« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

【欲しい】2016プーチンカレンダーのアイドル性が高すぎると話題に!ネットでも「欲しい、欲しい」の大連呼!

健康になるためのブログ

【欲しい】2016プーチンカレンダーのアイドル性が高すぎると話題に!ネットでも「欲しい、欲しい」の大連呼!

kkkds

kkigid

http://www.bbc.com/japanese/video-35198001
好きな人のカレンダーを部屋に飾れば、毎日一緒にいられる……ので、たとえばお好み次第ではロシアのプーチン大統領のグラビアカレンダーはどうだろう。

プーチン氏と毎日一緒 2016年グラビアカレンダーはいかが

以下ネットの反応。











さすがに可愛いですね。

日本では「悪魔」と言われ評価が低めのプーチンですが、世界で影響力のある人物3年連続トップです。果たして「悪魔」が3年連続でトップになれるのでしょうか?もしくはヒトラーみたいな感じなのでしょうか?

今ごろ明かされた福島原発の惨状。今後も何か起こるだろう。福島原発か、他の原発で。起きなけりゃほぼ奇跡。

『異変』がグラフにクッキリ!

飯山一郎

2015/12/31(木)  

 

真冬に除湿機
冬は「乾燥注意報」が出る。加湿器を回す。これが常識だった日本の冬。それなのにアレ以来、東京も九州も湿度100%が続き、モ~モ~の霧。これは悪魔の霧だ。ワシは洞穴生活だ。
東京の湿度
拡大
人吉の湿度
拡大
上は『放知技』の「きっと」氏がエクセルで描いたグラフだ。
「結構あからさまにわかりますね」と、きっと氏は書いたが、
ほんと、あからさまだ。 (記事)
アレ以来、日本の気象が変わってしまったことが良く分かる。

 

6基もの原子炉がメルトダウンし、大量の放射能がダダ漏れ! なのに国家・政府は何もせずに放置。

これが4年10ヶ月も続いてきたんだから、国家どころか民族自体が絶滅するのは、じつは、自明の理!

こんな「自明の理」は、世界の識者の大半が知っているし、諸所のサイトで議論もしている。

ところが、決定的な解決策がない! これが実情だ。

その大きな原因は三つあって…、
ひとつは、日本政府の存在。コレがフクイチはアンダーコントロールだ! と居座っていること。日本は(一応の)主権国家なので、何か言うと「主権侵害・内政干渉」になってしまう。だから誰も下手に口を出せない。

二つ目は、原発資本と軍産資本。この巨大・強力な悪魔の勢力が結託して、日本の原発事故の責任追求と口出しを抑止・抑制していること。

三つ目は、フクイチを鎮圧する実現可能な方法と技術が、まったく無い! ということ。

ようするに日本の現状とフクイチは、ど~しようもないのだ。

ところが!である。

ところが! 2016年には、上の三つの解決不能の難問が解決される! これはウソ蛇ない! 本当に本当のコトなのだ。

だっけど、来年のコトを言うと、鬼に笑われるので…、
来年のことは来年になってから言う!!

良いお年を!>皆の衆
(もう1回ぐらい書くけどなwww)
飯山 一郎

漢方で髪の毛は腎華or血余といい、髪の毛が弱くなったり、白髪になったり、薄くなったりするのは「腎」 からのSOSと考えます。 急激な老化も同様です。 恐ろしいことなんですけれど…。

亡国の響き、除夜の鐘

人生は冥土までの暇潰し

亡国の響き、除夜の鐘

15123101.jpg
今 日は大晦日、今年も残り数時間となった。現在は日本の上空を偏西風が東に向かって流れているため、福島原発の放射性物質が偏西風に乗って、北米大陸へと大 量に流れている。その様子を示したのが上の図で、2014年4月19日に栃木県那須塩原市で行われた、小出裕章氏の講演で使用されたものだ。講演内容を読むに、当時の小出氏はかなりマトモであったことが分かる。その小出氏も、今や福島原発で発生している濃霧を、〝海霧〟であると言い逃れをしている有様…。そのあたりの詳細は以下のブログ記事を参照のこと。
「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!」 ← このことは拡散してはいけない情報だ。だから、小出裕章も苦渋の末に「あれは海霧です!」と言って逃げた。なのに高山清洲は、敢えて注意を喚起している。漢(ヲトコ)である。

高 山清洲氏で思い出したが、〝寝返った〟のは何も小出氏だけではない。一時は亀さんも注目していたブログ「カレイドスコープ」も、残念ながら最近の記事を読 む限り、大分ヘンになっている。同ブログにある放射能関連のカテゴリは、「原発・放射能」と「内部被曝」の二つがあるが、高山清洲氏を罵倒した直後の5月 15日に発行された、以下の記事は比較的まともであり、カレイドスコープ氏を見直したものだった。また、数年前にブログを有償化した時にカレイドスコープ 氏が約束した、「我々の健康に影響がある記事は全て無料で公開する」という約束も守り、同記事は無償で公開されている。
福島で行われている御用学者による放射能洗脳セミナー

ところが、その後のカレイドスコープ氏はヘンになった。それは、カレイドスコープ氏が高山清洲氏を罵倒したあたりからだ。その引き金となったのは多分「カネ」だと、きのこ姐さんは指摘していたが、亀さんも同感だ。
言論人のフリした広告屋

その後しばらくの間、放射能に関する記事が全然出なくなったので、「アレ?」と思っていたところ、11月24日に漸く出たのが以下の記事だ。
糖尿病の激増とストロンチウム90による内部被曝との関係

放 射能と絡む我々の健康問題なのに、何故か当記事は〝有償〟になっている。我々の健康に影響を及ぼす内部被曝の記事は、確か無料で公開してくれるはずだった のに…。このままでは、折角の「NWO」(新世界秩序)で我々を〝啓蒙〟してきた今までの努力が、水の泡となりかねないんだが…(嗤う)。尤も、以下のよ うなことを書いているくらいだから、有償記事にして却って正解だったのカモ…。

まずは、病院に行って血液検査と尿検査をやってもらうことです。

15123102.jpg

ともあれ、内部被曝について真実を書いているブログは、今やゼロに近いという現実を念頭に置き、いつ首都圏機能が麻痺しても大丈夫なように、三が日が過ぎたら本格的にサバイバルの準備をしていこう。拙稿「山窩のすすめ 02」で紹介した『新冒険手帳』を、この正月休みに目を通していただければと思う。

と ころで偏西風の話を冒頭で書いたが、来年の立春は2月4日だ。その日からお彼岸(3月17日~23日)までは日増しに暖かくなっていき、偏西風が徐々に北 に押し上げられ、やがて春一番が吹く。よって、その頃から秋のお彼岸あたりまでは、今まで以上に外出は控えたいと思う。毎月出席していたまほろば会も、3 月のまほろば会を最後に以降は出席を控えるつもりだ。やがて秋のお彼岸を迎える頃、幸いにして首都圏が麻痺していなかったら、9月のまほろば会に再び顔を 出したいと、切に願う今日この頃である。

“当たり前”が出来ない国  “想像力”が失われた国・日本

あいば達也

“当たり前”が出来ない国  “想像力”が失われた国・日本
2015年12月31日

日本では、2016年、小さな選択の岐路を迎える。幾つか大きな課題を上げれば、原発再稼働(エネルギー問題)、安保法制、TPP、沖縄基地問題、格差、 日韓問題、日中問題‥等が頭に浮かぶ。日本が敗戦を迎えて、アメリカと云う国に占領されたわけだ。宗主国が、常に植民地に大きな影響力を残す結果になるこ とは、支配下に置かれた地域や国の、占領された以後の歴史に、大きな影響を残すのは当然かもしれない。

我が国も、ごたぶんに漏れず、宗主 国アメリカの影響を受けて、戦後が成り立っている。ただ、筆者の知る限り、他の被支配国よりも、文化的には、一定の隔壁を持ち続けることが出来た国だった ような気がしている。それを可能にしたのは、筆者の想像では、「日本語」と「天皇」だったのではないのだろうかと、ふと思うわけだ。英語圏の中には見出す ことのできない、言語文化の高水準は、英語の比ではない点は、おそらく、多くの人が知らずに理解しているに違いない。江戸時代までに築き上げた日本文化の 希少性はエキゾチックさも加味されているだろうが、欧米人にとって、驚愕の文化だったに違いない。

続きを読む "“当たり前”が出来ない国  “想像力”が失われた国・日本" »

言語も意味も不明瞭な政治屋の詭弁に憲法が翻弄された1年・・・そのデタラメぶりを再確認しつつ、良いお年を!

くろねこの短語

2015年12月31日 (木)
言語も意味も不明瞭な政治屋の詭弁に憲法が翻弄された1年・・・そのデタラメぶりを再確認しつつ、良いお年を!

戦後70年の年も押し詰まり、東北ではいまだに20万人のひとたちが仮設住宅住まいを余儀なくされ、福島第一原発では汲めども尽きぬ汚染水が日夜海 へと垂れ流されている。さらに、日本はまだ原子力緊急事態が解除されず、放射能による身体への影響、特に子供たちの甲状腺がんが深刻な状態とも言われてい る。

 

 ああ、それなのに、ペテン総理の晦日はゴルフと高級すし店でのご会食。世の中間違っとるよ~♪と歌った植木等も裸足で逃げて出す無責任ぶりだ。

 

 その無責任ぶりは言動にも表れていて、今年ほど政治家の「言葉」というものが劣化した年はないのではなかろうか。後先考えないというか、何も考え てないんだろうなあ、まるで本能の赴くままに言いたいことを言い募り、そこには相手を説得する理念や信念なんてものはカケラほどもない。

 

 自分の主張をただ言い募ることで、「ロンパ、ロンパ」と喚くネトウヨ脳が永田町にも蔓延している。「日教組、日教組」「早く質問しろよ」なんてのは序の口で、「私が総理大臣ですから」って一言なんかその白眉だろう。

 

 ところが、政治家の吐く「言葉」ってのは、おうおうにして忘れ去られやすい。その瞬間は批判にさらされたとしても、あっという間に話題は転換し ちゃいますからね。おそらく、年明け早々の国会から、政治は夏の参議院選挙に向けて収斂されていくのだろうが、戦争法案をめぐる一連の政治家どもの「言 葉」を記憶にとどめておくことはとても大事な選択肢のひとつとなるだろう。

 

 というわけで、改めて政治家がどんなことを口走ってきたか検証しつつ、2015年もお後がよろしいようで。皆様、良いお年を。

 

Photo

 

「(ホルムズ海峡での機雷掃海は)現実の問題として発生することを具体的に想定していない」(安倍信三)

 

 「核兵器は核弾頭を持っており、分類は弾薬にあたる」(中谷元・防衛相)

 

 「現在の憲法をいかにこの(安保)法案に適応させていけばいいのかという議論を踏まえて閣議決定を行った」(中谷元・防衛相)

 

 「法的安定性は関係ない」(礒崎陽輔・内閣総理大臣補佐官)

 

  「憲法学者の言う通りにしていたら日本の平和と安全が保たれたか」(高村正彦・自民党副総裁)

 

 「たいていの憲法学者より私の方が考えてきたという自信はある」(高村正彦・自民党副総裁)

 

 「まったく違憲でないと言う著名な憲法学者もたくさんいらっしゃいますから」(菅義偉・官房長官)

 

 「実際、(自衛隊員の)リスクは下がっていくと思います」(安倍晋三)

 

こいつらが民主主義を殺した! 安倍政権「安保法制」デタラメ・詭弁ランキング(前編)5位〜1位

 

憲法破壊の犯罪者たちを忘れるな! 安倍政権「安保法制」デタラメ・詭弁ランキング(前編)10位〜6位

さすが! もんじゅの智恵

2015年12月30日 (水)

笑福亭笑瓶、ゴルフ中に不調、ドクターヘリ。

飯山一郎

2015/12/30(水)2  

笑福亭笑瓶、ゴルフ中に不調、ドクターヘリ。

病名は非公表
 
「ゴルフ中に体調不良を訴え、ドクターヘリで病院に緊急搬送された…」 これは心筋梗塞の発作が起きたからだと、すぐに分かる話だ。
笑福亭笑瓶
笑福亭笑瓶、ヘリで緊急搬送も命に別状なし。「病名は非公表」
タレントの笑福亭笑瓶(59)が29日、千葉県内のゴルフ場でプレー中に体調不良を訴えて、ドクターヘリで病院に緊急搬送された。

意識ははっきりしており、命に別条はないとのこと。所属事務所は「病名はプライベートの情報でもあり、非公表にしたい」と説明。笑瓶に持病などはなかったとみられる。

笑瓶は年内の仕事をすでに終えており、今後入院して精密検査を受けるという。

ワシの推測どおり、笑福亭笑瓶は急性心筋梗塞だった。
というのは…、下のような情報があるからだ。
落語家でタレントの笑福亭笑瓶(59)が29日、プライベートで訪れた千葉県内のゴルフ場でプレー中に胸の痛みを訴え、ドクターヘリで県内の病院に搬送されていたことがわかった。 (記事)
問題は、マスコミが「病名は非公表」を押し通す理由だ。

小メディアは、「胸の痛みがあった!」とキチンと書いているが、マスメディアは「胸の痛み」を書かない。

ということは、今後…、マスメディアは病名どころか、有名人の入院騒ぎもあまり書かなくなる!

鼠~か、ホを連想させる記事は一切書かなくなる。 今回も「病名は控えよ!」といった指導が出ていたん蛇ないの?

こうして真実を書けないマスメディアの時代は、完全に終わる。

そうして、日刊ゲンダイとか東スポみたいな小メディアが活躍! これにはワシみたいなブロガーも入るだろうから、「コメディアン」と呼んでもらうかな?

飯山 一郎

突然線路に向かって転落される傾向www

「大人の方でなくて、小学生の白髪が多いんです」

国なんて、もう終わってますよ

ニッポン、韓国に全面降伏ニダ!

飯山一郎

2015/12/30(水)  

ニッポン、韓国に全面降伏ニダ!

朝令暮改
岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との共同記者会見で慰安婦問題について、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた。日本の責任を痛感」と表明した。

安倍首相も朴槿恵大統領との電話会談で「こころからお詫びと反省の気持ちを表明」するとし、「合意事項のフォローアップをしてもらいたい」として、着実な対応を指示した。

さらに韓国政府が設立する元慰安婦支援の財団に日本政府が10億円拠出することも決めた。

「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」
「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」
「完全に裏切られた! 騙された!」
「クソ韓国の言いなりになりやがって…、安倍晋三、氏ね!」
「腐れ売国奴 山口県に足を踏み入れるな 最低なゴミ!」
等々、ネットウヨは発狂状態。稲田朋美は身投げする…鴨。
しなきゃおかしい。枝ぶりの良い松も、麻縄もあるで夜。

さて、今回の「日韓合意」のウラのカラクリは簡単だ。

韓国は、米国の政・官・財・学・シンクタンク界に国をあげてのロビー活動を行ってきた。

有能なスタッフがゼニカネをふんだんに使って、毎日毎晩、「個人的な付き合い」や、パーティに出て人脈づくり…、SNSも贈り物も日常茶飯事。

ニッポンのアベッチの極右アタマを極左アタマに変えることなんざ、朝飯前。
米国のシンクタンクだの、在日の米国大使館員を使ってアタマをぶっ飛ばせば、アベッチなんかはコロリと変わる。

証拠? 今回の「日韓合意」も! その証拠。

ま、韓国のロビー活動が大成功した!鼠~ことだ。

それよりも…、
これからは、軍産戦争屋とオバマ軍縮派が内乱状態にあるアメリカの一部勢力を上手に煽って、アメリカ自体を動かし、操作していく!

これが国際政治の要諦になるんだが…、この面で韓国はプロ。ニッポンは幼稚園児以下。

ニッポンには何とか成長してもらいたいんだが、
成長する前に、ニッポンは国が丸ごとツブれちゃう…。
飯山 一郎

誰が言ってたか?忘れたが…、 『認知症で運転免許取消し 急増 2年前の9倍』 って、大変なコトなんだろ? いったいぜんたい、これ、何が原因なんだい? 知ってる人、いたら教えて猪!(飯山一郎)

文殊菩薩

誰が言ってたか?忘れたが…、 『認知症で運転免許取消し 急増 2年前の9倍』 って、大変なコトなんだろ? いったいぜんたい、これ、何が原因なんだい? 知ってる人、いたら教えて猪!(飯山一郎)

誰が言ってたか?忘れたが…、
『認知症で運転免許取消し 急増 2年前の9倍』 って、大変なコトなんだろ?
いったいぜんたい、これ、何が原因なんだい?
知ってる人、いたら教えて猪!

(飯山一郎)

nhk認知症で運転免許取消し 急増
『NHK NEWSweb』 12月27日

認知症の診断が出て運転免許の取り消し処分を受けた人はことし東京都内で60人と、2年前の9倍近くに急増していることが警視庁への取材で分かりました。

警視庁によりますと、認知症の診断が出て運転免許の取り消し処分を受けた人は東京都内でことしに入って先月末までに60人に上っているということです。

すでに去年1年間の53人を上回り、おととしの7人と比べると、9倍近くに急増していることが分かりました。
道路交通法では交通事故を起こしたり免許を更新したりした際に、警察官などが認知症の疑いがあると判断した場合、ドライバーは「臨時適性検査」と呼ばれる医師の診断を受けるよう定められています。
そして認知症と診断されると、症状によっては交通事故を起こすおそれがあるとして免許の取り消しや停止の処分が出されます。

警視庁は高齢化によって本人が気づかないうちに認知症の症状が進むケースが増えるとみて、家族などの周囲が変化に気づいてほしいと呼びかけています。

警視庁運転免許本部の小高博之課長は「60代前後の団塊の世代は運転免許を持っている人が比較的多く、高齢化に伴って認知症のドライバーはさらに増加するとみられる。変化に気づけば免許の返納を検討してほしい」と話しています。

プーチンvs.黒い貴族

人生は冥土までの暇潰し

プーチンvs.黒い貴族

一昨日、久しぶりに夜の街に繰り出して痛飲したんだが、年末らしい寒さだったせいもあり、数年ぶりに風邪を引いた(前回は何時引いたのか記憶にない…)。 幸い、昨日の朝からお昼頃まで鼻水が少し続くという軽い風邪だったようで、昼過ぎには風邪のことなどコロリと忘れ、いつものように焼酎(華奴)を飲んで寝 て起きたら完治していた…。いつもの寝酒である焼酎が効いたのか、あらびき茶+豆乳ヨーグルトという免疫力アップが効いたのか、あるいは30年続けている ヨガが効いたのかは分からないんだが…。

ところで、拙稿『「今のロシア」がわかる本』で亀さんは以下のように書いた。

実は、この〝不気味な存在〟について、明確に回答を示ているのが天童竺丸さんの『悪の遺産ヴェネツィア』であり、同書については旧稿『悪の遺産ヴェネツィア』で紹介済みだ。その中で、同書の白眉とも云える最終章の「世界権力の正体を明かす」を転載しているので、この機会に読者に目を通してもらえたら幸いだ。

本 稿でも改めて最終章「世界権力の正体を明かす」を最後に転載しておくので、一読するといいだろう。因みに、『悪の遺産ヴェネツィア』の目次は以下の通りで ある。同書の要諦は最終章「世界権力の正体を明かす」にあるのだが、以下の目次を見て、さらに手にとって通読してみたいという読者がいたら、文明地政学協会に購入を申し込むか、図書館で借りるなどして読むといいだろう。お金のない関西の若い道友らは、図書館で借りて読んでいるようだ(図書館に無い場合、購入リクエストを出してみよう)。

【目次】
はじめに ヴェネツィアとは何か?
序章 ヴェネツィア=カルタゴは亡びなかった
第一章 ヴェネツィア包囲網--カンブレー同盟
第二章 ヴェネツィア・ユダヤ連合
第三章 ヴェネツィアによるナポリ簒奪耕作
第四章 スルタン暗殺指令
第五章 先進農業国家ヴェネツィア
第六章 ヴェネツィアの転身
第七章 ヴェネツィアによる英国簒奪史
第八章 黒い貴族ゲルフの歴史
第九章 反ゲルフの旗頭ホーエンシュタウフェン家
第一〇章 シュタウフェン朝シチリア王国
第一一章 英国王人質事件
第一二章 ゲルフ派皇帝という自己矛盾
第一三章 ゲルフ逼塞の時代
第一四章 ロンドン--新たなるヴェネツィア
第一五章 ライプニッツと黒い貴族の関係
第一六章 ヴェネツィアの新司令塔
終章 世界権力の正体を明かす

15122902.jpg

さて、大分前置きが長くなったが今日の本題に移る。最初に、終章「世界権力の正体を明かす」に登場する宮廷ユダヤ人、ジョージ・ソロスについての記述に注目していただきたい。

続きを読む "プーチンvs.黒い貴族" »

昭和の怪物

人生は冥土までの暇潰し

昭和の怪物

15122901.jpg

本 題に入る前に、以下のブログ記事に掲載されていた画像について一言。同画像で特に亀さんが注目したのは、赤線で囲んだ人物だ。過日の新国立競技場事件に続 いて、ふたば未来学園高校の応援団になっていることを知るに及んで、この男の正体をはっきりと知ることができたように思う。
『福島第一原発30km圏内に開校した「ふたば未来学園高校」。子供たちの健康なんか知ったこっちゃない、ってことですね。』

15122504.jpg

さて、本題に入ろう。拙稿「なべおさみの新刊本」で紹介した『昭和の怪物』を読了した。なべ氏の前作『やくざと芸能と 私の愛した日本人』(イースト・プレス)に目を通した身として、ハイジャック関連を除いては特に目新しい記述は無く、前書の〝二番煎じ〟的な新刊本という感が強い。

それでも、なべ氏のハイジャック体験記(同書p.274~319)は手に汗を握る内容であり、人間というものを知る意味で一読の価値はあった。特に亀さんが注目したのは以下の記述だ。

私は通路を小走りに戻った。
みんなの目が注がれた。一気に話した。
「私 は決心をしました。もし、この中に犯人の仲間が居るとしても、私は犯人が出て来たら犯人と戦います。それで、私が戦った時、手助けして欲しいんです。私と 共に戦ってくれる人が居たら手を上げて下さい。正直いって、コックピットは危険な状態です。ですから、皆さんを後ろのドアから脱出させます。その準備の為 に、コックピットを注意しながら共に闘ってくれる人、ありませんか!」
役者であるが為に、やっと信用されて一時間を世話焼きで過ごせたのだ。
もう限界が、みんなに来ていた。
脱出しかない。
闘うしかない。
私が先頭切って戦うから、助勢して欲しいと訴えたのだ。
何となんと八本の手が上った。
「一般乗客七〇」の中から、八人の手が上がったのだ。
直ぐに義勇軍として採用だ。
「八人の侍」の誕生だった。
彼らを前方の雑誌置き場に連れていった。
「ここから雑誌を腹に入れて下さい」
私は自分の腹を割って見せた。
「人間、腹さえ守ったら、めったに死にません!」
私は、恐らく犯人は単独だと思うと伝えた。これから脱出方法を検討し、実行しようと明かした。もしドアを開いたら、何らかの反応でコックピットに知られ、犯人に感知されたらまずい。
そこをどうするかだった。
もし気付かれて犯人が出て来たら、私が責任もって戦うからと、腹の雑誌を叩いてみせた。さて、この人々だが後で判っただけでも、ほとんどが中小企業の社長さんばかりだった。こんな時、手を上げる勇気は蛮勇ではない。神勇なのだ。人知では考えることのできない勇気を言う。
まさに神勇だ。機内に、男が居てくれた。
食われるのも恐れず、幼子を守る為に角をふりかざす母親獣の姿だ。
乗客の中には大企業のそれなりの人間もいた。ひとつ違うのは、この方々は会社や組織の上の人間からの命令を受け、立派に処理出来る能力に秀でた人々だ。
一方、「八人の侍」は、小規模な会社だが、銀行の手当てや社員の事、会社の管理経営と須く己の才覚で運営しなければならない。考えて実行して、なんぼの世界だ。潰せないからだ。
その違いが全てだった。与えられた事をそつなく出来る者より、己で考えて行動している人間しか死力は出せないと知った。手を上げない理由も良く判る。上げる男も理解出来る。
しかし、事におよんで一歩踏み出せるのが、男というものなのだと考えさせられた。今でも私は、手を上げた者こそが、あの事件の中で見た男の正念場での所作であり、隠れた英雄だったと信じています。居るんです。こうした勇気を持った人間が。
報道になんか少しも登場しない、本当のあの時の英雄です。報道の人間こそ「見の目弱く、観の目つよく」でしょう。

『昭和の怪物』p.302

ここでは、なべおさみという男の持つ勇気が本物であること分かる他、人間窮地に追い込まれると本物の偽物とに、はっきり別れるものだと改めて思った次第である。

中小企業のオヤジさんのように、日頃から自分の判断で動く人たちと異なり、「会社や組織の上の人間からの命令を受け、立派に処理出来る能力に秀でた人々」の場合、どうだったか…。実は中小企業のオヤジさんとは、あまりにも対照的だったのだ…。

先 ず、ハイジャックに遭遇した日本航空機の機長の場合、乗員乗客の命を与っているのだという意識がゼロだっったことが、同書に目を通すことによって一目瞭然 であり、乗員乗客を落ち着かせるどころか、この機長は逆に全員を恐怖の奈落に突き落としたのである。その後、無事に解放されるに及んで、その機長は記者会 見の場で臆面もな以下のように言い放ったのだという。

「私達は、日頃からこうした事を想定して、訓練をつんでおりますから、割と落ち着いて行動出来ました」
『昭和の怪物』p.319

もう一人、「会社や組織の上の人間からの命令を受け、立派に処理出来る能力に秀でた人々」は、どのような行動に出たか? 代表例を一つだけ以下に引用しておこう。

「俺を一番先に降ろしてくれ! 俺を一番先に降ろしてくれぇ!」
『昭和の怪物』p.314

なべ氏や8人の〝武士(もののふ)〟は後部のドアを開け、最初は幼子を抱えた母親、次に老婦人らを脱出させるつもりでいた。そこへ強引に割り込んできたのが、上記の「立派な会社の立派な立場」だったのである。人間の本物と偽物とが明瞭に分かる、面黒い行でもある。

その他、印象に残ったのが安倍晋三についてだ。親父の安倍晋太郎については、なべ氏は可愛がってもらったこともあって事細やかに書いているのに、息子の安倍晋三について書いていたのは、ナント以下の一行のみであった。

王さんのメールは、どんな一言でも私は保存してある。そうして大切に宝にしているのは、王貞治と安倍晋三総理の二人だけである。
『昭和の怪物』p.210

この行で分かるように、政治家としての安倍晋三については、一切言及していないのだ。賢明な読者なら、これが何を意味しているのかお分かりだろう。まぁ、息子の安倍ちゃんに関しては、讃えるようなモノはゼロということなんだが…(嗤う)。

その他、「高倉健となべおさみに見る任侠道」でも指摘したが、今回もユダヤ渡来説を繰り返していたのは残念だったし、『日本書紀』観についても底が浅い。だが、人間誰しも神様ではないのだ。清濁併せ呑むではないが、ここは心を広く持とうではないか。なお、『日本書紀』に関しては、拙稿「飯山一郎の“新日本建国神話”第2話」を是非参照されたい。

12月29日(火)の急病人(34人)ツイート 

2015年12月29日 (火)

電車で白髪の女子高生をよく見かけると

悪魔が来たりて核を噴く

飯山一郎

2015/12/29(火)3  

悪魔が来たりて核を噴く

悪魔が 核攻撃 核攻撃2
SPUTNIK
米国、ソ連との戦争の際の原爆投下標的リストを公開
SPUTNIK
米国、ソ連の一般市民に対し原爆を使用する用意あり
『スプートニク』 2015年12月24日 http://sptnkne.ws/atJb http://sptnkne.ws/at3u
米国の国立古文書館が今回、ソ連との戦争の際の仮想的原爆投下先のリストを公開した。ソ連、東欧、中国の各地の攻撃目標が詳細に記載されている。

新聞「ザ・ニューヨークタイムズ」の報道によれば、米国政府は1959年、ソ連の軍事及び工業潜在力を過小評価していただけでなく、ソ連市民を標的にした大量殺戮も考えていた。

「悪魔、悪魔」と書いているが、アメリカのことである。
アメリカの戦争屋が一体どれほどの悪魔なのかは、『殺戮と略奪のアメリカ』(木枯し紋次郎)を、ぜひ読んでみて下さい。
また…、
第2次世界大戦の終盤、日本の大都市に大量の焼夷弾を投下して庶民を焼き殺した「無差別爆撃」を推進したカーティス・ルメイという米軍の軍人の話(記事)も読んで下さい。 (飯山一郎)

本稿は、米国戦争屋の悪魔の所業を糾弾する文章ではない。

米国戦争屋が主導してきた殺戮と略奪の時代は、終った!
ということを、ワシは書いておきたいのでR。

かつてネオコンの教祖・F・フクヤマが得意気に説いた学説は、

ソ連邦の崩壊→冷戦終結→米国の絶対的勝利→歴史の終焉!

という奇妙奇天烈な歴史哲学であった。

プーチンは今回、フクヤマの歴史哲学を完璧に陳腐化させた。
いま、「歴史」は終焉するどころか全く新しい展開を見せている。

それは…、
プーチンによる「歴史の創造」ともいうべき国際政治の歴史的な枠組みの変更である。

米国戦争屋が主導してきた殺戮と略奪の時代は、終った!

そうしてユーラシア大陸に、中露が熱望する“一帯一路”と呼ばれる戦争屋を排除した交易世界が生まれようとしている。

この“一帯一路”という古代のシルクロードを凌ぐ巨大な交易世界を、戦争屋勢力は必死になって破壊しようとするだろう。

しかし! 北京とモスクワは、戦争屋勢力の卑劣で容赦のない攻撃をしっかりと認識している。

したがって、中露両国は、徳川家康のようにジックリと戦争屋どもを排除しながら、罠にハマることはない。絶対にない!

中露は、冷戦時代、あの卑劣な米国戦争屋勢力の謀略攻撃から自国を守りきった! という歴史と知恵と武力があるからだ。

ソ連邦が崩壊し、冷戦が終結した時…、アメリカは世界最強! 地上に敵なしの絶対帝国に成り上がって、慢心した。

米国は、満身から慢心と奢り(おごり)の臭気を世界中に発散させた。

いっぽう、中露は分裂と停滞によって最貧国の仲間入り。

しかし、貧乏と停滞と恥辱のドン底から中露は這い上がった!

アメリカ帝国主義に殲滅させられぬよう、国富を増やしながら武力・軍事力を徹底的に技術革新した。

国民の生活も、不満・不安を払拭し、満足させて国家に誇りをもつよう政治が全力をあげた。

その間、アメリカは、驕慢→怯懦→華奢→淫暴の限りを尽くして…、現在は、禍変→困窮の時代に突入してしまった。

日本もアメリカに追随して、バブル時の驕慢から華奢→淫暴の限りを尽くしてきたが、原発事故で頓死、豚死、犬死の瀕死状態。

牛~この国は駄目だ。こう自覚したら海外雄飛だ。
それには、世界の大きな流れだけは絶対にシッカリ認識すべきだ。

ワシも、同志・仲間が「世界音痴」では困るので、毎日こうして世界情勢を分析し、丁寧に説明する文章を書いてるワケ。

真面目にシッカリ読むんだぞ!>若い衆
飯山 一郎

福島第一原発事故を持ちまして人体実験列島「日本地区」は閉店となりました

今に始まったことじゃないが…

飯山一郎

2015/12/29(火)2  

今に始まったことじゃないが…

日本? 日刊ゲンダイ
「KK」氏のツイートから引用掲載。
「日本の大新聞は殺人政府の側に立って国民を殺戮するのを手伝っている」
「国家が国民を見殺しにしているのに、それを新聞が隠蔽し続ける狂気」

これが現在のニッポンの実態を正確に表現した文章。

こうして日本民族は、放射能と国家とマスコミに殺されてゆくのでした。
あ、医療も無理やり「癌患者」をデッチアゲて殺してる。病院行くな!
おわり。
飯山 一郎

クレムリン近くの巨大な電飾。でかすぎるロシア!

飯山一郎

2015/12/29(火) 

クレムリン近くの巨大な電飾。でかすぎるロシア!

日本? Kremlin
クレムリン近くの巨大な電飾。ロシアの地図で、クリミアとカリーニングラードがひときわ明るく輝く。
一方で、北方四島はおろか千島列島も無い。
ロシアの普通の人たちにとっては「意地がかかる」場所ではないということなのかも。 (駒木明義氏のツイ)

本年末のロシアには、「2016」 という電飾看板が異常に多い。

2016年。日本は、一体どうなってしまうのか?
「日本」が消えてしまう可能性まであるのに…、ロシアはどうだ?
夢と希望の2016年 だ。

まったく牛~! うらやまし~! 鼠~か、うらめし~!

しかし、他国を羨ましがるのは、E~加減にしたい。
ニッポンは、いまが最後のフン張りどころだからだ。
ど~したらE~のか?

先ず!である。
何よりも先ず、2016年が「ニッポン最後の年」だと自覚すること。
実際そうなるのだから、そう自覚し覚悟した人間が最強になる!

自覚し、覚悟を固めたヒトが行うべき仕事、生き方を以下に書く。

さて、何をするにも基本は健康だ。カネとか仕事は二の次だ。
だっから2016年は、正月元旦、朝一番から健康づくりだ。

湿度が85%以上だったら、除湿機を回した部屋にこもること。
そうして部屋の中で、柔軟体操に、その場駆け足で汗をかく。
汗は、その場足踏み(その場ウォーキング)で蒸発させる。

合間にあらびき茶をガブ飲みする。これで野菜は不要になる。
あらびき茶だけでミネラル分も充分だ。腸内細菌も激増する!

激増した腸内細菌は、タンパク・脂肪の塊(かたまり)だということ!
この腸内細菌の死骸を栄養源にすれば、食事は不要になる。

ワシは、あらびき茶をダテに宣伝してるのではない。
あらびき茶の利益は、雀の涙か、燕の目やに。
だが効能は、恐竜の咆哮だ。 ものすごい!

ためしにドロドロになるほど濃くしたあらびき茶を飲んでみて!
1時間後には、心身(心とカラダ)が、爽快そのものになるから!
「そうかい!」 な~んて言ってないで、ヤってみて!

おっと、本題は“健康”だった。
健康とは免疫力だ。 これっきゃない! 分かるね?!
で、健康に自信がついたら、仕事だ。これは沢山ある。
仕事つっても勤め先の仕事ではない。自分だけの仕事だ。

先ずは身の回りの整理。これは、不要なモノを捨てることだ。
捨てて、棄てて、捨てまくって…、とにかく身軽になる!
2016年は、余計なモノどころか、一切買わない!これが目標。

そうして、海外に行く! そういう覚悟を固める。

ただ海外に行けばE~ってものではない。
海外に行くときは、たとえば小カネ持ちと一緒に行く。
そ~して、小カネ持ちが海外の銀行に口座をつくる手伝いをする。
そのとき小カネ持ちの現金を預かって海外に運ぶ手伝いもする。

上の“仕事”はほんの一例だが、こういう“仕事”が沢山ある。
海外の治安の良い街に借り家を見つけてあげる仕事もある。
究極は…、たとえば中国の無人都市を丸ごと借りる!という仕事。

放射能を怖がって海外に逃げるのではなく、海外雄飛!
壮大な夢と、雄大な野望をもって、日本人が海外に雄飛する!
そのための拠点となるオフィスを、ワシは広州・上海につくる。
委細は、順次、この『てげてげ』に書いてゆく。

少年も老人も…、いや! 日本人全員が大志をいだく!
そういう2016年にしようぜ!>皆の衆
飯山 一郎

東京で白内障や心筋梗塞が激増!?順天堂大学の血液内科が発表した衝撃データ!被ばくの影響が徐々に表面化

真実を探すブログ

2015.12.28 06:00
東京で白内障や心筋梗塞が激増!?順天堂大学の血液内科が発表した衝撃データ!被ばくの影響が徐々に表面化

20151228005951aspodp


☆なぜ、東京で白内障、心筋梗塞が激増するのか?――エッセンシャル版・緊急特別講演会
URL http://diamond.jp/articles/-/82736?display=b

引用:
20151228001548ooipoi.jpg
首都圏の病院でも、骨髄形成症候群(血液関連の癌)が2~5倍という状態です。またほとんどの人は、放射能というと、「癌」、「白血病」しか考えないのですが、「白内障」も増えています。
~省略~
  茨城県つくば市にある、気象庁気象研究所では、放射性物質のモリブデンや、テクネチウムが検出されたと、地元紙・常陽新聞が報道したのが、2011年7月 16日です。このニュースを聞いたときは、私は、もうダメだと思いました。このことも、すでにダイヤモンド書籍オンラインで書きました。
:引用終了

☆順天堂大学医学部 血液内科
URL http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/ketsuekinaika/kanja03.html

20141006181709sdifuis03.jpg
20141006181651zcuzicxui.jpg
20151228010049oioppoi.jpg
20151228010102oipio.jpg

以下、ネットの反応

続きを読む "東京で白内障や心筋梗塞が激増!?順天堂大学の血液内科が発表した衝撃データ!被ばくの影響が徐々に表面化" »

12月27日湿度100%発生地点(確認範囲のみ)

有名人訃報の数が事故前の2倍以上に増加 死因はがん、大動脈破裂、白血病、心筋梗塞など 

阿修羅

有名人訃報の数が事故前の2倍以上に増加 死因はがん、大動脈破裂、白血病、心筋梗塞など

ここのところ、毎日のように有名人が亡くなっている。

以前とくらべ訃報が増えているのかどうか、今年11月の訃報を福島原発事故前の2010年と比較してみた。

「訃報 2015年」 (ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%83%E5%A0%B1_2015%E5%B9%B4

80歳代(1935年生)以上の高齢者と海外在住者は除外した。

2010年11月
津田京子  女優 62歳 すい臓がん
荒木勉  徳島大学大学院教授【神経病態学専攻】  59歳 原因不明がん
黒木昭雄、日本のジャーナリスト、元警察官  52歳 自殺?
立川談大、日本の落語家  36歳 クモ膜下出血
佐野洋子、日本の絵本作家  72歳 乳がん
山口俊明、日本のジャーナリスト 68歳 脳出血
北小路敏、日本の新左翼運動家 74歳 敗血症
松本友里、日本の元女優、俳優・松平健の妻  42歳 自殺
黒岩比佐子、日本のノンフィクション作家 52歳 すい臓がん
松澤浩明、MAKE-UPのギタリスト  51歳 急性心筋梗塞
近藤崇晴、日本の裁判官、最高裁判所判事 66歳 間質性肺炎
深町純、日本の作曲家、シンセサイザー奏者 64歳 大動脈解離による心嚢血腫
星野勘太郎、日本の元プロレスラー、魔界倶楽部総裁  67歳 肺炎
飯田馬之介、日本のアニメーション映画監督 49歳 肺がん
シルヴィア、日本の歌手 52歳 肺がん

2015年11月
森健志郎、日本の実業家、高知県立坂本龍馬記念館長 73歳 胸部大動脈瘤破裂
仁田陸郎、日本の元裁判官、東京高等裁判所元長官 73歳 病死
小西康雄、日本野球連盟元理事 72歳 肺炎
全良雄、日本の実業家、奈良フィル創設者、オーボエ奏者 65歳 胃がん
佐藤正敏、日本の経営者、損害保険ジャパン会長 66歳 すい臓がん
神谷英山、日本の書家、毎日書道展審査会員 55歳 直腸がん
木下一彦、日本の分子生理学者、早稲田大学理工学術院教授 69歳 滑落・頭部外傷
堀長文、日本の演出家、テレビプロデューサー  79歳
宇江佐真理、日本の小説家 66歳 乳がん
並河信乃、日本の元社団法人行革国民会議理事兼事務局長 74歳 肺炎
吉村恵美子、日本の女優(* 1963年) 52歳 がん?
大塚雄司、日本の実業家、元オンワード樫山専務 78歳 胸膜炎
高政巳、日本の書家、毎日書道展審査会員 68歳 直腸がん
藤井恒嗣、日本の実業家、元東邦アセチレン社長、元東ソー常務 68歳 すい臓がん
野村哲也、日本の実業家、前清水建設社長 76歳 多臓器不全
野尻知里、日本の実業家、元テルモ上席執行役員 63歳 病死
山根伸介、日本のコメディアン、チャンバラトリオリーダー 78歳 肝臓がん
阿藤快、日本の俳優、タレント 69歳 大動脈破裂
下妻博、日本の実業家、住友金属工業元社長、第13代関西経済連合会会長 78歳 病死
横井孝範、日本の実業家、名鉄グランドホテル社長 63歳 悪性腫瘍
岩間辰志、日本の実業家、元サッポロホールディングス社長 76歳 慢性骨髄性白血病
小林尚一、日本の実業家、元東日本実業団陸競連理事長 76歳 肺炎
坂口玲子、日本の翻訳者 75歳 子宮体がん
宮下盛、日本の海水養殖者、近畿大学水産研究所所長、名誉教授 72歳 急性心筋梗塞
湯原哲夫、日本の実業家、ソーダニッカ社外取締役 71歳 急性大動脈解離
内海隆一郎、日本の作家 78歳 白血病
白井智之、日本の病理学者、名古屋市立大学名誉教授 69歳 急性大動脈解離
佐藤茂雄、日本の実業家、京阪電気鉄道最高顧問、大阪商工会議所会頭 74歳 肺炎
北の湖敏満、日本の大相撲力士、第55代横綱、日本相撲協会理事長 62歳 直腸がん
毛利甚八、日本の著作家、漫画原作者 57歳 食道がん
松山幸次、日本の俳優 40歳 虚血性心不全
喜田勲、日本の神学者、上智大学名誉教授 73歳 心筋梗塞
フジモトマサル、日本の漫画家、イラストレーター 46歳 慢性骨髄性白血病
今井洋介、日本のアーティスト 31歳 心筋梗塞
松林豊斎、日本の朝日焼窯元十五世 65歳 すい臓がん
藤田辰也、日本の俳優、作曲家 53歳 病死
タリフォラウ・タカウ、トンガのラグビー選手 27歳 
岡本おさみ、日本の作詞家 73歳 心不全
村上勝、日本の現代美術家 70歳 胃がん


2010年の15名に対し、今年は39名と2倍以上に増えている。

死因もがんに加え、大動脈解離・破裂、白血病、心筋梗塞が目立つ。
明らかに放射能被ばくの影響である。

訃報欄に名前がのる人は、それなりの地位にある、ないしあった人が多く、熟年に偏る傾向がある。
相当有名でない限り若年・中年の人の訃報がマスコミで報じられることはないが、
おそらく若い世代でもかなり多数が亡くなっているはずである。

そして有名人の何十、何百倍もの一般人が同じように亡くなっているということだ。

来年の11月はどうなっているのかと思うと背筋が寒くなる。

年賀状書きに追われるのも、ひょっとしたら今年が最後になるかも知れない。
来年以降は喪中だらけで、年賀状の枚数が相当減るのではないだろうか。

いやそれどころか、喪中葉書を送るはめになるかも知れない。

残念ながらいよいよ阿鼻叫喚の始まりである。みなさん、御覚悟のほどを。

福島県民の「震災関連死」が2千人超 高血圧や脳卒中などで死亡する高齢者が多発(12/27 北海道新聞)

東京江戸川放射線

福島県民の「震災関連死」が2千人超 高血圧や脳卒中などで死亡する高齢者が多発(12/27 北海道新聞)

福島原発事故から4年9カ月、福島県民の「震災関連死」が2千人を超えた。避難生活の長期化、地域や家族の分断、失業、健康不安などが被災者に深刻なストレスを与え、高血圧や脳卒中などで死亡する高齢者が多いという。

 関連死が483人と県内で最も多い南相馬市。今年8月、元会社員の60代男性が鹿島区の仮設住宅で、病気のため亡くなった。「孤独死です」。仮設住宅の自治会長、藤島昌治さん(69)は、やるせない表情で語った。

  仮設住宅の避難者約150人は、全員が原発20キロ圏の小高区の住民。死亡した男性について、藤島さんは「朝からお酒を飲んでいるから、気がかりで見守り をしていたんですが…」と話す。自治会では震災があった年の2011年秋以降、7人が亡くなった。「男性はだめ。仕事がないと引きこもって体を壊してしま う」

 県社会福祉協議会などによると、ストレスの原因は、避難先の環境になじめない孤立感、被ばくへの健康不安、元の暮らしに戻れない喪失感など、さまざまだという。

  一方、仮設住宅で避難者をケアする生活支援相談員は足りない。県は今年、200人から400人に倍増することを決めたが、現在はまだ約270人。県内は 「復興バブル」で仕事が多く、「短期雇用で待遇は悪い」と、相談員に人が集まらないという。(東京報道編集委員 岩本茂之)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0217542.html

死亡者数が激増!都内の葬儀場は何処も予約待ち状態に!放射能被曝による突然死が急増している模様!

真実を探すブログ

死亡者数が激増!都内の葬儀場は何処も予約待ち状態に!放射能被曝による突然死が急増している模様!

人口統計では昨年から明確に死者の数が激増していましたが、葬儀場などの方でもその影響 が出て来ました。24時間体制で葬儀に関する情報を公開している「葬儀後と葬儀の情報サイトエンディングパーク」によると、東京などの都市圏で大部分の葬 儀場が満杯状態になっており、数日から数週間後までの予約が埋まっている状態になっているとのことです。

このようなことは珍しく、バンダ ジェフスキー博士らが警告していたセシウム蓄積による突然死が増加している可能性が高いです。実際、福島原発事故後に東北3県で心肺停止の報告数が1.7 倍に激増しており、日本脳卒中学会も「震災から1年目を境に、脳卒中5倍に激増した」と発表しています。更には、岩手県の二戸市長みたいに、東北で働いて いる政府関係者の間でも急性心筋梗塞などで倒れる人が増加。

放射能による被曝によって突然死が増加した結果、各地の葬儀場でかつて無いほ ど人が溢れ返るような事態になっていると考えれば、全ての辻褄は合います。風疹などの各種病気も有り得ない程の勢いで増えていますし、遂に放射能被曝の影 響が誰の目にもハッキリと見える形で表面化して来たということです。

続きを読む "死亡者数が激増!都内の葬儀場は何処も予約待ち状態に!放射能被曝による突然死が急増している模様!" »

気象庁の「異常天候早期警戒情報」が更新されました。

2015年12月28日 (月)

シリアからイラクから ISIS遁走!

飯山一郎

2015/12/28(月)2  

シリアからイラクから ISIS遁走!

逃走 成功
SPUTNIK
米国はダーイシュ幹部らをイラクから避難させている
SPUTNIK
テロリストがダマスカスから退去
独新聞がロシアの功績を認める
『スプートニク』 2015年12月28日 http://sptnkne.ws/auH4 http://sptnkne.ws/auMk
米国は、ロシアでは活動が禁止されている組織ダーイシュ(IS、イスラム国)などのテロ組織の幹部らを、軍事作戦が行われているイラクから避難させている。 (記事)

「ダーイシュ(IS,イスラム国)」のテロリストらがシリアの首都ダマスカスを離れ始めているということはプーチン大統領およびロシア航空隊の成功を物語っている。

「ロシアがシリアに行った軍事介入はどうやらシリア政府にとって最初の成功をもたらしたようだ。」

「シリア政府はイスラム主義者の何千人にもおよぶ戦闘員らとの間にダマスカス周辺から退去することで合意に達している。」 (記事)
ドイツ経済ニュース紙が報じている。
まさしく!カネの切れ目がテロの切れ目だった。

ようするに、テロ集団は資金源を断たれたのである。

資金源とは、「シリアやイラクから盗掘した原油の販売利益」 で、これがISISらテロ活動勢力の原資であり、活動資金だった。

ISIS、CIA、モサド、エルドアン一家が協同して行っていた「シリア潰しが目的のテロ活動」の資金源を、プーチンは見事に粉砕したのでR。

過去数十年…、他国を冷酷無残に破壊するだけだった「アメリカの戦争」を見てきた世界の人々は、今回、「プーチンの戦争」を見て、瞠目、刮目、目が覚める思いを味わったはずだ。

「戦争を終らせるための戦争」という偽善と虚偽に満ちたセリフでデコレートされたアメリカの薄汚れた戦争の時代は、今回のプーチンの「目の覚めるような戦争」によって終止符を打たれた!

今回のプーチンの戦争は、「“理不尽な国家破壊を目論むテロリストたちの薄汚れた戦争”を阻止するための朝飯前の空爆作戦」でしかなかった。

それにしても…、あのアメリカ合衆国がISISをつかってヤったシリアでの戦争が、盗掘原油を資金源にしていたとは!

アメリカという国家は、インディアン虐殺によって建国をした当初から本質的には泥棒国家であったワケだが、今回の盗掘原油をチョロまかした泥棒行為は、コソ泥と変りがなかった。

アメリカとトルコは、コソ泥国家! 恥ずかしくないか?

ここで、来年の予想だが…、プーチン。
この軍帥には、「次の戦争は極東!」 という想念があるはずだ。

先ず第一に、日毎に悪化するフクイチの「露天臨界」。

フクイチで数千トンの核物質が露天臨界して、大量のホットパーティクルを噴出させている現況は、世界の帝王・プーチン閣下が許さないだろうからだ。

つ~か、このまま放っておくと、ロシアの極東部と沿海部がヤバい!

そこで、プーチンの次回の戦争は、放射能との闘いになる。

その闘いの最大の障害は、日本国政府とそのバックにいる米国戦争屋だ。こいつらが日本列島に居座っているかぎり、日本国は一応の主権国家なので、手を出すのがむずかしい。

この障害を除去するのに、どんな手を繰り出すのか?

プーチンは中国を使うだろう。習近平も覚悟している。
飯山 一郎

都内の勤務先が救急病院の近くですが、毎日複数回救急車のサイレン音を聞きます。

シリアを徹底的に破壊し尽くしたのは誰だ?

飯山一郎

2015/12/28(月) 

シリアを徹底的に破壊し尽くしたのは誰だ?

1228TOP 徹底破壊
都市を徹底的に破壊するための空爆』 ←クリックして見て欲しい。

なぜ、美しかったシリアの街々をISISらは破壊してきたのか?

副島隆彦が書いた。
カダフィを惨殺して(2011年10月20日)、政権を崩壊させ、リビアの国家資金をすべて、ヒラリーたちが奪い取って、これを資金にして、おそらく200億ドル(2.4兆円)ぐらいを作って、それで、今のIS「イスラム国」の凶暴な傭兵部隊(ナーシナリー)の軍事組織を作ったのだろう。 (記事)
リビアと同じことを、ISISと米国戦争屋はシリアでやろうとした。
「二匹目のドジョウ」を狙ったのである。

ところが!である。
ISISと米国戦争屋の野望は粉砕された!

粉砕したのはプーチンのロシア航空宇宙軍である。
航空宇宙軍
SPUTNIK
ロシア軍はシリア作戦開始以来、戦闘員らの石油タンクローリー2000台を撃滅した
『スプートニク』 2015年12月25日 http://sptnkne.ws/aubY
ロシアはマルクスの「下部構造・上部構造」理論を知り抜いている。
ISISの下部構造が「盗掘原油経済」であることも見抜いていた。

シリアやイラクの盗掘原油を、トルコのエルドアン一家が売りさばく。これがシリアを破壊してきたISISの資金源=下部構造であった。

この下部構造(カネとモノの流れ)を、ロシアは徹底的に空爆し、撃滅したのである。

カネの切れ目がテロの切れ目 になったISIS。
ISISは、牛~シリアを去るしかなくなった。だから去り始めた…と。

毎日新聞が伝えている
首都ダマスカス南郊のヤルムーク地区を拠点化する過激派組織「イスラム国」(IS)と、同地区を包囲するアサド政権が、IS戦闘員の家族や負傷者を地区外に退去させることで合意した。 (記事)
ISISは間違いなく、シリアから去り始めている。
これは、アサド、プーチン、ロシア航空隊の大成功を物語っている。
飯山 一郎

福一事故の被爆で肉体破壊恐怖は一生付き纏う。

今日も電車でドクターコール!

日本の原発を管理下に置いているイスラエル

人生は冥土までの暇潰し

日本の原発を管理下に置いているイスラエル

田中龍作氏の最近のブログ記事、「イスラエル核攻撃と福島原発事故」 を読んだ。「大津波と東電・福島原発事故に見舞われた三陸海岸に「ダビデの星」が、現れた」のを現地で目の当たりにして、「頭葉を ワシづかみ にされたような衝撃を受けた」と田中氏は書いた。そう言えば、日本の原発とイスラエルとの間の深い闇について、亀さんも記事を書いたのを思い出した。それ が2年近く前に書いた、「原子力村という闇」と題する記事である。

15122804.jpg 15120603.jpg
左は2011年4月、田中龍作氏が宮城県南三陸町にて撮影、右はネタニヤフ首相との会談時の安倍首相

ここで、イスラエルはIS最大のスポンサーであるという国際社会の常識に思いを致せば、拙稿「あべちゃんとISは大の仲良し」の理解がグーッと深まるだろう。

ところでブログ「中東TODAY」の佐々木良昭さんが、「バグダーデイがイスラエル・サウジ攻撃呼びかけ」と題する記事をアップした。一読し、これこそイスラエルとISによる猿芝居、つまり出来レースそのものだと亀さんは思ったんだが…(嗤う)。

2015年を振り返り、ペテン総理の「嘘」「ごまかし」「トンデモ発言」で大笑い&怒!

くろねこの短語

2015年12月28日 (月)
2015年を振り返り、ペテン総理の「嘘」「ごまかし」「トンデモ発言」で大笑い&怒!

さすがに忘年会二連荘はきつかった。しかも、最後は酔って酔って酔ってあげくのカラオケ。精も根も尽き果てた月曜の朝なまであった。

 

 というわけで、今年を振り返って、2015年を彩った総理大臣の「嘘」「ごまかし」「トンデモ発言」を検証して、今年最後の大笑い。

 

「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」

 

「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」

 

「政治家は歴史に対して、謙虚でなければならない、というのが、私の信念であります」

 

「私の考え方をそこで述べることは言論の自由だ」

 

「『安倍は生意気なヤツだから今度殴ってやる』と言う不良が来て、いきなり前を歩くアソウさんに殴りかかった。私もアソウさんを守る。これは今度の法制でできる」

 

「ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」

 

「早く質問しろよ!」

 

「戦争法案などといった無責任なレッテル貼りはまったくの誤りだ」

 

「難民受け入れは人口問題として申し上げれば、我々は移民を受け入れる前にやるべきことがある。それは女性や高齢者の活躍であり、出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手がある」

 

「第三の矢は的に届いていないとの批判を受けるが、私は大学時代、アーチェリー部だった。私の矢は必ず当たる」

 

嘘、ごまかし、逆ギレ、開き直り…安倍首相「今年のトンデモ発言」ランキング(前編)10位〜6位

 

え、総理がこんなこといっていいの? 安倍首相「今年のトンデモ発言」ランキング(後編)5位~1位

体の免疫力を高め、その日が来る時を、待つことです。

こういうところにも現れていると思う 航空事故や重大トラブル 10年で最多に

2015年12月27日 (日)

認知症で運転免許取消し 急増

心筋梗塞は前触れも無く、突然やって来ます

なぜ、東京で 白内障、心筋梗塞が激増するのか? ――エッセンシャル版・緊急特別講演会 【パート3】

ダイヤモンドオンライン

なぜ、東京で 白内障、心筋梗塞が激増するのか? ――エッセンシャル版・緊急特別講演会 【パート3】

2015年12月26日掲載

Firstdiamond2015122682736magazine


ついに伊方原発の再稼働に関して、中村時広愛媛県知事がGOサインを出した。
「1977年9月30日稼働」以来、38年経った「老朽化」の心配もさることながら、中央構造線上にそびえる伊方原発の危険性については、本連載でも再三触れてきた。
同時に、2015年8月に1号機、10月に2号機が再稼働し始めた川内原発とまったく同じ「加圧水型」の原子炉は、「沸騰水型」の福島第一原発とは比べものにならない危険性があると、本連載第21回で指摘した。
壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実を描いた『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』が増刷を重ね、第6刷となった。
本連載シリーズ記事も、累計313万ページビュー(サイトの閲覧数)を突破し、大きな話題となっている。
そんななか、10月23日に、広瀬隆氏がダイヤモンド社で緊急特別講演会を開催。当日は南相馬出身の人や高速バスで遠くからたくさんの人が会場を訪れた。
予定の1時間を大幅に超え、2時間にわたった講演会のエッセンスを凝縮してお届けする。さらに、現況から展望される今後の原発ゼロ時代の到来について、7回の連載記事をお届けする。
では、注目の第3回をお送りしよう。

■順天堂大学の血液内科が発表した衝撃データ

「原発問題はフクシマだけの問題であるから、東京に住んでいる私には関係ない」と思っている人にぜひ見てほしいデータがあります。

 東京の人間は非常に危ない状態にあります。

続きを読む "なぜ、東京で 白内障、心筋梗塞が激増するのか? ――エッセンシャル版・緊急特別講演会 【パート3】" »

真実と現実を直視する者だけが救われる

飯山一郎

2015/12/27(日) 

真実と現実を直視する者だけが救われる

真実吐露
新井信介
(前略)
私に、「昭和天皇の母は、中国人。明の最後の公主(皇女)、朱貞明」と教えてくれたのは、中山法元和尚でしたが、この方は、上智大学を出た後、17年間、バチカンに留学し、ラテン語とフランス語が堪能でした。

そして、帰国後は、仏教の中でも、日本皇室の仏教とされる、三論宗に帰依し、明治の国家神道で、ほとんど見えなくなった、法皇の制度を考えていました。天皇家の仏教は、聖徳太子(厩戸皇子)から始まり、奈良の東大寺、そのなかでも、法華堂の不空羂索観音菩薩が、スメラギ(聖武、孝謙称徳)が直接、向かい合う仏像でした。

(中略)
で、仏教の真髄のなかで、もっとも大切なこととして、以下を、教えてくれました。

「ないものをあるとし、あるものをないとする、虚妄から去れ。今の、真実だけを見つめよ。」

なにが、リアリティーなのか?

ここを踏まえることでしか、三次元世界では、未来を作り出せません。

(この続きを読む)


【飯山一郎のコメント】
「真実だけを見つめよ!」 重い警告である。
虚妄を信じ、真実を見つめない者は、短命! ということだ。
続きは、新井信介『京の風』で読んで猪ー大寝!>皆の衆
『京の風』のURLhttp://www.k2o.co.jp/blog4/2015/12/post-85.php
「飯山さん、あまり暗いことは書かないで!」 という電話が入る。
「じゃあ、底抜けに明るいテレビのバラエティ番組を見てればE~」
とワシは答える。
すると…
「でも、テレビは本当のことを言わないから…」
と、愚痴る。
「だったら、真実情報をズバズバ書いているブログ読んだら?」
と言うと…、
「どんなブログがE~?」
と、ひつこく訊くので…、
「そうだなぁ、亀さん新井信介きのこ高山清洲里子櫻井春彦文殊菩薩放知技なんかどぉ? あと、飯山一郎。」
と言うと…、
「それ、ぜ~んぶ読んでます!」

話を本題に戻すが…、新井信介は断言した。↓

ここで、間違いなく言える、逃れられない絶対の真実を言います。
それは、今後20年、地球上の放射能は濃くなるばかりであること。

上の「間違いなく言える、逃れられない絶対の真実」 には、その前提となる絶対的な事実と現実がある。それを書いておきます。

● フクイチにある原発6基が、6基ともメルトダウンしていた!
● なのに政府と東電は、効果的策を一切全く何も実行せず!
● フクイチからは致命的な放射性物質が大量に噴出・拡散!
● このの放射性物質を国民が吸いまくってきた。4年9ヶ月間!
● その結果は深刻な内部被曝。多病多死の生き地獄 開始!

上の五つの「厳粛な事実と現実」を、弾圧を怖れずズバリと指摘してきたブログは少ない。真実を語る知識人は日本には皆無だった。

広瀬隆も「放射性濃霧」については確言してないし、小出裕章にいたっては、「アレは海霧です…」と言葉を濁らせながら逃げ去った。

これも世渡りだ。まぁE~。しかし、事実は事実、現実は現実だ。
この過酷きわまる事実から目をそらしてはいかん。
必死の(必ず死ぬ!)現実から逃避してはいかん。虚妄・虚仮の想念に逃げ込むと、短命に終わる象!

残酷無残な上の五つの厳粛な事実と現実をシッカリと直視しながら…、問題は、何をすべきか? どうやって日々を生き抜いていくか?だ。

答えは、ひとつしかない! 免疫力の向上だ。

いいか、自分の身体を免疫力の工場にしなさい!

あらびき茶、豆乳ヨーグルト、少食・粗食、『放射能ゼロ空間』、汗かき運動で血行促進、身体を絶対に冷やさない!、空気清浄機、除湿機等々は、自分の身体を免疫力の工場(マクロファージ生産工場)にするためにある。

あと、あまり心配しないことだ! 淡々と生き地獄を観察する余裕をもって、安心して眠れ! ワシなんか、10時間も爆睡して、起きて時計見たら、午後2時過ぎだった。(除湿機は満杯になって止まっていた…。)

だっから、きょうはブログの更新が遅れた。(爆)
ま、そ~ゆ~こった。ガハハ。
飯山 一郎

知っている方は 避けている場所ですよね。

やっぱ、変だよ!よっぽど増えてるんだね、急病人

クリスマスイブ・イブの23日にクレーンが2台ご臨終してた

続きを読む "クリスマスイブ・イブの23日にクレーンが2台ご臨終してた" »

2015年12月26日 (土)

プーチン大統領 レヴァダ・センターの世論調査で「今年の人」に

Sputnik 日本

プーチン大統領 レヴァダ・センターの世論調査で「今年の人」に

2015年12月26日 21:39

ロシアの世論調査機関「レヴァダ・センター」によれば、ロシア国民の56%が「今年の人」にウラジーミル・プーチン大統領を選んだ。

調査によれば、第二位には、9%を集めたセルゲイ・ラヴロフ外相が、第三位には、セルゲイ・ショイグ国防相が入った。

また「今年の女性」部門では、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とロシア議会上院のワレンチナ・マトヴィエンコ議長が、それぞれ6%を集めて、トップだった。

ほんとうにありがとう!>皆の衆

飯山一郎

2015/12/26(土)3  

ほんとうにありがとう!>皆の衆

第一位
第一位
「人文・思想」の売れ筋ランキングが、第10位
アマゾン全体の売れ筋ランキングは、第29位
と、皆さんのお陰で大躍進。ベストセラー入り!

ほんとうにありがとう!>皆の衆
爺ちゃんが本気で書いた本。
『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』
日本人を守る!という気概があふれてます。
あと、爺ちゃんの元気も、ほとばしってます。
どうか、買って読んで猪ー大寝!>皆の衆
飯山 一郎

新井信介:いのちの叫び

飯山一郎

2015/12/26(土)2  

新井信介:いのちの叫び

みんな死ぬな生き残れ 新井信介
新井信介が、悲壮で悲痛なシグナルを発した。
おそろしい叫びのような文言が末尾に書いてある。
みんな。死ぬな。生き残れ
と、新井信介は叫ぶように、祈りの言葉を書いた。
この文章を書く前、ワシは新井信介と電話で話し込んだ。
話したことの主な内容は、海外移住をして、「そこに新日本の拠点をつくる!」ということに関しての具体論だった。
今の日本政府は日本列島に居座り続け…、
日本人を見殺しにする気だ。
フクイチを鎮圧する気など、まったく無い!
そのフクイチが放射性物質を噴出する状況は、悪化する一方だ。
「とにかく、“ホ”のないところに這ってでも移住して、何が何でも生き残る。ここから未来がはじまる。クニもつくれる!」
と、新井信介とワシは確認しあった。
(新井信介氏の文章は先ずココから読んで下さい。)

あんなに美しく清浄だった日本列島が…、汚れきってしまった。
人間が住める場所は、もはや、ほとんどない!

日本人の日本列島を日本人が敢えて棄てる! その日は近い。

この国を棄て去る日がくるまで…、
とにかく!留意すべきは健康! これしかない。

豆乳ヨーグルトとあらびき茶だけを摂取して、『放射能ゼロ空間』で眠り、身体を冷やさないようにして生き抜き、生き残っていて下さい。
飯山 一郎

かつての故郷「東京」が音をたてて崩れ落ち始めている現場を眼にし、何ともいえず悲しい気持ちです

ずくなしの冷や水

かつての故郷「東京」が音をたてて崩れ落ち始めている現場を眼にし、何ともいえず悲しい気持ちです

2015年12月22日

2015/12/22に寄せられた投稿を掲載する。投稿者のHNも含め完全に原文のまま。改行のみを加えた。引用開始。


すぐなし様: こんばんは、日本に一時帰国している椰子の樹。です。

本日まで六日間都内に滞在し、今は九州に移動しました。この六日間に都内を電車移動している時、電車や駅で目撃した事実をそのまま記します。

12 月17日午前→ 京王線車内。私が座っていた位置から10メートルほど離れた所で、白人の男性が突然昏倒。大きな音をたてて倒れたため、周囲の客が皆驚 愕。激しく痙攣し、口を食いしばりながら苦悶の表情を浮かべる。意識不明。私や周囲の乗客、それから駅員さんと共に下高井戸駅で車内からホームへと下ろ す。

12月18日午後→ 中央線下りの車内。中野駅を過ぎたあたりで、目の前で立っていた30代女性が居眠りを開始。上半身を支えられ ず、5分おきに床に向かって崩れ落ちかけ、途中で気づいてなんとか足を踏ん張り、頭を上にひきあげて… という動作をずっと続けている。荻窪で無事に下車 できた模様。

12月20日午前→ 小田急線●●駅構内の蕎麦屋で食事していた時、隣のテーブルに座っていた60歳前後の男女2人。20分ほどずっと、男性が最近心筋梗塞を患ったことについて議論。

12月22日午前→ 京王線新宿駅ホーム。20代前半と思われる女性が、両脇から駅員に支えられながら歩いているのを目撃。体調不良のため、車内で倒れたのか? …以上です。

な お、私は8年前までずっと東京在住で、20年近くほぼ毎日電車に乗る生活をしていましたが、当時車内で気絶する人を見たことは一度もありませんでしたし、 立ったまま寝る人、あるいは体調が悪くて助けをもとめる人を、自分で目撃する機会も半年に一度あるかどうかでした。同様に駅や車内で、難病についての他人 の会話を耳にすることも数ヵ月に一度だでした。

それなのに、今回は六日間滞在しただけでかような「フルコース」となったわけです。(ちなみに、4年前の夏に一時帰国し、やはり一週間だけ首都圏に滞在した時は、横浜駅改札で口から大量に血を吐いて倒れている老婦人を見た事があります。)

かつての故郷「東京」が音をたてて崩れ落ち始めている現場を眼にし、何ともいえず悲しい気持ちです。

・・・引用終わり・・・

こ れが真実の姿です。椰子の樹さんの見たことは、多かれ少なかれ皆さんすべての身の回りに起きています。筆者に関しては、電車内の救護による遅延2件、老人 の自動車運転による逆送を1件目撃体験しています。東京近郊を走るトラックドライバーが横転事故はよく見ると証言しました。

椰子の樹さん ありがとうございます。

首都圏にも原子炉が…放射能リスクのある街ワースト3

日刊SPA!

首都圏にも原子炉が…放射能リスクのある街ワースト3

「ヤバい何かがある街」を、首都圏を中心にジャンル別にランキング! 識者や住民の声、現地での取材結果からその火種に極限まで接近してみた。あなたの住む街は大丈夫か?

◆首都圏にも原子炉が!核燃料製造企業、榛名湖は農家が廃業【放射能】

 災害が多いだけに、放射能リスクとも無縁でいられない。そんななか、原子炉だけならすでに首都圏にも存在する。神奈川県川崎市浮島にある東芝原子力技術 研究所である。震災後、多くの実験炉は解体されたが一部は動いている。内閣府によるとM7クラスの地震が今後30年以内に発生する確率は70%程度だが、 浮島はハザードマップでは水没地域。埋め立て地のため液状化現象を起こす可能性もある。

首都圏にも存在する原子炉  また横須賀市には立教大学原子炉「RUR」があり、現在解体中。同地域の民間企業「グローバルニュークリアフューエルジャパン」(以下、GNF-J)は、 アメリカから輸入したウランから発電用の燃料棒を作っている。各地の原子炉事情に詳しい、サイエンスライターの川口友万氏は、

「むろん各所とも高度かつ万全な安全対策を行っていますが、技術発展には失敗も伴う。GNF-Jは’08年7月と、’11年4月には放射性物質が漏れ出す 事故が発生しました。今年8月には、東芝原子力技術研究所と隣接する日鉄住金鋼管川崎製造所の敷地内で火災が起きています」と話す。

 また、群馬県の榛名湖周辺は震災以降からいまだ高い放射線が検出されており、農家の多くが廃業しているという。近隣の旅館経営者は「ウチも、野菜の調達に不自由するようになりました」と話す。

<放射能リスクのある街/ワースト3>

1位:川崎、横須賀市(神奈川県)【施設集中】
放射能関連企業、研究所が集中

2位:榛名湖周辺(群馬県)【高水準放射線】
いまだ高い放射線が観測

3位:成田町(茨城県)【実験炉あり】
高速実験炉「常陽」が設置

取材・文/SPA!ヤバい街取材班

最近、体調不良多いよね、

みんな。死ぬな。生き残れ。(新井信介)

文殊菩薩

みんな。死ぬな。生き残れ。(新井信介)

みんな。死ぬな。生き残れ。
新井信介が、悲壮で悲痛なシグナルを発した。

おそろしい叫びのような物言いが末尾に書いてある。

『みんな。死ぬな。生き残れ』 とある。

新井信介は日本国を棄て、海外に移住する決心をしたようだ。

とにかく、「ホ」のないところに、這ってでも移住して、とにかく、生き残る。ここから、未来ははじまる。

新井信介の言うとおりだ。
あんなに清浄で美しかった日本列島だが…、汚れきってしまった。
人間が住める場所は、もはや、ほとんどない!

この国を棄て去る日がくるまで…、
とにかく!留意すべきは健康! これしかない。

豆乳ヨーグルトと、あらびき茶だけを摂取し、『放射能ゼロ空間』で眠り、身体を冷やさないようにして生き抜き、生き残っていて下さい。
(飯山一郎)

新井信介
こんにちは。

中国と日本。皇帝と天皇の違い。ここから、今の日本社会と日本人を、考えます。

中華皇帝は「易姓革命」。 それに対し、天皇は「万世一系」 と言われるが、 こんなのは、明治にできた話。

皇室典範も、男系男子も、 明治の伊藤博文が勝手に決めた。 これが、田布施マフィア。

そして、バチカンのイエズス会の手法で、国民を徹底洗脳。 近代国家になったとして、天皇からの「恩寵」をありがたがり、日本列島にある経営資源が、全部、明治政府に集中していく。 そして、「天皇の赤子(これが神武天皇のY染色体だってさ。ここが最大のうそ)」といきなりいわれて、新政府の支配下国民は、統治機能の、よきパーツになろうとする。これを、心底、徹頭徹尾、そうあろうとするようになる。

 近代の思想、科学も、「お上」=東京大学の権威が、選び出したものを、盲目的に、学ぶだけ。以後のエリートと言ったって、人間コピー機や人間演算器になっただけ。

明治以降の普通の日本人は、その関心や興味が森羅万象に向かわない。まず、国家の枠組みだけを見る。

特に、自分が、何をどう考えているか、その考えている自分を、きちんと知るという、哲学がすっぽり抜け落ちたままになった。 権力と権威が一致し、しかも、この権威が、太古の昔から、ずっと、この日本列島に存在したと、勝手に思い込み、それを、国民に強制した。

「天皇」の存在は、持統が皇祖神アマテラスをつくりだして、696年に退位した後からは、ごく一部を除いてずっと、名誉職、「お飾り」だった。 天皇は、天武の時にその呼称が生まれたが、大王として、皇帝並みの権限を振るったのは、崇神、垂仁、応神、仁徳、雄略、継体、欽明、天武ぐらいか。

一方、とっくに経済破綻したはずの中国の人民元が、ここで、なぜ、SDRをもつ、国際通貨になるのか? 

逆に、日本国では、どんどん貧困層が増えていても、まだ一般ピープルは国家(仕組み、制度)を信頼している。

この違いの秘密は?

それは、一言で言って、近代国家になってから後の、地下経済の厚さの違い にある。

中国大陸は、始皇帝による統一以後、国家(統治体)が壊れても、通貨は、それ自体、存続し、時に、新しい国家、新政権、新政府で、自分の命を、守る、大切な道具だった。 

 政府を、絶対に信用しない。 国家権力の本質が暴力であり、それが、出来上がると、国家それ自体が存続するために、 さらなる、詐欺と暴力を、使い続けることを知っているから。 一時代に、3つの国家があったり、 ひどい時には、華北全域が戦乱状態の五胡十六国の時代もあった。こうした政治権力事情だから、一つの国家(統治体)に、とてもじゃないが、全面的に、自分の生存を預けるわけには行かなかった。 

仲間や同志を生存次元で支え合うために、血縁、地縁で、結社を築いた。それが、幇(ぱん)となった。

幇は様々な次元で広がり、掟を作り、地上に、どんな国家ができようとも、お互いが生存できるように支えあった。 政権とは、いつの時代も、対等の関係で取引した。 

皇帝になるのは、天に選ばれた一族だが、その一族がつくりだした国家は、 私的暴力機構だ、と、知悉している。だから、常に、幇 を生存の基礎に置いた。 政府は、一時的。しかし、幇は、政府を超えて存在する。地理的にも、時間的にも。

毛沢東が政権を取る時、それを支持したのが、青幇(チンパン)ではなく、紅幇(ホンパン)だった。そこに清朝打倒を目指す明の貴族層の洪門(こうもん)と、客家(ハッカ)が加わった。

共産党政権ができても、それを、絶対に信用しない。国家も、政権も、一時的なものだから。 だから、自分で、様々な、独自のネットワークをつくる。そして、そのネットワークの中に、仲間で使える金融資産まで、潜りこませていく。

それを、国家の指導者も、省レベルの役人も、実業家も、学校の先生も、道路工事の作業員も、売春婦も、みんなが、独自に、自分なりの、生存のための、パンを作っていく。こレは、互助組織であり、生存保障のつながりだった。

これが、1984年の改革開放のあと、海外の中華の人間とで、縦横無尽に、個々の人間の力量に応じて、広がっていく。 1994年に、外貨兌換券がなくなり、2001年以後、米ドルの資本が大量に、大陸に入り、しかも、人民元でも、債権が発行される。地方政府にも認められると、 人民元マネーは、共産党政府に管理されないところで、どんどん、貸し借り、融資や信用保証が、広がっていく。

これが、中国経済の地下経済になった。 

さらに、胡錦濤時代に、外貨準備が、世界一になり、さらに、「走出去」と、海外への資本進出を政府が、国家方針として打ち出すと、自分のパンを伸ばして、海外にすむ新たな仲間と、すぐに新たなパンを作っていく。

 政府が損しても、パンの構成員は、その政策の裏で儲ける。 これは、中国の外でも、大陸内でも、同じで、ここに、政府が赤字でも、中国社会全体では、マネーで十分に潤う、地下経済構造が完成する。

政府の人間は、表では、それを、いけない、まずいというが、個人になると、みな、パンの構成員に成る。

「上に政策あれば、下に対策有り」 は、権力者自身も、行っているのだ。

そして、この「対策」が、巨大である。どこかに、統一管理する司令塔があるわけではない。民族を構成する、個々人が、自分自身の生存するために、 巨大なサブシステムを、いつも確保しているのだ。

そして、その地下経済の規模が、国家経済の、数倍から、十倍以上にもなる。

これが、さらに、IMFがみとめる、SDRの対象通貨になることで、海外でも、より大きなパンが、できて、人民元と米ドルとで、相互に、信用状態が生まれ、それを、さらに、国家を超えた、パンが利用する。

もうそこには、表の「外国為替管理法」という国際的な政策を、らくらく飛び越えた、「マネー」での、融通が、これまで以上に、簡単にできるようになる。 これで、FRBが発行した米ドル建ての資産まで、十分に延命する。

習近平政権の国家税収がどうなろうと株式が暴落しようが、巨大化した中国地下経済が、米ドル資産の流通と結びつけば、 中国社会それ自体も、十分に安泰である。もちろん、ここでも、騙しあいの駆け引きはあるが、それは、中国人社会では、ふつうのコト。本当の、「朋友」のみを助け合うのが、「パン」だ。

それに対し、我が日本は、明治以来、お上に気に入られようと、言われるままにまじめに努力し、「滅私奉公」の果てに敗戦に導かれたが、 戦後は天皇の「権威」が残されたために、国家権力に対する、盲目的服従が治らず、自分自身の生存の基盤を、江戸時代に築かれていた地域の「結」をことごとく壊して、政府の行政のマネーと表の企業社会の収入だけに頼るようになった。

 今、その、日本の国家が増税と、「ホ」毒の嘘情報を広めて、完全に暴力装置というその本質が、むき出しになって、積極的に殺人しているのに、それでも、自分の生存を、この政府と、表の正しい稼ぎだけに預けている。

完全に、余裕が無い。生存を、国家に預けたことの報いである。

人間の生存は、天地自然の純粋な恵み と、相互扶助の人間関係のみが保証してくれる。 そして、マネーは、生活を豊かにする道具であるが、同時に国家の暴力から逃れる手段だったが、 これが枯渇している。

「苛政は、虎よりも猛し」 これが、中国人が、政治と向かい合う時の姿勢だった。

しかし、今の日本は、その政府の政策が苛政であるのに、それを、未だに美しいもの、立派なもの、自分を大切にしてくれるものと、信じている。

 悲しいが、自分が、何を考えているか? どうして、自分は、こう考えているか? 他の考え方もあるのではないか? 自分が、信じている世界は、マヤカシではないか? 常に、こう考えていないと、実は、 生存はできないものなのだが、 すすんで、 「檻の中」にいたまま、死んでいく日本人。

私はどんなことがあっても生き抜いて、それでも、この日本列島で生まれ、演じられてきた様々な日本文化の核心を伝えられる存在でいたいと思います。

それには、若者たちを、どうしても救わねばなりません。 微力ゆえに、わずかであっても、できる範囲で。

健康な肉体で、生き残ってくれれば、 まだまだ、希望はある。 みんな。死ぬな。 生き残れ。

「豚になってでも、生きよ。」  ・・・これは文化大革命の時代を描いた、名画『芙蓉鎮』の中の言葉です。

マネーなんか殆ど無くたって、愛される人間になって人間関係を築いて、とにかく、「ホ」のないところに、這ってでも移住して、とにかく、生き残る。 ここから、未来ははじまります。
全文を読むには → ココをクリック! → 新井信介のサイトに飛ぶ。

(新井信介のブログ・『京の風』)

本日の湿度:日田・人吉

Hita20151226

Hitoyoshi20151226


まだ100%の時間帯がありました。

まだまだ除湿器を稼働しなければなりませんね・・・・。


プーチンの政治思想は、政治哲学の域に達した!

飯山一郎

2015/12/26(土)  

プーチンの政治思想は、政治哲学の域に達した!

世界を変えた演説 プーチン哲学の核心
本日のワシの文章は、世界の真実・真相を明確に読み解くための重要なポイントとなる。眼光紙背、熟読をお願いする次第。

さて…、
2015年9月28日。プーチン大統領が国連総会で行った演説は、まさに“世界を変えた演説”として歴史に残るだろう。

プーチン大統領の演説は、たんなる政治的・国家的な意見表明ではなく、政治哲学の域に達していた!

その理由のひとつは…、
プーチン大統領が、「ソ連が行っていた共産主義の輸出、共産主義を他国に押し付けることの誤りと間違い」をハッキリと明確に表明したことだ。

そのうえでプーチン大統領は、アメリカが「民主主義を輸出」するという名目で、他国を滅茶苦茶に破壊し、大量の難民を生み出す大愚をハッキリと明確に糾弾し、世界中に警告を発した。

やっとのことで、これほどまともで当たり前のことを公式に、かつ見事に表現し発言する国家首脳が現われたわけだ。

そうしておいて、プーチン大統領は翌々日の9月30日、シリアに巣食っていたダーイシュ(ISIS)などの殺人テロ集団に対して激しい空爆を開始する。

ロシア航空宇宙軍のシリアでの空爆は、世界の戦争史に必ず残るほど見事に効果的な攻撃だった。

この攻撃によって、シリア内のテロ集団は、わずか1ヶ月後には壊滅状態に追い込まれた。

プーチン大統領は、自己の政治哲学と政治行動とロシア国の軍事行動を見事に一致させて…、世界を変えたのである。

9.28国連総会でのプーチン大統領の演説は、『スプートニク』が「プーチン大統領の国連総会演説、オンラインルポ」として、大統領の演説を時系列で(誇らしげに)載せている。

自国の指導者の演説を、誇りと自信をもって世界に発信し続けるロシアのマスコミ…。うらやましい限りである。 (飯山一郎)

ロシアのプーチン大統領は、国連総会での演説で、「国家性の復興」を強調した。

「欧州に押し寄せている難民は苦しみを共にすることを必要としているが、グローバルには問題を解決するのは、破壊されてしまった国家性の復興である。」

プーチン大統領の政治哲学の核心には強烈な「国家主義」がある。

しかし、それは日本の極右が主張する「国民に犠牲を強要する国家優先主義」とは真逆。「国民の生命と財産を守る国家」をつくる使命感である。

実際、いま、ロシア国民は世界最高水準の豊かな国家社会を享受している。

いっぽう…、
イラク、リビア、ウクライナ、シリアなど、「春=民主主義」を強制的に輸入させられた国家は、「暴力、貧困、社会破綻を招き、生きる権利さえ軽んじられる状況」を作り上げられてしまった。

イラク、リビア、ウクライナ、シリアなどの国々を破壊した連中に対して、プーチン大統領は…、

「自分たちがしでかしたことを理解しているのか?」

と、(恫喝するように)問いかけた。

さらに…、
ISは無から発生せず、不要体制への対抗武器として養育された
と強調したうえで、次のように激しく糾弾する。

「シリアとイラクに対抗する前進基地として作られたISは積極的に他の地域へと勢力を拡大し、イスラム世界の覇権を目指しているが、明らかにこれらの諸国だけには限定していない。状況は危険というレベルを超えている。」
.
「こうした状況で国際テロリズムの脅威を声高に語るのは偽善的であり、無責任だ。しかも麻薬売買、石油、武器の違法取引などのテロの資金供与チャンネルには目をつぶり、また急進主義的集団を操ろうとし、彼らを自分の政治的目的を達成するために働かせようとしている。」

「この事態は、許さない!」 という意味である。

こうしてプーチン大統領は国連総会という公式の場で、「ロシア国の大義」を語り、「戦争の大義」を宣言した。

そして、それは、「世界を変える!」 という宣言でもあった。

プーチン大統領の宣言どおりに、いま、世界は、変わった!
飯山 一郎

2015年12月25日 (金)

私を最も励ましてくれた言葉

飯山一郎

2015/12/25(金)  

 

最も励みになる言葉
本当に頭の良い奴は…
どうみても バカにしか見えない
この本の出版予定日は2016年1月22日です。御予約受付開始!
放射能時代を生き抜くサバイバル・ブック!
新たなる地球再生へ向けて、乳酸菌のカリスマ、魂のメッセージ!
『飯山一郎の世界の読み方、身の守り方』 23世紀の新日本人へ向けて、私たちの命をつなごう!
上の文言が拙著のキャッチコピーだが、間違い無い!(と思うwww)

 

ワシの事務所には毎日、通称「絶食青年」という若者(29)が来る。
こいつは、東京大学と東大大学院に10年間も在籍しただけあって、ルックスも、すげ~アタマ良さ気。

それに比べてワシの顔は、スッとぼけた馬鹿な半ボケ爺さん。

ワシの阿呆顔は…、ヒトに安心感を与えるらしく、全国から沢山の見学者が「飯山一郎という珍獣」を見にくる。トホホ…だ。

今回、本を出版するにあたり…、
わざわざ東京から写真を撮りに来たのはE~が、何十枚か撮ったうちで、一番利口そうな写真を表紙にしたそうだが、トホホ…だ。

本屋の店頭で表紙の写真を見て、優越感と安心感に満たされ…、思わず本を買ってしまう!…などと、勝手な想像を出版社がしたのかどうか? それは分からん。

表紙の写真の意味は、著者のワシには分からんが…、しかし、本の内容に関しては、著者のワシには絶大な自信がある!

だっから…、
今からアマゾンに申し込んで、買って猪ー大寝!>皆の衆
飯山 一郎

~世界の人口の1.6%の日本人が世界の薬の40%を消費 ~

日露ビザ撤廃の鍵は日本側にあり

Sputnik 日本

日露ビザ撤廃の鍵は日本側にあり

2015年12月25日 01:21

日露間の査証(ビザ)が撤廃される可能性が出 てきたことについて、関係者が期待を示している。アファナーシエフ駐日ロシア大使は、22日に日本記者クラブで会見し、両国間の査証制度を完全撤廃まで緩 和する用意があると述べた。これについて日本を代表するロシア専門旅行会社である「ジェーアイシー旅行センター」の杉浦信也営業部長に、お話を伺った。 ジェーアイシー旅行センターは、ヤクーツク弾丸4日間やカムチャッカ・アヴァチャ山登頂など、ユニークなツアーも多く手がけている。

杉浦氏「こ れまで、ビザが観光のネックになっていたことは間違いありません。観光ビザが撤廃されれば、旅行者の拡大が見込め、非常に喜ばしいことだと思います。ビザ を取らないと行けない国というのは、日本人にとってもう数えるほどしかありません。しかし現行の制度では、旅行者はビザを取得するためにパスポートを旅行 会社に預けなければいけません。これは旅行者にとって大きな精神的負担となります。」

しかし杉浦氏は以下のようにも指摘している。「ロシア側が日本人に対して無査証にするということは、比較的容易でしょう。しかし日本側がロシア人に 対して無査証にできるかどうかが問題です。相互ビザ撤廃に関しては、日本側のハードルの方が高いと思われます。」これまでもロシアは、ビザを免除するな ら、一方的にではなく、相互でなければならないと主張してきた。例えばロシアは韓国と、2014年1月から相互に観光ビザを撤廃した。

杉 浦氏は、昨年ウラジオストク自由港連邦法が成立したことに期待を示している。これは2016年1月1日から許可される予定のシステムで、指定された地域に 限るが、8日間のビザなし渡航を可能にするものだ。杉浦氏は「これが日本人にも適用されて、空港で簡素な方法でビザを取得できるのならば、大いにメリット があると見ています。」と述べている。
また、ルーブルの下落は、日本人観光客にとって必ずしも魅力的とは言えなかったようだ。杉浦氏によると、旅 行費用が下がり、行きやすくなったことは確かだが、そもそも日本では「ルーブルが大幅に下落して、今ロシアへ行くとお得だ」ということがなかなか知られて いないという。

いっぽう、ロシアから日本に来る場合、つまりインバウンドについては、ルーブル安は影響をもたらしている。日本はインバウンド政策に大きく力を入れ ており、今年1月から10月までに1500万人が日本を訪れ、既に2014年全体での合計を超えた。しかし、ことロシアからとなると話は別だ。今年、ロシ アから国外へ旅行する人の数は30パーセント以上減った。ジェーアイシー旅行センターもインバウンド旅行を手がけているが、桜の季節である4月頃でも、予 約の入り方が例年より鈍いということだ。

朝敵からの警告 その1

人生は冥土までの暇潰し

朝敵からの警告 その1

昨日アップした「また、始まったぁ~(爆)」の続報である。同記事をアップした後だが、今のところ1枚も非通知ファックスは届いていない。

こ れで明らかになったことがある。非通知ファックスを届けてくる〝敵〟の正体は、今上陛下の誕生日に先立って行われた記者会見で、陛下に放射能についての発 言をさせなかった〝敵〟、すなわち朝敵だったということだ。この朝敵は古舘伊知郎氏を降板させたのみならず、岸井キャスター降ろしの黒幕でもある。

“官邸圧力、天皇に通ぜず” 戦争の悲惨と平和の尊さを切々と
古舘伊知郎降板 総まとめ特集! これが1年半、古舘と『報ステ』が受けてきた圧力だ!
岸井キャスター降ろしの黒幕 『月刊日本』1月号 p.54~63

15122501.jpg

時には五月雨、時には集中豪雨の形で拙宅のファックス機に届く、朝敵からのファックスについては、主に以下の2本の拙稿で取り上げたので、ここで改めて参照していただきたい。
IS関連の記事は正しかった…!
これもあれも、「ホの字」…

つまり、朝敵が嫌がらせファックスを送りつけてくる背景は、朝敵が公にして欲しくなかった情報をブログ記事にしたことにあった。

「IIS関連の記事は正しかった…!」の場合は、IS絡みの情報、すなわち公になっている安倍とエルドアンのズブズブな関係以外に、この二人はISともズブズブの関係にあることを書いたブログ記事だったが、朝敵のお陰で情報が正しかったことが分かった。

これもあれも、「ホの字」…」の場合は、五輪組織委員会の豊田副会長辞任の真相は「ホの字」にあると書いたブログ記事だったが、これも朝敵のお陰で正しい情報であることが分かった。

これからも朝敵からの嫌がらせは、ファックス以外の形でも届くだろうが、当方も遠慮なく朝敵の嫌がらせを公開させていただこう。なお、今後の朝敵からの嫌がらせに関する記事は、「朝敵からの警告」と題しシリーズの形でアップしていことにした。本記事はその記念すべき、「朝敵からの警告 その1」である。

15122502.jpg

2015年12月25日 奈良(ナラ) この測候所でも12月25日の一時間値で湿度100パーセントが連続したことは過去にありません。12月24日もです。

『週末社会学用語辞典』(響堂雪乃 編、飯山一郎 監修)は、強烈なブラックユーモアを駆使して現代日本と世界の真相をリアルにあぶり出す妖怪が書いた!と思われる辞典だ。ビアスの『悪魔の辞典』を確実に凌駕している!と自負している。

文殊菩薩

『週末社会学用語辞典』(響堂雪乃 編、飯山一郎 監修)は、強烈なブラックユーモアを駆使して現代日本と世界の真相をリアルにあぶり出す妖怪が書いた!と思われる辞典だ。ビアスの『悪魔の辞典』を確実に凌駕している!と自負している。

yukino.jpg

(以下は、響堂雪乃氏のブログ『独りファシズム』から引用。引用元のURL。)
Contemplation of New Medievalism

飯山一郎先生が新著の告知をされていること(記事)から、僕からもいきさつを述べておきたいと思う。

先に「終末社会学用語辞典」が共著になるとお伝えしていたとおり、実は監修者として飯山先生に参画して頂いていたのだ。しかしこのところ我々の断絶が一部で噂されていたこともあり、驚いた方も非常に多かったのではないだろうか。

これについては新著のあとがきに記しているので引用したい。

ところが時に僕は大恩ある飯山一郎の説話に真っ向から反論し、彼の支持者から大顰蹙(ひんしゅく)を買っていたりするのだ。しかしこのようなことが平然とできるのも、飯山一郎の学者としての器量、人間としての度量を深く信頼しているからに他ならない。

真の人間的紐帯とは馴れ合いではなく、ある種の緊張において成立するものであり、それは武道家が真剣を向け合い互いの技を切磋琢磨するように、論者もまた反証を突き付け合いながら互いに仮説を精緻化しなければならないのである。そしてそれこそが我々の目指す社会科学共同体の姿であり、むしろ飯山先生は僕の反駁や逸脱的思考が成長の証であるとして目を細めて下さっているのだ。

つまり本書は身内同士の妥協から生じたのではなく、真逆に摩擦のエナジーから発火したのであり、それはすなわち二極が統合され止揚した弁証法的発展であり、かくして「辞典」というランガージュ(言語表現)によって、飯山一郎の哲学と僕の思想は一つの円に収斂したのである。

と、いうわけだ。

いろいろ誤解や憶測を招いたものの、このように僕と飯山先生は持論をぶつけ合うことにより、コミュタリズム(共同体の価値観だけを絶対とすること)やドグマティズム(理性や論理でなく教条を絶対とすること)を排除しようと目論むのである。そしてそれこそが「可謬主義(かびゅうしゅぎ = ヒトの知識は常に不完全なものなのだから、お互いにツッコみ合いながら議論を発展させましょうという思潮)」の営みに他ならない。

かくして今回の共著に収録した800余の語彙は、両者が主張の相異を乗り越え辿りついた「思想の共通項」と言えるだろう。つまるところインセスト(近親相姦的)な体系から斬新なものなど生じ得ないのであり、だからこそ本書はとんでもなくオモシロく仕上がったと思うのだ。

などという毎度のヤカマシイ能書きはさておき、飯山・響堂の子弟コンビが上梓したユーモアたっぷりの渾身作をぜひ一読願いたい。これはいわば「They Live」のサングラスの如く、一瞬にして実相世界を透視するガジェットであり、終末社会をタフに生き抜く皆様方の必携ツールなのである。

2015年12月24日 (木)

首都圏での急病人発生数が、 加速度的に増えているようだ。

「プーチンの世界的同志の輪」:広がる一方

飯山一郎

2015/12/24(木)2  

「プーチンの世界的同志の輪」:広がる一方

インドもロシアの同志に
NarendraDamodardasModi
SPUTNIK
モディ首相、プーチン大統領の自己犠牲の才能を讃える
『スプートニク』 2015年12月24日 http://sptnkne.ws/atAR
インドのモデイ首相はロシア訪問の前日、タスの取材に、「全世界がプーチン大統領を強い、決意ある指導者として知っている」 と述べた。

モディ首相は、「プーチン大統領の目立った特徴は、友人を作ることが出来、友人のために自己犠牲を行なう希少な才能を持っていることである。それが出来る 人は少ない」と。また、「プーチン大統領はあらゆる国のあらゆる指導者と信頼関係を短期間に打ち立てることが出来る」と。

「プーチン大統領は考えていることと言うことが別々という人物ではない。思ったことを言う。それが誰にどう受けるかなど気にしない」とモディ首相。

「プーチン大統領は多年にわたり、国をうまく指導してきた。経済危機にも対処し、ソ連崩壊後、ロシアに力を回復させた。」

「インドは常にロシアを近しい友人と見なしてきた。プーチン大統領はこの関係に新たなエネルギーとダイナミズムを持ち込んだ」と首相。「彼は私にとり、まさにそのような友人だ」とも。

「ロシアとインドを固い友情および戦略パートナーシップが結び付けている」と首相。「ロシアはインドの忠実な友であり、ロシア人はインドと固い友情で結ば れている。それは政治的パートナーシップというよりは、もっと大きなものだ。ロシア人はインドの伝統や文化に深い関心を示しており、それが関係をより強固 な物にしている」と首相。 (記事)
インドのモデイ首相の訪露に関しては別の記事も参考になる。
「首脳会談では、貿易経済、科学技術、人道分野における二国間関係の現状と展望について検討される見込みだ。
また、原子力エネルギー及び石油ガス領域、交通輸送、産業協力、軍事技術協力などの分野での巨大プロジェクト実現に特別の注意が割かれるだろう。
さらに両首脳は、現代世界の鍵を握る国際問題の数々についても話し合うほか、国連やBRICS、G20、上海協力機構といった国際組織の枠内での相互行動についても討議する。
なおプーチン大統領及びモディ首相と両国の実業界代表者達との会合も行われる。
交渉をまとめる形で、一連の二国間文書への調印が予定されている。」

インドのモディ首相が23日から訪露して、プーチン大統領と強固な同志関係を結ぶことが確定した。

これによって、露・中・仏・独・米・印。この6大強国の首脳による“同志関係”の輪が出来たことになる。

問題は、米国の戦争屋と、その手羽先・日本の存在である。
が、この2匹の闘犬は、蚊帳の外に追い出された“ならず者”なので、世界の大勢には関係ない。

ただし日本は、米国戦争屋どものラストリゾート(最後の拠点)になってしまっているので、何もかも全てを絞りとられミイラにされるだろう。この意味でも、日本脱出は必要だろう。

ニッポンは、国際社会から見れば、ならず者 なのだ。

多くの日本人は、魔坂!と思うだろうが、そうなのだ。

子鼠、ケケ中、ガン、野ブ田、ゲリゾ~以降のニッポンは…、
世界の“ならず者国家” になってしまった!

この現実が見えないシトは、最後は、(ホ死)する以外ない罠。
飯山 一郎
 

プーチン流 クリスマスの祝い方・アノニマスとコービンもクリスマス

世界の裏側ニュース

プーチン流 クリスマスの祝い方・アノニマスとコービンもクリスマス
2015-12-24 18:08:00

★プーチンのクリスマス


音楽がまたいい味出しているので、可能であればぜひ音つきでご覧下さい。

O0712037313520463378



ロシア語で一言、「イケてる!!!!!」としかありませんが、一体これは何なんでしょう?プーチン・・・っぽいですよね?衝撃的です。






最近RTで見かけた動画がこちら。

普通にチェスをしてもつまらないとでも思ったのか、とかく凍った水に飛び込むのがロシア人風の楽しみだからか、凍りついた湖でチェスをするロシア人たち。

他のRTのドキュメンタリーでも北極圏で働くロシア人も、ステータスのように凍った海に飛び込んだりしていました。

そんなロシア人たちを上で束ねているのがプーチンだと考えると、それだけでもすごいような。





Creepy Moment Putin's Face Appears Over New York


こちらは今年の夏に騒がれていた動画。ニューヨーク上空を飛行する鳥の群れが一瞬、人間の顔のような形になっています。しかもそれがプーチンに見えた人が多かったようで、「吉兆か凶兆か」なんて考えている人もいましたが。




****

★アノニマスのクリスマス


次はアノニマスからメリー・クリスマスです。



Anonymous - Merry Christmas   



ここまでやっちゃうとアノニマスって一体、何・・・?!という感じにもなりますが、冬は冬でホームレスの人たちが安全に一冬を越せるようにがんばっていたりもするので、たまにはこんなのやってもいいんじゃないかと。





****

★ジェレミー・コービンのクリスマス


イギリスの革命児、ジェレミー・コービン氏は「クリスマスに向けての祝辞」を辞退し、一部のメディアでは「テロリストのシンパがクリスマスをキャンセルしたー!」とでも言わんばかり騒いでました。

確かに社会情勢などを考えると、祝辞などしている状況でもないという彼の意見には私も賛成です。

イギリスのシリア侵攻決定の際には最後まで一貫して反対の姿勢を維持したコービン氏ですが、シリア攻撃決定直後にはいつもどおりのコービン氏に戻って、こんな活動をこっそりとしていました。




シリア難民のための募金活動で、週末にクリスマス・キャロルを歌って過ごしたジェレミー・コービンが確認される

Jeremy Corbyn spends weekend singing Christmas Carols to raise money for Syria refugees
12月6日【Mirror】http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/jeremy-corbyn-spends-weekend-singing-6966152

O0600045013520483005


(画像 https://twitter.com/YouMustBeAnna/status/673212133195300865


コービン氏は労働党党首に就任後も、メディアからの攻撃は止むことなく、「国歌斉唱していない!」などどうでもいいところばかり指摘されていますが、こういういい情報はあまり多くのメディアでは伝えられてないですね。

「例え権力の座についたとしても、絶対に核兵器の赤いボタンは押さない」などと発言しちゃう人間には、「まともな政治」ができないということなんでしょう。




Jeremy Corbyn dressed up as Santa Claus and it was absolutely magical   



しかし数日前にはテレビ番組にサンタ姿で登場していました。やっぱり天然で白い髪・ひげなのでしっくりと似合いますね!






「私は世界の平和を望んでいます」 シリア爆撃に反対するイギリス労働党党首、ジェレミー・コービンの独占インタビュー

"I Want a World of Peace": In Exclusive Interview UK Labour Head Jeremy Corbyn Opposes Bombing Syria   




コービンのサンタなら、クリスマスのプレゼントに世界平和を持ってきてくれそうです!

何も言わないまま…、さよならも言わずに…、この国を…、あんなに好きだった日本を棄てる日が…、近づいている。(飯山一郎)

文殊菩薩

何も言わないまま…、さよならも言わずに…、この国を…、あんなに好きだった日本を棄てる日が…、近づいている。(飯山一郎)

宮崎県にある気象庁の測候所の「全て」で、
湿度100パーセントが連続。


九州全域が同じような気象状況なんだが…、これは只事ではない。
…と思っている九州人は少ないのだが、尋常ではない!

ワシがいる鹿児島・大隅半島南部も、ズーッと、85%台の湿度。
空間線量も、昨年同時期の3倍近くに上っている地域も多い。

平年なら50%台の湿度が普通で、加湿器を使うんだが、今年は除湿機をフルスロットルで回している。
原因は、もちろんアレに決まってるんだが…、ヒトに言っても始まらんので、仲間以外には言わない。
何も言わないまま…、さよならも言わずに…、この国を…、あんなに好きだった日本を棄てる日が…、近づいている。
(飯山一郎)

古舘伊知郎の強引で一方的な降板の申し入れは…、只事ではない。トヨタ社長の場合と全く同じだ。(飯山一郎)

飯山一郎

古舘伊知郎の強引で一方的な降板の申し入れは…、只事ではない。トヨタ社長の場合と全く同じだ。(飯山一郎)

辛坊治郎氏、来年にも引退…太平洋ヨット横断に再挑戦のため
古館氏「報ステ」降板、後継者は調整中

「官僚・企業(トヨタ)に引き続き、芸能界の逃亡が始まったようです」 ときのこ女史が喝破している。
東京が文字どおりの生き地獄になることが、やっと見えてきたのだ。

それにしても、古舘伊知郎の強引で一方的な降板の申し入れは…、只事ではない。トヨタ社長の場合と全く同じだ。
(飯山一郎)


古館氏「報ステ」降板
テレ朝は慰留と感謝

furutachiend.jpgテレビ朝日は24日、「報道ステーション」(月-金曜、後9時54分)のメインキャスターを務める古舘伊知郎が、来年3月31日で番組を降板することを発表した。

古館キャスター本人から「現在の契約が終了する来年3月いっぱいで、出演を終了したい」との申し入れがあり、慰留したものの、最終的に「新しいジャンルにも挑戦したい」という本人の意向を受け入れたという。

古館キャスターは2004年4月の番組開始以来、12年にわたって「報道ステーション」のメインキャスターを務めてきた。

23日までの放送回数は2960回、その平均視聴率は13・2%で、テレビ朝日は「長期間にわたってテレビ朝日のプライムタイムの視聴率を牽引してくれました。これも日々の必死の努力と真摯な研鑽から生まれる、的確で歯切れのいいアンカーマンぶりのおかげであり、12年間の多大な功労に当社として心から感謝いたします」と特別な感謝を捧げた

 古館キャスターの降板後も「報道ステーション」は継続する予定で、出演者は現在、調整中だという。

気象庁 異常天候早期警戒情報発表

ニッポンの静かな末路

飯山一郎

2015/12/24(木)  

ニッポンの静かな末路

最後まで気づかない
「放射能が劣化・老化の原因? 魔坂!」
高市早苗
晒すつもりは皆無でも、晒さざるを得ない。
この国の末路を予兆するのは、先ずは、劣化と老化であるからだ。
それは…、
精神の劣化であり、身体、とくに顔の老化であるのだが、本人は気づかない。まわりも気づかない。
わずかな変化は、慣れがあるので気づかないのだ。
まして…、
その劣化と老化の原因が「ホ」である!と言われても…、「魔坂!」
と、一笑にふしてお仕舞い。
「ホ」なんて、まったく心配ない。アンダーコントロール!と、総理以下ニッポンのリーダーたちは、心底から思い込んでいるからだ。
まさに 「思い込んだら命懸け!」 で国を滅ぼす…。
真実・真相を知っているリーダーたちは、すでに逃げてしまっていて、東京にはいない。

大臣クラスの超大物が次々に亡くなる日』にワシは書いた。
これほどまでに死者が増えてくると、国家社会は崩壊する。
やがて、政府が統治権を放棄し、国家主権を投げ出す日が来る。
その目安、切っ掛けは…、元大臣クラスの大物や、国会議員がバタバタと倒れはじめ、隠しおおせなくなった時だ。
そのX-Dayは、一体いつか?
.
いつになろうとも、X-Dayは、近い将来、必ず来る!
子供たちの健康のことを考えると…、早いほうがE~!
X-Day(政府崩壊、首都崩壊)の予兆は、すでに各所に示現している。

ただし、日々の変化がわずかづつであるのと、思い込みが激しく、精神や認識力が劣化しているので…、変化が見えないのだ。

そのようにして、この国は、危機存亡の末路をほとんど意識しないまま、静かに穏やかに、森の巨大な倒木が自然に朽ちるように、日本列島の土壌の中に消えてゆく…。

気がついたら…、誰もいなくなっている。そんな最期。
飯山 一郎

2015年12月23日 (水)

稲の根本にあてごうた鎌はいずこに…

飯山一郎

2015/12/23(水)2  

稲の根本にあてごうた鎌はいずこに…

すめろぎは雌伏せざるをえず
国民の無事を祈る慈悲深いお言葉にあふるるも
国体敗北
天皇陛下は、お誕生日(平成27年)に際し、記者会見に臨まれた。
記者会見の全文は宮内庁のHPに掲載されている。 (宮内庁)
(会見年月日:平成27年12月18日 会見場所:宮殿 石橋の間)

平成27年の天皇誕生日に発表された天皇陛下のお言葉には、国民の無事を祈るお気持ちがあふれていた。

火山の噴火や河川の氾濫などの自然災害の被災者を慮るお言葉は、悲痛でさえある。

ノーベル賞や国産ジェット機の完成を寿ぎ…、戦後70年の節目の感慨として、「この1年は、先の戦争のことを考えて過ごした1年だった…」 と述べられ、末尾は高齢による忘れやすさを嘆かれた。

宮内庁 深謀遠慮なのであろう…、天皇陛下は「放射能の問題」には一切全く何も触れられなかった。

「触れてはいけませぬ!」 と宮内庁を通じて迫る政体側の圧力に屈したという見方もある。そうかも知れぬ。鎌を引かせてはならぬ!と思っただろう。

大震災から1周年の追悼式の天皇のお言葉には、

再びそこに安全に住むためには、放射能の問題を克服しなければならないという困難な問題が起こっています という文言があった。

そして本年は、鎌の根本に鎌をあてがふ という激しいお言葉。

こうした陛下のお言葉を封じ込めるために、政体側は全力をあげた! そうとしか思えない陛下の「遠慮」ぶりである。

陛下の今回の「ご遠慮」によって、日本から「ホの字」が完全に封じ込められた! このことをワシたちは納得しなければならない。

放射能まみれなのに、「放射能の問題」を完璧に封じ込めてしまったニッポン…。この結果、この国のなかで生き抜き、生き残れる日本人の数は益々減少の一途を辿るであろう。

以上が、飯山一郎の本日の結論。
飯山 一郎

ロシアの戦略爆撃ミサイル機Tu-160は、超音速機史上最大かつ最強の飛行機である。プーチンの「自信」の基盤でもある。

文殊菩薩

ロシアの戦略爆撃ミサイル機Tu-160は、超音速機史上最大かつ最強の飛行機である。プーチンの「自信」の基盤でもある。

戦略爆撃ミサイル機Tu-160は、超音速機史上最大かつ最強の飛行機であり、変形可能な翼をもち、また、世界で最も重量級の飛行機である。最大離陸重量は他の爆撃機中最大。また同機は最高速度をもつ爆撃機でもある。』
と、ロシアが言うだけのことは、ある。

米国の戦略爆撃機・B-1Bを真似たという説もあるが、世界最強であることは確かだ。シリア空爆でも、Tu-160は最新鋭の巡航ミサイル・X-101を発射し、その高精度な攻撃の威力は動画も公開されている。 (記事)

今や、ロシアの空軍力は、世界最強である。(記事)
このことは、プーチンの自信の基盤でもある。
下のTu-160のスペックを見ていると鳥肌が立つが、世界の現況を知るためには熟視・熟読が必要だ。
(下の画像をクリックすると別窓に拡大図が出る。)
(飯山一郎)

Tu160.png

祝出版 ♪~

人生は冥土までの暇潰し

祝出版 ♪~

15122113.jpg

飯山一郎さんが新刊本を、ナント2冊も立て続けに出版するのだという。
◆2015/12/22(火)  売文業になるな! と自戒する日々。

1冊は響堂雪乃氏と共著で、『終末社会学辞典』という辞書を出版するとのこと。飯山さんによれば、「ピアスの『悪魔の辞典』を超えた、抜群に面黒い辞典形式の書籍」 らしい。実は、亀さんもこうした類の辞書が大好きで、『The Devil's Dictionary』(悪魔の辞典)は、書名こそ知っていたものの、実際に目を通したことはないが、もう一方の雄、『The Left Handed Dictionary』(左手の辞典)は、今でも大切に保管しており、時折目を通しているほどだ。

15122112.jpg   15122111.jpg

なるほどネェ、飯山一郎さんという人間を造ったのは、一つに『悪魔の辞典』があったのかぁ…。その伝で行けば、今の亀さんを造った辞典、つまり亀さんが捻くれた性格になってしまったのも、『左手の辞典』のせいだ…(T_T)

ここで飯山さんと響堂雪乃氏にアドバイス、「亀さん」とう項目を新たに設け、以下のように定義を入れるとE-カモ…。大ベストセラーになること間違いナシ!

亀さん:もしもし亀よ亀さんよ、世界のうちでお前ほど、ハンサムなものはない、どうしてそんなにハンサムかぁ…

もしもし亀よ亀さんよ、世界のうちでお前ほど、スケベーなものはない、どうしてそんなにスケベーかぁ…

ところで、もう一冊の『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』という本、飯山さんによれば「理論と実践を融合した世界初の行動哲学書で、世界の構造を知りつつ、同時に読者の健康を増進し、寿命を延ばす!という世界で始めての構成・構造になっている」とのことだから、発行即発禁ということになりそうな予感が…。焚書坑儒扱いになる前に、急ぎ同書を手に入れておこう!

ところで、家を飛び出し巣立った息子(同い年の〝息子〟のことではない、念のため…)に亀さんが送った本は、過去4年の間に以下の5冊しかない。

『発酵マニアの天然工房』(きのこ 三五館
『豆乳グルグルヨーグルトでー腸美人!』(マキノ出版)
『体質と食物』(秋月辰一郎 クリエー出版)
『昭和天皇の悲劇』(小室直樹 光文社)
『「今のロシア」がわかる本』(畔蒜泰助 知的生き方文庫)

来春は、2冊(『終末社会学辞典』および『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』)を送ってやらなければ…。

ところで、先日の拙稿で紹介した『「今のロシア」がわかる本』だけど、拙稿「今のロシア」がわかる本を アップする前に念のため確認しておいたところ、アマゾンで在庫が60冊ちょうどだったんだが、本稿アップする直前に再確認してみたところ、ナント残り21 冊…、2人の息子にも是非読んで欲しいと思っていたので、今慌てて2冊分を発注したところだ…。それにしても、『「今のロシア」がわかる本』の良さが分か る人が、40人以上もいたとは、日本もまだまだ捨てたもんじゃないワイ…。

15121605.jpg
60冊あったのに…

15122105.jpg
ナント今や残り21冊…(T_T)

もう5年だから、突然死はいたるところでだな。新幹線運転中とか恐怖だなぁ。

2015年12月22日 (火)

「安全だと言って将来影響が出たらゴメンじゃ済まないし、 危険だと言って将来影響なかったなら良かったねで済むじゃない。」←こういう論者がおられるかぎり、日本の知性は死なない。危険を察知しなかった人は全員死んでしまうが…。

文殊菩薩

「安全だと言って将来影響が出たらゴメンじゃ済まないし、 危険だと言って将来影響なかったなら良かったねで済むじゃない。」←こういう論者がおられるかぎり、日本の知性は死なない。危険を察知しなかった人は全員死んでしまうが…。

根源に迫る本当に深い思索をする知識人が日本からは消えた。
しかし下のツイートのような根源的な問を発する方々が、まだまだ日本におられる。
尊敬と連帯のエールを送りたい。
下のツイート、どうか熟読されんことを!>同志の諸君

放射能の影響は無い、と断言する人は、もし万が一、今生きてる子供たちが近い将来深い傷を追って苦しむことになったり、命を落とすような事になった時に、その責任を負うだけの深い覚悟を持って、影響は無いと断言しているのだろうか。僕には、とてもそうは思えない。— おかあつ日記

安全だと言って将来影響が出たらゴメンじゃ済まないし、
危険だと言って将来影響なかったなら良かったねで済むじゃない。
安全だと言う輩は、将来放射能の影響だと思われる病気が出ても因果関係は無いと切り捨てるつもりしかない。ー消費税は減税氏
(飯山一郎)

逃避、逃散、脱出、脱藩、首都放棄。

飯山一郎

2015/12/23(火)3  

逃避、逃散、脱出、脱藩、首都放棄。

 
豊田章男社長、五輪組織委副会長
突如辞任の「なぜ、なぜ、なぜ…」
辞任の(ウラの真の)理由は、亀さんが書いた
辞任
拡大
「なぜ、なぜ、なぜ…」と5回ぐらい繰り返したくなる突然の辞任劇である。2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の副会長を務めていたトヨタ自動車の豊田章男社長が辞任したという。本人からの申し出があり、了承されたそうだ。後任にはパナソニックの津賀一宏社長が就任することで内諾を得ているという。
12月21日夕方、組織委員会の武藤敏郎事務総長が記者会見を開いて発表したもので、きょうの産経が1面と社会面のトップで報じたほか、東京も1面と総合面で解説記事を掲載している。

ただ、他紙もスポーツ面などで取り上げているが、読売は社会面の片隅に小さく掲載。朝日もスポーツ面で2段記事。1面トップからベタ記事まで、各紙の取り上げ方に温度差があるのも「なぜ?」だろうか。

豊田副会長は「リオデジャネイロ大会を前に組織委員会と経済界の連携がますます重要になってくることから、私自身の役割・立場を整理し経済界としての大会支援体制を、さらに充実強化していきたいと考えました」との談話を発表している。

上は、『レスポンス』 の記事。続きを読むには ココをクリック

なぜ? どうして豊田章男・トヨタ社長が東京五輪組織委員会の副会長を辞任したのか?! 真の理由、ウラの真相は、いったい何か?

人生は冥土までの暇潰し』の亀さんが、ズバリ!と書いた。

「豊田副会長が突然辞任」という記事では、豊田副会長は具体的に言及していないものの、推測するに東京オリンピックが中止になることを薄々気づいているのではないか…
亀さんがズバリ!と推測した記事を読むには ココをクリック

それにしても…、トヨタは流石(さすが)だ。逃げ方が上手い。

逃避、逃散、脱出、脱藩、首都放棄が始まった!ということだ。
飯山 一郎

陰謀論者には世界が見えない

飯山一郎

2015/12/22(火)2  

陰謀論者には世界が見えない

無数の陰謀が渦を巻き
特定の勢力が世界を動かす!というのは妄想
PO
「米国発表の脅威リスト、ロシアは列挙されず」(記事)
これは米国の外交問題評議会(CFR)の「予防的最優先調査」。
いっぽう…、
『ブルームバーグ』は、来年2016年の「悲観的予測ワースト10」を発表。ロシアの政治の国際舞台での成功が予測されている。
第1のシナリオはプーチン大統領が「ダーイシュ(IS、イスラム国)」との戦いの合意プロセスで「オバマ米大統領をまんまと騙し」、ロシアに都合のいい条件を押し出すというもの。
さらに、メルケル独首相が欧州実業界の代表らの説得に負け、反露制裁の緩和に同意する。こうしてプーチン氏は自分に必要なものを全て手に入れる。
もうひとつ。
『ブルームバーグ』が考える不快なサプライズは、共和党に大統領選への出馬をとりつけたドナルド・トランプ氏がその後、選挙戦で躍進するというもの。 (記事)

世界を陰謀論でもって、いとも簡単に分析してしまう論者がいる。

オバマは欧州寡頭勢力寄りのゴールドマンサックスの傀儡(かいらい)だの、金正恩は米国CIAが動かしているの、やれイルミナティの、ロックフェラの、ロスチャイルドの、王族会議のと…、世界が特定勢力の意のままに動いているかのように考える単純な連中だ。

たしかに…、アベッチが米国戦争屋勢力の戦争陰謀に忠実に従う姿をみれば、日本の政治は陰謀論でスッキリと分析ができる。

しかし、そのロボットの安倍も、あるときはアーミテージやM・グリーンの意を受け、次には日米合同委員会の意向を真に受け、谷内正太郎の意見も聞き…、その時々の圧力や申し入れに合わせながらも、最後は総理として政治的な決定を下す…。

特定勢力の安倍担当者が安倍に付きっきりで安倍晋三に指示を出しているワケではない。

「米国大統領も、しょせんは米国奥の院の操り人形だ」という陰謀論もあるが、憶測でしかない。

米国大統領には国内外からの強力な依願・請願から暗殺含みの脅迫まで強烈な圧力がかかる…。その「圧力」や「要請」をカワしながら最終決定を下すのはオバマであり、大統領専決特権という強権だ。

かつてオバマは、“暗殺含み”のオドシをかけられ、「シリア空爆を決定!」と発表した。ところがオバマは「即!シリア空爆」とはせずに、議会の承認を求めた。これでシリア空爆は結局は実行されず。

この狡猾な「延期主義」は、戦争屋の恐喝をカワすためのオバマ独特の得意技だ。 (記事)

結局のところ、政治的決定は大統領の人間的な資質で決まるのだ。

ところで…、きょうのオバマとプーチンのツーショットを見れば、二人の相性がピッタシカンカンであることが分かるだろう。

「テキ」にスキさえ見せて、談笑する二人…。

これが例えばプーチンとマケインだったら、場は険悪な噴霧器になってしまう。何も決まらない。下手すると軍事衝突が勃発する。

世界のトップ首脳が丁々発止のネゴをする高度な国際政治も、その政治過程は、首脳たちの相性や個性によって左右されるのだ。

米国戦争屋が上の写真を見たら、「オバマの野郎は、なんでプーチンなんかと仲良くしてるんだ?!」 と怒り心頭であろう。

それでもオバマは邪悪な陰謀勢力の圧力をイナし、オドシをカワしながら、アメリカ合衆国を非戦(戦争をしない)国家につくりかえてきた。

このヘンの綾(あや)は、陰謀論者には分からないだろう。
飯山 一郎

福島第一原発2号機 重要装置の部品溶け事態悪化か NHKニュース

売文業になるな! と自戒する日々。

飯山一郎

2015/12/22(火)  

文業になるな! と自戒する日々。

飯山一郎新刊
世界を知り 身を守る
書名:『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』
飯山一郎本今年の後半、ワシは2冊の本を書いた。(発売は来年早々。)で、一冊は響堂雪乃との共著『終末社会学辞典』。これはピアスの『悪魔の辞典』を超える抜群に面黒い辞典形式の書籍だ。
もう一冊は、『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』。内容は「理論と実践を融合した世界初の行動哲学書」で、世界の構造を知りつつ、同時に読者の健康を増進し、寿命を延ばす!という世界で始めての構成・構造になっている。
この本は、買って読んだヒトと読まないシトの差が、生死を分けるほど違う!というイノチの本だ。
すでに全国の書店から続々と申し込みが入り、発売前からベストセラーの呼び声が高い。
あと半月ちょいでワシは70才になる。なのに壮年のイノシシような勢いで人生を猛進している。ヴァッカ蛇ないか!と、自分でも思うんだが…、ヴァカなん蛇ろ~www

それはそ~と、来春発売の『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』という本は、太陽と月、月とスッポン、『実践論』と『矛盾論』が合体したような本で、生死の分かれ目ともなる本だ。

 技:「混迷の日本で生き残る術!」
 体:「放射能時代を生き抜く鍵!」
 心:「己を愛し、隣人を愛し、国を愛し、地球を愛する!

とかというキャッチコピーが出回るハズですが…、本心です。

「世界み読み方」、「身の守り方」が分かりやすい順序で次から次に出てくるので、知恵と技術がバッチリと身につく画期的な構成。

読者を絶対に裏切らない! 買って良かった! 何度でも読みたい! どこからでも読める! という、今までに無かった内容構成になってます。

飯山一郎、(頭脳明晰な朝に)渾身の知恵を絞って書いた本。
発売まで1ヶ月ちょい。出たら買って猪ー大寝!>皆の衆
飯山 一郎

ただ今の電車遅延 結構遅れてるだね

福島県双葉町の看板「原子力明るい未来のエネルギー」が撤去。標語を考えた大沼さん「過ちを伝える遺物として現場に残すべきだ」

健康になるためのブログ

福島県双葉町の看板「原子力明るい未来のエネルギー」が撤去。標語を考えた大沼さん「過ちを伝える遺物として現場に残すべきだ」

公開日: 2015/12/21 :

CWtqgSgUYAApP97

http://mainichi.jp/articles/20151221/k00/00e/040/145000c
「明るい未来」の看板は1988年、国道6号沿いの町体育館前に、もう一つは「原子力豊かな社会とまちづくり」などと書かれ、91年に町役場の入り口近くにそれぞれ町が設置した。原子炉増設の機運を高める目的で、標語は町民らから公募した。

 看板は立ち入りが制限される帰還困難区域にあり、町は「補修や点検ができず、部品落下などの危険がある」として撤去と廃棄を計画。しかし、小学生 の時に「明るい未来」の標語を考えた大沼さんらが「過ちを伝える遺物として現場に残すべきだ」と訴え、各地の脱原発集会などで集めた6902人分の署名を 今年6月、町に提出した。これを受け町は、県などが同町や隣接する浪江町に整備予定の「復興祈念公園」に移設することを検討している。

 大沼さんは事故後、古里の双葉町から茨城県古河市に避難し、脱原発社会を目指して太陽光発電事業を始めた。撤去される看板を見ながら「悔しい思いでいっぱいだ。国策に振り回される同じ失敗を繰り返さないよう、外した看板は必ず展示してほしい」と話した。

続きを読む "福島県双葉町の看板「原子力明るい未来のエネルギー」が撤去。標語を考えた大沼さん「過ちを伝える遺物として現場に残すべきだ」 " »

12月20日湿度100%発生地点(確認できた範囲で)

移動すべきだと思った人たちは、すでに移動済みだ。残りの方々は、いわゆる「脳天気」で、移動しようなどという考え方どころか、そもそも危機感を感じない人たちで…、静かに腐るように死んでゆく…。(飯山一郎)

文殊菩薩

移動すべきだと思った人たちは、すでに移動済みだ。残りの方々は、いわゆる「脳天気」で、移動しようなどという考え方どころか、そもそも危機感を感じない人たちで…、静かに腐るように死んでゆく…。(飯山一郎)

川上直哉(牧師・神学博士)という方が、『「原子力災害の第二段階」を前にして』という良く整理された文章を公開した。 本年の「放射性水蒸気」の問題には触れてないが…、私は熟読した。 ひとつだけ言うと…、「数千万人の規模での人々の移動が起こるだろう」という川上氏の予測は当たらない。  移動すべきだと思った人たちは、すでに移動済みだ。残りの方々は、いわゆる「脳天気」で、移動しようなどという考え方どころか、そもそも危機感を感じない人たちで…、静かに腐るように死んでゆく…。以上。
(飯山一郎)

「原子力災害の第二段階」を前にして
2015年11月11日
東北ヘルプ事務局長 川上直哉
牧師・神学博士)
川上直哉 略歴
1973年、北海道に牧師の息子として生まれる。神学博士(立教大学)・日本基督教団正教師。宮城県教誨師(日本基督教団東北教区から派遣)、宮城県宗教 法人連絡協議会常任幹事(日本基督教団東北教区宮城中地区から派遣)、仙台白百合カトリック研究所研究員、仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク (NPO法人「東北ヘルプ」)事務局長、食品放射能計測プロジェクト運営委員長、東北大学「実践宗教学」寄附講座運営員長、世界食料デー仙台大会実行委員 長(2015年4月現在)


【要旨】

1.定義
 2011 年 3 月 11 日に起こった地震と津波によって、東京電力福島第一原子力発電所が爆発事故を起こした。この際起こった被害は、徐々に明らかになった。避難時の不手際などに よる悲劇を含めて、これを「原子力災害の第一段階」と呼ぶ。
「原子力災害の第一段階」において、たとえば予防原則に基づいて適切な措置が取られて いれば起り得なかった災害が、今、起りつつある。それを「原子力災害の第二段階」と呼ぶ。

2.転機
「原子力災害の第二段階」が始まる転機は、2015 年秋に認められる。

3.社会的状況
 この 2015 年秋には、「福島安全宣言」に類する動きが活発化してきている。これは、震 災以後続いた体制の行き詰まりを示すものとも見える。

4.見通し
 2016 年中には、内外の惨状がある種の「閾値」に達し、原発事故直後に起こったと同様 の社会的変動が起こると見通せる。

5.結論
 キリスト教支援団体である我々は、上記の見通しの中で、自らの役割を果たす努力を更に具体的に進める。それは、宗教の領域において可能な努力を尽くすこ とで、政治・経済・法・ 報道・学問の各領域で同様の努力が進められることへの刺激となることを志してのことである。そのように各自が「持ち分」を誠実に引き受け始めることによっ てのみ、未曽有の事態に茫然自失しているこの国の再生が始まると信じている。



【本文】

 2015年秋は、大量の情報が流れ出た記念すべき時として記録されることだろう。それは「原子力災害の第二段階」の始まりを画するものとしてまとめられる。以下、その報告をまとめ、今後の流れを予測し、支援活動の方針を考える資料とする。

1.「原子力災害の第二段階」とは
 2011年3月11日に起こった東日本大震災により、東京電力福島第一原子力発電所1~4号機は爆発事故を起こした。(国会での証言資料によると)セシウム137だけでもヒロシマ型原爆の160倍程度の汚染が引き起こされ、(ある英語文論文によると)セシウム134だけでもチェルノブイリ原発事故の3倍程度の汚染が引き起こされ、(報道された限りにおいて)プルトニウム239だけでも32億ベクレルの汚染が引き起こされた、とされる。(2014年11月のドイツにおける日本人の研究によると)ヒロシマ型原爆の7万倍のプルトニウムが降下した。避難時の不手際も続発し、多くの悲劇が起こった。また、(NHKの報道によると)東京電力福島第二原発と東北電力女川原発においても、270億~6200億ベクレルの放射性ヨウ素が放出された。これを「原子力災害の第一段階」と呼ぶ。
 その際、ほとんどの地域で安定ヨウ素剤が配布されなかったことに始まり、諸々の「不作為」が続いて現在に至る。たとえば、1986年の原子力災害におい て、特にその5年目(1990年)の9月に開催された「第一回チェルノブイリ事故の生物学的、放射線医学的観点にかかる国際会議」以降順次定められた「チェルノブイリ基準」に従えば、「移住の義務」を課せられる土壌汚染が無数確認される福島県中通地区においてすら、公的な除染の際に土壌の汚染状況を計測することは、2015年現在、全く検討されていない。その不作為の結果起こってくる悲劇を、「原子力災害の第二段階」と呼ぶ。
 現在、この「第二段階」の始まりが見えていると思われる。


2.転機
 「第一段階」から「第二段階」の転機は、小児甲状腺癌の多発が確認されたところに認められる。それは、10月8日の外国人特派員協会における津田俊秀氏の会見が具体的な契機となる(この会見内容については、既に英語でも報道されている)。
 この秋には関東地方での小児甲状腺の異常が報道され、茨木県北茨木市での甲状腺異常が報道された。その後、2011年時点で未成年であった千葉県柏市民173名の内11名が甲状腺癌およびその疑いであることが発表された柏市の未成年者数はおよそ7万人程度と推定されるので、「11人」という数字は、極めて高い値を示している。
 上記は、2011年の原子力災害が1986年のチェルノブイリ原発による原子力災害の後を追いかけていることを示している。1986年の原子力災害の場合、6年目・7年目にかけて、各種の疾患数が爆発的に増加している。来年6年目を迎えるのが2011年の原子力災害である。各種の疾患数はどうなっているのかを確認することは、意味あることだと思う。
 実際、日本においては、例えば急性白血病の診療実績が右肩上がりに増えている。 ただし、福井県、大阪府、和歌山県、鳥取県、香川県も大幅に上昇していることは注意が必要である。このことは、二つの可能性を示している。一つは、がれき や土砂等の移動による被ばくの拡散という可能性、もう一つは、そもそも2011年の原子力災害の被害は本州全域に影響を与える規模であったという可能性で ある。2013・14年のお茶とキノコから行政が確認した放射能の数値を整理すると、静岡県や長野県における汚染の高さがわかる。各地の行政が発表した空間線量の報告を集めてみると、愛知県県境の西側付近で震災前の二倍以上の放射線量を確認している場所があることがわかる。
 1986年の原子力災害の後、甲状腺癌については、子どもよりもむしろ大人の発症数が爆発的に増え、その発生率も永続的に右肩上がりとなることが報告されている。例えば甲状腺単科の専門病院である伊藤病院の外来件数の推移(現在は2014年まで公開・2010年比は微増)に、今後注目することが有益と思われる。


3.社会的状態
 しかし、上記のような事態にもかかわらず、社会は反応していない。むしろ、5月15日には「『福島安全宣言』実行委員会」が組織され、9月23日には6号線を中高生に清掃させるイベントが行われ、10月12日には南相馬市でサーフィンの全国大会が開かれた。
 他方で、東北ヘルプの「短期保養」支援プロジェクトは2013年から2015年10月までに560回を超える面談を東北・関東で行い、子どもの健康被害を訴える親たちの声を拾ってきた(報告書「東北ヘルプ「短期保養支援」の面談結果について」および「保養面談報告書」を参照)。この声と、上記の動きと、両者の間にある乖離は激しいものとなっている。
 ただし、上記の「『福島安全宣言』実行委員会」の代表である矢内筆勝氏は「幸福実現党」の総務会長 兼 出版局長であり、会の事務局所在地は「幸福実現党福島後援会」の住所と同一である。またこの会の顧問には田母神俊雄氏が就任している。予断を敢えて記せ ば、この運動はむしろ、今後健康被害が隠し切れなくなった時の「トカゲのしっぽ切り」のために、憎悪の対象を明示する作業が行われている、とも見える。
 沖縄・辺野古における基地建設を巡る政府の動きも、また、所謂「アベノミクス」の現状も、現体制の行き詰まりを如実に示しつつある。そうした中で「原子力災害の第二段階」が現在進行している。


4.見通し
 以上を踏まえて、今後、大きな社会変動が起こることが予想される。具体的には、数千万人の規模での人々の移動が起こるだろう。その混乱はどのようにして 起こるか。上記の情報と、現在東北ヘルプが担っている支援活動、とりわけ562回の面談を行い126世帯(大人299人、子ども307人)の状況を定期的 に聞いて得られた情報とを総合すると、以下のような見通しが示され得る。

(1)2015年度中に政治的状況が激変する。
 2011年の原子力災害の結果、ある昆虫(ヤマトシジミ)においては、「骨格」に相当する部分の異常が5世代目をピークに増加することが、既に実証されている。2013 年 3 月 25 日には、福島県飯館村では馬の不審死が相次いでいると、フォトジャーナリストが報道している。また、放射能の強い地域のモミの木に異変が起こっていることを報告する論文(英文)も2015年2月にされた(なお、この報道においては、2011年の原子力災害の方が1986年の原子力災害よりも深刻な状況にあることが示唆されている)。
 元外務官僚である原田武夫氏は、2015年11月1日公開の「安倍晋三総理大臣への公開書簡」に おいて、同年12月には日本経済に行き詰まりが起こり、そして「福島第一原子力発電所を巡る健康被害の実態」が明らかにされる、としている。この書簡は実 名で公開されていることから、注目に値する。経営学の専門家(大学教授)と外交の専門家(元大使)にこの内容についての評価をお願いしたところ、以下のよ うに回答を得た。

「興味深い内容であり、出鱈目を述べていると断ずることはできない。外交関係についての記述については、確かな情報源をもっていることがうかがわれる。経 済的な記述については、6割方、正しい記述である。ただし、中小企業と組んだビジネスに絡んで議論がなされていることが気になる。また、日銀の量的緩和に ついての理解については、根拠が示されずに私見が前面に出てきている。中小企業に対する大手銀行員の理解・態度については、現在のトレンドを提示していな い。これらの点が、説得力を減じている。」

 2015年10月26日の報道によると、事故当時、事故現場から20キロ圏内で避難誘導を担当した自衛官など、約三千人の内、38パーセントが、作業中に「1ミリ㏜」以上の被ばくをした。この人々の健康被害が明らかになるというのが、上記原田氏の議論であった。
 川上の周辺に、癌および脳・心臓の血栓を患う人が増えてきている。保養相談においでになった方のお一人のご友人は、都内の幼稚園の経営者の立場で、奇形・ 体調不良の入園者が増加していることに恐怖を感じ東京を去って九州へ転居した、という。こうした動きが、どこまで広がるか。その流れ次第で、比較的早い段 階(年度内)で大きな変化が訪れることになるかもしれない。

(2)2016年3月に社会的状況が反転する。
 「真実を探すブログ」といった個人のブログは、これまで、多くの情報を整理してきた。しかしそこには編集の作業や反証の検討において、不足が多々見られる。これをもって「移住」といった大きな決断ができる人は、決して多くないものと思われる。
 現在、内外から数多くのジャーナリストが原子力被災地を取材している。「国境なき記者団」の某記者から直接聞いたところによると、ジャーナリストにとって は「日付・年数」の数字が重要であるとのこと。つまり、「5年経過したフクシマの3月」といったキャッチコピーを付すことができるまで、今調べていること を発表することをしない(できない)のが、ジャーナリストである。それは経済的な理由による動かしがたい現実である、とのことだった。
 10月20日に白血病を発症した廃炉作業員に労災が認定された、というニュースが報道されながらも、11月6日の共同通信は汚染地帯を中高生に清掃させたことへの批判を「誹謗中傷」と報道した。このように、現状は、各ニュースが突き合わされることなく陳列されている状況にある。これはジャーナリストの作業が顕在化していないことを端的に示していると言えるだろう。
 ということは、現在進められている内外のジャーナリストの調査が世界中で一斉に報道される可能性があるのが、2016年3月、ということになる。それは、日本の空気を一変させる可能性がある。
 川上は支援の現場で「5年が限度」と感じている母親たちの多くいることを見聞きしている(報告書「東北ヘルプ「短期保養支援」の面談結果について」および「保養面談報告書」を 参照)。今年になってから、「離婚してでも」子どもを移住させようという思いが、母親たちの間に強くなっている。夫への絶望がそこに見られる。そうした中 で、現在曖昧とされている事柄が整理され提示されたなら、2011年3月11日以降の数週間の間に起こったように、母親たちが一斉に行動を起こすかもしれ ない。

(3)2016年中に国際的環境が厳しさを増す。
 10月25日の新聞において、除染で使用した道具が、2012年以来、「一般のごみ」としてコンビニなどに廃棄されていることが報道された。
 2014年12月31日の新聞で、東京電力が、福島第一原子力発電所の解体作業に際し使用していた放射性瓦礫飛散防止剤を10倍に希釈していたことが報じ られた。この年の夏までの間、南相馬市の農家から「放射性物質が飛散している」との指摘を受けた日本国政府と東京電力は、一年がかりの調査の結果「三号機 から大規模な放射性物質の拡散がなされた」といったん発表したが、すぐにそれは「再計算」によって訂正・撤回され、結局この問題は「飛散の原因は不明」と されていた(経緯のまとめはこちら)。
 2015年10月29日、東京電力は記者会見を 開き、格納容器外の場所で最大9.4㏜毎時を計測したと発表した。それは45分で人が死ぬ空間放射線量であるという。つまり、2014年12月31日の報 道は、そうした現場の粉塵飛散防止がなされないままに原発周辺のがれき撤去作業が行われた、ということを伝えていることになる。
 上記は、放射性物質による環境被害が継続して拡散している可能性をうかがわせる。国内では、このことへの批判は弱い。しかしこれが国際社会を相手にした場合、どのようになるか。
 米国のFM局のサイトは、2015年10月31日、福島第一原子力発電所事故現場から毎日300トンの汚染水が流出していることを伝え、その影響について詳細に報道した。
 2015年9月25日のNHK国際放送は、2号機の核燃料のほとんどは格納容器の中に残されていないことを、名古屋大学の森島邦弘教授が結論付けたと報じた。また、環境中に核燃料が露出している危険性を、2015年7月の英語版の日本の新聞は、はっきり指摘している。2011年の事故後、放射性物質の排出量は当初の想定よりもはるかに多く、また、はるかに長期間にわたっていることが、東京大学や九州大学の調査で明らかにされたと、英語で2014年に報じられている。しかし日本でこのような報道は、ほとんどなされない。

 2014 年、米国では、原子力災害に携わる日本の高級官僚が「平気で」放射性物質を拡散させていることを告発する番組が放映され、また、フランスでは、海洋および大気における汚染を検証する番組が 放映された。福島県のある地域に住む女性の証言によると、カナダへ書籍その他一般的なものを郵送する際でも、送り元に Fukushima の文字を入れると、徹底的な検査を受けて送付先には届かず、それではと、Fukushima を書かずに送ると、そのまま届く、という。これは、世界の危機感を伝える一つの証言である。
 キログラム当たり5万ベクレルを超えるマッシュルームの画像情報が、2015年10月29日に英語のサイトにおいてアップロードされた。10月20日には、廃炉作業員の白血病発症に労災が認定されたことも英語で報道された。9月15日にはポーランド語と英語で福島県内の状況が詳細に報道されている。以前にも、たとえば2012年4月に、米国で流通する日本産の海苔の放射線量が高いことが米国の環境団体のサイトで報告されていた。今後、こうした情報が五月雨式に出、噂レベルでの関心は強まるだろう。
 日本は海洋法に関する国際連合条約の締結国である。締結国各国は自国の排他的経済水域の環境について管理する権利を有している(56条)。原発事故現場から排出される汚染水についての評価は、各国が主体的に判断するものであって、日本国政府の指示に従うものではない。
 従って次のように結論付けることができる。仮に、2015年度中に健康被害の顕在化が政治的影響をもたらさず、2016年3月の報道によって社会が変化しなくとも、その両者は国際的な影響(外圧)となって日本に押し寄せることになるだろう。2015 年 11 月 5 日の Japan Times 紙は、「2020 年オリンピックからの名誉ある撤退」を求める記事を掲載し、すぐ、英語でそれに続く報道がなされている。こうした動きは今後強くなり、2016 年には大きな影 響を日本全体に与えるものと思われる。


5.結論
 我々はキリスト教に基づく支援団体である。以上の見通しは、我々の支援のためにあえて獲得するものである。
 以上のような見通しの中で痛む魂への配慮こそ、我々の課題である。我々の課題は、政治的変革でも、経済的利益の追求でも、法的正義の確保でも、情報の公開でも、真理の追究でも、治療・衛生でもない。
「魂」の語をもって、「精神(霊)」と「肉体」の総合を指す。全人的な支援を担うために、上記の見通しに従って、以下の支援を行う。

a. 原子力被災者の尊厳を守る。そのために、被災者各位の自己決定のそれぞれを尊重する。あらゆる宗教的立場(キリスト教を含む)・政治的立場(反原発を含む)については、常に中立を旨とする。以上を理解し賛同するチャプレンを派遣し、絶望から人々を保護する。

b. 原子力被災地に留まりたい、留まろう、と志す人に対しては、「減災」のために必要な情報を提供する。具体的には、内部被ばくを避けるための食事レシピや短期保養のための情報や資源を提供し、土壌と食品の放射能計測を行う。

c. 原子力被災地から避難したいと志す人に対しては、その避難を支援する。そのために、

c-1. キリスト教のネットワーク(YMCA、YWCA、「友の会(羽仁もと子の系統)」等)に、避難者を保護するための各地の市民活動を、つなげる。このネッ トワークを活用し、米国黒人奴隷解放運動のために作られた「地下鉄道」の故事に倣い、避難したくてもできない人々のために可能な奉仕を行う。
c-2. 非難希望者が避難のイメージを具体的に描けるように、避難した体験談を提供する。
c-3. 避難希望者が避難の契機をつかめるように、今後の見通しを日々更新しつつ提供する。

 以上を実行するために、以下のような体制で支援活動を展開する。

(1)本部事務局の維持管理:年額約600万円
 (事務局長1名・職員2名・事務所家賃・自動車維持費・通信費・その他雑費)

(2)放射能計測所の維持管理:年額400万円
 (職員2名・計測機器維持管理)

(3)支援活動費:年額1000万円
 (チャプレンによる訪問傾聴・チャプレンの連絡協議・集約された情報の発信)

(4)短期保養支援費:年額500万円
(年間250回の短期保養を支援)

 現在、国内の献金でおよそ1500万円が確保できる体制にある。今後、上記(3)(4)を獲得するために、国内外の諸団体に、合計1000万円の資金申請を行うこととする。


(以上)
資料論文『「原子力災害の第二段階」を前にして』(川上直哉)の反響例

詐欺師の言葉は美しい!

飯山一郎

2015/12/21(月)2  

詐欺師の言葉は美しい!

美しい言葉は悪魔の誘惑
「原子力 明るい未来のエネルギー」
双葉町
東京電力福島第一原発(フクイチ)が立地する福島県双葉町で、町の中心部の2か所に設置されていた原子力の推進をPRする看板の撤去作業が21日から始まった。

原発事故で町の全域が避難区域になったうえ老朽化が進み、一時的に戻る住民に危険が及ぶおそれがある、というのが撤去の理由。

ウソつけ! 双葉町の住民をダマした詐欺言語の撤去だろ!)

ヒロシマ・ナガサキに原爆を落とされ、悲惨きわまる核被害。これを忘れさせるキャッチ・コピーが、「核の平和利用!」

はては…、
「原子力 明るい未来のエネルギー」に、「夢の原子炉 もんじゅ」。

美しい言葉でダマされ続け…、今も、「デトックス・サプリ」の、「至宝の乳酸菌」の、あげくは日本の主力企業の大半が「食べて応援!」

その最終局面が…、すでに始まっている多病・多死社会

嗚呼…、
泣きたくても泣けない…、このザマ!

こうなったら…、とことん見てやる! ニッポンの生き地獄。
飯山 一郎
【PS】 きょうも重要な情報が入ったんだが…、
あとで発表する『腹巻き保温器』を腹部に巻き、横になって電話していたら、気持ち良くなって、イビキをかいて寝ちまった。
だっから重要情報も、うろ覚え。
なんでも、双葉町の近隣に、2万人を収容するミニタウンの建設が始まるんだって。莫大な予算らしい。
(情報をくれた天神のオッサン、寝ちゃって勘弁ね!)

2015年12月21日 (月)

明日22日のお昼頃に、東電福島原発からの風が関東に到達する予報です

絶体絶命。打つ手なし。

飯山一郎

2015/12/21(月)  

絶体絶命。打つ手なし。

これが現実!
ところが「ダチョウ以下」の人には理解できない
12/18NHK
高山清洲のブログに上の写真が載った。
ようやくマスコミが真実を伝えた』という高山清洲の記事は、フクイチの真相をNHKが小出しに公開しはじめたということか?

隠しとおせなくなった、隠せない事情が他にもある、ということか?

いずれにせよ、上空から見たフクイチの大爆発した原子炉はモクモクと湯気・水蒸気を噴出させている。これが5年近くも続いてきた。

しかし、こんなことは4年半前から分かっていたことだ。

1、2、3、4号機の全てが大爆発し…、全ての核燃料が環境中に飛散し、あるいは沈下デブリになった。総量は何千トン!

そうして、地下デブリは激しく臨界し、地上に放射性水蒸気やプルーム(放射能雲)を噴出させている…。

こんなことは、ライブカメラを見続けてきた人間には、常識だ。ライブカメラ映像のストレージは、このサイトで今でも見られる。

虚心坦懐に見れば、全てが分かる。

いま、この国で、最も心配すべき問題は、いったい何か?

TPP? ぶ~。 TPPは実現するとしても、3年後です。

戦争? ぶ~。 日本国には戦争する実力は無いです。
世界は、いま、「戦争は起こさせない!」というプーチン・習近平・オバマ&ケリーらが天下を取って…、「何とか戦争を起こす!」という戦争屋勢力を鎮圧しました。

安倍晋三ら「跳ねっ返りグループ」が海上自衛隊を扇動し、尖閣あたりで武力衝突。一瞬で敗戦!という事態は、ある…鴨。

つまり、「TPP」も「安保法制」も、只いま現在においては大した問題ではないのです。

いま、最も心配すべき問題は、フクイチ! これだけです。

4基もの原発が大爆発! そのまま5年近くも放置!

この事実、この現実が日本最大の難問です。

このことが分からない(ダチョウ以下の)シトが物凄く多い。
しかし、分からないシトは永久に分からない!
なので、この「ダチョウ以下」は論外でE~。

それでは一体、日本最大の難問=フクイチをどうするか?

じつは…、これ、どうしようもないのです。

方法・方策が、皆無! このことも現実なのです。

つまり、日本の能力では、フクイチを鎮圧できない! ということ。

このこともキチンと認識すべきです。

大昔から日本という国は、自己変革能力がなかった。

鹿児島や奈良での日本建国も、明治維新も、戦後の「民主主義体制」も、「外圧」=外国の圧力によって「この国の在り方」が決められた。

だっからフクイチも、「外圧」=外国の圧力や、外国の力によってしか解決できない!

このことは、しっかりと覚えておいて下さい。>皆の衆
飯山 一郎

日本列島に棲息している「生命の危機を全く感じない生物」 ってのは、もはや生物ではない。ゾンビか?

文殊菩薩

日本列島に棲息している「生命の危機を全く感じない生物」 ってのは、もはや生物ではない。ゾンビか?

生命の危機を全く感じない生物
ダチョウは危機を察知できる生物
頭かくして
日本人はダチョウみたい!というが…
似てる
田母神俊雄のツイートでの発言。
「高市早苗の“福島原発の放射能で死んだ人はいない発言”が批判されています。この発言が何が悪いのか分かりません…」

田母神俊雄は、「フクイチからの放射能は、皆が言うほど危険ではない!」 と、本気で思っているようだ。

田母神と同類項の安倍晋三も同じ感覚らしい。

だとすると…、田母神俊雄、安倍晋三、高市早苗。彼らはダチョウ以下の生物だ。なぜなら、ダチョウは危機を察知できたからこそ、地面に頭を隠したのだから…。

安倍や田母神や高市みたいな“ダチョウ以下の生物”は、4年前に発生した。
この生物は“生命の危機を全く感じない生物”で、生物学では説明できないが、貴重な新種だ。

“放射能で死んだ人はいない発言”をする有名人の表情を良く見ていると…、その発言は本心ではなく立場上の発言で、実際は(枝豆のように)家族を安全地帯に避難させている有名人も多い。

だが、いま、日本人の大半が「生命の危機を全く感じない生物」になってしまっていて、ダチョウ以下だ。

“生命の危機を感じない生物”は、どうなるか?

これは火を見るよりも明らかである。
そう! この生物たちは、やがて、全員が死んでゆく。


可哀相なのは…、
生命の危機を感じながらも、避難できない人たちだ。

しかし、彼らの多くは、危機を避け、健康を維持するために、懸命の努力をし、対策をほどこしている。

その対策とは…、
空気清浄機と、サイクロン式掃除機と、徹底した拭き掃除で、自宅の居間や寝室を“放射能ゼロ空間”にして、そこに避難している。

そうして、食事は出来るだけ小食にし、主に豆乳ヨーグルトを食べ、野菜の代わりにあらびき茶をガブ飲みしながら、室内で汗をかくほど運動をして、血流・血行を良くしている。

これだけで健康が維持できて、放射能まみれの東京や福島でも、絶対に生き残れる! これは飯山一郎が保証します。

だって、「前よりも健康になりました!」 という電話が、東京や福島からもバンバン入って来るんだからな。
飯山 一郎

二度あることは三度ある?

カイトのブログ

二度あることは三度ある?
2015-12-20 06:30:00

放射能を長年浴び続けた計器の故障が頻発し始めたのでしょうか?

それとも、人的ミスによる整備不良が重なったのでしょうか?

いずれにしても、今の日本だと劣化が進むことは間違いありません。



成田発の日航機が緊急着陸 左エンジンを止めた上で着陸
 19日午後9時40分ごろ、成田発ホーチミン行き日本航空759便(ボーイング787―8型)が関西空港に緊急着陸した。乗員・乗客計約190人にけがはなかった。日本航空などによると、午後8時5分ごろ、奄美大島付近上空を飛行中、左エンジンのオイル量の低下を示す表示が計器に出たため、左エンジンを止めた上で目的地を変更して着陸したという。(朝日新聞デジタル)




「操縦室で煙」全日空機が緊急着陸 成田発台北行き、那覇に
沖縄タイムス 12月19日(土)1時15分配信
「操縦室で煙」全日空機が緊急着陸 成田発台北行き、那覇に
国際線ターミナルに駐機する緊急着陸した全日空機=19日午前0時半ごろ、那覇空港
 18日午後10時半ごろ、那覇空港に成田発台北行きの全日空機823便が緊急着陸した。飛行中、操縦室内で煙が発生したことを受けたもので、乗客乗員約200人にけがはなかった。

12月19日湿度100%発生地点(確認できた範囲で

2015年12月20日 (日)

「(3.11直後)日本側が4千万人の避難計画を持っていた。」 これは事実である。 本日の記事は、その「4千万人避難計画」の背景が良く分かる内容である。

文殊菩薩

「(3.11直後)日本側が4千万人の避難計画を持っていた。」 これは事実である。 本日の記事は、その「4千万人避難計画」の背景が良く分かる内容である。

「(3.11直後)日本側が4千万人の避難計画を持っていた。」 これは事実である。
下の記事は、その「4千万人避難計画」の背景が良く分かる内容である。「魚拓」がわりに、ここに保存したい。

私も3.11以降、「4千万人避難計画」については、何回か折にふれて書いた。最近も…、
  ・ 無人都市に いらっしゃい!
  ・ ブリヤートにいらっしゃい!

来年は、首都機能マヒが現実化するので…、海外移住希望者が増える。
その心構えと準備は、今から始めるべきだろう。私は始めている。

(記事1) (記事2) (記事3) (記事4)
(飯山一郎)



Kizuki

自分の幸せと未来は、自分でつくる
http://sekaitabi.com/russiaevacuate.html

 

ロシア:「日本人4千万人避難」
野田首相「日本人口は8千万に」

これは既出かもしれませんが、こちらに投稿します。
以下にあげるサイトを見て、そしてそこのコメント欄で発見したもの。

まずそのサイトには驚きの内容が書かれています。ロシアサイドからわかったという、日本側が4千万人の避難計画を持っている、という話があります。

元ソースがPrison Planet(陰謀暴露系サイト)、公式ニュースというわけではないので、「海外ではこんな話も出ている」的な、あくまで参考的な位置づけ程度に、読んでいただけたらと思います。信ぴょう性は不明。

ただ、

野田首相の「8千万人になるかもしれません」と照らし合わせると、4千万人避難の話は、数字的にも(厳密には違うが大雑把に)合うんですよね…。


もちろん「だんだん」と言ってるわけなので、20-30年後などの話であれば、今の団塊世代がこの世を去る頃となり、人口も自然減るのは当然。

ただ現実に、放射能汚染という問題があります。放射能汚染または以下にあげる避難計画などの、自然とは別の形での人口減少を示唆している風にも取れてしまう。

そもそも、公式のニュースソースだからって真実を伝えているとは限らない現実。日本のマスコミ見てわかるように。公式ニュースや政府だけを信じていたら、命に関わる問題になってしまうのが今の日本。大事な情報は政府マスコミは伝えませんから。

まずはその「日本の4,000万人避難計画」の記事から読んでいただくとして、野田首相の発言の動画は最後に貼り付けます。

ロシアが驚愕した日本の4,000万人避難計画


原文サイト

Russia Stunned After Japanese Plan To Evacuate 40 Million Revealed

ちょうど翻訳してくださってる方がいました。
ロシアが驚愕した日本の4,000万人避難計画

続きを読む "「(3.11直後)日本側が4千万人の避難計画を持っていた。」 これは事実である。 本日の記事は、その「4千万人避難計画」の背景が良く分かる内容である。" »

アメリカ大統領選挙にプーチンが口出し

飯山一郎

2015/12/20(日)  

アメリカ大統領選挙にプーチンが口出し

米国から生情報!
米国大統領選挙の実態を知れば、アメリカが分かる
HillaryRodhamClinton
著者の佐藤則男さんは、ニューヨーク在住40年を超えるジャーナリスト。40年間、誰よりも詳しくアメリカ大統領選挙をウォッチし続け、また時に関与してきた。ヘンリー・キッシンジャーなど超大物をサシでインタヴューするなど、米国のエスタブリッシュメントとの交流が深い。

ワシは佐藤則男さんとは電話やスカイプで話す仲。貴重な米国の生情報が入るのは得難い。

それよりも上の著書は、濃い! 面黒くてタメになる!

たとえば…、次の米国大統領は、ヒラリーでも、トランプでも、ブッシュでもない。大方の予想に反して、アッ!と驚くダークホースが、かつてのビル・クリントンのようにホワイトハウスの主(ぬし)になる。

誰なのか? そのことが上の本には、謎解きのように書いてある。
プーチンが激賞
Donald John Trump、1946/06/14
SPUTNIK
プーチン大統領:トランプ氏は米大統領選挙戦ではダントツのリーダーであり、才能豊かな人間だ
『スプートニク』 2015年12月17日 http://sptnkne.ws/ar5j
プーチン大統領は「トランプ氏は米大統領選挙戦ではダントツのリーダーであり、才能豊かな人間だ」との見方を示した。
さらに、
「トランプ氏は説得力のある人物で才能豊かなことは疑いようもない。彼は大統領選戦でダントツのリーダーだ」 と、記者団に語った。
ハラに一物、手に荷物。トランプを激賞するプーチンの「ハラ」は那辺にあるのか?
他国の首脳選びに口は出さぬ! と言いながら、敢えてトランプを褒めちぎるプーチンの思惑は?

もちろん、米国にも反プーチン派やプーチン嫌いがいるので、プーチンのトランプ激賞は、マイナスにもなる。ほめ殺しにもなりかねない。

しかし、米国でもプーチン人気は圧倒的である。

米軍と米国民の大半が戦争には疲れきった厭戦派なので、「世界に平和をもたらすプーチン!」というイメージは歓迎される。

だから、プーチンのトランプ応援は、「票」になる!

「票」にはなるが…、佐藤則男さん分析のように、現在の人気が絶好調でも、スーパー・チューズデイ以降は、トランプとヒラリーは沈む可能性が高い。

この可能性は、もちろんプーチンの読み筋には入っている。

それでもプーチンが敢えてトランプを応援するのは、プーチン流の深謀遠慮・戦術・戦略・兵法があるからだ。

プーチンの深遠なる想念は、いったい、どんな構想なのか?

Mr.トランプが米国の不動産王になり、テレビの人気番組の主役になり、カネと勢いが余って大統領選挙に出馬したとき、トランプはプーチンにラブコールを送り続けた。

「大統領に選ばれたらプーチン大統領と仲良くなる」
米大統領候補ドナルド・トランプ氏「私ならプーチンとうまくやれる」
トランプ氏:プーチン大統領がISを徹底的に空爆しているのが気に入っている
トランプ氏「プーチン大統領からの褒め言葉は大きな名誉」

マスコミも、「米国版プーチン」などとハヤシライスだ。
 ・ 「米国版プーチン」の支持率上昇

これだけ米露関係を好転させることを主張する政治家は、西側では稀有というより珍奇だ。

しかも、プーチンを絶賛するトランプの人気は、現在のところ、絶好調。それでも佐藤則男氏は、トランプの最終的な当選はない!と分析している。

しかし!である。選挙は「水物」で「人気商売」、一寸先は闇だ。どうなるか?は誰も読めない。

もしも!である。もしもトランプが当選して、第45代米国大統領! ということにでもなれば、プーチンは世界最強(文字どおり世界帝王!)の地位を獲得する。

これは、博才のあるプーチンが狙わないはずはない。狙う!

もうひとつ。
新ベンチャー革命』が書いたこと。
プーチンは、政治家歴はないのに世界的知名度の高いトランプ氏があえて米大統領選に立候補した真の目的が何であるのかを見抜いている。

その真の目的は、ズバリ米戦争屋CIAネオコンの傀儡候補のジェブ・ブッシュを絶対に米共和党公認の次期大統領候補にしないこと。

そして、トランプ氏やその支援勢力の狙い通り、ジェブが米共和党の公認大統領候補になれる芽はほぼ摘まれた。 (記事1) (記事2)
『新ベンチャー革命』の分析のとおりだ。

そうして、佐藤則男氏が著書で書いたように…、バイデンが降り、ブッシュが沈没し、やがてヒラリーやトランプも消えていく…。

注目すべきは、キューバ系のダークホース、マルコ・ルビオ。

この44才は、若すぎるが…、今後、伸びまくる!と思う。
飯山 一郎
佐藤則男さん出演の番組。『NYの魅力と日本人のホンネ』

2015年11月死去 その1/3 その2/3 その3/3

汚染水の発生量が倍増。このままだと福島第一原発は汚染水の沼地になっちゃうんじゃなかろうか。

くろねこの短語

2015年12月20日 (日)
汚染水の発生量が倍増。このままだと福島第一原発は汚染水の沼地になっちゃうんじゃなかろうか。

このところ、福島第一原発の汚染水問題についての情報があまり報道されることがないんだが、どうやら1日の汚染水発生量が300トンから600トン と倍増しているらしい。遮水壁でどうにかこうにか汚染水の海洋流出を食い止めようとしているんだから、さりゃあ汚染水はどんどん溜まっていくわけだけど、 ようするに東電の想定した数字が甘かったってことなんだろうね。

 

 「想定以上にくみ上げ量が増えたのは、サブドレン稼働で地下水の流れが変わった可能性や、海側遮水壁が水圧でたわみ舗装面が損傷した影響などが考えられる」ってんだが、すべての対策が行き当たりバッタリで泥縄状態だから想定外のことがどんどん起こってくるんだね。

 

<福島第1>汚染水の発生量倍増

 

 でも、考えてみれば、汚染水を海に流れ込まないようにするのはいいけれど、その汚染水はどんどん溜まっていくわけで、浄化が追いつかなければその うち福島第一原発の敷地ってのは汚染水で泥沼みたいになっちまうんじゃないだろうか。そうなったら、作業員のひとたちが福施設内へ立ち入るのも難しくなっ て、廃炉なんてのは夢のまた夢ってことになりかねない。

 

 ま、シロートの勝手な妄想だけど、福島第一原発の汚染水問題がどんどん深刻化していることは間違いないわけで、それでも武器と原発を世界に売り込むセールスマンがソーリ大臣やってるんだから、わてほんまによう言わんわってなもんです。

アメリカ海洋大気庁(NOAA) 2015年11月の暖かさは、陸地、海洋、両方ともに、 過去 136年間の 11月の最高を記録。

アメリカを完全降伏させたロシアが握る決定的証拠とは

世界の裏側ニュース

アメリカを完全降伏させたロシアが握る決定的証拠とは
2015-12-20 02:52:27

最近、アメリカやサウジなどによる態度の急変、国連安保理でのシリア和平への全会一致決議などシリア情勢で大きな動きがありますが、モスクワでの会合など背後での動きを見ると、最近の一連の変化の理由がすっきりと理解できます。



****

オバマがプーチンに「降伏」し、米国メディアが「完全なメルトダウン」状態に

Obama “Surrender” To Putin Throws US Media Into “Complete Meltdown”

12月17日【What does it mean】http://www.whatdoesitmean.com/index1963.htm より翻訳


今日、ロシア政府内にロシア大統領府(OP)が作成した新しいレポートが回覧されていた。次は同報告書に記載されていた情報である。



過去72時間以内にロシアとアメリカ両国の間に起きた歴史的な出来事は、バラク・オバマ大統領をプーチン大統領に「完全降伏」させ、それによりアメリカによるレヴァント戦闘地区内のイスラム国(ISIS/ISIL/ダーイッシュ)のテロリストに対する米軍の軍事活動を「再評価目的の戦略的撤退」させる原因となった。


そしてこれにより、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)やワシントン・ポストといった「プロパガンダの中心」機関を主に、アメリカのメディア組織が「完全にメルトダウン」し始めている。

同地域の紛争について米国メディアが嘘をつき続けてきたということが、全世界の目の前に暴露されたためである。

O0800042013516346312


モスクワで行われた会合にはジョン・ケリー国務長官、ロシアのラブロフ外相、そしてプーチン大統領自身が参加していた。

ロシア政府はオバマ政権に対し、アメリカ合衆国によるシリアおよびイラクでの「子供の遊戯」は終わりの時を迎えており、アメリカとロシアの間での核戦争も「現在検討中」だとする内容の「即時通告」を突きつけたという。


ロシア連邦は、イスラム国を支援している国家や諜報機関に関する証拠をすべてまとめたものをケリー長官に提示した。

ヒラリー・クリントン元国務長官とアシュトン・カーター現国防長官の両者の間で機密にやりとりされていたEメールを、ロシア連邦保安局(KGBの後身)が入手し、ロシア政府はアメリカ側にそのEメールの内容文書を引き渡したという。

そしてこのアメリカ高官両者間の公式で機密だったもののセキュリティ対策がされていなかったEメールが原因で、オバマ政権は即座に「降伏」し、同地域に平和をもたらす可能性のある歴史的な動きを発表したのだ。


ケリー国務長官は、オバマ政権はもはや、シリア国内での政権交代を要求することはないと発表。わずか4週間前にはオバマ大統領は政権交代を認めることは絶対にありえない、と宣言してのだが。

ジョセフ・バイデン米国副大統領は、トルコ政府に対し、イラク国内で侵略行為を行っている軍隊を即座に撤退させるよう命令を行った。しかし6日前までは、アメリカ国務省はその侵略を認めることすら拒否していた


米国国防総省は、米軍がトルコに配置し、ロシア航空宇宙軍にとって脅威となっていたF-15戦闘機を即座に撤退させるよう命令を下した。

オバマ政権はロシアと共同して、イスラム国への資金提供凍結を求める国連決議を提議することに同意。今日のアメリカが議長を務める国連安保理の会合で共同提議が行われることになる。

O0600040613516345240


「ロシアのラブロフ外相(左)、アメリカのジョン・ケリー国務長官(中央)、プーチン大統領(右) 2015年12月16日のモスクワでの最終会合の場で」


オバマ政権のイスラム国に対するこの戦争における「方向性・運営方針」を変えさせるのに一役買ったのは、ロシア政府が提示した証拠の中でも決定的な資料で、この資料には、先週、イスラム国が実行した大規模で世界規模の攻撃について詳細が記されていたという。

同攻撃により13のインターネットのドメインネームシステム(DNS)が停止されかねない状況になっていたが、もしこれが成功していた暁には、アメリカ合衆国を完全な混乱に突入させていただろう。サイバー・セキュリティの専門家、ジョン・マッカフィー氏はこの起きる可能性のあった混乱はあまりにも深刻なもので、「いかなる核戦争よりも破壊的」となっていただろうと警告している。

先週のイスラム国による世界のインターネット破壊構想に関する証拠をまとめた資料はプーチン大統領からケリー長官に手渡された。このイスラム国による攻撃は、イギリス政府が所有していたサーバー・IPアドレスから実行されたものだが、英政府は問題のIPアドレスは、サウジアラビアに売却していたと説明しているというニュースをさらに裏付けるものとなった。


オバマ政権がプーチン大統領に降伏したことを知り、サウジアラビアはアメリカの支援なしで、イスラム国と戦うための主にイスラム系国家34カ国が集結するサウジ自身の連合を形成することを発表した。

しかしインドネシアは、その連合が軍事同盟になることは知らず、参加は望んでいないと述べ、パキスタンの高位の国会議員はこれについてロイターのレポーターからしか聞いていないと話している。さらにトルコによれば、これは軍事同盟というよりはイデオロギー的な同盟だと説明している。


サウジの反イスラム国「同盟」の芳しくない評価が正しいことを裏付けるように、サウジの同盟の最初の「攻撃」はテロリストではなく、アメリカの大統領候補ドナルド・トランプに対して行われ、テロリストへの攻撃はなされて
いなかった。

ドナルド・トランプ氏については、最近、プーチン大統領が「トランプ氏は聡明で才能のある人物で、負債を負っていない。彼は大統領候補者の中でも絶対的な指導者である」と賞賛していた。



O0460025913516350888

第三次世界大戦への参加を望んでいないオバマ政権にとっては幸運なことに、ロシア空軍はこれで、アメリカの戦闘機まで心配する必要がなくなり、シリア国内で同軍の無防備な状態にあった戦闘機を墜落させた「裏切り者」のトルコ政府にだけ専念していればよいことになった。

そしてプーチン大統領は、単刀直入に、ISの支援者に対して警告を発している(2015年度ロシアの年次演説)。

プーチン露大統領、トルコは「撃墜を後悔し続ける」 
Putin says Russia 'will not forget' Turkish downing of warplane

「彼ら(トルコ当局)は、ロシアが尻尾を巻いて逃げ出すと思っていたのです!いえ、ロシアはそのような国ではありません。

私たちはシリア国内での存在を増強し、同国内に配置した戦闘機の数を増加しました。

以前はロシアの防空システムはシリアにはありませんでしたが、今ではS-400が配置されています。

以前であればトルコは常にシリアの領空を侵略していましたが、今のトルコに同じことができるものでしょうか」

O0592039513516350750


(翻訳終了)

****

【関連記事】

ISアカウントのIPアドレスは英政府のもの




【コメント】


つい先日、ロシアが撃墜されたSu-24から回収したブラックボックス(飛行記録計)の封印を、招待した世界中の専門家やジャーナリストの立会いの下で、
世界中に対して生放送で開封しました。

この記録からは、トルコ・シリアの国境近くで起きた撃墜事故について、トルコとロシアのどちらの言い分が正確であったかが判明するのではないかと期待されています。記録計内部のマイクロチップのデータが現在分析中で、早ければ月曜日には内容が判明されるということです(RT)。




Black box from downed Su-24 jet opened in front of intl experts  



こういった、この上ないオープンで透明性の高い状況でこのような作業をするのも、とてもロシアらしいやり方です。

一部の情報では、この飛行記録計の内容もアメリカの態度の一変の理由ではないかと考えられています。


そしてここしばらく、ロシアが核兵器の使用を検討しているという噂も聞いていましたが、やはり外交上の交渉の一部としての戦略だったのでしょうか(アメリカが考えを変えなかった場合には、ロシアは実行をためらうことはなかったかもしれませんが)。





Putin: Erdogan might have "decided to lick the Americans in a certain area"  


この動画では、プーチン大統領が「トルコ政府の誰かが、アメリカの『一部の箇所』を舐めようと決断したのであれば、彼らが正しい行動を選択したのかどうかは私にはわかりません」と発言しています。

エルドアン大統領周辺のことでしょう。

これでシリアも平和なクリスマスを迎えることができるといいのですが。

2015年12月19日 (土)

 フクイチは絶対極秘の何かが進行している…

飯山一郎

2015/12/19(土)2  

フクイチは絶対極秘の何かが進行している…

揺れる 揺れる
激しい画像の揺れは風のせいだけではない…
揺れる
巡視船がフクイチの直近の海を航行…、監視だろう。

「フクイチのライブカメラの揺れが激しい!」 と沢山の電話が入る。
みんな、何が起こっているのか? 心配でならないのだろう。
しっかし、ま、なるようにしかならないのだし…、
ワシは淡々と平常心でいる。
来年は、淡々と平常心でニッポンのカタストロフィをみとろう。
飯山 一郎

脳梗塞ってこんな感じになるのか。

やってます詐欺で一生食べれる原発関連。結果はどうでもいいんだよ。今が儲かれば子孫の事などどうでもいい

飯山一郎:渾身の口出し:「本物をつくれ!」

飯山一郎

2015/12/19(土)  

飯山一郎:渾身の口出し:「本物をつくれ!」

出た~
紫芋 紫馬ラベル
華奴紫馬ラベル
華奴 紫馬ラベル 限定紫芋仕込 1800ml 25度 イモ焼酎 太久保酒造
今回のみ 3000本限定 ヴィンテージ(骨董酒)になる!
  至宝!とも言える芋焼酎を若い衆につくらせた。
「本物をつくれ!」 と、ワシは徹底して口を出した。
・ 「味は本物の芋焼酎! 芋の匂いは消せ!」
  と、ワシは言いつつ試飲を重ね…、酔った。頭は冴えた。
・ 「都会派の感性。紫芋のワイン。紫芋のブランデーだ!」
  只でさえ難しい紫芋を必死にカモす若い杜氏(とうじ)たち。
・ 「まろやかさだ! 深い眠りを誘う優しいアルコールだ!」
  (中略)
 できた!ワシは皆を褒め…、酒蔵で2時間も爆睡した。

まさに至宝の焼酎=華奴・紫馬ラベル のお陰で、昼寝も夜寝も意識を失ったようにノンレム睡眠チックな爆睡!

ワシは健康そのもの、元気印のオーラがほとばしっている。

だっから、連日、2つのブログ(『てげてげ』と、『文殊菩薩』)、掲示板 『放知技』、ツイッターなどに大量の文章を書きまくっている。

その合間に、蜜蜂たちの面倒を見…、多数の来客と激論し…、中国に乳酸菌農業の指示を出す。

そうして、時間をつくって大好きな焼酎を試飲しながら、若い衆と一緒になって、至宝の焼酎=華奴・紫馬ラベルをつくりあげた。

そういう深いワケがあったワケですので…、
みなさん、どうか、どうぞ、華奴・紫馬ラベル を、アマゾンでお買い求めになり、御試飲のほど、飯山一郎、衷心から願いあげます。
飯山 一郎

2015年12月18日 (金)

【話題】Amazonに「お坊さん便」が登場!全国一律3万5千円!僧侶から登録希望殺到!ネットでは「尼ゾン」「坊主丸儲け」と大盛り上がり!

健康になるためのブログ

【話題】Amazonに「お坊さん便」が登場!全国一律3万5千円!僧侶から登録希望殺到!ネットでは「尼ゾン」「坊主丸儲け」と大盛り上がり!

公開日:        

          2015/12/18

以下ネットの反応。






これはどえらいサービスが始まりましたね。賛否あるのは当然ですが、「通常3~5週間以内に発送」「返品はできません」「通常配送でのお届け」とかいう記述を見ると、非常にシュール&カオスな感じがして面白さが勝ってしまいます。個人的には嫌いではありません。

プーチンが不死身で伝説上の生き物であったことが「証明」される

  世界の裏側ニュース

2015-12-18 06:20:09

プーチンは本当は不死身だったと「証明」した陰謀論者
Conspiracy theorists ‘prove’ Vladimir Putin is actually immortal

12月16日【RT】https://www.rt.com/news/326143-vladimir-putin-immortal-conspiracy/ より翻訳

O0800044413514305728_2



(画像 http://www.disclose.tv/news/vladimir_putin_immortal_photos_of_russian_president_from_100_years_ago/125536


ウラジミール・プーチンは100歳以上で年を取らないのか、あるいは12モンキーズの兵隊を探しているタイムトラベラーなのか。今週、インターネットでそのような仮説が「証明」されていた。

一部の陰謀論者が、ロシアのプーチン大統領は1世紀以上に渡って生きているかもしれないという「断固とした」証拠を見つけたと確信しているようだ。

「真実が明らかに」というスローガンを掲げるUFO関連情報を集めているDisclose.tvが、次のような情報を掲載している。

「ソーシャルメディア上に、1920年と1941年の写真が出回り、これはロシアのウラジミール・プーチン大統領の写真だと主張している者も一部存在している。

実際のところ、プーチンは全能で不死身だというテーマを信じている者たちは、この大統領は伝説上の生き物で、私たちの惑星に数百年、ひょっとしたら数千年住んでいるのではないか、という話が広まり始めている」

プーチンが63歳に見えないのも、これで説明がつくというものだ。

O0459059113514305727


(画像 https://twitter.com/dogusbezci/status/666299067677454337

ツイッター:「Mr.不死身のプーチン」

https://twitter.com/10centnickel/status/670381232161624064

ツイッター:「2068年、ピーナッツバター不足により北アメリカが崩壊し、不死身のプーチン帝王が世界を征服する。ウォッカが生活に浸透することに」


O0600039113514305726


(画像 https://twitter.com/SimonDrax/status/650691797937733633)


ツイッター:「新しいおそロシアネタ。プーチンは何世紀も生きていて不死身だ。笑ったらいけないよ!本当かもしれないじゃないか」

O0592059213514318922
O0599080413514318923

O0600082413514318924

(上記画像3つとも https://twitter.com/DasOrnithologe/status/677113368818393088





同じような構想を前提とするTVドラマシリーズ「Forever」が最近になって打ち切られたが、この新しい「発見」により、ドラマに対する関心度が集まる可能性がある。




1995年の映画「12モンキーズ」でもまた、タイムトラベルをする人物が取り上げられているが、彼はロシアの大統領というよりは、どちらかといえばブルース・ウィリスに似ているようだ。


O0600038513514316934


(画像 https://twitter.com/ConorMJG/status/630026928645390336






(翻訳終了)





****

【コメント】

Disclose TVのこの「伝説」についての記事は私も見ていましたが、BBCに次いで世界第二位の規模を誇るRTがこの「陰謀論」に乗っかっていたのがあんまりおもしろくて、こちらでもシェアさせていただきました。

コメントを見ると、このネタに本気で反論している人もいましたが・・・ロシアン・ジョークの通じない人なんでしょうか。

他のコメントにもおもしろいものがいくつかがありました。

・プーチンが10歳の時、祖父がプーチンのために火の鳥を捕まえたのだ。

・邪悪なアメリカが世界を滅ぼすのを阻止するために、プーチンは未来からタイムトラベルしてきている。

・なんていいニュースなんだ!ってことは、プーチンはずっとここにいてくれるということじゃないか。

・プーチンはハリー・ポッターに出てくるキャラクターの一つだって聞いてたけど。

・62歳にしてはプーチンはクールすぎるよ。それよりずっと長生きしていたとしても驚かないな。



(引用終了)

***

私もプーチンさんがあまりにもいろんなことに精通しすぎているので、とても一人の人間の業績とも思えず、下にあげるような記事やもっと過去の真剣な「伝説(業績)」などを調べているうちに、プーチンは伝説上の人物なんじゃないか・・・と思い始めていたところでした。

それかやっぱり、ガチャピンのように「中の人」が何人かいるとか?


前回の記事のコメントで教えていただいた「猫の後姿を描くプーチン画伯」の動画です。れんさん、ありがとうございます。





生徒たちの唖然とした顔が・・・(笑)









****

【関連記事】

プーチンの最新映画は007? ジェームズ・ボンドなプーチン特集

プーチン流 忘年会の余興の仕方【動画】・意外なそっくりさん

プーチン 最強都市伝説まとめ

「プーチンはNWOに背いた裏切り者」ジェイコブ・ロスチャイルド

プーチン「私欲で工場閉鎖するのはやめろ」と工場オーナーに強権発動

プーチン失踪の謎 おもしろい推測ベスト10

親愛なるプーチン大統領へ 平和を願う世界市民からの手紙


MH17墜落 プーチンが狙われた可能性も?ロシアの報道





Putin's KGB 'gunslinger's gait' solved by scientists



プーチンのこの少し独特な歩き方を科学的に見ると、右手があまり動かず、左手が大きく動いているのは非常時に素早く武器に手を持っていけるような、KGB独自のスタイルだったそうです。












世界の本質を洞察し認識する知力と胆力

飯山一郎

2015/12/18(金)  

世界の本質を洞察し認識する知力と胆力

世界は情報大戦争
国際社会の真相を正確に認識した国家が勝つ!
情報戦争
SPUTNIK
世界では大情報戦争が行われている。
『スプートニク』 2015年12月17日 1. http://sptnkne.ws/arxR 2. http://sptnkne.ws/Wn3
「戦争は長らく続いている。ビッグゲームではなく、大情報戦争だ」。

この情報戦争の中で一部メディアは「人間としての輪郭を失っており、マスメディアとしての機能を失っている」とロシアのペスコフ大統領報道官が述べた。

ロシア外務省のザハロワ報道官(39)(上の写真)も、「情報戦争」という言葉を度々つかっている。
ロシア政府のスタッフの全員が、「世界は、現在、大情報戦争の最中にある!」と正確に認識している。

ネット広報活動も、『スプートニク』、『ロシアNOW』など、ロシア政府が関与するネットメディアの情報発信力は、数十カ国語に翻訳され、他国を寄せつけない圧倒的なパワーで抜きん出ている。

これはロシアの国家指導者・プーチンの指導力の賜物(たまもの)だ。

プーチンは元々、防諜・謀略・宣撫・諜報活動のプロ中のプロで、情報収集、情報発信、情報操作に関してズバ抜けた知力と胆力を培ってきた知略家であり、軍帥(ぐんすい)であり、政治家であり、正真正銘の国家指導者だ。

だからワシは、何年も前からプーチンに注目し、惹かれ…、しかし、イカれないように、冷静に分析し、観察したことを書きまくってきた。

そんなことよりも、プーチンは昨夜、『年次記者会見』を開催し、記者たちの辛辣な質問に(プーチンの家族情報に関する暴露的な質問にも)完璧に答えきった。

年次記者会見
プーチンの大統領の『年次記者会見』。会場は世界各国の記者で満杯状況。

さらに、プーチンは昨夜の『年次記者会見』で、「世界の大義」とも言うべき重要な原則を語った。プーチンは次のように語った。

「シリアのアサド大統領に関するロシアの立場は一貫している。誰が自分たちを統治するかを決めねばならないのは唯一、シリア国民である(民族自決主義)。当事者ではない外国が統治者を決め押し付けることには、決して同意しない。」 (記事)
「民族自決主義」という主張は古くからあった政治思想だが…、
プーチンは、ロシアという超大国の国家元首の立場から、「シリア国民だけに決定権があるシリア国の統治者の選定に外国勢は口出しするな!」 と、五寸釘を刺したのである。

これは、誠の社会正義に基づいた世界帝王の貫禄である。

わずか1週間前の12月10日、プーチンは『安全保障会議』を招集し、「国家の大義」を「シリアでのロシア軍の闘いはロシアの国民を守るためである!」 という言葉で説明した。

この「国家の大義」のロシア軍の兵士は、心底から奮い立った。

この時から世界の構造は…、(柄谷行人の著書『世界史の構造』が示した)「強固な国家」が統治してゆく政治形態が固定されたのである。

すなわち、今後の世界は、(プーチンの政治指導力が続く限り)ロシアという「情報大国・軍事大国」が主導してゆくことになる。

世界を主導するロシアは、今後も益々、情報収集、情報発信、情報操作の面で強力な主導態勢を堅持するであろうし、(アメリカを凌ぐ)世界最強の軍事力がロシアの「情報大国化」を補強するだろう。

情報と軍事。この両面でプーチンのロシアは、今後の世界を主導してゆく。宇宙科学技術も、エネルギー供給力も、『アナスタシア』のような文化発信力も、「ロシアの主導力」を補完する。

ザハロワ報道官(39)の美貌も 「情報大戦争」の武器である。
飯山 一郎

中央快速線は点検&急病人介護、湘南新宿ラインは、車両故障で遅延&復旧の見込みなし。

5年近く、放射線を浴び続けた首都圏全ての電子システムの崩壊が

じわじわ

少しづつきてますね・・・・

「米国」が太陽のような扱われるメディアの世界から逃れて

あいば達也

「米国」が太陽のような扱われるメディアの世界から逃れて
2015年12月18日

筆者は特別に親ロシアでもなければ、親プーチンでもない。無論、親中でもないし、親習でもない。ただ、現状の日欧米のメディアの論調は、アメリカと云う国が“太陽”であり、その周りを、それなりの距離を保ちグルグル回る惑星。或いは準惑星、小天体、衛星などだけが実存しているような枠組みで、常に語られている。つまりは、太陽系以外の世界は、この宇宙には存在しないような19世紀のような幼稚な宇宙観だけで書かれた科学書を読まされているようなものだと思う。

ゆえに、筆者は意図的に、ロシアや中国の情報を流そうと努めている。残念なことは、これらの国が主体的に発している情報に接すること、非常に難しい。中国の情報はたまに出てくるが、北朝鮮やシリアが発信する情報に触れることもほぼない。我々は、ウンザリするほど、アメリカの情報には接するし、そのプロパガンダ的影響も、空気のように受けているのだから、メディアリテラシーとしては、それら情報をいい加減で遮断して、新冷戦構造な方向が存在している世界のヘゲモニーの芽生えを捉えるためには、最も知る機会の多いロシア・プーチンの話に耳を傾けることを、意図的なくらいに実行しないと、単なる動物農場のラジオ放送を聞く豚さながらに他ならないと思うからである。

続きを読む "「米国」が太陽のような扱われるメディアの世界から逃れて " »

商売が上手い京都・清水寺の「今年の漢字」は『安』。 『不安』の『安』なんだってさ。 ネットゲリラの「今年の漢字」は『雲古』だって。 「雲古」だろうが、「万古」だろうが、「珍古」だろうが、 ネットゲリラの悪フザケは面黒い。

文殊菩薩

商売が上手い京都・清水寺の「今年の漢字」は『安』。 『不安』の『安』なんだってさ。 ネットゲリラの「今年の漢字」は『雲古』だって。 「雲古」だろうが、「万古」だろうが、「珍古」だろうが、 ネットゲリラの悪フザケは面黒い。

「雲古」みたいな黒い雲
商売が上手い京都・清水寺の「今年の漢字」は、『安』。
『不安』の『安』なんだってさ。

ネットゲリラの「今年の漢字」は、『雲古』だって。
「雲古」だろうが、「万古」だろうが、「珍古」だろうが…、
ネットゲリラの悪巫山戯(わるふざけ)は、面黒い。

腐った「雲古」みたいな黒い雲が東の方から九州にも流れてきて、ゴホン・ゴホンと咳する病弱者が増えている…。
まあ「雲古」みたいな国になっちまったんだから、清水寺の『安』よりは、ネットゲリラの『雲古』が相応しい!…鴨夜。

「安倍政権下で成立した安全保障関連法をめぐり国論が二分したことに加え、世界で頻発するテロ事件や異常気象などへの不安を反映しました。」

「2位は「爆」、3位は「戦」、4位は「結」、5位は「五」。「今年の漢字」は今回が21回目で、消費税が増税された昨年は「税」でした。」 (記事)
(飯山一郎)

An






Unko

2015年12月17日 (木)

医者が人殺しをする時代…: 「癌の宣告」は 「患者」を粗製乱造する営業トーク

文殊菩薩

医者が人殺しをする時代…: 「癌の宣告」は 「患者」を粗製乱造する営業トーク

医者が人殺しをする時代
「癌の宣告」は 「患者」を粗製乱造する営業トーク
ガンです!と言われたら、その病院には絶対に行かないこと!

「乳癌です。肋骨にも転移してます。が、早めの全摘手術が必要です。」
と病院で宣告され、手術の日まで決められたという。
立ち会った夫も、舅も姑も、子供たちまでもが、
「お母さん、早く悪い乳房を切ってもらって、癌を治そう!」
と、本人の意見など一切聞かず、矢の催促だという。

たまらず…、内緒で鷲に電話をかけてきたので、
「癌を切らずに治す医師が志布志にいるから、志布志に来なさい!」
と言うと、「行きます!」 と大声で嬉し泣き。

こんな「殺人未遂事件」に遭遇した人からの電話が、激増している。

大きな声でハッキリと言う。
いま、日本の病院は、やたらめったに癌の宣告を連発している!
癌を(無理やり)「早期発見」している!

エコーやMRIやCTスキャンに、かすかな癌の影が映っただけで、
「癌です! 早めに治療をすれば助かります!」
と、インチキな“早期発見・早期治療”の営業トークで脅しまくる。

そう! 営業なのだ。カネ儲けなのだ。

癌を(無理やり)「早期発見」して、切除手術、放射線、抗癌剤の三大荒療治をすれば、莫大な利益がでるし、症例の実績が増えるし、医師にもハクがつく…。病院や医師にとってはEーことづくめ!なのだ。

しかし(無理やり)「患者」にさせられた人間の一生は、終りになる。

人間は癌では死なない! 癌の治療によって病院で死ぬのだ。

かりに命が助かっても、その「患者」は、一生患者のままで病院通い…。

だっから、
「癌です!早めの治療をしましょう!」などと言う病院や医師は殺人者なので、ただちに絶交すべきだ。

病院で癌の宣告をされ…、医者にア~言われた、コ~も言われた…、と医者が言ったコトの一部始終を鷲に伝えてくるシトが多いが…
医者の言うことなんか一切聞くな! 聞いても忘れろ!

そして、その病院には牛ー行くな! 連絡する必要もない。行くな!
そーすれば、あなたは、助かる!

5年近く、放射線を浴び続けた首都圏全ての電子システムの崩壊。 始まった様だ。

妙な言葉のズレを利用した【過小評価技法】 情報の受け手に心理操作 【

マスコミのオドシは ウソが多い!

飯山一郎

2015/12/17(木)2  

マスコミのオドシは ウソが多い!

ショック・ドクトリンだ罠~
~ 生徒も親も 脅されまくって思考停止 ~
ロス休校
米ロサンゼルスの学校に脅迫!
64万人超の生徒がが自宅待機
12月15日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで学校に対する複数の脅迫があり、学区全体の1200校以上が閉鎖された。当局が調査を行なう間、小・中・高、64万3000人の生徒が自宅待機を求められた。
写真は同日、ロサンゼルスの高校の校舎前で。 (ロイターの記事)
「カリフォルニア州では約2週間前、過激派組織「イスラム国」の影響を受けた容疑者2人が銃乱射により14人を殺害する事件が起きている…」 という報道があるが…、これも「偽旗テロだ!」 という指摘が、サイトには多数ある。

アメリカ大陸は、フクイチから吹き流されてきたホット・パーティクル(放射性物質の超微粒子)によって、放射能汚染が酷くなっている。

そのため、北米大陸からヨーロッパに避難する自覚者が増えてる。

放射能や貧困や治安悪化の問題など、アメリカ合衆国は、いま、国内の矛盾が大きくなっている。

国内矛盾が深刻になると、神国日本が内憂外患の法則を使ったように、国の支配者は、国民が外患(隣国)を憎悪するようにと、マスコミを使って国民の意識を操作する。

そうやって、戦争にもっていく。

現在のアメリカは、軍事力と国家財政が共に貧しくなってしまったので、戦争が出来ない。

そのため、アメリカは今後、国内の深刻な矛盾を隠し、国民を誤魔化すために、『ショック・ドクトリン』という手法を多用するウソつき国家になる。

アメリカは従来も、自由主義や民主主義や月面到達などの「夢」(アメリカン・ドリーム)というか、大ウソをついて国民と世界をダマしてきた。

しかし今後は、そうはイカの金玉。タコどもをダマすには…、
牛~「ショック・ドクトリン」しか残ってない。

最も大規模なショック・ドクトリンは、9.11の同時多発・大破壊テロだったが、あんなのは牛~出来ない。

そこで、ボストン・マラソンみたいな“偽旗テロ”が、今後は主流になってくる。間違いない。

その事始めが、今回、ロサンゼルスで「テロ予告」をデッチアゲて行った大規模休校だ。

デマの時代になったぞ! デマで混乱させ 思考能力を奪う!

上の記事はクリックして必ず読んで猪ー大寝!>皆の衆

あと何書くんだっけな? 大切なコトなのに忘れた。ワハハ。

ワシも耄碌(もうろく)した…。

何? 昔からボケ爺さんだったぁ? うるさい! 黙れ!
飯山 一郎

「食べ盛りの子供も小食粗食でE~んですかぁ?」 「はい!先ずは、良く噛むことを教えて下さい!」

文殊菩薩

「食べ盛りの子供も小食粗食でE~んですかぁ?」 「はい!先ずは、良く噛むことを教えて下さい!」

「食べ盛りの子供も小食粗食でE~んですかぁ?」
はい!先ずは、良く噛むことを教えて下さい!
Kamu
少食は、小腸に結集しているマクロファージを全身に拡散する健康法だ。
が、「食べ盛りの子供はどーなの?」という質問が非常に多い。
この答は本文で書きたい。先ずは上の説明図を見て読んで猪ー大寝。

食べ物は、食べたあとに吸収されてナンボだ。
たくさん食べても栄養分やミネラルが吸収率が悪いと、うんこの量が増えるだけ。たくさん食べればEーってもん蛇ない。

よーは噛むことだ。♪噛んで噛んで噛んで噛んで、噛みまくる~♪

上の図にあるように、食べ物を口に入れたら、はしを置いて噛むことに専念する!

あ、目標は100回に上げて猪!
ワシは、仙人になることを目指しているから、目標は200回。
なかなか出来ないけど…。

よーするに…、
食べ盛りの子供も、たくさん食べればEーってもん蛇ない。

栄養分やミネラルが吸収率! 量よりも質! ってことだ。

このことを親はシッカリと認識した上で、子供に教える! 何を?

良~く噛むこと!はしを置いて噛むことに専念すること! ということを教える。これが親の役目、義務蛇。

だいたい人間の子供ってのは、人間じゃないのだ。ブタに近い。
なので、(噛むことを教えないと)ろくに噛まずに飲み込んでしまう。

だから常に…、
「もっと噛んで食べようね! ブタ蛇ないんだから!」 と教える。
これが親の役目、義務。

人間の子供は、親や社会が教育し学習させて、人間になってゆく。

ところが今は人間になる訓練をせずに、知識を詰め込む教育だけ。

その結果、人間のオトナには成れずに幼児性(ブタ性)が残ったままの人間が多いワケ。

以上で本稿はいったん置筆。
これから(昼食抜きで)仲間たちと散歩に出ます。
(飯山一郎)

日本のロシア評は悪いが 歴史に残るリーダーはプーチンだけだ

あいば達也

日本のロシア評は悪いが 歴史に残るリーダーはプーチンだけだ
2015年12月17日

今夜は、まったく時間がないので、以下の田中均氏のコラムを引用することで、勘弁していただく。筆者の一言コメントを加えるならば、21世紀初頭、歴史に 名を残する政治家(リーダー)は、どれ程プーチン嫌いであろうと、ロシアのプーチン大統領で落ち着くことは、世界の常識だと云うことを、日本人は頭に叩き 込んでおいて欲しいものだ。田中氏は、北方領土返還に最終的落としどころにしてしまったために、中露の対米姿勢像を充分に描くことが出来なくなったのは残 念だ。

まあ、日本の外交官だったのだから、北方領土問題に言及しないわけには行かないのだろうが、筆者は、正直、尖閣にせよ、竹島にせ よ、北方四島にせよ、ムキになって欲しがる理由は、皆無と考えている。感情的にも不要だし、国益上も、離れた位置の領土を守ることは、対費用効果からは見 ても、得は殆どない。管理に、金は掛かるし、外交防衛で、不必要な態度まで示さなければならず、弱味の枝葉を拡大するようなものである。無論、日本が地続 きの国境を保持していれば別の話だが、満州を得たことで、何が起きたか、歴史を紐解けば分る話だ。どの国でも、ナショナリズムな感情と国土はセットだが、 離れた国土を持つことは、労多く益少なし。もっと書きたいところだが、今夜はこれにて失礼。

続きを読む "日本のロシア評は悪いが 歴史に残るリーダーはプーチンだけだ" »

米国戦争屋、中東で失墜。残りは日本だけ!

飯山一郎

2015/12/17(木)  

米国戦争屋、中東で失墜。残りは日本だけ!

マケイヌの遠吠え
イスラムの砂漠に米の闘犬一匹置き去り
文字
SPUTNIK
マケイン米上院議員「イスラム反テロ連合の創設は米国の失敗の証し」
『スプートニク』 2015年12月16日 http://sptnkne.ws/arbk
マケイン上院議員は、「サウジアラビアによるイスラム諸国34カ国からなる反テロ連合の創設は、中東で指導的立場を占めようとする米国の試みが失敗した証拠だ」と指摘した。

「サウジアラビアなど国々が、ダーイシュ(ISIS)及びイランの脅威と戦うために、独自の戦略を取ると決めた事は、米国のリーダーシップの不十分さを明白に物語っている。

米国への断りもなく連合が創設された事は、オバマ政権7年の米国の試みの完全な破綻だ。」

先に報じられた所では、米国は、控え目な楽観主義を持って、サウジアラビアによるイスラム諸国反テロ連合創設を受け止めている。
ボス犬・マケインのアメリカ戦争屋が、中東から追い出された!
というニュース。

悔しがるマケインの遠吠え。ゆがんだ老醜顔。

でも、まだ日本という美味しいエサが残ってるので、マケイン爺さん達は、ぐぁんばって日本を喰いまくり、骨までシャブり尽くすでしょう。

それにしても、ロシアの宣伝と印象操作は、上手い!

ロシアの宿敵・アメリカ戦争屋のボス犬・マケインの醜悪な表情写真を世界中にバラまく情報戦争。

安倍晋三もパリでヤラれた。犯人は不祥。安倍の名誉も負傷。

さて、ニュースの真相。米国戦争屋勢力が中東から追い出された!ということは、非戦/軍縮派=オバマ&ケリーの大勝利なのです。

そして、プーチンにとっても、これは願ってもない大勝利!

アメリカが中東から追い出される!という自国外交の危機なのに、ケリー国務長官(外務大臣)は15日、モスクワ中心部のアルバート通りを訪れて、家族にお土産を買うんだぁ、と呑気にショッピング

この一連の動き、一筋の流れ…、どの出来事も世界が大きく変化していること! その大変化を、プーチン、ケリー&オバマ、メルケル、オランド、アサドたちがつくり出していること。

世界が、非戦争・非破壊・和平への大変化を遂げているとき…、ネタニヤフ・マケイン・アベシンゾ~など戦争屋の闘犬たちには全く出番がなくなっていること。

そういうことを淡々と主観を交えず…、好きの嫌いの・善いの悪いのといった個人感情を交えずに世界を冷静に診て、日本民族の行く末を占いながら、自分と家族の仕合せをつくってゆく!

そのためにワシは毎日、書きまくってます。御愛読、多謝!
飯山 一郎

その通りですねぇ。日本では放射性物資。現在も福一から出まくりです

2015年12月16日 (水)

かぐや姫はロシア人なんだって夜! 中国人だって話もあるが…、日本人でないことだけは確か。らしい。

文殊菩薩

かぐや姫はロシア人なんだって夜! 中国人だって話もあるが…、日本人でないことだけは確か。らしい。

 

かぐや姫はロシア人なんだって夜!  
月まで人間を送りこんだ(ハズの)あのアメリカが、いまは、宇宙ロケットを持てない、人工衛星ひとつ打ち上げられない国に成り下がってしまった。

あのNASAも、いまは、空中分解、NASAの(優秀だった)残党は、いまは、何と!種子島に来て居候(いそうろう)をしている。

そういうワケで、いま現在の宇宙は、ロシアの支配下にある。

ちなみに、「月」という地球の衛星は、中国が支配している。

中国は、すでに「月」に軍事基地を築造していて、「敵国」を攻撃する核ミサイル(ミニ水爆)は人工衛星に積んであり、この発射は月からの電波司令で行われる。

月面上にある中国の軍事基地を管理する地球基地は、秦嶺山脈(チンリンサンマイ)の地下深くにある。(ワシは、この基地に通じる地下高速道路を走ったことがある。

ただいま現在、アメリカは宇宙空間には手も足も出ない状態。

宇宙空間は、現在、完全・完璧にロシアと中国が支配しているのだ。

このような革命的な変化が起こってしまっていることを、日本の識者は、ほとんど知らない。

まぁ、日本の命運を決めたフクシマの真相も実態も知らない知識人ばかりなので、日本は知能レベルでも世界の最貧国なのだ。ほんと、ガックリだ夜!

まだまだ書きたいことがあるが、あとで書く。NYに行くので…。
(飯山一郎)
宇宙はロシアのもの
アメリカには打ち上げロケットもない
1324424_4
SPUTNIK
新しいクルーを乗せバイコヌールからISSに向け「ソユーズ」打上げ (動画)
『スプートニク』 2015年12月15日 http://sptnkne.ws/aqJB
宇宙船「ソユーズTMA19M」を乗せた運搬ロケット「ソユーズFG」が、バイコヌール基地の第一発射場から、打上げられた。現地から、リア-ノーヴォスチ通信が伝えた。

ロスコスモスのスポークスマンによれば、宇宙船は軌道上へ、ロシアのユーリイ・マレンチェンコ、米国のティモシー・コプラ、英国のティモシー・ピークの3飛行士からなる第46次及び第47次クルーを送り届ける。

宇宙船「ソユーズ」と国際宇宙ステーション(ISS)との接近は「短い」6時間方式により行われる。

新しいクルーは、ISSで7カ月、つまり通常よりひと月長く過ごすが、これは、飛行プログラムの変更によるものだ。

ロ米英の飛行士らは、新しい宇宙貨物船「プログレスMS」の受け入れ作業の他、米国の宇宙貨物船Dragon 及び Cygnusも受け入れる事になる。また今回の滞在計画では、ロシアと米国のセグメントの装備補充作業も実施される。

安倍はアッチ側。ケリーはコッチ側。

飯山一郎

2015/12/16(水)2  

安倍はアッチ側。ケリーはコッチ側。

ケリーの本心
本音を語るケリー:プーチンの穏やかな視線
合意達成
SPUTNIK
露米、反テロ闘争の今後の歩みに合意達成
『スプートニク』 2015年12月16日 http://sptnkne.ws/aqUh
ラヴロフ外相はケリー米国務長官との交渉を総括して声明を表し、露米は反テロ闘争作業をより協調のとれたものとするための今後の歩みで合意に達したことを明らかにした。 
ロシアとアメリカが反テロ闘争に関して完璧な政府間合意に達した!というニュースは、日本では流れない。

これだもん、日本は江戸時代以下の情報鎖国国家のままだし、安倍から庶民に至るまで、国際盲目音痴なんだ罠。

あ、江戸時代の幕閣や識者が「世界の情勢を知ろう」とする意識と意欲は、現代日本より遥かに高かった!ということ。江戸人の名誉のために言っとく。

いま、世界の情勢を知るためには日本のメディアは駄目。
露米合意の真相も『スプートニク』に頼らざるを得ない。

露米は緊密な協議を重ね、反テロ闘争では完全合意に達した。

しかし! CIA・モサド・トルコ/エルドアン一家・サウジ・安倍一味などの戦争屋勢力は、露米の政府間合意に徹底した邪魔を入れてくるだろう。

この戦争屋勢力の妨害に対して、米・中・露の政府が協同して対抗していく構図。これが今の国際政治学の要点だ。

面黒いのは…、ケリー国務長官のモスクワ訪問に、戦争屋女のヌーランドが同行したこと。

ヌーランドはウクライナ暴動を企画・主導して、実際にキエフの現地で暴動促進の指揮をしていた女だ。

プーチンから見れば…、ヌーランドはソロスと共にロシアを戦乱状態にすることを狙い続ける元凶だ。

しかし、プーチンはジョージ・ソロスに対しては指名手配して逮捕する!と強硬だが、ヌーランドは泳がせている…。

元々はウクライナ人のヌーランドを、プーチンがダブルスパイに育てていた!という憶測がヨーロッパのサイトに出ていたが…、ワシは「さもありなん!」と思った。

あと、ジョン・ケリー国務長官は、シリアのアサド大統領にとっては「最大の味方」どころか、「シリアのウラ外相」という役割を担っていることは知る人ぞ知る話だ。

ケリー国務長官は今回の米露協議でも、アサド大統領の今後の処遇に関して「続投は不可能だ」との考えを表明した。

これを日本のメディアは「アサド政権の後ろ盾であるプーチン氏との立場の隔たりは埋まらなかった」などと報じているが、違う。

好戦女のヌーランドが側にいるし、また戦争屋勢力を仮安心させるためのリップサービスなのだ。

ケリーが本気でアサド政権をツブしてアサドを追放したかったら、露米が合意することはない。

こういう読みが日本のメディアには出来ない。

なお、トルコのエルドアン大統領一家も、シリアのアサド大統領一家とは家族ぐるみの昵懇な関係だったが、原油利権に目がくらんだエルドアンがアサドを一方的に裏切っていた事実は、欧米では知る人ぞ知る話。

今回も色んなウラ話をしたが…、世界の真相を知るには陰謀論では駄目で、盲目になる。

ワシの分析は、海外の識者はすんなり納得するんだが、日本は陰謀論で世界を見るサイトが多いので、困る。

あと「群盲象」で、一部分の事象だけを見て話をするシトも、困る。
飯山 一郎

今日12月16日 石巻、東京の湿度とこれまで確認の湿度100%発生地点

《最重要!》 米露の政府間関係は絶好

飯山一郎

2015/12/16(水)  

《最重要!》 米露の政府間関係は絶好

米露関係は緊密
ケリーとラブロフ
SPUTNIK
ケリー米国務長官:米露は効果的協力が可能
『スプートニク』 2015年12月15日 http://sptnkne.ws/aqAU
プーチン大統領は15日、米国のケリー国務長官と会談する。なおそれに先立ちケリー国務長官は、ラヴロフ外相とモスクワで会談する。ロシア大統領府のペスコフ報道官が伝えた。

今回のケリー・ラヴロフ会談は今年20回目のもので、両者は電話では36回意見を交換した。一方ケリー長官のロシア訪問は三度目だ。今年5月にはソチを訪れている。なおモスクワを訪問したのは2年前だった。

前回ケリー国務長官がロシアを訪れたのは、今年5月12日で、プーチン大統領はケリー長官を、ソチの別荘「ボチャロフ・ルチェイ」で迎えた。その時も、ケリー長官は、ラヴロフ外相と会談後、プーチン大統領と会見した。

その時の会談は、当初およそ90分と予定されたが、結局4時間以上に及び、おまけに一部は、非公式の形で行われた。

ロシア政府は「今回の会談は、ロ米関係正常化を促すものになる」と期待している。
上の『スプートニク』の記事は、米露が非常に緊密な協議を重ねていることを、あからさまに報じている。

ケリー国務長官は、ラヴロフ外相が、本年、合計56回も意見交換をしていることに驚愕された方も多いだろう。

米露は、じつに緊密で見事な外交関係を進展させているワケだ。ケリーとラヴロフの外交努力と功績には大なるものがある。

メドヴェージェフ首相は、21日~23日まで訪中していた。
ラヴロフ外相が中東問題に没頭しているので、ロシアの対中外交はメドヴェージェフ首相が担当している。

メドヴェージェフ首相と緊密なのは李克強首相だ。

習近平国家主席がアフリカ経済外交に精を出し、また、国内の政治浄化に本腰を入れているので、対露関係は李克強の担当、と役割分担が上手くいっている。

ここで余談だが…、「精を出す」とか、「本腰を入れる!」って表現は、淫猥(いんわい)な物言いなんだって? 良く分からんが…www

おっと! なんだっけ? あ、国際政治な。
え~と。オバマは蚊帳の外で何もしてないようだが、違う。

アメリカという国家は、「オバマ・ケリーの非戦派」と、「カーター・マケインの好戦派」が内戦状態なので、分裂国家なのだ。

オバマは、好戦派=戦争屋・軍産勢力と、孤軍奮闘、闘っている。

なお、オバマの陰の相談役はプーチンで、オバマの身辺警護を実質的に行っているのは、プーチンの「私兵=クサ」だ。

だっから、プーチンもラヴロフもケリーも大変なのだ。

なにしろ、ロシア軍機(SU-24)を撃墜したのは米国戦争屋だし…、ダーイシュ(ISIS)も、実質は米国戦争屋の傭兵軍団。

ホワイトハウス内にもヌーランドやライスといった女戦争屋(日本・自民党の女議員・女大臣は全員が極右の戦争屋!)が、アッシュ・カーター国防長官と戦争の仕掛けに余念がない…。

長々と書いたが…、
ようするに現在のプーチンは、オバマ・ケリー・メルケル・オランド・習近平・李克強などの列強首脳陣を主導して強力な布陣を敷くことに成功し、国内ではメドヴェージェフ・ラヴロフ・ペスコフら内輪の天才的なスタッフを抱え、盤石の態勢だ。

さらに、陸・海・空の全軍を完全掌握し、国内の特務機関および治安機関、さらに謀略専門のFSB系列機関と、そのウラ機関も手足のように動かしている。

人事上も…、ナルィシキン下院議長、マトヴィエンコ上院議長が配下なので、議会も完璧に掌握。さらにパトルーシェフ安全保障会議書記、ボルトニコフ連邦保安庁長官、イワノフ大統領府長官、コロコリツェフ内相、ショイグ国防相、フラトコフ連邦対外情報庁長官などの最強の人財を従えて、ほぼ理想的なプーチン体制を築いた。

身辺警護も、プーチンは2万人の強靭な私兵に守られており万全の警護体制。勢い余って、オバマの身辺警護までヤってやる勢い。

長々と書いたが…、
ようするに、プーチンは、今や「世界の帝王」なのだ。

長々と書いたが、来年は…、
余裕しゃくしゃくのプーチン閣下が 「ジャパン・ホ・プロブレム」の根本に鎌をあてがうことになる!

その暁(あかつき)には…、
安倍みたいなキ印の闘犬は相手にせず…、最近めきめき頭角を現わし国際王族会議にも参加された御仁に、一気に連繋を繋げることになる。

長々と書いたが…、そういうことです。
飯山 一郎

2015年12月15日 (火)

【激ヤバ!】経産省が福島第一原発の汚染水(トリチウム水)を、大気に(地上60m)!海洋に!地層に!放出する計画!

健康になるためのブログ

【激ヤバ!】経産省が福島第一原発の汚染水(トリチウム水)を、大気に(地上60m)!海洋に!地層に!放出する計画!

jyh
jyhggffffffgg

 

jyhggff

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/c151211_09-j.pdf
jyhggffffffgggg

 

jyhggffffff

 

jyhggffff

2015年12月15日 人吉(ヒトヨシ) 2015年12月15日 雲仙岳(ウンゼンダケ) 湿度100パーセント連続

ロシアは、世界最強の戦闘機Su-30の製造工程を公開している。 絶対機密の軍事情報を公開する! これは、一体どういうことなのか?

文殊菩薩

ロシアは、世界最強の戦闘機Su-30の製造工程を公開している。 絶対機密の軍事情報を公開する! これは、一体どういうことなのか?

ロシアが誇る最新の第4世代ジェット戦闘機・Su-30は、世界最強である。 (記事1) (記事2) (記事3)

ところが、2015年11月24日、トルコとシリアの国境付近のISISの最重要拠点を空爆するのに、ロシアはSu-30を使わず、旧型のSu-24戦闘爆撃機を飛ばし…、9時20分頃、トルコの領空を侵犯したとして、トルコ軍のF-16戦闘機に撃墜された。

腑に落ちない。
(記事)

それはそれとして…、ロシアは、その世界最強の戦闘機Su-30の製造工程を公開している。

絶対機密の軍事情報を公開する!とは、いったい、どういうことなのか?

なにはともあれその「軍事機密」を写真で見てみよう!

以下は、『ENGLISH RUSSIA』 および 『ZAPZAP』 からの情報である。
(飯山一郎)



世界には様々な戦闘機がありますが、その中でも何故か製造工程が公になることが多いのがロシアです。

今回は最新の第4世代ジェット戦闘機Su-30の製造現場を撮影した貴重な写真を紹介していきます。

                   Sukhoi Su30 Mki Russian Sky Fighter
               Su30



4636c8ae.gif

2015年03月10日
これがロシアの戦闘機製造工場!
1機のSu-30ができるまで
0_80925_3732e180_orig


5fd90996


世界には様々な戦闘機がありますが、その中でも何故か製造工程が公になることが多いのがロシアです。今回は最新の第4世代ジェット戦闘機Su-30の製造現場を撮影した貴重な写真を紹介していきます。

フ ランカーF2という愛称(NATOコードネーム)で知られているのはロシア空軍の戦闘機Su-30です。Su-30はSu-27「フランカー」を発展させ た複座多用途戦闘機になります。Su-27の派生型及び発展型は多種にわたっており、詳しい人でなければ見分けることは非常に困難になっています。

C028e275


Su-30を含むSu-27の発展型は航空自衛隊のF-15Jなどとは異なり非常になめらかな機体デザインになっています。また、アメリカの機種では目にすることはない主翼の前方左右に付けられた「カナード」と呼ばれる小型の翼が付いているのもこの機種の特徴で西側、東側諸国の軍事マニアの間では根強い人気を誇っています。

Upper



Ce8b946e


Abb72f04


5116a7b1


A94efb16


273a8428



B3c24475


Be45cd10


1687ba42


E587b18a


563c7df4


F9b0c3e3


222fcaf8


4cb97829


897418d0


659939bb


2e4b421d



Df006336


37cab725







Su-30の最新型はSu-30SMで性能は劣るもののSu-30を複座多用途戦術機としたSu-30Mについては輸出型が存在しインドや中国、マレーシアなどの国々へ輸出、生産されています。

Photo:Awesome Production of SU-30 | English Russia

(この記事の原典)

今日12月15日 石巻、東京の湿度とこれまで確認の湿度100%発生地点

緑茶は放射能国家の国民飲料!

飯山一郎

2015/12/15(火)2  

緑茶は放射能国家の国民飲料!

急報! 朗報!
日本の緑茶には
放射線に対する
防護効果がある
ストロンチウム90
緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!
茶(とくに緑茶)は、抗酸化性、抗菌性、抗肥満効果、抗変異原性、抗糖尿病効果、抗発がん作用など多くの機能性をもつ。
これら茶の機能性の発現には、茶の成分・カテキン類が関与しているという。
さらに! 茶は、骨中のストロンチウム量を減少させるというのだ!
(論文集『新版 茶の機能』)より。

驚くべき効能である。

茶は、ストロンチウムの消化管での吸収を抑制し、体内への取り込みを防ぐ!というのだから。

さらに、茶は、骨中のストロンチウム量を減少させるというのだ!

これらの驚くべき=喜ぶべき茶の効能についての研究論文は、
・ 『茶の放射性物質汚染と放射線に対する防護効果
  増田修一・島村裕子 (静岡県立大学) 『新版 茶の機能』
・ 『放射線の生体影響に対する茶の抑制効果
  増田修一ほか 『FFIジャーナル®』 Vol.218 No.03 2013
上の論文には、次のような文章がある。
われわれ日本人にとって、緑茶は古くから習慣的に飲んでいるなじみ深いものである。
その緑茶は、放射線の内部および外部曝露による生体影響を抑制する有用な手段であると考えられる。
どうだろうか?
鷲が、緑茶をもう一度「国民飲料」に育てあげたい!と願い、「国民運動」にすべく奔走している理由がお分かりいただけたと思う。

過酷な放射能社会では、エビよりカニより、政治より経済より、健康こそが至宝であり、健康の維持と増進を最優先しなければ生き延びていけない。

だからして、あらびき茶を広めることは、隣人を、同志を、そして日本人を救うことになるのである。

「放射能」の「」の字も言わなくてEー。

「この緑茶は茶葉を丸ごと粉にしたんだ。ためしに飲んでみて!とにかく美味いから!」 ←これだけでEーのだ。

だっから、ぜひともヤッてみて猪ー大寝!>皆の衆

【BGM】 ♪ あらびき茶ソング ♫•*¨*•.¸¸♪

セシウムだけでこの数値。他の恐ろしい核種は絶対に発表しないね。

『米軍は4号機の燃料プールが空だった! という情報(映像)を提供していた。』 という朝日新聞の記事を貼っておく。事実は事実として直視しなきゃイカンぞ!(飯山一郎)

文殊菩薩

『米軍は4号機の燃料プールが空だった! という情報(映像)を提供していた。』 という朝日新聞の記事を貼っておく。事実は事実として直視しなきゃイカンぞ!(飯山一郎)

米軍は4号機の燃料プールが空だ!
という情報(映像も)を提供していた。

↓   ↓   ↓
Cwkvywru4aez6cz




飯山一郎の2014年10月23日付の『てげてげ』に上の記事を貼りました

4enpty

カストロ爺さんは まだまだ意気軒昂だ

飯山一郎

2015/12/15(火)  

カストロ爺さんは まだまだ意気軒昂だ

世界を正確にみている
カストロ!
SPUTNIK
フィデル・カストロ氏:ロシアと中国は地上の平和を保つためあらゆることを行っている
『スプートニク』 2015年12月13日 http://sptnkne.ws/apYz
キューバ革命の指導者、フィデル・カストロ氏は、「ロシアと中国は地上の平和を保つためあらゆることを行っている国々である」 と述べた。

「両国が自らの歴史的伝統と自らの革命経験をもとに、戦争回避、ベネズエラ、中南米、アジア、アフリカの平和発展のために最大限の努力をとっていることには疑問を持つ余地がない」。ベネズエラのマドゥロ大統領にあてて書いた論文に記された。Granma紙が報じた。

カストロ氏によれば、いまの世界では誰ひとり平和を約束されてはいない。「核兵器をもつ国は9つある。うちのひとつが米国だ。米国は2つの爆弾で、3日間に数十万人を死傷させ、百万単位の無実の人に身体的・精神的苦痛を与えた」と氏は強調する。
(上の文章は、広島・長崎への原爆投下のこと。 by 飯山)

カストロ氏は、中国とロシアは米国より良く平和の問題を理解している。「なぜなら彼らには、盲目的なファシズムのエゴイズムによって引き起こされた恐ろしい戦争の経験があるからだ」 とキューバ革命指導者。 (記事)
『櫻井ジャーナル』が↓書いている。

アル・カイダ系武装集団、IS、ネオ・ナチなど「テロリスト」は米国支配層の手先だと認識する必要がある (記事)

上の『櫻井ジャーナル』の主張は、正論である。正しい認識であるとワシは思う。さらに『櫻井ジャーナル』は分析する。
(リビアやウクライナなどで)戦乱が拡がりはじめた当初、西側では「独裁者による弾圧」というイメージが広められた。

その独裁者に向かって立ち上がった人たちの戦いということだが、時間を経るに従って実態は違うことが明確になる。

中東/北アフリカではアル・カイダ系武装勢力やそこから派生したISIS(ダーイッシュ)、ウクライナではネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)が反政府軍の正体だった。

ワシは、キューバのカストロじいさんが好きだ。

なにしろ、世界最強のアメリカ帝国を相手に、一歩も引けを取らずに闘いぬいて、キューバ国の独立を勝ち得た!

そうしてキューバ国を、医療費や学費などがオール無料!という、カダフィのリビア以上の楽園国家をつくりあげてきた国家指導者だからだ。

そのキューバの英雄・カダフィ爺さんの見立ては…、
「ロシアと中国は地上の平和を保つため、あらゆることを行っている国々である。
中露両国が自らの歴史的伝統と自らの革命経験をもとに、戦争回避、ベネズエラ、中南米、アジア、アフリカの平和発展のために最大限の努力をとっていることには疑問を持つ余地がない」
ということ。

カストロ爺さんの考え方は、日本のマスコミや多くの日本人の思い込みとは真逆である。

いったい、どっちが正しいのか?

ワシは、カストロ爺さんの見立てが正しい!と思うが…、
「違う!」 と思うシトもいるだろう。

そういうシトは、そう思っていればE~。そんだけ。(爆)
飯山 一郎

2015年12月14日 (月)

「日本人は何もしないためなら何でもする」 「日本人を気づかないためならマスコミは何でもする」

文殊菩薩

「日本人は何もしないためなら何でもする」 「日本人を気づかないためならマスコミは何でもする」

日本人を気づかないためならマスコミは何でもする。
(飯山一郎)



Kizuki

自分の幸せと未来は、自分でつくる

 

日本人は何もしないためなら何でもする

ネットの中で言われている、いまや有名かもしれない言葉・・・

「日本人は何もしないためなら何でもする」

日本をよく知る外国人が語った言葉とされていますが、この言葉について、しみじみ「その通りだな…」と感じずにいられません。

「やらない」ためには、どんな言い訳でもする。
「変化しない」ためには、どんな言い訳でもする。
やる前から「できない」、だから「仕方ない」。

その実は、「やりたくない」「変化したくない」。

自分で動くのではなく、「誰かに変えて欲しい」。
誰かが変えてくれないなら、「しょうがない」。

自らが変化しないためには、どんな言い訳でもし、どんな不都合な現実にも目をつむる。

不都合な現実や、考えたくないことには、蓋をすれば万事解決。


こういう国民性なのだということを痛感します。それは原発事故後にも様々な場面で見かけられてきました。

自分たちの住む場所が汚染されているとわかっても、動けないのだから仕方ない。お金がない。仕事がない。誰もやってくれない。

でもそれを打破しようという「言動」「姿勢」さえもない。どうすれば実現できるか実現のためのアイデアを考える作業のようなこともない。

最初からできない前提になっている。最初から諦める。仕方ない、と。

とにかく、「困難に打ち克って行動を起こすことに関しては天下一・天才的」なのであればいいのだけど、そうではなく「やらない言い訳をすることに関しては天下一・天才的」というのがあちこちに見えるのです。

原発事故と汚染も「何もしないためには何でもする」で乗り切ってきた


ここで「何もしないためには何でもする」を、福一事故や放射能汚染に当てはめてみます。
汚染されてるとわかってる場所で、避難しない・させないためには・・・・・

汚染されてると認めない。
このくらいの汚染は問題ないと言う。
偉い人が言うのだから大丈夫と信じる。
笑っていれば大丈夫と信じる。
除染できると信じる。
基準値を殺人的な数値に上げてしまう。
子どもにバッジをつけさせてその場で過ごさせる。
汚染が出ている場所の食べ物を食べて応援する。
子どもに汚染地でマラソン大会させる。
子どもに汚染地で清掃活動させる。
子どもに汚染地で潮干狩りさせる。
汚染水が今なお漏れてる場所で漁業を再開する。
汚染がされてる食べ物でも「基準値内」といって出荷する。
汚染水が今なお漏れてる場所でサーフィンする。
息子娘・孫の避難を阻止する。
避難した娘息子を汚染された地へ帰還させようとする。
避難した娘息子に「親不孝者」となじる。
汚染瓦礫を全国に拡散する。
買わない者に対し風評被害となじる。
いまだ高汚染の避難区域を解除する。
アンダーコントロールと世界に嘘を発信する。
子どもを汚染された地に修学旅行に行かせる。
東日本JRの駅を「福島」ポスターだらけにする。


本当に、本当に、何もしないためには何でもします。

なんにもしないためなら、なんでもする

(全部読むには『幸せはすべて気づき』サイトへ)

電車の遅延は、ありません!!!ないったら、ない!!!

きのこちゃん

電車の遅延は、ありません!!!ないったら、ない!!!

  • 2015-12-14
  • 山手線
    山手線
    http://transit.yahoo.co.jp/traininfo/detail/21/0/

    東武伊勢崎線
    東武伊勢崎線
    http://transit.yahoo.co.jp/traininfo/detail/77/0/

    小田急小田原線
    小田急小田原線
    http://transit.yahoo.co.jp/traininfo/detail/109/0/

    平然と「平常運転」表示

    ところがどっこい遅延まみれ

    首都機能、何気にもう

    崩壊ちゅう
    ----------------------------------------

    止まっている路線

     

    遅延してる路線

     

    いっぱいありまっせ
    公表するのがたいへんだわさ

    今年の冬の濃霧は猛毒!

    飯山一郎

    2015/12/14(月)3  

    今年の冬の濃霧は猛毒!

    冬 も 除 湿 機 !
    加湿機じゃないぞ。除湿機だぞ。

    除湿機
    コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 除湿量6.3L(木造7畳・鉄筋14畳まで) 10年交換不要フィルター搭載 スカイブルー CD-P6315(AS) 価格\16,799 (送料:無料) 1日ペットボトル約6本分、6.3Lの除湿能力。
    「日本人が大嫌いな中国やロシアが、日本に向けて猛毒の濃霧攻撃をヤリやがったんだと! 放射能も大量に入れやがったらしい。 ほら!九州なのに、こんなに線量が上がってるべ!
    しっかし、フクシマはE~なぁ、中国から遠くて!」
    とかと言えば、脳天気で阿呆な九州人も、家の中に逃げ込む。
    な~に、ウソも方便だ。マスコミの大ウソに比べりゃ、可愛いもんだ。

    日本人の心の奥底には、「この世は虚仮(こけ)」 という想念がある。
    意味は 「この世の全ては、しょせん、夢か幻(まぼろし)」という想い。
    人生は冥土までの暇潰し」 という亀さんの物言いに近い。

    しかし、やはり人生、「老 病 死」 という三つの苦しみは辛く苦しい。

    とくに病気は…、なってみないと分からないが、なってみると、こんなに苦しいものはない。

    布団の上にふせったまま何も出来ず…、痛くて、苦しくて、辛くて、死んだほうがマシ! と思うことだってある。

    健康で、丈夫で、元気で、自由に歩きまわって生きてることがイカに幸せなことか! これが分からないタコが最近は多いらしい。

    とにかく人生、なによりカニより、健康・丈夫・元気で生き延びていくことが最も大切なことだ。

    いいか! 今年の冬は除湿機を回しっぱなしにしろよ!

    あとは、豆乳ヨーグルトのほかに、熱くて濃いあらびき茶を飲んで、身体を中から温めるんだ!

    熱くて濃いあらびき茶を飲んで、身体を芯から温める!
    これは、一回でもE~から絶対にヤってみて猪~大寝!>皆の衆

    飯山 一郎

    昨夜、福岡の方が、ジメジメすると言っていたが、やっぱり。これか。 湿度100%じゃ、ジメジメするはずです。 この季節にありえません。 原因は、東京電力福島第一原子力発電所由来のものと考えて、間違いないでしょう。 外出を控えて下さい。

    <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8" class="wysiwyg-script"></script>

    <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8" class="wysiwyg-script"></script>

    暖冬はいいけど・・・

    里子の☆ラウンジ

    Photo

    暖冬はいいけど・・・

    2015-12-14(Mon)

    最近、九州は、大雨が降ったり
    暖かい日が続いてる。

    「ホ」が夏前より一段とたくさん出ているんだろうと。

    冬になると手や唇ががカサカサになるので
    クリームを塗ったりするのに
    今年は、あまり出番がないです。

    静電気もないし・・・
    乳酸菌や豆乳ヨーグルトの培養も早いし・・・


    ローカルTimeというサイトで

    暖かさの影響で、野菜に「ある変化」が起きています。(福島15/12/12)

    っていうのがありましたが
    これも
    「ホ」だと思います・・・

    絶対「ホ」の影響とは言わない・・・

    飯山先生が本日、HPで
    今年の冬は除湿機を回しっぱなしにしろよ!
    と。

    今年の冬の濃霧は猛毒!
    だからと・・・

    また洞穴生活?

    ってなわけで
    今年の冬は、除湿機とあらびき茶で過ごしましょう。
    豆乳ヨーグルトは、自分で作ってねー

    冬 も 除 湿 機 !
    除湿機
    コロナ(CORONA) 衣類乾燥除湿機 除湿量6.3L(木造7畳・鉄筋14畳まで) 10年交換不要フィルター搭載 スカイブルー CD-P6315(AS) 価格\16,799 (送料:無料) 1日ペットボトル約6本分、6.3Lの除湿能力。

    猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている! この猛毒の濃霧と同一の濃霧が、いま、九州を襲っている。除湿機をかけた屋内に退避するしかありません。

    文殊菩薩

    猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている! この猛毒の濃霧と同一の濃霧が、いま、九州を襲っている。除湿機をかけた屋内に退避するしかありません。

    九州にも猛毒の濃霧が流れて来ている
    「人吉市とか、飯塚市とか、九州の内陸部で湿度100%になるのは、何故なんだろうか?」(ツイ) という疑問を持つ方々が九州でも増えている。
    原因は、フクイチの「放射性水蒸気」だ! これが偏西風の巻き風に乗って九州まで吹き流されてきたワケだ。

    この原理的な説明は…、
     ・ フクイチの地下に 「巨大なヤカン」
     ・ 上空は偏西風だが、地表近くは東風
    をお読み下さい。

    猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている! この猛毒の濃霧と同一の濃霧が、いま、九州を襲っているワケです。
    (飯山一郎)

     

    ニッポンの五重塔が ド真ん中にある!

    飯山一郎

    2015/12/14(月)2  

     

    日本!世界の中心
    全体
    ニッポンの五重塔が 拡大 ド、ド真ん中にある!

     

    下の画像をクリックすると 五重塔が中心
    『エコノミスト』(2016年)の全体図の中心に日本の五重塔がそびえ立っている!
    五重塔の屋根には西欧中世の兵士が仁王立ち! 脇はローマ法王をはじめとする西欧列強勢に固められている。
    これは来年、欧米勢力に支配された日本が、世界の(厄介な問題の)中心になる! という強力な予測だ。 (記事)

    「日本の常識は世界の非常識」 と言われる。そのとおりだ。

    いま、大半の日本人は、世界のことが全く分かってない! これは、「ホ」のせいで日本人の知的能力・認識能力が著しく劣化したこともある。

    しかし! 日本人が阿呆になった大きな原因は、政府と原発資本とマスコミが全力をあげて、日本人の意識を強力に操作し、洗脳してきた! これが日本人の世界観が大きくユガんでしまった原因だ。

    昨日、ワシは訪中しようとしたが、急遽、取りやめた。
    そしたら…、
    「あんなに空気が汚くて、性格の悪い国に行かないほうがE~です!」 と言うシトが何人もいた。

    PM2.5の問題も、日本の放射能まみれの空気に比べたら、取るに足らない煤煙の問題だ。

    日本のマスコミは、PM2.5で中国は大変だ!大変だ!と大騒ぎしているが、アレは日本の致命的な放射性水蒸気の危険性を隠すための目くらまし隠蔽報道だ。

    ところが日本人の大半は、日本のマスコミが流すインチキ報道をあっさり信じて、コロリと騙されてしまう。

    いまの中国は…、世界一豊かで、日本より遥かに清潔で、綺麗で、親切で、文化的! 訪中すると、牛~帰りたくなくなるほど快適な国家社会なのだ。

    中国の豊かさを日本人に知らせないように、「民は知らしむべからず由らしむべし」の統治手法で、日本人は、隣人・隣国を憎悪することだけが得意の劣等民族にされてしまった…。

    広くて愉快な国・中国を知らぬまま…、隣国を憎悪することで不安を紛らし、ストレスを一時的に解消しながら、★(ホ死)してゆく日本人。ほんとうに可哀想だ猫~(T_T)

    「日本人は本当に可哀想だ…」と、世界は思ってくれている。
    「ザマミ~ロ! おごりきったイエローモンキーの末路だ!」 と快哉を叫ぶ外国人も、もちろんゐる。

    『エコノミスト誌』は、いったい日本をど~思っているのか?

    それは、上の画像を眺めながら、じっくりと占ってください。
    飯山 一郎

    今日12月14日 石巻、東京の湿度とこれまでに確認の湿度100%発生地点

    今回の『エコノミスト誌』は 前号より明快!

    飯山一郎 

    2015/12/14(月)  

     

    支配者交代!生死明確
    全体
    拡大
    エコノミスト誌表紙のイラストはマット・へリングという作家が描いていて、今回は描いたワイドなイラスト画の左半分が採用された。
    エコノミスト編集部から出た様々な要求を全て入れて描いたら、上のような大きな作品になってしまった。しかし、敢えて非採用の部分も公開します! と。
    その意図や、右半分の意味も解釈すべきだろう。

    プーチンと習近平だけが…
    9人の生死
    前面に並んだ9人の政治家。厳しい評価が下された。

     

    Economist2016
    安倍が…
    上の表紙をクリックすると、拡大画像が別窓で見られます。
    また、2016年版は本サイトの右側最上部に常時貼っておきます。
    これも画像クリックで拡大画像が別窓で見られます。(飯山一郎)
    ◆2015年版表紙の基調は、「戦争・暴力・破壊」だった。しかし、2016年版は基調が一転、「平和・理念・指導力」となり、太陽が燦々と輝いている。
    ◆エコノミスト誌は従来、表紙の人物を「死者」として描いてきたが、今回はプーチンと習近平の顔を「死者」ではなく、生き生きと総天然色wwで描いた。
    ◆プーチンは、希望と強さと忍耐力に満ちた笑顔で、しかも、プーチンだけが視線を読者に向けている。
    ◆メルケルは前号の不吉な表情が消え、今回は大胆で楽観的な微笑を浮かべ、堂々と最前面に立った。
    ◆習近平は決意を胸に秘め、覚悟を固めた男の表情。エコノミスト誌(と、バックの勢力)が、プーチン・メルケル・習近平に懸ける期待の大きさが読み取れる。
    ◆我らが安倍晋三は前号は蚊帳の外。今回は復帰したが、ニヤけた極右軍国主義者顔で全く期待されない位置。それより全体画像の五重塔の屋根に西欧風の兵士が仁王立ちで、五重塔の脇には色付き顔のローマ法王が立つ場面。神国・日本にとっては不吉な設定だ。
    ◆今回の表紙の全体的な基調から読み取れることは、エコノミスト誌(と、バックの勢力)が、戦争屋勢力と手を切って見放した! と思われるコト。
    ◆もっと言えば、エコノミスト誌が、プーチンのロシアと習近平の中国の国家連合が、世界の新たな覇権国家として勃興してきた現実を完全に認めた!ということだ。
    飯山 一郎

    2015年12月14日 飯塚(イイヅカ) 過去の観測データで湿度100パーセントが一時間値で連続したことが一度もない測候所です。 昨夜から連続して湿度100パーセント。

    <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8" class="wysiwyg-script"></script>

    <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8" class="wysiwyg-script"></script>

    <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8" class="wysiwyg-script"></script>

    「年間100万人に1人の小児甲状腺がんが、福島県内では38万人中153人」・・・これって、「多発」でしょ!?

    くろねこの短語

    2015年12月14日 (月)
    「年間100万人に1人の小児甲状腺がんが、福島県内では38万人中153人」・・・これって、「多発」でしょ!?

    香港カップでエイシンヒカリ、ヌーヴォレコルトがワンツーフィニッシュ。香港マイルではモーリスが快勝。久々の日本馬による海外G1勝利。お見事。

     

     ところで、国会では閉会中審査が開かれていたんだが、軽減税率をめぐる自公の田舎芝居に振り回されて、まったくと言っていいほどその内容が伝えら れていないのはなんとしたことだろう。なかでも、突貫小僧・山本太郎君の怒りが爆発した、福島県内の小児甲状腺がんをめぐる環境省の役人の能天気答弁なん かはトップニュースになってもおかしくないんじゃないのか。

     

     11日の閉会中審査で、「通常であれば『日本では年間100万人に1人』のはずの小児甲状腺がんが、今、福島県で38万人中153人という異常に高い割合で見つかっている」ことを取り上げ、突貫小僧・山本太郎君は「これは明らかに『多発』ですよね?」って質問した。

     

     これに対して、環境省の役人は、「被爆による過剰発生か、過剰診断のいずれかが考えられる」けど、「過剰発生を完全に否定するものではないが、過 剰診断の可能性が高い、との意見があった」なんてのたまってくれた。過剰診断ってのは、「治療しなくても症状を起こしたり、死亡の原因になったりしない病 気を診断すること」というのがお役所の定義で、つまりは診断が神経質すぎるんだよってことなんだね。

     

     でも、年間100万人に1人の小児甲状腺がんが38万人中153人ってのは、どう見たって異常な発生率で、「多発」とは言えないからってほったら かしておいていいわけがない。そもそも、「多発」だったらこれは大変なことで、まずは実態を緻密に調査するのが役人の仕事だろう。こういう能天気な見ても 見ぬ振りってのは、役人のサボタージュと言っても過言ではありません。

     

     これほどの問題を、新聞・TVは爪の先程も報道しない。ニュースにならないってことは、そんな事実はないってことにもつながるんだよね。戦争法に 関連するペテン総理の政策が、すべてアーミテージ・ナイリポートの「完コピ」だって突貫小僧・山本君が指摘した時も、新聞・TVはこれを無視した。突貫小 僧にメディアはきっと含むところがあるに違いない。本来なら、突貫小僧が国会でぶちまけた怒りってのは、ジャーナリズムがすべき仕事のはずだ。事実に向き 合い、その正確な情報を報道しようとしないジャーナリズムの存在こそ、この国にとっての最大の悲劇なのかもしれない。

     

    【12.11閉会中審査ハイライト】福島県内の小児甲状腺がん38万人中153人という「予想を超えるような多発」を認めない環境省に、山本太郎議員が怒り!「根拠なく放置していいわけがない」

     

    2015年12月13日 (日)

    乾期の季節に連日、湿度100%となっているのは、東京電力福島第一原子力発電所の地下デブリの再臨界が原因です

    上空は偏西風だが、地表近くは東風

    飯山一郎

    2015/12/13(日)2  

    上空は偏西風だが、地表近くは東風

    西日本の線量が急上昇
    jet 晩秋の九州:大雨が続き、異常な高湿度』←この記事には、九州の延岡・人吉・都城の高湿度の表がある。
    「湿度100%が連続!何これ?」 とあるが、じつは、九州でも空間線量が急上昇している。

    九州の空間線量の急上昇の原因は、間違いなくフクイチから飛んできた放射性物質の超微粒子(ホット・パーティクル) だ。

    しかし、この季節は強烈な偏西風(ジェット気流)が西から東へ吹いているのに…、どうしてフクイチのホット・パーティクルが九州に飛んで来るのか?

    それは表題のとおりで、「上空に偏西風が吹くと、地表近くは東風」 が吹くからだ。その仕組みは下に図化した。

    偏 西 風
    → → → → → →
    ↑ ↑ 巻き風・逆風の東風
    九州 ← ← ← ← ← フクイチ
    上図は、偏西風の直下の層の大気が偏西風に引っ張られる。そうして西の方角に吹き流れていく…。

    上空の大気が偏西風に引っ張られた九州や西日本は気圧が低くなり、これを補うように東日本から海面づたいに東風が吹いてくる、と。

    以上が、「上空に偏西風が吹くと、地表近くは東風」 が吹く原理だ。

    なによりかにより、九州の濃霧と湿度100% の連続! そして空間線量の急上昇! これは厳然たる事実だ。否定は出来ない。

    この原因は、フクイチの地下の 巨大なヤカン と「東風」だ!

    こうして日本列島は、その全域に、日々、ホット・パーティクルが蓄積してゆく…。これが永遠に続く。

    誰かがフクイチを鎮圧するまでは
    飯山 一郎

    フクイチの地下に 「巨大なヤカン」

    飯山一郎

    2015/12/13(日)  

    フクイチの地下に 「巨大なヤカン」

    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
    地中に出来た巨大なヤカン
    上の赤い部分は激しく臨界中のデブリ。水色部分は地下水や海水。
    カツオ!湯気が見えるでしょ?
    さざえさん
    サザエさんがカツオちゃんに沸騰しているヤカンを見せています。
    「カツオ。沸騰しているやかんの口をよく見てみて。目に見えるのは湯気(液体の水)で、水蒸気(気体の水)は目に見えないのよ。」
    ヤカンのお湯がどんどん蒸発
    水蒸気a
    目に見える湯気は大した量ではありませんが、じつは、大量の水分が空中に放出されているのです。
    激しく沸騰してます!
    水蒸気b
    お湯はドンドン蒸発してますが、
    湯気は見えません。
    ドライアイス投入!
    湯気
    ドライアイスを入れて冷やすと、大量の湯気が発生!
    水蒸気は冷えると湯気になり、窓のガラスには水滴。

    日本の冬は異常乾燥の季節なのに、全国各地に濃霧や大雨!
     ・ 『NHKも今朝の東京の濃霧を報道

    高山清洲がハッキリと断言している。
    猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!

    そして10日、西日本には記録的な大雨が降った!

    中国も、「日本の異常気象」を大々的に報道した。
    日本各地で12月の降雨量が過去最高を記録し、また、東京は暖湿な気流が流れ込んで夏日のような高温になった」 (記事)
    ロシアも、「日本に季節外れの大雨!」 と特報を発信した。

    さて、ここで重要な真相を言います。

    11月からの日本の異常気象! 連日連夜の湿度100%や、濃霧や大雨。この大量の水分は、いったい何処から来たのか?!

    アソコです! 分かりますね?

    アソコの地下深くに、 巨大なヤカン が出来たのです。

    地層の深い所が、巨大なヤカン になった! ということです。

    4月~9月は、大量のモクモク水蒸気(じつは湯気)が見えました。

    いまは、4月~9月のような大量のモックモク湯気が見えない。

    それは、「沸騰するヤカン」の原理です。

    アソコでは見えない水蒸気が、湯気=濃霧となって…、
    さらに大雨を降らせる! ということなのです。

    福島第一原発:汚染水の放射性物質、濃度4000倍に!
    この原因についても、「地下深くに出来た巨大なヤカンの原理
    これで説明できるのです…。 
    飯山 一郎
    大雨
    SPUTNIK
    西日本 季節外れの大雨
    『スプートニク』 2015年12月11日 http://sptnkne.ws/apzr

    ☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆

    飯山先生がわかりやすく説明してくださった。

    ずっと、戦争関連や安全保障関連法案だのデモのお知らせだの・・・・って

    今一番伝えなきゃならないことを

    必死に隠して他のどーでもE-事を大きく報道。

    放射能関係のことを一生懸命載せているのは

    飯山先生と少数ですね。

    来年は、5年目に入る。

    一層、健康には気を付けたい・・・

    飯山先生も連日載せているように

    乳酸菌と豆乳ヨーグルトと、あと あらびき茶
    この三つは、ずえったいに!必要。 そういうことです。

    このところの日本の異常気象は、中国でもニュースになっている。いわく、「日本各地で12月の降雨量が過去最高を記録し、また、東京は暖湿な気流が流れ込んで夏日のような高温になった」。

    文殊菩薩

    このところの日本の異常気象は、中国でもニュースになっている。いわく、「日本各地で12月の降雨量が過去最高を記録し、また、東京は暖湿な気流が流れ込んで夏日のような高温になった」。

    現在進行中の日本列島・高湿度現象は、要注意だ!

    Photo
    12月は、普通なら湿度が50%~60%なのに、このところの日本列島は、連日の高湿度。湿度100%を連日のように記録するところが何十ヶ所もある。やはり、これは、異常である。

    このところの日本の異常気象は、中国でもニュースになっている。
    左の図は、中国移動通信社がスマホに配信する共有ニュースだが、報道内容の概略は以下のとおり。

    「日本各地で12月の降雨量が過去最高を記録し、また、東京は暖湿な気流が流れ込んで夏日のような高温になった」

    12月の気象の特徴 (気象庁のサイトから)
    12 月に入るとシベリアの高気圧が勢力を強め、千島列島からオホーツク海で低気圧が発達し、「西高東低の冬型の気圧配置」となることが多くなります。
    冬型の気圧配置になると、全般に北よりの季節風が強まり、日本海側では雪や雨の天気となります。
    一方、太平洋側では晴れて空気が乾燥するような天気となります。

    福島第1原発「ダクト」の汚染水濃度、前年調査の約4,000倍(福島15/12/10)

    日印原子力協定合意。金だけじゃなく原発までも世界にばら撒くペテン総理に、帰国拒否の鉄槌を!

    くろねこの短語

    2015年12月13日 (日)
    日印原子力協定合意。金だけじゃなく原発までも世界にばら撒くペテン総理に、帰国拒否の鉄槌を!

    低所得者の負担削減って言うなら、食品や日常品の消費税をゼロにして、クルマやブランド品などのいわゆる贅沢品の消費税率をアップさせるのがシンブ ルでいいんじゃないのかねえ。ていうより、軽減税率がまるでビンボー人への施しみたいになっていることがチャンチャラおかしいのであって、そもそもは消費 税増税の是非を議論するのが筋だろう。新聞・TVは消費税酢増税を前提に軽減税率がどうてたらこうたらとかまぴすしいが、こういうのを木見て森を見ずと言 います。

     

    社会保障拡充に逆行 「一体改革」自公民合意、変質

     

     国内が愚にもつかない軽減税率騒動でドンチャン騒ぎしている隙に、ペテン総理はインドと原子力協定で合意しちまいました。これで、核拡散防止条約 非加盟国のインドに原発売り込むことが決定的になったわけだ。核の不拡散というのは、世界で唯一の被爆国としての国是でもあったはずなんだね。それを無視 してまで、原子力で一儲けってんだから、なんとも卑しいトップセールスだ。

     

     しかも、福島第一原発はいまだに収束の目途がつかず、それどころか放射能汚染水は日々海に垂れ流されている。ああ、それなのに、どのツラ下げてイ ンドに原発輪出しようってんだろう。家がまだ燃えているってのに、よその家の火消しにノコノコ駆けつけるようなもんだ・・・って、ちょっと違うか。

     

     インドとの原子力協定ってのは、この国がこれからも原発と共にエネルギー政策を推し進めていくってことの宣言でもあるわけで、新幹線導入なんてことに目を奪われている場合じゃないんだね。世界からは、なんとも理解不能な放射能国家って思われているに違いない。

     

     インドが核実験したら協定はご破算なんて言ってるけど、中国とインドの国境紛争が緊迫化したりしたらそんなことは反故にされちゃうかもね。それを 予期するように、原子力協定と同時に防衛装備品移転協定と情報和語協定も締結。中国の海洋進出を牽制するインドとアメリカの海上共同訓練「マラバール」 に、海上自衛隊が定期参加することになるそうだ。

     

    日印、原子力協定で合意 核拡散防止条約 非加盟国と初

     

     ペテン総理が核拡散防止条約非加盟国のインドに原発輸出する背景には、アメリカの中国牽制戦略ってのが一枚噛んでるのかもね。でなけりゃ、アメリカの顔色うかがうことが政策決定の重要なファクターであるペテン総理が、独断でインドへの原発輸出を決められわけがない。

     

     共和党の次期大統領候補のひとりであるトランプのイスラム差別発言で、イギリスではトランプの入国拒否運動が起こっているけど、こうなったらペテン総理のインドからの帰国拒否ってことでデモかけたら面白い・・・なんて妄想してみた日曜の朝であった。

    2015年12月12日 (土)

    疑惑! 陰謀論的解釈ができる…鴨

    飯山一郎

    2015/12/12(土)5  

    疑惑! 陰謀論的解釈ができる…鴨

    激怒する男ではない

    撃墜 激怒

    きょうの中国行きは、アチラの不手際で中止。
    ワシは渋々志布志に戻ったら、心配した仲間が、何人も何人も見舞いに来てくれた。ありがた嬉しかった。

    ところが中国では大ゴトになっているらしく、来週「不手際の謝罪」に幹部が日本に来るという。固辞したが、来る…鴨。

    「不手際」のお陰で…、ワシ的には6日間の身柄拘束から開放された晴れ晴れ気分。

    だっけど、鹿児島空港近辺は、降水確率10% なのに、どんよりと重い雲が立ち込めていて、著しい視界不良。

    降水確率10% だと、普通ならカラッと晴れて、ギンギラ太陽が出るのに、モワ~ッとモヤモヤ。湿度が異常に高い。

    やっぱ、アソコからアレが来てるんだろ~な~。ちきしょうめ。

    おっと、表題の件だが…、
    11月24日に、ロシアの戦闘爆撃機が撃墜された問題だ。

    これは プーチンの謀略ではなかったのか? と、ワシは今も毎日考えているのだが、きょうも(ヒマだったので)考えこんだ。

    とりあえず 考えるヒント』 をココに載せたクリック

    頭の体操だと思って、上の記事、読んでみて猪ー大寝!>皆の衆
    飯山 一郎

    今日12月12日 石巻、東京の湿度とこれまでに確認の湿度100%発生地点

    11月24日。ロシア空軍のSu-24戦闘爆撃機がトルコ軍のF-16戦闘機に撃墜された。これは、プーチンの謀略ではなかったか?と、私は今も毎日考えている。(飯山一郎)

    文殊菩薩

    11月24日。ロシア空軍のSu-24戦闘爆撃機がトルコ軍のF-16戦闘機に撃墜された。これは、プーチンの謀略ではなかったか?と、私は今も毎日考えている。(飯山一郎)

    2015年11月24日9時20分頃、トルコとシリアの国境付近で、ロシア空軍のSu-24戦闘爆撃機がトルコの領空を侵犯したとして、トルコ軍のF-16戦闘機に撃墜された。

    これは…、プーチン得意の『一本釣り・釣り野伏せ戦法』、つまりプーチンの謀略の一環だった…、と、私は今も毎日考えながら、資料を漁っている。あさってあたり、真相を書いてしまおうか!と考えながら…。
    (飯山一郎)

    dot

    NATO震撼、トルコが撃墜 なぜロシア機は旧型だったのか
    『週刊朝日』 2015年12月11日号

    Gesenai シリア内戦を巡ってトルコ軍機がロシア軍機を撃墜した。そのロシア機が実戦配備から30年以上たった旧型の爆撃機スホイ(Su)24だったことから、軍事専門家が首をかしげている。

     対するトルコは米軍が運用しているF16戦闘機を出撃させた。軍事アナリストで未来工学研究所客員研究員の小泉悠氏は言う。

    「10月にロシア軍機はシリア国境に近いトルコ領空を2回にわたって侵犯していますが、機体は最新鋭のSu30。この時はトルコ軍の攻撃は受けませんでしたが、仮に今回のロシア軍機がSu30だったら撃墜されず、逃げ切れた可能性があります」

     これらはどんな戦闘機なのだろうか。ミリタリーライターの竹内修氏が説明する。

    Su24は、もともと核などの爆弾を搭載し、爆撃に向いています。超低空飛行が得意ですが機動性は劣り、接近されると逃げ切るのは難しい。一方、Su30は、飛行速度が速く機動性が良いだけでなく、ミサイル追尾をかわすなど防御能力にも優れています」

     ロシアが9月末にシリアで空爆を始めて以降、トルコとロシアは摩擦が絶えない。ロシアが、トルコ同胞であるトルクメン人の地域を爆撃したからだ。ロシアの度重なる領空侵犯はトルコへの牽制と見られている。

     関係者が解せないのは、今回に限って旧型のSu24だったことだ。

    「ロシアは、Su24をシリアに多く配備しているので偶然飛行していてもおかしくありません。領空侵犯しても攻撃されないと、おごりがあったのかもしれませんが、うっかり侵犯してしまった可能性もある。Su24は改良を重ねてはいますが、GPS航法装置は内蔵していなくて、性能が劣る市販の外付けタイプのものを使っていた可能性があります。機体の位置を正確に把握しきれなかったのかもしれません」(前出の竹内氏)

     トルコが加盟するNATO(北大西洋条約機構)が、ロシア機を撃墜したのは1950年代以来初めて。欧州諸国は震撼した。一発の銃声から第1次世界大戦が始まった歴史を持つ欧州とロシア。「おおごとにしない」という点で双方は一致している。

    ※週刊朝日 2015年12月11日号

    プーチン:ますます意気軒昂!

    飯山一郎

    2015/12/12(土)4  

    プーチン:ますます意気軒昂!

    最重要的サイン

    FSB(ロシア連邦保安庁)

    SPUTNIK
    ロシア軍のシリアにおける行動はロシアの特務機関の活動とシンクロしており、FSB系列機関はISISなどテロリストらの覆面組織を摘発している
    『スプートニク』 2015年12月11日 http://sptnkne.ws/ap4v
    「ロシア軍はシリアにおけるダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている組織)インフラに深刻な損害を与えており、この国における事態の改善を促した」 とロシアのプーチン大統領が国防省の職員らに述べた。

    「重要なことを言おう。航空宇宙軍と海軍艦隊を複合的に用い、先進高度兵器システムを用いることで、テロリストらのインフラは深刻に打撃されており、それによりシリアの情勢は本質的に変更している」。

    また大統領は、「ロシア軍のシリアにおける行動はロシアの特務機関の活動とシンクロしており、FSB系列機関はダーイシュを含むテロリストらの覆面組織を摘発している」 と述べた。

    我が軍の行動は我が治安機関および特務機関のロシア本国における活動とシンクロしている。」

    「尊敬する同志諸君、ご覧のように、FSB系列機関はここかしこ、ほぼ全国でダーイシュを含むテロリストらの覆面組織を摘発している。」 
    プーチンが、『スプートニク』を使って、非常に重要なメッセージとサインを世界に向けて発信した。

    その内容は、「ロシア軍のシリアでの軍事行動はロシアの治安機関・特務機関の活動とシンクロしており、FSB(ロシア連邦保安庁=諜報・防諜・謀略機関、KGBの後身)は、ISISなどテロリストらの覆面組織を摘発している。」

    これは、ロシアは単なる軍事国家ではなく、高度情報国家として、今後、世界に君臨する! という強烈なメッセージだ。

    同時に、「戦争屋・破壊活動屋の勝手で手荒な攻撃行動は、ロシアの特務機関が摘発(暗殺)する!」 というサインでもある。

    世界は、いまや、アメリカの「戦争と破壊工作」から一転して、ロシアの「反戦・平和政策」へと大きく転換しようとしている。

    この『プーチンの新世界づくり』の潮流に乗って生き抜いていく! これが今後の日本人が生き延びるための最良策だ。

    アメリカ(の戦争屋)は、ダーイシュ(ISIS)と共謀してシリアを破壊しただけの凶暴にして狂暴な国家だった。

    しかし、ここにきてプーチンが、軍事と諜報と謀略を組み合わせた画期的な戦争法を駆使してシリア情勢を本質的に変更させた。

    このことは、事実であり現実であり実態である。これに「善いの悪いの、好きの嫌いの」 と言うのは、個人的な感情の表出でしかない。

    善悪や好き嫌いでモノを言う人間は、善くない! 鷲は嫌いだ! (爆)

    それはそうと、ワシが、いま、最も期待しているのは…、
    プーチンが中東・シリアの次に、極東・日本において、いったい如何なる作戦行動をとるのか? これである。

    ワシたち日本人の命運は、プーチンの次の一手で、全て決まる!
    飯山 一郎

    プーチンの最新映画は007? ジェームズ・ボンドなプーチン特集




    世界の裏側ニュース

    プーチンの最新映画は007? ジェームズ・ボンドなプーチン特集

    2015-12-12 05:28:37


    前回のプーチンの記事から、プーチンが007のジェームズ・ボンドに見えて仕方がないという話で盛り上がり、気になって調べてみたらおもしろい画像をたくさん掘り出してしまいました!





    O0236015113509212901


    ロシアより 愛を込めて


    この写真、よく見ると左がプーチン大統領、右が現在の007のジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグです。

    O0736109213509212902

    (画像 http://www.freakingnews.com

    007 慰めの報酬より

    O0800080013509221607


    O0640051013509214791

    次期影武者の最有力候補でしょうか。

    O0320029713509214790


    My name is Putin. Vladmir Putin.

    O0615040913509215479


    ウクライナでミニ潜水艦に乗るジェームズ・ボンド

    O0615040913509215480

    O0615092313509215482


    O0615040913509217296





    ジェームズ・ボンドはやはり、格闘技にも精通していて欲しいものです。



    O0615079713509215481

    柔道家のプーチン氏は非常に謙虚だということです。


    山下泰裕氏 

    『柔』の人、プーチン大統領の黒帯         より
    http://www.yamashitayasuhiro.com/kouenroku/yawaranohito/yawara.html



    プーチン氏の日本でのスピーチ:

    「講道館に来ると、まるで我が家に帰ってきたような安らぎを覚えるのは、きっと私だけではないでしょう。

    世界中の柔道家に とって、講道館は第二の故郷だからです。

    日本の柔道が世界の柔道へと発展していくのはたいへん素晴らしいことですが、われわれにはもっと注目すべきことが あります。

    それは、日本人の心や考え方、そして文化が柔道を通じて世界に広まっていくことです



    恐ろしいとしか思ってなかったロシアが、なぜここまで日本に優しいのか不思議で仕方がありませんでしたが、なんとなく理由がわかった気がします。



    【関連記事】

    ロシアが日本に「311は人工地震だった」と伝えようとしていた?







    007とは関係がありませんが、Time紙の表紙も(アメリカを除いて)プーチンが占めたこともあります。アメリカの対応、わかりやすいですね~!





    O0500066713509217717




    さらにTime紙の表紙に関しては、こんな細かい違いにも気がついた人がいるようです。



    O0512056413509222290

    自分の愛車でヴィンテージ車のVolgasをジョージ・W・ブッシュ大統領に運転させるプーチン大統領(2005年)

    O0620037213509218157

    (画像 Tim Sloan/AFP/Getty Images )

    しかしそんなプーチンさんも、銀行残高は2011年時点で$179,612(約2,170万円)と意外とつつましそうな感じですが(ロシア選挙管理委員会発表)。

    O0600080013509219354


    プーチンが007っぽい、というよりはむしろ、最近の007製作チームがプーチンを意識しているのかも?とさえ思えてきました・・・









    O0600040713509219647


    ここまで車の爆破シーンの似合う国のリーダーは、あまりいませんね。










    こちらが最新版007の予告編です。





    映画『007 スペクター』最新特報(予告編) 第1弾~第3弾まとめ   







    これを読んだ後にこの映画を見ると、もうジェームズ・ボンドがプーチンにしか見えなくなるかも?!


    【追記】

    コメントでこんなおもしろい情報を教えていただいたので、こちらにも。

    スペクターの首領

    スタブロウ・ブロフェルドはもともとオッペンハイマー、グルベンキアンなど実在の20世紀の超大国を手玉にとってきた怪人物がモデルとなっており、
    米ソの冷戦構造下でオフショア金融と資源や兵器のバーター取引で悪どく儲けている一群の悪党がいる、という元情報将校のイアン・フレミングからの警告が含まれています。

    おそらくそういう連中と現在最も派手に戦っている人間こそプーチンである、という含意にほぼ間違いなかろうと思っています」

    karajanopoulos1908様、ありがとうございます)

    軍帥・プーチン:国家の大義を宣言

    飯山一郎

    2015/12/12(土)  

    軍帥・プーチン:国家の大義を宣言

    元気!精悍!オーラ!

    プーチン元気

    SPUTNIK
    プーチン大統領:安全保障会議を招集。「ロシアのシリア作戦は、地政学的関心ではなく、ロシアへの『ダーイシュ(IS)』の脅威が理由」と述べた。
    『スプートニク』 2015年12月11日 http://sptnkne.ws/apyX http://sptnkne.ws/ap48
    昨日、プーチン大統領は、ロシア安全保障会議の常任メンバーを一堂に集め会議を行った。また大統領は、各軍管区の司令官達とも協議した。

    この安全保障会議の実務会議には、常任メンバーであるメドヴェージェフ首相、ナルィシキン下院議長、マトヴィエンコ上院議長、パトルーシェフ安全保障会議書記、ボルトニコフ連邦保安庁長官、イワノフ大統領府長官、コロコリツェフ内相、ショイグ国防相、フラトコフ連邦対外情報庁長官が出席した。

    プーチン大統領は、次のように述べた。
    「ロシアのシリア作戦は地政学的利害や新兵器の実験への希望ではなく、ダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている組織)がロシアを直接的に脅かしていることに基づいている。」

    シリアのロシア軍は第一に自国を守っているそこでの活動は抽象的な地政学的利害や新兵器を試したり訓練したりすることへの希望ではなく、もっともそれはそれとして重要なことなのだが、重要なのはロシア自身にとっての脅威に立ち向かうことだ。」
    プッチンが元気と精悍さを取り戻した。
    まさに大軍帥(だいぐんすい、国軍を統率する総大将)の風格である。
    プーチンは、しかし、だだの大軍帥ではない。
    誠の国家指導者(ステーツマン)である。

    プーチンが、もし、シリアでダーイシュ(ISIS)と戦わなかったら…、
    ロシアはダーイシュ(ISIS)に侵略されてしまうだろう。

    そうしてロシアは、ダーイシュ(ISIS)に蹂躙され…、イラクやリビアのように、米・英・イスラエルの属領にされてしまうだろう。

    だからこそロシアは、敢えてシリアに進軍し…、ダーイシュ(ISIS)に激しい空爆を加え、さらに、ダーイシュ(ISIS)の同盟国であるトルコが盗掘原油を獲得する補給路を空爆しまくった!

    まさにロシアは自国を自衛し、ロシアの国民と国益を守るために、
    敢然と戦争に打って出たのである。

    「ロシアの領土と国民を守るために懸命に戦ってくれ!」

    これがプーチンがロシア軍の兵士に発した命令である。

    懸命に」 というのは 「命を懸けてくれ!」 ということだ。
    これには「最悪の場合は、国家のために死んでくれ!」という意味も含まれている。

    「祖国の国民を守るために死んでくれ!」 これが、国家指導者が自国軍の兵士に発する 「国家の大義」 だ。

    さすれば、国軍の兵士は、祖国のために欣然と、そして粛々と死んでゆける…。これが 「国家に殉ずる!」 ということだ。

    チェルノブイリの原発が大爆発したとき…、
    ゴルバチョフはソ連軍の兵士に向けて敢然と命令した。

    「祖国の国民を守るために死んでくれ!」

    ソ連邦の兵士たちはゴルバチョフの下命に応え…、黙々と鉛の玉が入った袋を背負って、大爆発直後の原子炉の真上まで歩いて往き、激しく被爆しながら、鉛の玉を原子炉の中に投入し続けた…。

    こうして、何と80万人の兵士や囚人たちが、残酷にして無残な被爆死を遂げた…。これまさにゴルバチョフが発した「国家の大義」に殉じたのである。

    その結果…、チェルノブイリは僅か10日間で収束し、放射性物質の噴出が止まったのである。

    いっぽう、ゴルバチョフは数千台の大型バスを総動員し、チェルノブイリの周辺地域の住民たちを安全地帯に疎開させた。これもソ連軍が担当しきった! 国民の生命と健康を守るために…。

    それでも、ソビエト連邦という巨大国家は崩壊した。
    崩壊させられた!という事情…、このことは機会があれば語る。

    きょうのワシは時間がない。訪中せねばならんからだ。

    中国は山東省の青島・青州・済南を訪問し、グルンバと乳酸菌による「余剰汚泥の消滅処理」という画期的な技術を伝授してくる。

    「日本人の発想と技術は素晴らしい!」 と言わせるつもりだ。

    褒められたら、「いえ!中国古代の知恵から学ばせて頂きました!」 と、世辞も言おうと思う。

    お国に殉ずる兵士のように、飯山一郎、気張って出陣します!

    5泊6日の留守中、宜しくお頼み申します。 _(..)_ >皆の衆
    飯山 一郎

    2015年12月11日 (金)

    今日12月11日 石巻、東京の湿度とこれ迄に確認の湿度100%発生地点

    プーチン、ただ今、鋭気培養中

    飯山一郎

    2015/12/11(金)2  

    プーチン、ただ今、鋭気培養中

    少し疲れ気味?

    SPUTNIK
    2つの反テロ連合軍、連携は果たして可能か?

    『スプートニク』 2015年12月09日 http://sptnkne.ws/anQa

    「米国が主導し“ダーイシュ(IS)”と戦う有志連合軍は、ロシアとシリアが形成した反テロ作戦の実際の戦線からは益々乖離する傾向を見せている」 と『スプートニク』が指摘が指摘しているとおり、ISに対する米英とロシアの乖離が、今のプーチンの最大の悩みだ。

    ダーイシュ(IS)と、ダーイシュ(IS)をウラで支援しているトルコに対する戦いは、プーチンの完全勝利!という情勢だ。

    しかし、今後のダーイシュ(IS)殲滅作戦では、米英の戦争屋と謀略勢力がロシアの強力、かつ陰湿なる敵となって、プーチンの前に立ちはだかる…。これが今後のプーチンの最大の悩みだ。

    そんなこんな…、プーチンは、いま、少々疲れ気味だ。

    いまの世界は、プーチンのロシアが支えている!と言っても過言ではない。日本民族の命運もプーチン次第!と考えている人は多い。

    もし万々一のことを考えてみれば、プーチンの存在が世界の安定にとってイカに重要か! タコでも分かるだろう。

    何としても! プーチンには健康でいてもらわねばならない。 

    ワシ如きがプーチンの安全と健康を心配しても、何の意味もない。
    そもそも心配なんてものは、むしろ、しないほうが良いものなのだ。
    心配するだけ、相手に余計なプレッシャーをかけてしまうからだ。
    プーチンほどの人物は、身の安全も健康の保全も、朝飯前だ。
    余暇の活用に関して、プーチンが大名人である証拠を下に掲げる。
    飯山 一郎
    ミニ・写真展 『プーチン大統領の余暇の活用法


    クリミア半島沖の海底に沈む古代船を見るために深海探査艇に搭乗 (8/8)。
    ソチの官邸のジムでトレーニングするプーチン大統領とメドヴェージェフ首相8/30)。
    ソチの官邸で朝食をとるプーチン大統領とメドヴェージェフ首相 (8/30)。
    ソチで開かれた「ナイトホッケーリーグ」オールスターゲームでのプーチン大統領 (05/16)。

    首都・東京が崩壊前夜にある現在…、日本国の支配階級・統治階級(高級官僚や大企業幹部家族)が、陸続と逃げ始めている。 まるで関東軍が瓦解するときのように、現在の政府の統治機構・官僚組織の瓦解・崩壊が始まっている。

    文殊菩薩

    首都・東京が崩壊前夜にある現在…、日本国の支配階級・統治階級(高級官僚や大企業幹部家族)が、陸続と逃げ始めている。 まるで関東軍が瓦解するときのように、現在の政府の統治機構・官僚組織の瓦解・崩壊が始まっている。

    新井信介が、またもや本気で書いた。
    タイトルがおそろしい
    『今の東京は、満州国の最期の様。逃げ出す高級官僚や大企業幹部家族は、まるで関東軍』 ときた。

    上のタイトルのテーマは、逃散(とうさん)であり、逃散(ちょうさん)である。

    先の戦争末期、ロシアから満州へロシア軍が侵入・進出してきたとき…、真っ先に逃げ出したのは、日本帝国・満州帝国の支配階級の日本人だった。

    首都・東京が崩壊前夜にある現在…、日本国の支配階級・統治階級(高級官僚や大企業幹部家族)が、陸続と逃げ始めている。

    まるで関東軍が瓦解するときのように、現在の政府の統治機構・官僚組織の瓦解・崩壊が始まっている。

    新井信介はハッキリとは書かなかったが…、
    現在、おかしな人事に、「もう付き合ってられない!」 と崩壊現象に瀕しているのは、外務省である。

    自衛隊にも、公安組織にも、「やってられない!」 と辞任する幹部が増えている。

    国家の組織的な崩壊は、すでに始まっている! ということだ。
    (飯山一郎)

    新井信介
    異様な天気。(後追い記載・・・どうも、フクシマで異常事態がおきているとの情報も)

    平常運転と言いながら、首都圏の列車は、現実には「遅延」ばかり。

    詳しく、聞いてみると、

    霞が関にも、異変が。

    どんどんやめだしている。 おかしな人事に、「もう付き合ってられない」と。

    なんか、戦前の満州国の最期みたい。

    映画「ラストエンペラー」では、満州国の最期は、坂本龍一扮する甘粕大尉の自殺だったが、

    今、これに当たる人物は、いないだろうか?  

    全ては、明治から始まった、おかしな天皇論に、引きずられた結果。 神武が、BC660年に、奈良の柏原で即位した実在の人間(4人兄弟の末っ子)で、 その4代前は、神々の世界「高天原」から天下ったニニギで、天皇家は、その子孫、ということになっている。

    【中略】

    この不比等が創りだした物語を、近代国家になったにも関わらず、絶対の真実として、国民に強制的に教え込み、天皇の権威にして、政府(官僚たちの政策)の無謬性の根拠にした。その中心が東京で、アジアの中で唯一近代化に成功したと、自らを誇り、朝鮮併合後、中国大陸の満州を占領し、さらに、ドイツと組んで、世界を相手の戦争を仕掛けた。それに敗れると、戦後は、天皇の戦争責任を問わない代わりにこの権威をそのまま残し、アメリカの戦争屋の手の中で、マネーだけを求める、工業化一直線の国家になってしまった。

    この体制が、まだ変えられない。 しかも、原発を54基も造ってしまった。 いま、フクシマは、どうなっているの?大雨の中、トンデモナイものが出ていたとの説も。

    今年の3月からメルトスルーした核燃料が原因で放射性水蒸気が出ています。日本列島は、どこも、放射能だらけ。

    官僚とても生身の人間です。 手元に、億単位の資金が貯まれば、もう、逃げ出したくなる。 

    どうも、こうした事態が現実に始まったようです。それも、経産・厚生だけでなく、外務や公安・防衛でもです。

    明治に出来た統治体の国家権力を握るトップが、まるで現実を見ないで、取り巻きにおだてられて、自分で「勝っている、うまく行っている」と思っている間に、現実は、どんどん壊れ、人が死に出している。

    弱った人間は、自宅にいて動けない。外に出れない。それがそのまま死ぬと、孤独死あつかいになる。 列車では、自殺や急病人がでても、それを、報道させない。

    裸の王様なんてもんじゃない。

    どんな結末になるか?  

    COP21に合わせ、パリ市内に貼りだされたポスターの意味を、安倍とその腰巾着は、きちんと知らないのでしょう。

    でも、わかった人間は逃げ出す。とりあえず、関西。今、関西が、熱い。

      全文を読むには → ココをクリック! → 新井信介のサイトに飛ぶ。

      (新井信介のブログ・『京の風』)

     「ホ」は内部に宿りたまふ

    飯山一郎

    2015/12/11(金)  

    「ホ」は内部に宿りたまふ

    全く無意味だった「除染」

    富岡町
    除染作業で出た汚染土などの仮置き場に積み上がる無数のフレコンバッグ=福島県富岡町で

    fb1 fb2

    フクイチの原発事故に伴う除染で取り除いた表土や草木を入れた黒い袋が、福島県内の広い範囲で山積みされ、増え続けている。
    ポリエチレンなどを素材にした「フレコンバッグ」と呼ばれる袋の容量は1立方メートル。
    9月末時点で約915万5000袋が約11万4700カ所の仮置き場や除染現場の保管場所に置かれている。 (記事)


    日本の為政者は大馬鹿者だ! それは上の写真で歴然だ。

    大馬鹿鼠~より、莫大な金額の「除染費用」や「復興予算」のブン取り合戦。目先のカネが欲しくてヤった守銭奴どもの夢の跡。

    これだもん、日本は世界の笑いもの!…ぐらいならまだしも、国家滅亡は必然だわ! 国家どころか、日本民族自体が消滅するのも必定だ罠~

    「除染」しても「除染」しても…、永久に降り注ぐ死の灰=ホット・パーティクル。これは、核燃料(金属)が臨界熱で沸騰し、蒸気になって出来た(金属の)超微粒子だ。大きさは、1万分の1mm。

    このホット・パーティクルが、日本列島の全域に隈なく降り積もった。ただいま現在も毎日毎日、延々と降り続けている死の灰。

    私たちの日本列島(This Land is Your Land!)には、すでに、膨大な量のホット・パーティクル(金属の粉・超微粒子)が降り積もってしまった。

    私たちの日本列島は…、空も海も陸地も、その全域が放射能まみれ! 正確には、放射性物質=ホット・パーティクルまみれなのだ。

    そんなことよりも、もっともっと切実な大問題は…、ホット・パーティクル(核種金属の超微粒子)が、私たちの身体の内部に入り込んでしまった。蓄積してしまった。それが5年近くも続いてきた、ということだ。

    つまり、内部被曝の問題 だ。

    この内部被曝の問題が最優先事項 なのだ。

    そのためには、毎日の買い物で「産地にこだわる」なんてことは、止めたほうがE~。「産地表示」など、ほとんどがウソっぱちなんだし。

    いまは、どこの産地の何を食うか? ではない! 何を食うか?ではなくて、食わないことだ。

    食うとしても、週の内6日は、豆乳ヨーグルトとあらびき茶だけで生きていくべきだ。

    どうしても「腹もちのE~もの」を食いたかったら…、玄米だ。この玄米を口に入れたら、200回を目標にして、噛んで噛んで噛みまくる!

    満腹感は、噛んだ回数と分泌した唾液の量で決まる。だっから、噛めば噛むほど唾液が出てきて…、やがて満腹感が湧いてくる。

    すなわち、満腹感は噛んだ回数だ。噛んだ回数だぞ。何だかんだ言っても、こんなことは東京の神田では常識だ。(爆)
    飯山 一郎
    【注意報】 フクイチは、かつてない異常な状態になっている、と。

    福島第一原発4号機の地下汚染水の放射能濃度が4000倍に急上昇・・・メディアはこのニュースをなぜスルーしているんだろう?

    くろねこの短語

    2015年12月11日 (金)
    福島第一原発4号機の地下汚染水の放射能濃度が4000倍に急上昇・・・メディアはこのニュースをなぜスルーしているんだろう?

    野坂昭如が亡くなった。う~ん、言葉もありません。平凡パンチに連載された『真夜中のマリア』が懐かしい。伊坂芳太良の挿絵もエロチックで、胸ときめかせたものだ。なにはともあれ、合掌あるのみ。

     

     ところで、軽減税率をめぐる自民と公明の田舎芝居にはもううんざり。何が1兆円規模だい。ペテン総理の大盤振る舞いであるかのように新聞・TVは ドンチャン騒ぎしてるけど、んなものはハナっから視野に入っていることで、ようするにここまで頑張りましたぜっていう猿芝居仕掛けたってことだ。軽減税 率っていう施しは、消費税増税の理由づけにもなるんだね。消費税増税はまだ決まってもいないのに、本末転倒というのはこういうことを言います。

     

     そんなことより、福島第一原発だ。4号機の地下ダクト汚染水の放射性セシウム濃度が、去年の12月に比べてなんと4000倍に急上昇だとさ。東電 はいつものように、「外部に流出していることはない」って能天気なこと言っている。貧相顔の官房長官・菅君も「原因は調査中だ。外部への流出や汚染の影響 はない」って東電の言い分をフォローしている。

     

    地下トンネルで放射能濃度上昇=4000倍、原因不明―福島第1

     

     汚染水についてはいつもこうなんだね。なんとかのひとつ覚えで、「外部への流出や汚染の影響はない」って繰り返すだけ。だったら、その根拠を 100字以内で述べよ、ってなもんです。でも、そんなことは絶対にしない。というより、できないんだろうね。「外部への流出や影響」を本気になって調査し たら、ペテン総理の「アンダーコントロール」の大嘘がばれるだけでなく、その結果、東京オリンピックだってどうなるか分かりませんから。

     

     北京の大気汚染に赤色警報が発令されて、北海道にもP25が飛んできたって新聞・TVは大騒ぎしてるくせに、放射性セシウム濃度が4000倍に急 上昇というニュースはまったく無視。汚染水問題はタブーになってきているってことか。道理でペテン総理の頭に煙モクモクの原発が生えたポスターも報道され ないわけだ。

     

     このままだと、日本全土が「放射能汚染監視地域」になる日もそう遠くはないんでしょうね。北京の大気汚染にかまけてる場合じゃありませんよ、ったく。

    福一事故から押し寄せる多量の放射性物質。回収不能でどこにあるかも判明していない核燃料。 それらから国民の目をそらすために必死の政府。

    東電福島第一原発の絶対極秘の真相とは何か?それは、1~4号機、この4つの原子炉と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒の全てが、地下に、周囲に、そして海に飛散してしまった!その総計は1000トン以上!

    文殊菩薩

    東電福島第一原発の絶対極秘の真相とは何か?それは、1~4号機、この4つの原子炉と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒の全てが、地下に、周囲に、そして海に飛散してしまった!その総計は1000トン以上!

    「3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識していた!」 という米国NRC(米国合衆国原子力規制委員会)の議事録を、アーカイブサイト)『エコーニュース』 が載せた。

    それを『文殊菩薩』が記事にしてから、俄然、311当時に立ち返って、爆発した各原子炉の実態を知ろう!という機運が高まっている。

    それで、今まで最も隠蔽され、秘匿されてきたのは、『4号機の真相・真実』であった。

    そこで今回は、『4号機の真相』に迫った私の最新の記事(本年8月)を以下に載せる。
    (飯山一郎)

    これほど破壊されたのに…
    破壊の極み
    拡大
    燃料プールは 異常なし?

    3.14の大爆発で、原子炉や貯蔵プールにあった核燃料は、すべて飛び散った!飛散した!この悲惨きわまる状況は、上の写真を見れば一目瞭然!サルでも分かる。

    ところがである。

    昨日あたりの日本のダマスゴミは、
    「プール内に残る核燃料566体の取り出し」云々(うんぬん)と、
    566体の核燃料棒を見て来たような大ウソ! (記事)

    政府・東電・ダマスゴミが、これほどミエミエの大ウソをつくのは、
    絶対に知られては困る、永久に秘匿したい、鬼気せまるような真相があるからだ。

    以下、その絶対極秘の真相を暴露する!

    東電福島第一原発(フクイチ)の絶対極秘の真相とは何か?
    それは…、
    1号機、2号機、3号機、4号機。
    この4つの原子炉と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒。
    この全てが、地下に、周囲に、そして海に、飛散してしまった!
    その総計は、1000トン以上!

    フクイチの周辺には、なんと1000トン以上もの核燃料が爆発して飛び散ってしまったまま、放置されている!…と。

    このことは絶対に知られては困るので、東電と政府はマスコミを使って、「プール内に残る核燃料の取り出し」云々の大ウソを、合成してつくった動画まで使って大宣伝!

    「いや!4号機は休止中だった!」と言う方は、
    4号機の燃料プールは、燃料棒ごとフッ飛ばされていた!
    断定しよう!「4号機もメルトダウンしていた!」
    などを読んでみて下さい。

    バズビー博士も述べています。
    福島第一原発は、燃料が入った炉心がすべてメルトダウンしただけでなく、総ての原発建屋に核燃料プールがあるのです。そのプールの燃料棒が、水素爆発と3号機の臨界爆発で爆発し飛散した。信じられないような出来事なのです。 (記事)
    フクイチの原発事故は…、
    今まで皆が思ってきたよりも、はるかにはるかに激甚きわまる大災厄で…、このため、日本民族は絶滅するでしょう。

    鷲たちは…、あと5年も生きられないかも知れない。
    免疫力抜群の人でさえ、10年ちょいだろう。
    こう覚悟して、ハラをくくって生きていくしかない。
    とにかく!1年でも長く健康な人生を送る決意と根性だ!

    下の動画は、(1)(2)(3)と自動的に見られる。
    フクイチの4年前の大爆発がイカに激烈か!
    タコでも分かる。見てガッカリして猪ー大寝ww>皆の衆
    飯山 一郎

    「やっぱり、4号機はカラだったんだ!」  「何だったんだ? あの燃料棒移動は!」 騙されていたことに、皆が気づき始めた。

    文殊菩薩

    「やっぱり、4号機はカラだったんだ!」  「何だったんだ? あの燃料棒移動は!」 騙されていたことに、皆が気づき始めた。

    「やっぱり、4号機はカラだったんだ!」 
    「何だったんだ? あの燃料棒移動は!」
    騙されていたことに、皆が気づき始めた
    ・ やっぱり4号機はカラだった!
    ・ フクイチの4号機の使用済み燃料は全部、大気中に放出されてた。米国原子力規制委員会の公式サイトに掲載されてる
    ・ 何だったんだ? あの燃料棒移動は!
    ・ おかしいですね。100%吹っ飛んでしまった物をわざわざ取り出す作業ってどゆこと?
    ・ 原子炉の燃料は4号機の爆発で外に飛び出し、今は原発敷地のあちこちに散らばっている
    ・ 日本側は、瓦礫の上にブルドーザーで土をかけて均し…

    騙されていたことに、皆が気づき始めた。もう手遅れだけど…。
    (飯山一郎)
    【参考】
    ・ 『フクイチ4号機ミステリー
    ・ 『核燃料プールは空だった!
    ・ 『4号機の燃料プールは、燃料棒ごとフッ飛ばされていた!
    ・ 『断定しよう!「4号機もメルトダウンしていた!」
    ・ 『覆水盆に返らず:飛散した核燃料は?

    運行情報[0:00現在

    2015年12月10日 (木)

    今日12月10日 石巻、東京の湿度とこれまで確認の湿度100%発生地点

    晩秋の九州:大雨が続き、異常な高湿度

    飯山一郎

    2015/12/10(木)2  

    晩秋の九州:大雨が続き、異常な高湿度

    湿度100% 連続!何これ?

    延岡 人吉 都城
    各図をクリックすると別窓に拡大図が出ます

    しかも、上の3地域の空中線量が 0.18μSv/h 位まで急上昇!

    鹿児島・大隅半島。雨の降り方が半端じゃない。
    今年の6月~7月の時と同じ。

    台風の季節じゃあるまいし…、こんなに大量の雨を降らす水分が
    いったい何処から来るのか?!

    志布志の我が庭の空中線量が本日は、 0.12μSv/h まで急上昇。

    こりゃ、やっぱり、アソコから来てるんだろうなぁ。がっくり。

    今回は、今年の夏の時と違って、目に見える大量の湯気が噴出しているのが見えない。

    湯気が見えないのは、地下から噴出する水蒸気が高温だからだ。

    しかも噴出している場所が(たぶん)5~6号機だろうから、東電のライブカメラでは何も見えない。陽炎(かげろう)も写らない。

    そうして、九州まで流れてくると、冷やされて、濃い霧となる。

    この霧を吸ってしまった上の3地域の人たちの多くが、喉をヤラれ、風邪をひいて、マスクをかけている。

    今(PM10:12)、東京の仲間から電話が入った。これを書きながら話しているが…、ものすごい濃霧!だと言う。空中線量も急上昇!と。

    いよいよ、来るんだ罠~。カタルシス。

    注意情報】 「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っているクリック
    飯山 一郎

    鳩山由紀夫は、(観衆の好き嫌いに関係なしに)近い将来、またもや絶妙のタイミングで派手に動き出す!(飯山一郎の『鳩山由紀夫・小論』)

    文殊菩薩

    鳩山由紀夫は、(観衆の好き嫌いに関係なしに)近い将来、またもや絶妙のタイミングで派手に動き出す!(飯山一郎の『鳩山由紀夫・小論』)

    鳩山講演会(11/23)のウラ話と、『鳩山由紀夫・小論』
    鳩山由紀夫鳩山元首相が「イスラム国はCIAが作った」という“爆弾発言”をした11月23日の講演会。

    この講演会は元々は、『鳩山由紀夫と飯山一郎の講演会』という企画でした。

    ですので、私は主催者のワールド・フォーラムから執拗な勧誘を8月頃から受けていました。

    その理由は、飯山一郎はネット宣伝力があって、「人寄せパンダ」でもある、ということでした。

    そのために鳩山由紀夫氏も11月23日という日は空けて、楽しみにしていたそうです。

    この講演依頼を私は「鳩山さんには、新しい日本をつくる!という構想がないし、フクイチの実態も知らない」という理由で断りました。

    講演会の前々日、「鳩山が10月4日に右翼の嫌がらせを受けていた」という情報と、「聴衆が集まらないから宣伝して下さい!」という依頼を主催者から受けました。

    そこで私は鳩山講演会の宣伝を『てげてげ』に書きました。
    (その記事)

    「右翼の嫌がらせ」については、ココ(http://goo.gl/c1SQwh)に書きました。

    神田の交差点で強行された「右翼の嫌がらせ」は中々の規模で…、これは「相当な勢力」がバックから司令を出している! と、私は推測しました。

    実際、鳩山由紀夫の存在感と影響力を、「相当な勢力」が警戒していること、これは確かです。

    なによりも、鳩山ファミリーは、鳩山一郎の代から「ルシアン・ロビー」。ロシアには太い人脈を築いており、鳩山由紀夫氏の息子さんも、若いながらクレムリンのなかにも濃密な人間関係をもっているワケで。

    なにより…、本年3月10日、鳩山由紀夫が一水会の木村会長の先導でクリミヤ入りしたのは、今から考えると絶妙のタイミングでした。

    これまでもイランや中国に訪問してきましたが、その国際情勢を読む「勘」と、行動を起こすタイミングは、絶妙でした。

    国内政治は…、首相になった途端、仙谷や前原や枝豆などネオコンの手羽先を閣内に入れてしまうし、日米合同委員会の存在と役割を知らなかった等々、ズッコケ放題でしたが…。

    しかし! (これは私の確信ですが…) 鳩山由紀夫は、(観衆の好き嫌いに関係なしに)近い将来、またもや絶妙のタイミングで派手に動き出す! はずです。

    それは、国益に反するように見えて、じつは違う! 日本民族を救うような真の国士の政治行動になります。
    (飯山一郎)

    運行情報[13:30現在] ×止まっている路線

    13時までの観測データ・湿度

    2015年12月10日13時まで

    Photo


    Hitoyoshi1210


    Miyako20151210

    運行情報[11:00現在] △遅れている路線など

    「汚染なんてない!」とイメージした人間と、「汚染はある!」とイメージした人間は、寿命が丸で違ってくる。前者は早く死に、後者は長生きする。これは厳然たる事実だ。 何か?

    文殊菩薩

    「汚染なんてない!」とイメージした人間と、「汚染はある!」とイメージした人間は、寿命が丸で違ってくる。前者は早く死に、後者は長生きする。これは厳然たる事実だ。 何か?

    「イメ貧」は早く死ぬ
    人間は「イメージ」の中で生きている。
    「自分はこのような世界に生きている」 とイメージした世界に人間は生きている。イメージの持ち方で人間の生き方は、決まる。

    「汚染なんてない!」とイメージした人間と、「汚染はある!」とイメージした人間は、寿命が丸で違ってくる。

    前者は早く死に、後者は長生きする。これは厳然たる事実だ。
    何か?
    (飯山一郎)

    image

    福島で急増する子供の甲状腺癌

    人生は冥土までの暇潰し

    福島で急増する子供の甲状腺癌

    昨日取り上げた『月刊日本』12月号、沖縄関連の記事の他に「福島で急増する子供の甲状腺癌」と題した、もう一本の重要な記事が掲載されている。

    15121002.jpg 15121004.jpg
    左は『月刊日本』の記事、右のグラフは、「東京保険医協会」より

    来年の3月11日で福島原発事故から5年目を迎えようとしているが、東京新聞など一部のマスコミを除き、相変わらず大手マスコミによる内部被曝の報道は皆無に近い。そうした中、『週刊プレイボーイ』といった、ごく小数の雑誌が事実を伝える努力をしている(拙稿「フクイチの現状を正確に伝えている雑誌は…」参照)。

    さらに『月刊日本』も、同誌9月号からフクイチ関連の記事を載せるようになった(拙稿「蟻の一穴になるか、『月刊日本』9月号」参照)。その後、同誌が毎月のようにフクイチ関連の記事を取り上げるようになったのは心強い。

    今号の『月刊日本』の場合、福島の子供たちの甲状腺がんについて取り上げており、6ページにわたる渾身のレポート記事である。同記事を一読された読者は、1年近く前になるが、以下の記事も併読すれば、さらにディープなフクイチの現況を知ることができよう。
    2015/02/19 「内部被曝の影響は、これから出てくる」 放射線治療の第一人者が語る、被曝問題の隠された真実 ~岩上安身による西尾正道氏インタビュー 第一弾

    最後に、連日のようにフクイチから吐き出される、殺人モクモクの正体を再確認する意味で、以下の記事は必読だ。東日本は完全に終わっていることが、イヤでも分かるだろう。
    「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!」 ← このことは拡散してはいけない情報だ。だから、小出裕章も苦渋の末に「あれは海霧です!」と言って逃げた。なのに高山清洲は、敢えて注意を喚起している。漢(ヲトコ)である。

    15121005.jpg

    「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!」 ← このことは拡散してはいけない情報だ。だから、小出裕章も苦渋の末に「あれは海霧です!」と言って逃げた。なのに高山清洲は、敢えて注意を喚起している。漢(ヲトコ)である。

    文殊菩薩

    「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!」 ← このことは拡散してはいけない情報だ。だから、小出裕章も苦渋の末に「あれは海霧です!」と言って逃げた。なのに高山清洲は、敢えて注意を喚起している。漢(ヲトコ)である。

    「猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!」 (高山清洲)
    今年4月から9月までの「放射性水蒸気・殺人性濃霧」と同じ現象が、またもや発生している。
    しかし、このことは禁句だった。
    言ってはいけない情報だった。
    だから、武田邦彦は(原発ムラの隠れ手羽先だから)当然としても、小出裕章も苦渋の末に「あれは海霧です!」と言って逃げた。
    なのに高山清洲は、今回も、敢えて大声で(大文字で)注意を喚起している。高山清洲は、漢(ヲトコ)である。
    (飯山一郎)

    Takayama1

    首都圏で電車を止める急病人の激増は、この猛毒の濃霧が原因だ!

    猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!

    毎日、毎日、首都圏の電車で急病人が発生している!

    しかも、増加している!!

    これが、放射能に起因しないと言えるのか!


    各路線の急病人数をカウントしてくれているのですが、首都圏 だけで 1日20-30人は ... 駅や電車内で突然気を失って倒れる人が増えている!



    電車の中での急病人に関してひしひしと伝わって くるのは、ツイッター利用者がこの事態に関して大勢気がつき始めているということじゃ ないだろうか。 ... 首都圏で電車通勤してれば誰もが一度は経験し、日増しにその頻度が 高まっているのを感じるであろう #急病人 の発生。

    ... 目を見開いて倒れる ・けいれん ・ 突如倒れる ・本人は貧血との意識 ・急に意識を失う ・吐血を伴う事例も。



    霧 濃霧

    濃霧2



    この濃霧を大量に吸ってしまった人間が、倒れはじめる!!
    死者もでる!!

    その時期は、4~ 5年後ではない!!

    死者の激増は4~5ヶ月後だろう!!

    ヒトは、死ぬ前に必ず意識を失って 倒れる!!

    苦しまずにしねる!!

    首都圏電車を止める急病人の激増は、この濃霧だ!!

    【感染症】 リンゴ病が流行の勢い

    日本民族独立派の鳩山由紀夫を守れ!

    飯山一郎

    2015/12/10(木)  

    日本民族独立派の鳩山由紀夫を守れ!

    良く言った!

    鳩山元首相
    イスラム国は
    CIAが作った

    https://youtu.be/6YScDSPyicQ

    鳩山由紀夫元総理は、「ISISはCIAによって作られ、部分的にはワシントンからのサポートを得ている」という、WSJ編集者の談話を紹介し、黒幕は米国であるという可能性を示唆。
    『ワールドフォーラム・日本を拓く!未来塾・シンポジウム』で述べた。 (講師:鳩山由紀夫元総理、村田光平元スイス大使・11月23日に開催された)

    『新ベンチャー革命』が心配している。
    “アンチ米国戦争屋・CIA”の鳩山元首相が、『IS(イスラム国)はCIAがつくった』と爆弾発言:親米似非右翼の跳ね上がりからテロ攻撃を受ける危険あり、くれぐれも用心して欲しい! (記事)
    11月23日の鳩山由紀夫講演会の開催を、ワシは、『てげてげ』に書いて宣伝した。(その宣伝記事)

    それは、思わぬ妨害が予想されていたので、主催者側は「鳩山由紀夫」の名前も顔写真も発表できない事情があったからだ。

    その事情には…、10月4日の鳩山由紀夫講演会の会場(明大)に向かう「元総理」の車が、神田の交差点で、20数台の車に通行妨害されたという「事件」のこともあった。

    妨害したのは、「対米従属派の街宣車右翼」 らしいが…、
    民族独立をイの一番に掲げるべき日本の右翼が「対米従属思想」にカブれに、民族独立をイの一番に掲げている鳩山由紀夫を狙うなんてのは、堕落の極みだ!

    .
    民族独立を悲願とする日本全国の同志諸君!

     

    日本民族独立派の鳩山由紀夫を守れ!

     

    日本民族の永遠存続のために!

                                                      飯山 一郎

    2015年12月 9日 (水)

    【愛国者】鳩山元総理がイスラム国について言及!「イスラム国はCIAによって作られ、今でも米政府の支援を受けているらしい」との説をシンポジウムで紹介。

    健康になるためのブログ

    【愛国者】鳩山元総理がイスラム国について言及!「イスラム国はCIAによって作られ、今でも米政府の支援を受けているらしい」との説をシンポジウムで紹介。

    ht

    鳩山元首相「パリ同時テロの真相について」日本を拓く!未来塾_ワールドフォーラムシンポジウム

     

    以下ネットの反応。

     






    引用という形ですが、元総理が同盟国の政府を疑うような説を公の場で紹介することはものすごい決断だと思います(プーチンは国連でそれらしきこと 言っちゃってますがね)。フランス・イギリス・ドイツの与党がイスラム国への強硬策に舵を切るのを見て、世界情勢があまりにも危険だと判断したのでしょう か。

     

    鳩山元総理はこの前も右翼の街宣車に囲まれるなど酷い目にあっています。数少ない愛国者の有力者ですから、みんなで応援して支える必要があります。

    今日12月09日 石巻、東京の湿度とこれまで確認の湿度100%発生地点

    【特急・急行 一部運休】 [15:45]

    米国NRCは、3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識していた!」 全ての炉心が「dameged」(損傷している)との記載は、 「日本はオワタ!」 という宣告でもある。

    文殊菩薩

    米国NRCは、3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識していた!」 全ての炉心が「dameged」(損傷している)との記載は、 「日本はオワタ!」 という宣告でもある。

    「日本はオワタ!」 という宣告
    「【アメリカ情報公開法で公開】米国NRCは、3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識していた!」 この情報は、すでにネットには流れていた。

    しかし…、
    (22世紀まで残すための記事を集めたアーカイブサイト)『エコーニュース』 が載せた記事・『日本政府にない福島第1事故の議事録、米国が保有 アメリカ情報公開法で公開』(記事) を読むと、改めて戦慄が走る。

    いま現在も、猛烈な「放射性水蒸気」が日本列島全域を襲っているが…、今回の「晩秋なのに湿度100%」は、5~6号機が「犯人」だと分かってくるからだ。

    それにしても…、
    1号機~6号機、全ての炉心が「dameged」(損傷している)との記載は、
    「日本はオワタ!」 という宣告でもある。

    16

    関連する記事が『てげてげ』にもあります。
    (飯山一郎)

    真実が後から出てきて…、腰ぬけた。

    飯山一郎

    2015/12/09(水)  

    真実が後から出てきて…、腰ぬけた。

    アメリカ情報公開法で公開
    米国NRCは、3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識していた。

    3号機/4号機
    3号機と4号機。4号機(右)も大爆発していた! 拡大

    日本政府にない福島第1事故の議事録を米国が保有していて、アメリカ情報公開法で公開された。 (記事)

    それによると、
    「米国NRC(アメリカ合衆国原子力規制委員会)は、3月18日時点ですでに1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中と認識しており、96時間の経過後にも福島第一にある約15000本の燃料棒から、放射性物質の放出が続くことを予想していた。」

    1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中!

    やはり 5号機・6号機も逝っていたのか! これで現在の「濃霧」 も説明がつく。

    1号機から6号機まで全ての炉心が損傷中! と、アメリカは事故発生直後に認識していた。

    知らぬは(知らされぬ)は、日本人ばかりなり。

    しかもだ。日本政府は福島第1事故の議事録などない! と、頑として言い張っていたのだ。

    個人のプライバシー情報は、徹底して守るべきだが、政治的・社会的情報は、徹底的に公開すべきなのだ。

    あの当時、フクイチの情報を徹底して公開していれば、何千万人の「イノチ」を救えたのに…、吸いまくってしまった。

    でも、すべてが手遅れ。あとの祭り。

    「手遅れ!」 このことを前提に生きていくほかは無い…。

    生き残ろうぞ! 生き抜こうぞ! >皆の衆
    飯山 一郎

    運行情報[10:30現在] △遅れている路線など

    2015年12月 8日 (火)

    東武東上線、3時間以上運転見合わせ 約5万人に影響 

    今日12月08日 石巻、東京の湿度とこれまで確認の湿度100%発生地点

    2015も早師走、今年の印象的な記事から。

    プーチンの勝利 トルコ・エルドアンは親米で親IS、米とISの関係は?

    あいば達也

    プーチンの勝利 トルコ・エルドアンは親米で親IS、米とISの関係は?
    2015年12月08日

    「やっぱりな」と云う事実が、徐々に明らかになってきた。シリアを巡る米ロの鞘当て合戦は、どうもロシア・プーチン大統領の大勝利で終わる按配だ。おそら く、ウクライナ問題における、クリミアのロシア併合、東ウクライナの事実上のロシア帰属も決定的になっている。アメリカとしては、CIAや多額の資金援助 を通じて、親欧米NPO団体などを蜂起させ、反米政権を潰す工作を、未だに平気で行うのだから、どう考えてもアンフェアだ。

    どうも、ア メリカ人の思考には、自分たちの価値観が「善」であり、他の価値観は、概ね「デビル」だと云う意識が猛烈に存在しているようだ。その考えと云うか傲慢さ は、現在では「思考停止」のレベルに達しており、病的でさえある。しかし、そのアメリカ的な価値観を、曲がりなりにも国連に加盟している独立国に対して も、「善行」をほどこす「正義の味方」気取りで、、アメリカ的価値観に従順でない国々の政府に対し、民衆(雇われ軍事力付き)が、放棄する寸劇を演じるよ う手立てして、革命、乃至は政権の退陣を余儀なくさせる。

    続きを読む "プーチンの勝利 トルコ・エルドアンは親米で親IS、米とISの関係は?" »

    日本人は何もしないためなら何でもする

    サプリ買って飲むアフォ~

    飯山一郎

    2015/12/08(火)  

    サプリ買って飲むアフォ~

    炭を食うヴァカ

    身体に取り込んでしまった放射能を除去する方法はあるのか?

    有りました。

    結論から言いますと、それは『炭を食べる』ことです。
    身体の中で炭の小さな孔が放射能を吸着するのですね。

    多孔

    先ずは炭の横断面写真を御覧下さい。この孔に放射能が入ります。
    画像サイト:http://goo.gl/zcom4s

    特に東北・北関東・関東、そして上信越にお住まいの方には実践を期待しています。

    今からでも遅くはない!
    (続きを読む)
    上の記事ウソ です!

    炭はポーラス(多孔質)構造なので、その孔(あな)に「放射能」が入る…、と書いてありますが、 ウソです!

    炭を食べると、口から食道を通って胃袋に入りますが、この過程で、唾液、粘膜液、胃液などが炭の孔(あな)を埋めてしまいます。

    次にが小腸に入って行くと、炭の孔(あな)に、腸内微生物がビッシリと入り込んでしまい、バイオ・フィルムができてしまい、炭の孔は完全閉塞です。

    炭の孔の中に放射性物質が入ることは、ほとんど皆無!

    こんなことはチョッと考えれば分かることなのに…、
    炭が放射能を吸収する!」 の大合唱。


    炭は多孔質なので、孔(あな)の中で腸内微生物が繁殖するので、「炭食い」は悪いことではない。

    ただし、「身体に取り込んでしまった放射能を除去する方法はあるのか? 有りました!」 などという迷信を信じるのは良くない。

    「身体に取り込んでしまった放射能」で最も厄介なのは、吸気で肺に入り、肺から心筋や脳神経細胞や膵臓に流れていって体内に蓄積した放射性物質。これは絶対にデトックス(体外へ排出)が出来ない。

    対策は、体内に蓄積された放射性物質が発射する放射線に破壊された体細胞(これも修復不可能)を、マクロファージが消化し、新しい体細胞の生成増大を促すことが最も大切なのだ。

    それには、自宅で培養する乳酸菌、自宅でつくる豆乳ヨーグルトが一番! 何つっても、タダ同然だし。

    とにかく乳酸菌でマクロファージを増やし、汗かき運動で血流を良くすること! このことを最重点に考えて生き抜いていきましょう!

    ただ…、人間には 「何か身体にE~モノがあったら口から摂取したい」 という願望がある。

    お酒、お茶、珈琲、タバコ、サプリ、クスリなどを口から摂取すると安心する…。これが人間の弱さでもある。

    そうして、どうせなら高くてもE~ものを買って飲もう!という心理状態になる。その結果、高いだけで百害のあるサプリなどを買ってしまうのだ。

    これは、まぁ仕方がないので…、ま、ほんじゃ、きょうは「飯山一郎お薦めのサプリ」を紹介する。

    それは、『めぐりかぐや』 という竹の粉とニンニク粉をカプセルに入れたサプリだ。

    このサプリは、ワシの朋友の長崎信行氏(愛媛県今治市では有名な実業家)が開発した優れもの。開発には、ワシも色々様々な指導をした。

    めぐりかぐや』の説明は、「タイチー君のブログ」を見てみて下さい。

    これは、ほんと、買ってソンはないです!
    「炭」よりも「竹」を食べよう! 鼠~ことです。
    飯山 一郎
    めぐりかぐや』 竹粉末加工食品 150粒入り 乳酸菌 食物繊維
    .
    めぐりかぐや
    • 「竹で乳酸菌生活」はじめませんか?
    • 国産100% 愛媛山嶺の孟宗竹を使用しています。
      竹は成長期には1日1ⅿも成長します。そんな竹の生命力を微粉末にしてぎゅっと閉じ込めました)
    • 竹の乳酸菌と食物繊維で毎日輝くすっきり美人。
    • 健康維持→発酵にんにく粉末
      豊富な栄養を効率的に→海苔超微細粉末
    • 長崎工業株式会社 竹宝にて販売。 ¥3,240 通常配送無料

    プーチン流 忘年会の余興の仕方【動画】・意外なそっくりさん

    世界の裏側ニュース

    プーチン流 忘年会の余興の仕方【動画】・意外なそっくりさん
    2015-12-07 23:18:52