« 「権力の怖さを一番実感した時? それは今です。憲法さえも無視してしまうんですから。それに対してメディアも第一、怒っていないじゃない」(古賀誠元自民党幹事長) | トップページ | 月とスッポン »

2015年11月 2日 (月)

極寒の地に生きる

人生は冥土までの暇潰し

Photo_2

極寒の地に生きる

一年ほど前の冬、カナダ北部に住む友人とスカイプで長電話をしたことがある。その友人、当方の半纏にネックウォーマーという格好を見て、呆れたように言った。

友人:「凄い重装備だな、風邪でも引いたのか…?」
亀さん:「そうじゃない、単に寒いだけだ…」
友人:「部屋の中でか…? 暖房を使わないのか?」
亀さん:「おぅ、バンバン使っているよ。でも、それでも未だ寒いんだ。何せ拙宅は築50年を超えた、昔ながらの造りだから…」
友人:「外はマイナス20度を下回っているけど、部屋の中はポッカポカ、Tシャツ一枚でOKさ!」
亀さん:「……」


まぁ、これが極寒の地に建つ標準的な造りの家なのだ。だから、フクイチのため、将来シベリアなどに移住することになったとしても、家の中は暖かいので全く心配は不要なのがよく分かる。

こ こ一年ほど、極寒の地を取り上げたドキュメンタリーを幾本か見たが、特に印象に残ったのがNHKの「世界で一番寒い村 〜ロシア・オイミャコン〜」という 番組だった。ナント! 氷点下71.2度を記録したことがある世界一寒い村とのことだ。それに比べたら、マイナス20度なんかまだ〝暖かい〟方だワイ (笑)。亀さんはニューヨークでマイナス20度を体験しているが、寒さよりも〝痛い〟という感覚が最初に来た。だから、5分と外に立っていることができ ず、バイト先からアパートまでの道程の途中、ビルに入って身体を温め、温まったら外に出てまた歩くというのを繰り返していた。しかし、それも最初のうち で、馴れればどうってことはない。

その意味で、新井信介氏の記事「ロックフェラー医学の医者は死神そのもの。体を冷やすな。アイスクリーム食べるな。黒酢摂れ」は注目だ。

まず、どんなことがあっても、冷やさないこと。体の内部から熱を出すような習慣を身につけること。このとき、電子レンジと電磁調理器ををなるべく使わないこと。よく温泉にいき、ビタミンCを野菜‥果物で多く摂ること。

体温を下げない。 白糖がたくさん使われているアイスクリームやジェラートなど、とんでもないでしょう。
黒酢と発酵食品を、多く摂ること。特に、黒酢に玉ねぎスライスや発酵にんにくを入れて、温かいごはんで食べる。それも、玄米の方がいい。 朝に限らず、夜でも、お粥や雑炊など体を温める食事を頻繁に摂ってください。

これから寒い季節に向かうが、お互いに免疫力を高め、〝最後の冬〟を乗り切ろうではないか。

15110102.jpg
最近BS朝日で放送されたアムールトラのドキュメンタリー番組。極寒の地の様子がよく分かったー。

« 「権力の怖さを一番実感した時? それは今です。憲法さえも無視してしまうんですから。それに対してメディアも第一、怒っていないじゃない」(古賀誠元自民党幹事長) | トップページ | 月とスッポン »

人生は冥土までの暇潰し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/62600341

この記事へのトラックバック一覧です: 極寒の地に生きる:

« 「権力の怖さを一番実感した時? それは今です。憲法さえも無視してしまうんですから。それに対してメディアも第一、怒っていないじゃない」(古賀誠元自民党幹事長) | トップページ | 月とスッポン »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ