« ブログを突然削除された『宇宙への旅立ち』さんが、アメリカで新しいブログを立ち上げた!というメールが届きました!言論弾圧などには絶対にめげない、たくましく、しなやかな大和撫子です!(飯山一郎) | トップページ | やっぱり徴兵制も始まりましたよ! »

2015年2月 7日 (土)

「ジャパン・ハンドラーの隠れ代理人のベンジャミン・フルフォードが、しっかりコシミズをコントロールしている」。つまり、「RKはBFの管理下にある」という『宇宙への旅立ち』の言い分は、正しい!(飯山一郎)

文殊菩薩

「ジャパン・ハンドラーの隠れ代理人のベンジャミン・フルフォードが、しっかりコシミズをコントロールしている」。つまり、「RKはBFの管理下にある」という『宇宙への旅立ち』の言い分は、正しい!(飯山一郎)

『宇宙への旅立ち』のレプ女史は、「内閣が一番危険と指定している暴露ブログ」の個人部門トップに”入選”された方だけあって、さすがに鋭い。事件の核心を鋭く突いている。

私は、正直、『宇宙~』のレプ女史の明晰な頭脳、洞察力、分析力には感心しどおしだ。

というのは…、レプ女史は、政治事件の核心・本質をズバリ見抜ける人物だからだ。
それは以下の文章を読めば分かる。

後藤も湯川も、犯罪組織日本政府のエージェントだったという事!
これこそが邦人2名の「殺害」事件の核心なのだ。

田母神の進言で安倍の官邸が湯川と後藤を雇ってシリアに送った!ということだ。

この証拠は、たとえば湯川のブログにも、写真付きで、ウソのない日時場所を記した形で残っている。

ところが…、RKは今回の「邦人2名の『殺害』事件」から避けていて、“核心”を言わない。これはなぜか?
その答は、レプ女史が↓明言している。

「なぜかリチャード・コシミズのブログは、内閣が指定する危険ブログには指定されていなかったという。ジャパン・ハンドラーのエージェントのベンジャミン・フルフォードが、しっかりコシミズをコントロールしているからだ。」 (その記事)

で、そのBFの代理人ぶりだが…、それは下の超短編動画(飯山編集)を観れば分かる。
(飯山一郎)

« ブログを突然削除された『宇宙への旅立ち』さんが、アメリカで新しいブログを立ち上げた!というメールが届きました!言論弾圧などには絶対にめげない、たくましく、しなやかな大和撫子です!(飯山一郎) | トップページ | やっぱり徴兵制も始まりましたよ! »

文殊菩薩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログを突然削除された『宇宙への旅立ち』さんが、アメリカで新しいブログを立ち上げた!というメールが届きました!言論弾圧などには絶対にめげない、たくましく、しなやかな大和撫子です!(飯山一郎) | トップページ | やっぱり徴兵制も始まりましたよ! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ