« 『チェルノブイリの祈り』にはまるで首都圏で頻発する急病人のような記述がある。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »

2015年4月27日 (月)

「思い知る日」が迫っている…

飯山一郎

2015/04/26(日)  

「思い知る日」が迫っている…

「日本=大凶国」が決まった日

湯川・正力

原子力委員会の初会合。初代委員長の正力松太郎(中央)の左はノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士。

「何を信じたら良いのか? 分からない!」 と言う人がいる。
自分の頭では何も考えられない人である。

不正選挙を撲滅すれば日本は良くなる!と信じ込んで、会費を払ってまで懸命に運動しているヒトがいる。これも、自分の頭では何も考えられない人である。疑うことを知らないカルト信者なみの阿呆である。

日本は大企業中心の経済が辛うじて回っているだけで、民主主義とか民主政治なんてものは小沢一郎の失脚のときにトドメを刺されて死んでいる。

こうなったら…、
国家の政治などには一切の期待をもたず…、自分の頭で考えながら自力(じりき)で生きていくほかはないのだ。

鷲は、誰も彼も、何もかもを一切信じず、何事も徹底的に疑って、自分の頭で考えぬいて…、自分なりの結論を出す。

その大きな結論の一つが…、1~2年以内に顕現する日本人の大量死と、日本政府の統治能力の崩壊と、日本が国際管理下に置かれるという近未来図である。

もう一つだけ予言しておくが…、
安倍晋三は5月の訪米で、米国戦争屋のトップに(米軍は最後まで自衛隊を支える!という)「確約」をもらい、この「教唆」によって、フセインのように、あるいはパールハーバーのような愚かな先制攻撃をする。

が、一発で叩かれ、日本最新の航空母艦(巨大なヘリ空母)が撃沈してしまう! これが日本・国際管理の切っ掛けとなるだろう、と。

思いかえせば…、
佐藤栄作がノーベル平和賞を受賞したとき、鷲は30才直前だった。このときから鷲は、一切の権威や綺麗事を信じなくなった。

湯川秀樹のノーベル賞受賞も、ヘンだ! 何かがある!と疑い始めた。そして、こんな暴露話も書いた。

湯川秀樹と正力松太郎から始まった日本の原発(核の平和利用!)も、1~2年以内に決着がつく。

その一つが、日本人の大量死だ。

しかし…、
考える能力を失い…、「ヤバイ!」 と、身の危険を感じる直感と本能までをも失った多くの日本人は、最後まで自分の死の真相を知ることはないだろう。

人間は、最後の最後には「思い知る」のだが…、ソレもないだろう。
飯山 一郎

« 『チェルノブイリの祈り』にはまるで首都圏で頻発する急病人のような記述がある。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61502547

この記事へのトラックバック一覧です: 「思い知る日」が迫っている…:

« 『チェルノブイリの祈り』にはまるで首都圏で頻発する急病人のような記述がある。 | トップページ | 違憲総理が勝手に日米ガイドライン合意して、日本をアメリカの戦争に巻き込もうとしている。これって、国家反逆罪に相当しますね。一刻も早く、その頭の中を病院で診てもらった方がいいんじゃないか。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ