲のブログ。

【追記2】
Yahoo!ニュース編集部)が今年の4月12日にアップした、「遺体ホテル、献体――加速する多死社会の現実」と題するニュース、一読して葬儀まで一週間待たされるという現実が何を意味するのか、ピンと来た読者も多かったのではないだろうか。特に、同編集部による以下の記述に、目が釘付けになった読者も多かったはずだ。

厚生労働省によると、現在、1年間の死亡者数は約130万人。団塊の世代が80歳代を迎える2030年には160万人に達するとされる。世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本は、未体験の“多死社会”へと向かっている。

« 関東方面に吹いていた東電福島原発からの風は、徐々に北へ向きを変え甲信越。反時計回りに日本海側から北陸、近畿、東海、そしてまた関東に向かう予報です。 | トップページ | 「リープフロッグ(かえる跳び)型の発展」 »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/64174365

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の最高機密 :

« 関東方面に吹いていた東電福島原発からの風は、徐々に北へ向きを変え甲信越。反時計回りに日本海側から北陸、近畿、東海、そしてまた関東に向かう予報です。 | トップページ | 「リープフロッグ(かえる跳び)型の発展」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ