« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

きょうもサンマのまんま

飯山一郎

2015/09/30(水)  

きょうもサンマのまんま

日本人より、サンマのほうが利口なのかな? サンマの魚群がまるで三陸を避けるかのように流れている。

サンマ

上の文章は、いわた・きよし(岩田清)氏のツイート
氏は「カツオがまるで放射能を避けているように動いている」という話も紹介しておられる。
これをウラから読めば、「日本人は放射能を避けず、逆に自ら放射能を浴びている(阿呆ばかりだよ!)」となるのかな?(爆)

4基の原子炉が大爆発したのに何の処置もせず、放射性物質がダダ漏れのまま4年半が過ぎた。この間、日本人の大半が放射性物質の超微粒子を吸って食べて、深刻な内部被曝!

このような国家・国民・民族は、必ず滅亡する。死に絶える。このことが信じられないとしたら、それは危機察知能力・想像力・認識力が著しく 欠如している“頭狂人”だ。

ワシは『てげてげ』上で、“頭狂人”が嫌悪して排除する放射能の話を、イヤ!というほど執拗に書きまくってきた。

とくに「放射性水蒸気」や「中性子線水蒸気」の話は、ほとんどの識者・ブロガーが(身に危険が及ぶヤバイ話なので)書こうとしないので、釈迦力(シャカリキ)になって真実情報を書きまくった。

なぜか? “同志”に、真実情報を発信するためだ。

同志や、家族や、仲間と一緒になって、理解を深めるとともに、理解や認識を共有するためだ。

サンマの魚群がまるで三陸を避けるかのように泳いで行くように…、ワシも、家族や同志や仲間たちと一緒になって、放射能障害を避ける人生を生きていきたいのだ。

そうでないと…、サンマより馬鹿になってしまう。
飯山 一郎

トライアスロン連合が緊急要請 死亡事故相次ぎ

仁義無き 浮世 秋刀魚も 汚れしか

飯山一郎

2015/09/29(火)  

仁義無き 浮世 秋刀魚も 汚れしか

写真見て 昔の秋を偲びけり

秋刀魚 qiū dāo yú 秋刀鱼

大震災前。
ワシの秋は、三陸の「田老町」を訪問する旅から始まった。
サンマの解体血液を処理するグルンバ・システムを地元の網元に納入した由縁からだ。
ワシが「田老町」につくと、網元の社長は獲れたてのサンマの刺身をタラ腹、いや“サンマ腹”食べさせてくれるのだ。
サンマは獲れてから7~8時間も経つとナマでは食べられないから、普通は食べられない。網元の社長の客だからこその特典だった。
しかし…、
311の日、田老の街は巨大な津波に呑み込まれ、網元の一家は海の彼方に(グルンバもろとも)消えてしまった。
あれ以来、ワシはサンマを食わなくなった。
だが、今年は“日本最後の秋”。
網元の親爺を偲びながら、サンマを食おう!と思う。

ワシは先月、『ベクれた魚で腸元気?』という文章を書いた。
その内容は、こうだ。

 ・放射物質は吸い込むと致命的だが…、
 ・小腸内には放射線を利用して元気になる微生物がいる。
 ・腸内活性化のために放射物質を活用する考え方もある。
 ・食べて摂取した核種は、排泄までの時間が短い。
 ・さらにあらびき茶を飲むと、核種の体外排出が早くなる。
 ・放射能を積極的に食う!という人体実験を始める!

上の人体実験は、現在、上々の成績だ。成功している。
すなわち、ワシは日々益々元気もりもり! あっちは元気ないが…。

さらにワシは、次のような提案をした。
微生物の驚異的な生命力を取り込む!
その第一歩は、小腸内を乳酸菌で満たす!
その数、《目標》1千兆個!
これは「強酸性豆乳ヨーグルト(pH3.5)」の摂取から始める!

《目標》が達成できれば “乳酸菌人間” になれる!

前置きが長くなったが…、
乳酸菌人間になるために、ワシは今秋、サンマを食う!

末尾に、川柳のような俳句を一句。 (皮肉じゃないです。)

 細身より太目好かれる秋刀魚かな (作者不詳)
飯山 一郎

国民大量死時代に突入か?

simatyan2のブログ

2015-09-27 19:15:23
国民大量死時代に突入か?

下の図は、チェルノブイリ原発事故後の疾病羅漢状況と日本の
原発事故からの年数を重ね合わせたものです。

T02200147_0800053613437390755



http://www.fastpic.jp/images.php?file=3090597170.jpg

見ればわかるように、チェルノブイリでは5年後から急激に病気を
発症する人がふえています。

日本に照らし合わせると5年後は来年2016年です。

そして兆候は今年あたりから表面化しだしてるようですね。

24日、がん治療中だった女優の川島なお美が死去。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000005-withnews-ent

前日の23日は元女子プロレスラーでタレントの北斗晶が乳がんで
入院してることを公表。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6175271

15日にはTOKIOの国分太一がデスモイド腫瘍の切除手術で
入院していたことを明らかにする。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/16/kiji/K20150916011139070.html

デスモイド腫瘍は100万に2~4人が発症する稀な病気です。

続きを読む "国民大量死時代に突入か?" »

2015年9月29日 (火)

放射性物質という見えない悪魔に取り憑かれる。

横須賀原子力空母「原子炉の過酷な訓練」に「放射性物質排出」

横須賀原子力空母「原子炉の過酷な訓練」に「放射性物質排出」

みんな楽しくHappyがいい♪

【神奈川】
横須賀入港前のGW「原子炉の過酷な訓練」 航海日誌に放射性物質排出?も記述

2015年9月29日 東京新聞

PK2015092902100055_size0.jpg
市民の会が入手した航海日誌の一部=横須賀市で

米海軍横須賀基地(横須賀市)に配備されていた原子力空母「ジョージ・ワシントン(GW)」が2011年、原子炉の急停止、急再稼働の訓練を入港前日に行っていたことが、横須賀市の市民団体「原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会」が入手した航海日誌から分かった。放射性物質を含む冷却水や気体を、日本の排他的経済水域の200カイリ(約370キロメートル)内で排出していることをうかがわせる記述もあったという。
 
市民の会は「過酷な訓練で原子炉事故の危険性を増大させる」としている。横須賀基地には10月2日、GWの後継として原子力空母「ロナルド・レーガン」が配備される予定。
 
日誌は米国の情報公開制度に基づいて入手。市民の会によると、訓練は2011年4月18~19日の二日間に計三回行われ、それぞれ急停止、急再稼働を一時間前後の短時間のうちに行っていた。GWは翌20日、横須賀基地に入った。
 
冷却水の排出について、市民の会は米海軍の資料などから「原子炉補助室の過剰液体廃棄物処理タンクの船外への排出作業を開始」などと判読し、放射性物質を含んだ冷却水を艦外に排出したとしている。
 
市民の会は「米軍は日本の沖合12カイリ(約22キロメートル)以遠の外洋での排出を否定していないが、物質の濃度や分量、排出頻度などは不明で、明らかにするべきだ」と指摘している。 (加藤寛太)

続きを読む "横須賀原子力空母「原子炉の過酷な訓練」に「放射性物質排出」 " »

ワシの闘い方、良~く見てて猪~大寝!

飯山一郎

2015/09/28(月)

ワシの闘い方、良~く見てて猪~大寝!

日本民族滅亡!の大危機を大暴露する
飯山一郎の文章が雑誌に載ってます!

SP56

このところ、ワシは原稿書きで忙しかった。今も忙しい。
何しろ…、雑誌の連載物を始め、今年中に2冊の本を出し、一冊の本には長い寄せ書きを書かねばならない。
そのほか、『放知技』には毎日毎日たくさんのコメントを投稿しているし、連日たくさんの来客がある。
それにしても、飯山一郎、69才。まもなく70才。
なのに何故にこんなに元気なのか?
それはワシが昨日、ここで大胆に提案した「強酸性豆乳ヨーグルト」と、あらびき茶のガブ飲みのお陰だと思う。

じつは、ワシ、『スターピープル(56号)』に、豚(トン)でもなく激烈な文章を書いてしまった。
その過激文章の主旨はこんなふ~だ。
フクイチの地下から噴出している大量の 中性子線水蒸気 が、日本列島全域を襲った!

このため日本人の大半は死に絶えてしまう。さらに激しく汚染された日本列島は人間が住めるところではなくなった。

かくなる上は、生き残った有志がプーチンに援護してもらってロシアの地で“新日本国”をつくろう!
ワシの主張は過激ではあるが…、日本の全域は大変な放射能まみれだし、大量の中性子線水蒸気が日本全域に拡散しているので、日本人の大量死は必定だし、実際に人々がバタバタと倒れはじまっている。

ところが!
執拗に暴露し続けてきたので、飯山一郎バッシング!が始まったのである。

これは当然だ。
「中性子線水蒸気が日本列島全域を襲って数千万人が致命的に被曝した!」という現実は、国が絶対に認めたくない、暴露されたくない事実なので、誰も書かない。
書きつづけてきたのは、飯山一郎だけなのだから。

だっから…、
「こんな危険な暴露人間はツブしてしまえ!先ずは徹底的に評判を落とせ!」というキャンペーンが始まるのは当然のことなのだ。

ま、こんなことは想定内!と、ハラをくくって覚悟しているので、何ということはないが…、まわりは(余計な)心配をしている。

だが、心配ご無用!
ワシの闘い方、良~く見てて猪~大寝!>皆の衆
面黒いコトになるから…。
飯山 一郎

死んじゃうほどじゃないけど治らない病気が一番儲かるわけ

2015年9月28日 (月)

癌治療利権が手にする利益は、年間推定で20兆円。

東京から稲刈り体験ツアー 須賀川と天栄に

微生物の驚異的な生命力を取り込む!

飯山一郎

2015/09/27(日)  

微生物の驚異的な生命力を取り込む!

現代医学は、風邪すらも治すことは出来ないという事実を知らない人は多い。
薬で症状をおさえるだけの対症療法しか出来ず、根本的に病気を治すことは出来ない。
病気が治るのは、薬のためではなく、自己の免疫力のおかげである。

dr

このヒトたちに治せる病気はじつは、ひとつもない!
そういうことなのである。だっから、病院に行っても病気は絶対に治らない!逆に、検査・検査・検査・「治療」・投薬などの弊害で、最悪は病院でご臨終! そういうことなのである。
一回しか生きられない人生。病気になることだってソラあるが…、
自力(じりき)で治そうね!
(上の写真と表題の文章は『華麗なる陰謀』氏のツイート

ワシの“主戦場”は、現在は 『放知技』 で、ここにワシは連日書きまくっている。ここには書けない「ウラ情報」も読める。
で、ワシは昨日、『放知技』にこんな文章を書いた。
乳酸菌液を容器ごと沸騰した“天ぷら油”(180℃)の中に十分程つけて煮てみたことがありますが、OK! 復活再生した。

地球上に生命が発生した38億年前(今中説)。その頃の地球表面の温度は、400℃もあったそうだ。

また現在でも、マグマに触れた海水が噴き出す「海底熱水鉱床」には、600℃という高熱部分に棲息する「好熱菌」がいる。

ロシアでは原子炉内に棲息する微生物が発見された。

微生物の驚異的な生命力を、我々が取り込む! その第一歩は、小腸内を乳酸菌などの発酵系微生物で満たす! その数、(目標)1000兆個! これはpH3.5程度の「強酸性豆乳ヨーグルト」を摂取することから始めれば宜しい。
上の提案と提言は、内部被曝による放射能障害を発症しない身体をつくる! という目的のためだ。

いましばし!この放射能国家のなかで生き延びていくためにも、「小腸内を乳酸菌などの強力な発酵系微生物で満たす!」という考え方は必要なのだが、それだけではない。

それは…、今までの日本人とは全く違う、強靭無比な健康体をもった日本人に生まれ変わるための遠大な計画の第一歩でもある。

どうか上の空色の文字の文章をもう一度読んで…、
微生物の驚異的な生命力を取り込む!という考え方を深く認識していただきたい!>読者諸兄
飯山 一郎

2015年9月27日 (日)

乳ガン検診希望者が急増してるらしいです。

巷では30円50円戦争が起きている なにがGDP600兆、寝ぼけるな!

あいば達也

巷では30円50円戦争が起きている なにがGDP600兆、寝ぼけるな!

2015年09月27日

先ずは以下の牛丼戦争の記事を読んでもらおうではないか。

≪ 牛丼3社が一斉値引き、安値競争に逆戻り?
「食欲の秋に数多くのお客様にすき家の牛丼を知ってもらいたい。7月から企画して、ようやく発表に至った」ーー。事業会社・すき家本部の興津龍太郎社長は、9月25日の会見で力を込めてこう語った。 ゼンショーホールディングスが運営する牛丼チェーン 「すき家」は、9月29日から10月8日までの期間限定で牛丼並盛の価格を350円(税込み・以下同)から60円値引きし290円で販売する。同社がこうした値引きキャンペーンを展開するのは、2013年12月以来のことだ。
 もともと、今年4月に牛丼並盛の価格を291円から350円に引き上げたばかり。牛肉の増量などボリューム感を打ち出したが、価格改定に踏み切った背景には、牛肉価格や人件費の上昇が重なったことがある。
■ 会見が急きょ決まったワケ
 値上げで4月~8月までの既存店の客単価は11.1%上昇したものの、客数は10.8%のマイナスに。結果、既存店売上高は前年同期比で0.9%減となった。今回実施する期間限定の値引きで客数回復につなげ、10月中旬から投入する高単価の鍋メニューで、さらなる売り上げの増加を図る狙いもありそうだ。
 興津社長自らが登壇してアピールした今回の値引き。実はこの会見、もともと予定になく、急きょ決まったものだった。その”引き金”は、前日にライバルの吉野家が「『今だけ牛丼並盛300円』セール」というリリースを出したからだ。
 吉野家は10月1日から1週間だけ、380円の牛丼並盛を300円にする。期間限定の値引きですき家と同じように見えるが、実際はそうでもない。
 決定的な違いはキャンペーンの規模にある。すき家の場合、値引きは全国1960店(沖縄県除く)で行う。一方、吉野家の値引きは西日本地区にある店舗だけ。その店舗数は235店と、全体(約1200店)の2割程度だ。
 吉野家がこうした形で値引きに踏み切ったのには複数の要因がある。一つは店舗を運営する地域会社から割引販促をしたいとの声が上がったことだ。2015 年6月に関西吉野家が発足するなど、現在、吉野家ホールディングスは地域ごとの事業運営を推進している。その中で、西日本地区の各地域会社から割引販促をしたいとの要望が寄せられたという。

続きを読む "巷では30円50円戦争が起きている なにがGDP600兆、寝ぼけるな!" »

2015年9月26日 (土)

  9月にインフルエンザで学級閉鎖。

なんで今頃報道するのかそちらを疑わないと

1号機側:クッキリ。4号機側:モヤモヤ

飯山一郎

2015/09/26(土)  

1号機側:クッキリ。4号機側:モヤモヤ

放射性湯気が少~し出た

1 4
1号機側の映像(左)はクッキリなのに、4号機側(右)はモヤモヤ。

今朝のフクイチのライブカメラの映像はわずかだが放射性水蒸気が出たことを示唆している。
9月初旬まで5ヶ月も続いた放射性水蒸気による「濃霧地獄」からすればチョロいもんだが…。
ルミナリエは活発化

きのこ女史が編集した短い動画。

上は本日(26日)深夜の映像。
「ルミナリエ」なのだが、熱風陽炎も大量の蒸気もない。
ないといっても、汚染蒸気でモクモクはしている…。(きのこのブログ)
この「ルミナリエ」は、もしや、2号機のデブリか?!
犬HKの奇妙な報道

NHK

本日(26日)犬HKが奇妙な報道をした。
「東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質の大量放出が起きたとされる2号機について、名古屋大学などが素粒子を使って原子炉を透視した結果、核燃料の70%から100%が溶け落ちている可能性が高いことが分かりました。」 (記事)
このニュースは、6ヶ月も前の報道の「再掲」だ。 (6ヶ月前記事)

なぜ、今頃、またもや2号機なのか?

これは、「2号機がヤバイです!」という犬HK内の“良識派”が発信した警告である、と鷲は邪推、いや憶測する。

2号機がヤバくなっている! こう思って、対処していきたい。
こんなことは危機管理上の常識だ。

面黒いのは…、たぶん昨日(25日)の空撮であろうフクイチの上空からの映像だ。ヤケにクッキリ!

「放射性水蒸気など出ていませんよ!」というメッセージも籠められているんだろうな。

それにしても…、フクイチの現場の人影のなさ!

牛~ヒトが近づけない放射能地獄になっているんだからシャ~ないが…、「プ~タロあがりの“特攻隊”の作業員」が時たま現場に踏み込むのだが、その後は“放射線障害”が発症してヒドイことになってしまうらしい。

原子炉の大爆発で滅茶滅茶に破壊されたフクイチの原子炉建屋を、ここまで「見た目キレイ!」に修繕・修復してきた工事関係者の“犠牲”はイカばかりか?!

東電のタコどもは、わずかなカネと強権発動で、“犠牲”を闇(ヤミ)に葬ってきたんだろうな。

絶対に公表されない大量の犠牲者の冥福を祈りたい。
飯山 一郎

フクイチ・ルミナリエ再開!

飯山一郎

2015/09/25(金)  

フクイチ・ルミナリエ再開!

大したことはない

きのこ女史が自ら編集した短い動画。

フクイチ・ルミナリエ再開 という記事をきのこ女史が書いた。

そのセイで「3号機のデブリが、また暴れ出したのか?!」という問い合わせが殺到。鷲は昼寝もできず、きょうが〆切りの『スターピープル誌』の原稿も書けなかった (T_T)

しかし、きのこ女史の情報は、いつも、短い啖呵(タンカ)でコトの本質をエグる真実情報なので注視・注目しないワケにはいかない。

今回、きのこ女史は、短い啖呵ではなく…、彼女が自ら編集した短い動画で、フクイチの「ルミナリエ再開!」を発信している。

その意味するところをキチンと分析して、合理的に説明する!

それを鷲みたいな半ボケ老人がしなければならない!(鷲以外は誰もヤラない)という「日本社会の知的劣化現象」が、(日本人として)口惜しい!

飯山一郎、現在、珍しく頭脳明晰。本気で解説します!

さて…、 きのこ女史が自ら編集した短い(上の)動画には、たしかに「チェレンコフ光」らしき発光現象が見えている。

しかし、これは中性子線による本物のチェレンコフ発光現象ではない。つまり、中性子線が激しく放射されて起こる臨界現象ではない。

しかも、大量の湯気・水蒸気の噴出現象が見られない。

おそらく、4年前から地上に散乱している大量の核燃料棒が発射する「放射性発光現象」だろう。大したことはない。

ただし! 2号機の原子炉内と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒が、いま、団塊デブリとなって再臨界している!という可能性は、ある。そういう悪い予感がする。おそろしい。成り行きを注視するほかはない。

3号器のデブリは沈静中。…とワシは見ている。これは安心。
飯山 一郎

2015年9月25日 (金)

3号機のデブリは きょうも沈静

飯山一郎

2015/09/24(木)  

3号機のデブリは きょうも沈静

忘れないぞ!3号機の無残

F1-3

「3号機の燃料プールなんかあるわけない!」というツイートがいくつもあるけど、そのとおりだと思う。
爆発後の3号機の建屋は、当時こんな姿だった。もう一度、目に焼き付けておこう。 (「岸辺のアルバム」氏のツイート)

昨日の鷲の記事 『濃霧が消えた』を読んで、涙を流して喜んだヒトが大勢いた。
なかに、「フクイチは収束した!日本万歳!」みたいな“早トチリ”がいて、鷲は面食らったwww

問題は…、『逃げる必要はない!』と鷲が書いたことだ。
このことが、今、あちこちで議論になっているので、鷲の意見を書いておきます。

さて…、
避難・疎開・逃亡・逃散…、いろいろありますが、その「効果」はそれぞれです。

避難したのはE~が、逃げた先が福岡のホットスポットだった!

さらに逃げたが、逃げた先の奄美大島では湿度100%が続いて、線量もガクンと上がってしまっていた。

奄美大島には、フクイチの放射性水蒸気が大量に流れてきていたのです。

だから、いちがいに逃げればE~!というものではないのです。

カネのないヒトは、下手に避難するより、自宅の寝室と居間を『放射能ゼロ空間』にして、なるべく長時間、そこに籠もる洞穴生活…、これが今のところは一番だ!と思います。

だから、よほどの大金持ちではない限り、海外移住などは考えないほうがE~!ということです。

日本民族にとって…、日本民族が永久に生き残っていくためには、ロシアや中国の国家的な協力を得て、国をあげ民族をあげて、集団で移住してゆく!これが最上の策なのですが、日本政府が「健在」である限りは、不可能です。

鷲は、あるヒトには「逃げろ!」と言い、別のヒトには「逃げずに、洞穴に籠もれ!」と言います。これを臨機応変と言います。以上。

飯山 一郎

2015年9月24日 (木)

日本は放射能と薬とワクチンで潰される

2015年9月23日 (水)

臨界デブリに劇的変化があった!

飯山一郎

2015/09/23(水) 

界デブリに劇的変化があった!

臨界デブリに劇的変化
濃霧が消えた
逃げる必要は ない!

濃霧警報

東京の皆さん。きょうは空が青いでしょ?
太陽が出て陽が射すと、電柱の影がクッキリと濃いでしょ?
空気も10日前とは違って、少し爽快さが出たでしょ?
モヤモヤがとれて、遠くの景色が見えるようになったでしょ?

喜怒哀楽の4年半。きょうの鷲は「怒哀」が取れて「喜楽」です!
気楽な気持ちで報告します。

9月11日。フクイチの地下の臨界デブリが大暴走しました。

それは実況動画で見ても、激烈きわまる光景で…、
怒り狂った稲妻(イナヅマ)や“チェレンコフ光線”が地下から上空に猛烈に放射されました。

さらに、様々な色の地獄火が火花となって地下から噴出してきて、空中を激しく飛びまわりました。

あれは正しく地獄のイルミネーション!猛烈臨界ルミナリエでした。

しかり! あの日、フクイチのデブリが激烈な臨界現象を起こしたことは確実で、それは、たぶん、核爆発!だった…。

さて! ここからが重要です。

あの日(9.11)の激烈な臨界現象=核爆発は、臨界デブリに劇的な変化が起きた!ということです。

実際、9月12日から、フクイチの地下から大量の殺人水蒸気が猛烈に噴出する現象が止まっているのです!

その結果でしょう、日本列島全域に発令されていた濃霧警報が続々と解除されました。

で、今は、上図のとおり、日本列島の海域は、芽出度くも「霧が晴れた!」という気象状況になってます。

そうして…、東京の皆さん、(鷲から電話で皆ビックリしていましたが)きょうは空が青いでしょ? モヤモヤがとれて、遠くの景色が見えるようになったでしょ?

このような芽出度くも嬉しい変化は、何故なのか?

あくまでも仮説ですが…、
あの9.11の“核爆発”(激烈な臨界現象)と、その際の超高熱でデブリの岩盤が溶けて穴があき、デブリが地下に沈んで逝ったチャイナ・シンドローム。

あの9.11の“核爆発”(激烈な臨界現象)で、核燃料が劣化し、中性子を出さなくなり、激しい臨界が止まった。

あの9.11の“核爆発”で、デブリの塊(かたまり)が、バラバラに分解された。これで激しい臨界が止まった。

上の「飯山一郎の仮説」(E仮説)は、悪魔でも仮説です。

またもや悪魔が現れて、フクイチの状況・状態が悪化する可能性がないわけではありません。

(実際、19日には爆発音とともに相当な湯気が一時的に噴出し、フクイチの地面は大揺れだったし…)

しかし今、日本列島から悪魔は去ってます。一応は。

「めでたいな!めでたいな!めでたいめでたい、めでたいな!」
と、小踊りするくらいはE~でしょう。
しかし…、大喜びするのは、まだ早い。

これまでの4年半の間に、放射性物質や殺人水蒸気をタップリ吸い込んでしまった脳天気な人たちが、これからバタバタ倒れ、病気(内部被曝による放射能障害)になって、確実に亡くなって行くからです。

われわれ「日本乳酸菌民族」は、絶対に油断せず、免疫力向上生活を続けていかねばなりません!>皆の衆
飯山 一郎

2015年9月22日 (火)

天皇陛下は日本国民を救いきれるか?

飯山一郎

2015/09/22(火)  

天皇陛下は日本国民を救いきれるか?

京都御所と仙洞御所

仙洞御所

仙洞御所(せんとうごしょ)は、退位した天皇(上皇・法皇)の御所。仙洞とは本来仙人の住み処をいう。そこから転じて退位した天皇(上皇・法皇)の御所をいう。

質 問  (from "emi")     
「夕闇迫る「稲刈り」の田は、京都…」
天皇が京都に移られると解釈したのですが、
そうすると、これからは西日本を中心にという、ある意味誤ったメッセージを人々に与えることになりませんか?
だって、日本列島すべて汚染されているのに、今更京都って。と思うのですが。
素朴な疑問です。もしよかったら、ご回答ください。

鷲が昨日書いた『「鎌」がグサリ!と手前に引かれる日』に対して、上のような質問があった。
鷲は、下のような回答文を書いた。
文章は読み手の思念で、どんな解釈もできる。

さて、現在、天皇の本音(国体の意向)は、国民には伝わらない仕組みになっている。
つまり…、
「政体側=体制側」に不利な天皇の言葉は、NHKも!徹底的に削除する。

いま、天皇の念頭にある「稲刈り」は、半端な農作業ではない。

その御決意を言葉にして、東京から発信しようとしても、伝わらない。マスコミが徹底的に邪魔をし、「重要部分」は削除するだろうからだ。

そこで…、
「於京都天皇退位 於東京東宮践祚」といった状況を敢然と創出して、稲刈り!

「このくらいのことをせねば すべてのたみを すくうことは できない…」 こうお考えだとしたら…、かろうじて日本民族は救われる。

どうなる?! 日本(耶麻騰) (「耶麻騰」は『日本書紀』より)
いま、天皇陛下のまわりは“敵だらけ”である。

マスコミ、官僚、神社本庁、安倍内閣、原発ムラ、学界…。
これら現体制の支配層である「政体」と、天皇陛下ひきいる「国体」は、真っ二つに割れていて、ほとんど「敵どおし」という関係だ。

そして、この4年間、「国体」側はヤラれっぱなしだった。

国民の健康と安寧(あんねい)を願う天皇陛下の「祈り」(これこそが“皇室祭祀”!)は、踏みにじられ続けてきた。

そこで天皇陛下は、起死解消の言霊(ことだま)を放たれた!

それが、「稔りたる稲の根本の鎌をあてがふ」という御製だ。

その尊く高貴な言霊は、いま、日本列島に巣食った悪霊(あくりょう)とのアルマゲドンの戦場での最終決戦の日々に備えて、雌伏中だ。

アルマゲドンは、おそらく、京都の仙洞御所になる。
飯山 一郎

 「鎌」がグサリ!と手前に引かれる日

2015/09/21(月) 

「鎌」がグサリ!と手前に引かれる日

御 製
夕やみのせまる田に入り稔りたる
稲の根本に鎌をあてがふ

ご決意 根本に鎌

朝ではなく… 明るい昼間でもなく… 夕闇が迫る頃…
あたりが暗くなりかけた晩秋の稲田にお入りになられ…
たわわに稔って頭(こうべ)を垂れた美しき黄金色の稲…
その稲の根本に鎌をあてがい ググッと一気に刈り取る

これは… ただの稲刈りではない

天子さまは…
深い深い御覚悟と固い御決意を歌に籠められた…

などてすめろぎはかくも鬼気せまる御製を詠まれしか

「稲の根本に鎌をあてがふ」
ここまで激しい異例の言葉を吐かれた…
陛下の御心情(御心)や如何に?

苦しまれておられる…、と思うは「下衆の勘ぐり」

ヒントは、
京都御所が大改装され…
江戸城は「松の廊下」が見学者用に改修された…

ということは、夕闇迫る「稲刈り」の田は、京都…

日本人の心に よどみながらひろがる深い悲しみを
天子さまが一気に刈り払われる日は、近い!

(飯山一郎)

ハロウィーンでも皮肉られる日本

2015年9月21日 (月)

勘違いするお花畑さんがいるけど、それが狙いですから。

情報は人脈から…

飯山一郎

2015/09/20(日)  

情報は人脈から…

福清(フーチン)発のウラ情報

福清市

中国・福建省福清市は、「蛇頭ヤクザ」の本拠地と言われた街だ。華僑や密航船を世界に送り出す母港とも言われた街だ。
だから、この街には世界から情報が集まってくる。極秘のウラ情報も…、カネを払うか、人脈(朋友関係)を辿れば手に入る。
鷲はこの街に延べ2年ぐらい住んだことがあるので、多少の人脈がある。
たまには情報も入る。
最近、ショックだったのは、
「飯山シャン、放射能が福清市にも飛んで来てるのココロね!」
と言われたことだ。鷲は言葉が出なかった…。
きょうは下のような情報が入って来た。

本日、中国・福建省の福清市(蛇頭の本拠地)で…、
「ごく近い将来、尖閣の海域で“海戦”がある」
という情報が流れた。

“海戦”とは、中国海軍と日本の海上自衛隊が戦う海戦だ。

そして、その“海戦”は、開戦した途端に終わる! というのだ。

なぜならば…、“海戦”が開戦した途端、中国本土からマッハ6以上で飛ぶミサイルが海上自衛隊の艦船に命中!瞬時に全艦を撃沈させるので、終戦と。

このこと(日本の敗戦)は、オバマと習近平の会談の重要議題になる! と、福清市の蛇頭のラオパンは信じているようなのだ。

面黒い情報だが…、同じような情報が台湾にも流れているので、中国人たちの間では密かな共有情報になっているようだ。

海上自衛隊の艦船が、いま、尖閣方面に向かっているという情報もあるし…、安保法制後の東アジアで、何かが起こる気配は濃厚だ。

上の情報を『放知技』に投稿したら…、
先生、そんな面黒い情報をネットで流して大丈夫ですか?
気の小さい私は心配です。
と、仲間の一人が心配してくれた。
そこで鷲は少しばかり格好をつけた文章を書いた。
いまの日本で…、命がけで真実情報を発信しているサイトは皆無に近い。
しかし…、せめてココぐらいは…、命知らずの面黒情報を敢えて発信する!という面黒BBSにしましょう!

もっと言えば…、
情報は、極秘であればあるほど、その極秘情報発信者のインテリジェンス・パワーが高まり…、さらなる暴露を恐れる敵は萎縮してしまうのです。

そうして、「あいつが発信する情報は、オレの安全につながる!」と思う公安官僚も増えてくるのです。

分かりますか?
真実情報を発信することが、善人・悪人を問わず、多くの人間のイノチを救う!というジャーナリズムの精神が。こわがる必要は微塵もないのです。
いま、日本中に「こわがり屋さん」が増えている。
電話も「盗聴されているから!」と(オビエるように)言うヒトが多い。
ほんの少し体調が崩れただけで、病院に駆け込むヒトが多い。
鷲みたいな半ボケ爺さんを怖がるヒトも多いwww

地震や、火山の爆発や、ケムトレイルや、食品添加物…。こんなモノ、怖ろしい!っちゃあ怖ろしいが~、鷲はちーとも恐くない。

そのくせ、本当に怖ろしい放射能は恐れない(爆)

嗚呼、「日本」は、この先、どうなってしまうのか?
情勢を分析し抜き…、その情報を発信し続けます!
以上、飯山一郎の決意表明でした。
飯山 一郎

国が最も隠蔽したいのは

2015年9月20日 (日)

見たくない真実より 安心できる嘘

飯山一郎

2015/09/19(土)  

見たくない真実より 安心できる嘘

ヒトは、簡単に騙される

見たくない真実より、安心できる嘘


「見たくない真実」は見ようともせず、「安心できる嘘」ばかりを信じてきた4年半。
そのため、今の日本人の現状認識は、「放射能の問題はない」。

いま、日本の最も切実で深刻な“真実”は、ひとつしかない。

それは、臨界デブリだ。

フクイチの地下に確固として確実に鎮座し、殺人ガスを猛烈に噴出し続ける重量100トンもの臨界デブリ!

コレこそが、そして、コレだけが、「日本」を滅亡させ、消滅させかねない最悪・最凶の元凶なのに、誰も彼もコレを見ようともしない。

なぜか?

見たくないからだ。「見たくない真実」なのだ。

真実を見ようともせず、安心できる嘘ばかりを信じる流れ・傾向は、これからも延々と続く…。

が、それも、せいぜいのところ、あと2~3年だ。

あと2~3年も経つと…、
嘘を信じて安心しようにも…、命がない

飯山 一郎

2015年9月19日 (土)

なんと秩父も湿度100パーセントが連続している

人食いバクテリア:コケおどし用語

飯山一郎

2015/09/18(金)  

人食いバクテリア:コケおどし用語

ありふれた菌なのに…

Streptococcus

致死率30%、発症後2~3日で死亡することもあり“人食いバクテリア”と呼ばれる劇症型溶血性レンサ球菌感染症の患者数が過去最悪のペースになっている。

国立感染症研究所の発表では、8月23日時点で291人、調査を始めた1999年以降で最も多かった昨年をすでに上回った。

どんな感染症なのか。A群溶血性レンサ球菌の感染によって発症し、ふだんは子どもの咽頭(いんとう)炎やとびひなどの病気を引き起こす程度で、抗菌剤などで治癒する。

が、なかにさまざまな毒素を吐き出す劇症型があり“人食い”に化ける。 (記事)

上の記事は『朝日新聞デジタル 9月16日』の記事であるが、『サンデー毎日』(9月20日号)も《人食いバクテリアの恐怖》という見出しで恐怖を煽っている。

とにかく、いま、人食いバクテリアの感染症が大蔓延している!というのだ。

しかし、ダマされてはいけない。

だいたいだ。「人食いバクテリア」と命名すること自体が、コケおどしの証拠ではないか!

「人食いバクテリア」などというコケオドシ用語を使ってマスコミが煽る“ショック・ドクトリン”にタマげてしまうと、思考能力が失せてしまい、最善の対応が出来ずに、病院へ駆け込むことになり…、病院の治療によって重病にされてしまう。

「人食いバクテリア」の主な病原体は、子供でありふれた咽頭炎などを引き起こすA群溶血性連鎖球菌で、恐ろしい病原菌ではない。どこにでもいる弱々しい化膿菌の類(たぐい)だ。

だが、放射能まみれの日本では、無用心だった人の免疫力が著しく低下しているため…、バタバタと倒れてゆく可能性が高い。

しかし! 免疫力(マクロファージ)があれば、A群溶血性連鎖球菌=化膿菌などイチコロだ。

「人食いバクテリア」の菌体の5万個ぐらいをコップに入れてくれれば、鷲は、ソレを涼しい顔で一気飲みしてあげてもE~(爆)

ともかく、寒さが来るのが今年は早そうだ。身体を絶対に冷やさないように! 乳酸菌と豆乳ヨーグルトとあらびき茶と、汗かき運動で免疫力を上げる!

これっきゃないからな!>皆の衆
飯山 一郎

2015年9月18日 (金)

栃木県那須塩原市 那須野が原公園 空間放射線量(天候 雨):

大波乱の日本! 国民が政府から身を守らねばならない時代

simatyan2のブログ

大波乱の日本! 国民が政府から身を守らねばならない時代
2015-09-13 14:17:24

常総市の鬼怒川堤防が決壊した日、災害対策の最高責任者である
安倍首相は、大雨被害の関係閣僚会議をたった10分で終了させ
たそうです。


http://www.fastpic.jp/images.php?file=6135548887.png
「豪雨」対策会議10分で終了…人命より安保優先した安倍首相
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163831

それも10日の15時49分になって、ようやく腰を上げたと
いうことですから驚きです。

じゃあそれまで何をしていたのか?

安保法案の審議と採決に向けた官僚たちとの打ち合わせをしたり、
官邸で公明党の山口代表との安保関連法案の成立を目指す会談
などをしていたそうです。

特に公明党とは1時間を費やすという国民軽視もはなはだしい行動
をとっていたのです。

また、この国民の命を軽視する言動は閣僚にまで広がっています。

10日、甲府市内で開かれた経済団体の交流会で、 宮沢洋一経済
産業大臣が何と言ったか?

茨城県などでの大雨被害に触れ、

「ありがたいことに産業の方はまだそれほど大きく傷んでいない
ということで

(緊急の関係閣僚会議に)出席しなくてよかった。

今日は幸運な日だったと感謝している」

と発言したのです。


http://www.fastpic.jp/images.php?file=6762799759.jpg
宮沢経産相「今日は幸運な日」大雨関連、甲府で発言
http://www.sannichi.co.jp/article/2015/09/11/00074362

鬼怒川の堤防決壊で今大変なことになっていると知りながら、

「今日は幸運な日だったと感謝している」

と言ってのけたんですね。

確かこの人は、違法献金を受け取ったりSMバーに政務活動費を
使ったりしたのがバレても居直って大臣に居残った男ですね。

まあ安倍内閣全員が違法献金を受け取ったことを認めているので
全員一蓮托生みたいなものですが。


http://www.fastpic.jp/images.php?file=7521166266.png 
恐るべき違法内閣!
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12034465619.html

○首相をはじめ全員が違法献金を受け取っていても居直り、

○原発汚染水で大嘘を世界に言い放ち、

○増税しても復興には使わず福島を切り捨て、

○福祉を切り捨て、

○東京五輪で新国立競技場建設で無駄金を使い、

○利権渦巻く盗作エンブレムで世界に恥を晒し、

○大災害の対策を後回しで被害を拡大させ、

○国民の反対を押し切って安保法案の可決を急ぐ、

○そしてマイナンバーでの国民監視政策の実施。

○めんどくさい問題は全部先送りにしてその場その場で適当に
  お茶を濁すという政策。

それを決断力のある政党とか、 やっぱり自民党以外にはあり得
ないとか、一部の馬鹿な国民が目先の利益に乗っかって大変な

国にしてしまったのです。

自民党政権と一蓮托生のネトウヨ、ネトサポが目指す社会は
日本人が管理される窮屈な独裁国家だということですね。

こんな政府に命を預けるのを国民は考え直すべきです。

2015年9月17日 (木)

4号機側だけに霧が…

飯山一郎

2015/09/17(木)2  

4号機側だけに霧が…

海霧の可能性は皆無

from 4 from 1

左側が4号機側からの写真映像で、右側が1号機側からの写真。(同時刻)

湯気・水蒸気が出ない状況(ノー霧)が6日間も続いたが、本日の午後から、霧(放射性水蒸気)が出てきた。
しかし、今までの迫力はない! と、鷲は感じる。どうなるか?
「東電がライブカメラの映像を改竄している!」という意見が多いが…、今の鷲には分からん。

話は変わるが…、新井信介氏との32時間にも及んだ討論会は、実に濃密(中身が濃厚)だった。

延べ70余名もの聴衆の皆さんの「真相を知りたい!」という“聴く意欲”に刺激され…、新井氏も鷲も、本当に良く語った。

が、さらに少しく補足をしておきたい。

いま、日本という国家が危機存亡のときに、鷲が『日本書紀』のことを討論会のテーマにしたのは、じつは、深い意味がある。

『日本書紀』。この“歴史物語”は、懐古趣味で読む書物ではない。歴史学的な知的好奇心による研究の対象でもない。(ほとんどの識者は、知識や教養を誇るために『日本書紀』を語るが…www)

そもそも「歴史」あるいは「歴史書」は、過去を知るだけではなく、過去を現在と未来のために活かしてこそ、価値が出てくる。本物の“史観”とは そういうものだ。

そこで、鷲の史観を補足的かつ端的に語るが…、
『日本書紀』は、“国づくり”のための歴史物語だ。

「歴史物語」というのは「歴史」ではない。「物語」だ。「物語」なのに「史実」であると錯覚して…、新井白石も本居宣長も『日本書紀』の一行一行を「テキスト」として読んできた…。
『日本書紀』の「コンテキスト」(『日本書紀』が書かれた背景や国際環境)を意識しながら『日本書紀』を解読した識者は、ほとんど皆無だった。

鷲が強調したいことは…、
『日本書紀』という「正史」は、“国づくり”のための歴史物語であると同時に、“国を守るための歴史物語”であるということだ。

当時、大唐帝国は日の出の勢いで版図を拡大していた。その途上で、百済国は大唐帝国と新羅国の連合軍に白村江の戦いにおいて完全敗北した。

次な大唐帝国の軍事作戦は、再興を狙う百済国の残党を徹底的に殲滅することであった。

大唐帝国による徹底殲滅作戦を避けつつ、百済国の残党は遥か南方の九州にまで逃れてくる…。

しかし、大唐帝国による九州百済国の殲滅作戦の危機は去らない。大規模な“水城”を各所に築造したが「危機」は去らない。

このときに、九州百済国が放った国を守るための起死回生の策謀(知的謀略)こそが、『日本書紀』という歴史物語の「編纂」だった。

これは、実体は「九州百済国」でありながら、「日本」という“幻の国家”を大唐帝国に認めさせようとする大変な知的謀略作戦であった。

最高水準の漢語と、精緻な修辞法と、讖緯説(しんいせつ)という当時の最高レベルの歴史哲学を基礎にした華麗な歴史書。これが『日本書紀』なのである。

「正史」としても完璧この上ない『日本書紀』に、大唐帝国はコロリと騙され…、「日本国」を認めざるを得なかった、と。

こういう「コンテキスト」を念頭に置いて『日本書紀』を読まなければ…、古代の「日本国」の真相は見えてこないのだが…。

そんなことよりも、問題は…、
まもなく完全に滅び去る今の日本国などいう糞国家は、どーでもE~として…、今後の展望=新日本国の建国の構想である。

その際、鷲は、『日本書紀』を編纂した古代日本の百済人=日本人の知的な実力と迫力から徹底的に学びたい!のである。

【結論】国家存亡の危機を意識しながら書かれた『日本書紀』を、国家滅亡の危機にある現在と未来に活かせ! これが飯山一郎の史観なのである。
飯山 一郎

日本が原発を始めてからどれだけの人を闇に葬ったというのだ。

放射性水蒸気の噴出が止まっている!

飯山一郎

2015/09/17(木)  

放射性水蒸気の噴出が止まっている!

きょうで6日目

変化

9月11日までは、フクイチの地下から噴出する湯気・水蒸気の量は、凄まじい規模だった。
ところがである。
9月12日からは、湯気・水蒸気の噴出が大巾に激減し…、
なんと本日(17日)で6日目。
これは大変な変化である。
ドライな熱気団塊は相変わらず噴出しているようだが…、
「湯気と水蒸気の噴出は止まっている!」
と、多くの方々から報告がきている。
このことは、
福島第一原発のライブカメラ・ストレージ(https://goo.gl/0hokGT)を視れば分かる。
これは一体どういうことなのか?
「東電がライブカメラの映像を徹底的に改竄しているからだ!」
と言う人もいるが…、鷲は、違うと思う。
これは、たぶん、きっと…、
フクイチの地下で、何らかの大変化が起こったのではないか?

「これで米国海軍による“フクイチ爆撃”は、なくなった!」
と言う人も出てきた。
「全国各地で青空が広がっている!」
という嬉しいニュースもある。

フクイチの地下での大変化! これは本当なのか?

こういう時は…、
「3日待て!」という相場格言に従おう。

何事も…、
慌てず! 騒がず! 心配せず! これでいこうね!>皆の衆
飯山 一郎

大雨の原因は、上空にある大量の水蒸気。

飯山一郎

2015/09/16(水)  

大雨の原因は、上空にある大量の水蒸気。

豪雨で物流が止まる

物流
物流(ロジスティクス)は、国家社会の血流だ。血流が止まると…、死。

社会機能の崩壊。これは覚悟しておくべきだ。
ソレは、すでに始まっている。
首都圏の電車の異常な止まり方は、ソレの前兆だ。
救急車による急病人の搬送も、急激な右肩上がり。
そのため首都圏の救急救命システムは、マヒ寸前。
首都圏の病院は、小さな町医者に至るまで満員御礼。
医療システム自体が病人(とくにに癌患者)を大量生産中。
社会機能のマヒ症状は、今後、加速度がついてくる。

台風18号の低気圧の影響による記録的な大雨は、栃木・茨城だけではなく、東日本全域に降りまくった。

最大風速が25mという超小型の台風なのに、東日本全域に記録的な大雨をもたらした。

なぜ? これほどの豪雨になったのか?
原因は…、
東日本の上空に、莫大な量の水分=水蒸気があったからだ。

ともかく、いま、夜半ともなると、日本全域に異常な大雨が降りまくる。なぜ? これほど大量の水が空から落ちてくるのか?
原因は…、
日本全域の上空に、膨大な量の水分=水蒸気があるからだ。

この大雨と豪雨により東北関東が道路網が寸断され、物流の停滞が深刻だ。
とくに北海道発の荷物は東北地方の通過に時間がかかりすぎるので…、たとえば苫小牧の貨物港には数千個のコンテナが山積みになっている。貨物が流れて行かないのだ。

物流血流通貨の流通は、どれも平常時はスムーズに流れるが…、何か異常が起きると流れなくなる。止まる場合もある。

今回の大雨は、物流の循環不全をもたらした。人間の動きも激減した。農作物も大被害である。

なによりも「日本」の衰退を加速した。哀しい。
飯山 一郎

2015年9月16日 (水)

この台風が東電福島原発からの風と、太平洋上の汚染を西日本へ運んできます。

新井信介のロマン vs 飯山一郎のリアル

飯山一郎

2015/09/15(火)  

新井信介のロマン vs 飯山一郎のリアル

激論討論会:32時間!

新井信介
新井信介氏が語る「壮大な歴史ロマン」に聞き惚れる…

告知が7日前なのに延べ70名近い聴衆が日本全国から集まってくれた…。ギャラリーが多いと、やはりプレイヤーは張り切る!

「新井信介vs飯山一郎の激論討論会」は、32時間もの時間をかけた「集中討論会」でもあった。

討論会の合間に、「10万℃のフォトン・レンズ」、「脅威の動力増幅装置」、「三角四角の正14面体の奇跡」、「ヤヨブーのライブ」、「新井信介の連続4曲のカラオケ熱唱」など、余興や出し物も豊富だったので…、ご満足いただけたと思う。

『古事記』を編んだ稗田阿礼(ひえだのあれ)のような脅威の記憶力と博覧強記を惜しみなく披露した『歴史ロマン満載の新井ワールド』には、鷲も夢中で聞き入った。

とくに「討論会」の最終場面で、新井信介氏が「橋本龍太郎の“変死”は、米国国債売却という発言が原因ではない!」というウラの極秘話を暴露した際の聴衆の反応は、スーパー・ショック・ドクトリン! 鷲も、さすがに「ここまで言っちゃってE~のか!」と固唾を飲んだ。

いま、米国海軍の第7艦隊が横須賀に集結!という異常な事態は、何を意味するのか?

「日本列島はアメリカの領土だ! ロシアや中国には指一本触れさせない!」と恫喝するような強力な布陣を敷いた米国海軍。

「日本列島で発生する逃散や逃亡やパニック的な移動は一切許さない!事態が急変すれば、いつでも日本を封鎖する!」という堅固な布陣。

「フクイチの臨界デブリは放置しない!原爆搭載のバンカーバスターを撃ち込むことも想定内だ!」という無鉄砲な軍事力発動の意志も垣間見える…。

本年から来年にかけて、日本列島には、軍事的な面においても、突発的で激烈な事態が発生する可能性が高い。

日本人が消えて無人の島嶼になった日本列島の領有、あるいは実効支配をめぐって、国際社会(特に米・英・露・中)は、すでに今の段階で、列島奪取の戦略と戦術を組み立て始めているからだ。

しかし…、ヒツジのような、ヘビに睨まれたカエルのような、まな板の上の鯉のような現在の日本国は、手足をモガれた脳なし猿のような体たらくだ。

いましばらくの間は…、空気清浄機と除湿機と、濡れ雑巾による徹底的な拭き掃除で『放射能ゼロ空間』をつくり、その中で乳酸菌を培養し、豆乳ヨーグルトを食べ、合間に「その場駆け足」で汗をかくまで運動し、運動後はあらびき茶をガブ飲みする! このような「洞穴生活」に徹するほかはない。

以上のような話で、鷲は「激論討論会」を締めくくった。 鷲は、この三日間で5時間しか眠ってない。

それでも、延べ32時間の「激論討論会」の間、鷲は、ハイ・テンションを維持したまま、大声でシャベリまくり、元気いっぱい!元気をみなぎらせて会場を動きまわった。20才の青年のような飯山一郎の頑健なタフネスぶりには、ビックリ仰天、驚かれたと思う。

人間は、老人になっても、先ずは免疫力たっぷりの健康と、青年のような若さと、子犬のような元気さ、そして、幼児のような無邪気さ!これが人生を楽しくする秘訣だ。

それにしても…、眠い。寝ます!
飯山 一郎

2015年9月15日 (火)

あべあべ団の日本人抹殺計画。

飯山一郎は朝の4時半まで語りまくる

飯山一郎

2015/09/14(月)  

飯山一郎は朝の4時半まで語りまくる

激しい応酬もあった…

討論会

「激論討論会」の会場。飯山一郎の顔や足が真っ黒なのは、毎日の太陽凝視で“志布志の黒豹”になったからwww
新井信介氏も健康そうだった。
その健康そのものの体力で『日本書紀』と『古事記』について語りまくる新井信介氏の知識の量は半端ではない。
鷲は、新井信介氏の博覧強記に舌を巻きながら、聞き惚れた…。

「激しい応酬もあった…」というのは、『日本書紀』を書いた動機についてである。

『日本書紀』。これほど壮大な歴史物語は、何故に書かれたのか? 如何なる動機があったのか? 何故に天武天皇は編纂を命じたのか?

そして『日本書紀』は、誰に向けて発信されたのか? その情報発信は、何を願い、どんな結果を期待したのか?

『日本書紀』を書いた動機について説明を、従来の歴史家はほとんどしなかったが、新井信介氏の説明も明解ではなかった。

新井信介氏ほどの歴史家が『日本書紀』を書いた動機を明確に意識することなく『日本書紀』という「テキスト」だけをを読んでこられた…。(新井白石や本居宣長といった江戸時代を代表する歴史家たちも同じだった。)

日本人は「テキスト」を読み込むのは得意だが、「コンテキスト」を読もうとはしない。「コンテキスト」とは、情報が発せられた場所や背景、さらに社会環境や国際環境のことだ。

『日本書紀』に書かれてある表面的な文章=「テキスト」だけを読んでいては「学べば暗し」になってしまう。

「コンテキスト」つまり、『日本書紀』が書かれた背景や国際環境を読み解かなければ、歴史の真実は見えてこない。

それでは、いったい、『日本書紀』が書かれた動機は何か? 誰に向けて発信されたのか?

この答は、『「日本」という国名の由来を簡明に明かす!』に書いておいた。次の文章以下を再読してほしい。

「663年。白村江の戦いで百済国は大唐国と新羅国の連合軍に大敗した。」

ようするに、大唐帝国による「百済の残党の完全殲滅」から逃れるために、日本列島に存在する国家は「日本」であって「百済」ではない!ということを、大唐帝国に思わせようとした。
そのための説得用文書が『日本書紀』だったのである。

以上の視点と観点を、新井信介氏は理解できないようだった。

新井信介vs飯山一郎の「歴史対話」は、すれちがいに終わったが、他の話は…、(生臭い話が多かったが)手に汗を握るスリリングなウラ話に聴衆はビックリの連続だったと思う。

まぁ、ここでは公開できない話が多かったということだ。あしからず、ごめんあそばせ。
飯山 一郎

2015年9月13日 (日)

「倭・倭国」は、古代日本ではない!

飯山一郎

2015/09/12(土)  

「倭・倭国」は、古代日本ではない!

視聴数:16000回強!
「山形明郷先生講演会」の歴史講義。けっこう難解な講義だ。
なのに、短期間で16000回もの視聴数!
これはどういうことなのか?

古きよき時代の祖国をおもうとき、日本人は、めくるめくような郷愁にひたされる。その懐かしい走馬灯は、すべからく「日本」の想い出だ。

「日本」。この国のルーツを知りたい! という思いが湧き上がってくる…。当然の成り行きだ。

「日本のルーツ」を知るための厳正な歴史家として、山形明郷師は、屈指の学者である。(鷲の恩師なので「師」をつける。)

アカデミズムの毒には全く汚されていない颯爽とした山形史観!
日本人には必聴の歴史講義である。

「日本」あるいは「日本人」のルーツは、どこか?

「倭・倭国」。これらが古代の日本列島にあって…、やがて「日本」になった。と、(歴史学者も含めて)多くの日本人は考えてきた。

ただし、決着がつかない大問題がある。

百余国も存在したという「倭国」は、いったい日本列島の何処にあったのか?

とりわけ「倭国」を代表する『邪馬台国』は、日本列島のどのあたりに存在したのか? 畿内なのか? 北九州なのか?

江戸時代から始まった所在地をめぐる論争は、いまだに決着がついてない。

この大問題を、山形明郷師は一刀両断、快刀乱麻を断つ!

「倭」「倭人」「倭国」が古代日本に存在したという文献記述は一つたりとて存在しない!
中国の正史にもないし、韓国朝鮮の文献にもない! と。

つまり、「倭・倭国」は、古代日本ではない! これが「山形明郷・比較文献史学」の結論なのである。

したがって、『邪馬台国』という「倭人の国・倭国」も、日本列島に存在した国邑ではなかった! と。

上の話を、明日の13日、鷲は新井信介氏に話してみよう。フフフ。

何の根拠もなしに、漠然と『邪馬台国も卑弥呼も、古代日本の史実』と信じているかどうか? を。

楽しみである。ヒヒヒ。

【参考】:『邪馬台国は何処にある?』 (by 飯山一郎)
飯山 一郎

2015年9月12日 (土)

珍しい虹、調べたら 環水平アーク なのか なんなのか? 飯山市の堤防に現れた

ダイアナ・ロスの “If We Hold On Together”

飯山一郎

2015/09/11(金)  

ダイアナ・ロスの “If We Hold On Together”

勇気がわいてくる歌
「ダイアナ・ロスの名曲です。とても勇気づけられる歌詞です。ロシアや中国に移住して人生を再出発する人たちに聞いていただきたいです。ぜひとも飯山一郎さんのHPに載せて下さい! お願いします!」という電話が、鷲の有力なファン(栃木県小山市在住)からあった。
聴いてみると…、流石(さすが)! ダイアナ・ロス。米国・黒人音楽の大御所だけある。
あと、歌詞も最高! そして勇気が湧き出る日本語訳。
これは載せざるを得ない! 聴いてもらわざるを得ない。
近い将来、元気な日本民族が海外に雄飛して…、だけど、心が崩れそうなときに聴く!そういう音楽です。

ところで…、あらびき茶が売れてます!

あらびき茶「原理」を理解する人々が増えてきたからだ。

あらびき茶のミネラル分と植物繊維が腸内微生物を激増させる。

この腸内微生物をエネルギー源にすれば、人間は健康に生きていける!

腸内微生物はビタミンをつくるので野菜など不要だし…、腸内微生物ってのは、蛋白質の塊(かたまり)だから、肉も食べる必要がない。

腸内微生物がつくれないビタミンは、ビタミンCぐらい。

野菜を食べないエスキモーは、ビタミンCは、動物の生血から摂取する。あとのビタミンは、腸内微生物が全部つくってくれる。

なんせ腸内微生物の総数は1千兆個。
ビタミンをつくることなんか一瞬!

だから、不健康で奇形種の市販野菜は買うな!食べるな!

あらびき茶と乳酸菌を飲んでいれば、何も要らない!
何より安くあがるし!

E~お茶を飲んで…、E~音楽を聴いて…、
ほとんど食べなくても健康で元気な日本人!

どこに移住することになろうとも…、
世界の人々をビックリ感心させちゃおうぜ!>皆の衆

飯山 一郎

2015年9月11日 (金)

海上濃霧警報 9/11 05:40

2015年9月10日 (木)

米国海軍第7艦隊:横須賀に集結!

飯山一郎

2015/09/10(木)  

米国海軍第7艦隊:横須賀に集結!

「もしや?」 「魔坂!」

65  66

米海軍第7艦隊 新司令官「万全の準備を」
神奈川県の横須賀基地を拠点とするアメリカ海軍第7艦隊の司令官の交代式が7日行われ、新たに就任したジョセフ・アーコイン司令官は、「今後の作戦や災害対応などに向けて万全の準備をしていきたい」と抱負を述べました。

アメリカ海軍第7艦隊は、アジア・太平洋からアフリカ沖までの広大な海域を担当し、その司令部は横須賀基地に配備されている旗艦「ブルーリッジ」の艦上に置かれています。

7日、横須賀基地で行われた司令官の交代式には、アメリカ軍や自衛隊の関係者などおよそ600人が出席しました。このなかで新たに就任したジョセフ・アーコイン司令官は、「第7艦隊はイージス艦や空母など最新鋭の設備と優秀な人材を備えている。今後の作戦や災害対応などに向けて万全の準備をしていきたい」と抱負を述べました。

外務省によりますと、第7艦隊には戦力の中心となる原子力空母「ロナルド・レーガン」が配備されることになっていて、来月2日に横須賀基地に到着する予定です。 (NHK NEWSweb)

今まで静かだった米国海軍が、急に張り切り出した感じだ。

今後の作戦や災害対応などに向けて万全の準備をしていく!
などと新司令官は気張ってるが、「今後の作戦」ってのは軍事作戦じゃないみたいだし、「災害対応」って、どんな災害なんだろう?

「もしや?」「魔坂!」と、不吉なことを考えてしまう…。

どんな不吉なことが発生しても…、慌てふためいて逃げまわること。これが一番いけない!

対策としては…、慌てず騒がず淡々として洞穴生活に徹すること! これが一番だ。

洞穴のなかでは…、
わずかの玄米と味噌汁と、豆乳ヨーグルトと、あらびき茶を沢山飲む!運動は、柔軟体操と「その場駆け足」で汗をかく。身体は絶対に冷やさないように!

あらびき茶は「濃い茶」が良い! 野菜は買わないこと。
植物繊維分は、飯山一郎監修の「棒干し大根」がベストだ。
この商品は買い置きしておく価値がある棒干し
飯山 一郎

やっぱりね! <福島第一原発>どんどん汚れる太平洋

みんな楽しくHappyがいい♪

福島第1原発 大雨の影響で汚染雨水が2度にわたって海洋流出
2015/09/09 FNNLocal 福島

20150909215158993s



台風18号の接近にともない、福島県内では、これから10日にかけて、広範囲で激しい­雨になる見込み。
この雨の影響で、福島第1原発では、9日未明に、2度にわたって汚染­した雨水が排水路から海に流れ出た。

20150909215200123s



東京電力の担当者は「降雨の影響で、排水ルートから、せきを乗り越えて越水して、一部­(海へ)排水された」と話した。

20150909215201ca7s



東京電力によると、9日午前0時28分から2時間にわたって、汚染した雨水が排水路の­せきを乗り越えて海に流れ出た。

20150909215203eb4s



また、その1時間20分後にも、同じ排水路から、再び海への流出が確認された。

20150909215204bbas



いずれも降雨量は、1時間あたり11mmから13mmで、ポンプ8台をフル稼働させて­水をくみ上げていたが、処理が追いつかなかったという。

20150909215314150s



この排水路から汚染した雨水が流れ出るのは、これで7度目となる。

経済的復興をめざす道を選んだ 福島と日本はもう信頼を失いました。

2015年9月 9日 (水)

東大で食べて応援、「楢葉産米」食べて! 町長が東大総長に要望(9/4 福島民友)

 「デブリ破壊」に手段を選ばず?!

飯山一郎

2015/09/09(水)  

「デブリ破壊」に手段を選ばず?!

「荒療治」の悪寒

米海軍が横須賀基地に集結中! という情報が上のツイートだ。

未確認だが、横須賀基地の動きが慌ただしい!という情報もある。

米国の軍産が「荒療治」を検討している!という気配情報が、鷲の米国の友人から入電した。

鷲の第六感は、「もしや?!」と、風雲急を告げている。


イヤな悪寒がする。

まず…、
フクイチの臨界デブリから噴出する「トリチウム水蒸気」などの大量の殺人ガスは、すでに大気中を流れて、米国本土や極東ロシアや中国の沿海部に到達している。

それは、簡単に言うと、深刻な大気汚染の問題だ。

だが、露・中・米が、これを永遠に放置することは、ない!

フクイチの臨界デブリの問題を解決する方法は、荒療治でもOK!ということになれば、じつは、非常に簡単なことだ。

ひとつは、爆破による破砕法だ。
フクイチの臨界デブリは、塊(かたまり)になっているので、臨界=核分裂が継続してワケで、デブリを爆破してバラバラに破砕すれば、臨界現象は一瞬で停止する。

ふたつ目は、海水侵食法。
これは、フクイチの敷地全体をデブリもろとも猛烈に爆撃して破砕し尽くし、大ナダレを発生させて海水中に漬けてしまえば臨界は停止し、大量の殺人ガスの噴出現象も止まる。

ロシアは、上の荒療治とは別の、もっと安全な方法によるデブリ鎮圧を、日本人を移住させてからヤろう!と考えている…。

しかし米国は、日本人を移住させずにヤル!…鴨。過去にもヒロシマやナガサキでヤっているしな。

アメリカの「荒療治」を、プーチンと習近平が(中国の「衛星ミサイル」を使って…)阻止する!と推測する識者もいる。

太平洋の放射能汚染はロシアと中国の国益に反するし…、「太平洋を守るためにアメリカの横暴な荒療治を阻止した!」と国際世論に訴え、「正義」という大義名分を獲得するメリットが大きいからだ。

いずれにせよ…、
米国軍産が「またもや日本人を核殺する!」というヤバイ情報に充分な注意を払うことが肝要だ。

飯山 一郎

 「日本」という国名の由来を簡明に明かす!

飯山一郎

2015/09/08(火)  

「日本」という国名の由来を簡明に明かす!

日本 永遠 悠久

日本

「日本」。この国名の所以(ゆえん)を知る人は少ない。
自国名の由来を知らないのは、世界でも日本人だけだ。

「日出ずる国」 「日の本」 ←これが「日本」という国名の由来だろうと、日本人は漠然と思っているが…、少しは当たっている。

いっぽう、「この国から見るに、日は域内より出でず!」という疑問が、古来からあった。

日本から見るとお日様は日本の領域からは出てないし…、“日の本”ってのも日本の領域にはなく、日本よりも東の方角にあるのではないか!…という疑問だ。

この 何故に「日の本」なのか? 「日本」なのか? という疑問にキチンと答えた識者はいなかった。

そこで、「日本」の消滅が近い今…、鷲は、急ぎ、「日本」という国名の所以と由来を明らかにしておく!

世界の何処かの地において、必ず将来、「新日本」を懸命に建国しようとする日本人同胞のために…。

隋の皇帝・煬帝に小野妹子が提出した国書に、「日出ずる処の天子…」という有名な文言がある。

この「日出ずる処」という意味は、中国人の感覚では、たんに「東の方角にある国」という意味である。

上の国書では、中国を「日没する処」と記しているが、これも単に「西の方角にある国」という意味で、中国人は気にしない。

隋の皇帝・煬帝が怒ったのは「天子とは中華帝国の皇帝だけなのに、東方に天子が居るとは何事か!」という理由だ。

ともかく「日出ずる国」とは、中国から見て「東の国」という意味だということ。

同じように「日の本」も中国側から見た方角だし、「日本」も、中国からの視点で決められた国名なのだ。

「だから“日本”なんて国名は嫌いだ!」と、古来から多くの思想家が問題にしてきた。

なのに、誇り高く国づくりをしていた天武天皇は、何故に新しい国の名前を「日本」と名付けたのか?!

その理由をキチンと理解しないと…、「日本建国の秘密」も、「“日本書紀”の秘密」も、絶対に分からない。

その「秘密」は…、今まで誰もハッキリとは気づかなかった。
きょうは、その「秘密」を書く。本邦初公開だ。

さて…、
「日本国」とは「百済の後継国家」あるいは「百済の継承国家」だ。

663年。白村江の戦いで百済国は大唐国と新羅国の連合軍に大敗した。

唐と新羅は次の高句麗攻略に備えて百済国の徹底的な殲滅を狙うが…、これを避けるために百済国は国を挙げて九州まで逃れてくる。

それでも百済国は安心できず、大唐国襲来!の情報もあり、(恐怖にかられて)九州各地に大規模な“水城”(大野城や鞠智城)を築造して唐の来襲に備えた。

「大唐国に殲滅される!」という恐怖感。これが「九州百済国」の国家意思を形成する最重要動機であったのである。

「大唐国が襲来してくる!殲滅される!」という恐怖感にかられて大規模な“水城”を築造した「九州百済国」は、次には何をしたか?

「九州百済国」は様々な国家存続策を実施してきたが…、
その政策・策略を大分類すると、「防衛策」と「勢力拡大」と「逃避行」と「幻惑外交」。

「防衛策」は水城など。「勢力拡大」は九州土着民(大隅隼人、阿多隼人、種子島人等)との混血融和。「逃避行」は、北九州から南九州に逃げ、さらに難波・大和へ、はては信濃への遷都まで考えた。

「幻惑外交」は、大ウソをついての目眩ましと隠蔽工作である。

大唐国に対して「九州百済国」は、大ウソをついたりして必死の目眩まし外交を行い、懸命の隠蔽工作を行った。

「九州百済国」は、いったい何を必死で隠そうとしたのか?

その隠蔽内容を簡明(簡単明瞭)に書く。

「九州百済国」が、隠そうとしたしたこと。それは「九州百済国」そのものだ!

そのために「九州百済国」は、「長い長い歴史を誇る日本国」という大ウソの歴史物語を編纂する…。

その歴史物語は、すべて!大唐帝国を騙すために書かれたもので、世界一壮大な歴史物語だ。

いまだに日本人自身が、その壮大な歴史物語を「神話部分以外は、史実!」と信じこんでいる…。

それで…、その歴史物語が主張したことは、以下の3点。
・「九州にある国家は“百済国”ではありません!」

・「百済国とは外交関係はありましたが…、九州にある国家は“日本国”という歴然とした独立国家であります!」

・「どうか、どうぞ(殲滅など考えることなく)親善と友好を前提にした日本国との外交関係をお考えくださいますように…」

かくして702年、長安に到着した遣唐使・粟田眞人(あわたのまひと)は、女帝・則天武后に対して、“日本国”の使いである」と述べ…、大量の貢物を献上する。

その貢物の一つが、『日本書紀』(Ver1.0)であった…、と。
飯山 一郎

2015年9月 8日 (火)

ぎゃーーーー!!!

きのこちゃん

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

  • 2015-09-08
  • ぎゃーーーー!!!

    いつものごとく
    呪い系画像をつくるときみたいに

    こーやったら、怖くなるんかー
    なるほどなるほどー

    ぎゃはははーと

    一人不気味に機嫌よく



    オーメン動画
    作って遊んでたら!

    偶然発見してしまったサブリミナル!



    ↑この動画の

    サブリミナル0

    ↑画面が切り替わるこの画像の直後

    1:38.06~1:38.09の
    わずか0.3秒に
    この画像が!!!

    ↓↓↓

    サブリミナル

    ぎゃーーーー!!!

    ぎゃーーーー!!!
    ぎゃーーーー!!!

    こわいっ!!!(・_・;)

    あーーーびっくりしたぁ・・・


    追記

    なるほど!!!
    これで児童ポルノ写真
    仕込み放題
    逮捕し放題か!www

    そして原発作業員に

    本当にぎゃーーー!だわ。



    原発村の工作員は
    原発作業にも被災地にも行かず
    24時間体制で
    2ちゃんやTwitterに常駐。

    仕事もせずに。
    どっから出てんですか、生活費。

    脱原発派に言いがかりをつけまわり
    集団ストーキング。

    そして言いがかり告訴の連打。

    色んな手口があるものですねぇ。

    それは雨になり風に乗り水に混ざりアナタの体内に…忘れないで。

    日本政府という最悪・最凶の邪魔者!

    飯山一郎

    2015/09/07(月)  

    日本政府という最悪・最凶の邪魔者!

    無人都市に いらっしゃい!

    無人都市

    鄭州(殷王朝の故地)の新規地区の住宅団地。住民は皆無!無人都市なのだ。

    英紙デイリー・メール の報道 によれば…、
    中国政府は毎年、最大20もの人工都市を建設している。
    その結果、6400万戸の住宅が、すでに建設され、整備されているという。だが、その大半は無人都市(ゴースト・シティーズ)である。

      ↓こういうことだ↓
    国家予算の余ったウラ金を都市建設に投資することで、官僚が巨大な資産利権を獲得し、建設業者も潤う。バックマージンも巨大な額になる…と。これは体の良い国家予算の配分システムだ。

    日本も同じことをヤってきた。

    かつて厚生省が建設した豪華絢爛な厚生保養施設もそうだったし、先ごろは「除染」という大義名分でのカネ配り、また、膨大な量の除染土壌のフレコンバッグを各地に山積みするなど、国家予算のムダ使いは、日本のほうが上手(うわて)だ罠~www

    本気で検討されていた「首都圏3千万人避難」という文章内容は重要だ。

    どのように重要なのか? 「流れ」をルル説明する。
    先ず、外務省が、首都圏の日本人3000万人の移住を、ロシアと中国に打診していた!

    これにたいして中国政府は、中国国内にある「無人都市(ゴースト・シティーズ)」への数千万人の移住者受け入れを日本側に提示した。

    中国政府の移住者受け入れの申し出を日本側が「真剣に検討」していることを、日本の外務省はロシア側に通告した上で、ロシアにも移住者受け入れを打診した。

    日本の外務省から打診されたロシア外務省は、その報告書をクレムリンに上申した。

    このロシア外務省がクレムリンに送った「報告者」に関する記事は、今も『EUタイムズ』に掲載されている…。

    なんということであろうか!
    2011年の段階で、中国とロシアは、有り難いことに、何千万人もの日本人移住者の受け入れを“諒解”していたのである!

    あの時…、健康だった日本民族が何千万人も生き残るチャンスは、あった! …と。

    なのに…、誰も彼もシカト。黙ったまま。

    悔やんでも悔やんでも悔やみきれないが…、今さら悔やんでばかりも居られない。

    ヤルっきゃない!

    さぁ、みんな! ヤルぞ!
    最後の最後の最後まで諦めずに、ヤレることは何でもヤル!
    受け入れてくれるなら、シベリアでも何処でも行く!
    な~んてことは、日本の大勢の子どもたちは分かっている。

    中国の無人都市(ゴースト・シティーズ)なんて、最高じゃないか!

    ただし、最悪・最凶の邪魔者がいる。
    それは、「日本政府」という「ジェノサイド政府」である。

    しかし、それでも、ヤルっきゃない!
    飯山 一郎

    2015年9月 7日 (月)

    渋谷駅前って結構死んでるように寝てる人多いな

    プーチンが放つ日本人向けの暗黙のサイン

    飯山一郎

    2015/09/06(日)  

    プーチンが放つ日本人向けの暗黙のサイン

    ブリヤートにいらっしゃい!

    ブリヤート共和国_①: このあとの②、③、④も観る価値があります。

    「日本人は、2~3年うちにロシアに行くことになるんだって?」
    「そうみたいね。シベリアにあるブリヤート共和国に行くみたい。」
    「シベリア?! すげ~寒いんじゃない?」
    「どの家も暖房完備で、天然ガスもタダ同然だし…、大丈夫!って、飯山一郎という爺さんが言ってるみたいよ。」

    最近、「日本人のロシア移住説」が日本中を飛び交っている。
    「発信源は飯山一郎だ!」と言う人がいるが…、当たりだ!www

    きょうは 「なぜロシアなのか?なぜブリヤートなのか?」ということを改めて説明したい。

    先ず、ブリヤート移住というシナリオ」は、飯山一郎の独自のシナリオではない!ということ。

    さて…、
    ロシアが日本人向けに日本語で情報発信をするサイトである『ロシアの声』や『スプートニク』。このサイトにブリヤート情報が載り始めたのは、2年間ほど前だった。

    鷲が最初に「おや?」と思ったのは…、
    奇跡を求めてブリヤート共和国へ』という記事だった。この記事は「ブリヤートと日本の信仰の類似性」が感じられる様々な場所にロシア側が日本人記者案内する、という内容だ。

    この記事以来、ロシアは「ブリヤートと日本の関係」を強調する記事を日本語で発信し続けている。

    最近のものでは 『息子らよ これがタイガだ ブリヤート』に載せたロシア発の記事が重要だ。

    「あきらかにロシアは、何らかのメッセージを発している!』と思える記事だからだ。

    このように、ロシアが様々なサインやメッセージを日本人宛に日本語で送ってきている事実。これはプーチンのロシアが、バイカル湖近辺のブリヤートあたりに日本民族を巧妙に誘導するシナリオ(絵図)を描いている!ということだと、鷲は「深読み」している。

    ロシアの「誘導」(誘い)に乗るか? 乗らないか? はたまた強引に乗せられるか? 乗らざるを得ない事態が来るか? …様々なシナリオが考えられる。

    乗らざるを得ない事態が来る! と、鷲は予測している。

    理由は、フクイチの臨界デブリが放つ“人類を滅亡させるほど大量の殺人ガス”だ。

    フクイチの臨界デブリが放つ殺人ガスによって、日本列島の全域が居住には不適切、あるいは居住不可能となってしまっている事実。

    このことを日本人の大半は認識できないし、認めないだろうが…、ロシアは「ブリヤートにいらっしゃい!」とサインを出してくれている。

    そうしたなか、プーチン大統領は去る9月4日、世界史を変えんばかりに重要なメッセージを世界と日本に発信した!

    それは、『露大統領:現在ロシアにおける主な発展の中心は極東』という記事に載っている。 (記事)

    プーチンのロシアは、極東開発=シベリア開発を最重要視する!というのだ。

    そうして、日本人には「ブリヤートにいらっしゃい!」とサインを出している…。

    このサインには、「その代わり、フクイチの臨界デブリは、ロシアが国家の総力を上げて鎮圧してあげます!」というウラのサインも含まれている、と。
    飯山 一郎

    飯山一郎と新井信介の激論討論会のテーマは?

    飯山一郎

    2015/09/05(土)  

    飯山一郎と新井信介の激論討論会のテーマは?

    何を語ろうが念頭に置くのは…

    秘法

    9.13~9.15の飯山一郎と新井信介の激論討論会では、宇宙と地球と世界とアジアと日本の森羅万象が喧々囂々(けんけんごうごう)、甲論乙駁、口角泡を飛ばしながら語りまくられる。
    しかし…、
    新井信介・飯山一郎の2名は、常に『生き残りの秘法』←これを念頭に置いて語る。
    人生は冥土までの暇潰し』のブログ主の亀さんはこう書いた。
    物理学者といった専門家との徹底的な討議の末、導き出した確かなフクイチの現況、さらには乳酸菌といった具体的な放射能対策など、目に見える現象を中心に発言を続けている飯山一郎さんを陽とすれば、「人間の淘汰が始まり、新しい世界が出現する」といった目に見えぬ世界を中心に発言を続けている新井信介氏は陰であると云えよう。 (記事)
    さて、「陽」の飯山一郎と「陰」の新井信介は何を語るのか?

    ごくごく近い将来に日本列島に起こる悲劇的な大異変について、鷲は、先ず語ろう!と思う。

    その大異変のなかで、日本国と日本民族と日本人がどうなってしまうのか? このことも真剣に説明しようと思う。

    そして、日本列島がどうなってしまうのか? についても語る。

    さらに、日本国には出来なかった(ヤロうともしなかった)フクイチのデブリの処理を、ロシアやアメリカが如何なる方法・方式で実行するのか? これについても確実な推測を語ろうと思う。

    そうしてから…、この未曽有の絶対的な危機状況のなかで、一人一人の日本人が、一体どうやって生き延びていったらE~のか?
    これについても初公開の秘法の幾つかを公開しようと思う。

    まだある。

    日本国建国の秘密、とりわけ「日本」という国名の“謎”を、鷲は、妄想・空想ではなく、『日本書紀』を資料にして、白日の下に晒す。

    そうすることによって…、つまり歴史の真実を解き明かすことによって、日本国の現在と日本民族の未来が見えてくるからだ。

    日本」の過去と現在と未来の真相・実相を洞察し、見透かすことの出来る人間だけが、「新日本」を創出することが出来る! しかも長命を保証される。長寿命の秘訣は、希望と使命感と乳酸菌だからだ。

    飯山一郎と新井信介の激論討論会。このどこかの場面で、日本政府崩壊後の「新日本建国臨時政府」の構想と経過報告が行われる。その構想のあまりの意外性と実現可能性と壮大さに気絶し、卒倒し、失禁する(しょんべんを漏らす)シトが出ても、飯山一郎は責任を取らない!(爆)

    新井信介は、どうか? 鷲には分からないwww
    飯山 一郎

    芸を忘れたカナリヤばかりの世の中で、NHK『LIFE人生に捧げるコント』で見せたウッちゃんの反骨魂。

    くろねこの短語

    2015年9月 6日 (日)
    芸を忘れたカナリヤばかりの世の中で、NHK『LIFE人生に捧げるコント』で見せたウッちゃんの反骨魂。

     「芸人9条の会」が浅草の雷5656会館で旗揚げ公演。芸人さんが政治にダイレクトに関わるような活動をするのはとても勇気がいることだ。「粋じゃねえなあ」なんて斜に構えて格好つけるのは簡単だけど、もはやそんな悠長なこと言ってられる時代じゃないって、ベテランの芸人だからこその直感があるのに違いない。

    笑い交えて政権批判 「芸人9条の会」旗揚げ

     浅草の本法寺には「はなし塚」というのがあるんだが、ここには戦時体制下で国から禁止された落語の演目53種が納められている。芸能ってのは時として権力に対する痛烈な風刺だったりするわけで、一般大衆労働者諸君を煽られちゃかなわんということで統制が始まるわけです。その一環として禁演落語ってお達しが出たんだね。

    はなし塚

     これを昔話と思っていたら大間違い。TVで悪ふざけしている芸人崩れのタレントたち観てても、取り込まれちゃってるなってのがワンサカいますから。爆笑問題が日和っちゃってるのも理由がないことではないし、ビートたけしがうまいこと立ち回っているのもそれはそれで生き残りをかけた処世術なんだと妄想できるんだね。

     本当なら、ビートたけしこそ「芸人9条の会」の旗振り役しなくちゃいかんのだよね。上級芸人でございなんてふん反り返ってないで、いまこそ「毒ガス」撒き散らさなきゃ。そんなない物ねだりしていたら、なんとウッちゃん(内村光良)が、9月3日放送のNHKのコント番組『LIFE人生に捧げるコント』でやってくれた。

     この番組はたまたま観ていたんだけど、この日はなぜか生放送だったんだね。生放送ってところがミソで、録画だったらおそらくボツになったと思う。そこにウッちゃんやスタフッの深慮遠謀が働いていたとしたらこれまた凄いことなんだが、ま、それは妄想ということにして、なによりも凄まじいのは誰が観てもこれはいま進行しているこの国の権力者のやり様をチャカしてるんだね。チャカしているだけでなく、ギャグというオブラートも溶けちまうほどに強烈な風刺がそこに込められている。

     とはいえ、けっして肩に力が入ってない。それどころか、どこかすっとぼけていて、シュールですらある。政治ワイドショーでごたく並べる芸を忘れたカナリヤにウンザリしていたところに、この強烈なストレートパンチだもんね。樹木希林が登場するラストシーンはコントの枠を超えて、サルトルやベケットにも通じるドラマツルギーが垣間見えたりしたのは、果たしてこちらの勝手な思い込みだけだったのだろうか。

    2015年9月 5日 (土)

    ずっと東京にいたけれど、こんな雨と虹は見たことがない。

    こんなに作業員がなくなっていく職場はあるでしょうか

    もう飽きたよエンブレム騒動

    飯山一郎と新井信介の激論討論会 in 志布志

    飯山一郎

    2015/09/04(金)  

    飯山一郎と新井信介の激論討論会 in 志布志

    9.14 志布志・巌流島!

    新井信介  飯山一郎

    延べ22時間 語りっぱなし!
    機密暴露! 他言無用!
    畏友・新井信介氏が志布志に殴り込んで来る!
    この挑戦は受けざるをえない。
    ギャラリーはドキがムネムネだろうが…、鷲は火にケツがついたような恐怖感。
    志布志・巌流島の決闘まで、あと9日。本音を明かせば、楽しみだ。

    新井信介と鷲の『激論討論会 in 志布志』の決闘の場所は…、志布志市の中心街にある『南民旅館・ほうちぎ』。

    決闘の日時と決闘の時間は、
    9月13日(日)は、夜7時から4時間。
    9月14日(月)は、午前11時から深夜2時まで。15時間。
    9月15日は、午前11時から午後2時まで。3時間。

    参加は、宿泊者優先で先着35名様。
    参加費は1泊5千円(宿泊費だけ)。2泊の方は1万円。

    飛び入りの方は、1日1千円の参加費を南民旅館に支払って猪。

    なお、特別イベントとして…、
    10万度という超高熱を発するフォトンエナジー・レンズの
    ミニチュア展示と説明会を14日の夜に行います。
    飯山 一郎

    昨日の読売TV『ミヤネ屋』はまるで「戦争法案通販番組」みたいで、明らかに放送法違反だ!

    くろねこの短語

    2015年9月 5日 (土)
    昨日の読売TV『ミヤネ屋』はまるで「戦争法案通販番組」みたいで、明らかに放送法違反だ!

    一晩たってもなんとも胸くそが悪い。朝っぱらからの悪態で申し訳ありません。でも、やっぱりムラムラと怒りがマグノの如く湧き上がってくるんだから 仕方ない。レレレのシンゾーが出演した昨日の読売テレビ『ミヤネ屋』のことだ。まあ、なんと申しましょうか。一言で言えば、戦争法案のための通販番組って 趣で、あれほどヨイショされたらそりゃあ気分はお殿様です。

     

     それにしても、レレレのシンゾーってのはあれだけお仲間が揃ったなかでも、まともなコミュニケーションがとれないんだね。ヨイショ質問にもその真 意が理解できてないから、自分の言いたいことだけをダラダラとしゃべりまくる。アメリカのミサイルと日本のミサイルで敵のミサイルを撃ち落せるなんて漫画 みたいなことくっちゃべってた時には、こいつ頭がどうかしているって、本気で思ったもんね。

     

    安倍出演の『ミヤネ屋』は放送法違反だ! 宮根はタイコ持ち発言、日テレ青山は「廃案になっては困る」とポロリ

     

     しかしなんですね、国会では安保法制=戦争法案の審議の真っ最中だってのに、国会さぼってTV出演とは。「不謹慎」って言葉は、こういう時のためにあるんでしょうね。仏文研究者で慶大教授の堀茂樹氏がツイッターでこんな具合に嘆いてました。

     

    「こんな重大な問題を、コマーシャルの合間、合間に、国の政治の最高責任者がお喋りするなんて、こんな国、こんな首相、他には絶対にあり得ないよ! 国家の体を成していない。主権者たる国民をバカにしている。コマーシャルが余興なのではなく、首相の喋りがコマーシャルの余興になっているという状況。」

     

     でもって、こんな提灯番組を「安倍首相×宮根誠司 “特別”国会開幕」なんてタイトルで恥ずかしげもなく放送するTV局はどうなんてだってことなんだが、これってどう考えても放送法違反だね。

     

    第1条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。

     

    一 放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。

     

    二 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

     

    三 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

     

     この番組を観た方には、もうウンザリ、って言われちゃいそうですが、観ていない方のために動画一挙公開です。視聴の際には身の回りから危険物を排 除してください。怒りにまかせて自傷・他傷もしくはTV受像機破壊の恐れがあります。なお、視聴後に放送法違反の疑惑ありと判断した場合は、放送倫理・番 組機構(BPO)までご一報を。お問い合わせ先はこちら↓です。

     

    放送倫理・番組機構(BPO)

     

     というわけで、「戦争法案通販番組」の始まり始まり。

    被曝木材。

    2015年9月 4日 (金)

    こんな虹、初めて見た。 まるでオーロラ 

    2015年9月 3日 (木)

    50万円以上もする赤外線カメラをいただく!

    飯山一郎

    2015/09/03(木)  

    50万円以上もする赤外線カメラをいただく!

    なぜ? いま 金太なのか!

    話せば、すげ~長い話になる。とて~も話しきれない。
    だっから、話さない。(爆)
    それでは話にならんから少し話をさせて頂く。

    例の爺ちゃんのような婆ちゃんが、南民旅館『ほうちぎ』に居着いてしまった。
    その第一の理由は、深呼吸ができること!だって。

    2番目の理由が「ホ」がないこと。3番目の理由が、清浄な森があること。4番目は魚が食えること。5番目が『ほうちぎ』に来る客のキャラが多彩で楽しいこと。

    6番目は焼酎(華奴 白馬ラベル )と茶(あらびき茶)を産地で飲む美味さ! 7番目が『ほうちぎ』のガイガー夫妻の接客の心優しさ!

    あれ!「誰かひとり忘れてやいませんか?」と、森の石松の心境になったとき…、やっと、「飯山一郎センセに毎日会えること!」と、8番目が鷲。

    ところが、この後が豪華だった。

    「センセ、これお土産です!」と、爺ちゃんのような婆ちゃんが恭しく(うやうやしく) 差し出してくれた土産、これは豪華だった。

    NEC製の「赤外線カメラ」で、値段が50万円以上もするシロモノ。
    高価杉!だが、頑固な婆ちゃんの好意は断れない。これは“お返し”も大変だ象!

    鷲は、第1回目の“お返し”にと、仲間(8人)を誘って婆ちゃんを高級スナック『ドルフィン』に連れていった。

    2番目の“お返し”は…、バカでも歌える『銀座の恋の物語』を婆ちゃんと一緒にデュエットすること。

    だが、「センセの歌を聴きたい!」というのが婆ちゃんのタッテの願い。これはお安い御用だ。

    鷲は婆ちゃんのために…、歌は世に連れ、世は歌に連れ、誰でも知っている昔の歌、誰も知らない今の歌の中から、『上海帰りのリル』をアイ・ジョージの物真似で熱唱した。

    次に鷲は…、♪愛は愛とて 何になる男 一郎 まこととて~、と『赤色エレジー』を、時代を呪うように切々と歌い上げた。

    これで、久しくスナックなどに行かなかった婆ちゃんも、皆と一緒にテレサ・テンの歌などを楽しそうに歌っていた。

    宴会を盛り上げるのが得意な鷲のリードで、宴席はイヤが上にも盛り上がり…、隣席で飲んでいた農協関係のエライさんたちも「一緒に歌おう!」と宴席を一つにしての歌合戦になった。

    宴もたけなわ!充分に盛り上げた場面で、鷲が爺ちゃんのような婆ちゃんに捧げた歌は、選曲には時間がかかったが、『金太の大冒険』。

    これを鷲は、上品に、気高く歌い上げるつもりだったが、そうでもなかったようだ。(爆)

    でもこれで、(飲み代も入れて)10万円分ぐらいの“お返し”ができたと思うなwww
    飯山 一郎

    日本民族のルーツは、扶余。今のハルピン

    飯山一郎

    2015/09/03(木)  

    日本民族のルーツは、扶余。今のハルピン

    東京の夜は暗いが ハルピンは明るい

    ハルピン


    ハルピン1


    ハルピン2

    黒竜江省・ハルピン市(哈爾浜、簡体字: 哈尔滨)の夜景ほか。
    鷲は…、東京よりもハルピンのほうが遥かに美しい街だと思う。

    本日、例の赤丸青年が離日(雄飛)して、上海からハルピン(哈爾浜)に飛びます。

    ハルピンは、古代、扶余国(プヨ国)の故地。
    『旧唐書』百済伝には「百済国、本亦扶余之別種」とあります。
    扶余→百済→日本。
    日本民族のルーツは、扶余(ハルピン)なのです。

    大昔、扶余族が黒竜江流域にいた頃、鹿は聖獣でした。 (参考記事)

    「扶余」とはツングース語の鹿(ブヨ)の漢字表記。「扶余」とは鹿(ブヨ)のこと。
    扶余の子孫が百済。百済の子孫が日本。日本建国の地は、鹿!児島県の鹿!屋市あたり…。
    この大きな歴史の流れと舞台の変遷を、日本の歴史学者は悲しいほど認識していない…。

    日本民族のルーツは、扶余(ハルピン)。

    現在のハルピンの都市圏人口は、1200万人以上。
    ハルピンは、ブリヤートのウラン・ウデよりも寒い!
    厳寒期は、毎晩のように、マイナス40度になる。
    それでも、ハルピン近辺の1200万人の人々は、「寒い!」なんてことは言わない。

    寒いから行かない!の、暖かい南国に住みたい!のと…、
    ほんと、アマちゃんばかりだな。この国は。

    そういうアマちゃんたちが、間もなく…、大量に消えてゆく。
    日本の冬の寒さに負け、感染症になって。
    飯山 一郎

    洗面所の排水口がピンク色になってる

    フクイチの殺人ガスは無視して…

    飯山一郎

    2015/09/02(水)  

    フクイチの殺人ガスは無視して…

    超巨大投資をする感覚

    ホ虫
    Googleが再開発を計画中の本社キャンパスのイメージ(出所:同社SNS)

    グーグル、巨大温室のような新キャンパス建設計画
    新キャンパスは、半透明の天蓋に覆われたドームのような造り。
    巨大な温室を思わせる屋内は、気候を制御することが可能。
    屋内外に緑を配し、自転車でキャンパス内を移動するための専用道を敷く。

    米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Google以外にも、米Apple(アップル)が宇宙船のような新しいキャンパスの建設を進めている。

    米Facebook(フェイスブック)も著名な建築家Frank Gehry氏の設計による新キャンパス建設を計画している。 (記事)


    モ~モ~の濃霧の中に…』にも書いたが…、
    『グーグル社』 『アップル社』 『フェイスブック社』。
    これら米国を代表する超巨大企業が、フクイチの臨界デブリを意識の片隅にも置かずに、深刻な放射能汚染地域において巨大投資を行っている。
    逆に言えば…、
    フクイチの殺人ガスがカリフォルニアを猛烈に汚染している危機状況をキチンと認識すれば…、巨大投資は行えない、と。

    チェルノブイリ核事故を経験したロシアのプーチンを除いて、世界の指導層の大半は、フクイチの原発事故を甘く見すぎている!

    その結果は…、日本に続き、米国も国家社会が崩壊!と。

    世界中が、下の我利我利亡者の認識力と五十歩百歩、「似たり寄ったり」なのだろう。

    ホ虫2
    飯山 一郎

    2015年9月 2日 (水)

    あとは時間だけだ。 もうすぐ地獄がはじまる。

    爺ちゃんのような婆ちゃんの旦那

    飯山一郎

    2015/09/01(火)2  

    爺ちゃんのような婆ちゃんの旦那

    漏れた話があったので、追記です
    爺ちゃんのような婆ちゃんは…、大昔、娘だった(過去完了形)頃から男みたいな女性だったそうで…。

    結婚式の日…、初夜の床(当時はベッドなんてモノは、なかった)で、胸を愛撫しようとした新郎が、

    「アレ?」

    と怪訝(けげん)な声を出し…、
    そのあと、しみじみとこ~言ったそうだ。

    「オレは、男を嫁にしちゃったよ~だなぁ~」 と。

    このとき…、
    その青年のような花嫁は、柔道初段。筋骨隆々だった!と。
    飯山 一郎

    南民旅館『ほうちぎ』に…

    飯山一郎

    2015/09/01(火)  

    南民旅館『ほうちぎ』に…

    爺ちゃんのような婆ちゃんが…

    爺婆ちゃん

    今年も鷲のGF(75)が東京から志布志に来てくれた。

    ガールフレンド(GF)つっても、いっけん爺ちゃんのような婆ちゃんで…、相変わらず今年も爺ちゃんのような婆ちゃんだ。

    上の写真は、GFらしく鷲にしなだれかかり気味だが…、この婆ちゃんは講道館柔道の2段の腕前。腕などは鷲よりも筋肉がある。
    筋力も強い。おそろしい!

    鷲のGF(75)は小柄だが、刈り上げの短髪で、威勢がよくて、ほんと、たくましそうな外観で、喧嘩も強そうで、どこから見ても、ど~見ても、爺ちゃん!という雰囲気の婆ちゃんだ。

    この爺婆ちゃんがキレの良い東京弁で話す話は傑作で…、ほとんど独演会。さすがの鷲もタジタジ

    「この前もネ 温泉の脱衣場に入ると、キャーッ! ここは女湯です!」

    「先週、東京駅の女子トイレに入ったら、いきなりキャーッ!

    「アタシは、ほんと、見た目が爺ちゃんなので仕方ないけどサァ。温泉浴場の警備員に『はい、あんたはアッチの男湯!』って、しょっちゅう言われるし…」

    まーまー爺婆ちゃんの話芸は、まさしくエンタテイナーだ。

    そんなワケで、今宵も『南民旅館・ほうちぎ』は盛り上がるだろう。
    飯山 一郎

    2015年9月 1日 (火)

    だなんて・・・ んなこと続けてたら本当に死んじゃうよ。 止めなさい。

    モ~モ~の濃霧の中に…

    飯山一郎

    2015/08/31(月)  

    モ~モ~の濃霧の中に…

    そびえ立つのかな?www

    三菱地所は、東京駅日本橋口近くに高さ390メートルの超高層タワーを建設すると発表しました。敷地面積約3万1000平方メートルの大規模開発プロジェクトの一環。

    完成すると高さ300メートルの「あべのハルカス」を上回り、日本で最も高いビルになります。総事業費は1兆円を超える見通しで、2027年度に完成する予定。

    ビルは地上61階、地下5階でオフィスや商業施設のほか、展望施設やホテルを設けることも検討。三菱地所はこのエリアに17~27年度にかけて四つの建物を建設する計画です。 (記事)

    フクイチは、きょうも膨大な量の水蒸気を噴き上げている。
    これは、フクイチのライブカメラ・ストレージの動画を見れば一目瞭然だ。

    あれほど膨大な量の湯気・水蒸気を噴き上げ続ける!これは、地下に臨界によって超高熱を発する熱源があるからだ。

    その熱源は、メルトダウンした200トン以上核燃料(臨界デブリ)だ。この臨界デブリに海水が流れ込んでは激しく沸騰し、水蒸気となって地上に噴き上げている!これは、まさに殺人性の水蒸気だ。

    その殺人性の水蒸気が日本列島をスッポリ覆うので、日本中が高湿度でモヤモヤ・モーモー。

    そして、いま、フクイチ産の殺人性水蒸気を日本中の人間が吸いまくっている…。

    「吸って応援!フクシマ」 こんなブラック冗談を言うヤツは危地害だ。亡国どころか、民族絶滅の危機なのに。

    ところが!である。

    この人類史上最凶の民族絶滅の危機を、全く感知しない人間・企業・官僚・政治家が、世界には多すぎるのだ。

    アメリカでは『グーグル社』や『アップル社』。日本では『三菱地所』。どれも国家を代表する超巨大トップ企業である。

    これら世界のトップ企業が、フクイチの臨界デブリを意識の片隅にも置かずに、深刻な放射能汚染地域において巨大投資を行っている…。

    「こりゃぁ、牛~、逝っちゃってる罠!」 とだけ、(時間がないので)書いて遅筆。ご機嫌よう! 
    飯山 一郎

    « 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

    2017年6月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    フォト

    amazon&shop

    • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
    • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
    • 横田めぐみさんと金正恩
    • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

    カテゴリー

    無料ブログはココログ