« 後藤健二は3重スパイだ! | トップページ | どこまで続くダマシっこ! »

2015年1月26日 (月)

官邸の闇に巣食う大物官僚の正体

飯山一郎

2015/01/26(月)2  

官邸の闇に巣食う大物官僚の正体

湯川事件:闇の大本営を仕切る黒幕

『官邸の闇に巣食う大物官僚の正体』とか、
『湯川事件:闇の大本営を仕切る黒幕』と、仰々しいタイトルだが、
“湯川事件”は、仰々しく扱うべき事件なのだ。狡猾な謀略によって
日本の運命と歴史を大きくネジ曲げようとする勢力がいるからだ。


はじめに断っておくが…、
「後藤健二は韓国籍の在日」 というのは間違い!との説明がネットに出ている。 (説明) この説明は正しい。

「自分に都合の悪い人物はすべて在日朝鮮人にしたがるのがいわゆるネトウヨ。」 ←こういう厳しい指摘をしてくれた御仁がいたが、そのとおりだ。 (指摘)

それはそーとして…、
今回の“遥菜事件”は、(どんなに否定しても)タボちゃんやアベッチが“陰ながらの支援”をしていたことは確かなコトだし…、

そのウラで新しい利権をつくるべく、闇の中で蠢いていた隠密工作員がいたことも確かだ。

昨年の1月初旬、湯川遥菜は豪華なオフィスを大枚を払ってドカンと借りた…、その民間軍事会社のオフィスに頻繁に出入りしていた何人もの“スタッフ”。それが闇の中の隠密工作員だ。

彼らの“工作”がなければ、湯川遥菜の中東を駆け巡る大活躍は不可能だった。

その闇の中の隠密工作員に、官邸の闇から黒い指令や助言をしていた超大物の名前を、ズバリ!と教えてくれた人物がいる。このことは『放知技』(このサイトの掲示板)にアクセスすれば分かる。

この超大物とは、安部総理の側近中の側近、谷内正太郎のことだが…、この超大物は、韓国の情報機関KCIA(現・国家情報院)の元エージェントと極めて近い関係にある、という。 (記事)

さらに谷内氏は…、韓国でカジノリゾートを建設し、日本国内でのカジノ進出を目指すパチンコ・パチスロメーカー・セガサミー(里見治会長)の顧問も務めている、と。

で、問題は…、この超大物が、田母神・はるな・安倍総理の“関係”を知らないはずはない!ということ。

むしろ、初代の(日本版NSC)内閣官房国家安全保障局長として、今回の湯川を利用する作戦に積極的に関与し…、事件(湯川と後藤の拘束)がバレると、マスコミに強力に箝口令を敷いた(これは飯島勲には出来ない)!

だから、大騒ぎになったのは、湯川と後藤の拘束をイスラム国が動画で流してからなのだ。まったく日本のマスコミは非力だ。

それで、後藤健二。
彼の国籍はどうあれ…、彼も、谷内正太郎ように韓国系の暗い人脈に深くツナがっていたことは確かなのだ。

かといって…、
米国の暗い人脈(軍産複合体)の忠実な操り人形であるアベッチに比べれば、後藤健二などは、将棋でいえば“”だ。

湯川遥菜は猪突猛進しか出来ない“香車”でしかなかったが、その“香車”の死を“”の後藤は悼んでいる風情だが、田母神俊雄は冷酷に「知らん!」と突き放した…。

それほど(「知らん!」と逃げたくなるほど)、今回の事件には深く怖ろしい闇がある!鼠~ことなのだろう。

(飯山一郎)

« 後藤健二は3重スパイだ! | トップページ | どこまで続くダマシっこ! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/61037967

この記事へのトラックバック一覧です: 官邸の闇に巣食う大物官僚の正体:

« 後藤健二は3重スパイだ! | トップページ | どこまで続くダマシっこ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ