« 選挙権年齢引き下げによる政治教育について、高校の授業で「立憲主義に言及することは政権批判であり、偏向教育だ」って喚く産経新聞の反知性主義。 | トップページ | 人口減少でもGDPを維持できれば 人々は豊かになる筈だが… »

2015年3月 8日 (日)

元々「狂気」で成り立つのが宗教なんだが…

飯山一郎

2015/03/08(日)  

元々「狂気」で成り立つのが宗教なんだが…

教祖が狂いまくった離婚騒動
宗教が成立する基盤は、「三大狂気」(時代と社会の狂気、教祖の狂気、信者の狂気)である。

宗教が衰退する条件は、狂気が消えて、諦観(あきらめ)が蔓延するときである。

311。この人類史上最悪の激甚災害のなかで、日本民族は、怒りや狂気を噴出させることなく、一瞬で「あきらめの境地」に達してしまった。この熱気のなさ!これでは「世直し宗教」は生まれない。
幸福
幸福だった頃の二人。大川隆法総裁ときょう子氏。2012年11月に離婚。
ところが、『幸福の科学』だけは、311以降、狂ったように元気になった。原因は、大川隆法教祖夫妻のド派手な離婚騒動である。

大川教祖は夫人を憎むあまり、教団を挙げて『悪妻封印祈願』 という大キャンペーンを展開した。その祈願文には、「悪妻よ 汝 この世に生まれてくる必要なし」 とか、「汝は生きる悪霊なり」 といった呪詛(のろい)の文言が連発されていて、同じ狂人でもアベッチの「ニッキョーソ!」という猿語より気持ち悪い。(記事)

米国の大学には、ゾンビの研究をしている狂人がいて、見た目も気持ち悪い。今の日本はゾンビだらけだが…。
飯山 一郎

« 選挙権年齢引き下げによる政治教育について、高校の授業で「立憲主義に言及することは政権批判であり、偏向教育だ」って喚く産経新聞の反知性主義。 | トップページ | 人口減少でもGDPを維持できれば 人々は豊かになる筈だが… »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61248940

この記事へのトラックバック一覧です: 元々「狂気」で成り立つのが宗教なんだが…:

« 選挙権年齢引き下げによる政治教育について、高校の授業で「立憲主義に言及することは政権批判であり、偏向教育だ」って喚く産経新聞の反知性主義。 | トップページ | 人口減少でもGDPを維持できれば 人々は豊かになる筈だが… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ