« 再び、読書に耽ることのできる喜び | トップページ | 真実の放射能情報を、未だに狂気と捉える人がいる事に驚く。チェルノブイリのデータと現実に目の前で起きている事を見て、感じ取れば放射能被害は明らかだが、それを狂気と言うなら、その狂気こそが、現実だ。夢の中にいたければ、それもいい。 »

2016年5月21日 (土)

思いっきり魚が食える国

飯山一郎

2016/05/21(土)  

思いっきり魚が食える国

中国人社会に溶け込む
 琴を奏で電動車で買い物に行く 中国の懐は深い

琴 買い物

  • 琴は山田流の弾き手のワシも,日本琴とは勝手が違い…
  • 電動車は免許不要なので,気楽に買い物に行ける。
  • 『何でもヤってみる!』(by 小田実)の精神で,ワシは中国社会に溶け込んだ。
  • 外国に行き,外国人社会に溶け込む秘訣は,言語よりも,元気と気合と明るさと人なつっこさである。
  • 今の中国は経済・政治・軍事・文化が日の出の勢いなので,60年代のアメリカ人のように中国人も底抜けに明るい。
  • ビジネスチャンスを逃さない!という必死さもあるので…
    ワシ的にはヤリやすい。
東営市と青州市の会社の幹部に汚泥処理の秘技を伝授
「焼き魚を思いっきり食べたい!」と言ったら…
巨大な『草魚』が出てきた。
「この2~3年,ワシは魚を食べてない!」 と言ったら…,
「ど~して?」 と尋ねるルオさん。
すかさずヤンさんが,
「ウラン(汚染)だよ!」 と,ルオさんに教えた。
ワシは,
「そ~! 日本はウランによるウラン(汚染)がひどい…」
と駄洒落を言った。この駄洒落はヤンさんには通じた。

中国でも知っている人は知っている…。

そうして,皆で,焼き・煮魚が美味い店に行った。
『草魚』だが,焼き方,味付けは抜群だった。
嗚呼。こんなにも焼き魚が美味いとは!

ワシは哀しみをこらえながら,焼き魚の美味を堪能した。
飯山 一郎(70)

« 再び、読書に耽ることのできる喜び | トップページ | 真実の放射能情報を、未だに狂気と捉える人がいる事に驚く。チェルノブイリのデータと現実に目の前で起きている事を見て、感じ取れば放射能被害は明らかだが、それを狂気と言うなら、その狂気こそが、現実だ。夢の中にいたければ、それもいい。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63666837

この記事へのトラックバック一覧です: 思いっきり魚が食える国:

« 再び、読書に耽ることのできる喜び | トップページ | 真実の放射能情報を、未だに狂気と捉える人がいる事に驚く。チェルノブイリのデータと現実に目の前で起きている事を見て、感じ取れば放射能被害は明らかだが、それを狂気と言うなら、その狂気こそが、現実だ。夢の中にいたければ、それもいい。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ