« 「トルコ政府は、邦人2名の救出・解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした」 と共同通信が報道。そらそーだ。安倍官邸の狙いは、“死人に口なし”だもの、救出なんてのは最初から無理だった…。 | トップページ | 今朝、石堂順子さんはドイツの大手週刊誌「STERN(スターン)」のインタビューを受けた。順子さんが「今日まで政府から連絡はまったくありません」と言うと、ドイツ人記者も驚いていた。この真相は? »

2015年2月 7日 (土)

内閣が一番危険と指定していたブログ

飯山一郎

2015/02/07(土)  

内閣が一番危険と指定していたブログ

『宇宙~』がアメリカで復活!

宇宙内閣に突然ブログを全削除された『宇宙への旅立ち』さんが、アメリカで新しいブログを立ち上げ、復活した!というメールが届いた。
言論弾圧などには絶対に!めげない、たくましく、しなやかな大和撫子です。したたかな上とんび(下鷹な上鳶)です。
軽やかに舞い、飛びました。お見事!
しっかし、ほんと、立ち上がりが…、光速のダルマさんだ! 


『宇宙への旅立ち』さんのプロフィール

uchu.png

性別:女性
職業:レプティリアン・バスター
場所:アメリカ合衆国
紹介:PhD in Reptilian Study 日本で唯一のレプティリアン
    研究者。情報拡散が目的なので、もし記事内容に利用
    価値があれば、どんどん使って頂いて結構です。

内閣が一番危険と指定しているネット暴露組織とブログとは、
  1.テレビ朝日 2.東スポ 3.宇宙への旅立ち
  4.さゆふらっとまうんど 5.飯山一郎と、鷲の名前も出ている。 (記事)
売名行為などヤラなくても内閣が宣伝してくれるのだから有りがたい! 鼠~か、有りがた迷惑だ。

それで、内閣は…、
先ず、テレビ朝日傘下の会社のユーチューブ動画を全削除した。
次に、宇宙への旅立ちのブログ・サイトを突然一方的に全削除。
「さゆふらっとまうんど」は動画だけを消された、みたい。

で、飯山一郎は? と言うと…、
十手持ちも来ず、御用チョウチンも見えず、お奉行様も「お白洲(おしらす)に出頭せよ!」 とも何とも申されない。

むかし、一緒にハンバーグライスを食ったマイケル・グリーン君が裏で手を回した!な~んてゆ~話も聞かない。

きょう来るか? 明日来るか? と首だけが長くなってゆく…。
まぁE~や!
♪消される前に~お縄をちょうだい♪でも歌うか!一人カラオケ。

おっと!『宇宙~』の話だった。彼女から来た手紙なんだが…

「内閣も、それだけ切羽詰まっているという感じだね。後藤首切り合成コラの記事は、アクセスが90万近くいったからね。かなりの打撃だったと思うよ」

とかと書いてあった。(彼女からの手紙)

たしかに!
安倍の内閣は切羽詰まっていた。今も誰かに追い詰められている。

だから、北朝鮮も顔負けの“ブログ全削除”という言論弾圧を強行したのだ。このツケはデカイぞ。

少なくともネットでは、極秘中の悪事・凶事がバレてしまっていて…、人心が大きく離れた。

ブログなんか削除しても…、『宇宙~』みたいな蚊弱き女性でも新ブログを速攻で立ち上げる。(記事)

鷲も、平沢勝栄にブログを2回も全削除されたことがあるが、その都度、速攻で復活して同志を増やした。

平沢勝栄はネットに無知な言論弾圧男の汚名が、まだ消えない。

近い将来、支配が簡単だった新聞とテレビの時代が終わる。

コレすなわち…、
安倍晋三! 平沢勝栄! キミらの時代が終わる!鼠~コトだ。

                                                             (飯山一郎)

« 「トルコ政府は、邦人2名の救出・解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした」 と共同通信が報道。そらそーだ。安倍官邸の狙いは、“死人に口なし”だもの、救出なんてのは最初から無理だった…。 | トップページ | 今朝、石堂順子さんはドイツの大手週刊誌「STERN(スターン)」のインタビューを受けた。順子さんが「今日まで政府から連絡はまったくありません」と言うと、ドイツ人記者も驚いていた。この真相は? »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61098063

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣が一番危険と指定していたブログ:

« 「トルコ政府は、邦人2名の救出・解放に全力を挙げていたが実らなかったと明らかにした」 と共同通信が報道。そらそーだ。安倍官邸の狙いは、“死人に口なし”だもの、救出なんてのは最初から無理だった…。 | トップページ | 今朝、石堂順子さんはドイツの大手週刊誌「STERN(スターン)」のインタビューを受けた。順子さんが「今日まで政府から連絡はまったくありません」と言うと、ドイツ人記者も驚いていた。この真相は? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ