« 爺さんと中国 | トップページ | 濃霧注意報発令範囲 »

2016年8月20日 (土)

どこまで中国は豊かになるのか?!

飯山一郎
2016/08/19(金)  
 
豊かさの中には陥穽もある
中国で超巨大な特殊バスの走行試験
巨大バス
『スプートニク』はコレを大々的に評価した.
URLは,http://sptnkne.ws/btCPhttp://sptnkne.ws/bQp2
  • ワシは先ごろ,次のような文章を書いた.
  • 中国という超大国は,どこもかしこも緑化と美しい都市づくりに成功している.
  • それは,中国という国家が儲けたカネを美麗な国づくりのために総力をあげて投下・投資したからだ.
  • 日本はソレに失敗した.泣きたいほどクヤしい.(記事)
  • クヤしいが…,しかし,中国の大成功=豊かな国家社会化の事実は,中国に住んでみると,驚愕の日々である.
  • とにかく,いま,中国は世界一豊かな国家社会になった!
中国が株式の時価総額で日本を抜いて世界2位に浮上したのは,2年以上も前のことだった.

資産100万ドル超の富裕世帯の数で中国が世界2位になったのも,2年前かな?
富裕世帯の増加ペースでは,この5年間,中国が世界一だ.

「中間層」の厚さと富裕度においては,中国は断トツの世界一だ.

最近の『中国,銅と金採掘のため鉱山爆買い』(記事)という報道は,中国が大金持ちであることの証拠だが,その大金持ちが,金と銅の鉱山を買いまくっている構図は,おそろしい.

上の写真の「超巨大な特殊バス」の写真も,莫大なカネが集まったからこそ出来たのだろう.


「超巨大な特殊バス」の話は,『スプートニク』が報道したまでは良かったのだが…
1週間前あたりから,「アレは大衆からカネをダマし取る詐欺だった!」という報道が大々的に行われている.

「すべての事件はヤラせである!」 というのがワシの持論だが…,この「詐欺報道」のウラには,何か良からぬ企みがある!

中国大衆の反応は,報道に洗脳されたためか? 「悪いヤツがゐるもんだ!」 という噴霧器.

まぁ,「洗脳されやすさ」は,日本と同じだ罠~www
飯山 一郎(70)

« 爺さんと中国 | トップページ | 濃霧注意報発令範囲 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/64084856

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで中国は豊かになるのか?! :

« 爺さんと中国 | トップページ | 濃霧注意報発令範囲 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ