« 台風11号 17日の朝には中心部が日本海側に | トップページ | 笑顔で励ます…。その胸中に »

2015年7月17日 (金)

賓客を饗す(もてなす)法

飯山一郎

2015/07/16(木)  

賓客を饗す(もてなす)

「元気」だけが鷲の取り柄

賓客1

『南民旅館・放知技』のパーティは大盛会だった。
身長2mのサリバン君を見上げる陳 明仁氏。

賓客2

ライブ歌手・ヤヨブーが『あらびき茶ソング』や『華奴・白馬の歌』を
迫力ある歌声で歌い、会場をわかせ、盛り上げた。

賓客3

本日(16日)は、悪臭ゼロ! 甘い匂いのする養鶏場を見学。

賓客4

鶏たちと一緒にいると…、気分が爽快になってくる不思議さ。

賓客5

                 記念撮影。
鷲の客である二名の中国人もビックリ仰天の見学会だった。

織田信長が徳川家康の領地・駿府を訪問することになった。

家康は倹約家(ドケチ)だったが、こと国賓を接待するとなると惜しみなく巨費を投じ、国の総力をあげた。

家康は、信長が通る道路を美麗に整地し直し、橋を架け替え、信長の宿舎を全て新築し、接待要員の衣服も全て新調した。

客を饗す(もてなす)とはこういうことなのだ。

鷲も今、中国からの賓客の接待に全力をあげている。

甘い匂いのする「不思議な養鶏場」に賓客をお連れしたのも、その一幕。鷲独特の接客法だ。

さて、四位豊明氏(鹿屋市在住)が、乳酸発酵させた竹の粉を飼料にして、数百羽のニワトリを無病・無臭で育てている養鶏場。大感激するのは、タマゴの味だ。

市販の(毒に近い)タマゴのタマゴかけ御飯はマズくて食べられないが…、四位養鶏場のタマゴは、美味いの何の!
「タマゴって こんなに美味しかったの?」
と、叫びたくなるほど美味いのだ。

このタマゴは市販されてはいないが、じつは、ネット通販サイト『ドリアン大将』で買える。

が…、こう書いただけで、一瞬で売り切れになるので、買いたい方は4~5日は待ってから注文して下さい。

飯山 一郎

« 台風11号 17日の朝には中心部が日本海側に | トップページ | 笑顔で励ます…。その胸中に »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61899689

この記事へのトラックバック一覧です: 賓客を饗す(もてなす)法:

« 台風11号 17日の朝には中心部が日本海側に | トップページ | 笑顔で励ます…。その胸中に »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ