« 電車の運転士が【熱中症】で倒れた 半世紀聞いたことがない | トップページ | 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 »

2015年6月 8日 (月)

 福岡では語ったが、東京では吠える!

飯山一郎

2015/06/07(日)  

福岡では語ったが、東京では吠える!

ハトよ シベリアに翔べ!

6.27

鷲は6月下旬、何人かの要人と会うために上京する。
講演もする。講演会の委細は上のポスターを御覧あれ。

鷲は当日、福島の大量殺人的な危機状況を全て話し、日本民族の最後の生き残り策を提言し、聴衆だけでなく主催者や他の講師にも懸命の(命を懸けた)行動を、血涙が滲む言葉で促す覚悟だ。

鷲の講演のクライマックスは、血を吐くような弁説になるか…と。

100トンもの核燃料が溶融して原子炉の地下に沈み、再臨界して超高熱を発し、地下水脈に触れて大量の水蒸気を噴出させている! これが現在の疑い得ない現実だ。

この現実・現状・現況について、いま、まともに発信しているのは、ツイッターではcmk2wl氏、ネットでは飯山一郎ら2~3名しかしない。

フクイチで原発事故が発生した4年前、吉田昌郎所長は、
「われわれのイメージは東日本壊滅!」 と述べた。(記事)

村上達也・前東海村村長は最近、
「福島は居住不可能と宣言すべき! 状態が悪化している。我々は人々を離れた所へ移動させる必要がある。我々は待てない!」 (記事)
と述べたが、実際は、「東日本壊滅! 日本脱出!」とイメージすべきだろう。

そうなのだ。
フクイチの状況は、日本民族を救うどころか、人類を救うために、日本列島を明け渡し、フクイチ・デブリの収束を国際社会に委ねるべきところまで悪化している。

フクイチでの地下核分裂と水蒸気爆発! この危機状況は、もはや日本政府の能力では効果的な対策は不可能だ。手も足も出ない!

中・露・米が協力すれば、何とかなる! …可能性は高い。

日本民族は、せめて東日本を中・露に一旦は明け渡し、中・露・米がフクイチを収束する間…、東日本に人間がいては邪魔なのでシベリアはバイカル湖の畔(ほとり)に移住すべきだ。

たぶん、移住することになるだろう。いや、移住させられる。

この一連の作業工程は、プーチンが指揮をとることになる。

日本民族を救うための主な交渉相手も、プーチンだ。

プーチンとの交渉は、安倍晋三ではダメだ。プーチンは安倍晋三を軽蔑しているし、相手にしない。

プーチンと交渉する日本側の代表は、ロシアに太いパイプを持ち、人質として息子をロシアに出している鳩山由紀夫しかいない。

なんと、あの宇宙人の鳩山由紀夫が、日本民族の救世主になる! …鴨なのだ。

鳩山由紀夫がイルクーツクに翔び、彼の地で臨時政府を樹立し、大鉈(おおなた)か、大鎌(おおかま)を振るってプーチンと交渉する!

たわわに実りたる(日本という)稲の根本に鎌をあてがい…、グサッと刈り取れ!>鳩山由紀夫

あの御方も、それを望んでおられる…
飯山 一郎

« 電車の運転士が【熱中症】で倒れた 半世紀聞いたことがない | トップページ | 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61711078

この記事へのトラックバック一覧です:  福岡では語ったが、東京では吠える!:

« 電車の運転士が【熱中症】で倒れた 半世紀聞いたことがない | トップページ | 自民党の街宣車に怒号が飛ぶというめでたい状況に拍手喝采!&自民党が参考人に予定していた憲法学者からも立憲主義を脅かすような改憲の動きに批判の声。こちらも、めでたし。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ