« 若者の未来を貪り食らう国・ヌッポン | トップページ | <関根勤>心臓疾患で緊急手術「命にかかわる病態」番組企画で発覚 https://t.co/OXwxy6vyD4 番組で検査をした際に、心臓に疾患が見つかり、「命にかかわる病態に陥る可能性が非常に高い。いつ倒れてもおかしくない状況」と診断 62歳 »

2016年5月23日 (月)

中国を読み解く鍵は「騎馬民族」 (1)

飯山一郎

2016/05/22(日)  

中国を読み解く鍵は「騎馬民族」 (1)

現代の騎馬民族は「ハイランダー」
  • 中国という国家社会は,日本人の感覚や価値基準では絶対に見えてこない。
  • 日本人の中国認識は,「群盲象」か,「盲滅法」だ。
  • ワシ自身,35年も前から中国に通い続けているのに,中国は今だに謎だらけの巨大帝国だ。
  • しかも,中国という日本とは全く別の世界(別世界,異次元世界)は,日進月歩,凄まじい勢いでダイナミックに変化している…
  • 中国。この大帝国の謎とダイナミズムを解き明かし,理解する鍵はあるのか?
  • ある!それを沢山の鍵束としてではなく,メインキーとして提示すべく考えていきたい。
中国の支配階級は騎馬民族だ2千万円のトヨタ車が人気

騎馬 highlander1
highlander2

『鹿も四足,馬も四足,ハイランダーも四足』である。

源 義経は騎馬民族の末裔ともいえる騎馬武者だったが,現代中国では本物の騎馬民族の末裔たちが車を馬代わりに駆使して,中国全域を自らの市場にして資本・財富・組織を拡大・増大させている。

で,その馬がわりの車だが…,ワシの仲間の事業成功者たちは『トヨタ・ハイランダーの特注車』に乗っている者が多い。

購入価格は2000万円超! 日本や米国から直輸入した特注車だ。

驚くのは,彼らの車(トヨタ・ハイランダーの特注車)の乗り方だ。

それは,まさしく騎馬民族の馬の乗り方,あるいは源義経が人馬一体となって「一が谷のヒヨドリ越えの逆落し」を強行したような豪快無尽な乗り方なのだ。

高速道路も,湿地帯も,車道のない山地も…,彼らは,『トヨタ・ハイランダーの特注車』と「人車一体」となって,義経以上の豪快さで駆けまくる。

「こいつらは,まさしく正真正銘の騎馬民族だ!」
と,ワシは助手席に座って感慨にふける…。

「現在の中国を支配しているのは,彼ら騎馬民族だ!」 とも。

習近平。
彼こそは,顔も,身のこなし方も,話し方も…,騎馬民族の統領だ。
飯山 一郎(70)

« 若者の未来を貪り食らう国・ヌッポン | トップページ | <関根勤>心臓疾患で緊急手術「命にかかわる病態」番組企画で発覚 https://t.co/OXwxy6vyD4 番組で検査をした際に、心臓に疾患が見つかり、「命にかかわる病態に陥る可能性が非常に高い。いつ倒れてもおかしくない状況」と診断 62歳 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63672037

この記事へのトラックバック一覧です: 中国を読み解く鍵は「騎馬民族」 (1):

« 若者の未来を貪り食らう国・ヌッポン | トップページ | <関根勤>心臓疾患で緊急手術「命にかかわる病態」番組企画で発覚 https://t.co/OXwxy6vyD4 番組で検査をした際に、心臓に疾患が見つかり、「命にかかわる病態に陥る可能性が非常に高い。いつ倒れてもおかしくない状況」と診断 62歳 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ