« 重要資料:飯山一郎の『中国・北朝鮮分析』 | トップページ | 中東には「遺体を演じる」役者がいる! »

2015年1月27日 (火)

底的に翻弄される神経衰弱型の情報戦

飯山一郎

2015/01/27(火)3 

徹底的に翻弄される神経衰弱型の情報戦

あの二人は まだ生きている!

安倍

鷲は書いた。

「去る25日、「湯川遥菜さんが殺害された。信ぴょう性は不明…」 という段階で…、突然、「信ぴょう性がある!」となった。 この“言い出しっ屁”は、なんとアベッチ。くさい。」 (記事1)

ところが! 一国の首相が「信ぴょう性がある!」と、国営TV(NHK)で断言した、その写真が、何とクソコラ。 (記事2)


安倍晋三総理大臣閣下は、クソコラ写真であるにもかかわらず、「写真の“信ぴょう性”高い!」と、日本では誰よりも早く語ってしまった。

こんなヘマなドジを、安部総理大臣閣下は何故に踏んだのか?

「この写真は“信ぴょう性”が高い!」と、安倍閣下に思い込ませた人間が(首相官邸内に)いたからである。

それは…、飯島勲ではない。菅義偉・内閣官房長官でもない。

じゃあ、アイツか!って思った方…、たぶん、創価も寝www

そんなことは、牛~どーでもE~! 済んだことだ。

そんなコトよりも…、

アッ!と目玉が飛び出すような情報が入っている。

もったいぶらずに言うが…、
あの後藤健二が掲げたクソコラ画像(遥菜の斬首姿の合成写真)を作ったのは、「反米・イスラム国」ではなくて、「親米・イスラム国」、つまり「CIA直属のイスラム国」だ!という情報だ。

これとは別に、また別の情報があって…、クソコラ画像=合成写真の作成者は、イスラエルの諜報局だ!というもの。

このイスラエル・クソコラ説は、本物のジャーナリストだ!と言われ、いま人気急上昇中の黒田小百合女史や彼女の信者(ブラック・サユリスト)たちも唱えている。

黒田小百合女史のツイートは、「画像も合成、声もイスラエルのIT技術を使用すれば、簡単だわ。」というもの。

さらに、
「人質として拘束されているとされるあの2名ですら、本当に捕まったのでしょうか?」と、ある謀略作戦の役者として演技しているだけ!という説まである。

ほんと! 死んでいるのか?生きているのか?どこにいるのか? 何が何やらサッパリ分からず…、首相官邸にいる飯島勲などはハゲ頭から湯気を立てているという。

(飯山一郎)

  何が何やらサッパリ分からず…

Doushiteeka


   黒田小百合女史のツイート

 

« 重要資料:飯山一郎の『中国・北朝鮮分析』 | トップページ | 中東には「遺体を演じる」役者がいる! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61044655

この記事へのトラックバック一覧です: 底的に翻弄される神経衰弱型の情報戦:

« 重要資料:飯山一郎の『中国・北朝鮮分析』 | トップページ | 中東には「遺体を演じる」役者がいる! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ