« 官邸の闇に巣食う大物官僚の正体 | トップページ | 東西クソコラ戦争 »

2015年1月26日 (月)

どこまで続くダマシっこ!

飯山一郎

2015/01/26(日)3 

こまで続くダマシっこ!

湯川遥菜は、昨年8月に殺害済み!と

しかし、これはニセ情報だ。
8月の時点で、湯川遥菜は死んではいない。
上のツイートは、“敵”を混乱させるためのガセネタだ。
“敵”とは誰なのか?
たぶん…、日本の安倍と、後藤健二と、後藤の背後にいる二つの勢力と、米国のオバマだ。
ちなみに、奴らにはKGB出身のプーチンはダマせない。当然だ。


鷲は先頃、『日本が徹底的に翻弄される情報戦争、開戦!』という文章を投稿し…、
豚でもない“情報戦争”(ダマシっこ)が始まった!と書いて…、以下の映像を添付した。

後藤健二

そして、上の映像の下に、
新映像…後藤さん「湯川さんは既に殺害」
というタイトルを付けた。

上の映像で「湯川遥菜の死体」が見えるようにしたのは、マスコミが「死体映像」をボカシて載せていたからだ。

それで…、
上の「湯川遥菜の死体映像」なんだが、これを見た安倍晋三閣下は「信ぴょう性がある!」とNHKで確言し、菅菅義偉官房長官閣下も、「湯川遥菜の死体映像」を信じて激怒し、安倍閣下の表情は暗~くなってしまった。

そして、なんと!米国のオバマ大統領閣下までが「湯川遥菜の死体映像」を信じてヤツラの残虐行為を激怒した。

以上は昨日までの話だが…、
きょうの情報を整理すると、「湯川遥菜の死体映像」は合成写真なのでウソ!なんだと。

それどころか、「湯川遥菜は、まだ生きている!」という“信ぴょう性”のある情報まであるというのだ。

これって安倍閣下の言った“信ぴょう性”とは真逆。

世の中には“信ぴょう性”のある真実がいくつもある!
ってコトなんだ罠~。

ともかく、日本が徹底的に翻弄される情報戦争は、今後益々激しくなっていく…鴨世。

(飯山一郎)

 

« 官邸の闇に巣食う大物官僚の正体 | トップページ | 東西クソコラ戦争 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61038282

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで続くダマシっこ!:

« 官邸の闇に巣食う大物官僚の正体 | トップページ | 東西クソコラ戦争 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ