« 防衛医大は ビタミンC | トップページ | 内閣が一番危険と指定していたブログ »

2015年2月 6日 (金)

「トルコ政府は、邦人2名の救出・解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした」 と共同通信が報道。そらそーだ。安倍官邸の狙いは、“死人に口なし”だもの、救出なんてのは最初から無理だった…。

文殊菩薩

「トルコ政府は、邦人2名の救出・解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした」 と共同通信が報道。そらそーだ。安倍官邸の狙いは、“死人に口なし”だもの、救出なんてのは最初から無理だった…。

トルコ政府は日本人救出に全力。

日本政府は見殺し。 

 

標題のような「邦人見殺し!」という驚くべき事実が明らかになった。ということが下の報道を一読したたけで分かる。
安倍官邸が必死で願っていたのは、“死人に口なし”。 (飯山一郎)


47

トルコ、後藤さんの拘束場所把握
日本に情報伝達 外相と単独会見


47NEWS 2015/02/06 02:00 【共同通信】    

【アンカラ共同】 トルコのチャブシオール外相は4日、首都アンカラで共同通信と単独会見し、過激派「イスラム国」による邦人人質事件でトルコ政府が「信頼できる仲介者」を通じ、解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした。 

トルコの情報機関が後藤健二さん(47)らが拘束されていた場所も把握し、全て日本政府に情報提供していたとも語った。

具体的な場所は外相自身も知らされていなかったという。

turkfrm.jpg
単独会見で、トルコの情報機関が後藤健二さんらの拘束場所を把握していたと語るチャブシオール外相=4日、アンカラ(共同)
人質事件以降、外相が日本メディアと会見するのは初めて。
後藤さんと湯川遥菜さん(42)の解放交渉の仲介役として鍵を握るとみられていたトルコ政府による協力の事実が明らかになった。

 安倍晋三首相は一月二十日、トルコのエルドアン大統領やヨルダンのアブドラ国王と電話会談、邦人解放に向けた支援を要請したが、日本政府は具体的なやりとりは明らかにしていない

 外相はシリアとイラク両国内に「われわれの情報網がある」と明言。イラクで昨年、「イスラム国」に拘束されたトルコ総領事ら四十九人を同国の情報機関が救出に成功した事例に言及。この際に協力を得た仲介者を通じて情報収集を進めたと述べた。仲介者は地元部族長などとみられる。

 その上で、人質の日本人二人とヨルダン軍パイロット、カサスベ中尉(26)の解放に向けてヨルダンを含めた三カ国が連携し「できる限りの努力をし、あらゆる協力を行った」と述べた。(記事)

« 防衛医大は ビタミンC | トップページ | 内閣が一番危険と指定していたブログ »

文殊菩薩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 防衛医大は ビタミンC | トップページ | 内閣が一番危険と指定していたブログ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ