« 福一事故の被爆で肉体破壊恐怖は一生付き纏う。 | トップページ | 都内の勤務先が救急病院の近くですが、毎日複数回救急車のサイレン音を聞きます。 »

2015年12月28日 (月)

シリアを徹底的に破壊し尽くしたのは誰だ?

飯山一郎

2015/12/28(月) 

シリアを徹底的に破壊し尽くしたのは誰だ?

1228TOP 徹底破壊
都市を徹底的に破壊するための空爆』 ←クリックして見て欲しい。

なぜ、美しかったシリアの街々をISISらは破壊してきたのか?

副島隆彦が書いた。
カダフィを惨殺して(2011年10月20日)、政権を崩壊させ、リビアの国家資金をすべて、ヒラリーたちが奪い取って、これを資金にして、おそらく200億ドル(2.4兆円)ぐらいを作って、それで、今のIS「イスラム国」の凶暴な傭兵部隊(ナーシナリー)の軍事組織を作ったのだろう。 (記事)
リビアと同じことを、ISISと米国戦争屋はシリアでやろうとした。
「二匹目のドジョウ」を狙ったのである。

ところが!である。
ISISと米国戦争屋の野望は粉砕された!

粉砕したのはプーチンのロシア航空宇宙軍である。
航空宇宙軍
SPUTNIK
ロシア軍はシリア作戦開始以来、戦闘員らの石油タンクローリー2000台を撃滅した
『スプートニク』 2015年12月25日 http://sptnkne.ws/aubY
ロシアはマルクスの「下部構造・上部構造」理論を知り抜いている。
ISISの下部構造が「盗掘原油経済」であることも見抜いていた。

シリアやイラクの盗掘原油を、トルコのエルドアン一家が売りさばく。これがシリアを破壊してきたISISの資金源=下部構造であった。

この下部構造(カネとモノの流れ)を、ロシアは徹底的に空爆し、撃滅したのである。

カネの切れ目がテロの切れ目 になったISIS。
ISISは、牛~シリアを去るしかなくなった。だから去り始めた…と。

毎日新聞が伝えている
首都ダマスカス南郊のヤルムーク地区を拠点化する過激派組織「イスラム国」(IS)と、同地区を包囲するアサド政権が、IS戦闘員の家族や負傷者を地区外に退去させることで合意した。 (記事)
ISISは間違いなく、シリアから去り始めている。
これは、アサド、プーチン、ロシア航空隊の大成功を物語っている。
飯山 一郎

« 福一事故の被爆で肉体破壊恐怖は一生付き纏う。 | トップページ | 都内の勤務先が救急病院の近くですが、毎日複数回救急車のサイレン音を聞きます。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/62956670

この記事へのトラックバック一覧です: シリアを徹底的に破壊し尽くしたのは誰だ?:

« 福一事故の被爆で肉体破壊恐怖は一生付き纏う。 | トップページ | 都内の勤務先が救急病院の近くですが、毎日複数回救急車のサイレン音を聞きます。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ