« 首都圏の列車、全部、遅延か見合わせ | トップページ | 首都圏の機能がマヒしても… »

2016年1月12日 (火)

正月早々、PC故障…

人生は冥土までの暇潰し

正月早々、PC故障…

16011201


http://tokyo.njs-pc.net/

1 月6日の10時頃、パソコンを使ってDVDを焼いていたところ、突然パソコンの動きがおかしくなったので再起動をかけた。直ぐに元通りに立ち上がっている だろうと思い、そのまま別の部屋に行って一休みしていた。ところが、再びPCの前に座ると「再起動できませんでした」という旨のメッセージが…。慌てて再 起動を幾度か繰り返してみたが、何度やってもウィンドウズが立ち上がらない…。こうした場合、同PCを4年前に購入してから一度もやっていなかった、ウィ ンドウズOSの再インストールを実施するのが通常はベストだ。リカバリーディスクでウィンドウズを再インストールする作業は、昔使用していた数台のPCで 幾度もやっていたので自信はあったのだが、今回は仕事で使うTrados(トラドス)というソフトの絡みで、リカバリーディスクでの再インストールはした くなかった。なぜなら、この翻訳ソフトの場合、再インストールする前にオンラインでライセンスを返却(無効)しておかないと、ウィンドウズOSを再インス トールしてPCを復帰させた後、Tradosをインストールしたとしても同ソフトのライセンスが無効になる、つまり、二度とTradosが使えなくなって しまい、再び9万円の高い金を払って同ソフトを購入しなければならなくなるのだ…。

そこで、懇意にしている街のパソコンショップに持ち込 み、店のオヤジさんに相談したのだが、やはりOSを再インストールするしかないという…。がっかりしてリカバリー作業をするのが面倒になり、オヤジさんに 有償で再インストールを依頼することにした。ところがナント4日もかかるのだという。亀さんなら1時間もかからずに再インストール出来るんだが、オヤジさ んには普段世話になっているので、今回は敢えてお願いすることにした。

幸い、正月にバックアップを済ませていたので、Cドライブはバック アップせずに遠慮なく再インストールしてくれとオヤジさんに依頼。また、6日の朝までに仕事(翻訳)を終えてメールで送信済みだったので締め切りの心配も 無かったのが不幸中の幸いだった。加えて、〝絶職〟中だったので急ぎの仕事もない。〝絶職〟前の昨年の晩秋あたりまでだったら、真っ青になっていたに違い ない…。

ところでTradosだが、結果的に再び9万円近くを支払って同ソフトを再購入する必要はなかった。過去に収集していた Trados関連のファイルが役に立ったのだ。拙ブログには同業者も多いと思うので、参考までに以下に件のファイルを転載しておこう。要は、PCの故障な どが原因でTradosのライセンス返却をせずに、やむを得ずOSを再インストールしてしまった場合でも、事後にTradosの「マイアカウント」にログ インしてライセンスを返却し、改めて今まで使っていたTradosソフトをインストールすれば、問題なく再び使用出来るようになるのだ。

と もあれ、この間は読書に集中、10冊近くの本を読み、9本ほどのブログ記事を手書きで書いたので、順次アップしていこう。また、電話などで連絡をいただい た飯山一郎さん、天童竺丸さん、その他の道友に心から御礼を申し述べたい。また、拙ブログにコメントしてくれた読者、私信をくれた友人・知人の皆様、急ぎ の仕事が幾つかPC入院中に入っていたので、コメントや私信への返信まで数日待ってもらえたら幸いだ。

TRADOSライセンス No.03503
permuter さん 12/12/10 14:07 [ コメントを投稿する ]
  こんにちは、

先 日、Windows 8にアップグレードして数日後、ノートブックのインターネット接続ができなくなり、前後してデスクトップもインターネット接続ができなくなりました。原因 はルーターの故障だったのですが、モデムを疑ったり、Windowsを復旧したりしたためか、TRADOSのライセンスが認証されなくなってしまいまし た。

システムのアップグレード時にTRADOSのライセンスを返却しないと、新規インストールしたTRADOSはライセンスが無い状態と なり、License Managerの[Active License]ボタンをクリックすると表示される[Installed Licenses]ボックスは空白となり、ライセンスを返却できなくなってしまいます。

またTRADOSは原則として無償サポートが受けられませんが、インストールやライセンスに関するトラブルについては無償サービスが受けられることに気が付きましたので、ここにご報告いたします。

[Trados home page]-[Contact US]-[Solution Finder]-[OLD Licensing Problems]-[I have a problem with deactivating my software]-[I have SDL Trados Studio 20XX]-[I get error message XXXXX]-[I have read the article and I tried the resolution, but I need further assistance.]を選択すると、右側のペインに[Please fill in the web form below.]というタイトルとその下に[New Request]フォームが表示されるのでトラブル内容等のを入力後、[Submit]ボタンを押すと、僕の場合は翌々日にTRADOS担当者から返信 メールがきて、問題が解決するまで対応してくれました。

その結果判明したことは、TRADOSのライセンス返却は、License Managerによらなくても、[Trados home page]-[My Account]-[My License]をクリックすると、現在の所有ライセンスのON/OFF状態が一覧表示され、いつでも返却できるということです。特に、システムのアップ グレード時にライセンスを返却しなくても、後日別のPCからでも返却可能であるということです。

返却さえできればActivationは、必要なPC上で、必要な製品を起動するときに、ライセンスコードを入力することで行えます。

なお、古いcoregaのルーターは無線LANのノートブックを起動するたびにルーターの電源も再投入する必要がありましたが、買い換えたIODATA製品は\3,000以下なのに、デスクトップと無線ノートブックの両方を随時接続/切断できます。

更に、僕のモデムの頂部には[Standby]ボタンというものが付いているのに、それを知らないで上記トラブルの最中に押していて、プロバイダーにまで問い合わせる羽目になってしまい、解決に時間がかかりました。

上記をお笑いになる方も多いとは思いますが、僕にとっては新しい経験でしたのでご報告いたしました。

Permuter

« 首都圏の列車、全部、遅延か見合わせ | トップページ | 首都圏の機能がマヒしても… »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/63052621

この記事へのトラックバック一覧です: 正月早々、PC故障…:

« 首都圏の列車、全部、遅延か見合わせ | トップページ | 首都圏の機能がマヒしても… »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ