« できもしない「復興」や「汚染水処理」をペテン師の如くペラペラしゃべる前に、まずは「2万戸の復興住宅」とか「アンダーコントール」とか、これまでの自らの「大嘘」を謝罪することが先だろう。 | トップページ | 官邸は火の車 ごまかし言い逃れ恫喝政治の限界点到達か ? »

2015年3月11日 (水)

亡国の日。きょうは何も書きたくないが…

飯山一郎

2015/03/11(水)  

亡国の日。きょうは何も書きたくないが…

めでたく、スノーデン!

Snowden

NSA(アメリカ国家安全保障局)の内部告発者・エドワード・スノーデンを描いた、ローラ・ポイトラスの映画が、アカデミー賞、ドキュメンタリー映画賞というハリウッド最高の賞を獲得した。
めでたい。快挙である。おめでとう! (記事1) (記事2)

スノーデンを描いた映画がハリウッド最高の賞を獲得した!というニュースは、先月23日の話である。この日以来、鷲は、この映画の“意味”を、考え続けてきた。

2013年6月。米国の「CIA」と英国の「MI6」。この世界一の諜報・謀略機関は、香港に滞在中のスノーデンを逮捕しようと必死だった。

しかし、香港滞在1ヶ月後、スノーデンは米国と英国の厳重極まる捜査網をかいくぐって香港脱出に成功! 空路モスクワに向かった…。

米国のCIA、NSA、FBI。この世界一の捜査機関は…、国家反逆罪の容疑者・スノーデン元CIA職員を取り逃がしてしまったのである。

この香港脱出が如何に難しかったか! スノーデンの奇跡的な香港脱出について、鷲は、
  ・ 『スノーデン事件:巨大勢力が後ろ盾?
  ・ 『プーチンの闘いは5月に開始されていた!
  ・ 『全てがプーチンの采配によって進行!
などなど、多くのコメントや解説を書いた。
手に汗にぎるスリリングな内容なので、ぜひ御笑読のほど。

なんとも不思議でならないのは…、ローラ・ポイトラス監督の映画撮影が、スノーデンの香港滞在中に行われた!ということ。

米国のCIA、NSA、FBIが総力を挙げ、懸命に捜査しても見つけられなかったスノーデンの居場所。

その絶対極秘の秘所に、ローラ・ポイトラス監督はイトも簡単に入り込めた。

そーして10日以上もの間、ローラ・ポイトラス監督は、映画の撮影に専念した。

これは、中国の諜報機関と、香港政府と、ロシア連邦保安庁(FSB、前身はKGB)の諜報工作員たちの全面的な協力がなければ、到底できないコトだ。

つまり、ハリウッド最高の賞を獲得した映画は…、ロシアと、中国と、香港政府と、ローラ・ポイトラス監督(ドイツ国籍)の合作!
と言えるのである。

めでたい。快挙である。おめでとう! 
飯山 一郎
  CF. この映画を紹介するユーチューブの動画

« できもしない「復興」や「汚染水処理」をペテン師の如くペラペラしゃべる前に、まずは「2万戸の復興住宅」とか「アンダーコントール」とか、これまでの自らの「大嘘」を謝罪することが先だろう。 | トップページ | 官邸は火の車 ごまかし言い逃れ恫喝政治の限界点到達か ? »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61264794

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国の日。きょうは何も書きたくないが…:

« できもしない「復興」や「汚染水処理」をペテン師の如くペラペラしゃべる前に、まずは「2万戸の復興住宅」とか「アンダーコントール」とか、これまでの自らの「大嘘」を謝罪することが先だろう。 | トップページ | 官邸は火の車 ごまかし言い逃れ恫喝政治の限界点到達か ? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ