« 新築戸建てで1千万円台が続出 大手メーカーの暴利が露呈か | トップページ | 台北にてタクシー乗ったら »

2015年6月 3日 (水)

中国も内憂外患

飯山一郎

2015/06/02(火)  

中国も内憂外患

政治の本質は闘争だ!

習近平vs江沢民

中国も習近平と江沢民の激烈な政治闘争が続いている。(記事)

しかし習近平の喧嘩法は、「本気の腐敗追及」で、この浄化作用によって中国は革命的な変化を遂げてゆくだろう。

腐敗追放の浄化作戦はロシアのプーチンも徹底的にヤったが、中国の習近平も、政治の浄化には成功するだろう。

「内憂外患」とは、内憂=憂慮すべき国内の問題を隠すために、外患(外敵)を仕立てて国際緊張を煽り、国民に外敵に対する憎悪心をもたせ、内憂に目を向けさせない悪質な政治手法のことだ。

いまの日本の内憂は、先ずは放射能まみれ、中性子線まみれの原発問題だ。この実態・真相を国民が知ったら…、政権はツブレてしまう!

政権がツブれるどころか、国民・民衆から攻撃されて殺されてしまう!そういう恐怖心で国家権力の中枢にいる支配者たちは常に危機感をもっている。

だから、つねに外敵を仕立て、あるいは隣国を憎ませるように国民を洗脳する。

いま、日本は、放射能まみれから中性子線まみれになり、ステージが悪化して、末期ガンの様相を呈している。この真相を、国民に広く知らせることは、絶対に出来ない! と、日本の支配者たちは思っている。

こうなったら…、憎っくき中国を敵に仕立て、一発や二発は叩いて…、ココに国民の目を向けさせる以外にない!

そう思って…、日本の支配層は、自衛隊の掃海部隊を遥か海の彼方の南沙・西沙諸島に送ったのだ。

いっぽう…、中国にも内憂がある。それは習近平と江沢民の激烈な闘争だ。

習近平は、強烈な腐敗追放を行っているが、このため悪質だが強か(したたか)な腐敗政治家と腐敗官僚を敵に回してしまった。そのため権力基盤がかなり弱くなっている。

ここで、もし、憎っくき日本が、中国を軍事挑発して憎っくき敵に回ってくれたら、国内は一挙にまとまる。

「権力闘争より、先ずは日本鬼子を叩け!」 となる。

まさに今、日本は中国の内憂外患を手助けするように、
南シナ海で中国に公然と挑戦』する行動に出ている。

「飛んで火にいる夏の虫」 である。
飯山 一郎

« 新築戸建てで1千万円台が続出 大手メーカーの暴利が露呈か | トップページ | 台北にてタクシー乗ったら »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61687874

この記事へのトラックバック一覧です: 中国も内憂外患:

« 新築戸建てで1千万円台が続出 大手メーカーの暴利が露呈か | トップページ | 台北にてタクシー乗ったら »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ