« 走る催しで熱中症か 7人搬送  千葉 ・特産のスイカを食べながら3キロから10キロの距離を走る「富里スイカロードレース大会」という催し | トップページ | 25~30度で熱中症。(熱中症様の症状 というのだから、被曝じゃないのか)と思う »

2016年6月27日 (月)

電通の正体

人生は冥土までの暇潰し
拙稿「フクイチと不正選挙」で、都知事選と不正選挙について取り上げたところ、タイミング良く(?)、以下の記事がリテラに掲載された。
五輪から選挙まで…電通の安倍政治への黒い関与を現役社員が暴露!「電通は乙武を都知事にする計画だった」

2013 年9月7日、ブエノスアイレスで開催されたIOC総会において、安倍首相が福島原発は、「アンダーコントロール」と大嘘をついているが、そのように安倍に 言わせたのは、実は電通であったことを同記事が明らかにしている。(ちなみに、亀さんも安倍がスピーチを行った翌朝、「東京に決定…」と題する記事を書いた)

ここで、都知事選やオリンピックの舞台裏にいる電通、その電通で脳裏に浮かぶのが、〝グローバリゼーション〟というキーワードである。そのグローバリゼーションの走狗として、代表的な企業の一つが英語を社内公用語化した楽天であり、以下の記事に注目されたい。
社内英語化の楽天 TOEIC点数足りずに減給される社員は5%

こ のTOEICいう英語テストの創立期、亀さんは同社に入社している(入社後しばらくして、同協会の営業部が独立、国際コミュニケーションズを設立してお り、その時に亀さんも国際コミュニケーションズに転籍)。ちなみに、国際コミュニケーションズに移るまでの様子は、旧稿「翻訳の仕事がしたい…」にも書いているので、関心のある読者は一読いただければと思う。

16062604
故北岡靖男

と ころで、TOEICを生みの親である北岡靖男氏は、元電通マンであった。だから、亀さんはTOEICの仕事をしていた時に電通本社に立ち寄り、北岡の元同 僚だったという電通社員にも会い、色々と語り合っている。まぁ、当時の亀さんは三十路に突入したばかりで、電通は大手広告代理店くらいにしか思っていな かったし、グローバリゼーション、すなわち当時流行の国際化という言葉の正体を、まったく見抜けていなかった時期だったので、平気で電通に出入りした次第 だ。だが、今にして思えばTOEICとは、日本をグローバリゼーションの大波に巻き込むための、道具の一つだったことが分かる。

なお、最近発売された『月刊日本』七月号でも、特集に電通を取り上げており、一読の価値はある。

16062603

16062601

また、大分前に読んだ本だが、電通について詳しく書かれた良書があるので、この機会に推薦させていただこう。

16062602
『電通の正体』

« 走る催しで熱中症か 7人搬送  千葉 ・特産のスイカを食べながら3キロから10キロの距離を走る「富里スイカロードレース大会」という催し | トップページ | 25~30度で熱中症。(熱中症様の症状 というのだから、被曝じゃないのか)と思う »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63835768

この記事へのトラックバック一覧です: 電通の正体:

« 走る催しで熱中症か 7人搬送  千葉 ・特産のスイカを食べながら3キロから10キロの距離を走る「富里スイカロードレース大会」という催し | トップページ | 25~30度で熱中症。(熱中症様の症状 というのだから、被曝じゃないのか)と思う »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ