« 日本メディアは政府とベッドイン 高市の電波停止とキャスター追放 | トップページ | ググってみたら体調不良に関するキーワードの出現頻度が急増中。全国でぶらぶら病症状が蔓延しているのでは。原因はもっと複合的でしょうが、考えたり行動したりすることが億劫になってきているかもしれませんね。 »

2016年2月29日 (月)

米国の狂人政治家たちの執念は…

i飯山先生

2016/02/29(月) 

米国の狂人政治家たちの執念は…

とにかく日本をツブせ!
80年前の日米戦争の原因が,
「何が何でも日本をツブせ!」というルーズベルト大統領の執念と謀略にあったことが明かされた。
稲村公望

本書は,文字どおり“アメリカ合衆国の良心”であるフーバー大統領の大著の概略報告である。
フーバー大統領はきわめて実証的に次の史実を語った。
  1. 日米戦争は,ルーズベルト大統領が仕掛けたもので,日本の侵略が原因ではない。
  2. 1941年(昭和16年),ルーズベルトには日本側の誠実な和平への努力を受け入れる意図は,初めから全く無かった。
  3. 原爆を投下せずとも米国は日本を降伏させることは出来た。(そういう認識が当時の米国にはあった。)

80年前の日米戦争が,巧妙に誘導され,ハメられてしまった戦争であったことは,何十年か前から多くの日本人がウスウス知りはじめていた…。

ヒロシマ・ナガサキへの原爆投下だって…(ヒロヒト天皇は「仕方なかった」などとアッケラカンと語ったが…),しかしアレは避けられた惨事だった。

ウソではない!

本当の史実=歴史の真実を,フーバー大統領が,きわめて実証的に語っている。

ニッポンは,きわめて意図的にツブされたのだ!

そして,いま,またもやニッポンは,きわめて意図的にツブされようとしている。

先ずは…,
何をさておいても,本書を読んで欲しい。

話は…,それからだ。
飯山 一郎

« 日本メディアは政府とベッドイン 高市の電波停止とキャスター追放 | トップページ | ググってみたら体調不良に関するキーワードの出現頻度が急増中。全国でぶらぶら病症状が蔓延しているのでは。原因はもっと複合的でしょうが、考えたり行動したりすることが億劫になってきているかもしれませんね。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63283815

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の狂人政治家たちの執念は…:

« 日本メディアは政府とベッドイン 高市の電波停止とキャスター追放 | トップページ | ググってみたら体調不良に関するキーワードの出現頻度が急増中。全国でぶらぶら病症状が蔓延しているのでは。原因はもっと複合的でしょうが、考えたり行動したりすることが億劫になってきているかもしれませんね。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ