« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

日本書紀の記述は,大間違いだった!

飯山一郎
 
2016/08/31(水)  
 
飯山一郎が序文を書いて絶賛!
ワシの序文を読めば全文を読破したくなる!
法隆寺を科学する
  • 『日本書紀』には,「法隆寺が天智九年(六七〇年)に全焼した!」 という記述がある.
  • この記述はじつは,大間違いなのである!
  • 正確に言うと…,『日本書紀』のが大間違いであることを,本書は,科学的に証明しきった!
  • これは,まさに歴史を書き換える偉業である.
  • しかし,『日本書紀』の表面的な字面(じづら、テキスト)を歴史的事実としてマトモに信じてきたムキは,ショックだろう.
  • 「(670年の)法隆寺全焼!」という記述が「歴史的な事実である」と信じてきたことが大間違いだった!と気づかされるのだから.
  • いっぽう,文章が書かれた背景や動機(コンテキスト)や「行間」を深く読みとらなければ,真実・真相は見えてこない!という柔軟な知性をもつ読者にとって,本書は,知的興奮の快感の源泉である.
  • 本書は,従来の「法隆寺再建論」をめぐる妄想的な論争にキッパリと終止符を打った.
  • そうして,知的刺激に満ちた画期的な『法隆寺移建論』ともいうべき史観を完成させた!
  • 若草の創建伽藍の堂宇は全焼したのではない!西院へと移建されたのである.
  • 見事である.愉快である.必読である.
飯山 一郎(70)
 

紅迷

人生は冥土までの暇潰し
中国の四大名著と言えば、『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』、『紅楼夢』だ。亀さんの場 合、原書(中国語)で読んだわけではないものの、『紅楼夢』を除く他の小説はすべて読破した。ちなみに、『三国志演義』は『英雄 生きるべきか 死すべき か』(上・中・下の各巻)と題した柴田錬三郎訳、『水滸伝』は陳舜臣訳、『西遊記』(上・中・下の各巻)は、村上知行訳をそれぞれ読んでいる。

16083003 16083001 16083002

さて、拙稿「小室直樹の限界」で取り上げた『中国共産党帝国の崩壊』、久しぶりに再読し、『三国志演義』と『水滸伝』の2冊は、中国を理解する上で欠かせないと再認識した次第である。ちなみに、小室は『中国共産党帝国の崩壊』で、この2冊を以下のように評している。

三国志に通暁したらたいしたもの。中国の革命とはこんなもんだ。それがわかってしまう。p.153

三国志を心して読むと、今の中国の行く末も予測できるというものだ。p.166

日本で水滸伝が読まれるときには、単なる小説として読まれ、その思想的意味が語られることはない。
ところが中国では大きな思想的意味がある。それは、太平天国の乱との関係においてである。
p.184


また、小室は毛沢東の読書歴についても語っており、非常に興味深い内容であった。

・幼少期の毛沢東は四書(大学、論語、孟子、中庸)を徹底的に叩き込まれた。p.147~
・少年期の毛沢東の愛読書は『三国志』と『水滸伝』であった。p.150


ところで、『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』の三冊は一応目を通したが、残る一冊『紅楼夢』の場合、亀さんは未だに読んでいない。そのワケは、東明社の故吉田寅二の友人であった故張明澄氏の著作に、〝『紅楼夢』は麻薬のようなモノ〟 という行があったのを今でも覚えているからだ。ちなみに、張氏は東明社から『誤訳・愚訳』と『小周天』を出しており、その他に出版社は違うものの、『誤読 だらけの邪馬台国』(ジアス・ブックス)、『間違いだらけの漢文』(久保書店)といった本も執筆している。それらの本は全て京都にいる息子にプレゼントし てしまったので、もう亀さんの手許にはない。

ともあれ、どの本だったか忘れたが〝『紅楼夢』は麻薬のようなモノ〟という行には、、「『紅楼夢』は中国人の間で最も人気があり、一度読み始めると、かっぱえびせんのように止まらない。読み終えても、また読み出す」、 といった内容のことも、うろ覚えであるが張明澄氏の本に書いてあったのだ。だから、拙宅には父母が揃えておいてくれた、世界文学全集の中に『紅楼夢』もあ るのだが、麻薬中毒になっては大変と、未だに目を通していない…(爆)。でも、モー還暦も過ぎたのだし、そろそろ読み始めてもE-かと思う、今日この頃で ある。ちなみに、拙宅にある『紅楼夢』は河出書房が昭和43年に出した全集で、ナント今から53年も前の本だ。しかし、中身は年月が経ったのを感じさせな いほど綺麗だ。多分、酸性紙ではないからだろう。

16083006

最後に、「アジア夢紀行」という面白そうなブログに、紅楼夢に関する記事があるのを見つけた。その中で注目したのが「紅楼夢 5」の以下の記述だ。なるほど、『紅楼夢』も毛沢東の愛読書だったのか…。

国 語ブログに、この頃よく出てくる本に『紅楼夢』がある。毛沢東が好きだった本で、それを研究する『紅学』という学問もあるらしい。『紅迷』と呼ばれる熱狂 的なファンもいるという。僕の中国語の若い先生は『紅学』を知らなかったけれど。『紅楼夢』ってどんなのかなと思いネットで調べると、いろいろ出てくる。 本格的に読みたければ、
http://www.saohua.com/shuku/honglou/index.htm
だけれど、中国語初級だと
http://www.saohua.com/shuku/lianhuanhua/hongloumeng/index.html
がいいかなと思う。これは絵の感じといい文字の大きさといい小学校3,4年生用かなと思う。繁体字だけど、『紅楼夢』の入門解説番組がYoutubeにあります。



【追記】 『中国共産党帝国の崩壊』で印象に残った行

易姓革命が何度起こっても、社会を貫く歴史法則が変わることがない。依然として昔のまんま。p.42

中国共産党の階級的基盤はプロレタリアートではなく、農民である。
p.53

中国人の部外婚制 p.56

中国の病気の近因はスタグフレーション(不況なのにインフレが進む)、中因は人民なき人民革命、そして遠因は五千年来の中国の歴史である。p.105

「中国が汚職大国になってしまった理由」p.135

わが国では一般に、老子が道教の始祖だと思われているが、実は、そうではない。
老子の教えがそのまま道教になったのではなく、この太平道こそ、のちの道教のことのはじめなのである。
p.164

鄧小平は、毛沢東主義が内包する尖鋭なる二極的矛盾を解決せずして、毛沢東が狙っていたカリスマをたたきおとして急性アノミーを呼び出してしまった。
中国よ、どこへゆく。
p.209

関西空港の従業員2人 はしかと診断 | NHKニュース

『スターピープル60号』は,31日発売です.

飯山一郎
 
2016/08/30(火)  
 
飯山一郎の連載読み物が人気!
SP60
日本民族の勤勉哲学は世界一!
SP60
  • 『スターピープル』(60号)は,8月31日に発売される.
  • ワシの連載・『飯山一郎の新日本国建国神話』は第5回目である.
  • 連載といっても,毎回が独立 した内容になっているので,前号を氣にせずに読める.
  • 本連載のテーマは,放射能まみれになってダメになってしまった現在の日本を捨て,世界 のどこかに全く新しい日本国をつくる! これが大きな流れ・ 主題である.
  • 世界中から賞賛の目で見られてきた日本民族の特性・特長を,『新日本国・建国』の際も活かし,引き継いでゆく! ←これが今回のテーマです.
  • 「日本民族の特性・特長」とは何か? どのように引き継いでゆくのか? ←このことは,ぜひとも本誌をお買い求めいただき,お読み下さい.
  • 飯山一郎,『スターピープル』の連載には,全力をあげて書いています.
  • なぜなら,日本の宝・日本の大切な子どもたちに“日本”を引き継いでもらうためですので….
飯山 一郎(70)

2016年8月30日 (火)

不思議なふくいちライブカメラ

最高値ではなく中央値+αだった原発の基準地震動

逝きし世の面影
25c193620ca00680e4fc0dcbb73fb170
2011年3月15日の福島第一原発。大爆発した3号基からは放射性汚染物質を含む白煙が上がっているが4号基建屋ビルは健在で爆発していない

『原発・基準地震動 . 使用回避の計算法、継続の規制委に異議』2016年8月30日毎日新聞

『政府の地震調査委の専門家「規制委の判断は誤りだ」と批判 』
原発の耐震設計の根幹となる基準地震動(想定する最大の揺れ)について、政府の地震調査委員会が「地震の規模や揺れを小さく見積もる恐れがある」として使用を避けた計算方式を、原子力規制委員会や電力会社などが使い続けていることが分かった。
調査委は2009年に改良した新方式を採用している。規制委は「(現行の方式を)見直す必要はない」と主張するが、調査委の専門家は「規制委の判断は誤りだ」と批判し、規制委に疑問符を突き付けた格好だ。

基準地震動を巡っては、規制委の前委員長代理の島崎邦彦氏が6月、関西電力大飯原発などで過小評価を指摘したが、規制委は7月に現行の計算方式の維持を決めていた。
現行方式は大飯原発以外でも使われており、この方式への疑問は他原発の安全審査や再稼働にも影響しそうだ。
調査委は、地震の研究などを担う政府機関。
断層の幅と長さから、地震の揺れを計算する方法を06年に公表し、規制委や電力会社が基準地震動の計算に採用している。
だが、この方式には、断層の規模や、地震の規模であるマグニチュード(M)を小さめに算定し、揺れを過小評価する場合があるとの指摘が出た。
このため、断層の長さなどから揺れを計算する新方式を09年に公表し、各地の地震の揺れを計算してきた。
調査委作成の計算マニュアルでは両方式が併記されているが、調査委は現状を踏まえ、マニュアルを改定する検討を始めた。

これに対し、規制委事務局の原子力規制庁は「06年方式は断層の詳細な調査を前提に使う方法。電力会社が詳細に調査しており、原発の審査では適切だ」と言う。
調査委の「強震動評価部会」の纐纈(こうけつ)一起部会長(東京大地震研究所教授)は「活断層が起こす揺れの予測計算に、地震調査委は09年の方式を使 う。規制委が採用する方式の計算に必要な『断層の幅』は詳細調査でも分からないからだ。これはどの学者に聞いても同じで規制委の判断は誤りだ」と指摘す る。

『旧方式の見直しを』

『解説』
原子力規制委員会が原発の基準地震動で採用する計算方式に、その「開発元」である政府の地震調査委員会メンバーが疑問符をつけた。
基準地震動は、原発が想定し、耐えるべき最大の揺れで耐震設計の根幹だ。規制委は調査委の指摘を機に、その決め方を見直すべきだ。
規制委は現行の計算方式を使い続ける方針。
だが地震動の専門家がいない規制委が、専門家ぞろいの調査委側の意見を聞かず、改良された方式を却下するのは無理がある。
しかも基準地震動には、それ以前の問題もある。

原発の建物は「起こり得る最強の揺れ」に備えるのが望ましいが、実際の基準地震動は揺れの「平均」に若干の上乗せをした値に過ぎない。

悪条件が重なれば、平均を大きく上回る揺れもあり得る。
藤原広行・防災科学技術研究所社会防災システム研究領域長らによると、地震の1〜2割は平均の1.6〜2倍強い揺れを起こし、3〜4倍の揺れもある。
だが、どの程度「上乗せ」するかについて、今の新規制基準には規定がない。
規制委と電力会社が調整して決めているだけだ。このため、昨春に関西電力高浜原発の運転停止を命じた福井地裁は「基準地震動は理論的にも信頼性を失っている」と断じた。
藤原領域長は「上乗せをどれだけ取るか、リスクをどの程度許容するかについての社会的議論が必要だ」と指摘した。
2016年8月30日毎日新聞

515f887d42d04a2603f8a163066eda55

『小池知事、築地移転を延期の方針 土壌の安全性に疑問』8月30日(火)朝日新聞デジタル

東京都の小池百合子知事は、11月7日に予定している築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転時期を延期する方針を固めた。一両日中に発表する。豊洲市場の土壌の安全性確認などが不十分と判断した。
30日午前、報道陣の取材に対し「近々会見など開き、その場ではっきり話をする」と述べた。
小池氏は、豊洲市場の地下水のモニタリング調査が終わっていないことを疑問視。
過去7回はすべて環境基準値以下だったが、最終調査は11月18日に始まり、1月中旬ごろに結果が出る。今月26日の定例会見で調査終了を待たずに開場を迎えることに「大きな疑問を持っている」と述べた。
このほか、2009年2月に4316億円だった豊洲市場の総事業費が5884億円に膨らんだことや、間口の広さなどの「使い勝手」の点で業者らから不満の声が上がっていることも課題に挙げ、改善点を調べる考えを示していた。
 

大雨の警報は報道しても福一原発のことは一つも報道しない。

2016年8月29日 (月)

号泣したくなる嬉し泣きの食事会!

飯山一郎
2016/08/29(月)  
夢のような粗食!
ワシは,今夕,驚きの食事会を体験した.

9時間も爆睡したので,風邪は快癒したのだが,チカラが入らない…

その原因は,風邪を理由にして,絶食ではないが百回噛みの少食に徹していたからだ.

ワシの「戦術的な少食」を見破ったのは,例の中国人の美女だった.

「“飯山教授”は,オイシイ,オイシイと口では言いながら,あまり食べてない!」 と.

いま,ワシのまわりには,じつは,女性料理人を含めて3人の美女がいる.秘書1,秘書2,料理人の3名だ.

で,この3名の女神たちが協議して…,「日本式の白米のお粥を飯山の爺さんに食わしてやるべ!」 となった.

中国に2ヶ月以上も滞在している日本人のワシにとって,「日本式の白米のお粥」以上の御馳走は,ない!

牛~,豪華絢爛,贅沢三昧の中華料理のフルコースなんてのは,金輪際,まっぴら御免だ!

鼠~ワケで,ワシは東営市の拙宅での夕食会の主人席に座った…

な,な,なんと! 中国式円形の食卓には,ささやかながらも正真正銘! これぞ本物! 日本極上!色も形も日本の伝統そのもの! 嗚呼! これが日本の食文化の精華! 味の真髄! 発酵食品の横綱! 100年経っても発酵し続ける! ひと目見ただけで唾液がドバ~ッ!とホトばしり出てきて,口中が得も言われぬ期待感で満たされる! という発酵大国・ニッポンの象徴でもある…,なんだっけ? そ,日本語で言えば,『梅干し』,ウ・メ・ボ・シが鎮座ましましているではないか!

こ,これは! 夢でもなく,まぼろしでもない!

ワシは,頭の中が真っ白にはならなかったが,思考能力が停止状態になり,かわりに餓鬼のごとくに猛烈な食欲が湧いてきて,その梅干しと白米のお粥を,ほとんど噛まずに喉の奥から,胃袋の中へと流し込んだのである.

なんですか? この長い文章は?!

中国で,梅干しをおかずにお粥を食べた!

まさに酸っぱいは元気のもと!で,風邪は全快,元気モリモリに(おかげ様で)なったのであるが…

感謝感激の梅干しが,イカなる理由で食卓に乗ったのかは,食後,タコ壺に入って多幸感にひたるタコの居眠り状態みたいになったので…,3人の美女たちに訊くのを忘れてしもた.

【本日の結論】 梅干しある限り,日本文化は永遠だ!

【今後の目標】 中国に移住しても,梅干しをつくろう!
飯山 一郎(70)

台風10号。東電福島原発からの風が関東を直撃しています。

東北、関東で湿度が高い地点が出てきました。

人生軌道は出会った人たちとの協同路線

飯山一郎
 
2016/08/28(日)  
 
青州市から東営市に来たら…
ワシは,またもや,不思議な出会いを経験した.

昨日,ワシは,ゆったりと休養しながら,じっくりと構想を練るために東営市のマンションに(1ヶ月ぶりに)戻った.

「休養」というのは…,青州市では面倒な技術面の話や,ビジネスの話ばかりで,歴史の話が全く出来ない,さらに少し風邪気味で身体がだるい,そこで休養と気分転換のために東営市に戻ったのだ.

東営市の「ワシのマンション群」の「ワシの豪華な住居」に入ると,そこには,それは美しい妙齢の女性の「料理人」がワシを待っていた….

「飯山教授がココにおられる間は,わたくしが料理をつくって差し上げます.中国料理だけでなく,本物の日本料理も大丈夫です!」 と,綺麗な日本語で挨拶するではないか!

彼女の日本語はネイティブな日本標準で,ワシの栃木ナマリのナマリ公害弁よりは遥かに綺麗な日本語だ.

なぜ? こんなにも綺麗な日本語を彼女は話すのか?

さらに…,なぜ? このような見事な日本語を話す中国人女性がワシにメシを食わせてくれる「料理人」なのか?

上の二つの謎を,まだワシは解けてない.

きょうの昼食と夕食は,彼女がつくった料理を食べたが…,それは日本人好みの質素な中華料理だった.

その味の美味いの!美味くないの…,最高の味だった.

「二つの謎」は,明日中に解くつもりだが…,なんかワシの人生が大きく変わりそうな不思議な予感がする.

あ,その予感はピンク色の謀略(ハニートラップ)とか,そ~ゆ~ものではないからな.

そ~思っちゃたシトが,もしゐたとしら…,
それは下衆の勘ぐりだからな(爆)
飯山 一郎(70)

2016年8月28日 (日)

懐かしき寅さんワールド

人生は冥土までの暇潰し
 
拙稿「その意気です」に紹介した道友から、久しぶりに便りが届いた。半年前、その道友への返信に、亀さんは以下のような言葉を贈っている。

その意気です。新しい人生の門出をお祝い申し上げます。頑張ってください。


そ の後、幸い転職に成功したようで、新しい勤務先で勉強の毎日だという。今度は職人技が求められる仕事のようで、日本沈没までに達人の域に達すれば、世界何 処でも潰しが効くとのことだ。だから、ここは一日でも早く、世界で通用する域に達して欲しいと思う。なぁに、サケを断ち、タバコを断ち、オンナを断てば、 マァ大丈夫だ。

16082801


その道友が、TBSの「世界ふしぎ発見」という番組で、来る9月10日に「懐かしき寅さんワールド」が放送されると教えてくれた。実は、「男はつらいよ」シリーズで唯一の海外ロケが、オーストリアのウィーンで行われている。

13100301


そ の海外だが、亀さんは再来月の上旬に中国を初訪問する。最初、ウィーンに行った寅さんに倣い、亀さんも寅さんスタイルで中国に行こうとシンケンに考えたん だが、ネットで確認したところ、柴又には寅さんスタイルを実現できるグッツを売ってないことが分かった(ガッカリ…)。だから、寅さんスタイルで中国に行 くのは諦め、万一日中間でドンパチということになって、現地に足留めを喰らっても大丈夫なように、アルピニスト・スタイルで行くことにした(笑)。
14121004

アメダスで見る限り 1mm程度の雨しか降っていないのに、福島第一ライブカメラは…。

安倍晋三は病的,ヒラリーみたい

飯山一郎
2016/08/27(土) 
 
安倍晋三 ヤベ!心臓
こんな写真,なぜ載せた?インボ~!…鴨
ヤベ!
  • ポッコリ出っ腹…,みにくいですな~
  • ほんとうに細い足,第二の心臓(ふくらはぎ)が無い!
  • 心臓病になる確率,高いっすよ.ヤベ! 心臓.
  • それにアベさんの顔,ほんと,老化が激しい…
  • しかも,馬っ鹿みたいな間抜け顔.ひどいっすな~
  • それにしても…
    一国の首相のこんな写真,普通は出してはいけない!
  • だが,出てしまった.
    これ,アンダーコントールではない証拠.

『放知技』の常連・「louisx2」さんの コメント
この写真を選んだ人、載せた人の感性を疑ってしまうのですが…
奥様、いいんですかね? こんな旦那の写真出回って (´・c_・`)
誰か注意してくれる人は・・・いないんですね。わかります。

腹もそうですが、
靴下が左右逆。靴紐結べてない。アンダーシャツが後ろ前?

ブレザーに膝出しって・・・スタイリストはいるんですよね?
上の写真を『放知技』にアップした「774」氏のコメント
ほんとに何とも恥ずかしい写りですよね。
バランス的に顔が大きすぎでムーンフェイス?
ステロイドのアンダーコントロールが破綻しているのでは?
いずれにしても,アベシンゾ~,
政治的にも肉体的にも,よく保ってるわ!
しかし,近い将来,この男に何が起きるか? 分からんぞ!
ヒラリーとアベ・シンゾ~,倒れる!
てな,日米同時多発テロップの可能性も….
飯山 一郎(70)
 

2016年8月27日 (土)

二つの玉音放送 その5

人生は冥土までの暇潰し
 
■二・二六事件に見る日本の原理
小室直樹の『昭和天皇の悲劇』に、「二・二六事件を貫くパラドックスこそ日本人の根本理念である」と題した小節があり、そこに書かれている内容に驚いた読者も多かったのではないだろうか。ご参考までに、以下に同小節の結語を転載しておく。

二・二六事件を貫いているのは、人類がギリシャ以来親しんできた論理とは別世界の「論理」である。
決起軍には反乱軍である。ゆえに、政府の転覆を図った。それと同時に、決起軍は反乱軍ではない。ゆえに、政府軍の指揮下に入った。
決起軍は反乱軍であると同時に、反乱軍ではない。ゆえに討伐軍に対峙しつつ正式に討伐軍から糧食などの市況を受ける。
決起軍は反乱軍でもなく、反乱軍でないのでもない。ゆえに、天皇のために尽くせば尽くすほど天皇の怒りを買うというパラドックスのために自壊した。
この論理こそ、日本人の思想と行動とを貫く根本的理念となった。
日本人はこれ以降、かかる根本理念から逸脱したことはない。
そしてこのパラドックスこそが、昭和天皇の悲劇の源となったのである。

『昭和天皇の悲劇』p.95~96


〝日 本人の根本理念〟について、このように小室による文章を読むと戸惑うかもしれないが、この〝日本人の根本理念〟なるもの、実は毎日のように我々は体験して いるのだ。そうと気づかないのも、我々は呼吸している大気を意識していないように、あるいは、水中の魚が水を意識していないように、小室の言うところの日 本の根本理念が、すっかり日本人の血肉と化していることの何よりの証と云えよう。

小室のように海外の大学院で研鑽を積んできた者による文章を読むに、今まで意識していなかった日本の根本理念の存在に気づくのだし、それが国外では極めて異質の理念として受け止められていることに、改めて気づかされるのである。そのあたりを悟ることができるのが、前回紹介した日本教についての動画なのだ。尤も、同動画の主テーマは宗教、それも日本教という一風変わったテーマだった。しかし、上述の二・二六事件と通底しているものがあることに、気づいた読者も多かったのではないだろうか。

以上で昭和天皇と玉音放送は一旦終えることにしたい。二つの玉音放送シリーズの後半、すなわち明仁天皇の玉音放送については、少し時間をおいて再開したいと思う。

【追補1】 『昭和天皇の悲劇』の最終小節
以下は、『昭和天皇の悲劇』の最終小節で、「昭和天皇の悲劇こそ奇蹟である」の全文引用(p.192~194)である。何等かの参考になれば幸いである。

昭和天皇の悲劇こそ奇蹟である
そこで思い起こす。
昭和天皇が戦後、地方巡幸に出られたとき、その土地土地の人は言った。「せめて陛下の口からごめんなさいのひと言が聞きたかった」
しかし、陛下は最後までそれを具体的には口にされなかった。
なぜか。
陛下が国民に語りかけているお言葉を聞けば、その気持ちがおありになる(内面ではお思いになっている)ことは火を見るよりも明らかだ。
しかも、陛下はそれを表に出さらない(外面にお出しにならない)。
内面と外面の峻別。まさにこれはパウロのテーゼではないか。
その理由を今こそあげよう。
もし、陛下が「ごめんなさい」と言ったら戦争中陛下のためにと叫んで死にたもうた英霊になんとする。
考えてもみよ。その瞬間、日本を支えてきた秩序はすべて崩壊する。
急性無秩序状態。
オヤジよりも、カミナリよりも、地震よりも恐ろしいこのアノミーが戦争直後のボロ船たる日本を襲えば、もはやその後に今日の大国・日本の千分の一の姿も見ることはできなかったであろう。
かかるところまで考えを及ばせば、陛下のとった行動はもはやキリスト並みの奇蹟としかいいようがない。
しかも、この奇蹟の意味を最後まで理解されることなく崩御あらせられた昭和天皇。
そのご無念のほどは、はたいかばかりか。
我々日本人。
昭和天皇の悲劇の上に咲いたこの奇蹟に感謝する千万の理由があろうとも、一片の非難も見出すことはない。
昭和天皇の悲劇……これこそ奇蹟である。
そして、昭和六十四年一月七日のこの日、日本人が失ったものがいかに大きかったか、年を追って強く気づくであろう。


【追補2】 さる舎人からの批評
今回の「二つの玉音放送」シリーズの前編にあたる、「昭和天皇と玉音放送」の草稿は3年前に完成していた。その草稿を2年半前にさる舎人に目を通していただいたところ、以下のような回答が届いている。

ま ず、世俗的な見方では亀さんの見解は間違っていない。しかし、神格天皇の世界は遙かに文字(もんじ)を超えている存在なのだ。つまり、小室直樹にせよ孫崎 享にせよ、文献を有り難たる姿勢(物証主義に埋没した姿)がありありである。神格シャーマンに必要なのは畏怖心であり、畏怖を相手に感じさせるレベルに達 しているのが天皇である。この畏怖こそアニミズム、シャーマニズムに繋がる。しかし、それは大変な道のりの故、世俗世界ではジャーナリズムという、「こと さきだちて」ならぬ文字という安易な世界に行くのである。そして、生まれるのが蛭子であり淡島というかたわということになる。
平成24年8月10日(金)


16082701
1936年2月27日付『東京日日新聞』(現毎日新聞)

2016年8月26日 (金)

中国は,水を使わない遊牧民の国

飯山一郎
2016/08/26(金)  
ものすごい水量!
青州市の我が家の近所にある豪華浴場
天空浴場1 天空浴場2 天空浴場3 天空浴場4
  • 中国は,漢帝国(後漢)が滅びた後からは,遊牧民の国だ.
  • 周辺の遊牧民を“中原”に定着させて,漢民族にしたのだ.
  • 遊牧民とは,草原をのんびりと遊牧する民だ.
  • 草原には水がないので,遊牧民は水を使えない.
  • だっから,遊牧民は水を使わない生活ができる.
  • 中国人の家は,お湯も水も,チョロチョロしか出ない.
  • それでも中国人は気にしない.水なんて要らないのだ.
  • だっから中国には,水不足の問題は,じつは,無い!
  • 大量の水を使う日本人にはこれが理解できない.
  • 中国に来た日本人は,大量の水が使える日本を懐かしむ.
  • 中国は不潔な国だ!な~んて言い出すシトもいる.
  • 実際は,ジメジメ・ベトベトの日本のほうが不潔なのだが…
  • 中国は湿度が低いので,ベトベトしない.カビも生えない.
  • だっから,中国人は風呂に入らなくても平気なのだ.
  • だっから超豪華な浴場があっても,客は少ない.
ワシが良く行く理髪店洗髪水は1リットル
理髪点
  • モダンで清潔そうな理髪店は,青州市にも沢山ある.
  • しかしワシは,不潔っぽい昔風の理髪店に行く.
  • 本物の理髪職人が本物のカミソリでヒゲを剃ってくれる…
  • このスベスベ感がたまらないのだ
  • 洗髪も上手い.頭の地肌が爽快になる!痒みが取れる.
  • 石鹸の泡を,わずか1リットルの水で完璧に洗い流す!
  • これはまさに遊牧民のワザだ.ヒツジを洗う要領かな?
  • 本物のハサミで髪の毛を切るのも,ヒツジの毛を刈るのも,同じ!ってことなの鴨な (爆)
飯山 一郎(70)
 

続きを読む "中国は,水を使わない遊牧民の国 " »

【(((゚Д゚)))】アメリカのテレビドラマの日本語訳が実際のセリフと違いすぎると話題に!実際のセリフ「これ日本の魚?放射能は?」⇒日本語字幕「これ日本の魚?新鮮?」

健康になるためのブログ 
 
 
公開日: 2016/08/26 :
 
Cqjin0_umaih9re
 
Cfybwpviaa7xx01
 

続きを読む " 【(((゚Д゚)))】アメリカのテレビドラマの日本語訳が実際のセリフと違いすぎると話題に!実際のセリフ「これ日本の魚?放射能は?」⇒日本語字幕「これ日本の魚?新鮮?」" »

二つの玉音放送 その4

人生は冥土までの暇潰し
 
 
■立憲政治とデモクラシー
小室直樹が著した『昭和天皇の悲劇』に、「昭和天皇は、デモクラシー断念のかわりに戦争を選びたもうた」と題する小節がある。ここで、〝戦争を選びたもうた〟という文言に、目が点になった読者も多かったはずだ。よって、小室の云わんとすることを理解していただく意味で、同小節の全文を以下に引用しておこう。

昭和天皇はデモクラシー断念のかわりに戦争を選びたもうた
その顕著な一例こそが、天皇の戦争責任論である。
立憲の常道を守ることは、デモクラシーが確立されるための必要条件である。立憲の常道なくしてデモクラシーなし。
デモクラシーを欲するならば、何が何でも(死んでも)、立憲の常道は守られなければならない。
天皇は、輔弼の臣が一致して上奏したことは、たとえ意にそわぬことでも、そのまま許可しなければならない。
これぞ、立憲の常道のエッセンス。
そして、これが確立されないことには、デモクラシーは断じてあり得ないのである。
いかにも、戦前、戦中の日本にデモクラシーはなかった。
が、もし、デモクラシーを望むなら、死んでも立憲の常道は守るゾ。
この決意とその実行なくしてデモクラシーはあり得ないのである。
大東亜戦争開戦にあたっては、内閣も統帥部も、一致して対米英開戦を上奏した。
この上奏を却下すれば、勿論、内閣は総辞職のほかはない。
ことによれば、対米英開戦は避け得たかもしれない。
それとともに、日本の立憲政治はけしとんでしまう。
デモクラシーヘの道は、絶望となる。
雲山万里の彼方へ去ってしまう。
昭和十六年(一九四一年)に目前にあったのは、戦争とデモクラシー(への可能性)か、平和と専政(立憲政の蹂躙、デモクラシーの断念)か。
実に、この間の選択であった。
貴方だったら、どちらを選ぶ。
戦争は、あるいは死を意味するかもしれない。
しかし、死をも覚悟することなしに、真の自由が得られることはない。
これ世界史の鉄則である。
勿論、生命を賭しただけで自由が得られるものではない。自由への途は遠く、かつけわしい。前途に横たわる困難は多い。
しかも、生命を賭すことなしに、自由とデモクラシーが得られることは絶対にあり得ない。
マッカーサー・コムプレクスによって、この世界の鉄則は、日本人の脳裡から去ってしまった。いや、はじめから入ろうとしなかったのであった。
もし、この世界史の鉄則を知悉して(知り尽くして)いたならば、昭和天皇に戦争責任を問うなどという発想が、そもそも出て来ようがないのである。
上に論じたように、昭和天皇の戦争責任論とデモクラシー支持とは、全く両立し得ない立場である。
昭和天皇は、デモクラシーの断念のかわりに戦争を選びもうたのである。
自由を求めデモクラシーを欣求する(ひたすら願う)者は、昭和天皇を賛美する百千の理由を見出しても、戦争責任を問う一つの理由をも見出し得ないのである。
しかしながら、この事実を理解できる日本人は今や日本にはいない。そして、この無理解こそが昭和天皇の最大の悲劇につながる。
では、なぜ日本人はこの事実を認識できないのか。それはいつからはじまったのかを次に述べよう。

『昭和天皇の悲劇』p.48~51


最終行の「なぜ日本人はこの事実を認識できないのか」という小室の指摘は、次回取り上げる予定の「■二・二六事件に見る日本の原理」に、出来る範囲で答えを示しておくので、次回までお待ちいただきたい。

ところで、小室の云う「生命を賭すことなしに、自由とデモクラシーが得られることは絶対にあり得ない」、これを「言論の自由」という観点から捉えてみると、案外理解しやすいかもしれない。そこで、言論の自由についての私見を【追補】で簡単に述べておいたので、一読戴けたら幸いである。

次回は社会科学の観点から捉えた、日本人以外の人たちには摩訶不思議に映るであろう、二・二六事件について取り上げることにする。

【追補】 言論の自由
小室直樹は、「デモクラシーは命を懸けて獲得するもの」と述べた。それは、権力と対峙する時の姿勢、すなわち「言論の自由を死守する」ことにも繋がるのであり、そのため、時には死を覚悟する必要もある。幸い、還暦まで生きてきたのでもう十分であり、子どもたちも成人式を終えて親としての務めも果たし終えている身として、これからは次の世代のため、頑固親父の遺言を書き連ねていく所存。

小室直樹も『昭和天皇の悲劇』の小節「死を恐れる者に言論の自由を語る資格はない」(p.26~28)で、言論の自由についての私見を展開しているので、関心のある読者は同書を図書館などで探し、一読していただけたらと思う(残念乍ら、同書は既に絶版のため)。

2016年8月25日 (木)

渡瀬さんは昨年の夏から秋にかけて体調不良を訴えて、都内の総合病院に入院しました。そのとき、胆のうに悪性の腫瘍が見つかったんです…

二つの玉音放送 その3

人生は冥土までの暇潰し
 
 
■日本独特の〝空気〟(ニューマ)
3年ほど前になるが、「日本の〝空気〟」 と題した記事を書いたことがある。当時の〝空気〟は、2020年に開催が決まった東京オリンピックが発生させたもので、国民の圧倒的多数が東京オリンピッ ク開催を支持、テレビは大変なお祭り騒ぎだったことを、まるで昨日のことのように覚えている読者も多いことだろう。そうした〝空気〟に対して、亀さんは敢 えて異を唱えたが、今でもその考えは変わっていない。

16082501

そ して、今回の今上陛下の生前退位を巡って、大手マスコミが世論調査を実施したところ、実に多くの国民が賛意を示したところからも窺えるように、新たな〝空 気〟が発生したことが分かるのである。この日本独自の〝空気〟というものの実体だが、小室直樹は自著『昭和天皇の悲劇』(光文社)で以下のように述べてい る。

空気(ニューマ)が一変すれば、何人も、これに抗することなど出来っこない。
『昭和天皇の悲劇』p.102


この何人には、恐れ多いことながら、天皇皇后両陛下も含まれているのである。

再び、以下の行に目に通して欲しい。

昭和天皇は、ことあるたびに、朕は、つねに爾臣民とともにあり、と勅したもう。この勅のとおり、陛下は日本国民とともに空気(ニューマ)の中に在りたもうたのであった。
このことを、同じ空気の中に在って身動きの出来なかった日本国民の誰が非難し得よう。
天皇の「戦争責任」を論ずるときに、くれぐれも、銘記すべきことである。

『昭和天皇の悲劇』p.107


こ うした日本独自の〝空気〟を理解するには、社会科学の助けを借りる必要があるのだが、そうした困難な研究を、すでに故小室直樹が行ってくれており、ここに 改めて感謝の意を表したいと思う(小室直樹の行った具体的な研究内容については、『昭和天皇の悲劇』を直接参照のこと)。

なお、愚生に社会科学の大切さを教えてくれた人生の先輩として、小室直樹以外に国際コンサルティング会社IBDの石上進社長がおられる。この石上社長に指導して戴いた社会科学について、自身のメルマガに執筆したことがある。以下の拙稿の最後にメルマガのリンクを張ってあるので、社会科学に関心のある読者に一読していただけたら幸いだ。
〝お嗤い〟番組と「お笑い」番組

小室も『昭和天皇の悲劇』の中で、以下のように説いている。

「一歩の差が千里の差を生む」(丸山真男)という。丸山真男氏は、この差を理解することにこそ社会科学の神髄はあると道破した。
『昭和天皇の悲劇』p.175


今 回は空気からはじまって、社会科学の話に行き着いたが、この社会科学という解析手法を昭和天皇に応用してみたところ、浮かび上がってきたのが二・二六事件 である。二・二六事件は、日本人以外の人たちから見れば、あまりにも摩訶不思議な日本独自の思考・行動様式が潜んでいるのだが、このあたりを取り上げる前 に、「二つの玉音放送 その1」で言及した「立憲国家であった大日本帝国」、そしてデモクラシーを次回取り上げたい。何となれば、立憲制とデモクラシーは天皇の戦争責任に深く関与するからだ。

【追補】 生前退位を巡る朝日と日経の世論調査

16082204
http://www.asahi.com/articles/ASJ863D4CJ86UZPS002.html

16082205
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H0U_R10C16A8MM8000/

8月27日(土曜)の未明から、東電福島原発からの風が西日本に吹き始めます。西に移動していた台風が東へ向かう予報で、風が反時計回りに日本を覆うかたちに。風は太平洋岸から近畿を抜けて日本海側にも。房総半島に最接近かも。

進むも地獄、退くも地獄 2020年東京五輪と環状2号線と築地移転

逝きし世の面影
 
2016年08月25日
 
F7562d771ae08a6766430c2042e14d71
 
築地市場から見た環状2号線の『築地大橋』

『もう、時間が無い』

日本列島を猛烈な酷暑が襲う2020年7月24日~8月9日に予定されている東京オリンピックのメイン会場である新国立競技場とオリンピック選手村をつな ぐアクセス道路環状2号線は築地市場の移転が前提になっているので、これらは三点セットになっているのだが、なぜかマスコミの報道では今まで(無関係であ るかのごとく)別々に報じられていた。
ところがブラジルのロスアンゼルスのオリンピックが閉会してしまい、とうとうタイムアウト。進むも地獄、退くも地獄の難問題である2020年東京五輪と環状2号線と築地移転の三つが別々ではなくて 同時に報じられ出した。もう、残された時間が無いのである。

E98a262d2c81644192a3be86e043c209

『小池都知事、築地・豊洲新市場を視察 結論はリオ出張後』 2016年8月17日朝日新聞DIGITAL

東京都の小池百合子知事は16日、築地市場(中央区)と移転先の豊洲市場(江東区)を視察した。新市場は11月7日に開場する予定だが、「リオ五輪出張から帰国後、総合的に考えて結論を出す」と述べ、延期に含みを持たせた。
小池氏はこの日、築地市場で水産仲卸店が並ぶ区画などを視察。2020年東京五輪・パラリンピックの幹線道路となる環状2号線が現在の築地市場内を通るため、都が解体を急いでいる状況の説明を受けた。豊洲市場では、水産仲卸売場棟や青果棟などを見た。
視察後、09年2月に4316億円だった豊洲市場の総事業費が5884億円と36%増えている点について、「どうしてそんなに膨らんだのか確認しなければ いけない」と指摘。間口の広さなどの「使い勝手」も、「建設途中でもっとヒアリングすべきだった」として改善点を調べる考えを示した。

515f887d42d04a2603f8a163066eda55
築地市場を視察する小池百合子知事。奥は新橋と豊洲をつなぐ環状2号線の「築地大橋」=16日午後、東京都中央区、

続きを読む "進むも地獄、退くも地獄 2020年東京五輪と環状2号線と築地移転" »

2016年8月24日 (水)

中国人民の海に深く潜りこんで,生きる!

飯山一郎
2016/08/24(水)  
 
大型グルンバ,稼働!
汚泥消滅用グルンバ聴診器で超音波を聴く!
  • 青州市で汚泥消滅用のグルンバが動き始めた!
  • とはいえ,グルンバは汚泥消滅装置の一部でしかない.
  • グルンバをはじめ,様々な処理槽や沈殿槽,さらに乳酸菌培養装置などは一体化されて,大きな鉄製のシステムボックス内に収納される.
  • グルンバの後ろに見えるのが,そのシステムボックスである.
  • その鉄製の箱は,厳重に封印され,その内部には監視カメラや,様々なセンサーが付けられる.なぜなのか?
  • グルンバを使った汚泥消滅装置(システム)の秘密を守り,コピーを防ぐためである.
  • じつは…,ワシらのシステムを盗み,コピーしようとする不埒なグループが中国にもゐて,謀略を巡らして虎視眈々とワシらを狙っている!
  • そのため,ワシは連繋している中国の会社の組織のなかに入り込み,中国人の同志とともに,日々,厳しい謀略戦の最中にある.
  • まさに『三国志』や『孫氏の兵法』の「地」を行く日々である.
  • しかも『飯山一郎の兵法』が発動される舞台は,中国!
  • 手に汗を握る…,切磋琢磨日々である.
  • こんな面黒い老後になろうとは! (爆)

ワシの現在の「敵」は,不埒な中国人の一味である.
同時に,ワシの現在の「味方」,「同志」は中国人の朋友たちだ.

とはいえ,基本にあるのは…,
「飯山一郎のグルンバと乳酸菌の技術をフル活用して中国の環境事業を制覇し,巨大な利益を目指す!」 という「欲望と野望」だ.

しかし,「欲望・野望」を共有し,命を懸けあった日々のなかでこそ,真の友情は生まれる!

ワシは時折,「日中友好のための親善のセレモニー」に呼ばれるが…,出席することはない.

利害も,欲望も,下心も…,全てを上品に隠したセレモニーや親善大会などというのは,その場かぎりの虚しい(偽善的な)お祭りでしかないからだ.

ワシは,むしろ,偽悪を好む.
「親善」よりも「闘いの日々」を送りたいのだ.

老兵は死なず,消え去らず…,ただ闘うのみ! ガハハ.
飯山 一郎(70)

二つの玉音放送 その2

人生は冥土までの暇潰し
 
■昭和天皇の戦争責任
前稿「二つの玉音放送 その1」では、輔弼を任ずる者の存在により、昭和天皇に戦争責任はないとする小室直樹の主張を伝えたが、今回は別の角度から、昭和天皇の戦争責任について考えてみたい。再び小室の『昭和天皇の悲劇』から引用する。

窮乏しきった農山漁村の匡救をバネとして、軍部は暴走をはじめた。
そして日本は、驀地に戦争にむけてつき進む。
もはや、いかなる力をもってしても、この勢いを押し止めることなんか、出来はしない。
天皇責任を問う者、すすんでは「あの戦争は防止されるべきであった」と唱える者。
彼らは、このことを、いったいぜんたい、どう考えるのだろう。
事後に賢者になるのは容易である、といわれている。
事後も事後、半世紀もの後世になって、戦争責任論者は昭和初期における農村困窮問題にどう答えるのだろう。
あの戦争は、するべきではなかった。
では、どの時点において。
昭和16年12月の時点か。
志那事変か。
さかのぼって満州事変か。
究極にまで戦争の原因をたずぬれば、農村困窮にまでたどりつかざるを得ない。
農村の困窮を救わなくて、戦争へむけての巨大なエネルギーは発散させ得ないのである。
借問す。
あの戦争はなすべきではなかった、と論ずる者よ。昭和の初年において、農村の困窮は、いかに匡救されるべきであったのか、キミにその策ありや。もしなくんば、口を閉ざしたまえ。

『昭和天皇の悲劇』p.77~79


16082401 16082402
<娘身売りの時代>  昭和初期・東北地方

今日、昭和天皇に戦争責任ありと主張する識者は多い。一例として、脚本家だった故笠原和夫を取り上げてみよう。笠原は自著『昭和の劇』で以下のように書いた。

裕仁が個人で何を考えていようとも、あの人は第一級の戦犯ですよ。これは間違いなく戦犯です。それは誰が見たってそうであってね。それなのに、何の処罰もされず、戦後ぬくぬくと来たということ……これは絶対に許しがたいんですね。
『昭和の劇』p.486

16063003

もし、笠原が健在であったとしたら、この小室の問にどう答えただろうか…。小室の文章から明白なように、戦争の原因を遡っていけば、最終的には農村困窮問題に行き着くのである。

ところで、昭和天皇の戦争責任について考えるにあたり、空気(ニューマ)の存在も見落とすことはできない。次回は、この空気について取り上げてみよう。

【追補】 当時と現在
学 資を稼ぐため身体を売る女学生、介護疲れによる老親殺し、生活苦による子殺し、正社員の激減とフリーターの急増等々、現代日本の暗い世相は、ある意味で昭 和初期を彷彿させるものがある。昭和初期の場合、究極的に戦争の道に突き進み、誰もその流れを止めることかできなかった。

+ソラシドエア副社長転落死、自室に妻?女性遺体(読売新聞) - Yahoo!ニュース

よくぞ言った!今年一番の大名言「本当につまらない男」

逝きし世の面影
Ddaa1fcf1c0461564e96451382c8aaf9
 
98d0307dcdc7dab80009c5be500c1899_s 孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru    · 8月23日   

今日の動画、蓮舫さん、それ言っちゃいけないよ。外国特派員協会で講演「私は岡田代表が大好きです。1年半(岡田代表と)一緒にいて、本当につまらない男だと思います。」傷つきます

『蓮舫氏「私にはユニークさがある」 代表選へ決意強調』8月23日TBSニュース

来月行われる民進党の代表選挙に名乗りを上げた蓮舫代表代行が外国特派員協会で講演し、初の女性代表の実現に向け、決意を強調しました。
「メダルを取った選手の皆さん、本当におめでとうございます。リオ(オリンピック)の戦いの応援、この後はパラリンピックの戦いの応援、私の戦いはその後の9月ですから、まだ終わりません」(民進党 蓮舫代表代行)
外国の特派員を前にリオオリンピックの話題で場を和ませる蓮舫氏。挨拶の最後は「私は岡田代表が大好きです」と持ち上げながらも、自分を強くアピールです。
「1年半(岡田代表と)一緒にいて、本当につまらない男だと思います。人間にはユニークさが大事です。私にはそれがあると思います。ぜひ皆さんのご支援いただければ!」(民進党 蓮舫代表代行)

悪魔の碾き臼『新自由主義』を推進する対米従属(アメリカ命)の小泉純一郎のインチキ臭い郵政選挙での自民党大勝の結果を見て、『日本人は馬鹿ばかり』と喝破した亀井静香の大名言以来の蓮舫代表代行の歴史的名言である。
傷つくも何も、まさに『その通り!』なのである。
政治の場合は、誰がやっても結果が同じになる『科学と』同じで『誰が何を思ったが』などの個人の主観とは無間系なリアルな現実世界なのですが、今までは客 観的事実に優先するバーチャル空間(脳内妄想)が大事にされていた。民主党の岡田代表の場合はほぼ全員が『つまらない』と感じていたが、『言えば傷つく』 として本音を隠して曖昧に誤魔化していたのです。(世間体や常識に縛られた大人とは違い頑是ない子供だけが真実を言ったというアンデルセンの『裸の王様』 の日本人向けの寓話)

F391e28c4af141d0f2996ead67469411

 
 
学歴詐称の小池百合子に続き二人目の女性防衛大臣に就任した途端、毎年終戦記念日の靖国参拝を自慢していた伊達メガネの稲田 朋美は公務を理由に遠くアフリカのジプチに逃亡する。まさに恐怖の妖怪『口先おんな』の面目躍如。
E9c4895b430da46604d8f2305873b8b2
虹色のメガネで場違いなレインボープライドに出席した稲田朋美の不気味なパフォーマンス?

『よくも恥ずかしい「嘘八百」を口から出まかせ、白々しく言えたものだと感心する』

女性として初めて自民党政調会長になった稲田朋美は2015年10月アメリカのシンクタンクの講演で『保守政治家と位置付けられる私ですが、LGBT(性 的少数者)への偏見をなくす政策をとるべきと考えています』とか、今年には自民党の『性的指向・性自認に関する特命委員会』づくりを指示するなど唐突に変 身する。
なんと今年5月には代々木公園で開かれた性的マイノリティの日本最大のイベント『東京レインボープライド2016』(TRP)に出席して支持者からも反対者からも顰蹙をかっている。
何しろ稲田朋美といえば、これまで戦前回帰の極右国粋主義の立場から『伝統的家族を守ろう!』(明治憲法の家父長制度の復活)などと強硬に主張してきた急先鋒である。意見の相違を超えて全員が狐につままれた状態になっている。
TRPの後、『私自身は男らしさとか女らしさということを言ったことは今まで一度もないし、男は男らしく女は女らしくすべきだというふうには思っていないし、自分自身もそんなふうにして育ってきていないので、自分としては全く矛盾はない』と開き直っている。
しかし2007年『別冊 正論』(産経新聞社)第7号で、『「社会的性差」を否定することは、すなわち「男らしさ」「女らしさ」を否定することに他ならない』とはっきりと断定していた。
男女共同参画社会基本法や選択的夫婦別氏制度の法制化、婚外子の相続格差撤廃など『性による差別』撤廃ににことごとく猛反対してきたのが稲田朋美である。
今までLGBT(性的少数者)に対する偏見の塊のようだった稲田朋美が君子豹変、今更『LGBTへの偏見をなくす』と言い出したも誰も本気にはしないだろう。
(稲田朋美ですが他にも2013年9月23日読売新聞『稲田行革相が「ゴスロリ」、カワイイ日本PR』で、内閣府提供の日本の『かわいい』文化を発信する イベントで参加者と記念撮影に応じる稲田行革相との、フランスのパリで撮影された勘違い国辱映像もあるが、余りにおぞましいので掲載しない。まさにリアル ピノキオというか日本の恥そのもの)

台風は福島県を通過中、4号機カメラには雨粒もなし。真ん中奥の光は何だろ。

二つの玉音放送 その1

人生は冥土までの暇潰し
昭和天皇による昭和20年8月15日の玉音放送、明仁天皇による平成28年8月8日の玉音放送、 この二つの玉音放送を取り上げる形で、「二つの玉音放送」と題し、数回に分けて書き連ねてみたいと思う。ちなみに、昭和天皇関連で中心となった資料は、昭 和天皇が崩御された年と同年である、平成元年(昭和64年)2月28日に発行された、小室直樹の筆による『昭和天皇の悲劇』(光文社)、そして明仁天皇関 連で中心となった資料は、平成27年7月1日に発行された、矢部宏治が著した『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』(小学館)である。最初は昭和天皇に ついて取り上げていきたい。

14022402_2 15121401

■昭和天皇の玉音放送
昭和天皇の玉音放送は〝聖断〟であったと、『昭和天皇の悲劇』に小室直樹は書いている。そこで、最初に紹介しなければならないのが以下の行である。

大日本帝国は立憲国家であった。天皇は、専制君主ではなく立憲君主であった。
ゆえに天皇は補弼する(助言し承認する)者が一致して奉上したことは、お気に召さないことでも、裁可されなければならない。
したがって、いかなる決定といえども、輔弼の任にあたる者(国務大臣、参謀総長、軍令部総長)に責任がある。
天皇に責任があるということは、考えられない。

『昭和天皇の悲劇』p.30


小室直樹の上記文章は、立憲国家であった大日本帝国、輔弼の任にあたる者の任務、そして昭和天皇の戦争責任の有無について、わずか数行の中に的確に纏めた、優れた文章と云えよう。

なお、ここで昭和天皇の玉音放送について思いを致す時、取り上げるべきは「聖断」である。何故に玉音放送が「聖断」なのか、そもそも、小室直樹が言うところの「聖断」とは如何なるものか…。ここで、敢えて小室直樹の「聖断」を定義するとすれば、以下のようになると思う。

輔弼の任にあたる者が不在だった二・二六事件の時、そしてポツダム宣言の受託か本土総決戦かを巡って、輔弼の任にあたる者の意見が対立した時、立憲政治を護るため、昭和天皇による天皇大権が発動された。これを以て昭和天皇の「聖断」とする。


以降、この小室直樹の「聖断」の定義に従うことにするが、では、第二次世界大戦開戦の昭和天皇の詔は、何故に聖断と言わないのか…。それは、開戦時は輔弼を任ずる者が総意の上、昭和天皇に上奏したからである。このように、輔弼が機能した場合、聖断とは言わないのである。

次回以降、別の観点から昭和天皇の戦争責任について、取り上げることにしよう。

2016年8月23日 (火)

三千年の歴史が生きている青州市

飯山一郎
 
2016/08/23(火)  
 
幻想の夜景は光の芸術
夜空に浮かび上がる幻想的な高楼
20160821QinZhou2
歴史の街は,民家も美の結晶
20160821QinZhou1
古街(クージェ)にある博物館は夜も美しい
20160821QinZhou3
古代中国の街が今なお生きている
20160821QinZhou4
  • 夜景が美しい街は,世界の各所にある.
  • ワシの想い出のなかに今も生きる(30年前の)グラナダの街路の夜景.あれは美しかった
  • 香港,モスクワ,パリ,トレド,ローマの夜景も,今も夢に見るほど魅惑的だった.
  • しかし,青州市の夜景は,光の芸術というだけではない.
  • 三千年以上もの歴史が,今も人民の生活のなかに知恵となっていきている…その美しさなのだ.
  • 青州市の夜景の美は,美術・芸術の域に達している.
  • ワシは夜景の美に魅せられたくて…,毎晩・毎夜,散歩に出かける.それは習慣になった.趣味にもなった.
  • おかげで…,ホームシックになる夜がない.
飯山 一郎(70)

【感染症】 マイコプラズマ肺炎、前回流行と同レベルに: 乾いた咳や発熱などの症状が出る「マイコプラズマ肺炎」の全国の患者数が前回の流行とほぼ同じレベルになっていることが、国立感染症研究所がまとめた8日 ...

2016年8月22日 (月)

円が紙切れになる日

人生は冥土までの暇潰し
 
 
10日前になる。おもむろに東京新聞の第一面に目を通したところ、「預金紙切れに」という見出しが目に飛び込んできた。「すは、預金封鎖か!」と、一瞬思ったほどだ。以下は件の記事だが、預金封鎖を念頭に書かれた記事であることは明白だ。

16082107
16082108



阿 呆ノミクスならぬアベノミクス失敗のため、ますます日本が貧困化してきたことは、庶民であれば誰しもが肌で感じている。小泉純一郎と竹中平蔵が持ち込み、 安倍晋三が再び竹中平蔵を登板させたことにより、新自由主義路線が息を吹き返したのであり、1%にも満たない富裕層はますます富み、一方で残り99%であ る我々庶民は、ますます貧しくなっていくというわけである。

ともあれ新自由主義の導入によって日本は、アメリカにとって体のいいATMに 成り下がり、せっかく我々庶民が汗水垂らして稼いだお金を、湯水のように連中に使われているわけだ。これが他の国であれば、とっくの昔に一揆が起きていた はずである。しかし、日本人の国民性なのだろう、これだけ好き勝手なことをされても、ほとんど抵抗らしい抵抗もせずに、ひたすらじっとしているだけなのだ から、やがて茹でガエルとなって逝くだろうと思って間違いない。

ここで、歴史にもしもはないとは言うものの、もし日本が多少の犠牲を払ってでも、アメリカのATMとしての役割を断ち切っていたとしたら、今頃はロシアや中国をはじめとする、他のアジア諸国のように豊かな生活が、我々を待っていたはずなのだ。

昨日、ロシアのスプートニク紙が、ロイター発と断りながらも、以下のような興味深い記事を紹介していたが、まさに東京新聞の記事を裏付ける形となった。

16082109
日本は事実上「ヘリコプターマネー」を使用している

関連して、拙稿「日本のラテンアメリカ化?」で、『植民地化する日本、帝国化する世界』という本の書評を書いており、以下は拙稿からの一部引用である。

    ・「円が間違いなく暴落する理由」(p.106~)
    ・「ラテンアメリカの悲劇に見る日本の未来」(p.109~)

両 小節とも同書を紐解いて直接確認していただくとして、最初の小節「円が間違いなく暴落する理由」」は、亀さんもその通りだと思うし、どうせ円は紙屑になる んだから、そうなる前に使い切るなり、海外に口座を開設して外貨預金をしておくなり、金銀などに替えておくといって手を打っておくべきだろう。また、同小 節の以下の記述にも注目していただきたい。

    すでに100兆円を超えるカネを海外に持ち出しているけど、要は円の暴落を想定して、他国の通貨や金融商品、あるいは現物資産に転化しているわけです。
    『植民地化する日本、帝国化する世界』p.108~


日本円が紙屑と化することを、信じる信じないは読者の自由だが、今年中あるいは来年早々に紙屑化するという、〝最悪の推測〟を下した上で、それなりの準備をしていくのも、一つの生き方である。

【追加情報】

 ドル円は日本時間19日午前7時10分現在、1ドル=99円93銭前後で推移。直近1時間は横ばい圏での動きとなっている。過去24時間では31銭のドル安円高。ドルは18日午前9時23分に99円62銭の安値をつけている。
ドル円は1ドル99円93銭前後で推移=東京為替

米国大統領選挙は大波乱になる!

飯山一郎
2016/08/22(月)  
ヒラリー:死に至る病(やまい)!!
ヒラリーの老化は致命傷的な凶相
Hillary
リビアのカダフィを殺したあと…
H1 H2
写真クリックで拡大
  • 『スプートニク』がヒラリー重病説を盛んに流している.
  • クリントン前国務長官 演説中に「ワン」と吠える (記事)
  • 医者、クリントン氏に恐ろしい診断を下す (記事)
  • 米インターネットサイトが,クリントン氏の病歴カードに100万ドル申し出 (記事)
  • ようするに,ヒラリーの脳には障害がある!ということだ.
  • さらにヒラリーには,精神障害の症状も発現している! と.
  • 『スプートニク』はウラをとったからこそ,スッパ抜いたのだ.
  • 「ウラ」とは,「極秘情報」のほかに,ロシアの医師・医学者グループの緻密な診断結果のことだ.
  • 脳障害・精神障害の病理を発現しているヒラリーには大統領は務まらないだろうが…,それよりも,大統領選挙の終盤までに,「ヒラリー倒れる!」の速報が流れそうな流れだ.

ヒラリーの演説の様子は,たしかに,異常な場面が多い.
その最も異常な症状はヒラリーの舌の欠損と激しい咳である.
すでにヒラリーは重篤な病人であり,政治家としても終わっている.

政治学は,政治家・国家指導者の生命的な「有限性」を重視する.

つまり,国家指導者の「生命の安全」と「健康度」は,政治過程の非常に重要な要素である,と.

いま,ヒラリーの「肉体的な生命の安全」と「著しく病的な症状」は,政治過程に大波乱を巻き起こす可能性が高い.

大統領選挙の最中(さなか)に,ヒラリーの「病状」が重篤化し,退陣!となれば…,サンダースとトランプの争いになるやも知れず,大統領選挙は波乱万丈の大騒ぎになる.

閑話休題.「ヒラリーは大統領選挙の直前に逮捕される!」 などと,大真面目に語っている知識人がいる.あのソエジマ先生だ.

「ソエジマ説は病的な主張だ!」 とワシは一刀両断にした.(記事)

ソエジマ先生がどれほど病的か? どんなふうに病的か?! というコトについて,非常に説得力のある解説を書いてくれた識者がいる.

書いたのは,『放知技』の常連である「すでに爺」氏.

「すでに爺」氏の投稿文はまことに説得力のある文章なので,是非とも読んでいただきたい.

「すでに爺」氏の記事はココをクリックすれば読めます.
飯山 一郎(70)

スカイマークが緊急着陸 機内でスマホ充電池から煙

2016年8月21日 (日)

中国:豊富な食で糖尿病大国!

飯山一郎
 
2016/08/21(日)  
 
イヌも自由だ.放し飼い!
ペットフードなんて食わないイヌたちは痩せている
自由犬
こんなに甘くて美味いブドウと桃は初めてだ
美味い!
ブドウも桃もワシの家の前の路上で売っている
買った!
カボチャの原種とも言える手杵(てきね)カボチャ
手杵カボチャ
近所の農園でとれたてのキャベツ
とれたて!
これは新鮮!畑から直行の熟れたトマト
直行!
  • 上の写真は,どれも青州市のワシの家の前で撮った.
  • 中国は,野菜も果物も産地直行.新鮮で美味くて,安い!
  • 野菜や果物を売る路上店が,いたるところに無数にある.
  • 日本のような生鮮食料品を売る大型スーパーは,無い.
  • 上海や広州などの巨大都市でも,路上の店が多い.
  • この地産地消方式は,中間搾取がないので,安い!
  • 十数億人もの中国人が食ってゆけるシステムは見事だ.
  • ロクな食い物がない哀れなヌポン国とは対照的だ.
  • ただし中国は飽食・過食でデブが激増中だ.
  • 世界一の糖尿病大国・中国の近未来は,多病社会だ.
  • ここにきて,少食に徹し,運動に励むムキも増えてるが…
  • 超美味くて,超新鮮で,超安い食べ物が溢れているので
  • 超出っ腹の超デブが,減ることは無いだろう.
  • 米国の糖過多型の貧困デブよりは健康的なデブだが…
飯山 一郎(70)

【大握手会】AKB48 峯岸みなみ 第4部中止のお知らせ: 本日(2016年8月14日)、幕張メッセにて開催いたします、「翼はいらない」劇場盤発売記念大握手会におきまして、AKB48 峯岸みなみが体調不良の為、第4部の...

2016年8月20日 (土)

病気は自力で治せ! 「日にち薬」で治せ!

飯山一郎
 
2016/08/20(土)  
早く退院することが肝要
志村けん 肺炎で緊急入院舞台は中止に
肺炎
タレントの志村けん(66)が19日、肺炎のため大阪市内の病院に緊急入院した。

志村は16日に名古屋公演を終えて帰京。17日に体調不良を訴え、都内の病院で診察を受けた結果、肺炎と診断された。

この日は大阪・新歌舞伎座で舞台「志村魂」の大阪公演に出演し、最後まで舞台を務め上げたが終演後に再び体調が悪化し、病院に急行。医師が舞台出演は困難と判断し、そのまま入院したという。

同舞台は21日まで公演が予定されていたが、19日夜に新歌舞伎座の公式ホームページ(HP)で中止が発表された。
  • 体調が崩れたら,すぐに! そして徹底的に休息し休養すれば,病状は悪化しない.
  • ところが志村けんは,無理を重ねて大阪講演を務め上げた.立派だったが,結果は最悪.
  • ワシなら病院には行かず,ホテルなど安らぐ環境で心ゆくまで休息し,休養し,爆睡する.
  • もちろん,その間は絶食し,飲むのはあらびき茶だけ.
  • しかし,志村けんは病院で治すことを選んでしまった.
  • これで志村は,検査漬け・薬漬けの生活を送ることになった.しかも充分に空調が効いた,湿度の低い涼しい部屋.
  • 間もなく,「肺炎」などの病状は治まるだろう.徹底した対症療法が施されるのだから…
  • 問題は,退院後だ.抗菌剤・抗生物質によって,さらに免疫が下がった体質になって…,また何かあると病院に直行!
  • そういう生活を,志村けんは送ることになるだろう.

病気というものは,じつは,歓迎したほうがE~のだ.

人間の体調は,簡単に崩れやすい.正常な「生理」が,簡単に「病理」に変化してしまう.

ぞくぞくしたり,悪寒を感じたり,発熱したり,咳が止まらなかったり,各所が痛みだしたり…,身体に「病理」を感じたら,すぐに! そして徹底的に休息し休養すれば,病状は悪化しない.

多少は悪化しても,慌てず騒がず,徹底的に休息し休養する!

これが病気を自力(じりき)で治す秘訣だ.

病気を治すのは,医者ではない.薬でもない.人間が本来的に持っている自然治癒力=免疫力なのだ.

医者や病院が治せる病気は一つもない! 病気を治すのは免疫力と,「日にち薬」だ.

「日にち薬」とは,どんな病気も日にちが経てば治る!ということだ.

大切なことを書く
医者や病院やクスリに頼らずに,自力で病気を治せば…,病気を克服したあとの身体は,すべてがリセットされて,より強靭な身体に生まれ変わる!ということ.

だっから,病気は,じつは,歓迎したほうがE~のだ.

病気を自力で克服しながら,より強靭な身体をつくる!
これがたくましい人生を送る秘訣だぞ.

飯山 一郎(70)

フクシマ

濃霧注意報発令範囲

どこまで中国は豊かになるのか?!

飯山一郎
2016/08/19(金)  
 
豊かさの中には陥穽もある
中国で超巨大な特殊バスの走行試験
巨大バス
『スプートニク』はコレを大々的に評価した.
URLは,http://sptnkne.ws/btCPhttp://sptnkne.ws/bQp2
  • ワシは先ごろ,次のような文章を書いた.
  • 中国という超大国は,どこもかしこも緑化と美しい都市づくりに成功している.
  • それは,中国という国家が儲けたカネを美麗な国づくりのために総力をあげて投下・投資したからだ.
  • 日本はソレに失敗した.泣きたいほどクヤしい.(記事)
  • クヤしいが…,しかし,中国の大成功=豊かな国家社会化の事実は,中国に住んでみると,驚愕の日々である.
  • とにかく,いま,中国は世界一豊かな国家社会になった!
中国が株式の時価総額で日本を抜いて世界2位に浮上したのは,2年以上も前のことだった.

資産100万ドル超の富裕世帯の数で中国が世界2位になったのも,2年前かな?
富裕世帯の増加ペースでは,この5年間,中国が世界一だ.

「中間層」の厚さと富裕度においては,中国は断トツの世界一だ.

最近の『中国,銅と金採掘のため鉱山爆買い』(記事)という報道は,中国が大金持ちであることの証拠だが,その大金持ちが,金と銅の鉱山を買いまくっている構図は,おそろしい.

上の写真の「超巨大な特殊バス」の写真も,莫大なカネが集まったからこそ出来たのだろう.


「超巨大な特殊バス」の話は,『スプートニク』が報道したまでは良かったのだが…
1週間前あたりから,「アレは大衆からカネをダマし取る詐欺だった!」という報道が大々的に行われている.

「すべての事件はヤラせである!」 というのがワシの持論だが…,この「詐欺報道」のウラには,何か良からぬ企みがある!

中国大衆の反応は,報道に洗脳されたためか? 「悪いヤツがゐるもんだ!」 という噴霧器.

まぁ,「洗脳されやすさ」は,日本と同じだ罠~www
飯山 一郎(70)

2016年8月19日 (金)

爺さんと中国

人生は冥土までの暇潰し
 
前稿「青年よ、荒野を目指せ04」を書いたところ、掲示板「放知技」でリスナーさんが紹介してくれた。多分、飯山一郎さんが何等かの反応をしてくるだろうと思っていたら、やはり〝想定内〟であった(爆)。

16081804
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/361-363/

一読し、まさに感謝感激雨霰(あられ)。ただ、小生は招聘されるほどの者ではないので、自分でチケットを手配の上、飯山さんの都合にあわせて、今秋か来春にでも青州市を訪問したいと思っている。

ところで、「亀さん@人生は冥土に行くまで歴史の猛勉強」ということになるでしょう! 」ということなんだが、改めて青州市をキーワードに、ウィキペディアで確認してみたところ、確かに歴史の宝庫であることが分かった。ここから何が飛び出してくるのか、今から楽しみだ。さらに、緯度を確認すると、青州市が東日本同様、ナラ林文化圏に属していることを確認できた。と言うことは、青州市と東日本は地理的に、一衣帯水という位置関係にあることだ。因みに、青州市は北緯36度41分、東日本でほぼ同緯度の場所を探すと、北緯36度43分の日光市がある。

16081802

若い頃に中尾佐助の『現代文明ふたつの源流』や、佐々木高明の『稲作以前』などを読んできた身として、青州人と東日本人は、ナラ林文化圏という同一文化圏に属しているので、言語といった面では異なるものの、人間性、すなわち気質で似通った面が多いのかどうか、是非現地で確認してきたいと思う。

なお、ナラ林文化圏と対照を成すのが照葉樹文化圏で、未だ目を通したことはないが、あるブログで佐々木高明の『照葉樹林文化とは何か』の書評を載せていた。その中にナラ林文化圏に言及した行があったので、以下に引用しておこう。

東 アジアでは長江流域を境に、その南には常緑の広葉樹林帯が広がり、北側には落葉樹林帯(ナラ林帯)が広がる。日本も、西日本は照葉樹林帯に属し東日本はナ ラ林帯に属す。ナラ林文化における採取・狩猟型の伝統文化には、内陸森林・狩猟民型と沿岸・定着漁労民型の二つの類型がある。縄文期には、照葉樹林文化に 属する焼き畑型の農業が西日本に広がっていた事が,遺跡の調査でわかってきている。
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/52083673.html

16081803

お陰様で、冥土までの暇潰しが一つ増えた。なお、「青年よ、荒野を目指せ」同様、「爺さんと中国」もシリーズ化し、進捗状況は都度報告していくので、乞うご期待。

ワシの中国の一番弟子!

飯山一郎
 
2016/08/18(木)  
 
趙秀娟(ちょう しゅうじぇん)女史
マレーシアの民族衣装を着て…踊る
趙秀娟
  • 7年ほど前に広州で出合ってから,彼女は乳酸菌一筋!
  • グルンバや汚泥処理の勉強も必死でヤッてきた.
  • ワシが中国に行くと,帰るまでズーッと一緒.
  • 日本語ペラペラ,大の日本好き.公式な通訳でもある.
  • 男の子が一人.元旦那とは親友の仲.今は大の男嫌い!
  • 乳酸菌や飯山一郎の悪口を言う中国人がいたりすると,鬼の形相で食ってかかって大ゲンカ!
  • そ~ゆ~ときの仲裁役は,ワシ (爆)
  • 趙秀娟女史のような熱烈な「グルンバの信者」が,いまの中国にはゴマンといる.
  • 中国でのワシの仕事が,上手くいくのは当然なのでR.

経営の三要素は,ヒト・カネ・モノだ,という.
企業が成功するには,ヒト・カネ・モノを最効率で回すことだ.

しかし,大成功の秘訣は,コア・コンピータンス(他の追随を許さない商品・システム)だろう.

もちろん,どんな優秀な商品も,売ってナンボ,売れてナンボだ.
つまり販売力だ.

そうして,世の中にない商品やビジネスを生み出して,売りまくり,社会を大きく変えることが出来れば…,これはスーパー・ウルトラ・ビジネスだ.

そ~は言っても,やはり,究極的には,ヒト=人財だ!

趙秀娟(ちょう しゅうじぇん)女史や,ワシの親友のひとり,雒(ルア)さんは,大成功!のための貴重な人財だ.

中国にも!日本にも! そ~ゆ~人財がゴマンとゐる.
飯山 一郎(70)

2016年8月18日 (木)

NHKラジオが一時受信不能に 北海道・釧路

青年よ、荒野を目指せ04

人生は冥土までの暇潰し
昨日、家族と車で菩提寺へ行き、ご先祖様を見送ってきた。旧盆中の親戚や兄弟との付き合いで、仕事(翻訳)も溜まりに溜まってしまい、現在遅れを取り戻すべく青息吐息といったところだ。

さて、本日の主題「青年よ、荒野を目指せ」だが、同題名で過去3本ほど書いている。

青年よ、荒野を目指せ
青年よ、荒野を目指せ02
青年よ、荒野を目指せ03


今回、第4弾を書くことにしたのは、前稿「もう十分…」で弟の若い頃の体験について書いたが、その時に弟の話を帰省していた息子や、息子の友人も弟の話を傾けていたからだ。特に、弟の沖縄での体験談に若い彼らは腰を抜かしたようだ。息子の友達(拙稿「失敗してもいい 僕はやるを選ぶ 03」参照)は、殊の外熱心に聞き入っていたが、書物だけではなく、実際に体験することの大切さを知ったようだ。

己 れの恥ずかしい体験談に熱心に耳を傾けてくれる、二十歳になったばかりの若者たちに、亀さんの弟たちは気をよくしたのか、いろいろと若者らにアドバイスを 送っていた。特に弟らが強調していたのが、海外国内問わず、旅に出ることの大切さだった。このあたり、亀さんの世代の旅のバイブル・小田実の『何でもみて やろう』や、息子らの世代の旅のバイブル・沢木耕太郎の『深夜特急』シリーズ、この機会に若い読者に一読をお勧めしたい。

アラカン(還暦世代)の弟たちと、二十歳になったばかりの若者らの対話を横目で見ながら、ふと、今年の冬に放送されたTVドラマ、「スミカスミレ」の制作発表記者会見を再び思い出した。

最初に、以下は制作発表記者会見で発表された、漫画『スミカスミレ』の原作者、高梨みつばからのメッセージである。実にE-こと言っているではないか…。

若い時は若い自分が当たり前で、有り難さも感じないのですが、すみれはその有り難さを知っています。知っているからこそ、すべての出来事に感謝することができます。桐谷さんの演じるすみれの頑張りから、今の大切さを感じ取ってもらえたらと思っています。

16081701



その後、「20歳の頃の自分にアドバイスをおくるとしたら?」というテーマのもと、出演者がそれぞれの考えを述べていたが、強く印象に残ったのが如月澄役の松坂慶子と、化け猫・黎役の及川光博の発言であった。

16081702

松坂 二十歳の頃の自分は将来について悩み、くよくよしたり、取り越し苦労をしたりしていた…。だけど、誰もが通る道なのだから、ここは青春を思い切り楽しみ、安心してねって、言ってあげたい。

16081301

及川 未来に不安しかなく、根拠の無い自信だけがあった…。だから、二十歳の自分には、ちゃんとデビューできるから、焦らず努力を続けなさい、と言いたいですね。

16081703


亀 さんのような還暦を過ぎた世代の場合、今や黄昏の人生を迎えているわけだが、二十歳になったばかりの若者らは、未だ〝死〟というものに実感が湧かないよう で、自分の将来に悩み、「未来に不安しかなかった」(及川光博)り、あるいは「くよくよしたり、取り越し苦労」(松坂慶子)をしているのが、手に取るよう に分かった。しかし、松坂も語っていたように、そうした若者が抱く未来への不安は、どの若者も抱いているのであり、それよりも、今は青春を思い切り楽しん で欲しいと、つくづく思った。

無論、フクイチによる日本の終焉は、上記の息子の友人らも分かっているので、今度息子や息子の友人に会ったら、海外武者修行を強く勧めるつもりである。そして、拙稿「施設で育った私」でも書いたことだが、若者が辛うじてひとり立ちできるのも、28歳前後だと最近確信するに至ったこともあり、その意味で亀さんもあと6~7年ほど長生きして、息子たちやその同世代のために頑張りたいと思った次第である。

と ころで、飯山一郎さんが「青州市にいらっしゃい」というエールを送ってくれた。堺のおっさん、すでに爺さん,紋次郎さんといった優秀な人たちなら分かる が、亀さんのような呑兵衛にも声をかけてくれるとは、流石は飯山さん、度量が広い。よしゃぁ~、オンナを断つ覚悟で、中国本土に行ってみますか…。

>

16081704
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817377/75/


隆子 神様、仏様、キリスト様、どうかこの子の命をお助けください。

16081705

隆子 この子の命が助かったら、私、サケでも、タバコでも、オトコでも断ちますから…。そうお祈りしとったの。

16081706

 ほぉ、偶然だなぁ…。

16081707

 俺もね、オンナ断ちますからって、そうお祈りしていたんだよ。

16081708
男はつらいよ第39作 「寅次郎物語」

血湧き肉躍る!

飯山一郎
 
2016/08/17(水)  
夢湧き脳躍る!
青島市にそびえ立つ最先端の研究所
華通1
最先端の研究所の所長になるワシの弟子
華通2
上の青年は毛社長の一人息子で,ワシの弟子.日本語ペラペラ!
  • ワシが汚泥消滅事業で提携するのは,汚水処理施設を設計する会社で,中国有数の企業だ.
  • この先端技術会社の青島研究所が来春早々に竣工する.
  • その研究所の一角に,ワシも研究所を持つ…鴨.
  • その会社の毛社長とワシは,本日,一日中会議をした.
  • 中国という巨大な市場を攻略する戦略を練る会議だった.
  • 「飯山先生のグルンバは,去年だったら早すぎたし,来年だったら遅すぎた…」 という毛社長の示唆は,『機を見るに敏』な中国人らしい指摘だった.
  • 飯山一郎は,毛社長と合作して中国を変える!
  • きょうは,そのスタートを切る日になった.
  • 「血湧き肉躍る!」 (ちわき,肉おどる)という日だった.
  • 「夢湧き脳躍る!」 という感じ.ただし,今は眠い.
飯山 一郎(70)

2016年8月17日 (水)

 「大発明!」 の具象化に無我夢中

飯山一郎
2016/08/16(火)  
原理を解説します
クルマのデファレンシャルの潤滑オイルは…
  • 中国全土の諸所で溢れまくっている余剰汚泥.これを立ちどころに消滅させて,水と灰分(ミネラル)に変えてしまう!という装置.
  • 昨日,この大発明!のことを書いたら,堺のおっさんを始め…,反響は大きかった.日本から国際電話も何本か入った.
  • それよりも,一応は発明家であるワシの頭が,「大発明」の具象化のアイディアで満杯になってしまって,パニクってはいないが,夢うつつ!
  • きょうも色んな方々に会ったが,夢うつつなので,会話がチグハグ.申し訳ない.

クルマには,潤滑オイルが猛烈に劣化してしまう部分がある.
ギア・ボックス,オートマティック・トランスミッション,デファレンシャル・ギヤといった装置だ.

上の三つの装置に,普通の潤滑油を入れたりしたら,そのオイルは急速に劣化してしまい,オイルの性質を失う.

たとえば,デファレンシャル・ギヤ.ボックスに汚泥ケーキを入れると…,汚泥ケーキは,たちまち汚泥ケーキではなくなる.

間違いなく汚泥ケーキは,分解してしまい,水分と灰分(ミネラル)になってしまう.

そういうデファレンシャルのような装置をつくればE~のである.

ワハハ.
汚泥ケーキを分解・消散させる重要な原理を公開してしまった.
これで牛~特許は取れないぞ!
技術情報は,公開されてしまうと,特許が取れないからだ.

ワシは,特許なんてものが嫌いなのだ.カネなんか要らないし.

しかし,言っておく.
今回の「大発明」 も,強力な乳酸菌のチカラを借りねばならない!
飯山 一郎(70)
 

オバマに喧嘩を吹っかけた日本(安倍晋三)

逝きし世の面影
Eff74583f0a454395b7c8ee1321f9dd7
人類史上最悪のレベル7の未曾有の核事故後にフクシマの放射能は安全との狂気の風評被害キャンペーンの一環として福島県産の魚を丸かぶりする安倍晋三首相

A2fe86fae344f2b6bd1d9eacb5321a45

『<安倍首相>核先制不使用、米司令官に反対伝える 米紙報道』毎日新聞 8月16日(火)10時48分配信

米ワシントン・ポスト紙は15日、オバマ政権が導入の是非を検討している核兵器の先制不使用政策について、安倍晋三首相がハリス米太平洋軍司令官に「北朝 鮮に対する抑止力が弱体化する」として、反対の意向を伝えたと報じた。同紙は日本のほか、韓国や英仏など欧州の同盟国も強い懸念を示していると伝えてい る。
「核兵器のない世界」の実現を訴えるオバマ政権は、任期満了まで残り5カ月となる中、新たな核政策を打ち出すため、国内外で意見調整をしている。米メディアによると、核実験全面禁止や核兵器予算削減など複数の政策案を検討中とされる。
核兵器を先制攻撃に使わないと宣言する「先制不使用」もその一つだが、ケリー国務長官ら複数の閣僚が反対していると報道されている。同盟国も反対や懸念を示していることが明らかになり、導入が難しくなる可能性がある。

同紙は複数の米政府高官の話として、ハリス氏と会談した際、安倍首相は米国が「先制不使用」政策を採用すれば、今年1月に4度目の核実験を実施するなど核兵器開発を強行する北朝鮮に対する核抑止力に影響が出ると反対の考えを述べたという。
同紙は、二人の会談の日時は触れていないが、外務省発表によると、ハリス氏は7月26日午後、首相官邸で安倍首相と約25分間会談し、北朝鮮情勢をはじめとする地域情勢などについて意見交換している。

続きを読む "オバマに喧嘩を吹っかけた日本(安倍晋三)" »

田園都市線トラブル、終電後にシステム交換へ

2016年8月16日 (火)

「ミスター全総」と呼ばれた元国土事務次官の下河辺淳氏が13日に老衰のため死去、92歳。

低気温のエクスタシーbyはなゆー: 【訃報】菅生泰亮・長崎新聞東京支社長(58歳)が心筋梗塞で急死

2016年8月15日 (月)

休養は発明の母,休息は妙案の父

飯山一郎
 
2016/08/15(月)  
 
ひらめいた! 大発明…鴨
閃いた(ひらめいた)
この切っ掛けは下のほうの写真にある道路会社のプラントである.

そのプラントは,歴青(アスファルト)と砂を混ぜあわせる装置なのだが,歴青を汚泥に入れ替えたら,ど~なるか?!
こう考えた途端ワシの頭脳に閃光が走った.閃いたのである.

それは,途轍もない閃きで,途方もない妙案で,豚でもない大発明の予感だった.いや,実感だった.

大発明というのは…,中国全土の諸所で溢れまくっている余剰汚泥.これを立ちどころに消滅させて,水と灰分(ミネラル)に変えてしまう!という装置だからである.

汚水処理場から出ている余剰汚泥水は,大型グルンバが処理する.この装置は間もなく出来上がって,稼働する.

しかし,中国全土の各地各所の産廃施設に廃棄されてきた膨大な量の汚泥ケーキを消滅処理する設備は,どこにも無い!

そのドコにもない,誰も成功したことのない『汚泥ケーキ消滅装置』を,ワシは,栄成市のアスファルト・プラントの敷地内で発案し,発明したのだ!

その瞬間,「一郎,でかした!」という祖父の声が聞こえた.

ほんと,懐かしい声だった.お盆だからだろうか?

お爺ちゃん! ボクは,お盆でも日本に帰れないけど…
中国に居残って,居座って…,ヤリ抜くかんね! (合掌)
(栄成から青州に向かう新幹線の中で) 飯山 一郎(70)
 

もう十分…

人生は冥土までの暇潰し
 
昨日は旧盆の入り、家族と車で菩提寺に行き、ご先祖様に手を合わせてきた。日に日に悪化するフクイチであるにも拘わらず、今年も再び旧盆を迎えることができたことは、滅法界嬉しい。

昨年の今頃、すなわち拙稿「日本最後の旧盆」 を書いた当時、今年の旧盆を迎えられる可能性は極めて低く、少なくとも東日本の場合、梅雨明け頃には首都圏が麻痺、旧盆を迎える頃には原始生活に突入して いるだろうと、〝最悪の事態〟を想定していたのだが、今のところ想定していたよりも〝軽傷〟で事は推移しており、表立って物流に大きな支障を来していない ようだ。
今上陛下の〝奇蹟〟


夕 方になって、正月以来久しぶりに兄弟が集まり、互いの半年間の近状報告を交わした。その後、今年も政治経済の話題で盛り上がったが、やがてお互いの健康に ついての話題に切り替わった。一人の弟は最近の検診で、身体のあちこちに20個以上ものポリープが見つかったと告白してくれた。

もう一人の弟の場合はさらに最悪で、検診でガンが見つかったとのこと。しかも、すでにステージ4に突入しており、医者からは余命数年と宣告されたようだ。その弟、「人生で思い残すはない」と、泰然と振る舞うのであった。何故か?

弟 の場合、若い頃からギャンブルにのめり込み、ギャンブル好きが昂じて、ついにはギャンブルそのものを仕事にしてしまった男である。思い起こせば、亀さんが 子どもの頃は家に麻雀卓が2台あり、父の同僚が大勢家に押しかけて来ては、ワイワイガヤガヤと卓を囲んでいたものである。そして、3人兄弟の中で最も熱心 に父や父の同僚の麻雀を見ていたのが、今回ガンを宣告された弟だ。今にして思えば、そうした子ども時代の麻雀との出会いが、弟をしてギャンブルに目覚めさ せたのだろう。

埼玉県所沢市の高校に進学してからの弟は、今度はパチンコにのめり込み、授業をサボっては、駅前のパチンコ店に通っていた ようだ。その高校は県立高校だったが、当時は私服が認められていたこともあり、店員は高校生かどうかの見分けが付かなかった。たがら、堂々とパチンコ店に 入り浸ることができたというわけだ。新台が入ろうものなら、その日の学校の教室は、どこもかしこも閑古鳥が鳴いていたという。

高校を卒業 してからの弟は、海外を放浪していた愚兄の亀さんを見倣ってか、料理専門学校に通い、調理師の免状を取って卒業したかと思ったら、今度は国内放浪の旅に出 た。旅の途中、京都で知り合ったという、小指のないヤーさんと意気投合、その後も一緒に旅を続け、最終目的地の沖縄に到着、すっかり沖縄が気に入ってし まった弟は、職を転々としながらも、そのまま沖縄に居座ってしまったというわけでである。

沖縄での弟は、バーテンダー、沖仲仕などを体験 しているが、なかでも工事現場監督としての体験談は壮絶だ。一緒に働く本土からの男たちのほとんどは、本土に居られなくなって、沖縄に逃れてきた小指のな い男たちであり、弟は連中と一緒に文字通りのタコ部屋で、寝起きをともにしたという。仕事の後は、連中と卓を囲むことも多かったようだが、流石に麻雀に強 い連中が多く、そうした連中と卓を囲むことで、相当麻雀の腕を上げたようだ。そうした一癖も二癖もある連中を、二十代の頃に取り纏めてきたのだから、これ は胆力がつくわけである。

弟は競馬にも狂った。競馬新聞は隅から隅まで目を通し、書き込みで新聞が真っ赤になったという。その後の弟は結婚をしたが、ナント新居は府中市の東京競馬場近くを選んでいる。

このように弟は、ギャンブルというものに、徹底的に打ち込んできたからなのだろう、ギャンブルを通じて、人生というもの、人間というものが、もう十分に分かったから、いつ死んでも悔いはない、とすら言い切るまでになった。

確かに弟の場合、ギャンブルを通じて徹底的に人生を楽しみ、さらには子どもたちが巣立ち、それぞれの人生を歩み始めたので、親としての務めは立派に果たし終えている。また、ギャンブルというものを通じて、徹底的に遊んできただけに、もう十分、いつ人生の最後の日を迎えても、悔いはないという心境に達したようだ。

だから、亀さんとしてもこれ以上弟に言うことは何もない。だが、来年は福島原発事故以外に弟らの病が重なり、再び兄弟が三人揃って次の旧盆を迎えることができるのだろうかと、ふと思った。

16081405

今度、弟が再訪したら、臨終の山岡鉄舟が示した立ち振る舞いを描いた、『武士道―文武両道の思想』(山岡鉄舟・勝海舟共著 角川選書)、家の書架の何処かにあるはずなので、仕事が一段落したら探し出し、プレゼントするつもりだ。なお、ネットでも「山岡鉄舟の臨終の見事さ」と題した記事で、山岡鉄舟の臨終の様子が分かる。どのようにして漢(おとこ)は己れの人生終えるべきか、良き指針となるはずだ。

 えー、おばあちゃんは九十二歳の天寿をまっとうしたと
 伺っております。
 本日この七回目の法要に、かくも大勢の関係者が
 集まられるということで、個人の人柄が偲ばれます。


16081401

16081402

 人間この世に生まれて来る時もたっった独り。
 そして、死んでいく時もたっった独りでございます。
 なんと寂しいことではございませんか。


16081403

 天に軌道があるごとく、
人それぞれに運命の星というもを持っております。


16081404
http://www.yoshikawatakaaki.com/lang-jap/32saku.htm

熱中症になったら

2016年8月14日 (日)

日本脳炎接種の前倒しを学会推奨 3歳→生後6カ月

プーチン大統領:いよいよ日本シフト開始!

飯山一郎
2016/08/13(土)  
プーチンの後継者は 日本通!
イワノフを静かに解任アントン・ワイノを新長官に
三者会談
12日,モスクワで,前任の大統領府長官セルゲイ・イワノフ氏(左,63歳),プーチン大統領(中央)と会うワイノ新大統領府長官(44歳).
プーチンの後継者日本語ペラペ~ラ!
アントン・ワイノ
ワイノ氏は最近まで大統領府副長官を務めており,1996年から2001年まで,在日ロシア大使館に勤務.日本語を自由に操ることで知られる.
  • プーチンの大統領府の動きが慌ただしい.
  • トルコのエルドアン(窮鳥)がクレムリンの懐(ふところ)に飛び込むも,プーチン(猟師)はコレを殺さず,飼い慣らした.
  • かと思うと…,プーチンの盟友で最側近のセルゲイ・イワノフ大統領府長官(63)を解任し,知日派で外交官出身のアントン・ワイノ副長官(44)を新長官に任命した.(記事)
  • この突然の人事に「スワ!政変か?」と騒ぐムキもあるが,イワノフ氏は引き続き安全保障会議のメンバーを務めるので,単純な更迭ではない.
  • ようするに,プーチンの世界戦略の大きな流れは…,エルドアンがロシアの傘下に入ったことで,中東はプーチンの完全勝利 (記事)  次は日本!ということだ.
  • そのココロは? 分かるね? そう! フのホだ.
飯山 一郎(70)

歴史的事実の尊重

逝きし世の面影
歴史的事実の尊重
2016年08月13日
F88a5f0369fa59c09273366bd8263f4e
『「歴史的事実の尊重を」=閣僚靖国参拝で米国務省』2016/08/12-時事ドットコムニュース

【ワシントン時事】米国務省のトルドー報道部長は11日の記者会見で、今村雅弘復興相が靖国神社を参拝したことについて「歴史的事実を尊重することが重要だ」と指摘し、慎重に対応すべきだという立場を示した。
 報道部長は、安倍政権の他の閣僚による靖国神社参拝の可能性に関しては「日本政府に問い合わせてほしい」と述べるにとどめた。 
 国務省はこれまで、歴史問題をめぐる日本と中韓両国の対立について「癒やしや和解を促進するようなやり方で歴史問題に臨むことの重要性を引き続き強調する」(トナー副報道官)と繰り返している。
(2016/08/12)時事通信

『とうとう最後の一線を越えたアメリカ(堪忍袋の緒が切れたのか?)』

続きを読む "歴史的事実の尊重" »

米中戦争の危機などない 米NATO対ロシアはあり得る

あいば達也
 
以下は、ロイターのコラムだが、筆者は、米中戦争が起きるとは思っていない。まあ、中国・フィリピンや中国・日本と云った周辺同盟国の小競り合い程度があ ることは想定できるとしても、米国は同盟関係国である事を忘れて、白馬の騎士よろしく、気がついた時には、仲裁役の地位におさまり、例のWスタンダード論 を振り撒き、最も都合の良い、漁夫の利戦略を、既に想定していると理解している。

 あれだけ、中東やリビアなどで、ISを育成する資金 援助と傭兵派遣を行いながら、「我々は関わっていない」とオバマが、あまりの「嘘」と判る主張を繰り返しても通用する魔法の杖が、「覇権国」の証なのだろ う。ゆえに、いつまでもNATO軍が対ロに貼りつかなければならない、軍事的火種の育成に余念がない。突きつめて考えると、リビア等北アフリカにおける紛 争継続も、シリアやイラクとISの紛争継続も、米ネオコンの「反権維持戦略」の一環だと言えるのだろう。

 Peter Apps氏の米中戦争、核攻撃は?のコラムは、「米シンクタンク、ランド研究所」の情報を元に書かれたコラムだが、米中の直接対決と云うもの自体、論理的 に考え難いシナリオなので、その戦争で、核が使われるかどうかなど、屋上屋の議論であって、たいして意味はない。逆に、Peter Apps氏が触れようとしない、米NATO軍対ロシア戦争の方が、中東を巻き込む形で、勃発する可能性は遥かに高い。そして、戦術の一つに、ロシアによ る、核先制攻撃の確率の方が、現実的核戦争のリスクを端的に表している。こんなことを書いていたら、時事が、オバマの「核先制使用宣言」は困難と云う WSJの記事を引用している。
 

続きを読む "米中戦争の危機などない 米NATO対ロシアはあり得る" »

解散詐欺だと言われないように この前SMAP解散騒動の時も少し前に稲葉浩志が出演して。あの時も国民に知られたくない事件が起きてたっけ?夜中に解散報道、てものなんかなぁ

2016年8月13日 (土)

東京電力の御巣鷹トンネルと31年前の日航ジャンボ機墜落事故(もう一つの放射能汚染)

逝きし世の面影
 
 
2016年08月12日
Cab26a1339af6356f1ef7e267e3b3193
『原発の付属施設だった巨大な揚水発電所』一度稼働した原発は簡単には止めれらない

群馬県と長野県を結ぶ御巣鷹山トンネルは日本最大の揚水ダムの為に東京電力が建設して、完成後には地元住民に開放される約束だった。ところが2005年11月に完成しているが現在でも閉鎖されたまま。道路を管理する東電関係者以外誰も通行できない。
長野県側は写真のプレートが示すように御巣鷹山トンネルの入り口まで行ける。ところが、群馬県側はトンネルの遥か手前で一般の通行が禁止されていて近づけない構造になっている。
上池の長野県の南相木ダムは日本のダムとしては一番標高が高くて1532メートル。下池である群馬県の上野ダムとの揚水発電で日本最大の282万キロワットもの最大発電能力を持つが、この二つを結ぶのが御巣鷹山トンネル。
なんと、520人が死んだ日航機の墜落地点(御巣鷹の尾根)とは、世界最大の原子力発電所である柏崎刈羽原発や未曾有の核事故を起こした福島第一原発を所 有している東京電力が地権者だった。そもそも夜間に余った電気で揚水して昼間に発電する『揚水発電』とは原発の付属施設なのである。
臨界に達した原発は簡単には止めれない。1年間動かしたままになるので電力需要が下がる夜間には無駄になる。原発を稼動させるとエネルギーの浪費だとは知っていても仕方なく毎日毎日揚水して電気を消費する必要性が生まれる。
ところが5年前のフクシマの核事故以後には東京電力管内では原発は一切稼動していないのですから、揚水発電所の存在自体がまったく無意味。完全に無駄。御巣鷹山トンネルを含めて丸々『無用の長物』になっている。

F836555eaf8b092ead576aaa0cb6163c
相模湾で垂直尾翼の大部分を失いながら埼玉県上空を飛行する墜落寸前の日本航空123便の最後の姿。日航機が操縦不能状態で飛んでいたのは在日アメリカ軍 が全面的に管理する横田空域の内側だった。(『横田空域』とは日本の空のど真ん中の東京都、神奈川から新潟まで1都8県にまたがる最高7000メートルの 空域が横田基地の管理下に置かれており、日本の民間航空機は米軍の許可が無い限り、絶対に飛ぶことが出来ない)

431a3d042af63d08147f0bab14810362
『日航ジャンボ機事故 空白の16時間』


続きを読む "東京電力の御巣鷹トンネルと31年前の日航ジャンボ機墜落事故(もう一つの放射能汚染)" »

飯山一郎を極上の北京ダッグにする策略

飯山一郎
2016/08/12(金) 
 
中国人の接待の恐ろしさ!
「威海に行く!」と軽く言ったらこんな席が…
威海→栄成
四星の超豪華賓館「歓迎 飯山一郎教授」の大文字
威海→栄成
イベント会場にも「飯山一郎教授」の大文字
威海→栄成

威海→栄成
ワシの部屋は超豪華なスイート・ルーム
威海→栄成
渤海産の巨大な魚の煮物
威海→栄成
巨大なカニこれ何鼠~カニだっけ?ww
威海→栄成
それはデッカイウニの料理
威海→栄成
これまた巨大なエビ一匹食って満腹!
威海→栄成
ナマコの刺し身始めて食ったが超美味!
威海→栄成
極めつけはコレアワビの煮物と現金!
威海→栄成
  • 「近所にある当ホテルの物産店はツケがききません.コレでお支払い下さい…」と言われた.ワイロ性たっぷりwww

「ワシは先生でも,教授でも,博士でもない!」と強弁しても,中国人は一切無視し,常に「教授,教授」を連発!

先日などは,初めての中国人からワシの秘書に電話が入り…,
「教授は今,青州市におられるのですか?」 と突然の問い合わせ.

ワシは,いま,中国人の間では「教授!」で通っているのだ.最近では「博士」という人も多い(爆)

「教授の発明のモノ凄さを理解させるには,“教授”,“博士”を使ったほうが手っ取り早いのです!」 と言うんだが…,何だかなぁ.

誰かさんのように,教授や博士を自称するのは問題だが…,ワシのばやいは,皆が勝手に「教授」や「博士」を通称に使って連発しているので,ど~しよ~もない.

それにしても…,
「威海市で海鮮を食べて来ます.夏休みです!」 と軽く言っただけなのに,この有様! 豪華絢爛な接待攻勢! 現金まで手渡されて….

「今まで誰も出来なかった余剰汚泥の消滅! これが出来るのは,飯山一郎教授だけ!」 そりゃそ~なんだが…,な~んかヘンな感じ.

ワシは,これから,ど~なっていくのか?
飯山 一郎(70)

はい。今後、MDSや白血病などの血液悪性腫瘍は増加が見込まれていると、とある医療関係者からうかがいました。

夏かぜ"ヘルパンギーナ"流行 厚労省がTwitterで注意喚起 - LINE NEWS

米国経済だけが好調というカラクリ グローバル経済の終焉

あいば達也
 筆者は数カ月前から、「TPPはアメリカで成立しない」と主張してきた。ここに来て、民主党大統領候補のヒラリーまでが、改めて、明確にTPP への反対を表明した。巷の予測では、「彼女は、反対姿勢で大統領選に臨むが、大統領就任後、適当に修正を加えて、態度を変えるに違いない」と言われてお り、この巷の予測が、11月の大統領選において、ヒラリーの致命傷になる虞が出てきたことで、「本気で、TPPには反対です」と言わざるを得ない状況に追 い込まれたと解釈して良いだろう。

≪ TPP暗雲さらに クリントン氏反対明言
 世界の 自由貿易体制が「負の連鎖」に陥る懸念が高まっている。米民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン氏が環太平洋経済連携協定(TPP)反対を改めて強 調。TPP承認後に交渉を妥結させるのが基本シナリオの日欧経済連携協定(EPA)なども影響を受ける可能性が出てきた。  日米欧を主軸に新たな貿易秩序をつくる動きは正念場を迎えている。英国が欧州連合(EU)を離脱した後の域内の貿易の枠組みも不透明だ。
 日本政府は、11月の米大統領選後から来年1月の新大統領就任までの「レームダック国会」での米議会のTPP関連法案承認に望みを託してきた。TPP発効に不可欠な米国の承認が早期に終われば、交渉中のほかの大型貿易交渉を加速する推進力になるためだ。
  ところが、クリントン氏は11日、TPPについて「選挙後も大統領として反対する」と反対の姿勢を一段と明確にした。さらに「雇用を減らし賃金を下げるす べての貿易協定を止める」とも語った。共和党だけでなく、民主党内の早期承認への機運がしぼめば、TPPを起点とするシナリオは修正を余儀なくされる。
  まず懸念されるのが臨時国会の審議への影響だ。政府・与党は9月召集予定の臨時国会で、TPP協定の承認と関連法案の成立を目指している。米国の議会手続 きの遅れは国内の慎重論を勢いづかせることになりかねない。既に自民党の一部からは「日本だけ無理して先行して承認する必要があるのか」(幹部)との慎重 論も浮上している。
 TPP承認にメドがつくことが前提の日欧EPA交渉も綱渡りとなる。日本はEUに工業品の関税撤廃を求め、EUが農産品の 自由化を求める構図で交渉は進んでいる。ただ日本政府はTPPの国会論議に波及することを恐れ、現時点では農産品分野で着地点を探るカードを切りにくい。 来年になるとフランスやドイツの選挙の影響で交渉が停滞する恐れがあるだけに、短期間で交渉をまとめる必要がある。
 さらに米欧間の環大西洋貿易投資協定(TTIP)も、米議会がTPPの承認手続きを終えないと交渉は加速しない見通しだ。TPPにタイやフィリピンなど新規参加国を取り込む動きも含め、TPPの停滞懸念が多方面で貿易交渉の勢いを鈍らせている。
 一方で中国はTPPが停滞する間に、自国が参加し、自由化の水準も低い東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の妥結をはかりたい考えだ。日米欧のトライアングルによる大型貿易協定の軸が揺らぐと、中国主導の貿易協定が幅をきかせる事態にもなりかねない。  ≫(日経新聞電子版)

続きを読む "米国経済だけが好調というカラクリ グローバル経済の終焉" »

2016年8月12日 (金)

平成の木枯らし紋次郎、参上!

人生は冥土までの暇潰し
16081201

掲示板「放知技」に、木枯らし紋次郎さんという凄腕の侠客が塒(とぐろ)を巻いている。大分前の話になるが、同掲示板に土足で無遠慮に乗り込んできた、佐野千遥とかいうバカセを完膚なきまでに叩きのめし、その存在感を広く世に示した漢(おとこ)だ。

亀さんは掲示板「放知技」で、紋次郎さんの発言にいつも注目しているんだが、英語は無論のこと、中国語のネット記事も自由自在に読みこなせるという抜群の語学力には舌を巻くし、さらには、佐野千遥センセーを徹底的に叩きのめして見せた、技術分野全般についてズバ抜けた知識に加えて、世界の政治や歴史についての恐ろしいまでの洞察力を、掲示板「放知技」の訪問者のために惜しみなく提供してくれている。

そんな紋次郎さん、さらには経済分野にも強いことを今日知り、腰を抜かした次第である。論より証拠、以下の紋次郎さんの投稿に目を通していただきたい。

16081202_2
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/235/

16081203

亀さんは小室直樹の影響を受け、分厚いサミュエルソンの『経済学』を原書で購入したまでは良かったんだが、最初の数十ページを読んだだけで、あとは積ん読で終わっている…(泣)。だから、大分前に書いた拙稿「チャートとウンコ」でも、以下のように白状しなければならないという、情けない有様なのだ。

亀さんは経済専門誌である『Forbes』の記事翻訳を数多く担当してきているくせに、未だに経済音痴なんだが…(爆)。だから、上のチャートを見てもチンプンカンプンといったところが正直なところだ。


ところで、紋次郎さんが仰せの〝あの方〟、亀さんも最近の拙稿「安西ファイル[2676.07]」で、〝あの方〟の記事の書評を安西さんにお願いしている。

安西ファイル発行後、ブログ「カレイドスコープ」が、「金を巡る世界政府と中国・ロシア同盟の見えない戦争」 と題する記事を書いた。亀さんはカレイドスコープの記事を、熱心に追っているわけではないので断言はできないものの、ワンワールドvs.中露同盟という形 で捉えた記事は、今回が初めてではないだろうか。そのあたりを含め、気鋭の現役エコノミストである安西さんが、同記事を読んでどのように思ったか、書評を 直接お願いしたので、もしかしたら次回のまほろば会あたりで、安西さんの書評を聞けるかもしれず、聞けた場合は概要を拙ブログで公開したいと思っている。 以下、カレイドスコープ記事からの抜粋である。


尤も、紋次郎さんの上記の投稿のお陰で、〝あの方〟の底の浅さがヨォ~ク分かったので、モーEーかと思っているんだが(爆)、まほろば会を通して、せっかく現役のエコノミストである大手町太郎さんや、安西正鷹さんの知己を得ているのだから、カレイドスコープ氏が書いた上記の記事、お二人はどう思っているのか、この機会に是非聴きたいという気もする…。

16081204

 人間は…、なぜ死ぬんでしょうね…         

16081205

 人間……?

16081206

 う~ん、そうねえ…、まア、なんて言うかな、まア、結局ぅ…あれじゃないですかね…、あの、こう、
 人間が、いつまでも生きていると、あのー、こう、丘の上がね、人間ばっかりになっちゃうんで、うじゃうじゃうじゃうじゃ、
 メンセキが決まっているからで、みんなでもって、こうやって、満員になって押しくら饅頭しているうちに、ほら足の置く場所も
 なくなっちゃって、で、隅っこにいるヤツが『お前、どけよ!』なんてって言われると、アーアーアーなんつって海の中へ、
 ボチャン!と落っこってそいでアップ、アップして助けてくれ!助けてくれ!なんつってねェ、死んじゃうんです。
 まあ結局、そういうことになってんじゃないですかね、昔から、うん、まあ、深く考えない方がいいですよ、それ以上は…。


16081207
http://www.yoshikawatakaaki.com/lang-jap/torajironahibi17.htm


寅さんの言うとおりでね、深く考えない方がE-つうことだろう…。人間が何億人増えようと、食わせていけるだけの食糧生産が可能であれば、人口爆発なんかあまり気にすることもないちゅうことだ。分かった? ビル・ゲイツのおっさん!

2016年8月11日 (木)

今上陛下の〝奇蹟〟

人生は冥土までの暇潰し
昨年の今頃、すなわち拙稿「日本最後の旧盆」 を書いた当時、今年の旧盆を迎えられる可能性は極めて低く、少なくとも東日本の場合、梅雨明け頃には首都圏が麻痺、旧盆を迎える頃には原始生活に突入して いるだろうと、〝最悪の事態〟を想定していたのだが、今のところ想定していたよりも〝軽傷〟で事は推移しており、表立って物流に大きな支障を来していない ようだ。それでも、ほぼ過去一年間にわたり、〝最悪の事態〟を想定しつつ、それ相応の準備を進めてきたことは、決して無駄にはならないと確信する今日この 頃である。

むろん、行ってきたのは食糧の備蓄といった物資面の準備だけではない。精神面の準備、たとえば死について真剣に考え続けてきた一年間でもあった。それだけに、明後日には旧盆を迎え、再び親戚と顔を合わせることができることの喜びは、ことのほか大きい。

前回の拙稿「平成の玉音放送」で、亀さんは以下のように書いた。

広島と長崎にそれぞれ原爆を落とされ、それが8月15日の先帝の玉音放送という聖断となったのだが、その聖断がもたらした奇蹟(詳細は『昭和天皇の悲劇』の 第二部「奇蹟の陰にひそむ昭和天皇の悲劇」を参照のこと)と同等、あるいはそれ以上の奇蹟が、昨日の今上陛下のビデオメッセージ、すなわち平成の玉音放送 によって、引き起こされるであろうという確信を持つに至った。


ここで、「確信を持つに至った」 と書いたが、「直感的に思った」とでもした方が、より正確だったのかもしれない。そう思う理由を、近く文章化して拙ブログにアップしたいと思うが、そのた めには、『昭和天皇の悲劇』の再々々読を行い、海外、とりわけロシアと中国が、どのように平成の玉音放送を受け止めたかという、確認と考察が必要となって くる。

16081002
松本駅に到着された皇太子ご一家

そんな折、皇太子ご一家が本日の式典御臨席のため、昨日の10日に長野県松本市に到着されている。皇太子ご一家の長野ご訪問というニュースを耳にして、咄嗟に脳裏に浮かんだのが信濃の連峰、そして役小角(えんのおづぬ)であった。

その役小角だが、三峯神社を囲む鎮守の杜・秩父山地を毎日眺めている身に、三峯神社には役小角が御座すと教えてくれたのが、天童竺丸さんである(役小角は三 峯神社で修行を積んでいる)。その天童さんが世界戦略情報誌『みち』(8月1日号)の「文明の原郷ツラン」に、三峯神社について以下のような興味深いこと を述べていた。少々長くなるものの、一節そのまま引用しておこう。

16081006 16081007 16081005
左より、秩父連峰、三峯神社、守護神狼

●新たな王となった英雄が同族たちの前で高らかに誓いの言葉を述べるところから引用を始めよう。
そして言うには、
「お前たちの王に私はなった。弓と盾とを手に執ろう。家紋を我らの証にしよう。蒼き狼を雄叫びにしよう。鉄の槍を林にしよう。狩り場に野馬を遊ばせよう。海と川と、太陽を旗幟に、空を砦にしよう」
と言った。(原詩九六~一〇二行)

こ こで興味深いのは、「戴冠式」とも称すべき、新たに王となる神聖な儀式において、最近でこそ疎かにしているものの、われわれ日本人に非常に馴染みが深い 「家紋」が登場することである。トルコ民族にとって「家紋」がどのような意味を持っていたのかは無学にして存知しないが、新王の誓いの言葉の中で「家紋を 我らの証にしよう」と告げられている点を考えると、「家紋」を同じくする血族集団の結束こそが、遊牧騎馬民族の隆盛・発展の源泉であったことが推察される のである。
また、「蒼き狼」もここで引き合いに出されている。つまり、われわれがジンギス・カンの別名として知っている「蒼き狼」は、ただモンゴル民族にのみ特有の英雄に対する尊称ではなく、テュルク系民族を含めたツラン民族一般に広く共通する「狼信仰」の表われ
と見るべきことが分かる。
例えば、突蕨は自らの民族の出自を、牝の狼と人問の男の子の交わりに求めているのである。
そして、言うまでもなく、わが日本においても、民族信仰の深層に紛れもなく「狼信仰」が横たわっており、その痕跡は大和、山城、駿河、武蔵などの古い神社の伝承に見ることができる。とくに、武蔵御嶽神社や秩父三峯神社の信仰圏の関東では、狼は神の使いとして広く信仰され、「大口真神」なる尊称を以て呼ばれている。
古 代日本語、特に万葉集東歌との間にウズベク語との只ならぬ類似点を見出し、またコタツなどの生活習慣を同じくすることも勘案して両者の親密な関係を洞察し たのは、初代註ウズベキスタン大使孫崎享氏の夫人孫崎紀子氏であるが、関東における「狼信仰」の奥深さもまた、ツラン民族共通の信仰の痕跡であるように思 われる。
そもそも、「坂東武者」と呼ばれる武装騎馬集団がなにゆえに関東地方に特に多く発生したのか、万人を納得させるに足る研究はいまだ出てい ない。言ってみれば空想的とでも言うほかない江上波夫の「遊牧騎馬民族渡来説」が確たる論証もなく独り歩きしているだけで、具体的に中央アジアのどの系統 の遊牧騎馬民族が何時、どのような経路で渡来したのかについても、推測すら語られていない。
わが国中世武士団の発生は古代官牧との関連で説明されることもあるが、馬を飼育することと馬に乗って戦うことの間には密接な関係が確かにある。だが、そこには、ほんのわずかだが、決定的な飛躍がなければならない、と私は考える。
それはあるいは、かつて触れたことがある「七世紀東アジア大変動」に連動する動きだったのかも知れないが、具体的な関連を指摘する充分な準備がまだ私にはない。
ただ、わが国の歴史を主に日本列島内だけの事情で考え、せいぜい朝鮮半島や支那関内政権との関係を時に勘案するだけの「島国歴史観」では、中世末から近世まで列島全域を席捲した武士団の発生を説明することはできないという思いは強く持っている。

『みち』(通巻453号)p.13~14


陛下の平成の玉音放送が放送されたのが8月8日、その二日後、皇太子ご一家が信濃入りされた事の意義は深い。

【追記】
拙稿「平成の玉音放送」で、亀さんは以下のように書いた。

広島と長崎にそれぞれ原爆を落とされ、それが8月15日の先帝の玉音放送という聖断となった。

それに対して、聖断すなわち終戦の切っ掛けとなったのは、広島長崎に落とされた二発の原爆ではなく、今上陛下の玉音放送と同日の8月8日(1945年)、ソ 連が日本に宣戦布告したことにより、先帝(昭和天皇)が日本の共産化を恐れたためとする異見もあった。それどころか、先の大戦は米国と日本の〝共同作業〟 だとする記事すらあった。
長崎原爆を地上起爆させたのは江本文政か松永安左江門か?

それ以外にも掲示板「放知技」で、『天皇の陰謀』(ディビット・バーガミニ著)という、ウェブ公開の書籍を紹介してくれた親切なM・Jという御仁も登場した。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/223/

それはそれで有り難いことなのだが、何故、陛下の平成の玉音放送の直後というタイミングなのか…(嗤う)。掲示板「放知技」の以下の投稿を熟読のこと。今、 我々が行わなければならないことは、今上陛下の〝平成の玉音放送〟を、世界がどう受け止めたかを正確に把握し、それに対して我々はどう応えるべきなのかに ついて考え抜くことこそが、今や最優先事項のはずである。なぜなら、今上陛下の〝奇蹟〟を活かすも殺すも、すべて我々の肩にかかっているからだ。

16081004
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/201/

困ったコトがあるのが,困るwww

飯山一郎
 
2016/08/11(木)  
 
日本人3名が夜逃げ
大型グルンバが日本から青島市の港に到着したのが10日前.
それなのに中国側の不手際が重なって,まだ受け取れない.
だいたい,中国人は何事も大雑把で,E~加減で,てげてげな国なので…,困る.

いっぽう,日本人は神経質(ナーバス)すぎる人間が多い.

せっかく東営市まで来てワシのマンション群に住み始めた日本人3名が,夜逃げ同然にゐなくなった.

東営市のボスに1通の書き置きを残しただけで,ワシには挨拶も何もなし!

ワシに叱咤された(記事)されたことが原因なのだろうが…,意気地のない連中だ.

彼らは東京から福岡に逃げ,さらにマレーシアに逃げ,東営市に逃げてきたのだが,東営市からも逃げ去ってしまった.

ネットでも「逃げろ!逃げろ!」と書き続けてきたので,ワシは「逃げればE~ってもんじゃない!」と叱ったこともある.

逃げながらジリ貧になってゆく彼らの末路….貧困という困った状態になるだろう.

ところでワシは本日,山東半島の突端,威海市に行き,夏休みを楽しみます.
飯山 一郎(70)
 

少しだけ正常になった大本営発表(戦争プロパガンダの中止)

逝きし世の面影
60f6483c21f20ab96403cc5ff5e6e86e
『尖閣の中国船』『挑発やめ真剣な対話を』 8月10日毎日新聞社説

事前にNHKが繰り返し予告していた『8日の15時』の明仁天皇の『お言葉』(71年ぶり2回目の疑似『玉音放送』)の後の日本国ですが、やはり大きく違っていたのです。
8月10日(水曜日)の毎日新聞社説『尖閣の中国船』『挑発やめ真剣な対話を』では一見すると今まで繰り返されていたものと同じ主張である。ところが、注意して読むと(たった1行だが)驚きの記述が発見できるとのエッシャーの騙し絵のような不思議な代物だった。
今まで日本が挙国一致で隠し続けていた『不都合な真実』が、1行だけさらった書いてあるのですから、本当にびっくり仰天である。
『8日15時の天皇のお言葉』の以前と以後では、我々を取り巻く世界は確実に変わっているのですから怖ろしい。
先ず一番大きな分かりやすい変化は、禍々しい『領海侵犯』の言葉が一切消えていることだろう。(これまでマスコミが普通に使用していた過激な『領海侵犯』を、穏当な『領海侵入』の言葉に置き換えられている)
最も大きな変化は、やっと日本のマスコミが北緯27度線以南では中国漁船を取り締まれないとの日中漁業協定に言及していることであろう。確実に風向きが大きく変化した。マスコミの主張が180度逆になったのである、
新聞の社説のタイトルが『尖閣の中国船』『挑発やめ真剣な対話を』なら相手は中国政府だと勘違いするように書いているが、実は『挑発やめ真剣な対話を』の相手は日本政府(安倍晋三)だったのである。
8月10日付毎日新聞社説では、『日中漁業協定で接続水域を含めた日本の排他的経済水域(EEZ)での操業を認めている・・・』と書いていある。中国漁船 の尖閣海域への侵入は少しも違法行為では無かったのである。(拿捕した日本の海保の方が違法行為だった。今まで日本が繰り返していた中国政府への抗議は無 理筋だったのである)
何とも情けない話ですが、『尖閣問題』の根本的な間違いとは、そもそも『日中漁業協定』により日本には中国漁船を追い払う法的な資格を失っている。この売 国条約を自民党が結んだ事実を挙国一致で政府もマスコミも(与党だけではなく共産党まで)隠しているから辻褄が合わなくなる。

続きを読む "少しだけ正常になった大本営発表(戦争プロパガンダの中止)" »

急病人発生でさくらの博多到着9分遅れるし、きっぷ売り場も混んでてみずほに乗り遅れるか思ったけど何とか間に合った…。九州入った気せん(笑)

2016年8月10日 (水)

青州市の道路の両側は深い森だ

飯山一郎
 
2016/08/10(水)  
太陽凝視・沈思黙考
深い森林公園の前の歩道で太陽凝視
3千年以上の歴史を誇る青州市は,その全域が夢のように美しい.

昼間は樹々の緑,夜はLEDで装飾された建物群の輪郭の輝き.うっとりするほど美しい.

その美しさは,動態的な美しさ.こんなふ~だ.
公園内や道路上にペットボトルやビールのアルミ缶やタバコの吸い殻などのゴミを平然と投げ捨てる人が少なからずゐる.

中国人は公衆道徳がない!困ったもんだ!と思った矢先…,どこからともなく老齢の掃除人夫が何人も現れて,そのゴミをサッと拾って去ってゆく.

また,公園や歩道の植え込みには一本の雑草も生えてない.雑草抜き専門の老人が無数にゐるのだ.

ペットボトルやビールのアルミ缶は結構高く売れるので,リサイクルは理想的な状況だ,と.雑草の堆肥化も進んでいるんだ,と.

タバコの吸殻やペットボトルを歩道にポイッと捨てちゃう自由,こ~ゆ~自由が無数にある中国という国家社会,大したタマげた!の毎日だ.


放知技』の常連・堺のおっさんが秀逸な天皇論を書いた.

それは,今回の「天皇のお気持ち」を,日本国独特の「国体・政体の2元構造」を切り口にして読み解いた論説だ, (論説1) (論説2)

上の二つの論説をスマホで読めるようにして,近くの公園に行った.

ところが公園前の貸し自転車広場のベンチの周りが素敵な環境なので,ワシは「太陽凝視」をはじめたのでR.

「こんなに暑い最中に日光浴をする.なんてバカな老人だ!」 という無言の視線も感じながら,ワシは20分ほど太陽凝視をした.

体温が42℃以上に上がり,汗が滝のように流れ出てくるが…,鍛えたワシの身体は苦痛を全く感じず,むしろ快感!

これは「快楽ホルモン」であるベータ・エンドルフィンが大量生成された証拠だ.

おっと,喉の渇きがひどい! ワシは近くの自販機でコーラを買って一気に飲み干し,そのアルミ缶は歩道上を平然と投げ捨てた.

その猛暑のなか,汗が目に入ってくるので,堺のおっさんの論説は読めなかったが…,ホテルに帰還してからは5回ほど読んだ.読みぬいて考えぬいた.深い文章でR.

熟読すべき文章です.読んで猪~大寝!>皆の衆

飯山 一郎(70)

平成の玉音放送

人生は冥土までの暇潰し
 
 


昨 日の午後3時、NHKをはじめとする民放各局で、今上陛下のビデオメッセージを放送、エアコンもない自宅の茶の間のテレビの前で、正座して静かに耳を傾け る自分がいた。その後は仕事(翻訳)の締め切りが気になっていたこともさることながら、今年最も酷暑の一日になりそうだという天気予報が頭にあったことも あり、本日の昼過ぎまでの涼しいうちに仕事に没頭、一段落した本日の夕方になって、本稿の執筆に着手した次第である。

本日の秩父他方は38℃になるとの予報だったが、佐々木(良昭)さんのブログ記事「上には上があるクウエイト極暑ニュース」にあったように、今年の中近東で観測された55℃と比べれば、当地(秩父山地)の38℃なんて可愛いものである。だが、35℃を超えたのは今日だけなのに、ここ一週間で6000人以上もの人たちが、熱中症で搬送されたというのは異常だ。これは、明らかに「ホ」の字によるものだと分かる。

さて、2011年3月16日のビデオメッセージでは、陛下の大御心を肌で感じたが、今回のビデオメッセージの場合、昭和20年8月15日の先帝(昭和天皇)の玉音放送と重ね合わせつつ、今上陛下の玉音放送に耳を傾ける自分がいた。

広 島と長崎にそれぞれ原爆を落とされ、それが8月15日の先帝の玉音放送という聖断となったのだが、その聖断がもたらした奇蹟(詳細は『昭和天皇の悲劇』の 第二部「奇蹟の陰にひそむ昭和天皇の悲劇」を参照のこと)と同等、あるいはそれ以上の奇蹟が、昨日の今上陛下のビデオメッセージ、すなわち平成の玉音放送 によって、引き起こされるであろうという確信を持つに至った。
14022402
16080901

16080902



だ が、終戦当時の日本と比べるに、今の日本は当時と大きく異なっている。それは、先帝が御聖断を下された時点で、確かに国土は焦土と化したものの、日本を背 負う日本人は確実に生き残っていた。一方、今上陛下の御聖断が下された昨日の段階で、すでに福島原発事故から5年以上が経過、その間に日本列島の住民全員 が、致命的とも云える内部被曝を被ってしまっている。これが何を意味するかといえば、免疫力向上の対策を講じてきた一部の者を除き、老若男女問わず全員が 時をほぼ同じくして、間もなく死に絶えるという冷酷な予測である。尤も、亀さんは「向こう5~10年のうちに、多くの同胞が死に絶える」と拙稿「若者への遺言」に書いたが、それすら見通しが甘いと指摘してきた読者がいる。これは匿名による投稿のため、本来は公開してはならない情報だが、一人でも多くの同胞に日本の現状に気づいてもらうため、敢えて以下に一部を公開すること、投稿者にはご了解願いたい。投稿してくれたのは海外滞在者で、拙稿「若者への遺言」の拍手欄にコメントをしてきた、仕事で福岡に出張した一読者である。

失礼を承知で申し上げるならば、「あと5~10年の猶予」はさらに短くなっていると、 7月の福岡で痛感しました。高湿度。カビ臭さ。咳をしている人のあまりの多さ。室内の熱中症で亡くなる方の報道の多さ。。。もう皆さん忘れてしまったのね と悲しくなりました。わたくし自身も戻って来て喉の痛みから3日間発熱して寝込みました。あらびき茶&乳酸菌&豆乳ヨーグルトで防御した つもりが、ここまで体調を崩すのは初めてでした。


同様に、飯山一郎さんも以下のようにズバリ書いておられる。

16080903
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/156/

以上、日本の現実を踏まえていただいた上で、改めて旧稿「天皇霊性の時代」で紹介した竹本忠雄氏の言葉を再掲させていただく。

西 洋では、二〇世紀末から二一世紀初めにかけてこの文明の交代劇が起こるであろうと、久しい以前からさまざまに予告されてきていました。神を絶対者として崇 めた往古の「父の時代」から、男性性の原理を中心としたイエスこと「息子の時代」へ、そして女性性が重んじられる「霊性の時代」へと移行が行われるであろ うというのです。そして実際に、西洋は大変化を遂げました。
『天皇霊性の時代』p.12


この竹本氏の言葉は、掲示板「放知技」の常連の一人である、堺のおっさんの以下の投稿と深く結びつく。

覇権の移行も、振り子が行き来するようにこの東洋的極と西洋的極を
800年周期で歴史上起こっているのが事実。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15749312/996/


先を急ぐので詳しい解説は省略させていただくとして、もう一本の拙稿「この国の将来は美智子妃にかかっている」に書いた、以下の拙記述も紹介させていただく。

そうした安倍政権の危険な動きに対して、今上陛下は数々のメッセージの行間に〝反戦への思い〟を籠められてきた。そうした陛下の孤独な闘いの最大の理解者、そして最大の支援者こそが皇后陛下に他ならず、それが本稿の主題「この国の将来は美智子妃にかかっている」となった。


この愚生の記述は、堺のおっさんが書いた以下の結びの言葉と結びつくのである。

国体とは、その核が今上陛下である。国体の総体は言うまでもなく国民だ。
それは、政体のゆがみを正すとてつもないパワーを持つ。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/159/


ここで忘れてはならないのは、堺のおっさんが云うところの、「核であられる今上陛下」を陰乍らに支えおられるのが、皇后美智子様という事実である。その意味で、拙稿「この国の将来は美智子妃にかかっている」を再読、若しくは同稿で紹介した、『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』([文]矢部宏治[写真]須田慎太郎 小学館)を、日本の物流が完全に止まる前に、入手して一読されることを強くお勧めする。

安倍政権の危険な動きに対して、今上陛下は数々のメッセージの行間に〝反戦への思い〟を籠められてきた。そうした陛下の孤独な闘いの最大の理解者、そして最大の支援者こそが皇后陛下に他ならず、それが本稿の主題「この国の将来は美智子妃にかかっている」となった。
この国の将来は美智子妃にかかっている

15121401.jpg

2016年8月 9日 (火)

【礼儀】天皇陛下と安倍総理のコメント発表時の態度が違いすぎると話題に!陛下は深々と一礼、総理は言うだけ言って去っていく・・

世界の裏側ニュース
 
【礼儀】天皇陛下と安倍総理のコメント発表時の態度が違いすぎると話題に!陛下は深々と一礼、総理は言うだけ言って去っていく・・
公開日:2016/08/09       
http://健康法.jp/archives/20363
       
S_ice_screenshot_20160808194352
S_ice_screenshot_20160808194451
 
 












続きを読む "【礼儀】天皇陛下と安倍総理のコメント発表時の態度が違いすぎると話題に!陛下は深々と一礼、総理は言うだけ言って去っていく・・ " »

 病名は「熱中症」,病因は放射能障害.

飯山一郎
 
2016/08/09(火)  
 
救急搬送は氷山の一角
総務省消防庁は9日、1~7日の1週間に全国の6588人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表した。前週より2463人増え、1週間の搬送数としては今年に入って最多。
大変な真夏日が続いていることは確かだが…,「熱中症」による救急搬送がこんなにも多い!というのは,異常も異常,尋常ではない.

もっと異常なのは…,放射能ダダ漏れの露天原子炉が,何と6基も!日本列島の中央部で再臨界中ってのも,狂的に異常だ.

もっともっともっと異常なのは…,そ~ゆ~狂的な異常事態のなか,何事もなかったかのような日々を平然と過ごし,再稼働反対!の,脱原発!のとシュプレヒコールを叫ぶ人たちだ.

大問題は…,放射能ダダ漏れの露天原子炉であり,ソコから出たホットパーティクル(核物質の微粒子)を5年以上も吸い続けてきた結果の(例えば)熱中症だろうが!

まあ,いくら言っても無駄なんだが….
飯山 一郎(70)

その後も関東甲信越は断続的に東電福島原発の風下になる予報。添付は 11日木曜日。

米デルタ航空がシステム障害

「天皇のお言葉」に隠れて密かに行われていた71年ぶり2度目の無条件降伏

逝きし世の面影
「天皇のお言葉」に隠れて密かに行われていた71年ぶり2度目の無条件降伏
2016年08月09日
 
8fbe3f80bff76db412698eaa70c0c886
 
『甲状腺検査見直し議論へ 県民健康調査検討委、対象者縮小も視野』 福島民友新聞 8月8日(月)8時22分配信

原発事故の健康影響を調べる調査の在り方を議論している県民健康調査検討委員会は早ければ9月にも、甲状腺検査の対象者縮小や検査方法の見直しを視野に入れた議論に着手する。
事故当時18歳以下の全県民が対象の甲状腺検査は大きな転換期を迎える。検討委の星北斗座長が7日までに、福島民友新聞社の取材に明らかにした。
甲状腺検査の対象者は約38万人。検査で見つかったがんについて、検討委は「現時点で放射線の影響とは考えにくい」としている。
検査見直しを視野に入れた議論が始まる背景には、精度の高い検査を行うことで、放射線と関係なく以前から一定割合ある「潜在がん」が見つかるケースへの懸念がある。
治ることが多い甲状腺がんは一律のがん検診による「死亡率の低下」というメリットが生じにくく、検診は世界的に推奨されていない。このため、「検査を受けること自体が受診者の不利益になり得る」との声が医療関係者から上がっていた。
こうした意見を受け検討委は、〈1〉18歳を超えた県民を今後も検査対象にするべきか〈2〉受けない選択を難しくしているとの指摘がある学校での集団検診の方法を改めるべきか―などの論点について議論を始めるとみられる。
.
【関連記事】
小泉進次郎氏「福島の農業の力、魅力大きい」 福島県の農業視察
「帰還困難区域」見直さず 5年後めどに拠点解除、与党素案
双葉も町有地提供「賛成する意見大半」 学校の汚染土壌搬入
「また大臣代わった」 第3次再改造内閣、避難者にいら立ちや不安
福島大・環境放射能研究所とIAEAが協定書締結、研究協力へ
8月8日(月)福島民友新聞

『NHKが8日15時と予告していた「天皇のお言葉」に、わざわざ駅頭で「号外」を配る新聞社』

『NHKを筆頭にして、テレビ局や新聞社などの挙国一致の「空騒ぎ」の怪現象』、
内容的に予測されていたものが予定通りに発表されただけなのに、余りにも不気味である。
生死にかかわる大病を二度も経験した82歳の高齢者が『体力や気力の衰え』を自覚して『今後は今までの職務を続けることは困難だ』と感じて近い将来の引退 (後継者への役職の引き継ぎ)を考えたとしても何の不思議もないどころか、最初から最後まで普通の一般常識の範囲内である。それ以上でも、それ以下でもな い。
病弱な82歳の高齢な人物に対して最低限の敬意や思いやり持たず、規則(皇室典範)を盾にして断固引退を阻む方が余程異常。常軌を逸している。
すわ『憲法改正か』と気色ばむ与野党とか、大騒ぎするNHKなど今のマスコミの報道姿勢が可笑しいのである。
翌日の8月9日の毎日新聞朝刊では『国民に大変な課題』と題して流行作家の高村薫が『場合によっては憲法の見直しまで考える必要が出てくる。』と大騒ぎす れば、ジャーナリストの看板を掲げる田原総一郎は『お気持ちの表明は、終戦時の玉音放送に匹敵する重さがある。』とまで言い切っているのですから怖ろし い。
この連中は、いったい何を考えているのだろうか。
今の憲法に皇室典範にも『生前譲位は出来ない』とは何処にも書いていない。しかも長い日本の天皇制の歴史では半数は『生前譲位』が行われていたのであるから、これは単なる解釈の範囲にとどまる事例である。
どこにも禁止する条項が無い以上、『生前退位できる』と解釈することは十分可能なのです。

2016年8月 8日 (月)

このところ頻繁に大型車両が乗用車に突っ込んで大破し、人が死傷している。 企業がお盆休み前に運んでしまおうとして、大型車が増えているのだろうか・・・ 帰省で巻き込まれる可能性もある。こればかりは避けようがない。

日本語とは,かくも奥深いものなのか!

飯山一郎
 
2016/08/08(月)2  
日本文化とは
日本語であり
天皇である !!
天皇は日本文化の体現者で日本語の達人
お気持ち
  • 高齢なので,体力にも 健康にも 思考にも 自信がない.
  • と,天皇は先ずはグチりまくる.お可哀想に!…となる.
  • このまま私が逝っちゃったら,国は大混乱におちいる!
  • と,天皇は,次は国民と経済界をオドすような物言い.
  • 天皇さまの言うとおりで,「大喪の儀」は犠牲が大きい.
  • だっから私の退位を認める法律を早くつくりなさい!
  • あとは皇太子がヤルから大丈夫!
以上が,きょう天皇が語られた「お気持ち」の要約である.

ようするに天皇は,「退位」という言葉を一切使わずに,天皇の退位手続きを開始せよ!と国民と政府に向けて宣言したのである.

これは放ってはおけない!

日本国は,「天皇の退位」について早急に検討に入らねばならない.議論をはじめねばならない.いや,すでに(かしましいほどの)議論が始まっている.

憲法改正や憲法改悪の議論は,当然に後回しである.

かくして天皇は,「憲法改悪」を確実に止めた!

あっ晴れである.見事である.
やはり,天皇は「日本語と日本文化」の最高位にある!


ワシは,きょうの「お気持ち」の実況中継を青州市の名門会社の会議室で拝聴した.

山東省の汚水処理事業の実力者と,真剣な議論をしている最中,ひとりの課長が日本からの実況中継をスマホで見せてくれたのだ.

多くの中国人が,きょうの天皇の「お気持ち」発表には,かなりの関心を示していた.
これにはほんと,ビックリした.

しかし…,
「日本の天皇は戦争を止めた! 好利害(すごい)!」
という「解説」を山東省の実力者が語ったとき,ワシは納得した.

中国人の多くが,日本国の好戦性を懸念していたのだ.

日本の天皇と天皇制が,好き嫌いや善悪を超えて,国際政治にも大きな影響を与えている現実を,ワシは中国にいて,まざまざと知った!

中国には,少なくともワシの交際範囲には,天皇を嫌う中国人は一人もいない!

嗚呼,きょうは嬉しい一日だった.
飯山 一郎(70)
 

「象徴としてのお務めについて」の天皇陛下のお言葉全文は以下の通り。

 
「象徴としてのお務めについて」の天皇陛下のお言葉全文は以下の通り。
 
 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。
 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。
 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。
 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。
 そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。
 私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。
 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。
 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。
 始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 国民の理解を得られることを、切に願っています。
 
時事通信 8月8日(月)15時10分配信
 

霊性の時代へ

人生は冥土までの暇潰し
本日(平成28年8月8日)の午後3時、今上陛下がお気持ちを表明されたビデオメッセージが、NHKをはじめとする民放各局で一斉に放送される。2011年3月16日に続くこと、二本目のビデオメッセージである。一本目については、拙稿「命運尽きた瑞穂の国、だが…」で触れており、亀さんは以下のように書いた。

誤解を恐れずに言えば、陛下のおことばは〝宮内庁以外〟から届いた情報を基に、いずれ日本が〝死〟を迎えることを理解された上でのものだったのだ。


拙ブログの読者であれば、「いずれ日本が〝死〟を迎える」とは、何を意味しているかについての解説は不要と思うが、初めて拙ブログを訪れた読者は、上記の拙稿拙稿「命運尽きた瑞穂の国、だが…」を、一度じっくりと目を通していただきたい。

さて、数時間後に迫った〝二回目の玉音放送〟の前に、改めて読み返した旧稿が一本ある。「天皇霊性の時代」 だ。執筆したのは2010年1月2日、東日本大震災から遡ること一年前、鳩山由紀夫が首相(2009年9月16日~2010年6月8日)であった時で、再 び日本が主権を取り戻し、明るい未来が一瞬見えた時でもあった。だが、すぐに米国ネオコンと日本の高級官僚の巻き返しにより、敢えなく鳩山内閣は潰され、 再び暗黒時代に逆戻りしてしまったことは記憶に新しい。このあたりの詳しい経緯は、矢部宏治著『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を是 非参照していただきたい。

だが、如何にネオコンや高級官僚が躍起になっても、人間を超えた時代の大きな潮流に逆らうことはできない。そして潮流の正体こそが霊性であると亀さんは確信している。ここで云う霊性については、旧稿「天皇霊性の時代」か、直に竹本忠雄著『天皇霊性の時代』(海竜社)を当たっていただきたい。

ここで再び拙稿「命運尽きた瑞穂の国、だが…」に戻るが、以下の行を改めて思い起こしていただきたい。

詳しくは、『StarPeople』誌の「飯山一郎の“新日本建国神話”」シリーズ、「◆第3話◆『新日本国建国』の方法と知恵」を参照されたい。ここに、一縷の望みが残っている。


今年の春先から飯山一郎さんを中心に、中国での事業が急ピッチで進んでいることは、飯山さんのHPや掲示板【放知技】を追っていけば分かると思うが、ここで一度立ち止まり、建国という言葉の持つ重みに思いを致すべきだ。そのためにも、掲示板「放知技」の以下の投稿に目を通して戴きたい。

16080801
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15817120/61/

青年よ、荒野を目指せ!16080802

2016年8月 7日 (日)

すでに寿命が尽きている「8日目のセミ」

逝きし世の面影
 
90aa6f5e37f46c2c2e6b61065188ab02
6日付朝刊の広島県内向けラテ欄。「縦読み」すると、地元テレビ局の強い決意が読み取れる(朝日新聞)  写真拡大

『「今を戦前にさせない」 原爆の日、中国放送がカープ戦中継のラテ欄に忍ばせた決意』 2016年8月6日withnews   

広島での原爆投下から71年となる6日。同県内で配られた朝刊のテレビ番組表(ラテ欄)には、地元の中国放送(RCC)がナイター中継する、プロ野球・広 島カープの対巨人戦の放送内容が載っています。広島にとって特別なこの日、「縦読み」に仕込まれた隠しメッセージは「今を戦前にさせない」。首位独走のお 祭り気分と一線を画したこの言葉には、被爆地の声を伝え続ける地元メディアの矜持が込められていました。

8月6日は趣向が変わる「縦読み」
 地元チームのスポーツ中継を担うテレビ局がファンを時折ほっこりさせる、ダジャレや自虐ジョークをちりばめたラテ欄の縦読みメッセージ。
 ですが、8月6日にRCCがカープ戦を中継する時には、ガラッと趣向が変わります。
 「原爆の日」にちなみ、「カープ応援できる平和に感謝」(2014年)、「86を次世代に伝える」(15年)といったように、戦争と平和への思いが込められます。

例年にも増して強い決意
 そして、カープがセ・リーグ首位を独走する今年。25年ぶりの優勝に期待が高まるさなかの縦読みは意外にも、例年にも増して強い決意をうかがわせる言葉でした。
 よく読むと、そもそも放送内容の文章自体が、平和を希求する熱い思いに満ちています。
     ◇
今思い出す野球に希望
を託しカープの一球が
戦後復興を支えた日々
前途洋洋カープ快進撃
に沸く広島で平和の尊
さ伝えたい!語り尽く
せぬ思いを胸に核兵器
なき未来まで響かせた
い平和の大歓声!

「私たちの信念が試されている」
 この文章を作ったのは、同社スポーツ部のテレビ中継プロデューサー、松本清孝さん(40)。
 シンプルながら力強いこの言葉に松本さんが込めた思いとは? (以下省略)
2016年8月6日ウィズニュース

 
4ffe916bc9b695ed198ad92b75d194ca
『前代未聞、空前絶後の大珍事。引き継ぎ挨拶で泣く馳前文科相』

『8日目のセミ』

2016年8月4日 日テレNEWS24
3日の内閣改造を受けて、文部科学省では新旧大臣の引き継ぎが行われ、退任する馳浩前文科相が俳句を披露し涙を見せた。
馳前文科相「『八日目のセミとなるとも文科省』。八日目のセミであったとしても、これからも皆さんと共に頑張っていきたいと思います」
職員へのあいさつで馳前文科相は、多くのセミが7日で死ぬ中、まれに生き残るセミ“八日目のセミ”に自らを例えて、大臣の職は退いた後も文部科学行政に携わる決意を伝え、涙で別れを惜しんだ。

『八日目の蝉』は何度もドラマ化されている直木賞作家の角田光代の長編サスペンス小説で、赤ん坊を誘拐した女とその誘拐犯に育てられた女性。2人が背負っ てしまった癒されることが無い深い心の傷を描いているのですが・・・馳大臣が自分になぞらえたのは誘拐された少女側なのか?。裏切った男の子供を誘拐して 育てた犯人側なのか?。それとも(8日目の蝉のように)『もう、死んでいる』との意味か。?
小説『八日目の蝉』では多くのセミが7日で死ぬ中、まれに生き残るセミ(八日目のセミ)は誰も感じたことが無い至上の恍惚感を味わえるという。たしかに小 説の『八日目の蝉』は涙を誘う内容だが、馳大臣が泣いた八日目のセミは意味が逆なのです。決して男が人前で泣く場面ではない。

3397addb2e67e976b44b51829bc46ec6
『24万自衛隊トップの中谷元防衛大臣までが泣き出した改造安倍内閣』(なぜか『号泣』と報じた産経新聞)

8月4日の内閣改造での大臣引継ぎの記者会見で泣き出した『8日目のセミ』の馳浩前文科相に続き 自衛隊上がりの中谷元防衛相も同じように感極まって号泣したと、右翼国粋主義の安倍晋三やネットウヨの機関紙的な産経新聞が報じている。
たしかにビデオで確認しても中谷大臣が泣いているのは間違いない。
しかし、今回は産経新聞だけが『号泣した』と形容しているのですから摩訶不思議なことになっている。
中谷大臣は馳大臣と『まったく同じ』であり、世界に日本の恥をさらしたあの兵庫県の号泣県議とは大きく違っているのですから、産経新聞の『号泣』との表記は露骨な悪意(世論誘導とか印象操作)が感じられる不正なもの。
中谷大臣は離任時の記者会見では『1年8カ月の大臣の勤務だったが、この間いろんなことが課題となり、私なりには精いっぱいやってきた』と述べているが、決して大の男が泣くような場面ではない。(小中学生程度でも普通なら泣かない良識がある)
安倍内閣の前代未聞、空前絶後の馬鹿馬鹿しい話ですが、実は日本では過去にも、2011年3月には、あの管直人首相が泣き出したと報道されている。(ただ し、この話は売国右翼の青山繁晴なので信憑性は疑わしい)7月にも海江田経済産業大臣が国会答弁で何故か泣き出している。(これは国会中継中の出来事なの で多くの国民が目撃している)
5年前の民主党政権でも、今回の自民党安倍内閣でも同じで、人前で泣き出した無茶苦茶の原因ですが、いずれも原因はレベル7の核事故であるフクシマ(未曾有の放射能汚染)が考えられるのです。
セコイ升添を全員でねちねち叩いていた、少し前の表面的には平和だった日本が懐かしい。
8月4日に安倍内閣の閣僚が相次いで号泣するなど、有り得ない話ですよ。普通は引責辞任で詰め腹を切らされた(無理やり辞任させられた)場合でも泣かないのですが、今回は定例の内閣改造なのですから、もっと不思議なのです。
ところがである。この8月4日に次々と号泣する有力閣僚と8日15時に予定されている『天皇のお言葉』とを合わせて考えれば泣いた原因とは日本国の無条件 降伏であるとの推測が成り立つが、もしも『二回目の敗戦』であったとすれば話は逆で、これなら馳浩や中谷元でなくとも誰でも泣きます。

00417052d357ce702c2cddb5c8d566a6

『どうしても「ポチと御主人様」に見えてしまう日本の二階俊博(自民党幹事長)と中国の習近平国家主席のツーショット』

8月4日の内閣改造に先立って安倍さんが自民党№2の幹事長に選んだのが極右国粋主義の安倍晋三総裁とは一致しない親中派の筆頭ともいうべき二階俊博だっ た。(二階は改憲論でも正反対。8月3日の記者会見で憲法改正について『野党のみなさんとできるだけ時間をかけて話し合っていく』と慎重姿勢を強調した)
象徴的な場面は3000人の民間人を引き連れた2015年5月の訪中時に、二階俊博は会談した習近平国家主席の右手を自分の両手で抱え、高々と持ち上げてみせたが、その習主席からは『正義と良識ある日本人』と最高の賛辞で褒め称えられている。
二階俊博は軍国オバサンの小池百合子の場合とまったく同じで『変わり身の速さ』を信条とした政治家で、常にその時々の『最高権力』に一番近い位置を歩き続けて現在に至っている。
前回の無条件降伏で日本に君臨したのはアメリカのマッカーサー(GHQ)だった。ところが2回目の日本の無条件降伏はもっと悲惨で、占領軍(ご主人様)として君臨するのは中国の習さんの可能性まであるのですから怖ろしい。
漠然とした不安というか悲壮感がひしひしと感じられるが、71年ぶり2度目の玉音放送が目の前に迫っているのかも知れません。
あの天皇生前退位報道の、今上天皇の『お言葉』の新聞の見出しが、『8日15時』と、日本のマスコミが疑似玉音放送であることを匂わせているのですから不吉すぎる。
実は71年前の本物の玉音放送でも事前に『8月15日に重大な放送がある』と予告していて、国民全員の注目するように仕組んでいたのですから、マスコミの姿勢が今回とあまりにも似ている。(今の日本ですが間違いなく『8日目のセミ』である)
 

臨界しているのだから死の灰です。

飯山一郎は,トボケ顔だが…

飯山一郎
 
2016/08/07(日)2  
 
他人の空似
中国では「温家宝に似ている」と言われる…
世界の読み方  温家宝
この世の中には自分に似ている人が3人いると言われるが…
この漫画の爺さんも似ている猫~
漫画
上の漫画は「ケンポウ」氏が教えてくれた (記事)


中国を歩きまわっていると…,
「あれ? ワシに似ている!」 と思う爺さんを時折見かける.
ワシの母親に瓜ふたつのオバちゃんもゐたっけ.

昔の初恋のヒトにソックリの女性が同じバスに乗っていたこともあった.あの時,ワシは,胸が淡く弾んで,一瞬だが「青春」が戻った.

田中角栄や福田赳夫のソックリさんもゐた.

一番多いのは,美空ひばりのソックリさんだ.
「ミソラ…」 と,ワシは一瞬NHKの生方アナになりかかるwww

なんでこんなにも中国には日本人のソックリさんが多いのか?
その理由を申し上げる!

え~と,ソレはこ~ゆ~ことだ.
中国の街は人だらけ,人・人・人であふれかえっている.

だっから当然,日本人の有名人に似た人も多いワケ.
飯山 一郎(70)

中国の新幹線のビジネスクラス(商務席)

飯山一郎
 
2016/08/07(日)  
「格」の違い,「レベル」の違い
ビジネスクラス(商務席)でこの豪華さ
ビジネスクラス
中国人は基本的には騎馬民族なので,クルマを駿馬のように駆使する.しかし,クルマ社会になった中国は,車道の渋滞が大問題.

そのため,3人の青州人が大渋滞に引っかかり,済州島行きの飛行機に乗れなかった!という「事件」が起きた.

いっぽう,中国の新幹線網は見事に充実していて,今や日本の新幹線のレベルを凌駕した.

「よって今後,中国全土で展開される肥料・汚泥処理・乳酸菌の事業推進の際の出張には新幹線を使うべし!」 と,ワシは下命した.

  • 人間の社会には,何ごと,どんな分野にも,「格」があり,「レベルの違い」がある.
  • 角界には「番付表」があり,棋界には「順位制」があり,経済界・金融市場にも厳格な「格付け」がなされている.
  • しかし一般人は,「人間は誰もが同じようなレベルにある」と考えている.
  • 教養豊かな知識人も,国家間の「格」の違いや「レベル」の違いを考えずに,たとえば,日本と中国が同じレベルの国家であるかのような論じ方をしている.
  • これは大きな間違いである.
  • 角(相撲)界で,もしも幕下が横綱・大関に向かって対等な口をきいたら張り倒される.
  • 棋界で,将棋の名人に対して,たとえば4段クラスが勝負を挑んでも,必ず負ける.必敗.
  • 「格」の違い,「レベル」の違い,「実力」の違いを理解できず,認識できない者が昨今は多すぎる.
    こまったもんだ罠~(爆)
 

国際政治を語るにあたって…,
国家間の「格」の違いや,「レベル」の違いを考えずに,たとえば日本と中国が同じレベルの国家であるかのような論じ方をしてはイカン!間違う! と喝破する識者がいない.
そのため,僭越ながらも,ワシが指摘した.
飯山 一郎(70)

よくわかった、5年間だったね

2016年8月 6日 (土)

根性と覚悟が試される時!

飯山一郎
2016/08/06(土)  
下はワシが昨日『放知技』に書いた文章
#61:飯山一郎 『中国で顰蹙を買う日本人』

おかしなデマを流している者がいる. ↓↓ こんなデマだ.

・ 「飯山さんは,中国に『新日本国』をつくる気がなくなった…」
・ 「中国のマンションはカネ持ちだけに売る…」

日本人が中国に来たのはE~が…,
中国人の心のこもった親切に甘えっぱなしだったり,
水商売風の肌もあらわなド派手ファッションだったり,
日本人男女が公道上をベタベタと抱き合って歩いて顰蹙をかったり…と,道義をわきまえない日本人がいたので,ワシは叱咤激励した.

他国の領土内に『新日本国』を建国する!
これは並大抵のことではない!

いまは,一人一人の日本人の根性と覚悟が試される重要な時期だ.

とにかく!
必死の覚悟を決め,日本人としての自覚と誇りを持ちましょう!

飯山一郎が中国に『新日本国』をつくる気がなくなった…などということは無い!

ただし…,道義や一般常識をわきまえない者は,去ってもらう! ということです.(記事)

ワシは『新日本国』を建国するために,日本人を受け入れる態勢を強化していくが…,「中国という他国に住まわせて頂く!」 という自覚と覚悟が固まってない日本人が多い.困ったものである.

それはそ~と…,
他国に移住する場合,なんといっても長期滞在ビザの取得が絶対必要条件になります.

だっからワシは,いま,中国の東営市のボスと会社をつくることにしました.

その会社は,日本人に堂々と招聘状を出せる会社です.

中国の会社が出した招聘状があれば,長期ビザの取得は容易だからです.

これってけっこう難しいのですが…,一所懸命に研究しています.

あと,言っときますが…,
日本人を受け入れてくれる中国人は,日本人を受け入れることによって,公安警察や近隣住民に不審の目で見られることを覚悟の上で,受け入れてくれているのです.

このことは絶対に忘れないように!
飯山 一郎(70)

続きを読む "根性と覚悟が試される時!" »

明日7日以降、関東は断続的に東電福島原発の風下に、台風は月曜日に最接近しそうです。

2016年8月 5日 (金)

 これ以上の肥料・飼料の原料は無い!

飯山一郎
2016/08/05(金)  
サンダースの約束
済州島の海岸に押し寄せた海藻(アオサ)の乾燥
C2
乳酸菌の大量培養法を済州島で語りまくる
C1
済州島の海鮮料理はアワビとサザエが抜群
C4
  • 10年前から,済州島の沿岸海域が富栄養化し,アオサ・青海苔の大発生が始まった.
  • この富栄養化の原因は,済州島の主力産業・養豚の糞尿水の地下浸透である.
  • 済州島の地層は岩盤が縦になっていて,島の中央部に溜められた豚の糞尿水が地下に浸透しやすく,海底に滲み出てくるのも早い.
  • 以上が,済州島の沿岸海域が富栄養化の原因なのだが,ソレを誰も言わなかった.
  • 沿海の富栄養化を浄化しているのは海藻だった!のだが…,
  • その大量の海藻の処理が,誰も出来なかった.
  • ところが乳酸菌を使えば,海藻の処理と活用がイトも簡単に出来てしまう!
  • しかも発酵させた海藻は,「これ以上の肥料・飼料の原料は無い!」 と断言できるほどの絶好の素材なのだ.
  • 「済州島産の乳酸発酵アオサで中国の農業を変えよう!」 というワシの呼び掛けに,日・中・韓の有志がノッてきた!

日本人は知恵を出す.韓国人は海藻を出す.中国人はカネを出す.

この『サンダースの約束』は,大きなビジネスになる!

しかし,呑気で大雑把でノロマな中国人たちの行動が遅いので…,
彼らを説教するために,ワシは明日,中国に戻る.

ワシの本音・本心は,志布志に帰りたいのだが…
ここは,ぐあんばるっきゃない!
飯山 一郎(70)
 

近藤誠「定期健診については、それを受けている人と受けないでいる人の病気になる確率を調べた調査があるんですよ。それによると、定期健診をまめに受けている人の寿命は全く延びていないどころか短くなっている。」

2016年8月 4日 (木)

「中国人は…」 「朝鮮人は…」

飯山一郎
2016/08/04(木) 
ククって考えると,何も見えない
軽そうに見えるが大変な読書人
雒さん
ワシの親友のひとり,雒(ルア)さんこの中国人の呑気さは天下一品.
  • 桜井誠氏は,「朝鮮人,朝鮮人」と,一つの民族を大きくククって非難するが,これだと偏った憎悪心が湧くだけだ.
  • が,しかし民族性というものが無いわけではなく,中国人は概して大雑把で呑気で「てげてげ」だ.
  • 昼食時から酒を飲み,長々と世間話をし,その後は昼寝.こんな中国人男性がワシの親友には多いので,困る.
  • みんな酒飲みで,呑気すぎて,シエスタ(昼寝の時間)が長い.だっから仕事の話が全然進まない.ワシの中国滞在が長いのは,彼らの「民族性」が原因だwww

きょう,中国から済州島に来る予定の3人の中国人は,ワシの大切な親友だが…,そろって呑気,大雑把,てげてげ.

みんな有能なのだが…,しかし,その大雑把さが原因で,昨夜は飛行機に乗り遅れ,済州島に来られなくなった.

こっちは大型のワンボックスカーをレンタルし…,ホテルも,会議室も,食事会の会場も最高級の場所を確保して待っていたのに,パー!

なんてこった.
これで,済州島を拠点にした日・中・韓のコラボは,延期.

きょうの済州島は,陰鬱な雨….気が滅入る.
飯山 一郎(70)

型肝炎、1400人に1人感染 東京の献血で

認知症対策の新戦略

住友大阪セメントが栃木工場停止 放射性物質含む汚泥で:日本経済新聞

2016年8月 3日 (水)

乳酸菌採取の方法を韓国人に伝授

飯山一郎
2016/08/03(水)  
菌は買うな! 土着菌を使え!
『黄漆の木』の葉には良質の乳酸菌がいる
H1
みんなで摘んだ『黄漆』の葉
H2
『黄漆』の葉を糖蜜と塩で漬け込む
H3
  • 日本や米国から高額の乳酸菌を買っていた韓国人たち.
  • ヨモギの葉や,玄米や,米とぎ汁からでも採取できる乳酸菌なのに,素人騙しの悪徳業者が売る高額な乳酸菌を,韓国人もダマされて買っていた現実.
  • 「菌は買うな! 土着菌の採取方法を教える!」 と,『黄漆の木』という薬樹の葉に棲む乳酸菌類を採取する方法を韓国人たちに教えることにした.
  • その作業は,今朝,7時前から開始した.
  • あらゆる植物の若葉や新芽には,新鮮で強力な乳酸菌が大量に付着して棲息している.
  • その「植物性乳酸菌」は,あらゆる植物の若葉や新芽を糖蜜漬けにすることで簡単に採取できる.
  • 「済州島の海岸に打ち寄せるアオサの発酵処理には大量の乳酸菌が必要になる.その乳酸菌のタネ菌は,こ~して採取するんだ!」 と,ワシは手とり足とり懇切丁寧に教えた.

昔.韓国人の金英美サンや,日本人の有田通文クンにも丁寧に教えたが,この2名は現在はサギ師になってしまった.

今回の弟子たちは,みな裕福であり,性格もE~ので,カネに転ぶことはないだろう.

弟子と言えば…,今夜遅く,山東省・青州市のワシの弟子たち3名が済州島に飛来する.

明日は,ソウルからキノコ栽培の専門家(日本人)が済州島に来る.

済州島は,日・中・韓の要所にあるので,今後は益々にぎやかになるだろう.

日本人は90日,中国人は30日,パスポートがあれば長期滞在できる済州島は,格好の拠点・ベースキャンプになる.

あとは安い宿舎を見つければ,絶好! となる.
飯山 一郎(70)

深夜ポケモン184人補導 公園など徘徊、無断外泊 静岡|静岡新聞アットエス

住民は帰ってないのに…*福島県への観光客、9割まで回復 震災前と比べ、15年 | 2016/8/2 - 共同通信 47NEWS

2016年8月 2日 (火)

済州島は きょうも 晴れだった

飯山一郎
2016/08/02(火)  
済州島,チョワェヨ! E~ぞ!
済州島でもグルンバが乳酸菌液を大量生産
グルンバ
アオサ(ミネラルたっぷりの海藻)が見事に発酵・乾燥
アオサ
  • ワシは昨日,済州島の西帰浦に来た.なつかしい!
  • 西帰浦では,乳酸菌による海藻の発酵と乾燥作業が順調に進んでいた.
  • 志布志から3名の仲間が駆けつけてくれ,ワシの講義や仕事をサポートしてくれる.
  • 今回のワシの目的は,コンパクトな「乳酸菌培養装置」や「汚泥消滅装置」を韓国でも作って売り始める作戦の指導をすることだ.
  • アオサは,発酵乾燥して,肥料化・飼料化して中国で販売する作戦だが,大成功しそうである.
  • 有機物が足りない中国の農地を,済州島の海岸に大量に打ち寄せるアオサやワカメを使って,豊かな農地に変える!
  • 中国の痩せた農地を豊かな有機発酵土壌に変える仕事は,日・中・韓の民間合作で行う!
  • 日本は知恵を出し,韓国は肥料原料を出し,中国はカネを出す.アメリカは締め出す.ガハハ.
飯山 一郎(70)

何故、気象庁が誤配信したのか。上では一斉に監視をしたはず。人達の動き。車の流れ。電車も一時停止。監視が終わり「誤配信でした」

(資料、2)誰よりも「強さ」に焦がれたヒヨコ,Chickenhawk(チキンホーク)

逝きし世の面影
5ae326f6861834a81e8e430c38e1923f
『摩訶不思議な相模原の大量殺人のマスコミ報道の怪』

事件事故で不慮の死を遂げた被害者の実名や経歴がマスメディアによって秘匿される例は極希な出来事である。(強姦事件の被害者は匿名だが、沖縄県で起きた 米軍属による強姦殺人の場合のように実名だけではなく顔写真とか経歴が詳しく紹介されている)基本的に個人のブライバシーの保護云々が言われるのは被害者 が生きている場合に限定され、死んだ途端に『個人の権利』は消滅するのです。
殺された挙句に首を切断され校門の門柱に晒された神戸少年少女連続殺人の知的障害のある被害者は実名や顔写真が明らかにされたが、対照的に未成年だった中学生の犯人は少年Aとして一切個人を特定する情報は伏せられている。
同じように光市母子殺害犯は最高裁で死刑が確定したにも関わらず未だにマスコミ報道では『18歳の元少年』と匿名にされたままである。
これ等のマスコミ報道の鉄則に逸脱する例が、ブッシュ大統領が始めた対テロ戦争のアルカイダの一派が引き起こしたアルジェリアのガスプラントでの被害者の扱いで、少しの例外を除いて原則的に被害者側の情報が伏せられた。
NATOやアルカイダ系のイスラム過激派武装勢力に殺されたカダフィのリビア国境に近いサハラ砂漠のど真ん中で起きた2013年のテロ事件では日本人10名が死亡している。ところが何故かマスコミは顔写真どころか実名も経歴も明らかにしなかった。
同じように、今回日本国内で19名も死亡したにも関わらず、アルジェリアで起きたアルカイダ系のテロ事件と同じで基本的に被害者個人を特定出来るような情報は一切伏せられているのですから、なんとも不思議である。

『対テロ戦争の一環だったから???』

続きを読む "(資料、2)誰よりも「強さ」に焦がれたヒヨコ,Chickenhawk(チキンホーク)" »

2016年8月 1日 (月)

中国・天津市は,きょうも雨だった

飯山一郎
2016/08/01(月)3  
 
多雨で潤う中国大陸
あ~ああ~長崎は今日も雨だった』 をパロって,
あ~ああ~東京都民は今回もアホだった』 というザレ唄をネットに書いた賢者がいる.

中国大陸も,最近は雨が多い.洪水になるほどの雨量だ.

鹿児島では,一昨年あたりからバケツをブチまけたよ~な突然の豪雨が多発したが…,中国でも,「何?この豪雨は!」という日がある.

ワシは,いま,済州島に飛ぶために,東営市から天津空港に向かって約300kmの高速道路を疾走している.

途中,ものすごい豪雨が何回も降った.
豪雨のお陰で中国大陸はシットリと潤い,農作物や樹々は大喜び!

高速道路から見渡す限り,四方に地平線が見える!という広大きわまる中国大陸は,昨年あたりからの多雨によって,間違いなく潤っている.

この大雨・多雨の原因は,フクイチの臨界デブリが噴き上げる大量の水蒸気が原因である!

問題は,「トリチウム水蒸気」の危険性なのだが,中国政府は「三重水素のエネルギーの低さから,トリチウムは最も毒性の少ない放射性核種」と考えているのか? 今のところは平然としている.

フクイチから噴出する忌まわしい大量の水蒸気が,中国大陸を潤している! という豚でもなくパラドキシカルな仮説が成り立つとすれば,「天」は余りにも不公平だ.

それにしても中国大陸は,全土的な緑化・森林化の成功によって,美しい樹々の緑色に溢れている.

「飯山教授」を天津空港まで送り届ける巨大なクルマは,BMWの最高級車である.

そのクルマの車窓から見える樹々の緑を眺めながら,ワシは,「中国勝利!そのシンボル・カラーは緑色だ」 と,口惜しさをこらえながら思った.

さぁ,間もなく天津空港に着く.
着いたら,湯をもらってあらびき茶を飲もう!
飯山 一郎(70)

続きを読む "中国・天津市は,きょうも雨だった " »

8月1日AM5時過ぎ4号機 8月1日AM5時過ぎ1号機

 中国の 猛暑を歩いて 自己鍛錬

飯山一郎
 
2016/08/01(月) 
 
炎天下 懸命に歩く 夜涼し
この時間はクルマが走らなくなる
  • 連日,猛暑が続く山東省・東営市の田舎を歩いている.
  • 炎天下を歩いて…,猛暑に身体を馴らす作戦だ.
  • 「年寄りの冷や水」ではない.
  • 「年寄りの冷や水」とは,老人が強がって冷たい水を浴びたり飲んだりして,年齢にふさわしくない危険なまねをすることを言う.
  • 自分の年齢も考えずに無茶をすることは健康に良くないのだが,ワシの場合は「炎天下のウオーキング」を7~8年も続けているので,無謀ではない.
  • それにしても,炎天下を歩いているのはワシ一人である.
  • 中国人たちは み~んな昼寝の時間(午憩,午睡)である.
    道路も閑散となって,クルマも人間も見られない.
  • 昼下がりの炎天下.ワシ独りだけが頑張っている.

ニッポンは,フクイチも,ト~キョ~も,ドンドン悪くなっている.
飯山一郎の老体は,脚力も,心臓も,ドンドン良くなっている.
これでE~のだ. あとは野となれ,山となれ!だ.ガハハ.

国の中央部で,6基もの原発がメルトダウン!
そのまま5年以上何もせず,地下のデブリは今だに臨界中!
1億の国民は核物質の超微粒子を吸いまくり!
こんな国家社会の崩壊・消滅は既定の路線だ.

「自分さえ健康であれば,それでE~!」
こ~ゆ~我利我利の考え方で生き抜いていこう!

日本という国家社会.正義づらした政治家や知識人,
こんなモノには一切全く期待しない!

ひたすら自力で生き抜いてゆく! これしかない.
飯山 一郎(70)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ