« 京葉線の列車内で脱糞騒ぎ!?一部運休も現在は復旧中:該当車両は立入り禁止になった模様 | 林檎舎 | トップページ | 第22回県民健康調査検討委員会。甲状腺検査、本格調査の最新の結果は、51名が悪性ないし悪性疑い。前回は39名なので12名の増加。先行調査114名と合わせて165名が悪性ないし悪性疑い(うち1名が良性結節) »

2016年2月15日 (月)

自国の大逆境が見えない日本人

飯山一郎

2016/02/15(月)  

自国の大逆境が見えない日本人

中国株は成長株
 
日本株は下げがキツく,完全に下降トレンドに入った。しかも底が見えない。 中国株は,昨年は「大暴落」だったが,下降トレンドにはならなかった。むしろ次の高騰の準備という可能性が高い。
自分の国が大逆境なのにソレが見えず,他国の欠点ばかりをあげつらう日本の識者は,「脚下照顧」という言葉の意味を知らないのか?
深圳週足 拡大
「暴落!暴落!」と日本のマスコミが大騒ぎした国株。
上のチャートで見ても,スッ高値からの暴落(A)は確かに「暴落」だった。
しかし,中国株の「暴落」は,大暴騰の反動暴落で,右肩上がりの上昇トレンドは全く崩れてない。
いっぽう,日本株は,今後,どこまで下落するか? 底値が全く見えない。
中国株は,さらに上げる! いまは,次の上昇のための準備調整だ。そう見える。

中国経済の減速と昨年の中国株の暴落は、既定の路線だった。

それは習近平が国家方針を転換して、経済成長一本槍から、内政や外交,とくに腐敗浄化に力を入れると宣言し,確実に実行していたからだ。

その結果,中国経済は(予定どおりに)減速し,昨年は中国株がスッ高値から当然のように「暴落」した。

それだけの話なのである。
とはいえ中国株も,まだ買い場では無い。
飯山 一郎

« 京葉線の列車内で脱糞騒ぎ!?一部運休も現在は復旧中:該当車両は立入り禁止になった模様 | 林檎舎 | トップページ | 第22回県民健康調査検討委員会。甲状腺検査、本格調査の最新の結果は、51名が悪性ないし悪性疑い。前回は39名なので12名の増加。先行調査114名と合わせて165名が悪性ないし悪性疑い(うち1名が良性結節) »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63214144

この記事へのトラックバック一覧です: 自国の大逆境が見えない日本人:

« 京葉線の列車内で脱糞騒ぎ!?一部運休も現在は復旧中:該当車両は立入り禁止になった模様 | 林檎舎 | トップページ | 第22回県民健康調査検討委員会。甲状腺検査、本格調査の最新の結果は、51名が悪性ないし悪性疑い。前回は39名なので12名の増加。先行調査114名と合わせて165名が悪性ないし悪性疑い(うち1名が良性結節) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ