« その意気です | トップページ | 西欧中世は結核など感染症の蔓延で終った »

2016年4月12日 (火)

松坂慶子を女優にした「事件」

人生は冥土までの暇潰し

松坂慶子を女優にした「事件」

[2016/04/12 05:50]

以下は、TVドラマ「スミカスミレ」(最終回)で、松坂慶子演じる如月澄が、45歳下の町田啓太演じる真白勇征から、心の籠もったプロポーズを受けるシーンである。

真白 すみれ、如月澄さん。

澄 はい…

16033159


真白 おれも、あなたのことを愛しています。

心から…、この世の中で一番!

僕と結婚してください。


16033160


16033161


16033162



70歳の女性が初めてプロポーズされた時に示すであろう、表情と仕草、これしかないだろうという完膚無きまでの演技で、松坂慶子が見事に演じ切っているのを見て、思わず唸った。

こ こで、松坂慶子と言えば山田監督を思い出す。彼女は同監督の「男はつらいよ」に2本(「浪花の恋の寅次郎」および「寅次郎の縁談」)の他、「キネマの天 地」に出演している。この山田監督は筋金入りの反戦派監督であり、その山田監督の映画に出演している俳優の中に反戦派が多い。例えば、「男はつらいよ」の 「柴又慕情」、「寅次郎恋やつれ」の他、「母べえ」、「母と暮せば」などに主演した吉永小百合、「男はつらいよ」の「寅次郎頑張れ!」、「学校III」に 主演した大竹しのぶなどだ。その他にも、山田監督同様に筋金入りの反戦派の俳優がいた。あの故三國連太郎である。三国は同監督の「息子」に主演している が、血は争えぬもので、その三国の息子・佐藤浩市も、己れの意見を持つ俳優のようだ。以下の記事を参照されたい。
佐藤浩市がテレビの萎縮・右傾化に危機感表明!「このままだとナショナリズムに訴えるドラマしか残らなくなる」

ここで、松坂慶子と大竹しのぶと言えば、原作が亀さんの敬愛する大岡昇平の『事件』を原作とした、映画「事件」を取り上げないわけにはいかない。
名匠新藤兼人逝く 松坂慶子を女優にした「事件」

16033166


今後も松坂慶子の活躍を期待しよう。

16033164 16033165


« その意気です | トップページ | 西欧中世は結核など感染症の蔓延で終った »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63475184

この記事へのトラックバック一覧です: 松坂慶子を女優にした「事件」:

« その意気です | トップページ | 西欧中世は結核など感染症の蔓延で終った »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ