« 東電福島原発からの風は西日本に。被災地 九州は明日夜に大陸側からの風で反転する予報です。 | トップページ | 地震の後遺症を回復させるパワーなし! »

2016年4月20日 (水)

私は,「親露」でも「媚中」でもない。淡々と「世界の現実」を書いているだけだ。 その「中国が優勢に見えるの現実」を書くと,ワケワカメが,「親露だ」の,「媚中だ」のと騒ぐ…。うざいだけだ。

文殊菩薩

私は,「親露」でも「媚中」でもない。淡々と「世界の現実」を書いているだけだ。  その「中国が優勢に見えるの現実」を書くと,ワケワカメが,「親露だ」の,「媚中だ」のと騒ぐ…。うざいだけだ。

中国の軍用機が南沙の人工島に初着陸  
17日,中国海軍の軍用機(Y-8)が,急病人を運ぶため,南沙諸島の人工島に着陸した。軍用機による同島への着陸は今回が初めて。

Nanshaid1Nanshaid2

今回の「軍用機着陸!」という “既成事実化” の意味は大きい。
この後,戦闘機が着陸すれば,南沙海域(半径5百km~9百km)が中国の制空領域に入るからだ。

そうすると,太平洋の西半分の巨大な領域を,中国が制空・制海することになる。

以上が,中国が(ロシアと協同して)世界の覇権国家になる!ということの意味であり,既成事実・現実だ。

この既成事実・現実を,好き嫌いや善悪感情で論じるのは無意味だ。ストレスが増すだけだ。

我々庶民に出来ることは…,
放射能・地震による人工災害・殺害医療・露中覇権の強大化…,こういった現実のなかで如何に生き残り,生き延びていくか?
その知恵と技術を磨いていくほかは無いのだ。

私は,「親露」でも「媚中」でもない。淡々と「世界の現実」を書いているだけだ。

その「中国が優勢に見えるの現実」を書くと,ワケワカメが,「親露だ」の,「媚中だ」のと騒ぐ…。うざいだけだ。
(飯山一郎)

『中国军机首次降落争议人工岛永暑礁』 (『明鏡新聞』の記事)
17日,中国海軍の軍用機(Y-8)がファイアリー・クロス礁に着陸した。軍用機による同島への着陸は今回初めて。
目的は,重病人3名を救急車ごと軍用機に乗せて海南島の病院へ搬送するため,と。


Nanshaid1_2


Nanshaid2_2

« 東電福島原発からの風は西日本に。被災地 九州は明日夜に大陸側からの風で反転する予報です。 | トップページ | 地震の後遺症を回復させるパワーなし! »

文殊菩薩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東電福島原発からの風は西日本に。被災地 九州は明日夜に大陸側からの風で反転する予報です。 | トップページ | 地震の後遺症を回復させるパワーなし! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ